【どれがオススメ?】業界研究/企業分析に役立つ本ランキングTOP5 | 選び方のポイントも

本ページはプロモーションを含みます

【どれがオススメ?】業界研究に役立つ本ランキングTOP5 _ 選び方のポイントも

この記事を読めばわかること

 

こんにちは「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では、業界研究におすすめの本ランキングTOP5を紹介します。

就活生のみなさんは、業界研究/企業分析の本はもう買いましたか?

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

業界研究/企業分析の本は、まだ買っていません。

たくさんの業界研究本が出版されていますが、どれを選べばいいか迷っています。

就活生ちゃん

私は先輩が使っていた業界研究/企業分析の本を譲ってもらいました。

業界研究/企業分析の本は色々種類があるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

また、業界の動向は刻々と変わっていくので、せっかく読むなら最新版の本がおすすめです。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界研究に関する本は、さまざまな出版社から刊行されています。そのため「どの本を購入すればいいのかわからない」と悩んでしまう学生も少なくありません。

また「そもそも業界研究に本は必要?」と考えている学生もいますが、本を使った業界研究は志望動機を深掘りするために欠かせないアイテムです。

そこで、この記事では、おすすめの業界研究/企業分析の本ランキングTOP5を紹介していきます。

合わせて、業界研究/企業分析の本の選び方3つのポイント、業界研究/企業分析の本を読むと得られる3つのメリットも解説します。

この記事を読めば、自分に合った業界研究/企業分析の本がわかるので、効率良く業界研究を進めることができますよ。

業界研究/企業分析の本の選び方で迷っている就活生の方、しっかり業界研究をして就活を有利に進めたい方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に結論をお伝えすると、「自分に合う業界がわからない!」なら、適性診断AnalyzeU+で、自分の強みと適性職種を診断するのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】自分の強みや向いている業界を診断できるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「どのサービスを選べば良いかわからない!」という方は「適性診断AnalyzeU+」であなたの性格に合う職種や企業を見つけるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

自分に合った業界を見つけるには?

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方には、適性診断AnalyzeU+で自己分析をするのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、251問の質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

あなたの強み・弱み、適性職種がわかり「あなたの強みを活かせる」企業や業界からスカウトが届くので、あなたの短所も強みとして生かせる就活を行えます。

「自分の向いている業界がわからない」という方こそ、自己分析の結果が企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

そもそも業界研究とは?

就活生ちゃん

そもそも業界研究とはなんですか?

業界研究のゴールや目的を理解しないと、どのように進めたら良いのか分かりません。

確かに、業界研究は「会社を選ぶ就活」と考えると、少し遠回りな気がするかもしれません。

しかし、業界研究のゴールや目的を理解して、きちんと業界研究を行えば、納得する就活ができるので、まずは前提を確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

また「業界研究のやり方」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【これだけやれ!】5分で完璧 | 業界研究のやり方5選【就活/インターン】

 

業界研究とは、世の中の業界の構造や動向を理解すること

業界研究とは、「世の中の業界の構造や動向を理解すること」です。

就活を始めると、知らない業界や業務内容が分からない業界がたくさんあります。

例えば、「商社」や「証券」という業界の名前はよく聞きますが、ビジネスモデルや今後の動向まで理解していますか?

業界理解が出来ていないと、自分に適性がある業界も理解することができないのです。

そのため、会社を選ぶ前の段階で、「自分にマッチした業界」を探すことが業界研究なのです。

簡単に言うと、業界研究は「世の中にある業界の全体像と特徴を理解する」ことですね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

業界研究の目的は、自分に適性がある業界を発見すること

業界研究の目的は、自分に適性がある業界を発見することです。

自分にマッチする会社を選ぶ前に、その会社が属する業界の特徴や今後の動向を理解し、自分との適性があるかを確認が必要だからです。

社風や会社のビジョンに共感したとしても、業界のビジネスモデルや産業自体に適性がなく、3年以内に辞めてしまう人がたくさんいます。

納得する就活をするためにも、業界研究を行った上で、企業研究をするという順番を大切にしましょう。

「業界研究:ビジネスモデルや業務内容等の理解」×「自己分析:自分の性格や強みの理解」=「自分にマッチした業界の発見」

この方程式を完成させるために、業界研究は就活において必須の行動なのです。

「就活の教科書」編集部 木村

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所、適性職種を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、あなたに合う業界の大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の向いている業界がわからない」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みと適性職種がわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


おすすめの業界研究/企業分析の本ランキングTOP5

就活生くん

業界研究/企業分析の本を買うために本屋さんに行ったけど、色々ありすぎてどれを選べばいいのかわかりません。

おすすめの業界研究/企業分析の本を何冊か教えて欲しいです。

確かに、業界研究/企業分析の本はたくさんあるので、迷ってしまいますよね。

そこで、就活の先輩として、私のおすすめの業界研究/企業分析の本ランキングTOP5を紹介します。

私のおすすめの業界研究/企業分析の本ランキングTOP5は次の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

おすすめの業界研究/企業分析の本ランキングTOP5
  • 第5位:就職四季報
  • 第4位:業界大研究
  • 第3位:図解入門業界研究
  • 第2位:日経業界地図
  • 第1位:会社四季報業界地図

それでは、私のおすすめの業界研究/企業分析の本について、第5位から順番に詳しく解説していきますね。

業界研究/企業分析の本選びで悩んでいる就活生の方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

第5位:就職四季報

就職四季報2021年版

就職四季報2021年版

2,000円(07/23 01:31時点)
発売日: 2019/11/29
Amazonの情報を掲載しています
私のおすすめの業界研究/企業分析の本第5位は『就職四季報』です。

人気書籍『会社四季報業界地図』を、これから業界研究を始める就活生向けに落とし込み、わかりやすく解説しています。

本の中身は「企業・業界研究編」「インターンシップ情報編」の2部構成。

ワークを交えながら、業界研究/企業分析の進め方やインターンシップ先の選び方をやさしく解説しているので「業界研究/企業分析のやり方がわからない」という就活生の方に特におすすめです。

本書では東証一部上場しているような大企業が中心に記載されています。各業界の大手を把握しておきたいときに便利です。

この本に書かれている内容
  • 企業の基礎情報
  • 有給休暇の取得率
  • 残業時間
  • 情報の開示率 など

この本を読んでいると、「NA」と記載されている欄を見かけることがあるでしょう。これは「NA=No Answer」の略で、回答拒否した場合に記される文字です。

基本的によい数値や回答などの場合には開示したほうが好印象を与えるため、NAとしている場合には良くない情報だと思っておきましょう。

たとえば平均残業時間の欄にNAとあった場合には、残業時間が平均よりも多いことが予測できます。

業界研究 本

(引用:東洋経済新報社_就職四季報2022年版

こんな人におすすめ
  • 業界が決まって企業研究をしたい人
  • 情報開示率によって企業の誠実性を確認したい人

就活のための業界研究/企業分析の入門編とも言える本。

業界研究といっても、何から手を付ければいいかわからない就活生の方に特におすすめです。

「就活の教科書」編集部 小渕

『就職四季報』の商品情報

  • 定価:1540円
  • 出版社:東洋経済新報社
就職四季報2021年版

就職四季報2021年版

2,000円(07/23 01:31時点)
発売日: 2019/11/29
Amazonの情報を掲載しています

 

第4位:業界大研究

鉄鋼業界大研究[新版]

鉄鋼業界大研究[新版]

一柳 朋紀
1,485円(07/23 02:33時点)
発売日: 2018/02/28
Amazonの情報を掲載しています
私のおすすめの業界研究/企業分析の本第4位は『業界大研究』です。

各業界ごとに、最新動向や基礎知識・歴史・主要企業を深堀りしてまとめた業界研究本です。

その業界の基礎情報はもちろんのこと、これまでの成り立ちや今後の動向などについても各業界の経済ジャーナリストが分析しています。

志望業界が絞れている方は、業界地図と合わせてチェックしておくと、理解が深まりますよ。

この本に書かれている内容
  • 業界の基礎情報
  • 今後の動向や将来性
  • 業界のプレイヤー
  • 業界の仕組み など

志望する業界がすでに絞れている就活生の方にぴったりの本です。

業界が絞れていない方には、このあとに紹介する第2位・第1位の業界地図をおすすめします。

就職したい業界が絞れている人に特におすすめです。

「就活の教科書」編集部 小渕

『業界大研究』の商品情報

  • 定価:1540~1980円
  • 出版社:産学社
鉄鋼業界大研究[新版]

鉄鋼業界大研究[新版]

一柳 朋紀
1,485円(07/23 02:33時点)
発売日: 2018/02/28
Amazonの情報を掲載しています

 

第3位:図解入門業界研究

図解入門業界研究 最新不動産業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版]

図解入門業界研究 最新不動産業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版]

磯村幸一郎
1,336円(07/23 02:33時点)
発売日: 2018/11/05
Amazonの情報を掲載しています

私のおすすめの業界研究/企業分析の本第3位は『図解入門業界研究』です。

「コンテンツ業界」「化粧品業界」「医薬品業界」「食品業界」「アパレル業界」「不動産業界」など、各業界ごとに出版されている『図解入門業界研究シリーズ』。

業界ごとに最新動向やカラクリを図解つきでわかりやすくまとめた業界研究本です。

『業界大研究』と同じで、すでに志望業界が絞れている就活生向けの1冊。

その業界に特化している本で、かなり深い部分まで知れる点が魅力です。

この本に書かれている内容
  • 業界の全体像
  • ビジネスモデル
  • 今後の課題
  • 有名企業の特徴 など

また図や表、グラフなどを用いながらわかりやすい解説をしています。ある程度まとまった色使いをしているため、落ち着いて読みたい場合にも適しているでしょう。

業界研究 本

(引用:Amazon_図解入門業界研究 最新エレクトロニクス業界の動向とカラクリがよ~くわかる本

ただし1冊ずつのボリュームが多いため、就職したい業界が定まっていない学生にはおすすめできません。

複数の業界を比較しながら進路を決定したい場合には、『会社四季報 業界地図』や『日経業界地図』を検討してみましょう。

こんな人におすすめ
  • 就職したい業界が決まっている人
  • 特定の業界を深く理解したい人

就活生だけでなく、新社会人が自分の業界について勉強するときにも読まれている業界研究本です。

「就活の教科書」編集部 小渕

『図解入門業界研究』の商品情報

  • 定価:1430~1980円
  • 出版社:秀和システム
図解入門業界研究 最新不動産業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版]

図解入門業界研究 最新不動産業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版]

磯村幸一郎
1,336円(07/23 02:33時点)
発売日: 2018/11/05
Amazonの情報を掲載しています

例として、不動産の図解入門業界研究を紹介しておきますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

第2位:日経業界地図

日経業界地図 2021年版 (日本経済新聞出版)

日経業界地図 2021年版 (日本経済新聞出版)

1,320円(07/22 19:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
私のおすすめの業界研究/企業分析の本第2位は『日経業界地図』です。

日経新聞の記者が取材し、業界の今を1冊にまとめた信頼度の高い業界研究本です。

178業界・4,200社の情報が記載されているため、深く業界研究したい場合におすすめです。

「スマートフォン」「自動車」など、品目ごとに世界シェアを調査し、わかりやすくグラフ化した資料は、日経業界地図オリジナル。

さらに、紙の『日経業界地図』を購入した人には、電子書籍版が特典としてついてくるのも嬉しいポイントです。

電子書籍版をスマホやタブレットにダウンロードしておけば、移動時間などを有効に活用して、いつでもどこでも業界研究が行えますよ。

この本に書かれている内容
  • 各業界における企業の提携・勢力関係
  • 今後の見通し
  • 業績、初任給、平均年齢などの基礎情報 など

本書最大の特徴は、巻頭特集が組まれている点です。2021年版では、2020年4月以降の社会情勢変動後に各業界がどう変わっていくのかを徹底解説しています。ほかにも日経の独自調査による「世界シェア調査74品目」も掲載されています。

業界研究 本

(引用:楽天ブックス_日経業界地図 2021年版

また業界の動向を示す「業界天気図」は、晴れや曇りで分析している点が直感的でわかりやすいでしょう。

業界研究 本

こんな人におすすめ
  • 掲載企業が多いため、業界が絞れていない人におすすめ

日経の本らしく、すっきりとして読みやすい図解と紙面構成が好評です。

「就活の教科書」編集部 小渕

『日経業界地図』の商品情報

  • 定価:1320円
  • 出版社:日本経済新聞出版
日経業界地図 2021年版 (日本経済新聞出版)

日経業界地図 2021年版 (日本経済新聞出版)

1,320円(07/22 19:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています

 

第1位:会社四季報業界地図

「会社四季報」業界地図 2021年版

「会社四季報」業界地図 2021年版

1,359円(07/23 02:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
私のおすすめの業界研究/企業分析の本第1位は『会社四季報業界地図』です。

『会社四季報 業界地図』は、業界研究本のなかでも有名な書籍です。

『会社四季報業界地図』は、全国大手書店各社調べで10年連続売上1位・累計180万部の人気業界研究本です。

各業界の提携関係・シェア・市場規模などをわかりやすく地図の形で表現しており、ひと目で業界の全体像を把握できます。

業界の最新事情だけでなく、今後の動向予想まで1冊にまとまっているため、これから業界研究を始める就活生には特にぴったりの本ですよ。

業界地図に書かれている内容
  • 業界で知っておきたいプレイヤーや提携関係
  • 業界シェアや市場規模
  • 業況の予測をわかりやすく天気で表現した「天気予想」の見開き など

『会社四季報 業界地図』はオールカラーでとにかく見やすい点が魅力です。

加えて下の写真のように図をふんだんに使って解説されているため、業界の全体像が一目瞭然なところも人気の理由といえます。

業界研究 本

(引用:東洋経済新報社_会社四季報 業界地図

こんな人におすすめ
  • これから業界研究を進めていきたいすべての学生
  • 幅広い業界を短時間で理解したい人

就活生だけでなく、社会人や投資家からも人気を集めている業界研究本です。

これだけの業界が記載されていれば、自分がまだまだ知らなかった業界もチェックできるでしょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

『会社四季報業界地図』の商品情報

  • 定価:1430円
  • 出版社:東洋経済新報社
「会社四季報」業界地図 2021年版

「会社四季報」業界地図 2021年版

1,359円(07/23 02:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

他にも自己分析ES対策をする上で読んでおくと、他の就活生よりも一歩リードできる本があります。

以下の記事で、就活で役に立つ本を解説しているので、業界研究以外にも気になる学生はぜひ合わせて読んでください。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

 

自分に合った業界を見つけるには?

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方には、適性診断AnalyzeU+で自己分析をするのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、251問の質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

あなたの強み・弱み、適性職種がわかり「あなたの強みを活かせる」企業や業界からスカウトが届くので、あなたの短所も強みとして生かせる就活を行えます。

「自分の向いている業界がわからない」という方こそ、就活生の2人に1人が利用し、自己分析の結果が企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

業界研究/企業分析の本の選び方5つのポイント

就活生ちゃん

先輩から業界研究/企業分析の本を譲ってもらったのですが、読んでみてもいまいちピンときませんでした。

新しく業界研究/企業分析の本を買っても、結局よくわからないままなのでは?と心配です。

業界研究/企業分析の本は、どれも同じように見えるかもしれませんが、実はそれぞれ想定している読者が違います。

そのため、自分に合った業界研究/企業分析の本を選ぶことが大切です。

そこで、業界研究/企業分析の本の選び方のポイントを5つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界研究/企業分析の本の選び方5つのポイント
  • ポイント①:業界研究/企業分析の進行度に合わせて選ぶ
  • ポイント②:最新の情報が載っている本を選ぶ
  • ポイント③:今後の動向予想まで解説している本を選ぶ
  • ポイント④:信頼できる著者や出版社から刊行されている本を選ぶ
  • ポイント⑤:自分にとって扱いやすい厚み、読みやすい中身の本を選ぶ

それでは、業界研究/企業分析の本の選び方3つのポイントを、ひとつずつ詳しく解説していきます。

自分に合った業界研究/企業分析の本を選びたい方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

ポイント①:業界研究/企業分析の進行度に合わせて選ぶ

業界研究/企業分析の本の選び方のポイント1つ目は「業界研究/企業分析の進行度に合わせて選ぶ」です。

業界研究/企業分析の本は、それぞれ想定する読者が違うため、自分の業界研究/企業分析の進行度に合わせて選ぶことが大切です。

そこで、次の3つのタイプ別に、おすすめの業界研究/企業分析の本を紹介します。

  • 業界研究/企業分析のやり方がわからない就活生におすすめの業界研究/企業分析の本
  • 志望業界が絞れていない就活生におすすめの業界研究/企業分析の本
  • 志望業界が絞れている就活生におすすめの業界研究/企業分析の本
自分はどのタイプに当てはまるか考えながら、続きを読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

業界研究/企業分析のやり方がわからない就活生向けの業界研究/企業分析の本

業界研究/企業分析のやり方がわからない就活生には「就活における業界研究にフォーカスした業界研究/企業分析の本」がおすすめです。

就活生向けのコンテンツが豊富で、ワークを通して自然に業界研究が進められるからです。

◆おすすめの業界研究/企業分析の本 ⇒ 『就職四季報

志望業界が絞れていない就活生向けの業界研究/企業分析の本

志望業界が絞れていない就活生には「すべての業界の情報を網羅的にまとめた業界研究/企業分析の本」がおすすめです。

さまざまな業界の動向を広く浅く把握できるからです。

◆おすすめの業界研究/企業分析の本 ⇒ 『図解入門業界研究』『業界大研究

志望業界が絞れている就活生向けの業界研究/企業分析の本

志望業界が絞れている就活生には「特定の業界について深堀りした業界研究/企業分析の本」がおすすめです。

特定の業界にまつわる知識や情報を深く研究できるからです。

◆おすすめの業界研究/企業分析の本 ⇒ 『会社四季報業界地図』『日経業界地図

自分の業界研究/企業分析の進行度に合わせて、業界研究/企業分析の本を選べば「読んだけど結局よくわからなかった…」という失敗を防げますよ。

ちなみに、業界研究や企業研究をやるなら自己分析を先にしておかないと意味がないです。

自己分析を事前にしておけば、あなたの強みとマッチする業界や企業を選びやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

ポイント②:最新の情報が載っている本を選ぶ

業界研究/企業分析の本の選び方のポイント2つ目は「最新の情報が載っている本を選ぶ」です。

就活において、正しい情報を仕入れることは非常に重要といえます。

業界研究/企業分析の本の選び方でありがちな失敗が、古本屋で購入したり、先輩のおさがりをもらったりして、情報の古い業界研究/企業分析の本を手にしてしまうことです。

各業界の動向は、1年もあれば劇的に変わっているのも、そう珍しくないことです。

古い情報を頭に入れてしまったばかりに、ESや面接で失敗してしまっては、本末転倒ですよね。

情報の古い業界研究/企業分析の本には、はっきり言って価値がありません。

せっかく時間を使って読むのですから、最新の情報が載っている業界研究/企業分析の本を選ぶようにしましょう。

業界研究/企業分析の本を買うときは、最新版かどうかを必ずチェックしましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

ポイント③:今後の動向予想まで解説している本を選ぶ

業界研究/企業分析の本の選び方のポイント3つ目は「今後の動向予想まで解説している本を選ぶ」です。

業界研究/企業分析の本によっては、最新情報だけでなく、今後の業界動向予想まで解説している本もあります。

今後の業界動向予想は、将来性・成長性の見込める企業を探したり、ESや面接での回答に役立てたりできるので、とても参考になりますよ。

業界研究本に書いてある予想が必ずしも実現するとは限りませんが、予想の根拠となっている事柄は、知っておいて損はないです。

会社四季報業界地図』は、今後の業界動向予想までわかりやすく解説しているので人気があります。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

ポイント④:信頼できる著者や出版社から刊行されている本を選ぶ

業界研究/企業分析の本の選び方のポイント4つ目は「信頼できる著者や出版社から刊行されている本を選ぶ」です。

まずはその本を書いている「著者」や、本を刊行した「出版社」の信頼性をチェックしましょう。

「紙の本として出版されているのだから、間違ったことは書いていないだろう」と考える人も多いですが、実際は信頼性の低い本も多く刊行されています。

そこで著者のプロフィール欄を読み、どのような経験や実績をもとに本を書いているのか、また怪しい出版社ではないかをしっかりと調べておくと安心です。

著者の権威性や出版社の信頼性などを確認し、自分なりに信頼できるかどうかを判断してから購入しましょう。

メモ

※著者の予測や意見だけで書かれている、内容が偏った本も少なくありません。就活で使う本は、客観的に書かれた本を選びましょう。

 

ポイント⑤:自分にとって扱いやすい厚み、読みやすい中身の本を選ぶ

業界研究/企業分析の本の選び方のポイント5つ目は「自分にとって扱いやすい厚み、読みやすい中身の本を選ぶ」です。

本の厚みや視覚的な読みやすさにも注目して選んでいくと、自分にとって扱いやすい本を見つけられます。

業界研究の本は多くの企業情報が記載されているため、比較的どれも分厚くなっています。そして本の厚みが増すほど記載されている情報量が多い傾向にあり、自分自身で情報の取捨選択をしなければなりません。

そのため分厚い本に慣れておらずストレスを感じる人は、薄めの業界研究本から探してみてください。

また自分にとって必要な情報なのかを見極めるためには、視覚的な読みやすさも重要です。

たとえば箇条書きや表などで見やすく整理されている本ならば、パッと見たときに必要な情報を認識しやすいでしょう。しかし、ただひたすらに企業情報が羅列されているだけならば見づらいと感じる人も少なくありません。

こうした「自分にとっての扱いやすい本」を選ぶのも、本をうまく活用していくポイントです。

 

正しい業界研究/企業分析のやり方業界研究が簡単にできる裏技を知りたい人は、業界研究/企業分析の流れや役立つツールも分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

                                   

業界研究に役立つ記事一覧

「業界研究ってやる意味あるの?」「業界研究をしたけど、結局志望業界が決まらない」という就活生は、 業界研究のやり方を知って、 志望業界を決定しましょう。

以下の記事を読めば、業界研究のやり方がわかり、あなたにぴったりの業界を選べるようになります。

就活アドバイザー 京香

自分に向いている業界を見つける方法

①業界研究をして業界の全体像を知る
業界研究のやり方4STEP

②業界を決める
志望業界の決め方

               

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所、適性職種を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、あなたに合う業界の大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の向いている業界がわからない」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みと適性職種がわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


業界研究/企業分析の本を読むと得られる3つのメリット

就活生くん

正直、業界研究/企業分析の本を読んで、本当に就活の役に立つのか半信半疑です。

業界研究/企業分析の本を読むことで、得られるメリットはありますか。

もちろん、業界研究/企業分析の本を読んだからといって、内定に直結するわけではありません。

でも、業界研究/企業分析の本を読む意味はちゃんとありますよ。

そこで、業界研究/企業分析の本を読むと得られる3つのメリットを、具体的に解説しますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界研究/企業分析の本を読むと得られる3つのメリット
  • メリット①:業界の全体像を効率良く把握できる
  • メリット②:ESや面接で活かせる
  • メリット③:志望業界が増える可能性もある

それでは、業界研究/企業分析の本を読むと得られる3つのメリットを、ひとつずつ詳しく解説していきます。

業界研究/企業分析の本が、本当に就活の役に立つのか半信半疑な方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

メリット①:業界の全体像を効率良く把握できる

業界研究/企業分析の本を読むと得られるメリットの1つ目は「業界の全体像を効率良く把握できる」です。

業界研究をするには、まず業界の全体像を把握したいですよね。

ネットや新聞から情報を集める方法もありますが、集めた情報を自分で整理しなければならないので、とても時間がかかります。

また、ネットで情報収集をする場合は、情報の正確性に不安が残りますよね。

一方、業界研究/企業分析の本は、プロの手で必要な情報をわかりやすくまとめたものなので、業界の全体像を効率良く把握できます。

業界研究/企業分析の本をもとに業界研究を行えば、情報収集・整理の手間や、情報の正確性に対する不安が解消されますよ。

ES対策や面接対策に時間をかけるためにも、業界研究/企業分析の本を有効活用し、効率良く業界研究しましょう。

仕入れた情報は「業界ノート」にまとめることがおすすめです。

業界ノートの作り方や必須要素が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

メリット②:ESや面接で活かせる

業界研究/企業分析の本を読むと得られるメリットの2つ目は「ESや面接で活かせる」です。

業界研究/企業分析の本には、業界の動向・提携関係・シェア・市場規模など、さまざまな切り口の情報が豊富に掲載されています。

業界研究/企業分析の本から得た知識は、ESや面接で必ず聞かれる「志望動機」を考えるときに、とても役立ちますよ。

志望先企業の業界での立ち位置を踏まえつつ「なぜその企業でなければダメなのか」を志望動機に入れ込むと、説得力が段違いになるからです。

ESを書くときや面接の直前には、業界研究/企業分析の本を読み返して、選考通過に結び付けましょう。

志望動機以外の質問でも、業界研究/企業分析の本で得た知識が、思いがけず役に立つかもしれませんよ。

ES・面接が苦手な就活生は簡単に対策できる有料級テクニックが、以下の記事に載っているので読んで対策をしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

メリット③:志望業界が増える可能性もある

業界研究/企業分析の本を読むと得られるメリットの3つ目は「志望業界が増える可能性もある」です。

会社四季報業界地図』『日経業界地図』には、ほぼすべての業界の情報を網羅的に掲載してあります。

狙っている業界の項目だけでなく、すべてのページにざっと目を通してみると「面白そうだな」と感じる業界や企業が見つかるかもしれません。

業界研究/企業分析の本をきっかけに志望業界が増えれば、受ける企業の数も増えるはずです。

受ける企業の数が増えれば、当然、内定を取れる確率もアップします。

業界研究/企業分析の本は「面白そうな業界や企業を探すためのカタログ」だと思って、気軽な気持ちで読んでみるのもおすすめですよ。

業界研究/企業分析の本は難しいイメージかもしれませんが、読んでみると意外と面白いですよ。

本で得た知識をより具体化するためにも「業界セミナー」に参加することをおすすめします。

業界セミナーの内容やメリットを知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

自分に合った業界を見つけるには?

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方には、適性診断AnalyzeU+で自己分析をするのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、251問の質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

あなたの強み・弱み、適性職種がわかり「あなたの強みを活かせる」企業や業界からスカウトが届くので、あなたの短所も強みとして生かせる就活を行えます。

「自分の向いている業界がわからない」という方こそ、就活生の2人に1人が利用し、自己分析の結果が企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

本を使って業界研究する際の注意点

本を使って業界研究する場合の注意点は下記3つです。

本を使って業界研究する際の注意点
  • 注意点①:志望動機を深掘りするのが目的であることを忘れない
  • 注意点②:インターネットもあわせて活用する
  • 注意点③:業界研究はライバルとの差がつきやすい

 

注意点①:志望動機を深掘りするのが目的であることを忘れない

業界研究をする目的は「志望動機を深掘りすること」です。

前述のとおり業界研究本は比較的分厚いため、購入して満足してしまう学生も珍しくありません。

しかし「購入したら終わり」「読み終えたら終わり」ではなく、企業や業界への理解を深める必要があります。

せっかく購入した本をうまく活用できるように、志望動機を深掘りするための本であることを忘れないように注意しましょう。

企業や業界を深く理解して、面接官を納得させられるような志望動機が考えられれば内定獲得に一歩近づけるでしょう。

 

注意点②:複数の本を購入する必要はない!インターネットもあわせて活用する

上記で5冊の本をご紹介しましたが、すべてを購入する必要はありません。同じような系統の本を購入しても、掲載されている情報はほとんど同じだからです。

そのため自分が扱いやすい本を1〜2冊程度購入して読み進めることをおすすめします。

また本だけに頼らず、インターネットもあわせて活用してみてください。

自分自身で情報の取捨選択をしなければなりませんが、たとえばその業界に関するニュース記事など、本よりもさらに深い情報が見つかる場合もあります。

加えて本の情報には時間的誤差があるかもしれませんが、インターネットなら比較的早い段階で最新情報が掲載されている可能性が高いでしょう。

メモ

最終的に企業データを使うときは、本とインターネットの両方を駆使しておくと正確な情報をもとに志望動機を考えられます。

 

注意点③:業界研究はライバルとの差がつきやすい

前述のとおり本を使って業界研究をしたのとしないのとでは、志望動機の仕上がりがまったく違います。

これはライバルとの差につながりますので、インターネットだけではなく本も活用しながらしっかりと業界研究を行っておきましょう。

たとえば多くの学生が面接官から受ける質問で困るのが、下記のような内容です。

  • 「なぜ大手じゃないうちの会社を選んだの?」
  • 「マスメディア希望ならテレビ局じゃなくて、新聞社とかでもいいのでは?」

こうした質問には、自分の中で同業他社や他業種他社との差別化ができていなければ説得力のある答えは出せないでしょう。

そのため、下記のような目線でも業界研究を行ってみてください。

  • 同業他社とどこが違うのか
  • 業界のなかでの立ち位置はどうなのか
  • この業界は、似たような業界のなかでもどういった立ち位置なのか など

こうした分析をしておくと、志望動機の深掘りができて面接官からの鋭い質問にも多角的な切り口で答えられるようになります。

また難易度が高い企業の面接では「なぜうちの会社を選んだのか」と志望動機を深く掘り下げてくる可能性が高いため、しっかりと受け答えができるように業界研究を丁寧に行いましょう。

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所、適性職種を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、あなたに合う業界の大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の向いている業界がわからない」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みと適性職種がわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


本で業界研究したあとは企業研究に取り組もう

本を使ってある程度業界を絞れたら、次は企業研究に移っていきましょう。

業界研究はあくまでも「どんな業界があるのか」「その業界はどういった特徴があるのか」などを知る場所です。

一方で企業研究とは、特定の企業に絞って下記のような内容を調べていきます。

  • 企業の特徴や立ち位置
  • 基本データ
  • 自分に適した企業なのか
  • 過去の業績
  • 競合他社との違い など

こうした企業研究も、志望動機を深めるために行います。

面接官からの深掘りした質問に対して的確な回答ができるように、業界研究も企業研究もしっかりと実施しておきましょう。

 

自分に合った業界を見つけるには?

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方には、適性診断AnalyzeU+で自己分析をするのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、251問の質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

あなたの強み・弱み、適性職種がわかり「あなたの強みを活かせる」企業や業界からスカウトが届くので、あなたの短所も強みとして生かせる就活を行えます。

「自分の向いている業界がわからない」という方こそ、就活生の2人に1人が利用し、自己分析の結果が企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:業界研究/企業分析の本を有効活用して内定に近づこう

この記事の「【内定者が教える】おすすめの業界研究/企業分析の本ランキングTOP5 | 選び方のポイントも紹介」は、いかがだったでしょうか。

この記事では「就活の教科書」編集部の小渕が、業界研究におすすめの本ランキングTOP5を解説しました。

合わせて、業界研究/企業分析の本の選び方3つのポイント・業界研究/企業分析の本を読むと得られる3つのメリットも紹介しました。

 

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

まとめ:業界研究/企業分析の本を有効活用して内定に近づこう

◆おすすめの業界研究/企業分析の本ランキングTOP5

  • 第5位:就職四季報
  • 第4位:業界大研究
  • 第3位:図解入門業界研究
  • 第2位:日経業界地図
  • 第1位:会社四季報業界地図

 

◆業界研究/企業分析の本の選び方3つのポイント

  • ポイント①:業界研究/企業分析の進行度に合わせて選ぶ
  • ポイント②:最新の情報が載っている本を選ぶ
  • ポイント③:今後の動向予想まで解説している本を選ぶ

 

◆業界研究/企業分析の本を読むと得られる3つのメリット

  • メリット①:業界の全体像を効率良く把握できる
  • メリット②:ESや面接で活かせる
  • メリット③:志望業界が増える可能性もある

 

まとめ:業界研究/企業分析の本を有効活用して内定に近づこう

 

業界研究/企業分析の本は、予備知識のない方でも、読むだけで簡単に業界知識を身につけられる、便利なアイテムです。

就活を成功させるためにも、ES・面接対策に時間をかけ、業界研究は本を有効活用してサクッと進めるのがおすすめですよ。

「就活の教科書」では、ES・面接対策の情報もたくさん紹介しています。

他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界研究本と聞くと、難しくイメージする人も多いかもしれません。

しかし実際にページをめくってみると、カラフルに装飾されていたり図やイラストなどを使っていたりと、学生でも楽しく読み進めていけるように工夫されている本もあります。