【男女別TOP10】ストレスが少ない仕事ランキング一覧 | 人と接しない職業も

本ページはプロモーションを含みます

この記事でわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事ではストレスが少ない仕事ランキングについて解説していきます。

あわせて、「ストレスが少ない仕事の特徴」や「ストレスが少ない仕事に就職するための手順」についても詳しく解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めばストレスが少ない仕事の特徴ストレスが少ない仕事ランキングなどが一気に分かります。

ストレスが少ない仕事に就きたい方はぜひ最後まで読んでください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

そもそもストレスが少ない仕事の特徴とは?

就活生くん

僕は、ストレスが少ない仕事に就きたいと思っています。

ストレスが少ない仕事には、どんな特徴があるのでしょうか?

やはりストレスが少ない仕事で働きたいですよね。

ストレスが少ない仕事の特徴は以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部

ストレスが少ない仕事の特徴
  • 特徴①:残業が少ない仕事
  • 特徴②:人間関係が良い仕事
  • 特徴③:プレッシャーが少ない仕事

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部

特徴①:残業が少ない仕事

ストレスが少ない仕事の特徴1つ目は、「残業が少ない仕事」です。

残業が多い仕事は、自分の自由な時間が奪われてしまいストレスに繋がってしまいます。

特に自分の時間が必要な人や、家で過ごす時間を大切にしたい人にとっては残業が無いことが必須条件です。

残業時間に加えて、見込み残業時間なども求人サイトから確認できるので、チェックしてみましょう。

残業が少ない仕事ランキングは、次の記事で紹介しています。

「就活の教科書」編集部

 

特徴②:人間関係が良い仕事

ストレスが少ない仕事の特徴2つ目は、「人間関係が良い仕事」です。

人間の悩みは9割が人間関係と言われるほど重要な要素です。

職場の人間関係が悪い仕事は、ストレスに直結するので重要な特徴です。

一見良い人そうでも、価値観が合わなければストレスに繋がる恐れがあります。

自分に合う人が職場に多いか判断する必要があります。

「就活の教科書」編集部

 

特徴③:プレッシャーが少ない仕事

ストレスが少ない仕事の特徴3つ目は、「プレッシャーが少ない仕事」です。

プレッシャーが多い仕事だと、会社から帰った後でも、仕事のことを考える時間ができてしまいストレスに繋がります。

加えて、プレッシャーが多い仕事は人間関係も良くない傾向にあるので、重要な特徴です。

プレッシャーの有無は職種にもよりますね。

精神的に楽なノルマの少ない職業については、次の記事を読んでください。

「就活の教科書」編集部

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【男性編】ストレスが少ない仕事ランキング一覧

就活生くん

ストレスが少ない仕事の特徴についてはわかりました。

では実際にストレスが少ない仕事にはどんな仕事があるのか教えてください。

わかりました。

以下が男性のストレスがない仕事一覧です。

「就活の教科書」編集部

【男性編】ストレスが少ない仕事ランキング一覧
1位 研究職
2位 社内SE
3位
4位 警備員
5位 トラック運転手
6位 清掃員
7位 ルート営業
8位 地方公務員
9位
10位 工場勤務

 

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

仕事①:研究職(平均年収:518万円)

男性編のストレスが少ない仕事ランキング1つ目は、「研究職」です。

研究職は、自分が専門とする分野について研究できるので、ストレスが少ない仕事と言えます。

また、取引先や顧客と接することが少ないため、対人関係のストレスも少ないです。

加えて、年収も高く比較的自由に働くことができます。

特に理系就活生におすすめの職業です!

「就活の教科書」編集部

 

仕事②:社内SE(平均年収:499万円)

男性編のストレスが少ない仕事ランキング2つ目は、「社内SE」です。

社内SEとは、企業に雇われて、自社内のエンジニアとして働きます。

エンジニアは残業が多いという印象を持っている人は多いと思います。

ですが、社内SEは急な案件の対応や急ぎでの開発は無く、比較的計画通りに業務が進みます。

そして、残業時間も少ないことからストレスが少ない仕事と言えます。

エンジニアは忙しいイメージがあったのですが、社内SEは比較的緩いスケジュールで仕事ができるのですね!

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:ビルメンテナンス(平均年収:384万円)

男性向きのストレスが少ない仕事ランキング3つ目は、「ビルメンテナンス」です。

ビルメンテナンスは、人と接する機会が少なく、人間関係のストレスがありません。

そのうえ、1人で責任を負うプレッシャーがかかる機会もかなり少ないので、ストレスが少ない仕事だと言えます。

個人で黙々と仕事ができるので、人間関係にストレスを感じやすい人にはおすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

仕事④:警備員(平均年収:364万円)

男性向きのストレスが少ない仕事ランキング4つ目は、「警備員」です。

警備員はマニュアルに乗っ取ったルーティーンワークです。

なので、一度仕事を覚えてしまえばストレスはない仕事になります。

そして、人間関係の面でも、ほとんど会話をする機会が無いので、精神的ストレスが少ないです。

ただ、季節によっては寒暖の肉体的ストレスを感じる可能性はあります。

警備員は、ストレスが少ない仕事の特徴を全部押さえているおすすめの仕事です。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑤:トラック運転手(平均年収:378万円)

男性向きのストレスが少ない仕事ランキング5つ目は、「トラック運転手」です。

トラック運転手は、基本的には1人で黙々と作業や運転するので、人間関係のストレスは一切かかりません。

また年収も勤続年数によって高くなっていくので、金銭的な部分での心配もありません。

加えて、夜からでも働くことが出来るので、早起きが苦手な人にはぴったりです。

個人的には早起きが苦手なので、一押しの仕事です。

また、「この職業の他に自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑥:清掃員(平均年収:342万円)

男性向きのストレスが少ない仕事ランキング6つ目は、「清掃員」です。

清掃員は、ビルや商業施設、マンションなどの清掃を行う仕事です。

基本的には黙々と作業をすることが多く人間関係のストレスはありません。

また、作業内容もルーティーンワークなので、プレッシャーなども比較的少ない仕事です。

几帳面な人には特におすすめの仕事です。

年収は342万円とあまり高くありませんが、独立すれば1000万も夢じゃない仕事です。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑦:ルート営業(平均年収:360万円)

男性向きのストレスが少ない仕事ランキング7つ目は、「ルート営業」です。

ルート営業は既に取引されている先に営業をするので、その他の営業職よりはストレスの少ない仕事です。

テレアポや新規の飛び込みなどは、客先で断られることが多く精神的に疲労してしまいますが、ルート営業では怒られることは、ほとんどありません。

営業職に興味はあるけど、ストレスを感じたくない就活生におすすめの仕事です。

急なトラブルなども少なく、人間関係も良好な職場が多いです。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:地方公務員(平均年収:663万円)

男性向きのストレスが少ない仕事ランキング8つ目は、「地方公務員」です。

地方公務員は都内の公務員と比べて、業務量は少なく残業などもかなり少ないです。

加えて、公務員なので、解雇されるという心配もなく、安心して働ける仕事です。

ストレスを感じず安定して働きたい就活生におすすめです。

なんといっても公務員という安定感が魅力ですね!

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑨:マンション管理人(平均年収:349万円)

男性向きのストレスが少ない仕事ランキング9つ目は、「マンション管理人」です。

マンション管理人は、マンションの管理を行う仕事です。

基本的に人と接する機会はなく、対人関係でストレスを感じることはありません。

加えて、残業も非常に少ないことが多く、働きやすい仕事です。

座り仕事なので、じっとしていても苦にならない人におすすめです。

プレッシャーもかからず、人々の安全を守るやりがいのある仕事です!

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑩:工場勤務(平均年収:350万円)

男性向きのストレスが少ない仕事ランキング10つ目は、「工場勤務」です。

工場勤務は基本的にルーティーンワークなので、プレッシャーを感じることが少ないです。

加えて、1人で黙々と作業することが多いので、人間関係でストレスを感じることがありません。

単純作業が得意な人にはおすすめです。

工場で勤務されている人は温厚な人が多いので、業務時間外も楽しく仕事に取り組めそうですね。

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【女性編】ストレスが少ない仕事ランキング一覧

就活生ちゃん

正社員でストレスが少ない仕事の男性版はわかりました!

なので、女性版も教えて欲しいです!

わかりました。

以下が女性版のストレスがない仕事一覧です。

「就活の教科書」編集部

【女性編】ストレスが少ない仕事ランキング一覧
1位 事務職
2位 Webライター
3位 Webデザイナー
4位 大学職員
5位 図書館職員
6位 受付
7位 経理職
8位 薬剤師
9位 地方公務員
10位 コールセンター

 

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部

 

仕事①:事務職(平均年収:332万円)

女性向きのストレスが少ない仕事ランキング1つ目「事務職」です。

事務職はデスクワークなので、体力的に負担がありません。

加えて、マニュアル通りの仕事がほとんどなので、精神的にも安定している仕事です。

事務職は女性に人気の職業として有名ですよね!

「就活の教科書」編集部

 

仕事②:Webライター(平均年収:450万円)

女性向けのストレスが少ない仕事ランキング2つ目「Webライター」です。

Webライターは、フリーランスとして働くこともでき、時間な時間に働くことができます。

経験を積むまでは企業に属して仕事をする必要がありますが、比較的残業の少ない業態なので、おすすめの仕事です。

フリーランスで働くことが出来れば、年収も高く自由度の高い仕事です。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:Webデザイナー(平均年収:449万円)

女性向けのストレスが少ない仕事ランキング3つ目「Webデザイナー」です。

Webデザイナーは企業のデザインを担当する職業ですが、スキルがあればフリーランスとして独立しやすい職業です。

フリーランスになれば、勤務時間も年収も自分次第なので、ストレスフリーに仕事をすることができます。

デザイン関係仕事は専門的な知識を要しますが、一度身に付けてしまえば後は自由の利く仕事です。

自由に働きたい人にはおすすめの仕事です。

「就活の教科書」編集部

 

仕事④:大学職員(平均年収:640万円)

女性向けのストレスが少ない仕事ランキング4つ目「大学職員」です。

大学職員は大学内で事務的な作業や大学生のために手続きを行う仕事です。

業務量が比較的多くはなく、プレッシャーを感じたくない人には向いている仕事です。

加えて、マニュアル通りの仕事が多いのも特徴です。

年収も高水準で安定している仕事ですね!

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑤:図書館職員(平均年収:426万円)

女性向けのストレスが少ない仕事ランキング5つ目「図書館職員」です。

図書館委員は、利用者の人からの質問や事務作業などを行う仕事です。

残業が少なく人間関係も良好な場合が多く働きやすい仕事です。

ただ、働き始めは本に対する知識が必要なので、少しストレスに感じることもありますが、長く働けば働くほどストレスの感じにくい仕事です。

仕事内容はマニュアルに沿ったものが多いのでプレッシャーも少ない仕事ですね。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑥:受付(平均年収:330万円)

女性向けのストレスが少ない仕事ランキング6つ目「受付」です。

企業の来客応対などを担当する仕事です。

来訪した人の氏名や企業名来訪目的などの確認や来客データを登録・管理したりします。

座り仕事で、ノルマも存在しないので働きやすい仕事です。

コミュニケーションスキルは必要なので、人としゃべることが苦手な人にはおすすめできません。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑦:経理職(平均年収:360万円)

女性向けのストレスが少ない仕事ランキング7つ目「経理職」です。

経理職は企業に属し、経理業務や事務的な作業を行います。

仕事内容は、ノルマが無く体力も使わないので女性におすすめです。

ただ、決算が近い繁忙期は忙しく残業をしないといけないこともあります。

経理スキルを身に付けて安定した暮らしを実現したい人におすすめです。

経理スキルは需要の高いスキルなので、将来の安定に繋がりますね。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:薬剤師(平均年収:550万円)

女性向けのストレスが少ない仕事ランキング8つ目「薬剤師」です。

薬剤師とは、薬に関する幅広い業務を通じて人々の健康を支える仕事です。

年収も高く非常に働きやすい仕事ですが、働くには国家資格が必要です。

そして、国家資格を習得するには、大学の薬学部で6年間の薬剤師養成課程を修了することが条件なので、少しハードルが高いのが特徴です。

薬剤師の国家資格を取得している・目指している人におすすめの仕事です。

薬剤師は、待遇も良く人間関係も良好な職場が多いです。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑨:地方公務員(平均年収:663万円)

女性向けのストレスが少ない仕事ランキング9つ目「地方公務員」です。

地方公務員は男性のランキング同様働きやすく、待遇の良い仕事です。

また結婚や出産後も安心の福利厚生があり、育児休暇は最大3年間取得でき、産前・産後それぞれ8週間休暇が取得できます。

加えて、男性との収入の差は限りなく少なく女性が活躍しやすい仕事です。

結婚後のサポートも充実しているので、長く安心して働くことができますね。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑩:コールセンター(平均年収:403万円)

女性向けのストレスが少ない仕事ランキング10つ目「コールセンター」です。

コールセンターは全て電話越しでの対応なので、服装やネイルが自由で働くことができます。

社会人になってもオシャレができるので、女性人気も高い仕事です。

年収は、403万と高いわけではありませんが、女性が多く活躍している仕事です。

女性が多く活躍しているので、人間関係も良好な場合が多いです。

「就活の教科書」編集部

 

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【高収入も狙える】ストレスが少ない仕事ランキング一覧

就活生くん

僕は将来お金持ちになりたいです!

ストレスがなく、年収も高い仕事ってあるんですか?

もちろんあります!

以下でストレスが少ない高年収の仕事を一覧形式でまとめたのでご覧ください!

「就活の教科書」編集部

順位 職業
1位 資産家
2位 トレーダー
3位 天下り職員
4位 YouTuber
5位 アフィリエイター
6位 マンションの管理人
7位 一般事務
8位 ネットカフェの店員
9位 図書館事務職員
10位 大学事務職員
 11位  試験監督
 12位  受付
13位 セルフのガソリンスタンド
14位 コールセンター
15位 駐車場の管理
16位 病院の受付スタッフ
17位 データ入力
18位 パチンコ景品の交換所
19位 美術館職員
20位 博物館職員

参考:肉体面・精神面で楽で給料が高い仕事職業をそれぞれベスト20を算出!

資産家やトレーダーは年収がピンキリですが、その他は500万以上稼げてストレスの少ない仕事となっています。

プレッシャーの少ない職業が多いですね。

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【人と接しない】対人関係のストレスが少ない仕事ランキング一覧

就活生ちゃん

私は、人と話すことが苦手なので対人関係のストレスが少ない仕事について知りたいです。

確かに、最近では特に対人関係の少ない職業が人気ですよね。

対人関係のストレスが少ない職業ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部

順位 職業
1位 倉庫作業員
2位 トラック運転手
3位 工場勤務
4位 Webデザイナー
5位 Webライター
6位 プログラマー
7位 データ入力
8位 動画編集者
9位 警備員
10位 清掃員

近年では、在宅ワークも増えてきてWebデザイナーやWebライターの人気が増えてきています。

ただ、倉庫作業員や工場勤務なども不動の人気がありますね。

在宅勤務をするには、スキルや経験が必要なので、今すぐ始めたいのであれば、作業系の仕事がおすすめです!

「就活の教科書」編集部

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

正社員でストレスが少ない仕事に就くための手順

就活生くん

実際にストレスが少ない仕事に就くためには、何から始めれば良いのでしょうか。

まずは以下の5つの手順を行ってください!

「就活の教科書」編集部

正社員でストレスが少ない仕事に就くための手順
  • 手順①:自分に向いている仕事を診断してみる
  • 手順②:希望条件を明確に決める
  • 手順③:求人や企業をしっかりと確認しておく
  • 手順④:口コミや評判を調べる
  • 手順⑤:離職率を確認する

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

手順①:自分に向いている仕事を診断してみる

正社員でストレスが少ない仕事に就くための手順1つ目は、「自分に向いている仕事を診断してみる」です。

まずは、自分がどの職業に向いているのか診断を行い、仕事を探す準備を行う必要があります。

向いている仕事が分からない人は以下の記事で詳しくやり方を解説をしているので、是非合わせて読んでみてください!

「就活の教科書」編集部

 

手順②:希望条件を明確に決める

正社員でストレスが少ない仕事に就くための手順2つ目は、「希望条件を明確に決める」です。

希望の条件を明確に決めることで、求人を探す際に探しやすくなります。

給与・待遇・勤務地・就業時間・経験できることなど具体的に決めておきましょう。

自分の譲れない・譲っても良い条件を決めておくと、どの職場が働きやすそうか見極めやすくなります!

「就活の教科書」編集部

 

手順③:求人や企業をしっかりと確認しておく

正社員でストレスが少ない仕事に就くための手順3つ目は、「求人や企業をしっかりと確認しておく」です。

求人サイトや企業サイトには、勤務条件や待遇など詳しく載っています。

内定後の不一致を避けるためにも、自分の希望条件に合っているのかを隅々まで確認してから、エントリーしてください。

「入ってみて、イメージと違った」が1番良くないので事前確認は入念に行いましょう!

「就活の教科書」編集部

 

手順④:口コミや評判を調べる

正社員でストレスが少ない仕事に就くための手順4つ目は、「口コミや評判を調べる」です。

企業サイトなどでは、企業側に有利な情報しか載っていないことが多く、実際に働いている人のリアルな声を聞くことはできません。

働いている人のリアルな声を見てみて、自分の理想と離れていないか確認してみてください。

企業の口コミサイトは以下のサービスがおすすめです!

「就活の教科書」編集部

 

手順⑤:離職率を確認する

正社員でストレスが少ない仕事に就くための手順5つ目は、「離職率を確認する」です。

離職率は一般的に会社のブラック度を測る指標として使われます。

離職率が以上に高ければブラック企業の可能性があるので気を付けてください。

日本の平均的な離職率は15%となっているので参考にしてみてください!

また、ホワイト企業に就職すれば、ストレスが少ない仕事になると思われます!

ホワイト企業の探し方について以下の記事でも紹介しているので、興味のある方は是非ご覧ください!

「就活の教科書」編集部

 

 

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:ランキングを参考にして正社員でストレスが少ない仕事を探そう

本記事「【どんな仕事?】ストレスが少ない仕事ランキング一覧|男性・女性へのオススメ、就職する手順まで」はいかがだったでしょうか?

この記事では、「ストレスが少ない仕事ランキング」について紹介しました。

また、「男女別でストレスが少ない仕事ランキング一覧」についても紹介しました。

さらに、「ストレスが少ない仕事の特徴」や「ストレスが少ない仕事に就職するための手順」についても詳しく解説しました。

この記事が皆さんの為になれたのなら幸いです。

では、以下でこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆そもそもストレスが少ない仕事の特徴とは?

  • 特徴①:残業が少ない仕事
  • 特徴②:人間関係が良い仕事
  • 特徴③:プレッシャーが少ない仕事

◆【男性編】ストレスが少ない仕事ランキング一覧

  • 仕事①:研究職(平均年収:518万円)
  • 仕事②:社内SE(平均年収:499万円)
  • 仕事③:ビルメンテナンス(平均年収:384万円)
  • 仕事④:警備員(平均年収:364万円)
  • 仕事⑤:トラック運転手(平均年収:378万円)
  • 仕事⑥:清掃員(平均年収:342万円)
  • 仕事⑦:ルート営業(平均年収:360万円)
  • 仕事⑧:地方公務員(平均年収:663万円)
  • 仕事⑨:マンション管理人(平均年収:349万円)
  • 仕事⑩:工場勤務(平均年収:350万円)

◆【女性編】ストレスが少ない仕事ランキング一覧

  • 仕事①:事務職(平均年収:332万円)
  • 仕事②:Webライター(平均年収:450万円)
  • 仕事③:Webデザイナー(平均年収:449万円)
  • 仕事④:大学職員(平均年収:640万円)
  • 仕事⑤:図書館職員(平均年収:426万円)
  • 仕事⑥:受付(平均年収:330万円)
  • 仕事⑦:経理職(平均年収:360万円)
  • 仕事⑧:薬剤師(平均年収:550万円)
  • 仕事⑨:地方公務員(平均年収:663万円)
  • 仕事⑩:コールセンター(平均年収:403万円)

◆【高収入も狙える】ストレスが少ない仕事ランキング一覧

◆【人と接しない】対人関係のストレスが少ない仕事ランキング一覧

◆正社員でストレスが少ない仕事に就くための手順

  • 手順①:自分に向いている仕事を診断してみる
  • 手順②:希望条件を明確に決める
  • 手順③:求人や企業をしっかりと確認しておく
  • 手順④:口コミや評判を調べる
  • 手順⑤:離職率を確認する

◆まとめ:ランキングを参考にして正社員でストレスが少ない仕事を探そう