【差別化しよう】大学2年生で就活を何もしてない人がやるべきこと | 対策法,メリットも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 就活生2人に1人が利用! /
人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!
就活生の皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の井上です。

この記事では、大学2年生の就活について詳しく解説していきます。

就活生の皆さんは、「大学2年生の時点で就活は何もしていなくて大丈夫なの?」「就活は早まっていると聞くけどいつから就活を始めればいいの?」など思っているのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 井上

就活生くん

私は今現在大学2年生で、就活をまだ何もやっていないです。

周りの人もやっていないんですけどこれって大丈夫なんですか?

就活生ちゃん

就活をやっている人が周りに一部いるんですけど、どういう人が就活を早く始めるんでしょうか?

そもそも就活って3年生からじゃないんでしたっけ?

就活は3年生からとよく聞きますが、大学2年生から始めている人もいますよね。

就活っていつから始めたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 井上

そこでこの記事では、就活における「大学2年生で就活を何もしていなくても大丈夫なの?」についてを解説していきます。

また、大学2年生で就活を始めている人はどれくらいいるのかについても紹介します。

さらに、大学2年生で就活を始めるときに最初にやるべきことや、大学2年生で就活を始めるメリットについても説明します。

併せて、大学2年生で就活を何もしてないに関するよくある質問も紹介します。

こんな人におすすめ
  • 大学1、2年生で就活を何もしていなくて不安な人
  • 大学2年生からできる就活について知りたい人
  • 大学2年生で時間のあるうちに就活を始めたい人

これらに当てはまる方は特に、ぜひこの記事を最後まで読んでみてくだい。

先に結論をお伝えすると、「就活始めたけど何をすれば良いのかわからない…」なら、就活生の2人に1人が利用する適性診断AnalyzeU+で、自分の強みと適性職種を診断するのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、Webテストで頻出の問題がわかる「SPI頻出問題集もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】就活のやり方が分からない時に使えるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、人気No.1の適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

大学2年生で何もしていない人ってどれくらいいるの?

就活生くん

周りの人で一部就活を始めている人がいるんですけど、どれくらいの人が就活を2年生から始めているんでしょうか?

就活生ちゃん

自分が始めていないと不安になります。

どうしたらいいですか、、、

まずはどれくらいの人がいつから就活を始めているのか見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

 

結論:大学2年生で就活を始めているのは46%

ウォンテッドリーが実施した『就職活動に関する調査』によると、24卒の46%の学生が大学2年までに就活を開始しているようです。

大学2年から就活始めた割合

引用:ウォンテッドリー『就職活動に関する調査』

逆に言えば、大学2年生の1月時点で、半数の学生がまだ就活を始めていない状況です。

就活は個人の進行ペースによって異なるため、全ての学生が同時期にスタートするわけではありません。

大学2年生の1月時点で、もう就活を始めている学生は、自己分析や業界分析など、就活の色々な準備を進めている可能性があります。

このように、大学2年生の1月時点で、まだ就活を始めていない学生が半数程度いるそうです。

大学2年生の1月時点では、就活の本格的な活動が始まる前の時期です。

まだ就活に対する準備や情報収集を進めている段階です。

「就活の教科書」編集部 井上

 

大学2年生のうちに就活を始めれば、周りと差別化できる

大学2年生のうちに就活を始めることで、周りと差別化することができます。

大学2年生のうちに就活を始めることで、時間的な余裕が生まれます。

これにより、じっくりと自己分析を進めたり、希望する企業の情報収集や研究に充てることができます。

自己分析を進めて自身の強みなどを明確にし、就活が本格化したときエントリーシートや面接でしっかりアピールすることができるようになります。

このように、大学2年生のうちに就活を始めることは、周りと差別化するチャンスになります。

就活生くん

大学2年のうちに就活はやっぱりやっておいた方がいいんですね。

はやくから始めている人はえらいです…

また、就活を早めにスタートすることで、インターンシップや企業説明会に参加する機会が増え、企業との関わりを深めることができます。

これにより、企業側からの評価を高めるチャンスを得ることができるでしょう。

例えば、大学2年生のうちにインターンシップに参加し、企業の現場や仕事内容を体験したり、業界について理解を深めることにチャレンジしてみてもいいでしょう。

「就活の教科書」編集部 井上

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

大学2年生で何もしてない人は、就活に向けてまずこれをやろう!

就活生ちゃん

私はまだ何もやっていないんですけど、大学2年生って就活何から始めたらいいですか???

就活生くん

不安なので、何か行動しておきたいです!

それではここで、就活を何もしていない人に向けて、まずは何をすればいいのかを解説していきます!

「就活の教科書」編集部 井上

大学2年生で何もしてない人は、就活に向けてまずこれをやろう
  • その①:就活の大まかなスケジュールを理解しておこう
  • その②:就活サイトに登録しよう
  • その③:自己分析をやってみよう
  • その④:業界/企業研究をやってみよう
  • その⑤:合同企業説明会に応募してみよう

 

その①:就活の大まかなスケジュールを理解しておこう

大学2年生で就活を何もしていなかった人がまずやるべきことの1つ目は「就活の大まかなスケジュールを理解しておこう」です。

就活のスケジュールを理解することで、計画的に活動を進められるようになります。

就活のスケジュールを把握することで、重要なイベントや選考の期限を把握し、スケジュールを調整することが可能です。

就活のスケジュールは大学やキャリアセンターなどで公開されている場合があります。

これをチェックして、どんな企業のインターンや説明会がいつから始まるのか把握しておきましょう。

就活のスケジュールを理解することで、計画的に活動を進めることができます。

就活生ちゃん

たしかに、夏のインターンとか、本選考がいつから始まっているのかを知っておいた方がいいですよね!

 

【完全解説】大学生の就活の流れ | 就活準備から本選考,内定まで(新卒)

その②:就活サイトに登録しよう

大学2年生で就活を何もしていなかった人がまずやるべきことの2つ目は「就活サイトに登録しよう」です。

就活サイトに登録することで、多くの企業情報や求人情報にアクセスし、自身に合った企業を見つけることができます。

就活サイトには多くの企業の情報が集まっているため、いろいろな企業に出会うことができます。

自分の興味や希望に合わせて登録し、求人情報を集めてみましょう。

また、就活イベントやセミナーの情報もチェックすることで、企業との直接的な関わりを持つチャンスつかみましょう。

就活サイトに登録することで、幅広い情報にアクセスし、自身に合った企業を見てみたり、情報収集ができたりします。

就活生ちゃん

リクナビマイナビは聞いたことがあります。

あれって大学2年生の今登録してもいいんでしょうか?

何年卒かを確認して、自分の学年に合わせたものをしっかり確認しておきましょう。

また、どんな就活サイトに登録すればいいかはこちらで紹介しているので、就活サイトに興味がある人はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

その③:自己分析をやってみよう

大学2年生で就活を何もしていなかった人がまずやるべきことの3つ目は「自己分析をやってみよう」です。

自己分析をすることで、自分のスキルや価値観、キャリア目標などを客観的に見つめることができます。
自己分析を通じて、自分に合った企業や職種を選び、面接やESで使えそうなガクチカや自己PRを作ってみましょう。

自己分析では、自分自身を客観的に見つめることが大切です。

自己分析を行うことで、自己理解を深め、自身に合った企業選定や自己アピールができるようになります。

就活生ちゃん

自己分析確かにすぐに取り掛かれそうですね。

やり方とか決まったのありますか?

また、自己分析は友人や先輩に話を聞いてみて、フィードバックを受けることで、より深い理解が得られることもあります。

自己分析は自分で一つ一つ丁寧にやるのは大変だと思うので、アプリとかを使って手軽にやってみるのがいいでしょう。

こちらの記事で自己分析のやり方を紹介しているので、自己分析を1から知りたいという方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

その④:業界/企業研究をやってみよう

大学2年生で就活を何もしていなかった人がまずやるべきことの4つ目は「業界/企業研究をやってみよう」です。

業界や企業研究を行うことで、自分に合った志望企業を見つけ、業界への理解が深まって選考を有利に進めることができます。

業界や企業研究を行うことで、自身の興味や関心を持つ企業を探してみましょう。

業界研究を通じて得られた情報は、面接やエントリーシートで自己アピールする際に役立ちます。

例えば、企業の公式サイトを調べたり、合同企業説明会や企業セミナーに参加するといったことが挙げられます。

業界や企業研究を行うことで、自分に合った志望企業を特定し、面接や選考での自己アピールを準備することができます。

就活生くん

業界研究ってやっぱり大事ですよね。

自分で企業を調べたり説明会に行ったりするしか方法はないんでしょうか?

いまは情報まとめサイトが充実しているので、個別に調べる必要はないです。

手軽に業界研究をする方法を下の記事でまとめて解説しているので、業界研究をやってみたいという方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

その⑤:合同企業説明会に応募してみよう

大学2年生で就活を何もしていなかった人がまずやるべきことの5つ目は「合同企業説明会に応募してみよう」です。

合同企業説明会では複数の企業が会場やオンライン上で、自社の説明会や選考プロセスを行います。

多くの企業に1日もしくは2日で接触できるため、手っ取り早く多くの企業を知ることができます。

合同企業説明会に参加することは、多くの企業との接点を持つチャンスとなります。

積極的に参加し、自分に合った企業との関わりを広げましょう。

合同企業説明会には様々な業界や企業が参加しています。

まずは、事前に出展企業のリストを確認し、自分が興味を持つ企業を積極的ににアプローチしましょう。

余裕があれば、全然聞いたことのないような企業の話も聞いてみて、視野を広げてみましょう。

また、企業説明会では積極的に質問をして企業へアピールしましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【時間がある人向け】大学2年生のうちにやっておくといい対策法

就活生ちゃん

就活サイトに登録するとかはすぐにできそうですね!

ちゃんと就活に2年生から取り組みたい人が、もっとやっておいた方がいことってありますか?

就活生くん

早期から就活に力を入れていた人がどんなことをしているのか知りたいです!

そうですね!

それではここから、時間がある人向けの大学2年生のうちにやっておくべき就活について解説します。

「就活の教科書」編集部 井上

【時間がある人向け】大学2年生のうちにやっておくといい対策法
  • 対策法①:ガクチカ・自己PRを作ってみよう
  • 対策法②:Webテスト(SPI/玉手箱)の例題を解いてみよう
  • 対策法③:面接の練習をしてみよう
  • 対策法④:GDの練習をしてみよう
  • 対策法⑤:興味のある企業の短期インターンシップに申し込んでみよう
  • 対策法⑥:長期インターンシップに参加してみよう

 

対策法①:ガクチカ・自己PRを作ってみよう

時間がある人のための大学2年生のうちにやっておくといい対策法の1つ目は、「ガクチカ・自己PRを作ってみよう」です。

ガクチカ(学生時代に力を入れて取り組んだこと)や自己PRを作っておくことで、面接やエントリーシートで自分をアピールするための基礎を築くことができます。

ガクチカはサークル活動やバイト経験など、自分が学生時代にどんなことを頑張ったのかを伝えるためのものです。

そんな経験を就活を意識して作っておけば、志望した企業の内定にぐっと近づきます。

また、自己PRは自分の性格を理解し、強みやセールスポイントを把握しておくことが大切です。

時間がある人は、大学2年生のうちにガクチカや自己PRを作ってみましょう。

就活生ちゃん

私は今のところガクチカって言えるものがあんまりないんですけど、時間がある今こそ作れる活動をした方がいいってことですね!

その通りです!

ガクチカや自己PRの作り方については、当サイトで詳しく解説しているので、こちらの記事もぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法②:Webテスト(SPI/玉手箱)の例題を解いてみよう

時間がある人のための大学2年生のうちにやっておくといい対策法の2つ目は、「Webテスト(SPI/玉手箱)の例題を解いてみよう」です。

Webテスト(SPI/玉手箱)の対策を行うことで、就活で忙しくなる前に準備を整えておくことができます。

Webテストは多くの企業で採用されており、対策を行うことで自信を持って臨むことができます。

問題集やアプリを使って頻出する問題パターンに慣れることで、本番でのテストへの緊張感を軽減することができます。

SPIや玉手箱などのWebテスト対策サイトで例題や過去問を解いてみましょう。

正確な解答を導くだけでなく、解答の時間配分や効率的な解法を身につけましょう!

SPIの対策については、こちらの記事で詳しく解説しているので、Webテストの対策を早いうちからやっておきたい人はこちらの記事もぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法③:面接の練習をしてみよう

時間がある人のための大学2年生のうちにやっておくといい対策法の3つ目は、「面接の練習をしてみよう」です。

早いうちから面接の練習を積極的に行うことで、本番の面接での自信をつけることができるからです。

たとえば、友人や先輩とロールプレイを行ったり、面接練習の相手を募集することで、さまざまな質問に対する自分の回答を練習しましょう。

また、面接の受け答えを録音して振り返ることで、改善点を探してみましょう。

このように、就活の早い時期に面接の練習をしておくと、ライバルに大きく差をつけることができます。

面接の練習まで取り組んでいる人はまだ少ないです。

また、話す練習をすることによって自己分析や志望動機を整理し、自分の強みやアピールポイントを自覚することができます。

面接練習はいずれやることになるので、早くから話せるようにしておきましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法④:GDの練習をしてみよう

時間がある人のための大学2年生のうちにやっておくといい対策法の4つ目は、「GDの練習をしてみよう」です。

グループディスカッション(GD)が課される企業では、就活生はみんな対策してきます。

GD練習によって、企業が求めるような議論力や論理的思考力を高め、自分の意見を適切に表現するスキルを向上させることができます。

友人や仲間と一緒にさまざまなテーマでGDを実際にやってみましょう。

また、参考書やオンラインサイトでGDのテクニックを知っておきましょう。

就活生くん

GDなんてやったことがないので、何から始めればいいのかわからないです。。。
初めてだと難しいですよね。

当サイトではGDの対策法についても紹介しています。

これからGDの対策をしたいという方は、ぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法⑤:興味のある企業の短期インターンシップに申し込んでみよう

時間がある人のための大学2年生のうちにやっておくといい対策法の5つ目は、「興味のある企業の短期インターンシップに申し込んでみよう」です。

短期インターンシップであれば、大学2年生でも十分通る可能性があり、申し込む価値があるからです。

短期インターンシップは企業のリアルな雰囲気を体験できるため、自分に合った企業を見極めることができます。
インターンシップ経験はエントリーシートや面接でのアピール材料となり、選考を有利に進めることにつながります。

興味のある企業の公式サイトや就活サイトで短期インターンシップの募集情報を確認し、積極的に申し込んでみましょう。

興味のある企業の短期インターンシップに参加することで、実際の企業内の雰囲気や仕事内容を知り、自分の志望企業を絞ることができます。

また、インターンシップ後は感想や学びをまとめることで、就職活動における自己成長を示す材料となります。

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法⑥:長期インターンシップに参加してみよう

時間がある人のための大学2年生のうちにやっておくといい対策法の6つ目は、「長期インターンシップに参加してみよう」です。

企業の長期インターンシップは狭き門となる場合が多いですが、それ自体がガクチカや自己PRの材料になるので非常に価値があります。

また、長期インターンシップは企業での実務経験を積むチャンスであり、自分の興味や適性に合った仕事を見つけることができます。

長期インターンシップでは、企業も学生への教育に注力しており、自分の目標や将来のキャリアに向けて実践的なスキルや知識を身につけることができるでしょう。

ですから、長期インターンシップに参加して、早期から志望企業の内定に近づきましょう。

就職活動においては、長期インターンシップ経験は他の学生との差別化にもなり、選考でのアピールポイントとなります。

「就活の教科書」編集部 井上

 

                                     

就活のやり方に関する記事一覧

「最近就活を始めたけど、何から手を付ければいいか分からない」という就活生には、 就職活動の流れ という記事がおすすめです。

以下の記事を読むだけで、就活の流れを完全に理解できるので、就活生なら必ず読んでほしいです。

就活アドバイザー 京香

             

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

大学2年生から使うべき就活サービス3選

就活生くん

大学2年生で何をやっていいのかわかりません。

大学2年から使える就活サービスはありませんか?

たしかに、就活サービスは3年生から使うものというイメージがありますよね。

では、大学2年生が使うべき就活サービスを紹介します。

「就活の教科書」編集部 井上

OfferBox(適性診断AnalyzeU+ができる)

大学2年生が使うべき就活サービスは、「OfferBox」です。

OfferBoxは、優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえるスカウトアプリです。

大学2年生におすすめする理由としては、かなり詳しい性格診断(適性診断AnalyzeU+)ができる点です。

適性診断AnalyzeU+は251問の質問に回答すると、28項目の診断結果であなたの性格や強みを表現してくれる適性診断です。

さらに、適性検査に回答するとプロフィールから質の高いスカウトが届きます。

OfferBoxをオススメする理由はこの5つです。

OfferBoxのおすすめポイント
  • 大手~ベンチャーの幅広い優良企業からオファーが届く
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性
  • 251問の質問に回答すると100万人のデータからあなたの性格を診断
  • 内々定GETで就活を終えた声が多数あり
  • 登録企業数14,000社以上、就活生の2人に1人が利用
\利用率No.1、大手,優良企業からスカウト!/

 OfferBoxを見てみる
*利用無料、1分で登録できます

「OfferBox」の就活生の評判・口コミや、逆求人サイト/アプリについては、これらの記事で詳しく解説しています。

 

wantedly(長期インターンが探せる)

長期おすすめ②:Wantedly(ウォンテッドリー)

大学2年生が使うべき就活サービスは、Wantedly(ウォンテッドリー)です。

Wantedlyは、ウォンテッドリー株式会社が運営するビジネスSNS(長期インターンシップ求人メディア)です。

大学2年生におすすめするポイントは、強力なガクチカの長期インターンを探せる点です。

「部活やビジネスコンテストみたいなガクチカがない・・・」と困っている大学2年生は長期インターンをすることをお勧めします。

長期インターンは就活でも評価されやすく、ガクチカとして重宝します。

Wantedlyは掲載企業数が約35,000社と多く、ユーザー数は200万人以上と多くの企業やユーザーから支持を受けているサービスです。

さらに企業とフラットにつながれるため、気軽にオフィス訪問にも行けるのがWantedlyならではの強みです。

Wantedlyでは給与などの待遇面の記載ができないので、やりがいや環境会社の雰囲気などで求人者と求職者をマッチングすることを大切にしています。
Wantedlyの特徴は以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

Wantedlyの特徴
  • 特徴①:インターン求人情報の中で日本最大級
  • 特徴②:SNS感覚で気軽に会って話を聞くことができる
  • 特徴③:給与条件記載NGなので自社の魅力が伝わりやすい

Wantedlyを見てみる

Wantedlyの評判・口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

OpenWork(簡単に企業を比較)

大学2年生が使うべき就活サービスは、OpenWorkです。

OpenWorkはオープンワーク株式会社が運営している旧Vorkersでも知られる有名な就活口コミサイトです。

大学2年生にオススメするポイントは、さまざまな指標から企業を比較できる点です。

OpenWorkは企業をランキング順に調べることができます。

さらに、「総合評価」「待遇面の満足度」「20代の成長環境」など9つの指標で並べ替えたり、絞り込み検索をかけたりできます。

これにより、どんな会社があるのか、どんな点が優れているのか、企業研究が簡単にできます。

9つの指標は以下のとおりです

  • 総合評価
  • 待遇面の満足度
  • 社員の士気
  • 風通しの良さ
  • 社員の相互尊重
  • 20代成長環境
  • 人材の長期育成
  • 法令遵守意識
  • 人事評価の適正感

OpenWorkに関する情報をざっくりと以下にまとめました。

OpenWorkに関する情報
  • 社員口コミ数と評価スコア750万件、会員数290万人と圧倒的に多い
  • 業界比較ができる
  • 中小企業やベンチャーは口コミが少ない

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

大学2年生が読むべき就活本3選

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

大学2年生が読むべき就活本は、「世界一やさしい『やりたいこと』の見つけ方」です。

本書を大学2年生におすすめするポイントは、就活が本格する前から「やりたいこと」を見つけるのに役立つ点です。

本書は、「やりたいこと=好きなこと×得意なこと×大事なこと」と定義し、3STEPに分けてやりたいことの見つけ方を解説しています。

巷に溢れる適性検査や自己分析フレームワークを使っても、イマイチやりたいことが見つからない人は多いでしょう。

そんな人は一度この本を手に取って、3STEPを実践して見てください。

 

「いい会社」はどこにある?──自分だけの「最高の職場」が見つかる9つの視点

大学2年生が読むべき就活本は、「『いい会社』はどこにある?──自分だけの「最高の職場」が見つかる9つの視点」です。

本書を大学2年生におすすめするポイントは、世の中に無数にある企業の中から自分にとってのいい会社を見つける方法がわかる点です。

万人にとっての「いい会社」なんてものは存在しません。

例えば、若いうちから大きな仕事をしたい人にとって、年功序列の色濃く残る会社はいい会社ではありません。

逆に、ワークライフバランスと安定性を求める人にとって、高給だが激務な会社は良くない会社です。

本書は、会社を見る際の9つの視点を読者に提供することで、あなたにとって本当に「いい会社」を見つける指標を与えてくれます。

 

 

確実内定

大学2年生が読むべき就活本は、「確実内定」です。

改訂版 確実内定 就職活動が面白いほどうまくいく

改訂版 確実内定 就職活動が面白いほどうまくいく

トイアンナ
1,550円(04/23 12:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

本書を大学2年生におすすめするポイントは、就活の全体感を知るためにうってつけの点です。

本書は、「就活は、正解のあるゲーム」とし、就活の全体感から攻略法までを解説しています。

「就活で何をどうしていいかわからない・・・」という学生は、とりあえずこの本を1冊持っておけば安心でしょう。

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【何もしてない人は読もう】大学2年生で就活を始めるメリット

就活生くん

僕は何も就活やってないんですが、そもそも大学2年で就活を始めるメリットって何かあるんでしょうか?

別に3年生から始めても大丈夫かなと思ったのですが。。。

就活生ちゃん

大学2年生はサークルとかがすごく楽しくて、就活なんてあんまり意識しないですけど、大学2年生が就活を始めるメリットって何でしょうか?

たしかに、就活なんて大学3年からでいいと思う方も多いでしょう。

それではここで、大学2年生で就活を始めるメリットをいくつか紹介します!

「就活の教科書」編集部 井上

大学2年生で就活を始めるメリット
  • メリット①:選考が早い業界・企業に対しても余裕をもって対策できる
  • メリット②:就活が本格的になる時期に重要な作業に力をいれることができる
  • メリット③:内定を早くもらえるチャンスが増える

 

メリット①:選考が早い業界・企業に対しても余裕を持って対策できる

大学2年生で就活を始めるメリットの1つ目は「選考が早い業界・企業に対しても余裕を持って対策できる」です。

大学2年生で就活を始めることで、選考が早い業界や企業に対しても適切な情報収集や準備を進める時間を確保することができるからです。

外資系コンサル企業などは選考の時期が早く、早めに対策しておかないと太刀打ちできなくなってしまいます。

大学2年生から就活を始めることで、選考が早い業界や企業に対しても時間的な余裕を持ち、充実した対策を行うことができます!

早期に選考が進む業界や企業をリサーチし、就活の流れを理解しておきましょう。

就活のスタートが早いほど、エントリーシートの作成や面接対策に充実した時間を割くことができるため、志望企業の内定にぐっと近づきます。

「就活の教科書」編集部 井上

 

メリット②:就活が本格的になる時期に重要な作業に力を入れることができる

大学2年生で就活を始めるメリットの2つ目は、「就活が本格的になる時期に重要な作業に力を入れることができる」です。

大学2年生から就活を本格的に始めることで、就活が本格化する時期に重要な作業に集中でき、焦らず準備を進めることができます。

大学2年生のうちから就活を開始することで、他の学生よりも充実した対策が可能です。

本格的な就活が始まる時期には、選考イベントやインターンシップなどの重要な機会が増えます。

大学2年生から準備し、就活を始めていれば、もっと大事な時期に気持ちにゆとりをもって重要な作業に注力できます。

就活生くん

たしかに、就活本番の時期に焦って人生が変わってしまうのはもったいないですよね。。。

大学2年生の時点で、自己PRや履歴書の作成、選考イベントへの参加などを始めることで、焦ることなく自分のペースで就活を進めることができます。

また、たとえば学内のキャリア支援センターや先輩からのアドバイスを積極的に受けて、効果的な就活の準備を行いましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

 

メリット③:内定を早くもらえるチャンスが増える

大学2年生で就活を始めるメリットの3つ目は、「内定を早くもらえるチャンスが増える」です。

大学2年生から就活を始めることで、早期に内定を獲得するチャンスが増えます。

大学2年生の時点で就活を始めることで、選考が早い企業や短期インターンシップに参加する機会が増えます。これにより、早期に内定をもらうチャンスが高まります。

また、早期に内定をもらうことで、後半の就活期間で自分の希望する企業に集中的にアピールすることができます。

大学2年生から就活を始める際には、選考が早い企業やインターンシップの情報を積極的に収集し、早めに応募することが重要です。

大学2年生のうちから就活を始めて、早期内定獲得を目指しましょう。

また、早い段階でのインターンシップや選考イベントへの参加を通じて、自分の志望企業を見つけることもできるでしょう。

早期の内定獲得は、就活全体を有利に進めるための大きなアドバンテージとなります。

「就活の教科書」編集部 井上

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

大学2年生におすすめの就活サービスを3つ紹介

就活生ちゃん

就活の流れはある程度把握できました。
でも、やることがいっぱいでどれから手をつけたらいいんですか…
就職活動ではやることがかなり多いですよね。
僕自身も就活をしていたときに、時間が足りずに困っていました。

そこで、就活を効率的に進められるおすすめのサービスを紹介します。

「就活の教科書」編集部

今回紹介するおすすめの就活サービスは次の3つです。

大学2年生におすすめの就活サービスを3つ紹介
  • おすすめ就活サービス①:就活エージェント
  • おすすめ就活サービス②:スカウトサイト
  • おすすめ就活サービス③:就活イベント

 

おすすめ就活サービス①:就活エージェント

おすすめの就活サービス1つ目は、「就活エージェント」です。

就活エージェントとは、「専属のエージェントが就職活動の始めから終わりまで支援してくれるサポート」のことです。

就活エージェントを利用すれば以下のサービスが無料で受けられることが多いです。

  • 就職相談(カウンセリング)
  • 厳選された求人の紹介
  • 履歴書やエントリーシートの添削
  • 面接の対策
  • 企業への推薦
  • 内定後のフォロー など

そんな就活エージェントの中でも「キャリアチケット」が1番おすすめです。

「キャリアチケット」は、レバレジーズ株式会社が運営する就職支援、新卒紹介のエージェントサービスです。

キャリアチケットで紹介される企業は厳選されているのでホワイト企業も多数あります。
13万人以上が登録していて、就活生の4人に1人が使っている人気就活エージェントです。

「就活の教科書」編集部

「就活エージェントについてもっと詳しく知りたい!」就活生の方は、オススメの就活エージェントを知ることが出来るので、この記事を読んでみてください。

他にもおすすめの就活エージェントを紹介している記事があるのでぜひこちらも読んでみてください。

 

おすすめ就活サービス②:スカウトサイト

おすすめの就活サービス2つ目は、「スカウトサイト」です。

スカウトサイトとは、「登録しておくだけで企業からオファーが来るサービス」です。

普通の就活サイトとは違い、スカウトサイトでは自分で企業を探さずに多くの企業を知ることができます。

「隠れ優良企業で自分らしく働ける企業に就職したい!」という方はOfferBoxを使うのが一番おすすめです。

OfferBoxでは、251問の質問に回答することであなたの性格を徹底的に診断でき、プロフィール次第で大手や優良企業からスカウトがもらえる就活生に人気のアプリです。

すでに多くの就活生が利用しており、運がよければ優良企業の選考も一部スキップできるので、就活を有利に進められますよ。

ちなみにOfferBox以外にもLognaviキャリアチケットスカウトの同時並行もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!
あなたが普段エントリーシート(ES)に書いている、「学生時代頑張ったこと」「自己PR」「過去の出来事」などをそのままコピペするだけで、企業からオファーを受け取れますよ。
登録して放置しておけばオファーが来るのでおすすめです。

「就活の教科書」編集部

「スカウトサイトについてもっと詳しく知りたい!」就活生の方は、スカウトサイトについてのオススメを知ることができるので、こちら記事を読んでみてください。

 

おすすめ就活サービス③:就活イベント

おすすめの就活サービス3つ目は、「就活イベント」です。

就活イベントとは、「就職活動の情報を一日でたくさん得られるイベント」です。

具体的には、下記のようなものが就活イベントとして開催されています。

  • 合同説明会
  • 企業説明会
  • 就活対策セミナー
  • 社会人/就活生交流会

そんな就活イベントの中でもミーツカンパニー(Meets Company)が1番おすすめです。

「ミーツカンパニー」は株式会社DYMが運営する、選考直結の合同説明会などを開催している就職マッチングイベントです。

業界大手の企業やトップベンチャー企業が1日最大2~8社参加するので一気にたくさんの企業を知れます。
ミーツカンパニーに参加すると効率よく就活を進められますよ。

「就活の教科書」編集部

「就活イベントについてもっと詳しく知りたい!」就活生の方は、就活イベントについて詳しくわかりますので、この記事を読んでみてください。

就活イベントは業界別や地域別など様々な地域や目的に合わせて開催されています。

おすすめの就活イベントについて知りたいという就活生は以下の記事を読んでみてください。

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

大学2年生就活何もしてないに関するよくある質問

就活生くん

大学2年生からでも、就活は早めに始めた方がいいってわかりました!

就活生ちゃん

私はまず就活サイトに登録するところから始めてみようと思います!
この記事を読んで就活を始める大学2年生が増えてくれたらうれしいです。

それでは最後に、大学2年生就活何もしてないに関するよくある質問を解説します!

「就活の教科書」編集部 井上

大学2年生就活何もしてないに関するよくある質問
  • 質問①:就活に向けて大学2年の春休みでやることは?
  • 質問②:大学2年生で就活を何もしていないとやばいの?
  • 質問③:就活はいつから始めるのが正解?

 

質問①:就活に向けて大学2年の春休みでやることは?

大学2年生就活何もしてないに関するよくある質問の1つ目は「就活に向けて大学2年の春休みでやることは?」です。

大学2年生の春休みはまずは自己分析を行いましょう。

自分がどういう人間なのか、将来どういうことをしたいのかをしっかり考えることは就活の第一歩だからです。

まずは自己分析を時間のある大学2年生の春休みにやっておきましょう。

 

質問②:大学2年生で就活を何もしていないとやばいの?

大学2年生就活何もしてないに関するよくある質問の2つ目は「大学2年生で就活を何もしていないとやばいの?」です。

大学2年生の段階で何も就活の準備をしていないと、選考スケジュールや重要なイベントに遅れを取る可能性がありますが、やばいとまではいいません

ただし、早めに就活を開始することで有利なポジションに立つことができるため、できるだけ早い段階で行動を始めることをおすすめします。

焦る必要はなく、周りの同級生と比べるのではなく、自分のペースで進めることが重要です。

この記事をここまで読んでくれた大学2年生の方は、ぜひ今すぐ就活を始まてみましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

 

質問③:就活はいつから始めるのが正解?

大学2年生就活何もしてないに関するよくある質問の3つ目は「就活はいつから始めるのが正解?」です。

一般的には、大学3年生の春から夏にかけてが就活の本格的な時期とされています。

ただし、近年は早期内定や早期選考が増えており、大学2年生の時点で就活を始める人も増えています。

就活は徐々に早期化しており、企業も学生も早く動くことが多くなりました。

就活は、思い立ったらすぐに取り掛かってみましょう。

まずは自己分析や業界研究など、手軽にできるものから始めてみましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:就活を大学2年生から初めて有利に進めよう

今回は大学2年生で就活何もしてないについて解説しました

合わせて、大学2年生から就活を始めるメリットなどについてもご紹介しました。

この記事を読んだことで、大学2年生の就活に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。