>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【内定者が教える】OB訪問の最低限の待ち合わせマナー | カフェの選び方や注意点など

【内定者が語る】OB訪問 最低限の待ち合わせマナー!カフェの選び方や注意点など

こんにちは。「就活の教科書」編集部の淀川です。
就活で企業を知るために「OB訪問」をすることがあると思います。
そんなOB訪問で約束を取り付けたものの、待ち合わせについてこんな疑問を持った就活生も多いのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 淀川

就活生くん

OB訪問の待ち合わせの場所ってどうやって決めればいいんだろう。カフェでいいのかな?

就活生ちゃん

OB訪問の当日のマナーって何に気を付ければいいのかな。志望する企業の社員の方だし、失礼のないようにしないと。。。

 

一般的にOB/OG訪問は、カフェなどで社会人と直接会って話を聞く場合が多いです。

その時、あなたはOB/OGと待ち合わせをしなければなりません。

 

そこでこの記事では、最低限確認しておきたい「OB訪問の待ち合わせのマナー」を紹介します。

OB訪問の相手は、自分の志望業界や志望企業の人である可能性が高いので絶対に失礼のないようにするべきです。

ぜひこの記事を読んで、OB訪問の待ち合わせについて確認してみてください。

 

OB訪問する社会人を探すには、専用のサイト/アプリを利用してみてください。

 

OB訪問の待ち合わせ場所のマナー

まずはOB訪問の待ち合わせ場所のマナーについて説明します。

就活生くん

OB訪問の場所ってどうやって決めるんだろう?

こんな風に考える就活生は多いと思います。

OB訪問の待ち合わせ場所でもマナーはあります。

今回紹介するOB訪問の待ち合わせ場所のマナーは次の二つです。

  • 待ち合わせ場所が指定されるとき
  • こちらから提案する必要があるとき(カフェがおすすめ)

それではOB訪問の待ち合わせ場所でのマナーについて解説していきます。

 

待ち合わせ場所が指定されるとき

まず1つ目は、待ち合わせ場所が指定されるときのマナーについてです。

OB/OG訪問の待ち合わせ場所は、相手に決めてもらうほうが無難で、OBさんから事前に指定されるケースが多いです。

忙しく移動を繰り返している社会人は多いです。

相手のスケジュールにあった待ち合わせ場所のほうが、相手にとっても都合が良いです。

基本的には、相手が指定する場所へこちらから訪れることになります。

 

こちらから提案する必要があるとき(カフェがおすすめ)

2つ目は、こちらから待ち合わせ場所を提案する必要があるときのマナーです。

もし相手から待ち合わせ場所の指定がない場合は、こちらから提案しましょう。

待ち合わせの場所は、商品の値段に注意して提案すべきです。

あまりに値段が高い店は、OBの方に余計な気を使わせてしまいます。

目安としては、コーヒー1杯200円〜600円程度のお店を選ぶと良いでしょう。

 

待ち合わせにはカフェがおすすめ

OB訪問の待ち合わせ場所として私がおすすめするのは、ずばりカフェや喫茶店です

カフェや喫茶店は落ち着いた雰囲気で話しやすく、長時間滞在できます。

特にドトールやスターバックスなどの大手チェーンのカフェは、ドリンクの価格も安く、お互いに負担にならないので無難と言えるでしょう。

駅前のカフェであれば、よく移動する社会人にとってかなり便利です。

OB訪問での待ち合わせ場所としてカフェは最適です。
待ち合わせ場所を自分で決めるときにはカフェを選んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

待ち合わせ場所には先に入るべき?

待ち合わせ場所にカフェを選んだとして、待ち合わせ当日にこんな悩みはありませんか。

就活生ちゃん

OBさんが来るまでに先に入っていた方がいいのかしら。それとも外で待っておくべき?

答えとしては先に入っていても、入らなくてもどちらでも大丈夫です。

僕の経験では、待ち合わせの時はカフェの外で待っておきOBの方と一緒に入ることが多かったです。

基本的には、カフェの外などで待っておくといいです。

しかし、店の中をのぞいてみて明らかに混んでいれば、先にお店に入り、席を確保しておくのも一つの手です。

その場合は、OBの方との待ち合わせ時間あたりに、既に入店している旨を忘れずにメールしましょう。

 

ちなみにOB訪問の定番の場所については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

OB訪問前日にはリマインドメールを忘れずに

多くの就活生が忘れがちなのですが、OB/OG訪問前日には待ち合わせに関するリマインドメールを送りましょう。

リマインドメールとは、”思い出させる、気づかせるメール”のこと。

社会人であっても、待ち合わせの時間や場所を忘れてしまうことはあります。

そこで依頼した側のマナーとして、OB訪問をお願いした就活生のほうから前日に確認のメールを送りましょう。

 

またリマインドメールでは、OB訪問当日にあなたを見つけるための「目印」も伝えておきましょう。

最もわかりやすい目印は服装の色や特徴です。

例えばこのように伝えてみましょう。

  • 薄い水色のシャツにグレーのジャケットを着ていきます。
  • 赤いストライプのネクタイをしていきます。
  • 茶色いクラッチバッグを手に持っていきます。

服やかばんの特徴を目印にすると、相手もわかりやすいですね。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

また、リマインドメールのテンプレートや詳しい書き方などについては、こちらの記事を参考にして下さい。

 

OB訪問の待ち合わせ当日に気を付けるべき5つのポイント

就活生くん

OB訪問当日の待ち合わせで気を付けることってなんだろう?

就活生ちゃん

一時間後の待ち合わせの前に、念のためマナーを確認しておきたい!
そんなあなたのために、OB訪問の待ち合わせ当日に気をつけるべきポイントを5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

OB訪問の待ち合わせ当日に気をつけるべきポイントは以下の5つです。

  • 5~10分前には待ち合わせ場所へ行く
  • わかりやすい場所に立って待つ
  • 余裕があれば、カフェの下調べをする
  • 遅刻しそうになったら、その時点で連絡する
  • 合流したらまずは丁寧に挨拶する

それでは5つのポイントを順番に紹介していきます。

 

待ち合わせのポイント①:5~10分前には待ち合わせ場所へ行く

待ち合わせのポイント1つ目は、5~10分前には待ち合わせ場所へ行くことです。

OB訪問当日は、待ち合わせ場所に早めの時間に行き、相手の到着を待ちましょう。

理想は15分前ですが、少なくとも10分前には必ず到着するように、時間に余裕を持って行動しておくべきです。

当然ですが、遅刻するのは絶対にやめましょう。

 

ほとんどないとは思いますが、もし先輩が時間になっても現れない場合は、焦らず待ちましょう。

相手は忙しい社会人なので遅れてしまう可能性も十分に考えられます。
相手からの連絡を待ちつつ、10〜20分はそのまま待ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

待ち合わせのポイント②:わかりやすい場所に立って待つ

待ち合わせのポイント2つ目は、わかりやすい場所に立って待つことです。

OB訪問の待ち合わせ場所に到着したら、相手が見つけやすいようわかりやすい場所に立って待ちましょう。

わかりやすい場所とは人通りが多すぎることなく、ひらけた場所です。

相手の気持ちになったつもりで、ベストポジションを探しましょう。

 

また、相手のあなたの第一印象は挨拶した瞬間でなく、待っているあなたを見つけた時かもしれません。

あまりキョロキョロしたりそわそわしたりせず、落ち着いて待ちましょう。

 

待ち合わせのポイント③:余裕があれば、カフェの下調べをする

待ち合わせのポイント3つ目は、余裕があれば、カフェの下調べをすることです。

もしOB訪問の待ち合わせのまでに時間の余裕があるなら、実際に話をするカフェの中を少し覗いておきましょう。

混雑具合や人目が気にならなさそうな席、トイレの場所などが確認できれば十分です。

合流してからスムーズに席につけるよう、一度頭の中でシミュレーションしてみるのも良いかもしれません。

 

待ち合わせのポイント④:遅刻しそうになったら、その時点で連絡する

待ち合わせのポイント4つ目は、遅刻しそうになったら、その時点で連絡することです。

先ほども述べましたが、OB訪問の待ち合わせに遅刻は絶対にNGです。

電車の運行状況などによっては、予期せぬ事態も考えられます。

もし遅刻しそうになったときは、迷わずにメールor電話で連絡しましょう。

 

 

ここで大事なのは、遅刻することが確定した時点ではなく、遅刻しそうになった時点で連絡するということです。

就活生くん

少し遅れてしまいそう。でも走れば間に合う気がする!

待ち合わせでのこういう経験、ありますよね。

しかし、OB訪問ではギリギリで到着することは控えた方がいいです。

「連絡せずに遅刻する」というのが最悪の事態ですので、遅刻の連絡はできるだけ早めにしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

待ち合わせのポイント⑤:合流したらまずは丁寧に挨拶する

待ち合わせのポイント5つ目は、合流したらまずは丁寧に挨拶することです。

待ち合わせ場所で合流した後は、まずは丁寧に挨拶をしましょう。

次の例のように挨拶をすれば問題はないです。

初めまして。〇〇大学の〇〇です。
本日はお忙しい中お時間を割いていただき、ありがとうございます。
本日はどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

挨拶をするときは緊張していても大丈夫です。

重要なのは、相手に自分の誠意が伝わるかどうかです。

 

その他のOB訪問当日のマナーについては、こちらの記事もチェックしてみて下さい。

 

 

まとめ:OB訪問では待ち合わせのマナーも意識しよう

いかがだったでしょうか。

この記事では、OB訪問の待ち合わせに関するマナーや気を付けるべきことを紹介しました。

OB訪問の待ち合わせのマナーは以下の5つです。

  • 5~10分前には待ち合わせ場所へ行く
  • わかりやすい場所に立って待つ
  • 余裕があれば、カフェの下調べをする
  • 遅刻しそうになったら、その時点で連絡する
  • 合流したらまずは丁寧に挨拶する

 

OB訪問は今後の就活の選考に影響することもあります。

できるだけ失礼のないように、好印象で終わりたいですよね。

そんな時にこの記事を読んで、待ち合わせに備えてもらえればと思います。

この他にも就活やOB訪問に役立つ記事がたくさんあるので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

「そもそもOB訪問って何?」という就活生には、OB訪問のやり方を網羅的に解説したこちらの記事がおすすめ。

 

また、「OB訪問する知り合いいないよ!」という就活生には、社会人の連絡先を入手する方法をまとめた記事がおすすめです。

 

そして、「効率的にOB訪問したい!」という就活生には、OB訪問のアプリをまとめた記事をおすすめします。