>> あなたにあった就活エージェントを診断! <<

【あいつ持ち駒ゼロだって】就活で全滅する原因4選、全落ちしたらどうする?

就活全滅のアイキャッチ画像

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。

近年、「内定を複数もらった学生」と「内定を一つももらえない学生」の二極化が激しくなってきています。
就活生の中には、序盤で全落ちして持ち駒がゼロになってしまう学生が増えてきているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

はい、受けた選考で全落ちしてしまいました。
精一杯取り組んだのに、全滅した理由がわかりません。

就活生くん

企業の持ち駒がゼロになった自分は、これからどうしたらいいんですか?

 

そこでこの記事では、「就活で全落ちする原因4つ」を解説し、「全滅した後どうしたらよいのか」をまとめました。

この記事を読めば、就活で全落ちした理由がわかり、次こそは内定を獲得できるようになります。

エントリーした企業で全落ちした方や、持ち駒が少なくなってきた就活生はぜひ読んでみてください。

就活で全落ちする原因4つ

まずは、なぜ自分が全落ちしたのか考えましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

就活で全落ちしてしまう人には、必ず全滅する原因があります。

そして、全落ちの原因に本人は気付いていないケースがほとんどです。

就活で全落ちしてしまう原因は4つにまとめられます。

  • 自分のやりたいこと・将来像が明確になっていない
  • 自分の性格を理解していない
  • 「大手病」にかかっている
  • 自分の考えを言語化できていない
それぞれわかりやすく説明していきますね。

持ち駒ゼロになりたくない方は必見です。

「就活の教科書」編集部 松村

 

原因①:自分のやりたいこと・将来像が明確になっていない

就活で全落ちする原因1つ目は、「自分のやりたいこと・将来像が明確になっていない」です。

やりたいことや将来像が明確になっていない人は、選考を進むのに苦労します。

やりたいことや将来像は就活の軸に繋がってくるので、企業選びの時点で自分に合った選択をできていない可能性があるからです。

将来像や就活の軸を明確にするには、自己分析をしなければなりません。

 

自己分析をしないで作った就活の軸は、エントリーシート(ES)や面接で使い物になりません。

ESや1次面接は通ったけど、「この会社に自分のファーストキャリアを預けてもいいのか」と自問した時、YESと即答できなかったらその先の選考では落ちてしまします。

企業のブランドで選んだだけだと、人生をかけた選択でためらいが生じます。

運よく受かったとしても、入社後にマッチングミスが起こってしまうかもしれません。

マッチングミスで会社を辞めてしまったら、持ち駒ゼロの状態と同じです。

再び就活はしたくないですよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

就活に全落ちする人というのは、とりあえず業界で有名な企業や人に勧められた企業を受ける傾向にあります。

「とりあえず」という気持ちで企業を選ぶ人は、志望動機を自分が選んだ企業ごとに寄せてしまいます。

面接では丸暗記したものを発表するだけの薄っぺらい言葉になり、自信をもって話すことができなくなります。

軸を持たない人は、受ける会社ごとに志望理由がバラバラで言葉に重みがありません。

企業の人事は多くの学生を見てきているので、重みのない言葉はすぐに見抜かれてしまいます。

そのため、やりたいこと・将来像が明確になっていない人は、どの企業の選考でも落とされ、全落ちしてしまうでしょう。

就活始めたての僕が、まさに「軸ぶれぶれ」の状態でした。
面接でも全くうまくいかず、自己分析の大切さを身をもって知りました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「就活の軸を作り直したい」という就活生には、こちらの記事が役立ちます。

 

原因②:自分の性格を理解していない

就活で全落ちする原因2つ目は、「自分の性格を理解していない」です。

自分の志向性やモチベーションの傾向をわかったうえで企業を選ばなければ、自分に合った企業には巡り合えません。

例えば、あらかじめ絞っておいた方が効率よく目的の物を探すことができます。

就活でも同様に、企業を探すためにはまずどういう企業が自分に合っているか条件を洗い出しておかなければなりません。

 

就活で全落ちする人の多くは、自分の性格を深く理解する前にエントリーする企業を探します。

そのため、自分の性格に合っていない企業ばかり受けて全滅するのです。

自分の性格を理解しないまま就活を始めてしまうことの効率の悪さをお分かりいただけたでしょうか。
自己分析をしていない人は、就活のスタートラインにも立てていないんです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「自己分析を基本からやり直したい」という就活生は、こちらの記事を参考にしてください。

 

原因③:「大手病」にかかっている

就活で全落ちする原因3つ目は、「大手病にかかっている」です。

「大手病」とは、企業探しの時に大手企業ばかり見てしまうことです。

大手病の人は、ベンチャーや中小企業を全く検討しようとしない、もしくは、ベンチャーや中小企業は滑り止めとしか思っていません。

大手企業でなければならない確固たる理由がない限り、大手企業に絞るのは意味がないと思います。

持ち駒がゼロになった時に後悔しそうなら、中小企業も併願しておいたほうが良いです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

承認欲求の強い人が、大手病に陥りやすい傾向にあります。

有名な企業に内定したほうがカッコイイと思うのは仕方ありません。

しかし、周りの目を気にしながら自分の人生を決めることに意味はありません。

就活で全落ちしないために、自分が大手病になっていないか、もう一度考え直す必要がありそうです。

 

また当然ですが、有名な企業ほど倍率が高くなります。

高い倍率を勝ち上がっていくのは、とても苦労します。

さらに、有名な企業だからといって自分に合っているとは限りません。

自分の性格に合ってもいない高倍率の企業を受けることが、非効率であることはわかりますよね。

意味なく大手企業に絞って視野を狭めることは、全落ちの可能性を高めてしまう非常に危ない行為だと思います。

大企業にも向き不向きがあります。大企業に向いていない人の特徴はこちらの記事にまとめています。

「就活の教科書」編集部 松村

【就活して分かった】大企業に向いていない人の特徴7選 | 大企業の特徴・文化も

これを機に、ベンチャー企業や中小企業を検討してみてもいいかもしれません。

「ベンチャー企業ってぶっちゃけどうなの?」という就活生には、こちらの記事が参考になります。

【内定者が教える】ベンチャー企業ってどうなの?メリット,デメリット,選び方など

原因④:自分の考えを言語化できていない

就活で全落ちする原因4つ目は、「自分の考えを言語化できていない」です。

自分の考えを言語化できていないと、面接官に自分という人間を正しく理解してもらえません。

何が言いたいのか理解してもらえないと、評価のしようがないですよね。

言語化ができていない人は、意味が漠然としている言葉を使うので、言いたいことがいわゆる「誰でも言えること」になります。

言語化が上手い人は、自分の頭の中にあるものをそのまま相手に伝えられます。

「就活の教科書」編集部 松村

自分の考え方を言語化することは、仕事でもプライベートでも大切です。

話し手と聞き手の間で勘違いが生じないように言葉を選びながら話すのは難しいです。

言語化が下手な原因は、語彙力が乏しかったり、自分目線でしか話をしていなかったりなど様々です。

すぐに解消できる問題ではないのでコツコツ訓練する必要があります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

就活で全落ちした人がやるべきこと

就活で全落ちする理由を理解した次は、就活で全滅した人がやるべきことを解説していきます。

  1. 一旦落ち着く
  2. 全落ちした原因を分析する
  3. 行動に移す

6月に内定を持っていなくてもまだ大丈夫です。
就活で全落ちした後、何をしたらよいか説明します。

「就活の教科書」編集部 松村

 

①:一旦落ち着く

就活で全落ちした人がやるべきことの1つ目は、「一旦落ち着く」ことです。

就活で全滅したからといって人生が終わったわけではありません。

全ての企業から人格を否定されたわけでもありません。

一度落ち着きましょう。

手持ちがゼロになり焦って次々にエントリーする人もいると思いますが、それではまた全落ちを繰り返すだけです。

急がば回れです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

②:全落ちした原因を分析する

就活で全落ちした人がやるべきことの2つ目は、「全滅した原因を分析する」ことです。

全落ちした原因は人によって異なります。

自己分析が足りなかったのか、言語化ができていなかったのか、はたまた、受けた企業が自分に合っていなかったのか。

原因は一つではなく、いくつかあるはずです。

一つずつ対策を立てていきましょう。

 

全落ちした原因を分析する際、落ちた原因を環境や時代のせいにしないでください。

持ち駒ゼロという現実から逃げてはいけません。

自分の意思で変えられるのは自分だけです。お忘れなく。

就活をすべてストップして自己分析からやり直すのを僕はおすすめします。
すべてのはじまりは自己分析だからです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

③:行動に移す

就活で全落ちした人がやるべきことの3つ目は、「行動に移す」ことです。

就活に全滅したあと、原因を分析したところで、何も行動を起こさなければ現状が良くなることはありません。

確実に何か行動を起こしましょう。

時間は何も解決してくれません。

原因への対策を優先順位をつけて一つずつ遂行してください。

 

僕の経験上、自己分析は優先度を高く設定したほうが良いです。

人生でしっかり自己分析する機会はほとんどありません。

これを機に徹底的に自分を見つめなおしましょう。

やり方は様々ですが、大切なのは「自分を深掘りする姿勢」です。

「就活の教科書」編集部 松村

 

自己分析のやり方は、こちらの記事にまとめています。

 

就活で全落ちした後に役立つサービス

最後に、就活で全落ちした後に役立つサービスを紹介します。

自分の周りにある就活サービスや相談できる人は遠慮なく頼ってください。

ここでは2つ例をあげます。

  1. 就職エージェントに相談する
  2. 就活イベントに参加する

 

①:就職エージェントに相談する

就活で全落ちした後に役立つサービス1つ目は、就職エージェント(キャリアアドバイザー)です。

就職エージェントは就活のプロで、数えきれないほどの就活生をサポートしてきています。

持ち駒がゼロになった就活生もたくさん見てきているはずです。

そのため、自分では気づかなかった自分の性格など敏感に察知してくれます。

自己分析や企業分析を手伝ってもらうと就活がはかどります。

 

ただ就職エージェントも人によって意見が違うことがあるので、相談相手が一人では不十分です。

新卒の就活を支援しているサービスはたくさんあるので、数人の就職エージェントについてもらうと多角的な意見が聞けます。

 

就職エージェントについては、おすすめの会社をこちらの記事にまとめています。

 

②:就活イベントに参加する

就活で全落ちした後に役立つサービス2つ目は、就活イベントです。

企業と就活生のマッチングする就活イベントは、内定をもらうための近道です。

就活イベントでマッチングすると、1次面接免除など選考をスキップできる特別選考を受けられることもあります。

駆け足で就活を終わらせたいと思っている人にオススメですよ。

 

就活イベントとしては、株式会社DYMが運営するミーツカンパニーをおすすめしています。

ミーツカンパニーの評判は?21卒の僕が実際に参加した感想 ,口コミも紹介

まとめ:就活で全落ちしたら誰かに相談しよう

いかがだったでしょうか。

この記事では、「就活で全落ちする原因4つ」を解説し、「全滅した後どうしたらよいのか」をまとめました。

就活で全落ちして持ち駒がゼロになるのはかなり苦しいはずです。

一人で悩んでしまうという人は、知人に相談してみてもいいかもしれません。

アドバイスをもらえなかったとしても、ストレスは軽減されるはずです。

就活の教科書では、就職活動に関する有益な記事がまとめてあります。
参考になると思うのでぜひ読んでください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

就職活動に役立つ情報は以下の記事に網羅的にまとめています。合わせて参考にしてください。