>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【苦手克服!】面接が死ぬほど嫌いな人の対処法5選 | 特徴,おすすめ就活支援サービスも

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 面接が死ぬほど嫌いな就活生はかなり多い
  • 就活の面接が死ぬほど嫌いな人の特徴3選
  • 就活の面接が死ぬほど嫌いな人ができる対処法5選

 

就活生の皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の潤です。
この記事では、就活の面接が死ぬほど嫌いな人ができる対処法について解説していきます。
面接が死ぬほど嫌いな就活生はいませんか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

僕は過去の面接で大失敗してしまい、就活の面接が死ぬほど嫌いです。
面接がトラウマになってしまいました。
だから、死ぬほど嫌いな就活の面接を克服する方法を知りたいです。

就活生ちゃん

私は、もともと人と話すのが苦手なので、就活の面接が死ぬほど嫌いです。
何回か面接は受けたことがありますが、いつも緊張してしまうため上手く話すことができません。
死ぬほど嫌いな面接を克服するために何か良い方法はないのかな・・・?
就活の面接って緊張しますよね。
面接官がずっと見てるから、失敗しないように気にしすぎて上手く話せないですよね。
だから、僕も就活の面接が死ぬほど嫌いです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

そこでこの記事では、面接が死ぬほど嫌いな就活生ができる対処法について解説していきます。

また、面接が死ぬほど嫌いな就活生の特徴や、面接が死ぬほど嫌いな就活生だからこそおすすめできる就職支援サービスについても同時に紹介します。

この記事を読めば、死ぬほど嫌いな面接への対処法を知ることができ、面接対策を実践すれば内定へ一歩近づきます。

面接が死ぬほど嫌いな就活生や、死ぬほど嫌いな面接をどうしても克服したい就活生は、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

 

 

面接が死ぬほど嫌いな就活生はかなり多い

就活生くん

就活の面接が死ぬほど嫌いです。
いつも面接になると上手く話せません。
僕はやっぱりダメなんでしょうか・・・?
就活の面接は緊張しますよね。
面接官が自分をずっと見つめる感覚は辛いですよね。
緊張や過去の失敗が原因で就活の面接が死ぬほど嫌いになる人もいます。
でも大丈夫です!

「就活の教科書」編集部 潤

結論から言うと、面接が死ぬほど嫌いな就活生はかなり多いです。

むしろ、就活の面接が好きと言う人の方が少ないかもしれません。

 

このように、就活の面接が死ぬほど嫌いな人は探せばすぐに見つかります。

就活の面接は緊張するし、死ぬほど嫌いと思っている人はたくさんいます。

そのため、就活の面接が死ぬほど嫌いでも、不安になる必要はありません。

「就活の面接が死ぬほど嫌いなのは自分だけだ・・・」と思い込む必要はありません。
年上の威圧感のある面接官と初対面で話すと緊張するのは普通のことです。

同じような悩みを抱えた就活生は多くいるので、面接が怖いと感じる就活生や、面接に自信がない就活生は以下の記事もぜひ読んでみてください。

次は、就活の面接が死ぬほど嫌いな人の特徴について解説します。

「就活の教科書」編集部 潤

 

就活の面接が死ぬほど嫌いな人のための対処法5選

就活生くん

就活の面接が死ぬほど嫌いなのですが、どのように克服すると良いのでしょうか?
ここでは、就活の面接が死ぬほど嫌いな人のための対処法を解説します。
その対処法は、主に次の5つです。

「就活の教科書」編集部 潤

面接が死ぬほど嫌いな人のための対処法5選
  • 対処法①:面接練習を何回も行う
  • 対処法②:スカウト型の就活サイトを使う
  • 対処法③:面接官の立場になって考えてみる
  • 対処法④:想定できる質問を事前に考える
  • 対処法⑤:完璧主義を捨てる
就活の面接が死ぬほど嫌いな人ができる5つの対処法について、より具体的にそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

対処法①:面接練習を何回も行う

就活の面接が死ぬほど嫌いな人ができる1つ目の対処法は「面接練習を何回も行う」ことです。

結論から言うと、面接が死ぬほど嫌いな人にとって、面接練習を何回も行うことは一番効果的です。

なぜなら、面接練習を行うことで、質問内容・答え方・会話の仕方などがわかるからです。

面接練習をする時は、フィードバックをしてもらえる環境に身を置くことが大切です。

そこで、面接が死ぬほど嫌いな就活生はキャリアチケット(career ticket)を使って面接練習を行うことをおすすめします。

キャリアチケットは次のような特徴があります。

キャリアチケットの特徴
  • 特徴①:年間約1万人以上をサポートするプロの方と模擬面接ができる
  • 特徴②:面接練習後の内定率が約39%上がった実績がある
  • 特徴③:キャリアアドバイザーに無料で就活相談ができる

 

キャリアチケットは、就活生13万人が登録しており、就活生の4人に1人が利用しています。

面接練習ができ、丁寧なフィードバックがもらえるので、面接が死ぬほど嫌いな就活生にとっては、かなり使いやすい就活エージェントです。

そのため、面接が死ぬほど嫌いな就活生は、キャリアチケットを利用してみると良いです。

面接が死ぬほど嫌いな人は多いですが、ほとんどの場合、場慣れしていないためです。
フィードバックをもらいながら面接練習を何回も行っていくことで、死ぬほど嫌いな面接から脱出できます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

⇒ キャリアチケットを見てみる

 

キャリアチケット以外の就活支援サービスを使いたい就活生は、以下の記事をぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

対処法②:スカウト型の就活サイトを使う

就活の面接が死ぬほど嫌いな人ができる2つ目の対処法は「スカウト型の就活サイトを使う」ことです。

スカウト型の求人サイトを使うことで、初めから自分に興味をもってくれている企業と出会えるからです。

スカウト型の就活サイトでおすすめできるのは「OfferBox(オファーボックス)」と「キミスカ」です。

  • OfferBox
    ー オファーの質が良く、上場企業からもスカウトが来る
    ー 人気No.1、利用学生数125,000人
  • キミスカ
    ー オファーの量が多く、多様な企業からスカウトが来る
    ー かなり詳細な自己分析ができる

 

OfferBoxとキミスカは、僕も含めてたくさんの就活生が利用しています。

スカウト型の就活サイトを使うと、次のようなメリットがあります。

スカウト型の就活サイトを使うメリット
  • 自分のレベルに合った企業からスカウトが来る
  • 通常の就活よりも面接回数が少ない場合がある

 

面接が死ぬほど嫌いな就活生にとって、面接回数が少ないことはありがたい話ですよね。

しかし、スカウト型の就活サイトを用いても、自分が志望している企業からスカウトが来るとは限りません。

そのため、面接が死ぬほど嫌いな就活生は、スカウト型の就活サイトと通常の就活サイトを同時に使うことをおすすめします。

僕も実際に、OfferBoxとキミスカを利用していますが、ほぼ毎日、たくさんの企業からスカウトが来ます。
そのため、面接が死ぬほど嫌いな就活生にはおすすめの就活サイトです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

⇒ OfferBox(オファーボックス)を見てみる

⇒ キミスカを見てみる

 

僕もOfferBoxとキミスカは本当に良いアプリだと思っています。
OfferBoxとキミスカの評判や使い方を知りたい就活生は、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ちなみに、質の良い面接対策セミナーや講座を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

効率よく面接対策を行うことができますよ。

「就活の教科書」編集部 潤

 

対処法③:面接官の立場になって考えてみる

就活の面接が死ぬほど嫌いな人ができる3つ目の対処法は「面接官の立場になって考えてみる」ことです。

面接官の立場になって考えることで、次のようなメリットがあるからです。

面接官の立場になって考えるメリット
  • 面接中に、就活生のどこに注目すべきかが把握できるから
  • 就活生のどのような発言に注目すべきかが把握できるから
  • 質問に対して、どのように回答すれば良いかがわかるから

 

面接官体験ができるイベントとしてdigmee「企業のインターンシップ」があります。

また「digmee」では模擬面接もしてもらえます。

そのため、面接が死ぬほど嫌いな人は、面接官の立場になって考えてみると面接が上手くなります。

僕も「digmee」を利用したことがありますが「digmee」は面接対策だけでなく、グループディスカッション対策も行っています。
人と会話するのが苦手な就活生や、面接が死ぬほど嫌いな就活生にとって「digmee」はおすすめのサイトと言えます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

digmee(ディグミー)を見てみる

 

対処法④:想定できる質問を事前に考える

就活の面接が死ぬほど嫌いな人ができる4つ目の対処法は「想定できる質問を事前に考える」ことです。

前もって想定できる質問を考えておくだけで、面接が死ぬほど嫌いな就活生にとってかなり気が楽になるからです。

例えば、面接では次のような質問があります。

面接で想定される質問例
  • ①:自己紹介(〇分以内)
  • ②:自己PR(〇分以内)
  • ③:業界 / 企業の志望動機
  • ④:5年後 / 10年後の自分
  • ⑤:学生時代に最も打ち込んだこと
  • ⑥:サークルやアルバイトで一番辛かったこと
  • ⑦:困難を乗り越えた経験
  • ⑧:就活の軸
  • ⑨:挫折経験
  • ⑩:最後に何か質問

など

 

他にもたくさんありますが、想定される質問と回答をあらかじめ考えておくと、リラックスして面接に挑めます。

自分だけで想定される質問がわからない場合は、模擬面接を行ってみるのも良いです。

模擬面接や面接練習にはキャリアチケット(career ticket)をおすすめします。

事前に質問とその回答を考えることで、落ち着いて面接に挑めるので、面接が死ぬほど嫌いな就活生はぜひ実践してみてください。

面接での質問内容をもっと知りたい就活生は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

対処法⑤:完璧主義を捨てる

就活の面接が死ぬほど嫌いな人ができる5つ目の対処法は「完璧主義を捨てる」ことです。

次のような考え方で面接に行く就活生は多いです。

就活生くん

今日の面接、全部回答できるかな・・・

就活生ちゃん

面接で全部の質問に対して完璧に回答しないといけないな・・・

このように面接で完璧に見せようとすると必ず緊張しますし、自分らしい回答ができません。

特に、面接が死ぬほど嫌いな就活生ほど完璧主義が多いです。

面接が死ぬほど嫌いな就活生は、次のような考え方で面接に挑むと良いです。

面接での考え方
  • 緊張しても良い
  • 自分らしい回答をすれば良い
  • 1回失敗しても、他の質問で取り返せる
  • 面接で完璧に回答できる就活生はほぼいない
  • 想定外の質問が来た時は「少しお時間をいただけますか?」と言っても良い

 

「面接でミスしたら終わり」と考え込むことで、逆に自分を追い込むことになり、ネガティブに捉える癖が身に付いてしまいます。

その結果、面接が死ぬほど嫌いになることにつながります。

そのため、面接が死ぬほど嫌いな就活生は「完璧主義を辞める」ことを行ってみてください。

面接が死ぬほど嫌いな就活生ほど、ネガティブに考える場合が多いので、自分らしい回答ができるように完璧主義を辞めてみてください。

どうしても面接練習を1人で行いたい就活生は、以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

ちなみに面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、面接を突破しましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

志望企業への内定率を上げるなら「面接力診断」で面接突破力を測ってみよう!

「面接力診断」では、あなたの現状や足りていないところが見つかり、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、ぜひ気軽にこちらから診断してみてください。

>> 面接力診断をしてみる

さらに就活の教科書公式LINEでは、今すぐやるべき就活対策が分かる「就活力診断をすることができます!

今のあなたの就活戦闘力も測れるので、ぜひこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

就活の面接が死ぬほど嫌いな人の特徴3選

就活生ちゃん

就活の面接が死ぬほど嫌いな人の特徴を教えてください。
自分は当てはまっているのかを知りたいです。
わかりました。
就活の面接が死ぬほど嫌いな人の特徴は、主に次の3つです。

「就活の教科書」編集部 潤

面接が死ぬほど嫌いな人の特徴3選
  • 特徴①:緊張しすぎてしまう
  • 特徴②:人と話すのが嫌い
  • 特徴③:過去に面接で大失敗した経験がある
面接が死ぬほど嫌いな人の特徴3つについて、それぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

特徴①:緊張しすぎてしまう

就活の面接が死ぬほど嫌いな人の1つ目の特徴は「緊張しすぎてしまう」ことです。

就活の面接で緊張するのはわかりますし、ほとんどの就活生は面接で緊張しています。

 

面接で緊張するのは良いことですが、緊張しすぎてしまうことは悪いことです。

緊張しすぎるといつも通りに上手く話せません。

そのため、面接が死ぬほど嫌いな人の特徴として、緊張しすぎてしまうことが挙げられます。

就活の面接では、緊張して落とされることはありません。
自分なりのリラックス方法を決めておくと良いです。

そこで以下の記事では、面接で緊張しない方法を紹介しているので、死ぬほど嫌いな面接で緊張してしまう就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

特徴②:人と話すのが嫌い

就活の面接が死ぬほど嫌いな人の2つ目の特徴は「人と話すのが嫌い」ということです。

もともと人との会話が苦手な人は、面接に対して苦手意識を持っている方が多いです。

 

このように、普段から会話が苦手な人は面接でも苦労しますよね。

しかし、会話が嫌いで面接が苦手と思い込んでしまうと、不安な気持ちが大きくなり、面接が死ぬほど嫌いになる状態に陥ります。

そのため、面接では、面接官に失礼にならないように敬語や基礎的なビジネスマナーを身に付けておくと良いです。

就活の面接で予想外の質問が来た時には「少しお時間をいただけますか?」と言って、考えてから回答するのもありです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

特徴③:過去に面接で大失敗した経験がある

就活の面接が死ぬほど嫌いな人の3つ目の特徴は「過去の面接で大失敗した経験がある」ということです。

過去の面接で失敗してしまい、それが原因で面接が怖くなって、死ぬほど嫌いになる人もいます。

 

過去の面接が原因で面接が死ぬほど嫌いになる人は、失敗したときのことを思い出してしまいます。

そのため、過去の面接で大失敗をして面接が死ぬほど嫌いになった人は、落ちても良い企業の面接を受けて練習することをおすすめします。

面接が死ぬほど嫌いな人は、どんな企業でも良いので、とにかく人一倍練習する必要があります。

「就活の教科書」編集部 潤

就活生ちゃん

就活の面接が死ぬほど嫌いな人の特徴は理解できました。
では、どのように死ぬほど嫌いな面接を克服していけば良いのでしょうか?
教えて欲しいです。
わかりました。
では、次は就活の面接が死ぬほど嫌いな人のための対処法について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接を突破するためには、自分の強みを知っておくことが必須です。

自己分析診断の「キミスカ適性検査」を利用すると、職務適性やビジネス戦闘力といった9つの観点から自分の強みがわかります。

5分で診断できるので、自分の強みを知りたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で診断してみる

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

まとめ:面接が死ぬほど嫌いな就活生は人に相談して自分なりに対策してみよう!

この記事では、面接が死ぬほど嫌いな就活生ができる対処法について解説しました。

また、面接が死ぬほど嫌いな就活生の特徴や、面接が死ぬほど嫌いな就活生だからこそおすすめできる就活支援サービスについても紹介しました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

面接が死ぬほど嫌いな就活生は、必ず復習してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

この記事のまとめ

◆ 面接が死ぬほど嫌いな就活生はかなり多い

◆ 就活の面接が死ぬほど嫌いな人のための対処法5選

  • 対処法①:面接練習を何回も行う
  • 対処法②:スカウト型の就活サイトを使う
  • 対処法③:面接官の立場になって考えてみる
  • 対処法④:想定できる質問を事前に考える
  • 対処法⑤:完璧主義を捨てる

◆ 就活の面接が死ぬほど嫌いな人の特徴3選

  • 特徴①:緊張しすぎてしまう
  • 特徴②:人と話すのが嫌い
  • 特徴③:過去に面接で大失敗した経験がある
面接が死ぬほど嫌いな就活生は、とにかく場慣れする必要があります。
また、死ぬほど嫌いな面接を克服するには「なぜ面接が嫌いなのか・苦手なのか」をしっかりと考えて対策することが重要です。
面接が死ぬほど嫌いな理由がわからない就活生は、人に相談して一緒に対策してみるのも良いです。
だからこそ、就活支援サービスを利用することをおすすめしています。
面接が死ぬほど嫌いな就活生は多くいるので、自分で自分を追い込まないように対処してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤