>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【成功させたい!】就活で成功する人の5つの特徴 | 失敗する人との違い,基準も

この記事を読めばわかること
  • 就活における成功は働きたい企業から内定をもらうこと
  • 就活が成功する人の5つの特徴
  • 就活を成功させるためにやるべき具体的な行動7選
  • 就活が成功する人と失敗する人の8つの違い
  • 内定だけがゴールではない!就活における4つの成功基準

皆さんこんにちは!「就活の教科書」編集部の谷川です。

この記事では、「就活を成功させたい人」に向けて紹介していきます。

就活生の皆さんは、就活を成功させたいですか?

「就活の教科書」編集部 谷川

就活生くん

僕は、第一志望の企業から内定をもらって、就活を成功させたいです

就活を成功させるためにも、就活が成功する人の特徴を知りたいです・・・

就活生ちゃん

私は、就活を成功させたいと思っているんですが、どう行動すべきかわかりません・・・

就活を成功させるために具体的にやるべきことを知りたいです。

就活を成功させるために就活を成功させる人の特徴や具体的にやるべき行動を知りたいですよね。

僕も以前、就活生だったので「就活の成功」に関して悩む気持ち本当によくわかります。

「就活の教科書」編集部 谷川

この記事では「就活を成功させたい人」に向けて解説していきます。

合わせて、就活を成功させるための具体的な方法、就活を成功させる人の特徴、失敗する人の違い、就活における成功の基準についても解説していきます。

この記事を読むことで、「就活を成功させるためにあなたがやるべきこと」が明確になります。

「とにかく就活を成功させたい!」「就活を成功させるために、今からどのように行動すべきなのか知りたい!」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

 

就活における成功は、働きたい企業から内定をもらうこと

就活生くん

就活において成功とは一体何なのでしょうか。
就活における成功は、「あなたが働きたいと思える企業から内定をもらう」ことです。

「就活の教科書」編集部 谷川

あなたが働きたいと思える企業から内定をもらうことで、仕事にやりがいや誇りを持って働いて会社に貢献できるからです。

内定先に満足していない状態で働いていても、すぐに辞めてしまう可能性があります。

あなたが満足できる内定がもらえるまで就活を続けることをおすすめします。

これから、働きたい企業から内定をもらうために、実際に就活を成功させる人の特徴を紹介します。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活を成功させる人の5つの特徴を理解しよう

就活生くん

自分が満足した結果の内定をもらうのが重要なのはわかりましたけど、就活が成功する人の特徴の特徴ってありますか?

就活が成功する人の特徴があるのか気になりますよね。

ここでは、就活が成功する人の特徴5つについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活が成功する人の特徴5つ
  • 特徴①:企業説明会に多数参加する行動力がある
  • 特徴②:就活の軸と目標をしっかり定めている
  • 特徴③:面接官に評価されるコミュニケーション方法を知っている
  • 特徴④:選考に落ちてもポジティブで切り替えが早い
  • 特徴⑤:企業をむやみに絞らず視野を広く持って考えている

それでは、就活が成功する人の特徴5つについて説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴①:企業説明会に多数参加する行動力がある

就活が成功する人の特徴1つ目は、「企業説明会に多数参加する行動力がある」です。

企業説明会に多数参加する行動力がある人は、比例して就活に対して多くのチャンスを持てるからです。

たくさんの企業を訪問してみたり、気になる企業にESを書いて、多くのチャンスを経験した知識や技術は、必ず就活をする際の役に立ちます。

そして、その結果、就活を成功させられるのです。

行動力を持って、インターンの参加や社会人の方に話を聞くことが、就活を成功させる第一歩です。

下記の記事で、合同説明会への参加するメリットや参加方法がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴②:就活の軸と目標をしっかり定めている

就活が成功する人の特徴2つ目は、「就活の軸と目標をしっかり定めている」です。

就活を成功させるために、むやみに行動しては成功するはずがないからです。

1年後2年後あなたがどうなりたいか目標を定めておくと、するべき行動が明確になるでしょう。

就活での行動に目標を持っている人は、就活を成功させられるという特徴を持っています。

あなたが生きていく上のキャリア形成の目標を明確にしていきましょう。

就活生くん

就活での目標が見つからないのですが、どうすればいいですか。

あなたが志望する企業先で、実現できるキャリアを目標にするといいですよ。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

軸の決め方がわからない人は、以下の記事を読むことで就活軸を決めることができます。

合わせて読んでみてくださいね。

 

特徴③:面接官に評価されるコミュニケーション方法を知っている

就活が成功する人の特徴3つ目は、「面接官に評価されるコミュニケーション方法を知っている」です。

面接官に評価されるコミュニケーション方法を知っていれば、あなたの意図した意見を的確に伝えられ、面接に通過しやすくなるからです。

仕事をうまく進めていくためにはコミュニケーション能力が必須であるため、コミュニケーション能力があるだけで採用者に好印象を与えることができます。

コミュニケーション能力を身につけて、就活を成功させましょう。

就活生ちゃん

私は、人とコミュニケーションをとるのが苦手なのですが克服する方法ってあるのかな。

コミュニケーションの苦手を克服する方法は、OB訪問や就活イベントに積極的に参加することです。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

OB訪問や就活イベントでコミュニケーション力をつけたい方は、以下の記事を参考にして参加してみてください。

合わせて読んでみてくださいね。

 

特徴④:選考に落ちてもポジティブで切り替えが早い

就活が成功する人の特徴4つ目は、「選考に落ちてもポジティブで切り替えが早い」です。

過ぎてしまった事実をいつまでも引きずっていては、次に進めないからです。

常に前向きに考えられて、たくさん挑戦することによって、採用者側に向上心があると思われます。

ポジティブに物事を考える意識をしていきましょう。

あなたがポジティブになることで、周りもポジティブになることができ、職場の雰囲気が良くなります。

ポジティブになるコツは、他人と自分を比べすぎないことです。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

気持ちの切り替えが苦手な方は、以下の記事を読むと楽に気持ちを切り替えることができます。

合わせて読んでみてくださいね。

 

特徴⑤:企業をむやみに絞らず視野を広く持って考えている

就活が成功する人の特徴5つ目は、「企業をむやみに絞らず視野を広く持って考えている」です。

視野を広く持って物事を考えることで、新たな考え方が見つかるからです。

何か一つに執着するのではなく、様々な物事に関心を持つことであなたの本当の特徴や魅力が見つけられます。

広い視野を持っていれば就活は成功します。

就活生くん

視野を広くするっていきなり言われても、難しくてあまりわからないです。

いきなり視野を広くするって言われても難しいですよね。

視野を広くする方法は、今まで会う機会のなかった人と積極的に会って、新しい価値観に触れることです

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活を成功させる人がやっている具体的な行動7選

就活生くん

就活を成功させたいのですが、就活を成功させる具体的な方法があれば教えてください。

就活を成功させる具体的な方法があれば知りたいですよね。

ここでは、就活を成功させる具体的な方法7つについて紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活を成功させる具体的な方法7選
  • 方法①:自己分析をして就活の軸を決める
  • 方法②:業界・企業研究をして就活の方向性を決める
  • 方法③:OB訪問をしてエントリーシートの対策をする
  • 方法④:早くからES対策をして面接対策に時間をかける
  • 方法⑤:面接・筆記試験対策をして足切りを回避する
  • 方法⑥:インターンに参加して企業の一次情報をとる
  • 方法⑦:入社後に必要なスキルを身につけて同期と差をつける

それでは、就活を成功させる具体的な方法7つについて、それぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法①:自己分析をして就活の軸を決める

就活を成功させる具体的な方法1つ目は、「自己分析をして就活の軸を決めるために」です。

自分の軸が明確となり、行動をスムーズに起こせるようになるからです。

自分の軸を明確にすることにより、就活においての第一歩をスタートさせられます。

自己分析は就活を始めるにあたって、一番最初にしなければなりません。

自己分析のやり方がわからない人や効率よく自己分析をしたい方は下記の記事を読むことをオススメします。

そもそもの自己分析のやり方から、就活の自己分析に役立つ自己分析診断ツールも紹介しています。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法②:業界・企業研究をして就活の方向性を決める

就活を成功させる具体的な方法2つ目は、「業界・企業研究をして就活の方向性を決める」です。

業界・企業研究をすることで、志望動機を魅力的に書けて企業にアピールできるからです。

志望動機を魅力的に書いて、周りの人と差別化していきましょう。

企業のセミナーに参加などしてみると事業内容が理解できるのでオススメです。

業界研究のやり方がわからないし、企業もどのように選べば良いかわからない・・・という就活生の方もいますよね。

下記の記事で、業界研究について詳しく紹介しているのでぜひ読むことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法③:OB訪問をしてエントリーシートの対策をする

就活を成功させる具体的な方法3つ目は、「OB訪問をしてエントリーシートの対策をする」です。

OB訪問では、あなたが業界・企業研究で得られなかった情報が、OBの方の話を聞くことで新たな情報が得られるからです。

OB訪問を有効活用するためには、事前に質問したい内容をまとめておくことです。

OB訪問を行って、企業から良い評価をもらいましょう。

OB訪問のやり方がわからない!という就活生の方もいますよね。

以下の記事で、OB訪問について解説しているので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法④:早い時期からES対策をして時間を有効活用する

就活を成功させる具体的な方法4つ目は、「早い時期からES対策をして時間を有効活用する」です。

ESの内容が説明不足になっている場合が多々あるからです。

ESはあなたを書面でアピールすることになるため、採用者は書面であなたがどういう人間か判断しなければなりません。

あなたがしてきた経験を具体的なエピソードに落とし込んで書いていきましょう。

通過するエントリーシートを書くにはコツが必要です。

エントリーシートの書き方がわからない!という方は下記の記事を読むことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法⑤:面接・筆記試験対策をして足切りを回避する

就活を成功させる具体的な方法5つ目は、「面接・筆記試験対策をして足切りを回避する」です。

面接・筆記試験対策をすることで、落ち着いて本番に取り組めるからです。

落ち着いて本番に取り組めると、面接の質問に対してスムーズに答えられますし、筆記試験の流れもつかめてきます。

一度でも対策しておくと、焦らず面接・筆記試験に対応できるでしょう。

「面接・筆記試験の対策方法が分からない・・・」という方もいますよね。

下記の記事で、面接に受かるコツ、筆記試験のおすすめ問題集を紹介している記事を貼っておくので、ぜひ読むことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法⑥:インターンに参加して企業の一次情報をとる

就活を成功させる具体的な方法6つ目は、「インターンに参加して企業の一次情報をとる」です。

インターンは就活生にとって、実際に業務内容を経験できるからです。

業務内容を経験することによって、あなたに合うか合わないか確認できますし、社内の雰囲気も味わうことができます。

気になる業界のインターンに積極的に参加してみましょう。

インターンシップに参加するだけでも、業界などについて勉強できます。

インターンシップについて詳しく知りたい方は、下記の記事を読むことをオススメします。

インターンシップを探す方法や合格するためのコツがわかりますよ。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法⑦:入社後に必要なスキルを身につけて同期と差をつける

就活を成功させる具体的な方法7つ目は、「入社後に必要なスキルを身につけて同期と差をつける」です。

入社後に必要なスキルを先に身につけることによって、他の就活生と差別化できるからです。

例えば、入社前にパソコンのスキルを身につけておけば、入社後すぐに事務作業ができます。

入社後にスキルを身につけるのではなく、今から身につけておきましょう。

入社後に必要なスキルを身につけておくことで、その後のキャリア形成も楽になります。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活が成功する人と失敗する人の8つの違い

就活生くん

就活が成功する人の特徴はわかったけど、就活が失敗する人の特徴も知りたいです。

就活が失敗する人の特徴も知りたいですよね。

ここでは、就活が失敗する人の特徴8つについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活が失敗する人の特徴8つ
  • 特徴①:自分に正直すぎる
  • 特徴②:緊張しすぎている
  • 特徴③:1人で就活を進めている
  • 特徴④:身の程に合わない大手・有名企業ばかり受けている
  • 特徴⑤:就活に対して、真面目に向き合えてない
  • 特徴⑥:他人と比べすぎて、自分の軸を持っていない
  • 特徴⑦:就活に対して、しっかり向き合っている
  • 特徴⑧:失敗を改善して、次の行動につなげられる

それでは、就活が失敗する人の特徴8つについて説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴①:自分に正直すぎる

就活が失敗する人の特徴1つ目は、「自分に正直すぎる」です。

自分に正直すぎることで、就活に対して柔軟に対応するのができなくなるからです。

就活は長期戦なので、様々な場面で柔軟に対応する能力が必要となります。

自分に正直すぎるだけでなく、他人のアイディアも受け入れていきましょう。

他人のアイディアを受け入れることで、新たな就活に対しての学びがあるはずです。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴②:緊張しすぎている

就活が失敗する人の特徴2つ目は、「緊張しすぎている」です。

面接で緊張することで、面接官に意見が伝わらないからです。

面接官に緊張しているのを先に伝えておくのもポイントで、緊張しやすいということはしっかり準備してきたという証拠になります。

緊張を克服する方法は、とにかく面接の回数をこなしていきましょう。

緊張することは悪いことではありません。

緊張していると、ついつい早口になってしまうので、ゆっくり話すことを意識することを意識づけましょう。

下記の記事では、「面接で緊張して力が発揮できない就活生」に向けて解説しています。

この記事を読めば、緊張することなく面接で120%の力を発揮できるようになりますよ。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴③:1人で就職活動を進めている

就活が失敗する人の特徴3つ目は、「1人で就職活動を進めている」です。

就活は長期戦で情報量が結果を左右するからです。

1人で就活をしていては情報量にも限界はありますし、長期戦なのでメンタルも持ちません。

一緒に就活をがんばれる人を見つけましょう。

就活を一緒に頑張れる人がいなくて情報収集に困っている!という就活生は、ぜひ下記の記事を読んでみましょう。

下記の記事を読むことによって、1人ではできない効率の良い就活を行えるようになりますよ。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴④:身の程に合わない、大手・有名企業ばかり受けている

就活が失敗する人の特徴4つ目は、「身の程に合わない、大手・有名企業ばかり受けている」です。

大手・有名企業になるほど、学歴が高くなり、多くの人が受けるので、内定をもらえるのが難しくなるからです。

大手・有名企業に挑戦してみるのは良いことですが、あなたの学歴と技術を照らし合わせて企業を受けていきましょう。

就活が失敗する人は、身の程に合わない大手・有名企業ばかり受けています。

大手・有名企業に内定をもらったからって、就活に成功したとは限りません。

あなたが働きたいと思える企業から内定をもらえることが大切です。

「企業をどうやって選ぶのか分からない!」という就活生は下記の記事を読みましょう。

下記の記事を読むことによって、あなたにぴったりの企業の選び方を理解できます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴⑤:就活に対して、真面目に向き合えてない

就活が失敗する人の特徴5つ目は、「就活に対して、真面目に向き合えてない」です。

就活は優秀な人でも成功できるとは限らないのに、真面目に向き合えていない人が就活に成功できるはずがないからです。

努力もしないで、志望する企業から内定がもらえるはずがありません。

就活を成功させるためには努力が必要であり、真剣に向き合わなければなりません。

就活にやる気が出ない方は下記の記事を読みましょう。

下記の記事を読むことによって、就活を真面目に向き合えない場合どうすれば良いのかが把握できますよ。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴⑥:他人と比べすぎて、自分の軸を持っていない

就活が失敗する人の特徴6つ目は、「他人と比べすぎて、自分の軸を持っていない」です。

就活をするにあたって、主体的に考えて行動することがもっとも大切だからです。

他人と比べすぎていると、本当にあなたがやりたいことがわからなくなってきます。

あなたの就活においての軸を明確にしていきましょう。

自分の軸が見つからない!という方は下記の記事を読みましょう。

下記の記事を読むだけで就活の軸がすぐに明確になります。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴⑦:就活に対して、しっかり向き合っていない

就活が失敗する人の特徴7つ目は、「就活に対して、しっかり向き合っていない」です。

就活に対してしっかり向き合っていないと、有益な情報は手に入りません。

就活は情報量が「就活の成功」に左右します。

1人で就活に取り組んでいると挫折しやすいので、友人と切磋琢磨していきましょう。

あいまいな気持ちで就活をしていては、納得のいく内定はもらえませんし、将来後悔すること間違い無いです。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

特徴⑧:失敗を改善して、次の行動につなげられない

就活が失敗する人の特徴8つ目は、「失敗を改善して、次の行動につなげられない」です。

失敗を改善することで、次の行動に繋げられないと失敗したあと何も得られないまま終わります。

採用者側も失敗した時に、どのように改善して乗り越えてきたのかを重要視しています。

失敗を恐れずに様々なことに挑戦していきましょう。

就活生ちゃん

失敗を恐れずに様々なことに挑戦していくことはわかりましたけど、失敗するのは怖いです。

失敗を恐れていては、就活に成功することはできませんよ。

どんどん新しいことに挑戦していきましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

【内定がゴールではない】就活における4つの成功基準とは

就活における成功の基準は内定をもらうことだけではありません。

就活の成功基準は人それぞれありますが、ここでは就活における大切な成功基準に4つを解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活の成功における大事な基準4つ
  • 基準①:職場の良い雰囲気の企業から内定をもらう
  • 基準②:残業の少ない企業から内定をもらう
  • 基準③:大手・有名企業から内定をもらう
  • 基準④:年収が高い企業から内定をもらう

それでは、就活の成功における大事な基準4つについて説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

基準①:職場の雰囲気が良い企業から内定をもらう

就活の成功における大事な基準1つ目は、「職場の雰囲気が良い企業から内定をもらう」です。

社員間でコミュニケーションがしっかり行われていて、意思疎通がしやすいからです。

信頼関係があるので、社員間のモチベーションや協調性が高く維持され、社員全員で仕事に取り組むことができます。

職場の雰囲気が良い企業では、努力や成果が正当に評価されやすいです。

就活生ちゃん

職場の雰囲気が良い企業って言われても、見分け方がわからないです。

見分け方は難しいですよね。

職場の雰囲気が良い企業を見分けたい方は、職場の口コミサイトを確認したり、OB訪問をして直接雰囲気を聞いたりしてみましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

ホワイトな職場を探したい方は、以下の記事でホワイト企業の探し方がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

基準②:残業が少ない企業から内定をもらう

就活の成功における大事な基準2つ目は、「残業が少ない企業から内定をもらう」です。

残業が少ないということは、仕事の生産性が高いということです。

定時に帰れることで、プライベートの時間を充実に確保できます。

プライベートの時間を活用して、仕事に活用できるスキルを勉強することで、あなたの社会での市場価値を高めることも可能です。

就活生くん

残業が少ない会社は憧れますけど、市場価値が高いってどういうことですか。

市場価値が高いとは、仕事に対して能力があり、実力があることです。

あなたの市場価値を高めることで、結果的に年収が大きく上がります。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

基準③:大手・有名企業から内定をもらう

就活の成功における大事な基準3つ目は、「大手・有名企業から内定をもらう」です。

大手・有名企業に就職することで、世間からの評判が良くなるからです。

また、大手・有名企業は福利厚生が整っており、年金や保険の制度も充実、社宅に住む場合は家賃補助も受けることができます。

世間における認知度も高いので、倒産する可能性も低いです。

就活生ちゃん

大手・有名企業が安定していて、やっぱり一番いいですよね。

大手・有名企業から内定をもらったからと言って、安定とは限りませんよ。

現在では、企業からのリストラの可能性もありますので要注意です。

有名企業を知りたい方は、以下の記事で、大手企業ランキングがわかるので参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

基準④:年収が高い企業から内定がもらう

就活の成功における大事な基準4つ目は、「年収が高い企業から内定をもらう」です。

年収が高いということは、ステータスとなり世間からの信用度が高まるからです。

年収が高い業界としては、商社や金融が代表的に挙げられます。

年収が高いと生活に余裕が生まれ、趣味や大切な人にお金を十分に使えることができます。

就活生くん

年収が高いのは嬉しいのですが、年収が高い企業って、仕事がきついイメージがあります。

年収が高い企業はノルマがきついことも多く、早く出勤したり残業することも多々あります。

結果、仕事が嫌になる場合もあります。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

年収の高い業界ランキングを知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

合わせて読んでみてくださいね。

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:就活が成功する人の特徴とやるべき行動を知って就活を成功させよう!

いかがだったでしょうか。

この記事では、「【成功させたい!】就活で成功する人の5つの特徴 | 失敗する人との違い,基準も」について解説しました。

合わせて、就活が成功する人の特徴就活を成功させる具体的な方法についても解説しました。

この記事で学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 谷川

この記事のまとめ

◆就活における成功は、働きたい企業から内定をもらうこと

◆就活を成功させる人の5つの特徴を理解しよう

  • 特徴①:行動力がある
  • 特徴②:目標をしっかり定めている
  • 特徴③:コミュニケーション能力がある
  • 特徴④:ポジティブに物事を考えている
  • 特徴⑤:視野を広く持って物事を考えている

◆就活を成功させる人がやっている具体的な行動7選

  • 方法①:自己分析をして就活の軸を決める
  • 方法②:業界・企業研究をして就活の方向性を決める
  • 方法③:OB訪問をしてエントリーシートの対策をする
  • 方法④:早い時期からES対策をして時間を有効活用する
  • 方法⑤:面接・筆記試験対策をして足切りを回避する
  • 方法⑥:インターンに参加して企業の一次情報をとる
  • 方法⑦:入社後に必要なスキルを身につけて同期と差をつける

◆就活が成功する人と失敗する人の8つの違い

  • 特徴①:自分に正直すぎる
  • 特徴②:緊張しすぎている
  • 特徴③:1人で就職活動を進めている
  • 特徴④:身の程に合わない、大手・有名企業ばかり受けている
  • 特徴⑤:就活に対して、真面目に向き合えてない
  • 特徴⑥:他人と比べすぎて、自分の軸を持っていない
  • 特徴⑦:就活に対して、しっかり向き合っている
  • 特徴⑧:失敗を改善して、次の行動につなげられる

◆【内定がゴールではない】就活における4つの成功基準とは

  • 基準①:職場の雰囲気が良い企業から内定をもらう
  • 基準②:残業が少ない企業から内定をもらう
  • 基準③:大手・有名企業から内定をもらう
  • 基準④:年収が高い企業から内定がもらう
  • 36個の質問に答えて、自己分析をしよう

◆まとめ:就活が成功する人の特徴とやるべき行動を知って就活を成功させよう!

就活の成功は人それそれです。

大手・有名企業に入ること年収が高い企業に入ることだけが就活の成功ではありません。

あなたが満足のいく内定をもらえたなら、就活は成功しているのです。

「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事がたくさん用意されています。

ぜひ、他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川