>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【なぜ?】志望業界が決まらない時の対処法 | 原因,就活軸の見直し方も!

この記事を読めば分かること
  • 志望業界が決まらないのは「行きたい業界がない」「業界が絞れない」の2パターン
  • 志望業界が決まらない人は「自己分析・業界研究」の質を見直してみよう
  • 志望業界が決まらない時に見直すべき就活軸5つ
  • 志望業界が決まらない時の「業界研究のやり方」5つ

こんにちは、「就活の教科書」編集部のカタです。

この記事では、就活で志望業界が決まらない原因対処法を解説していきます。

皆さんは就活の業界が決まらないで悩んだことはありませんか。

「就活の教科書」編集部 カタ

就活生くん

そろそろエントリーシート提出なのに、行きたい業界がないため、志望業界が決まらないです。

なんで、就活の志望業界が決まらないのか知りたいです。

就活生ちゃん

私は、一応、自己分析や業界研究は出来ているのに、興味のある業界の決め方が多すぎて、志望業界が決まらないです。

自己分析で整理するべき軸業界研究のやり方が間違っているのかも知れないのでアドバイスが欲しいです。

就活で志望業界が決まらないのは、珍しい事ではないので焦る必要はありません

就活で志望業界が決まらない原因を把握し、自己分析や業界研究のやり方を工夫すれば志望業界を決められるようになりますよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

そこでこの記事では、就活で志望業界が決まらない原因自己分析で作り直すべき軸について解説していきます。

合わせて、情報収集のための業界研究のやり方も紹介します。

この記事を読めば、就活の志望業界が決まらない就活生も自信をもって業界を決められるようになりますよ。

志望業界が決まらない原因を把握して、就活の志望業界の決め方のコツを知りたい」という就活生の方は、ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

志望業界が決まらない就活生は意外と多い、焦らず原因を分析しよう

就活生くん

まだ業界の決め方が分からず、就活の志望業界が決まらないです。

みんな決まり始めているのに僕だけ志望業界が決まらないのってマズいのかなぁ。

就活の志望業界が決まらない人がいても珍しい事ではないので、焦る必要はありません。

就活生には、まだ社会人経験がないため、行きたい業界がない場合や業界を絞れない場合があっても仕方ないです。

僕もなかなか志望業界が決まらなかったのですが、上手くいかない原因対処法を考えれば、上手く業界を決めることが出来ました。

この記事で、一緒に就活で志望業界が決まらない原因対処法を考えていきましょう。

就活生くん

焦らず、志望業界が決まらない原因と向き合ってみます。

ところで、就活の志望業界が決まらない原因として、どんな原因があるのですか?

志望業界が決まらない原因は、「自己分析と業界研究」の質にあります。

自己分析と業界研究の質が悪いと就活の志望業界が決まらない事が多いです。

「就活の教科書」編集部 カタ

就活生ちゃん

私の場合、自己分析や業界研究の量は十分なので、就活の志望業界が決まらない原因は、にあると思います。

自己分析や業界研究の質が悪いとはどういうことなのですか?

自己分析や業界研究の質が悪いとは、情報をただ集めるだけで、就活の軸が作れていないということです。

就活の軸が作れていないせいで、一つも志望業界がない場合逆に絞れない場合が多くなっています。

「就活の教科書」編集部 カタ

就活生ちゃん

なるほど、それでは、就活の軸を作るために自己分析業界研究のやり方を改善すればいいのですね。

この後、志望業界が決まらない就活生の方へ向けて、質のいい自己分析と業界研究のやり方を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

志望業界が決まらない原因は「やりたいことが無い」「選択肢が多すぎる」の2つ

志望業界が決まらない原因を考える前に、まずは前提として、就活で志望業界が決まらない主な原因を2つ紹介します。

まずは、自分がどちらのパターンで志望業界を絞れていないのか原因を把握しましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

志望業界が決まらない原因2つ
  • 原因①:やりたい事が無く、志望業界が決まらない
  • 原因②:興味のある業界が多く、選択肢を絞れない

前者は、やりたい事が見つからないせいで、業界を選べないパターンです。

後者は、多くの業界に興味を持ち過ぎたせいで、逆に絞れなくなったパターンです。

原因別に、志望業界を決めるための就活軸を作っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

志望業界が決まらない時に見直すべき就活軸5つ

就活生くん

それでは、就活の志望業界が決まらない人が就活軸を作るための自己分析のやり方について教えてください。

まずは、前提として、先ほども紹介した志望業界が決まらない2つの原因を載せておきますね。

「就活の教科書」編集部 カタ

志望業界が決まらない原因2つ
  • 原因①:やりたい事が無く、志望業界が決まらない
  • 原因②:興味のある業界が多く、選択肢を絞れない

ここでは、原因①を解決するために前半で重点的に「やりたい事を見つけるための軸」3つを紹介します。

合わせて、原因②を解決するために後半で重点的に「業界を絞るための軸」2つの計5つの就活の軸を紹介します。

「就活の教科書」編集部 カタ

志望業界が決まらない時に作るべき就活軸
  • 軸①:自分が活かせる能力・強み
  • 軸②:将来のキャリアビジョン
  • 軸③:つきたい職種・やりたい仕事内容
  • 軸④:労働条件や働く環境などの優先順位
  • 軸⑤:やりたくない事・嫌な事

志望業界が決まらない時に見直すべき就活の軸をそれぞれ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

軸①:自分が活かせる能力・強み

就活で志望業界が決まらない時に自己分析し直すべき軸の1つ目は、「自分が活かせる能力・強み」です。

自分の強みを活かせる仕事につくことは、その仕事を好きになるためには必要ですし、自分の強みを活かせる企業なら自然と合格率も上がるからです。

例えば、「数字分析が得意だから金融」「英語を活かしたいからグローバル企業」のような決め方があります。

皆さんもぜひ、一度、自分がもっている強みや活かせる能力を整理しておきましょう。

やりたいことの軸だけでなく、自分が活かせる強みや能力という視点からも業界を決めることは出来ます。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

軸②:将来のキャリアビジョン

就活で志望業界が決まらない時に自己分析し直すべき軸の2つ目は、「将来のキャリアビジョン」です。

将来なりたい理想像が決まっていれば、そのから逆算してファーストキャリアとして入るべき業界や企業が分かってくるはずです。

例えば、「~の分野のスペシャリストになりたい」「30歳までに海外で働きたい」「開発事業に携わりたい」などキャリアビジョンを設定しておきましょう。

就活で志望業界が決まらない就活生の方は、将来のキャリアビジョンから志望業界を決めるのもアリですよ。

「セカンドキャリア」「仕事内容」「勤務地」「役職」などのキャリアビジョンから考えてみましょう。

キャリアビジョンを作る時は、「何歳までに」という期限を作ると良いですよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

軸③:つきたい職種・やりたい仕事内容

就活で志望業界が決まらない時に自己分析し直すべき軸の3つ目は、「つきたい職種・やりたい仕事内容」です。

「業界」という広い枠でしか考えていないせいで、自分が実際にする仕事内容まで考えられていない就活生が多くいます。

業界ではなく、職種を調べる事で実際に働くイメージ仕事内容が分かるため、「職種」にも目を向けてみましょう。

例えば、業界ではなく、職種で分類すると「営業、マーケティング、財務、法務」など様々な職種があります。

就きたい職種から行きたい業界を決めるのも良いです。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

軸④:労働条件や働く環境などの優先順位

就活で志望業界が決まらない時に自己分析し直すべき軸の3つ目は、「労働条件や働く環境などの優先順位」です。

給料、労働時間、転勤、福利厚生などは各業界で大きく異なるため、それらの軸も志望業界を決める上では、重要な軸になるからです。

例えば、「給料よりも労働時間が少ない事を優先させたい」のように優先事項を挙げておくと、自分が行くべき業界も決まってきますよ。

仕事内容だけでは志望業界が決まらないという就活生の方は、労働条件や働く環境にも目を向けてみることが大切です。

「給料・労働時間・転勤・福利厚生」の4つの軸をまずは整理しましょう。

特に、「転勤の有無や範囲」などは企業によって差が出るところなので「転勤」の軸を決めると志望業界を決めやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

年収について業界ごとに知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

軸⑤:やりたくない事・嫌な事

就活で志望業界が決まらない時に自己分析し直すべき軸の5つ目は、「やりたくない事・嫌な事」です。

やりたくない事を決めておくだけでも、選択肢を減らすことができ、業界を絞りやすくなります。

例えば、「転勤は無しがいいからこの業界は選択肢から外そう」のように「これだけは絶対嫌」という基準を持っておくと良いです。

各業界の良い所ばかり目について、志望業界が決まらないという就活生の方は、「やりたくない事・嫌な事」の軸を作ると選択肢をうまく減らすことが出来ますよ。

選択肢を広げるだけでは、志望業界が決まらないので、選択肢を絞るために「やりたくない事・嫌な事」の軸を作っておきましょう。

また、ここで紹介した5つの軸以外の自己分析も深めておけば、企業選びの軸をより一層、強いものにできますよ。

自己分析のやり方についてもっと知りたい方は、ぜひ以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

就活の志望業界が決まらない時の「業界研究のための行動」5つ

就活生ちゃん

就活の志望業界を決めるために必要な業界研究のやり方と取るべき行動について教えてください。

ここでは、就活で志望業界が決まらない就活生が業界研究のためにとるべき行動を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 カタ

業界研究のために取るべき行動
  • 行動①:友人と意見交換して興味を広げる
  • 行動②:業界地図を使って業界を俯瞰する
  • 行動③:各業界の説明会やインターンに参加する
  • 行動④:OB訪問をして実際の業界について知る
  • 行動⑤:就活エージェントでプロにサポートしてもらう

それぞれの行動を解説していきますね

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動①:友人と意見交換して興味を広げる

志望業界が決まらない就活生がとるべき行動の1つ目は「友人と意見交換して興味を広げる」です。

就活で志望業界が決まらない就活生の方は、固定概念や自分の主観に支配されてしまっている場合が多いです。

友人にまずは自分の考えをぶつけて、アドバイスしてを受けたり、友人自身の業界選びについての意見を聞いてみたりすると、客観的に自分を見つめ直すことが出来ます。

就活で志望業界が決まらない方は、業界研究に客観的な意見を取り入れるために、友人と意見交換してみましょう。

「それって、つまり~だということなんじゃない?」のように自分の考えを友人に客観的に言語化してもらうことが大切です。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動②:業界地図を使って業界を俯瞰する

志望業界が決まらない就活生がとるべき行動の2つ目は「業界地図を使って業界を俯瞰する」です。

業界地図には、ほとんど全ての業界の主要な企業が掲載されています。

業界地図を活用すれば、各業界の大まかな仕事内容や今後の動向が分かり、業界選びの方向性を決められます。

就活で志望業界が決まらない方は、一度、全業界を広く見て、比較をするために、業界地図を使って業界研究をしてみましょう。

先に自分の中で業界選びの基準を決めて、業界地図で業界を比較すると志望業界を決めやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動③:各業界の説明会やインターンに参加する

志望業界が決まらない就活生がとるべき行動の3つ目は「各業界の説明会やインターンに参加する」です。

企業の方は、その企業や業界について学生に知ってもらう事を目的としてインターンシップを開催しています。

業界についての疑問点やはっきり知っておきたい事をインターンシップの際に質問してみるのも良いです。

ネットの情報だけに頼らず、ぜひインターンシップや説明会に参加して、業界研究を深めていきましょう。

まずは、気になる業界の中から各業界一社ずつくらいインターンシップに参加してみましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動④:OB訪問をして実際の業界について知る

志望業界が決まらない就活生がとるべき行動の4つ目は「OB訪問をして実際の業界について知る」です。

OBの方に実際に会ってみると、「実際にどんな感じで一日が過ぎていくのか」「あまり知られていない業界の実情」など生の情報を得ることができます。

OB訪問で生の情報を知ることで、それまで業界の事が分からず不安になっていた気持ちがスッキリします。

志望業界が決まらなくて悩んでいる人は、ぜひ、OB訪問をしてみてください。

OB訪問をしたい就活生の方には、Matcherビズリーチ・キャンパスのようなOB訪問アプリがオススメです。

以下に、Matcherとビズリーチ・キャンパスについての記事を紹介しておきます。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動⑤:就活エージェントでプロにサポートしてもらう

志望業界が決まらない就活生がとるべき行動の5つ目は「就活エージェントでプロにサポートしてもらう」です。

就活エージェントとは、専属のキャリアアドバイザーによる就活のサポートを無料で受けられるサービスのことです。

業界研究をする時は、どうしても自分の主観的な考え方に支配されてしまいがちです。

業界が決まらない時は、業界研究に客観的な視点を取り入れるために就活エージェントを利用してみましょう。

特にキャリアチケットでは、完全無料で就活のプロからサポートを受けられるのでオススメです。

以下に、キャリアチケットについての記事も載せておくので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

キャリアチケットを利用してみたいと思った就活生の方は、こちらから直接、キャリアチケットのページへ移ることが出来ますよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

就活の志望業界が決まらない場合は、まずは3つ選ぼう

就活生くん

結局、志望業界が決まらない場合は、いくつ志望業界を持ってくのが良いのですか?

どうしても、志望業界が決まらないという就活生の方は、あえて1つに決めないで、3つくらいまでは志望業界を持っておくのがちょうどいいです。

3つ志望業界を持っていれば、全落ちするリスクも低くできますし、視野を広く持って志望業界を決めれます。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

 

まとめ:志望業界が決まらない就活生は自己分析と業界研究のやり方を見直そう

この【なぜ?】志望業界が決まらない時の対処法 | 原因,就活軸の見直し方も!の記事はいかがだったでしょうか。

この記事では、就活で志望業界が決まらない原因自己分析で作り直すべき軸について解説しました。

合わせて、情報収集のための業界研究のやり方も紹介しました。

就活の志望業界が決まらない原因と対処法を押さえて、納得のいく業界選びをしましょう。

最後にこの記事のまとめを載せておきます。

この記事のまとめ

◆就活で志望業界が決まらない原因は「自己分析・業界研究」の質にある

◆就活で志望業界が決まらない時に自己分析で作るべき就活軸5つ

  • 軸①:自分が活かせる能力・強み
  • 軸②:将来のキャリアビジョン
  • 軸③:つきたい職種・やりたい仕事内容
  • 軸④:労働条件や働く環境などの優先順位
  • 軸⑤:やりたくない事・嫌な事

 

◆就活の志望業界が決まらない時の「業界研究のための行動」5つ

  • 行動①:友人と意見交換して興味を広げる
  • 行動②:業界地図を使って業界を俯瞰する
  • 行動③:各業界の説明会やインターンに参加する
  • 行動④:OB訪問をして実際の業界について知る
  • 行動⑤:就活エージェントでプロにサポートしてもらう

◆就活の志望業界が決まらない場合は、まずは3つ選ぼう

「就活の教科書」には、他にも就活の役に立つ記事がたくさんありますので、ぜひ、そちらも読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ