>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【例文あり】自己PR「柔軟性」の魅力的な伝え方3STEP | 注意点や言い換えも

この記事でわかること
  • 自己PRで「柔軟性」はアピールになるが言い換えるが必要ある
  • 自己PRの「柔軟性」で参考になる言い換え一覧表
  • 自己PRで「柔軟性」が魅力的に伝わる3つの例文
  • 自己PRで「柔軟性」は最後に仕事の活かし方を伝えよう
  • 自己PRで「柔軟性」を伝える時の3つの注意点

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の森山です。

この記事では、自己PRで「柔軟性」について伝えたい就活生のよくある悩みを解説します。

就活生の皆さんは、エントリーシートや面接で「柔軟性」について自己PRしたいけど、どうアピールすればいいのか悩んだ経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

僕は前回の面接で「柔軟性」をアピールしたのですが採用担当者にかなり深掘りされてボロボロの回答しかできませんでした。

自己PRで「柔軟性」を完璧に伝える方法ってあるのかな・・・?

就活生ちゃん

私は、自己分析診断で「柔軟性」が強みだと分かりエントリーシートの自己PR欄に「柔軟性」を主張して書きたいです。

どう書けば採用担当者に「柔軟性」を使って上手く伝えられるのか悩んでいます・・・。

やはり就活生の皆さんは、どうしたら自己PRで「柔軟性」を上手くアピールできるのか分からないですよね・・・。

僕も、面接で自分の思うように「柔軟性」を採用担当者にアピールできなくて悩んだ経験があります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこでこの記事では、自己PRで「柔軟性」を魅力的に伝える手順について解説します。

合わせて、自己PRで「柔軟性」を伝えるときの例文「柔軟性」におすすめの言い換え表現自己PRで伝えるときの注意点についても紹介していきます。

この記事を読めば、自己PRで「柔軟性」を上手に伝えられる方法が分かるので、エントリーシートの自己PRを完成させたり、面接でも採用担当者に良い印象を残せます。

自己PRで「柔軟性」を伝えたい場合どうアピールしたらいいの・・・?と不安に感じている就活生は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

自己PRで「柔軟性」をアピールしてもいいの?

就活生くん

僕の強みは、どんな場合でも臨機応変にその場に合う言動ができるため、「柔軟性」を自己PRで伝えたいです。

エントリーシートや面接では、「柔軟性」を自己PRとして伝えてもいいのでしょうか・・・?

就活ではエントリーシートや面接での自己PRで「柔軟性」があると採用担当者に良い印象を与えられます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

エントリーシートや面接の自己PRでは、「柔軟性」があると採用担当者から高い評価を得やすくなります

柔軟性を備えている人材は、新たな職場でもすぐに馴染みどんな業務でも臨機応変に対応ができると判断できるためです。

近年多くの業務のIT化が進み働き方も変化している時代で、変化する働き方に柔軟に対応できる人材が求められる時代になっています。

そのため、自己PRで「柔軟性」をアピールするには、どんなことでも柔軟に適応可能であることを自己PRでアピールしましょう。

「柔軟性」があることは、どの業界でも評価が高いアピールポイントの1つです。

そのため、多くの就活生が自己PRで「柔軟性」をアピールする傾向があります。

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

なるほど、多くの就活生が「柔軟性」をアピールすると自分の印象が薄くなってしまいそうですね・・・。

一体どうしたらいいのでしょうか?

 

実は、自己PRで「柔軟性」はかなり良いアピールになるのですが、同時に多くの就活生が強みにしてアピールする要素の1つなのです。

せっかくのあなたの強みが他の就活生と被って印象が埋もれてしまうのは、一番もったいないです。

他の就活生と差別化を図るためには、あなたの強みを自分なりの表現で言い換えるのがおすすめです。

言い換えてしまえば、意味は同じでも他の就活生とは違った表現になるため採用担当者の印象に残りやすくなります

それでは、次に具体的にどんな表現をして「柔軟性」を言い換えたらいいのかを紹介します。

自分に合った「柔軟性」の言い換え表現を探して、採用担当者にインパクトを与える自己PRを完成させていきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

自己PR「柔軟性」の言い換えリスト一覧

就活生くん

他の就活生と差別化するために「柔軟性」を上手く言い換えた表現を教えてほしいです。

それでは、自己PRで「柔軟性」を具体的に伝えるために、「柔軟性」の言い換え表現を紹介します。

「就活の教科書」編集部 森山

【「柔軟性」言い換えリスト一覧】

  • 何が起きても臨機応変に対処できる
  • 新しい仕事に対してもチャレンジできる
  • 適応力が高くどんな状況でも対応が可能
  • 状況に応じた判断力がある
  • 周りとの関係性を上手に保てる
  • 人の意見を素直に受け入れ自分の成長に繋げられる

 

上の言い換え表現を参考に何がどのように柔軟性があるのかを明確に伝えることを意識しましょう。

そこに具体的なエピソードや、柔軟性がもたらした成果や結果を客観的な数値で示せるとさらに説得力があります。

「柔軟性」は曖昧な表現なため、自分なりに言い換えて採用担当者にアピールすれば印象に残りやすくなりますよ。

それでは次に、言い換え表現を使って「柔軟性」を自己PRした例文を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ちなみに、「そもそも、自己PRってガクチカと一緒なのでは?」「自己PRと自己紹介って何が違うの?」と感じた就活生は、以下の記事で解説しています。

ガクチカの特徴自己紹介の書き方なども分かるので、合わせて読んでみてください。

 

自己PRで「柔軟性」を伝える3つの例文

就活生くん

自己PRで「柔軟性」を強みにしてアピールしたいのですが、どうアピールすればいいのか分かりません・・・。

「柔軟性」を自己PRにしている例文があれば参考にしたいので、いくつか教えてほしいです。

自己PRって何を書いたら正解なのかわかりにくいですよね・・・。

では次に、「柔軟性」を使った自己PRの例文をいくつか紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

自己PRで「柔軟性」を伝える例文
  • 例文①:サークル活動
  • 例文②:アルバイト
  • 例文③:語学留学

それでは、自己PRで「柔軟性」があることをアピールしている例文をそれぞれ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文①:サークル活動

私の強みは、どんな状況でも柔軟に対応できる判断力があるところです。

私は高校生の頃からずっとダンス部に入りブレイクダンスを専門に練習をしていました。

大学時代入るとダンス部がなかったため、ダンスサークルに入って自分のダンスの技術を磨きました。

いつかブレイクダンスの大会に出場して優勝するのを目標にしていたのです。

しかし私は高校時代からの癖が修正できずに、いつまでもその癖に悩まされていました。

そんなある日、後輩から練習方法を変えて癖を克服した方が良いと指摘を受けました。

私よりもダンス歴が短い年下の人の意見でしたが、耳を傾けて教えたもらった練習方法を取り入れてみたところ、チーム1番のキャプテンから「以前よりも上手になったね」と褒めてもらえました。

そして練習を重ねた結果、念願のブレイクダンスの大会で優勝することができました。

もちろん、自分の芯を持つのも大事ですが、柔軟に人の意見を受け入れて改善することが実を結ぶんだと学びました。

この経験を基に、持ち前の柔軟な判断力を活かして周囲の人たちと円滑にコミュニケーションを図り、御社に貢献したいと考えています。

この例文では、人の意見を尊重して自分の行動に移せることが上手くアピールできていますね。

また、目標を達成するための具体的なエピソードもあるので、採用担当者にも伝わりやすい自己PRになっています。

他にもサークル活動をテーマにした例文が多くあるので参考にしたい方は、以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文②:アルバイト

私の長所は、状況の変化に応じて的確な行動を遂行できる対応力です。

学生時代は飲食店でアルバイトをしており、私はアルバイトリーダーを努めていました。

バイト先では、土日のお昼や夜などの混み合う時間帯では、お客様の待ち時間が非常に長く、通常時と比較すると混み合う時間帯の回転率がいつも低下していました。

お店が混み合う原因は、従業員の作業効率が悪いのだと仮定して出勤前にミューティングを行い作業効率がスムーズになるよう指導を徹底したのですが、繁忙日の待ち時間は改善されませんでした。

そこで改めて、社員の方々と話し合いお店が混雑してしまう原因を探ると、接客のスタッフが土日には2人しかおらず、お客様のオーダーから料理の配膳さらにはお会計まで複数の業務を少数人で担当していたのです。

初期のお店のオペレーションシステムが見直されぬまま人員不足や役割分担が曖昧になり待ち時間、回転率の悪さに繋がっていたのです。

そこでオペレーションシステムを刷新してスタッフの増員と役割分担を明確にすることで、回転率を20%上げることができました。

このような経験から、御社での営業職も状況に応じた課題の柔軟な対応が必要になると考えています。

学生時代に得た私の柔軟な対応能力を活かして課でのナンバーワンの営業成績を目指します。

この例文では、結果を振り返り失敗しても柔軟に最適な行動を取れることを上手くアピールできていますね。

他にもアルバイトをテーマにした例文が知りたい方は、以下の記事で内定者が実際のESで使った例文を紹介しているので読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文③:語学留学

私の強みは何が起きても臨機応変に対応できることです。

学生時代は学校のカリキュラムの一環で、アメリカの大学に1年間語学留学をしていました。

留学中は、さまざまな国々から語学留学をしている学生と、一緒に長い期間を過ごしました。

留学当初は、異なる文化を持つ同年代の学生とともに生活しているとお互いの主張や習慣が合わずにトラブルが頻発していたのです。

これではいつまで経っても打ち解けられないと思い、私はいつも間に入りお互いが納得できるよう意見をまとめて話し合う場を設けました。

話し合いをすることで、徐々に異なる考え方を受け入れ理解し合える環境ができあがったのです。

この留学経験から、異なる価値観でもお互いを尊重して臨機応変に柔軟に接する大切さを学びました。

御社でもこの学びを活かし、業務中に意見が合わなくても柔軟な対応を心がけ業務を遂行していきます。

この例文では、価値観の異なる人とでも柔軟に打ち解けられる人柄が伝わりますね。

働き始めると、価値観の異なる人と仕事をして意見が衝突することは珍しくないため、相手の意見を尊重できるのは良いアピールになるでしょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

自己PR「柔軟性」の魅力的な伝え方3STEP

就活生ちゃん

私は、自己分析診断で「柔軟性」が強みだと分かりエントリーシートの自己PR欄に「柔軟性」を主張して書きたいです。

だけど、どう書けば採用担当者に「柔軟性」を上手く伝えられるんだろう?

自己PRで「柔軟性」を伝える時は、抑えるべきポイントがあります。

正しい伝え方を知り、他の就活生よりも魅力的な自己PRを考えてみましょう!

「就活の教科書」編集部 森山

自己PR「柔軟性」の伝え方3STEP
  • STEP①:「柔軟性」を自分の言葉に置き換え結論から伝える
  • STEP②:具体的なエピソードを盛り込み「柔軟性」を伝える
  • STEP③:仕事で「柔軟性」がどう活かせるか伝える

それでは、自己PR「柔軟性」の魅力的な伝え方3STEPをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

STEP①:「柔軟性」を自分の言葉に置き換え結論から伝える

自己PR「柔軟性」の魅力的な伝え方つ1目のSTEPは、「柔軟性を自分の言葉に置き換え結論から伝える」です。

多くの就活生が自己PRで「柔軟性」を強みにしてアピールするため、何も工夫せずに伝えた場合あなたの印象は薄くなってしまいます。

「何が起きても臨機応変に対処できる/状況に応じた判断力がある」など言い方をアレンジすれば、他の就活生と差別化を図れますよね。

「柔軟性」は言い換えてあなたの強みを最大限アピールしましょう。

 

また、自己PRでは一番最初に強みを伝えることも大切です。

まず初めに強みから伝えれば、あなたが一番伝えたい強みの部分が強調できるからです。

自己PRで「柔軟性」をアピールするときは、強みから述べてあなたの主張が分かりやすい自己PRにしましょう

最初の伝え方1 つであなたの自己PRのクオリティは決まるということです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

STEP②:具体的なエピソードを盛り込み「柔軟性」を伝える

自己PR「柔軟性」の魅力的な伝え方2つ目のSTEPは、「具体的なエピソードを盛り込み柔軟性を伝える」です。

具体的なエピソードを入れれば、採用担当者がその場面を想像してあなたに「柔軟性」があるのを理解できるのです。

「柔軟性」を発揮したと感じた過去の経験や、学生時代に熱心に取り組んだ部活やアルバイトでのエピソードだと話しやすいでしょう。

自己PRに「柔軟性」を発揮したエピソードを盛り込み、「柔軟性」が客観的に分かるようにしましょう

自分の過去の経験から「柔軟性」が発揮された最適なエピソードは何か考えましょう。

最適なエピソードが思い浮かばないときは、モチベーショングラフを活用するのがオススメです。

以下の記事でモチベーショングラフが簡単に作れる方法を解説しているので参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

STEP③:仕事で「柔軟性」がどう活きるか伝える

自己PR「柔軟性」の魅力的な伝え方3つ目のSTEPは、「仕事で柔軟性がどう活かせるか伝える」です。

採用担当者は、就活生が入社後にどう働いてくれるのかを考えています。

「柔軟性」を発揮して企業で活躍できるかをうまく説明できれば、効果的なアピールに繋がります。

最後にあなたの「柔軟性」が企業でどう活用できるのか、どう役に立つのかを伝えて自己PRをまとめましょう。

また、企業研究をしていることも伝わるので、入社意欲も伝わるでしょう。

ここまでの説明を聞いて「なんだか自己ってPR難しそう・・・」と感じている方は、以下の記事で自己PRの基礎を知るのがおすすめです。

僕もこの記事に書いてあることを真似してES選考が通過するレベルになりました。

内定者が自己PRの基礎から応用まで詳しく解説しているので、かなり参考になりますよ!

「就活の教科書」編集部 森山

 

自己PR「柔軟性」を伝えるときの3つの注意点

就活生ちゃん

「柔軟性」を自己PRで上手く伝える方法は分かりました。

自己PRで「柔軟性」を伝えるときに気をつけなければならないことって何がありますか?

自己PRで「柔軟性」をアピールするときは、以下のことに注意が必要なので確認しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

自己PR「柔軟性」3つの注意点
  • 注意点①:優柔不断だと思われないようにする
  • 注意点②:主体性がないと思われないようにする
  • 注意点③:持続性がないと思われないようにする
それでは、自己PR「柔軟性」を伝えるときの3つの注意点をそれぞれ伝えていきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点①:優柔不断だと思われないようにする

自己PR「柔軟性」を伝えるときの注意点1つ目は、「優柔不断だと思われないようにする」です。

聞き手により「柔軟性」は、なかなか決定ができない「優柔不断」な人柄をイメージさせてしまう時があります。

「優柔不断」だと仕事の進捗もズルズルと遅れてしまい、周りに迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

採用担当者に「優柔不断」と悟られてしまうと減点対象のため、自己PRでは意思決定のできる人柄が伝わるよう心がけましょう。

どんな仕事でも優柔不断なことは、印象が悪くなってしまうため気をつけましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点②:主体性がないと思われないようにする

自己PR「柔軟性」を伝えるときの注意点2つ目は、「主体性がないと思われないようにする」です。

「柔軟性」という性格は、自分の意思が薄く「主体性がない」と人柄だと捉えられてしまうことがあります。

周りに合わせる能力は必要ではありますが、必要に応じて自分の意見をきちんと言える人でなくては頼りないでしょう。

また、将来的にリーダーや管理職として働くとなれば、主体性が無い人に仕事を任せられませんよね。

柔軟性についてアピールする時には、周囲に流されるような気弱さや自分の意見を周囲に合わせて変えてしまう点を強調しすぎないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点③:持続性がないと思われないようにする

自己PR「柔軟性」を伝えるときの注意点3つ目は、「持続性がないと思われないようにする」です。

あれもこれも柔軟に対応する姿勢が、飽き性で持続性がないと採用担当者に感じ取られてしまうこともあります。

アピールの仕方やエピソードの内容を注意することで、持続性がないとマイナスに取られることは防げるはずです。

つまり、柔軟であっても何かしらブレない軸があれば良いのです。

そして面接の際には、「私は柔軟性があるとよく言われます」とアピールすると同時に、「〇〇に関してだけでは、決して揺るぐことなく重要視して働きたいと考えております」などと確固たる熱意も添えるようにしましょう。

持続性がないと思われないために、粘り強さが伝わるエピソードを組み込むのもおすすめの方法ですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点を読んでみて「自分の考えた自己PRって大丈夫かな・・・」と不安になった就活生は、以下の記事で自己PRの添削をしてもらいましょう。

内定者が実際に利用しておすすめだった添削サイトを紹介しているので、読んでみてあなたの考えた自己PRを添削してもらってみてくださいね。

 

自己PR「柔軟性」以外にも就活で使えるおすすめの強み一覧

就活生くん

ここまでの話を聞いて、自己PRで「計画性」を伝えるのは自分に合わないと感じてきました・・・

「計画性」以外に使いやすくておすすめの強みはありますか?

やっぱり自己PRは他のことをアピールしたいと感じた就活生は、以下の記事で自己PRの強み別に解説した記事を紹介します。

「努力家」「笑顔」などを魅力的な伝え方が分かるので、ぜひ参考にしてあなたの自己PRにしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:「柔軟性」は自己PRになるが、あなたなりに言い換えてアピールすることが重要

この記事の、「【例文あり】自己PR「柔軟性」の魅力的な伝え方3STEP | 注意点や言い換えも」はいかがだったでしょうか?

このページでは、「就活の教科書」編集部の森山が、自己PRで「柔軟性」を魅力的に伝える手順について解説しました。

合わせて、自己PRで「柔軟性」を伝えるときの例文「柔軟性」におすすめの言い換え表現「柔軟性」を自己PRで伝えるときの注意点についても解説しました。

 

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 森山

この記事のまとめ

◆自己PRで「柔軟性」をアピールしてもいいの?

◆自己PR「柔軟性」の言い換えリスト一覧

◆自己PRで「柔軟性」を伝える3つの例文

  • 例文①:サークル活動
  • 例文②:アルバイト
  • 例文③:語学留学

◆自己PR「柔軟性」の魅力的な伝え方3STEP

  • STEP①:「柔軟性」を自分の言葉に置き換え結論から伝える
  • STEP②:具体的なエピソードを盛り込み「柔軟性」を伝える
  • STEP③:仕事で「柔軟性」がどう活きるか伝える

◆自己PR「柔軟性」を伝えるときの3つの注意点

  • 注意点①:優柔不断だと思われないようにする
  • 注意点②:主体性がないと思われないようにする
  • 注意点③:持続性がないと思われないようにする

◆自己PR「柔軟性」以外にも就活で使えるおすすめの強み一覧

◆まとめ:「柔軟性」は自己PRになるが、あなたなりに言い換えてアピールすることが重要

自己PRで「柔軟性」を強みにして採用担当者にアピールしたいと思っても、初めは思うように上手くアピールする方法が分かりませんよね。

あなたのどんな事態にも臨機応変に対応できる長所を上手く伝えるには、あなたの「柔軟性」が採用担当者に伝わるように具体的に言い換えてアピールしてみましょう。

また、「柔軟性」があることをアピールするだけではなく、入社後に企業で貢献することまで伝えましょう。

「柔軟性」を自己PRで伝えたいときには、ぜひこの記事で「柔軟性」の伝え方を参考にしてみてくださいね。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山