【例文あり】IT業界での自己PRの魅力的な伝え方 | ポイント,注意点も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • IT業界未経験の新卒が自己PRを書くならチームワーク力を伝えるのがおすすめ
  • IT業界未経験の新卒が自己PRを魅力的に伝える時の例文
  • IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時のNG例文
  • IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時は結論から伝える
  • IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時は専門用語を伝えずわかりやすく説明する
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめ

こんにちは。「就活の教科書」編集部のハリーです。

今回は、IT業界の自己PRについて解説していきます。

IT業界の自己PRをどう作ればいいか悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ハリー

就活生くん

確かに、IT業界って専門的な職業ってイメージがあるので、どうやって自己PRを考えればいいか分からないです。

自己PRの例文があれば知りたいなぁ・・・

就活生ちゃん

私はなんとなく自己PRは作れているんですけど、どうやって話せばいいのか分からなくて。

IT業界志望の自己PRを伝えるコツとかってあるんですかね?

確かに、IT未経験だと分からないですよね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

そこで、この記事ではIT業界未経験の新卒が自己PRを魅力的に伝える時の例文について解説します。

あわせて、IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイントを紹介します。

この記事を読めば、IT業界未経験の方でもIT業界の自己PRを上手く伝えられるようになります。

IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時のNG例文も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「IT業界に就職したいけど、ブラック企業は避けたい…」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

「レバテックルーキー」を使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良IT企業を紹介してもらえるので、学歴に自信が無くてもホワイトIT企業に出会えます。

また、IT企業の選考に特化したES添削・面接対策をしてもらえるため、選考でかなり有利になりますよ。

就活アドバイザー 京香

>> 「レバテックルーキー」を見てみる

 

 

IT業界未経験の新卒が自己PRを書くならチームワーク力を伝えるのがおすすめ

就活生くん

そもそも、IT業界の自己PRはどんな方向性で書けばいいんですか?

IT業界の自己PRでは、チームワーク力を伝えるのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

IT企業を志望する学生で「プログラマーやエンジニアは一人で黙々と作業できる」と考えている人は多いですが、実際はその逆です。

企業にプログラマーやエンジニアとして勤める、ほとんどの場合プロジェクトが組まれ、その中に集まったメンバーで協力し合って仕事を進めていきます。

つまり、チームワークやリーダーシップといった「協調性」を発揮する力が必要不可欠になるのです。

そのため、IT業界の自己PRでは「チームワーク力」を伝えられると、面接官から高評価を得やすくなります。

フリーのプログラマーやエンジニアは別ですが、企業に所属するなら、誰かと協力するという過程は避けて通れないのです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

IT業界未経験の新卒が自己PRを魅力的に伝える時の例文

就活生ちゃん

確かに、IT業界の自己PRでは、チームワーク力をアピールした方が良さそうですね。

けど、実際にどんな感じで自己PRを書けばいいのか分からなくて・・・

それでは、IT業界未経験の新卒が自己PRを魅力的に伝える時の例文を紹介しますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

例文①:アルバイト経験

私の強みは、常に他者を思いやりコミュニケーションを取れることです。

この強みを生かして私は、レストランのアルバイトリーダーとして、従業員の遅刻・欠勤をゼロにしました。

私の店は従業員が常に遅刻や欠勤などを繰り返しており、リーダーとして状況を変えたいと思いました。

その原因を探るために他店を見学した際、私の店には従業員にとって働きやすい環境がなかったことに気付きました。

そこで私はアルバイト仲間に声をかけ、店を従業員にとって働きやすくするにはどうすべきかを話し合い、従業員同士のコミュニケーションが重要だという結論に至りました。

そこで、あいさつを徹底し働きやすい環境を整えるために、週一回の振り返りミーティングを必ず行い、結果として、従業員の遅刻・欠勤をゼロにすることができました。

私は貴社でもこの強みを活かし、常に他者を思いやってコミュニケーションを取り、現状を改善していきたいと考えています。

IT業界で求められるコミュニケーション能力を、アルバイトの経験で上手く表現したいい例文ですね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

例文②:部活経験

私は大学時代の野球部の活動を通して、チームで行動する時の協調性を学びました。

私は高校時代から野球部部に所属していましたが、私の大学では、大学から野球を始める学生もたくさんいました。

しかし、野球部のキャプテンは一人で練習メニューを作り、初心者の意見には耳を傾けないことが多々ありました。

このままではチーム全体が強くならず、逆に部活を辞めてしまう学生も増えていくと考え、「チーム全員の意見を取り入れて練習メニューを作ろう」とキャプテンに提案することを決意しました。

そのために私は、初心者でも取り組める基礎練習を行うために、「どんな練習がいいか」「何をしたいのか」を部員全員に聞きに行きました。

聞き取った内容を基にキャプテンと相談しながら練習メニューを作ると、徐々に初心者の部員も上達し、大会で優勝することができました。

この経験から、私はチームでどのように取り組むのかを考えながら行動する大切さを学び、入社後も、どのようにすれば部署や会社の業績が上がるのかを考えながら、業務に取り組みたいと考えております。

協調性が伝わる良い例文ですね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

例文③:システムエンジニア志望の場合

私の長所は、コミュニケーション能力が高いところです。

私は大学時代、飲食店でアルバイトをしており、そこでコミュニケーションの重要性を学びました。

忙しい時間でもお客様の注文や意見を丁寧にヒアリングし、「この人は何を求めているのか」を徹底的に考えることを意識して働いていました。

その甲斐あって、大学2年時に店舗で行われた接客コンテストで1位、お客様アンケートでも高い評価をいただくことができました。

また、最近〇〇というサイトを利用しているのですが、利便性が非常に高く、「どうすればこんなに使い勝手のいいWebサイトを作れるのだろう」と考え、Webサイトの構築に興味を持ったのが、システムエンジニアを目指したきっかけです。

このアルバイトで培ったコミュニケーション能力を、システムエンジニアという職業で活かしていきたいと考えております。

IT業界のシステムエンジニアは、実はコミュニケーション能力が求められる仕事です。

そのコミュニケーション能力を上手くアピールした、いい例文ですね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時のNG例文

就活生くん

IT業界の自己PR例文は理解できました!

今度は逆に、「この例文はダメ!」っていうNG例文があれば教えてほしいいんですけど・・・

では、IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時のNG例文を紹介しますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

私の強みは、学生時代に磨いてきたプログラミング能力です。

私は大学で理工学部に所属しており、日頃から授業内でJava・C++などの言語に触れてきました。また、授業外でも実際にソフトウェアを制作してきました。

また、幅広い業務に対応できるように、HTMLやCSSを独学で学び、実際にWEBページの制作も行いました。

私は、このプログラミングへの興味関心と、継続して学ぶ力によって、貴社でも活躍したいと考えています。

一見良さそうにも見えますが、この自己PRの内容はかなり浅いです。

ただスキルをアピールしているだけで、どういう人間なのかがまったく伝わってこないからです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイント

就活生ちゃん

NG例文についても分かりました!

けど、例文を覚えても、上手く伝えられる自信がなくて・・・

IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイントは下記の5つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイント
  • 結論から伝える
  • チームワークを活かしたエピソードを伝える
  • 自分で考えて行動した経験を伝える
  • 過去の経験から何を学んだのかを伝える
  • 自分の強みをどのように活かせるのかを伝える

それでは、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

ポイント①:結論から伝える

IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイント1つ目は、結論から伝えるです。

自己PRには何かしらのエピソードがあると思いますが、先に結論を話してからでないと、面接官に伝えたいことが全く伝わらなくなることがあります。

特にIT業界では「ロジカルに考えられる力」が重要視される傾向があり、より「結論ファースト」(結論から話すこと)が求められます。

IT業界の面接で自己PRを伝える際には、必ず結論から伝えることを意識しておくべきなのです。

「結論ファースト」の自己PRとそうじゃない自己PRを比べてみれば、その差は歴然です。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

ポイント②:チームワークを活かしたエピソードを伝える

IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイント2つ目は、チームワークを活かしたエピソードを伝えるです。

IT業界、特にシステムエンジニアやプログラマーを目指す場合、チームワークは非常に大切になります。

なぜなら、企業に勤めるシステムエンジニアやプログラマーは、複数人でプロジェクトを組んで仕事をするため、プロジェクトメンバーと円滑なコミュニケーションを取らなければ、仕事に支障が出てしまうからです。

そのため、チームワークを活かした自己PRはIT業界に就職する際には、必須とも言えます。

プログラミングの経験を自慢気に話すよりも、チームワークを発揮した自己PRを話す方が、面接でのウケは抜群です!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

ポイント③:自分で考えて行動した経験を伝える

IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイント3つ目は、自分で考えて行動した経験を伝えるです。

IT業界は常に流行が変化する業界で、自ら進んで情報をキャッチアップする姿勢が不可欠です。

つまり、IT業界では「自分で考えて行動する人材」が求められているということです。

「自分は指示待ち人間ではなく、自走できる力を持っている」ということをアピールできれば、IT業界の面接では大きなアドバンテージになります。

IT業界に携わった経験は無くても、「自分は積極的な行動ができる」と、自己PRでアピールしてみましょう!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

ポイント④:過去の経験から何を学んだのかを伝える

IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイント4つ目は、過去の経験から何を学んだのかを伝えるです。

自己PRではエピソードだけを話して終わり、という就活生は意外と多いですが、面接官が知りたいのは「そのエピソードから何を学んだのか」です。

つまり、「その経験から何を学んだのか」までしっかり伝えて初めて、自己PRと言えます。

時に、IT業界未経験の新卒は「学んだことをどう仕事に活かすのか」まで考えておくと、面接での印象はかなりアップします。

学んだことをどう活かせばいいのか分からない場合は、IT業界について業界研究をしてみてもいいですよ!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

ポイント⑤:自分の強みをどのように活かせるのかを伝える

IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイント5つ目は、自分の強みをどのように活かせるのかを伝えるです。

IT業界の面接で失敗する就活生のほとんどは「自分の強みを話すだけ」に終始してしまっています。

「自分の強み」を話すことは大切ですが、「その強みをどのように活かすか」までを話さなければ、自己PRはただの自慢発表会になってしまいます。

新卒でIT業界に就職する際、特別なスキルは不要ですが、自己PRを面接官が聞く意図すら分からない就活生には、IT業界への就職は難しくなってしまうのです。

ロジカルな思考が求められるIT業界では、特に厳しいですね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

就活アドバイザー 京香

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時の注意点

就活生くん

自己PRを伝えるポイントは分かりました!

その他に注意点とかってありますか?

IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時の注意点は以下の4つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時の注意点
  • 専門用語を伝えずわかりやすく説明する
  • 具体的なエピソードがない
  • 自分のスキルだけをアピールしてしまう
  • 企業の説明をしてしまう

ては、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点①:専門用語を伝えずわかりやすく説明する

IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時の注意点1つ目は、専門用語を伝えずわかりやすく説明するです。

面接のためにIT業界の専門用語を覚えたとしても、所詮付け焼き刃。

面接官はIT業界のプロであるため、すぐにメッキは剥がされてしまいます。

そんなふうにボロが出るぐらいなら、専門用語を一切使わず、自分の言葉で自己PRを話す方が、よっぽど好印象です。

嘘で塗り固めても、鋭い質問でボロが出ることはよくありますよね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点②:具体的なエピソードがない

IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時の注意点2つ目は、具体的なエピソードがないです。

自己PRでは自分の長所を伝えることがメインですが、説得力を持たせるために具体的なエピソードは不可欠です。

もしあなたが面接官の場合、就活生に「私の長所はチームワーク力です!」とだけ言われたら、どうしていいか分からなくなりますよね。

何かしらの主張をする際には、客観的な根拠となりうる証拠(エピソード)が必要なのです。

エピソードの良し悪しで面接官に与える印象は大きく変わります。

しっかりとエピソードを練っておきましょう!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点③:自分のスキルだけをアピールしてしまう

IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時の注意点3つ目は、自分のスキルだけをアピールしてしまうです。

自己PRは自分のスキル・経験をアピールする場面ではありますが、スキルだけをアピールしてしまうと「自慢している」という印象にしかなりません。

スキルをアピールするなら「そのスキルをどう活かしていくのか」までを話す必要があります。

間違っても、自己PRで自分のスキルだけをアピールしてはいけません。

IT業界はスキルが重要だと思ってしまう就活生は多いですが、そんなことはありませんよ!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点④:企業の説明をしてしまう

IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時の注意点4つ目は、企業の説明をしてしまうです。

企業研究をしっかりしてきたことをアピールするために、企業の情報を長々と喋ってしまう就活生がたまにいますが、これは絶対にNGです。

なぜなら、企業研究は志望動機を明確にするための「手段」であって、企業研究自体が目的になっては本末転倒だからです。

特に、IT業界では簡潔にわかりやすく話ができる人材が重宝されるため、自己PRでダラダラ企業の説明をしていては、IT業界から一生内定を取ることはできません。

企業分析はしっかりすべきですが、研究成果は面接で披露しなくて大丈夫です!(笑)

また、IT業界でよく聞かれる質問やIT業界での志望動機については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時は例文を参考にしよう

本記事、「【例文あり】IT業界での自己PRの魅力的な伝え方 | ポイント,注意点も」はいかがだったでしょうか?

この記事ではIT業界未経験の新卒が自己PRを魅力的に伝える時の例文について解説しました。

あわせて、IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイントを紹介しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

本記事のまとめ

◆IT業界未経験の新卒が自己PRを書くならチームワーク力を伝えるのがおすすめ

◆IT業界未経験の新卒が自己PRを魅力的に伝える時の例文

  • 例文①:アルバイト経験
  • 例文②:部活経験
  • 例文③:システムエンジニア志望の場合

◆IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時のNG例文

◆IT業界未経験の新卒が自己PRを上手く伝える時のポイント

  • ポイント①:結論から伝える
  • ポイント②:チームワークを活かしたエピソードを伝える
  • ポイント③:自分で考えて行動した経験を伝える
  • ポイント④:過去の経験から何を学んだのかを伝える
  • ポイント⑤:自分の強みをどのように活かせるのかを伝える

◆IT業界未経験の新卒が自己PRを伝える時の注意点

  • 注意点①:専門用語を伝えずわかりやすく説明する
  • 注意点②:具体的なエピソードがない
  • 注意点③:自分のスキルだけをアピールしてしまう
  • 注意点④:企業の説明をしてしまう