>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PR「性格」の魅力的な伝え方 | 性格表現一覧も

この記事を読めばわかること
  • 自己PRで性格を伝える時の好印象な表現方法15選
  • 性格の短所の部分からも自分の性格を見つめ直してみよう
  • 偽りのない性格を自己PRすれば、あなたに合った企業の内定に近づく!

こんにちは。「就活の教科書」編集部の古田です。

この記事では、自己PRで性格をアピールしたい就活生の悩みを解決します。

就活生の皆さんは、自己PRで性格をアピールする時に、どう伝えたらいいか悩んだ経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 古田

就活生ちゃん

私は、面接で「あなたはどんな性格ですか?」と質問されてうまく答えられなかった経験があります・・・。

自己PRで上手に性格をアピールするにはどうしたらいいのか、知りたいです。

就活生くん

僕は、自己PRといっても大学でやっていたことを話せばいいのか性格のことを話せばいいのか、分かりません・・・。

そもそも自己PRで性格をアピールするのはアリなんでしょうか。

自己PRで性格をアピールする学生は多いのですが、実はアピールの仕方で気をつけるべきポイントがたくさんあります。

「就活の教科書」編集部 古田

この記事では、自己PRで性格を上手にアピールする例文やアピールできる例文一覧を紹介しています。

合わせて、自己PRで性格をアピールする時のコツや注意すべきことも解説しています。

この記事を読めば、「自己PRでどうやって性格をアピールすればいいか分からない・・・」という悩みを解決できます。

自己PRで性格を上手にアピールして就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

自己PRで性格をアピールするのはアリ?

就活生くん

自己PRって、実績を自慢すればいいのか自分の性格について話せばいいのか、分かりません。

そもそも自己PRで自分の性格をアピールするのはアリなんでしょうか・・・?

結論からいうと、自己PRで性格をアピールするのはアリです。

エントリーシートや面接において、一緒に働きたい、人柄の良い学生と思われることは大切です。

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRであなたの性格を魅力的にアピールできれば、採用担当者に良い印象を残すことができるでしょう。

一方で、自己PRで性格をアピールするときに気をつけた方がいい場合もあります。

自己PRであなたの性格を抽象的にアピールしても、自分が意図したのと違ったイメージで伝わってしまう場合があるからです。

例えば、あなたが自己PRで「私は真面目な性格です」とアピールしても、どう真面目なのか採用担当者には伝わりません。

そのため、自己PRで性格をアピールする時は、言い換えや具体的な表現を使って伝える必要があるのです。

自己PRでめちゃくちゃ使える言い換え表現を下記の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRで性格を尋ねる採用担当者の意図

就活生ちゃん

面接で「あなたはどんな性格ですか」と聞かれて、答え方に迷いました。

採用担当者が性格の自己PRを求める意図が知りたいです・・・。

採用担当者が自己PRで性格を尋ねるのは、あなたが会社のために役に立つ就活生なのかを確かめたいからです。

「就活の教科書」編集部 古田

会社として営利を出すためには、採用コストに見合うだけの働きをしてくれる就活生を採用する必要があるのです。

例えば営業職が多い会社であれば、営業で成果を上げられそうな快活な学生を採用するものです。

また細かい事務作業の多い会社であれば、1つの物事に集中できる性格の学生を採用したいと思っています。

性格の自己PRを求められた時は、その企業で成果を上げられるのはどんな性格の人間なのか考えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRで性格を上手にアピールする5つの例文

就活生ちゃん

自己PRで性格をアピールしている例文を見て、どうやって性格について伝えたらいいか知りたいです。

エントリーシートや面接の自己PRで性格をアピールする時に参考にします。

では、次に自己PRで性格をアピールした例文を紹介しますね。

以下の例文を読んで、実際にエントリーシートや面接で自己PRをするときの参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRで性格を上手にアピールする5つの例文
  • 例文①:素直
  • 例文②:好奇心が旺盛
  • 例文③:忍耐力がある
  • 例文④:世話好き
  • 例文⑤:几帳面

それでは、自己PRで上手に性格をアピールしている例文を、1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文①:素直

素直な性格がセールスポイントです。

私は学生団体で事業の責任者を務めていました。

事業を進めるには報・連・相が大事だと考え、グループLINEでは常に最新の情報が共有されるように気を配りました。

特に、悪い報告ほど最優先で隠すことなく伝えることを意識しました。

事業が終わって、仲間から「君は嘘をつかなくて素直だから信頼できる」と言ってもらい、素直な性格が身を結んだと感じました。

具体的に心がけていたことが書かれており、「素直な性格」が具体的に伝わる自己PRになっています。

素直さはどんな職場でも求められる性格ですから、幅広い業種の自己PRでアピールしやすいと言えますね。

自己PRで素直な性格をアピールしたい就活生には、以下の記事もオススメです。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文②:好奇心が旺盛

私は、人一倍好奇心が強いです。

大学ではwebメディアのライターや軽音、テニスサークルなど色々なことに関心を持って取り組みました。

どんな分野でも敬遠せず、まず飛び込んでみて体験したことで、知識の引き出しが広がりました。

性格を生かして、貴社で様々な仕事に関心を持って取り組むことで、オールラウンドに働いていきたいと思います。

大学で様々な活動に取り組んだ具体的なエピソードを通じて、「好奇心の強さ」の具体性が上がりました。

好奇心旺盛な性格は、仕事の幅が広いメディア企業などの自己PRでアピールしやすいですね。

自己PRで好奇心旺盛な性格をアピールしたい就活生には、以下の記事もオススメです。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文③:忍耐力がある

私のセールスポイントは忍耐力の強さです。

大学1年の時から居酒屋でアルバイトをしています。

深夜まで営業しているため初めは体力的にも辛く、お客さんに強く当たられることもありました。

しかし辛抱強く続け、常連のお客さんからは「アルバイト大変だろ、ずっと辞めずに続けてて偉いな」と言っていただけるようになりました。

辞めたいと思ったこともありましたが、継続することでお客さんや社員さんにも気に入られ、忍耐力が身を結んだと感じています。

お客さんからかけられた言葉など、具体的なエピソードがあることで忍耐力の強さが伝わる自己PRになっています。

忍耐力の強い性格は色々な企業で求められる性格ですし、特に営業職などの自己PRでアピールすると好印象でしょう。

自己PRで忍耐力をアピールしたい就活生には、以下の記事もオススメです。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文④:世話好き

私は、世話好きな性格です。

大学1年の時から塾講師を務めています。

心がけているのは、徹底的に時間をかけて生徒の苦手ポイントを洗い出し、理解できるまで付き合うということです。

授業時間外にも生徒に向き合うことは大変ですが、人のために自分の時間を使うことはやりがいがあると感じます。

このように、自分の世話好きな性格を生かして、貴社では顧客と徹底して向き合って成果をあげていきたいと思います。

人のために時間をかけられる性格であることを「世話好き」と言っていることが分かり、具体性のある自己PRになっています。

例文にもあるように、お客さんに向き合って仕事をすることが多い業界では、世話好きな性格を自己PRでアピールしやすいですね。

自己PRで世話好きな性格をアピールしたい就活生には、以下の記事もオススメです。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文⑤:几帳面

私は几帳面な性格です。

コンビニでアルバイトをしていたとき、この性格が実を結びました。

入った当初から、商品の陳列などの手順やタバコの番号をとにかく正確に覚えることを心がけました。

また他のシフトの人が疎かにしてしまうトイレ掃除も丁寧にこなしました。

その結果オーナーさんの信頼を獲得することに繋がり、同期の中では最速で最高段階まで昇給することができました。

仕事に対する几帳面な性格を生かして、貴社でも丁寧な仕事で成果をあげていきたいです。

仕事に対して「几帳面」な性格が信頼獲得につながったエピソードを、昇給スピードという具体的な観点で伝えられている自己PRです。

几帳面な性格は、特に数字を扱う職種の自己PRではアピールしやすいですね。

自己PRで几帳面な性格をアピールしたい就活生には、以下の記事もオススメです。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRでアピールできる性格一覧

就活生くん

例文で挙げられた以外にも、自己PRでアピールできる性格があれば教えて欲しいです。

自分に当てはまる性格があれば、自己PRを考える時の参考にしたいです。

それでは次に、自己PRでアピールできる性格一覧を紹介します。

あなたの性格に当てはまるものを探して、自己PRで使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田

  • 明るい
  • ポジティブ
  • 冷静
  • 穏やか
  • 謙虚
  • 負けず嫌い
  • 向上心がある
  • 我慢強い
  • 慎重
  • 大胆
  • 柔軟
  • 真面目
  • 気配りができる
  • 人当たりがいい
  • 外向的

他にも、以下の記事では自己PRでアピールできる性格についてまとめているので合わせて読んでみてくださいね。

 

自己PRで性格を上手にアピールする3つのコツ

就活生ちゃん

自己PRで伝えたい性格があるのですが、うまくアピールするにはどうしたらいいのでしょうか。

性格についてうまく自己PRするコツなどがあれば教えて欲しいです・・・。

自己PRで性格をアピールするためには、押さえるべきコツがいくつかあります。

上手に性格を伝えるためのコツを押さえて、他の就活生と差をつける自己PRを考えてみましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRで性格を上手にアピールする3つのコツ
  • コツ①:書く前に他己分析をしてもらう
  • コツ②:企業の求める人物像に合わせる
  • コツ③:自分の性格のデメリットも押さえておく

それでは、自己PRで性格をアピールするコツについて、以下で1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ①:書く前に他己分析をしてもらう

自己PRで性格を上手にアピールするコツの1つ目は、「書く前に他己分析をしてもらう」ことです。

他己分析とは、友達などに客観的な視点から「自分はどんな人か?」を指摘してもらうことです。

誰しも自分の性格の中で、自己分析だけでは気づかない部分が存在するものです。

エントリーシートや面接対策の前に他己分析をしてもらって、自己PRでアピールできる性格がないか考えてみましょう。

他己分析をしてもらうことで、自分の気づかなかった適性を見つけ、就職のミスマッチを減らすことにもつながります。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ②:企業の求める人物像に合った性格をアピールする

自己PRで性格を上手にアピールするコツの2つ目は、「企業の求める人物像に合わせる」ことです。

どんな企業にも社員や文化などに表れる社風があり、社風に合わない学生が入社してすぐに辞めてしまうことも多いです。

そのため採用担当者は、就職にミスマッチが起きないように、就活生の社風へのマッチを自己PRで確認しているのです。

自己PRでアピールしたい性格が複数ある場合は、企業や業界に合った性格をアピールするようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ③:自分の性格のデメリットも押さえておく

自己PRで性格を上手にアピールするコツの3つ目は、「自分の性格のデメリットも押さえておく」ことです。

自分の性格のデメリットが分かっていれば、あなたが欠点を把握して克服しようとしていると印象付けることができます。

例えば好奇心が旺盛な人は飽きっぽい側面があるかもしれませんし、謙虚な性格なら闘争心が低いかもしれません。

そしてデメリットを見つけたら、自分はそのデメリットをどのように克服しようとしているのかまで考えて自己PRを作ってみましょう。

自己PRでアピールする性格は、一度マイナスに言い換えてみるとデメリットを見つけやすいですね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRで性格をアピールする時に注意すべき3つのこと

就活生くん

自己PRで上手に性格をアピールにはどうしたらいいのか、よく分かりました。

最後に、自己PRで性格をアピールする時に注意すべきことがあったら教えて欲しいです。

自己PRで性格をアピールする時に注意すべきことはいくつかあります。

以下の3点に気をつけて、自己PRを考えるようにしてみてください。

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRで性格をアピールする時に注意すべき3つのこと
  • 注意①:嘘をつかない
  • 注意②:誰にでもある性格をアピールしない
  • 注意③:面接でアピールする性格が本当か疑われないようにする

それでは、自己PRで性格をアピールする時に注意すべきことについて1つずつ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意①:嘘をつかない

自己PRで性格をアピールする時に注意すべきことの1つ目は、「嘘をつかない」ことです。

自己PRで嘘の経験や性格についてアピールしても、面接で深掘りされる中で嘘だとバレてしまうことは多いです。

自己PRでは企業が求める性格をアピールすることも大事ですが、最終的にミスマッチのない会社に就職することが自分のためになります。

自分の本当に思う性格を最大限アピールして落ちるのであれば、企業や業界が自分に合っていないのかもしれません。

自己PRで自分の思う性格を最大限アピールして落ちた時は、「自分に合わないことが早めに分かってよかった!」と前向きに捉えましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意②:誰にでもある性格をアピールしない

自己PRで性格をアピールする時に注意すべきことの2つ目は、「誰にでもある性格をアピールしない」ことです。

例えばある程度の「真面目さ」は、誰にでもあるべき性格であり、自己PRであなたに特有の性格としてアピールすることはできません。

「人に嘘をつかない」「時間を守る」から「真面目な性格」である、というような伝え方では平凡な自己PRだと思われてしまいます。

自己PRでは、「誰よりも真面目にアルバイトに取り組み、同期では最速で昇給した」など、人より飛び抜けている点をアピールしましょう。

自己PRで性格をアピールする時は、他の就活生と差別化が図れているかを意識しましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意③:面接でアピールする性格が本当か疑われないようにする

自己PRで性格をアピールする時に注意すべきことの3つ目は、「面接でアピールする性格が本当か疑われないようにする」ことです。

性格は自己PRの文面だけでなく、あなたの立ち振る舞いからも感じ取られるものです。

例えば「明るい性格」をアピールする就活生が面接でボソボソと喋り、目も合わせなければ、嘘の自己PRなのではないかと思われてしまいます。

面接ではあなたが自己PRでアピールしたい性格が、あなたの立ち振る舞いからも感じ取れるように気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

ここまで読んでまだ不安が残ったあなたは、以下の記事を読んで自己分析を進め、自分の性格をより深く理解してみましょう。

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:自己PRで性格についてアピールする時は、具体的なエピソードを使ってアピールしよう!

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部の古田が、自己PRで性格を上手にアピールする例文やアピールできる例文一覧を紹介しました。

合わせて、自己PRで性格をアピールする時のコツや注意すべきことも紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 古田

今回の記事で学んだこと

◆ 自己PRで性格をアピールするのはアリ?

◆ 自己PRで性格を上手にアピールする5つの例文

◆ 自己PRでアピールできる性格一覧

◆ 自己PRで性格を尋ねる採用担当者の意図

◆ 自己PRで性格を上手にアピールする3つのコツ

  • コツ①:書く前に他己分析をしてもらう
  • コツ②:企業の求める人物像に合った性格をアピールする
  • コツ③:自分の性格のデメリットも押さえておく

◆ 自己PRで性格をアピールする時に注意すべき3つのこと

  • 注意①:嘘をつかない
  • 注意②:誰にでもある性格をアピールしない
  • 注意③:面接でアピールする性格が本当か疑われないようにする

自己PRで性格をアピールする時は、具体的なエピソードを基にアピールすると良いです。

他己分析をしてもらって客観的な視点を入れたり、デメリットも押さえておくことでより好印象を与えられます。

面接の自己PRで性格をアピールする時は、その性格が嘘だと思われないように振舞うことも大事です。

あなたが自己PRで性格を上手にアピールして、納得のいく内定を勝ち取ることを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田