>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定直結】「インターンシップ参加」本選考で優遇される企業一覧 | 種類,理由も

この記事でわかること
  • 内定直結の優遇ルートがもらえるインターンを実施する企業一覧
  • 本選考が有利になる優遇ルート3つの種類
  • インターンシップに参加すると本選考に優遇される理由3つ
就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部のカンです。

今回は、内定直結の優遇ルートがもらえるインターンを実施する企業についてご紹介します。

就活生のみなさんは、本選考が有利になる優遇ルートが存在することを知っていますか?

「就活の教科書」編集部 カン

就活生ちゃん

インターンシップに参加しましたが、本選考で優遇されるというようなことはなかった気がします。

就活生くん

優遇ルートがあることは知っていますが、具体的にどんな企業が本選考で優遇されるインターンを行っているのかわからないです。
インターンシップの中には、本選考でESが免除されるなどの「優遇ルート」が与えられるインターンを行う企業もあります。

「就活の教科書」編集部 カン

そこでこの記事では、内定直結の優遇ルートがもらえるインターンを実施する企業についてご紹介します。

合わせて、優遇ルートの種類3つインターンシップに参加すると本選考に優遇される理由についても解説していきます。

この記事を読めば、「内定直結の優遇ルートがもらえるインターンはどこの会社が行っているのか」を理解することができます。

就活を有利に進めたい方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

「インターンは本選考に関係ない」はウソ

就活生ちゃん

そもそもインターンシップの募集要項には「このインターンは本選考には関係ありません」と書いているけど、本当に関係ないの?
結論から言うと、本選考に関係するインターンシップとそうでないインターンシップがあります。

「就活の教科書」編集部 カン

現在、広報解禁前にインターンシップを実施することが可能であるため、インターンシップの開始から6月の選考開始までにはかなりの期間があります。

そのため、優秀な学生が他の会社に流れたりすることを防ぐためにも、企業はインターンを採用活動と直結させることがあります。

具体的には、インターンで優秀な学生をピックアップしていき、優秀な人材に対して本選考が有利になるような優遇ルートを与えることがります。

  「人事はインターンで優秀な学生を探している」という意識を持って、インターンに参加しましょう。

「就活の教科書」編集部 カン

 

本選考優遇ルートがあるインターンを行う企業一覧

就活生ちゃん

インターンが本選考に直結することがある」ということは分かりました。

実際にどんな企業がインターンで本選考に有利な優遇ルートを与えることがあるのかを知りたいです。

分かりました。

インターンで本選考に有利な優遇ルートを与える企業としては以下の一覧のとおりです。

「就活の教科書」編集部 カン

インターンで本選考に有利な優遇ルートを与える企業一覧

商社

  • 伊藤忠商事
  • 丸紅
  • 双日
  • 豊田通商

金融

  • 野村証券
  • JPモルガン
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • みずほ証券
  • SMBC日興証券

損保・生保

  • 明治安田生命
  • 東京海上日動火災保険
  • SOMPOひまわり生命保険

コンサル

  • アクセンチュア
  • PwCコンサルティング合同会社
  • 日本IBM
  • デロイトトーマツコンサルティング
  • 日本総研
  • 大和総研
  • 野村総研
  • ベイン

IT

  • ソフトバンク
  • SCSK
  • 楽天
  • NTT西日本
  • NTTドコモ
  • CTC
  • オービック
  • 富士通
  • 東京海上日動システムズ
  • 大塚商会
  • ISID

食品

  • 日本製粉
  • アサヒ飲料
  • 伊藤園
  • キリンホールディングス
  • 森永乳業
  • サッポロビール

メーカー

  • 日東電工
  • 資生堂
  • トヨタ自動車
  • 三菱電機
  • 日立製作所
  • アイリスオーヤマ
  • Panasonic
  • 京セラ
  • 川崎重工業
  • AGC
  • YKKグループ
  • アズビル
  • ミネベアミツミ
  • アルプスアルパイン
  • 豊田自動織機
  • ブラザー工業

製薬・医療

  • アステラス製薬
  • 大正製薬
  • 第一三共
  • 参天製薬
  • 武田薬品
  • ファイザー
  • MSD
  • アストラゼネカ
  • テルモ
  • パレクセル・インターナショナル

不動産

  • 三菱地所
  • 三井不動産
  • 東急不動産
  • 野村不動産
  • 森ビル
  • 東京建物

メディア・PR・広告

  • 電通
  • 博報堂
  • NHK
  • 株式会社ベクトル
  • 読売広告社
  • JR東日本企画

消費財

  • ユニ・チャーム
  • ユニリーバ
  • P&G

インフラ

  • 中部電力
  • 関西電力
  • 大阪ガス

旅行

  • JCB
  • HIS
  • クラブツーリズム

交通

  • JR西日本
  • JR東日本
  • 阪神電鉄
  • 阪急電鉄
  • 名鉄

教育

  • ベネッセグループ

接客

  • オリエンタルランド
  • 京王プラザホテル
  • アイ・ケイ・ケイ

 

本選考が有利になる優遇ルートの種類3つ

就活生くん

たくさんの一流企業がインターンで本選考に有利な優遇ルートを用意しているんですね!

優遇ルートって具体的にどういうものがあるんですか?

それでは、インターンシップで与えられる優遇ルートの種類について解説します。

本選考が有利になる優遇ルートは大きく分けて以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 カン

本選考が有利になる優遇ルートの種類3つ
  • 種類①:座談会や食事会に招待される
  • 種類②:選考の一部が免除される
  • 種類③:早期選考に案内される

 

種類①:座談会や食事会に招待される

本選考が有利になる優遇ルートの種類1つ目は、座談会や食事会に招待されることです。

座談会や食事会に招待されることは決して珍しくありません。

インターンに参加した学生全員を、社員との座談会や食事会に招待する企業もあります。

お互いのことをよりよく知るため座談会や食事会は開催されます

せっかく招待されたからには学生同士で固まりすぎず、積極的に社員とコミュニケーションをとりましょう

「就活の教科書」編集部 カン

 

種類②:選考の一部が免除される

本選考が有利になる優遇ルートの種類2つ目は、選考の一部が免除されることです。

選考の一部が免除されるような優遇は、インターンに参加した学生全員に与えられることが多いです。

免除される内容としては、説明会ESWEBテスト面接など多岐にわたります。

就活のピーク時には数十社のESを書いたり、面接対策をしたりなど、アルバイトもできないほど忙しくなります。

そのため説明会やES、WEBテストや面接など、選考の一部が免除されることは就活生にとって非常にありがたいものです。

始めに多くの学生が挑む書類選考を無条件にパスできるため、優遇ルートは非常に強力といえるでしょう。

「就活の教科書」編集部 カン

 

種類③:早期選考に案内される

本選考が有利になる優遇ルートの種類3つ目は、早期選考に案内されることです。

参加したインターンで活躍することで、人事の方から本選考が始まる前に「面談」などの名目で面接に案内されることがあります。

これがいわゆる早期選考です。

早期選考で高評価を受けると、本選考が始まって一回目の面接で内定をもらえることもあります。

企業は本選考が始まる前に優秀な学生を囲っています。

本選考が始まる前の接点はインターンがきっかけになることが多いので、優遇ルートが与えられるインターンには参加しておいて損はないでしょう。

「就活の教科書」編集部 カン

 

インターンシップに参加すると本選考に優遇される理由3つ

就活生ちゃん

いろいろな種類の優遇ルートがあるんですね。

そもそもどうしてインターンシップに参加すると本選考に有利な優遇ルートをもらえるんですか

インターンシップに参加すると本選考に優遇される理由としては大きく以下の3つあります。 

「就活の教科書」編集部 カン

インターンシップに参加すると本選考に優遇される理由3つ

理由①:優秀な学生と判断されるから

理由②:人事の方に覚えてもらいやすいから

理由③:ミスマッチを防ぐことができるから

 

理由①:優秀な学生と判断されるから

インターンシップに参加すると本選考に優遇される理由1つ目は、優秀な学生と判断されるからです。

就活生の傾向として、「優秀な学生ほど早くから就活を始めている」という傾向があります。

なぜなら、早期から将来のことを考え就職活動を行う学生は意識や能力が高いからです。

企業はより効率的に新卒採用活動を行うため、インターンシップに参加した学生の採用活動力を入れています

「早めに行動すること」は就活に限らず大事ですよね。

早めに就活を進める上での唯一の注意点は、就活マナーがわからずに評価を下げてしまうことです。

そこで下記の記事では、就活マナーについて詳しく解説しているので、合わせて読むことをおすすめします。 

「就活の教科書」編集部 カン

 

理由②:人事の方に覚えてもらいやすいから

インターンシップに参加すると本選考に優遇される理由2つ目は、人事の方に覚えてもらいやすいからです。

本選考の面接では、人事の方は人気企業であるほど多くの学生と面接することになります。

大量の学生の中から「通過させる学生の一人」として選んでもらうためには、面接官の印象や記憶に残る必要があります。

そのため人事の方に覚えてもらっていると、本選考の面接で「インターンに来てくれたよね?」と面接が始まる前から他の学生より一歩リードすることができます。

印象を残すことは選考を進めるために大事になってきます。

志望する企業の方と接点を持つことを意識しましょう。

人事と接点を持つとリクルーター面談へ紹介されることがあります。

下記の記事を読んでしっかりと対策しておくことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 カン

 

理由③:ミスマッチを防ぐことができるから

インターンシップに参加すると本選考に優遇される理由3つ目は、ミスマッチを防ぐことができるからです。

企業は新卒採用において、入社後のミスマッチで早期退職し、採用活動に費やした費用や時間などが無駄になってしまうことを非常に恐れています。

ミスマッチを防ぐためには「会社のことを十分に理解してもらうこと」が求められます。

インターンシップに参加をしている学生については、少なくとも企業の事業理解が進んでいると判断をされ、その上で本選考に進む学生は理解度、志望度が高いと想定されます。

インターンシップに参加している学生はミスマッチが起こりにくいと考えられるため、企業は積極的にインターンシップに参加した学生を採用しています。

インターンシップに参加して優遇されるようになっても、しっかりと企業研究をして気を抜かないことが大切です。

下記の記事では、企業研究のやり方を詳しく解説しているので、ぜひ合わせて読むことをオススメします。

 

 

まとめ:優遇ルートがあるインターンには積極的に参加しよう

この記事では「内定直結の優遇ルートがもらえるインターンを実施する企業」について解説しましたがいかがでしたか。

内定を獲得するために有利となる「優遇ルート」を獲得するために、積極的にインターンに参加しましょう。

今回の内容を簡単にまとめておきますね。

インターンで優遇ルートがある企業

◆「インターンは本選考に関係ない」はウソ

◆本選考が有利になる優遇ルートの種類3つ

  • 種類①:座談会や食事会に招待される
  • 種類②:選考の一部が免除される
  • 種類③:早期選考に案内される

◆インターンシップに参加すると本選考に優遇される理由3つ

  • 理由①:優秀な学生と判断されるから
  • 理由②:人事の方に覚えてもらいやすいから
  • 理由③:ミスマッチを防ぐことができるから

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの就職活動に少しでもお力になれれば嬉しく思います。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カン