>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【ユニークさで差がつく】「面白い自己PR」選考で好印象になる書き方 | 例文や注意点も

この記事を読めばわかること
  • 企業に「面白い!」と思わせる自己PRの例文3選
  • 誰にでもユニークで面白い自己PRが作れる3つの方法
  • 面白い自己PRを考えるときは「面白い=笑える」ではないので注意
  • 面白い自己PRの共通点は「◯◯◯」である
  • 面白い自己PRのメリットとは?

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では、「面白い自己PR」の作り方について解説していきます。

就活生のみなさん、ESの作成は順調に進んでいますか?

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

ちょうどESの自己PRのところを書いているんですが、なんかイマイチ面白くないというか…。

本当に今の状態で提出していいの?と不安に思っています。

就活生ちゃん

企業の採用担当の方は、数百人分のESに目を通すんですよね。

印象に残るような面白い自己PRを書いて、なんとか選考通過したいです。

確かにありきたりな自己PRでは、採用担当者の目にとまるのは難しいかもしれませんね。

たくさんの就活生に埋もれてしまわないように、面白い自己PRができたらいいですよね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

そこでこの記事では、誰でもユニークで面白い自己PRが作れる3つの方法について解説していきます。

合わせて、企業に「面白い!」と思わせる自己PRの例文3選面白い自己PRの共通点、面白い自己PRの注意点とメリットについて解説していきます。

この記事を読めば、印象に残る面白い自己PRの書き方が分かり、他の就活生よりも魅力的なESになり選考の通過率も上がりますよ。

他の就活生と差別化したい方、ESや面接の選考を突破したい方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

企業に「面白い!」と思わせる自己PRの例文3選

就活生くん

「面白い自己PRが書けたらいいな」と漠然と考えていますが、具体的にどんな自己PRを書けば面白くなるのかイメージができないんですよね。

企業は一体、どんな自己PRだったら「面白い!」と思ってくれるでしょうか。

それでは、まずは企業に「面白い!」と思わせる自己PRの例文3つを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

面白い自己PRの例文3選
  • 例文①:留学先での何気ない会話から得た気づき
  • 例文②:エピソードがまさかの自炊
  • 例文③:自己PRなのに「自分のことを優れた人間だと思えない」

例文を読んでみて、どんな自己PRを書いたら企業は面白いと感じるのか、イメージをつかんでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

例文①:留学先での何気ない会話から得た気づき

企業に「面白い!」と思わせる自己PRの例文の1つ目は「留学先での何気ない会話から得た気づき」です。

「就活の教科書」編集部 小渕

私の強みは、言葉ではっきりと相手に自分の考えや意思を伝えられるコミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力を発揮した経験は、大学2年生の夏に長期休みを利用して留学でオーストラリアに行きホームステイをしているときでした。

ある夜、仲良くなったホストファミリーに「お寿司」を御馳走することになったのですが、魚を生で食べることがほとんどないオーストラリアでは、お寿司を見て少し遠慮している様子でした。

お寿司を遠慮しているのを察して、「嫌だったら生で食べずに魚を焼いてから食べても良いし、取れたばかりの魚は新鮮だから、食べても平気だよ。日本では多くの人がお寿司のことが大好きさ。」と英語で説明しました。

ホストファミリーは私の発言を理解してくれて、その後はお寿司の美味しさを分かってくれた様子で楽しい食事になりました。

この経験から、自分の当たり前だと感じていることが相手にとっては、当たり前ではないのかもしれないと感じ「何事も言葉ではっきりと相手に伝えることの大切さ」を学びました。

この経験を生かし御社では、社内の仲間や社外の方と円滑にコミュニケーションをとり意思疎通を図りながら業務を進め、御社に貢献していきます。

ホームステイ先での何気ない会話から、「自分の当たり前が相手の当たり前ではない」という重要な気づきを得たエピソードが面白いと感じます。

コミュニケーション能力の他に、海外への興味関心がありそうなこと、物怖じせず物事に挑戦しそうなことが伺え、「会って話をしてみたい」という気になる自己PRです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

例文②:エピソードがまさかの自炊

企業に「面白い!」と思わせる自己PRの例文の2つ目は「エピソードがまさかの自炊」です。

「就活の教科書」編集部 小渕

私は、できないことでも諦めずに続ける最後までやり遂げられるのが強みです。

私は大学に入学してから一人暮らしを始めたのですが、それまで母親に頼りっぱなしだったたため料理をしたことがなく、基本的にコンビニやスーパーの惣菜を購入していました。

しかし、これでは健康的にも経済的にもよくないと考え、週末は自炊すると決めました。

最初は何から作ればいいのか料理に慣れておらず、レシピを何度も見ながら一品完成させるだけで精一杯でしたが、毎週末に料理をし続けた結果、今ではほぼ毎日数種類の料理を手際良く作れるようになりました。

料理を通して私は、できないことを途中で放り投げずに目標を達成するまでやり遂げられることを実感しました。

御社に入社後も、この強みを活かして未経験の業務にも積極的に取り組み、御社に貢献したいと考えています。

継続力をアピールする自己PRの例文ですが、エピソードがまさかの「自炊」。

アルバイトや部活動、ゼミ活動のエピソードを使う就活生が多いので、珍しく面白いです。

自ら健康面に気を遣えるところ背伸びしないエピソードの微笑ましさに好感が持てます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

例文③:自己PRなのに「自分のことを優れた人間だと思えない」

企業に「面白い!」と思わせる自己PRの例文の3つ目は「自己PRなのに、自分のことを優れた人間だと思えない」です。

「就活の教科書」編集部 小渕

私の強みは「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」です。

私は、自分のことを優れた人間だと思えません。

しかし、とてつもなく優秀な父親に幼少期から「お前も優れた人間になれ」と叩き込まれている影響で、自分を少しでも成長させたい、成長したいという強い意志と欲求があります。

そのため学生時代には常に現状に満足せず、主に新しい3つの事柄に挑戦し、少しでも理想の自分に近づけるように自分を高めて参りました。

新しい3つの事柄とは、サークル設立運営・ミスコンの企画開催・モデル活動です。

サークル立ち上げ、3か月で300人のメンバーを集めて運営した経験からは、成果を出すのに必要な努力量や責任感を学び、ミスターコンテストの企画運営ではアドビを用いた動画編集を学び、モデル事務所での活動では、人のニーズを理解するリスニング能力、そして「自分が仕事を通じて本当にしたいこと」を理解しました。

これらの経験から私は、自らの強みを「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」だと、理解しています。

自己PRなのに「私は、自分のことを優れた人間だと思えません」で始まるところが印象的で面白い例文です。

成長意欲が高そう、行動力がありそうなところも企業で活躍しそうな資質を感じます。

なぜサークル設立運営・ミスコンの企画開催・モデル活動の3つの事柄に取り組もうと思ったのか、詳しく聞いてみたくなりますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

【共通点=ユニークさ】面白い自己PRの3つの特徴

就活生くん

例文を読んだら、どんな自己PRを書いたら企業は面白いと感じるのか、なんとなくイメージができました。

就活生ちゃん

でも、いざ自分で面白い自己PRを書こうと思ったら、なかなか難しいですね。

実は面白い自己PRには共通点があります。

それは「ユニークさ」です。

わかりやすくいえば、「ありきたりでない」「他とかぶらない」「オリジナリティがある」「独自性がある」「唯一無二である」という感じです。

企業が面白いと感じる自己PRには、以下の3つの特徴があります。

「就活の教科書」編集部 小渕

面白いと感じる自己PRの3つの特徴
  • 特徴①:言葉の表現がユニーク
  • 特徴②:エピソードがユニーク
  • 特徴③:視点や考え方がユニーク

企業が面白いと感じる自己PRの3つの特徴について、詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

特徴①:言葉の表現がユニーク

企業が面白いと感じる自己PRの特徴の1つ目は「言葉の表現がユニーク」です。

自己PRでは自分の強みをアピールしますが、「行動力」「向上心」「計画性」など、ありふれた言葉を使うと他の就活生とかぶってしまうので印象に残りません。

印象に残りやすい面白い自己PRは、言葉の表現方法を工夫することで、他の就活生とかぶることなく、上手にユニークさを出せているのが特徴です。

ユニークな言葉の表現方法の例は次の通りです。

ユニークな言葉の表現方法の例
  • 行動力 ⇒ 求められていることを察して実行に移せる
  • 向上心 ⇒ 現状に満足しないで常に上を目指す姿勢がある
  • 計画性 ⇒ 限られた時間で合理的に仕事を進められる

例えば、一言で「行動力」といっても、その中身は人によって微妙に違うはずです。

自分の場合はどんな行動力に優れているのかを掘り下げて考えれば、自然とユニークな言葉での表現ができます。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

ありふれた強みを、自分だけの強みに上手く言い換えると、面白い自己PRになるんですね。

 

特徴②:エピソードがユニーク

企業が面白いと感じる自己PRの特徴の2つ目は「エピソードがユニーク」です。

自己PRでは、自分の強みの根拠となるエピソードを書きますが、なるべく詳しく、具体的に書くことでユニークさが生まれます。

アルバイトや部活などのありふれたエピソードだとしても、細部に至るまで他の就活生とまったく同じ経験をしているということはありえません。

自分の経験を掘り下げ、ときには他人に言われたことや数字を使いつつ、詳しく具体的に書きましょう。

エピソードのユニークさが際立つと、他の就活生と差別化できるので、印象に残る面白い自己PRに仕上がりますよ。

面白い自己PRを書くには、エピソードのユニークさは大切です。

ものすごい経験をしている必要はないので、自分のエピソードのユニークなところはどこか考えながら書いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

ユニークなエピソードを書くためには、自己分析で自分の経験を掘り下げておく必要がありますね。

 

特徴③:視点や考え方がユニーク

企業が面白いと感じる自己PRの特徴の3つ目は「視点や考え方がユニーク」です。

視点や考え方のユニークさは、言葉の表現やエピソードのユニークさと比べ、アピールが難しいかもしれません。

その分、上手くアピールできれば、企業にとってはかなり面白い自己PRになるので、より強い印象を残すことができますよ。

視点や考え方のユニークさを自己PRに反映するには、自分のこれまでの経験の中から、課題や問題を解決したエピソードを洗い出します。

そして、自分がどんなことを考え、どんな手段で課題や問題を解決したのかを思い出してみてください。

課題や問題の解決方法は、人それぞれの視点や考え方によって変わってきます。

そのため、視点や考え方のユニークさをアピールし、面白い自己PRに仕上げるにはぴったりの方法です。

課題や問題の解決方法は、千差万別でまさにユニーク。

自分が当たり前に取った行動の中には、あなただけの独自の視点や考え方のクセが隠れていますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

自分にとっての当たり前が、他人にとっての当たり前とは限らないってことですね!

 

【誰でも簡単に】ユニークで面白い自己PRの3つの作成方法

就活生くん

企業に面白いと思われる自己PRはどんなものなのか、だんだんわかってきました!

就活生ちゃん

ユニークで面白い自己PRを作るには、具体的にはどんな方法で取り組めばいいでしょうか。

ユニークで面白い自己PRは、次の3つの方法を使えば誰にでも作ることができます。

「就活の教科書」編集部 小渕

ユニークで面白い自己PRの3つ作成方法
  • 方法①:他の人の自己PRを参考にする
  • 方法②:エピソードを具体化する
  • 方法③:キャッチフレーズを考える

ユニークで面白い自己PRを作る3つの方法について、詳しく解説していきます。

どれも誰でもマネできる簡単な方法なので、ぜひ読んで試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法①:他の人の自己PRを参考にする

ユニークで面白い自己PRを作る方法の1つ目は「他の人の自己PRを参考にする」です。

何もないところから、いきなり面白い自己PRを作ろうと思っても、難しく感じる人は多いですよね。

まずは自分が採用担当者になったつもりで、他の人の自己PRをたくさん読んでみてください。

「おっ、これは面白いな!」と感じる自己PRを見つけたら、どこがなぜ面白いと感じたのか考えてみてください。

そして、その自己PRの面白いところを自分の自己PRにも取り入れるようにしてみましょう。

就活生くん

自分が面白いと感じた自己PRは、採用担当者も面白いと感じる確率が高いはずですよね。

他の人の自己PRは、エントリーシート(ES)の無料閲覧サービスの記事でたくさん紹介されていますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法②:エピソードを具体化する

ユニークで面白い自己PRを作る方法の2つ目は「エピソードを具体化する」です。

自己PRのエピソードは、漠然とした書き方をしてしまうとありきたりな印象になり、面白くありません。

できる限り詳しく具体的に書くことで、ユニークで面白い自己PRに仕上がります。

ありきたりな自己PRのエピソード例

大学時代、大きなサークルの会計担当を務めました。

面白い自己PRのエピソード例

大学時代、50名が在籍するテニスサークルで、予算の管理をする会計担当を務めました。

年間スケジュールを洗い出し再検討することで、予算の35%削減に成功。

月1,500円徴収していたサークル費を月1,000円まで減らすことができ、メンバーから感謝され、新規加入者数も前年比の10%増加しました。

数字を使ったり、周りからの評価を入れたりして具体化すると、ユニークで面白い自己PRのエピソードが完成します。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

「サークルの会計担当」はありふれた役割ですが、具体的に書くと興味を引かれるエピソードにグレードアップしますね。

面白い自己PRにするためのエピソードは、すごい実績や珍しい経験である必要はありません。

できるだけ詳しく具体的に書くだけで、十分ユニークで面白い自己PRになりますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法③:キャッチフレーズを考える

ユニークで面白い自己PRを作る方法の3つ目は「キャッチフレーズを考える」です。

キャッチフレーズとは、一言で表すと「人の注意を引く宣伝文句」です。

アピールする自分の強みをキャッチフレーズ化すると、採用担当者の興味を引き、印象に残りやすい面白い自己PRにできますよ。

自己PRを面白くするキャッチフレーズの例は次の通りです。

自己PRを面白くするキャッチフレーズの例
  • 「スポンジのような吸収力」(向上心、成長志向)
  • 「みんなを導く灯台」(リーダーシップ)
  • 「人間チャッカマン」(働きかけ力)

就活生くん

自己PRの冒頭から面白いキャッチフレーズでアピールできれば、採用担当者の印象に残ること間違いなしですね。

自己PRを面白くするキャッチフレーズの作り方や例文については、「【例文一覧あり】「自分のキャッチコピー(キャッチフレーズ)」作り方 | ES/面接で使える」の記事で詳しく解説しています。

気になる就活生は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

【勘違いしやすい】面白い自己PRの注意点3つ

就活生くん

面白い自己PRを作る3つの方法を参考にして、自分でも自己PRの内容を考えてみたいと思います!

就活生ちゃん

面白い自己PRを作るときに、注意した方がいいことはありますか?

面白い自己PRは、方向性を間違えると、採用担当者の印象が悪くなり逆効果です。

面白い自己PRを考えるときに知っておきたい注意点は3つあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

面白い自己PRを考えるときの3つの注意点
  • 注意点①:「面白い=笑える」ではないと理解する
  • 注意点②:無理に面白さを追求しないようにする
  • 注意点③:自己PRの目的を見失わないようにする

3つの注意点を頭に入れた上で、面白い自己PRを考えるようにしてくださいね。

それでは、面白い自己PRを考えるときの注意点について、それぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

注意点①:「面白い=笑える」ではないと理解する

面白い自己PRを考えるときの注意点1つ目は「面白い=笑えるではないと理解する」です。

なぜなら、就活における面白さは、お笑いや愉快なできごとの面白さとはまったくの別物だからです。

就活における面白さとは、言い換えると「興味を引かれる」「魅力的に感じる」「もっと知りたいと思う」という意味です。

面白い自己PRはウケを狙う内容ではなく、「もっと知りたい」と興味を持ってもらえるような内容にすべきです。

読んだ人が思わず笑ってしまうような自己PRを書いても、高評価につながるわけではないと理解しておきましょう。

就活生くん

読んだ人がくすっと笑ってしまう内容=面白い自己PRだと思っていました。

くすっと笑ってしまう自己PRが絶対にダメなわけではないですよ。

自己PRで笑いを取りにいく必要はなく、「人間的魅力の面白さ」が伝わるようにすればいいということです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

注意点②:無理に面白さを追求しないようにする

面白い自己PRを考えるときの注意点2つ目は「無理に面白さを追求しないようにする」です。

無理に面白さを追求するあまり、ウソをついたり、大げさに表現したりするのは逆効果です。

現実の自分とかけ離れた自己PRを書いてしまうと、たとえ書類選考を通過しても、面接のときにギャップが生まれて印象が悪くなるからです。

自己PRは、等身大の自分の魅力が100%伝わる内容に仕上がっていれば、言うことなしです。

現実の自分を120%、150%と過大に表現した自己PRは、面白く書けたとしてもまったく意味がないのでやめておきましょう。

就活生ちゃん

1社でも多く書類選考を通過したくて、つい大げさな自己PRを書いてしまいそうになるので気をつけます…。

就活は書類選考で終わるわけではない、ということを忘れないようにしましょう。

ウソをついたり、大げさに表現したりしなくても、面白い自己PRは書けますよ!

「就活の教科書」編集部 小渕

 

注意点③:自己PRの目的を見失わないようにする

面白い自己PRを考えるときの注意点3つ目は「自己PRの目的を見失わないようにする」です。

自己PRの目的は、自分の強みを企業に売り込みすることです。

どんなに面白い自己PRが書けて、自分の強みを最大限にアピールできていても、企業が魅力に感じなければ選考を通過することはできません。

そのため、自己PRでアピールする強みは使いまわしせず、企業によって適したものを選ぶようにしてください。

また、企業が面白いと感じる自己PRにするには、自分の強みをどうやって会社で活かすのかを、しっかりと示す必要があります。

「この人ならうちの会社で活躍してくれそうだな」と企業にイメージしてもらうため、自己PRでは自分を採用することにより企業にはどんなメリットがあるのかを、必ず書くようにしてくださいね。

就活生くん

何のために面白い自己PRを書くのか?といえば、選考を通過するため、そして企業に採用してもらうためですからね。

自分の強みをただ伝えるだけでは、自己PRの目的を達成できているとは言えません。

強みをどうやって会社で活かすのかまできちんと書いて、企業に自分を売り込みすることを忘れずに!

「就活の教科書」編集部 小渕

 

面白い自己PRにより得られる3つのメリット

就活生くん

面白い自己PRが書けると、ESや面接などの選考は有利になりますか?

就活生ちゃん

私が採用担当者だったら、ありきたりで面白くない自己PRは、最後まで読むのも大変かもしれません。

面白い自己PRは、やっぱり就活の選考では有利になるんじゃないかな?

就活生ちゃんの言う通り、面白い自己PRが書けると、ESや面接などの選考を有利に進めることができますよ。

なぜなら、面白い自己PRには3つのメリットがあるからです。

「就活の教科書」編集部 小渕

面白い自己PRにより得られる3つのメリット
  • メリット①:他の就活生と差別化できる
  • メリット②:印象に残りやすい
  • メリット③:自分の魅力を最大限にアピールできる

それでは、面白い自己PRの3つのメリットについて、詳しく説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

メリット①:他の就活生と差別化できる

面白い自己PRにより得られるメリットの1つ目は「他の就活生と差別化できる」です。

企業の採用担当者は、数百枚ものESを読んで書類選考をします。

そのため、ありきたりな内容の自己PRだと他の就活生に埋もれてしまいます。

「面白い自己PRの共通点はユニークさ!3つの特徴」で説明した通り、面白い自己PRにはユニークさがあるので、他の就活生と差別化することができます。

自己PRでは、いかに上手く企業にアピールできるか、面白い人材だと思ってもらえるかが勝負です。

選考を通過するために、面白い自己PRを書いて他の就活生と差別化することは、有効な手段だと言えます。

就活生くん

面白い自己PRで他の就活生と差別化して、どんどん選考を通過するぞー!

ライバルと差別化して魅力を上手く伝えるスキルは、社会人になってもとても役に立ちますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

メリット②:印象に残りやすい

面白い自己PRにより得られるメリットの2つ目は「印象に残りやすい」です。

自己PRを面白くするには、言葉の表現の工夫やエピソードの具体化が必要不可欠です。

キャッチフレーズを使ったり、数字を使ってエピソードを具体化したり、自己PRを読む採用担当者の興味を引くポイントを多く用意しておきましょう。

興味を引くポイントが多いほど、採用担当者の印象にも残りやすくなります。

自己PRが印象に残り、「この就活生は、直接会って話を聞いてみたいな」と採用担当者に思わせることができれば、書類選考を突破して面接に進むことができます。

ぜひ面白く印象に残る自己PRを書いて、書類選考の通過率をアップさせましょう。

就活生ちゃん

採用担当者の興味を引くポイントを、なるべく多く散りばめておくことが大切ですね。

面白いキャッチフレーズ数字を使って具体的に書くテクニックは、積極的に活用しましょう!

「就活の教科書」編集部 小渕

 

メリット③:自分の魅力を最大限にアピールできる

面白い自己PRにより得られるメリットの3つ目は「自分の魅力を最大限にアピールできる」です。

ありきたりな自己PRでは、自分の魅力を十分に企業へ伝えることはできません。

反対に、面白い自己PRが書けると、自分の魅力を余すことなく企業に伝えることができますよ。

企業へ直接的にアピールする強みだけでなく、言葉の選び方やエピソードからにじみ出る魅力が、採用担当者の心をしっかりとつかむので、選考通過率がアップするはずです。

自己PRが完成したら、声に出して読む、友達など他の人に見てもらうなどして、面白く魅力的に書けているかどうかを客観的にチェックしてみるのがおすすめです。

就活生ちゃん

友達など他の人に自己PRを見てもらって、興味を引かれる内容かどうか客観的にチェックするようにします。

自分では完璧に書けているつもりでも、他の人から見ると説明不足なところや改善点が見つかるもの。

面白い自己PRを書きたい方は、ぜひ他の人にも読んでもらってアドバイスをもらってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

 

まとめ:他の就活生と差別化できる面白い自己PRを考えよう

この記事の「」はいかがだったでしょうか?

このページでは、誰でもユニークで面白い自己PRが作れる3つの方法について解説しました。

合わせて、企業に「面白い!」と思わせる自己PRの例文3選面白い自己PRの共通点、面白い自己PRの注意点とメリットについても解説しました。

 

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

この記事のまとめ

◆企業に「面白い!」と思わせる自己PRの例文3選

  • 例文①:留学先での何気ない会話から得た気づき
  • 例文②:エピソードがまさかの自炊
  • 例文③:自己PRなのに「自分のことを優れた人間だと思えない」

 

◆面白い自己PRの共通点はユニークさ!3つの特徴

  • 特徴①:言葉の表現がユニーク
  • 特徴②:エピソードがユニーク
  • 特徴③:視点や考え方がユニーク

 

◆誰にでもユニークで面白い自己PRが作れる3つの方法

  • 方法①:他の人の自己PRを参考にする
  • 方法②:エピソードを具体化する
  • 方法③:キャッチフレーズを考える

 

◆面白い自己PRを考えるときに知っておきたい3つの注意点

  • 注意点①:「面白い=笑える」ではないと理解する
  • 注意点②:無理に面白さを追求しないようにする
  • 注意点③:自己PRの目的を見失わないようにする

 

◆面白い自己PRにより得られる3つのメリット

  • メリット①:他の就活生と差別化できる
  • メリット②:印象に残りやすい
  • メリット③:自分の魅力を最大限にアピールできる

 

◆面白い自己PRを書くには、「笑い」ではなく「ユニークさ」を追求しよう

 

面白い自己PRを書くには、自分の強みやエピソードのユニークなところを探して上手く表現しましょう。

そのためにも、自己分析で自分の強みやエピソードの深掘りをするようにしてくださいね!

「就活の教科書」では、自己PRの例文自己分析のおすすめなやり方についても紹介しています。

面白い自己PRを書きたい方は、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕