>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【ガクチカない!】学生時代に頑張ったことない場合の簡単な作り方 | 使いやすいエピソードも

【ガクチカがない人へ】ガクチカの作り方5選 _ アクション,テーマおすすめも紹介 (1)

この記事で分かること
  • ガクチカがなくても内定は貰える
  • ガクチカの作り方
  • ガクチカに使えるテーマ 5個
  • ガクチカに向いていないテーマ3個
  • ガクチカを作るためのアクションおすすめ

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。
この記事では「ガクチカがない」と困っている就活生のあらゆる悩みを解決します
皆さんは今、どんな悩みがありますか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

僕はガクチカに使えるような目立つ成果がないので、他の就活生に埋もれてしまわないか不安です。
目立つ成果がなくても、大手企業の選考を勝ち抜けるでしょうか。

就活生ちゃん

私もガクチカがありません。
これからガクチカに使える経験をしたいので、ガクチカに使えるオススメのアクションを教えて欲しいです。
なるほど、わかりました。
「ガクチカがない」という問題には、とても悩まされますよね。
ではこの記事で「ガクチカがない」という悩みの全てを解決していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そこでこの記事では、ガクチカ(学生時代に頑張ったこと)の簡単な作り方を解説します。

合わせて、ガクチカがない人でも内定は貰えるのか、おすすめ/向いていないテーマ、おすすめのアクションも解説します。

この記事を読めば、「ガクチカがない」という悩みを解決でき、安心して選考に臨めるようになります。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

目次

ガクチカ(学生時代に頑張ったこと)がなくても内定は貰える?

就活生くん

僕は、サークルの幹部やバイトリーダーなど、ガクチカに使えるような目立つ成果がないです。

こんなガクチカがない僕でも内定を貰えるのでしょうか。

学生時代に目立つ成果がない人は「ガクチカがない」と不安に思いますよね。
でも大丈夫です。
実は「ガクチカ=目立つ成果」は、就活生のよくある勘違いです。
この項目で、目立つ成果がない人でも内定をもらえる理由を説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカ=目立つ成果ではない

そもそもガクチカとは、就活生の人間性がよく分かるエピソードのことです。

企業がガクチカで求めていることは、①就活生の論理的思考力、②人間性、③活動から何を学んだかの3点です。

ガクチカでは、学生時代の目立つ成果ではなく、「論理的思考力・人間性・何を学んだか」を意識してアピールしましょう。

「ガクチカ=目立つ成果」ではありません。
多くの就活生が「ガクチカで目立つ成果を発表して、優秀な学生だと思われたい」と考えています。
しかし、企業はガクチカで「自分の優秀さをアピールして欲しい」とは考えていません。

「就活の教科書」編集部 西川

 

目立つ成果がなくても内定は貰える

あなたの人間性がよく分かるエピソードがあれば、内定は貰えます。

しかし内定が貰えるのは、あなたの論理的思考力が採用基準を超えていて、企業が求める人間性の持ち主で、会社とマッチしている場合です。

だからこそ普段から論理的思考力を鍛え、自己分析と企業分析を深め、自分とマッチする企業を見つけましょう。

では次の項目で、ガクチカの作り方を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカ(学生時代に頑張ったこと)の簡単な作り方

就活生くん

ガクチカをどうやって作れば良いのかわかりません。
ガクチカを作るために、ガクチカの作り方を教えて欲しいです。
わかりました。

では次にガクチカをつくるコツを7個紹介します。
ここで紹介するガクチカの作り方は、比較的すぐ取り組めるものばかりです。
是非参考にしてみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

ガクチカがない人におすすめの作り方
  • 作り方①:自己分析をする
  • 作り方②:先輩のガクチカを真似る
  • 作り方③:とりあえず完成させる
  • 作り方④:日記から探す
  • 作り方⑤:家族・友人に聞く
では、ガクチカを作るコツを紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

作り方①:自己分析をする

ガクチカの作り方の1つ目は、「自己分析で自分を振り返る」です。

自分について綿密に振り返ると、これまで気付いていなかった自分の強みが見えるようになります。

自己分析をある程度できている就活生は、社会人などの第三者に自己分析してもらう方法がおすすめです。

自己分析の方法はこちらの記事で詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

作り方②:先輩のガクチカを真似る

ガクチカの作り方の2つ目は、「先輩のガクチカを真似る」です。

先輩のガクチカで「これは自分でも言えるな」というものを発見したら、自分の経験に当てはめて作り直してみましょう。

そしてガクチカを面接練習で話してみて、完璧に自分のモノになるまで落とし込みましょう。

「就活の教科書」編集部メンバーのガクチカ10個は、こちらの記事でまとめています。

良ければ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

作り方③:とりあえず完成させる

ガクチカの作り方の3つ目は、「とりあえず完成させる」です。

「ガクチカがない」と悩む就活生の多くが、「人と違うエピソードが無いから作れない」と悩んでいます。

しかし、ガクチカのテーマはだいたい他の就活生と被ります。

テーマが被ることは気にせず、自分の人間性が伝わるかどうかだけを意識して、とりあえず1つ完成させてみましょう。

完成させたガクチカは、模擬面接などで使ってみて改善していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

作り方④:日記から探す

ガクチカの作り方の4つ目は、「日記から探す」です。

過去に出来事を思い返すためには、日記が役立ちます。

直接的に頑張っていたことは見つけられないかもしれませんが、ヒントはあるはずです。

これまで日記をつけていなかった人は、今日から日記をつけてみましょう。
日記をつけると、自分が普段から何に価値を感じているのか理解できますよ。

「就活の教科書」編集部 西川

 

作り方⑤:家族・友人に聞く

ガクチカの作り方の5つ目は、「家族・友人に聞く」です。

自分では気が付いていないことでも、第三者から見たら特別な場合があります。

例えば、課題に対して人一倍努力する姿勢があったり、早朝にランニングを欠かさず続けているなど、自分では気づけない強みがあるかもしれません。

僕も友人に聞いてみて、初めて気が付いた自分の強みがありました。
僕の場合は、サークルのイベント企画に対する、圧倒的なこだわりと妥協の無さでした。
自分では普通にこなしていることも、第三者の目線で初めて気が付ける場合もあります。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカがない人に使いやすいおすすめエピソード

就活生くん

ガクチカとは就活生の人間性がよく分かるエピソードなんですね。

目立つ成果が無くてもいいなら、僕もガクチカが見つかりそうです!

そうですね。

もちろん目立つ成果があれば評価されやすいですが、なくても大丈夫です。
しかし、高校生から大学3年生に至るまで、ガクチカが何もないという人はいないと思います。
そこでこの項目では、ガクチカがない人におすすめのテーマを5個紹介します。
この項目で紹介するテーマを参考にして、ガクチカを考えてみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

ガクチカがない人におすすめのテーマ
  • ①:アルバイト
  • ②:特技や趣味
  • ③:長期インターン
  • ④:サークル
  • ⑤:留学
では見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ①:アルバイト

ガクチカがない人におすすめのテーマ1つ目は、アルバイトです。

バイトリーダーという経歴がない人でも、個人的に頑張ったことはないでしょうか。

例えば、評価を上げるために頑張ったことや、仕事の負担を減らすために工夫したことはないでしょうか。

アルバイトに一生懸命取り組める学生は、「会社に入っても真面目に取り組んでくれるだろう」という印象を与えられます。

ただし、多くの就活生がガクチカにアルバイトを使うため、自分の人間性がよく分かる内容が好ましいです。
アルバイトについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ②:特技や趣味

ガクチカがない人におすすめのテーマ2つ目は、特技や趣味です。

特技や趣味は、1つの活動を極めるという継続力をアピールできます。

また上手く使えば、面接官に顔を覚えてもらうきっかけにもできます。

例えば僕の友人では、個人面接で特技のマジックを披露した人や、モデルのウォーキングを披露した人がいました。
特技と趣味については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて確認してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ③:長期インターン

ガクチカがない人におすすめのテーマ3つ目は、長期インターンです。

長期インターンでの成果は、そのままビジネスマンとしての活躍を連想できるため評価されやすいです。

また業界研究にも役立つため、長期インターンはオススメです。

インターンに参加するメリットについては、こちらの記事で紹介しています。
合わせて確認してくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ④:サークル

ガクチカがない人におすすめのテーマ4つ目は、サークルです。

サークル経験は、(ここ書いてほしいです!)

サークルをガクチカで使う際は、こちらの記事を参考にしてくださいね。
サークル経験はガクチカで使えるのか、人事がサークルガクチカで見ているポイント、サークルのガクチカを論理的に伝える方法、役職のない人がガクチカでサークルについて話す方法をまとめています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ⑤:海外留学

ガクチカがない人におすすめのテーマ5つ目は、海外留学です。

留学経験は、就活生の行動力や言語能力の向上心をアピールできるため、評価されやすいです。

ここまでは、ガクチカがない人におすすめのテーマを5つ紹介しました。
各テーマでより詳しく説明している記事を貼っていますので、合わせて参考にしてみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカに向いていないテーマ

就活生くん

ガクチカで重要なのは、自分の人間性が伝わることなんですよね。
では、人間性が伝わるならどんなテーマでもガクチカに使えるのですか?

はい。どんなテーマでもガクチカに使えます。
しかし、中には向いていないテーマもあります。
ガクチカに向いてないテーマとは、以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 西川

ガクチカに向いていないテーマ
  • ゲーム
  • 恋愛
  • マンガ
では、なぜこれら3つのテーマがガクチカに向いていないか簡単に説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

向いていない①:ゲーム

ガクチカに向いていないテーマ1つ目は、ゲームです。

最近ではE-Sportsがオリンピックの新種目に選ばれた影響もあり、ゲームの社会的地位も向上してきました.

しかし、まだまだおじさん世代のゲームに対するイメージは変わっていません。

「E-Sportsのオリンピック選手に選ばれた」というレベルなら評価されるかもしれませんが、「まだまだゲームはお遊びだ」という印象があります。

ゲームをガクチカのテーマとして用いる場合は、相手の印象に注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

向いていない②:恋愛

ガクチカに向いていないテーマ2つ目は、恋愛です。

面接官によっては「恋愛の話は就活に適していない」と判断し、マイナス評価を受けてしまう可能性があります。

恋愛の話で面接官を納得させる自信があるなら使えるかもしれませんが、難易度が高いため、ガクチカには向いていないです。

「より多くの女の子をナンパするために、研究とPDCAを回してスキルアップに尽力した」というガクチカを使う人がいると聞いたことがあります。

こういったガクチカは、面接官の相性によってはマイナス評価を受けてしまうので注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

 

向いていない③:マンガ

ガクチカに向いていないテーマ3つ目は、マンガです。

マンガもゲームと同じく、どれだけ高尚な言い方をしても、面接官に「しょせん娯楽だろ」と思われてしまいます。

マンガをガクチカのテーマとして使う場合は、しっかりと論理的に説明できるようにしましょう。

ここまで、ガクチカに向いていないテーマについて説明してきました。
ここで紹介したテーマは、あくまでガクチカに向いていないというだけで、使えない訳ではありません。
ガクチカとして使う際は十分に理解を深めて、あらゆる質問に対応できるようにしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカがない就活生におすすめアクション

就活生ちゃん

ガクチカの作り方は分かりました。
でも私は就活までまだまだ時間があるので、何か新しい活動に挑戦したいです。
ガクチカにも使いやすいおすすめの活動はありますか?
わかりました。

ではこの項目で、ガクチカがない就活生におすすめのアクションを9個紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカがない就活生におすすめのアクション
  • おすすめ①:日記を書く
  • おすすめ②:卒業論文に本気で取り組む
  • おすすめ③:責任感のあるバイトに挑戦する
  • おすすめ④:論理的思考力を鍛える
  • おすすめ⑤:長期インターンに挑戦する
  • おすすめ⑥:ボランティアに挑戦する
  • おすすめ⑦:ライターなどの課外活動に挑戦する
  • おすすめ⑧:興味のあるものに本気で取り組む
  • おすすめ⑨:サークル活動に積極的に取り組む
では見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ①:日記を書く

ガクチカがない就活生におすすめのアクション1つ目は、「日記を書く」です。

日記を毎日書き続けることは、誰にでもできる行為ではありません。

実際に僕も、高校1年生から大学3年生の始めまで日記を書いていましたが、この経歴は、僕の真面目さと探求心をアピールでき、面接官に評価してもらえました。

日記は自己理解にも繋がりますし、ガクチカとしても使えるのでおすすめです。

さらに僕は、就活期に自己分析のための「日報」を行っていました。
就活イベントで出会ったある社会人の方に、自分がその日に「何を考えて」「何をして」「なぜそう考えたのか・行動したのか」をルーズリーフに書き起こして毎日送っていました。
その日報に毎日、社会人の方からフィードバックを頂き、自分の人間性を第三者の観点から整理もしていました。
良かったら参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ②:卒業論文に本気で取り組む

ガクチカがない就活生におすすめのアクション2つ目は、「ゼミ活動を本気で取り組む」です。

卒業論文はあなたの専攻分野を極めるチャンスであると同時に、ガクチカ作りのチャンスでもあります。

専門用語を分かりやすく解説し、どうやって研究を進めていったのか、課題をどう解決してきたのかなど、ガクチカに使える要素が十分あります。

ゼミに関してはこちらの記事が参考になるので合わせて確認してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ③:責任感のあるバイトに挑戦する

ガクチカがない就活生におすすめのアクション3つ目は、「責任感のあるバイトに挑戦する」です。

ノルマがある営業系のアルバイトなどに挑戦してみると、あなたの魅力を伝えるエピソードになります。

珍しいバイトとしては、自動販売機の設置場所を探すバイトや、レンタル彼氏などが挙げられます。

就活で有利なアルバイトに関しては、こちらの記事が参考になるので合わせて確認してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ④:論理的思考力を鍛える

ガクチカがない就活生におすすめのアクション4つ目は、「論理的思考力を鍛える」です。

論理的思考力の高い優秀な就活生であればあるほど、内定が近づきます。

就活では、自己分析やグループディスカッションなどを通じて論理的思考力を鍛えられるので、諦めることなく挑戦してみましょう。

僕は就活を通じて、自分について深く考える機会が増えて、論理的思考力が向上しました。
就活を始める前は中学生レベルだった思考力も、今では一般的な大学生レベルはあると思います。
就活で思考力が向上した理由としては、徹底的な自己分析(日記)・GDイベントに参加しまくった・ESや面接で分かりやすく自分を伝えるために考えまくったという3つの理由があります。
余談ですが、論理的思考力とは物事の階層構造を理解し、本質と事象を分けて理解できることだと個人的に思います。
良かったら参考にしてみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ⑤:長期インターンに挑戦する

ガクチカがない就活生におすすめのアクション1つ目は、「長期インターンに挑戦する」です。

長期インターンでの活躍経験は、入社後のイメージに結びつけやすく、評価されやすいです。

長期インターンでは、社員がどのように努力したら良いかを指導してくれるため、あなたの成長にも繋がります。

 

おすすめ⑥:ボランティアに挑戦する

ガクチカがない就活生におすすめのアクション6つ目は、「ボランティアに挑戦する」です。

学生時代にボランティアに注力した経歴は、あなたの貢献意欲・行動力などをアピールできます。

また、大学にはボランティア団体などが多く存在するため、挑戦しやすいアクションです。

ボランティアは多くの就活生がガクチカのテーマとして使います。
「何を理由にボランティアをしようと考えたのか」「ボランティアから何を学んだのか」を明らかにして、自分らしさを出す工夫が重要です。[/say

 

おすすめ⑦:課外活動に挑戦する

ガクチカがない就活生におすすめのアクション7つ目は、「課外活動に挑戦する」です。

特別な課外活動を頑張った経歴は、あなたの行動力・独自性・好奇心などをアピールできます。

例えば、ライターやカメラマンなどに挑戦してみましょう。

これらを通して学べるスキルは、そのままビジネスに直結する場合もあるため、やって損はないです。

[say name="「就活の教科書」編集部 西川" img="https://reashu.com/wp-content/uploads/2019/05/S__8044714.jpg" from="right"]

また「どうやったらスキルが向上するか」日々考えて取り組むことで論理的思考力の向上にも繋がります。
ライターの募集などはインターネットで検索すると、求人募集を見つけられます。

当サイト「就活の教科書」でもライターを募集しているのでよかったらチェックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ⑧:興味のあるものに本気で取り組む

ガクチカがない就活生におすすめのアクション8つ目は、「興味のあるものに本気で取り組む」です。

「趣味が高じて仕事になる」という言葉があるように、趣味は極めることで自分の武器になります。

自分の好きなモノを通じて自分の人間性を伝えることで、自分をより魅力的に伝えられるという点でもおすすめです。

例えば「ガクチカに向いていないテーマ」で紹介したゲームや恋愛の話でも、イキイキと語る姿勢が面接官に評価される場合があります。

ガクチカで大切なのは、自分の人間性が伝わるかです。
しかしガクチカに向いていないテーマを用いる場合、「その活動がどれだけ自分に成長をもたらしたか」という有用性を証明しなければ、評価されにくいです。
ガクチカに向いていないテーマをガクチカとして用いる場合は、有用性の協調を意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

こちらの記事も参考になると思うのでよかったら読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

おすすめ⑨:サークル活動に積極的に取り組む

ガクチカがない就活生におすすめのアクション9つ目は、「サークル活動に積極的に取り組む」です。

現在サークルの幹部を務めている人は、自分の職務に一生懸命取り組むと良いでしょう。

幹部でない人は、イベントの企画・運営の手伝いや、馴染めていないメンバーへの積極的に声掛けを行うことで、自分の価値を発揮できます。

サークルとガクチカの関係性については、こちらの記事で詳しく紹介しています。
合わせて参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

エントリーシートを書いてみた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このエントリーシートで本当に選考通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にエントリーシートを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:ガクチカがない就活生でも内定はもらえる!

この記事では、ガクチカの作り方を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、ガクチカがない人でも内定はもらえるのか、おすすめ/向いていないテーマ、おすすめのアクションも解説しました。

この記事の内容をおさらいしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

この記事で紹介したこと

ガクチカがない人でも内定は貰えるか

  • ガクチカ=目立つ成果ではない
  • 人間性が伝わるエピソードがあれば内定は貰える

ガクチカの作り方

  • 作り方①:自己分析をする
  • 作り方②:先輩のガクチカを真似る
  • 作り方③:とりあえず完成させる
  • 作り方④:日記から探す
  • 作り方⑤:家族・友人に聞く

ガクチカがない人におすすめのテーマ

  • アルバイト
  • 特技や趣味
  • 長期インターン
  • サークル
  • 留学

ガクチカに向いていないテーマ

  • ゲーム
  • 恋愛
  • マンガ

ガクチカがない就活生におすすめのアクション

  • おすすめ①:日記を書く
  • おすすめ②:卒業論文に本気で取り組む
  • おすすめ③:責任感のあるバイトに挑戦する
  • おすすめ④:論理的思考力を鍛える
  • おすすめ⑤:長期インターンに挑戦する
  • おすすめ⑥:ボランティアに挑戦する
  • おすすめ⑦:ライターなどの課外活動に挑戦する
  • おすすめ⑧:興味のあるものに本気で取り組む
  • おすすめ⑨:サークル活動に積極的に取り組む
皆さんの「ガクチカがない」という悩みに少しでも貢献できたでしょうか。

「就活の教科書」では、内定者ライターが他にも様々な就活情報をわかりやすく解説しています。
ぜひ他の記事も読んでみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

\ すでに400人以上の21卒が参加!! /
内定者が経験した就活情報をLINEにお届け
無料登録はコチラ