【7選】感受性が強い人に向いている仕事一覧 | アピールすべき強み,長所も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

就活生の皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の原田です。

この記事では、感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職について紹介します。

就活生の皆さんは、映画や小説を見てつい涙が出てしまったり、笑いが止まらなくなってしまったりした経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 原田

就活生くん

僕は、すぐに笑いが止まらなくなります。

周りからは、笑いのツボが浅いと良く言われます。

就活生ちゃん

私は、映画や小説でつい涙が出ます。

友人からは、感受性が強いねと言われますが、感受性が強い人に向いて仕事はあるのでしょうか?

皆さん感受性が強い人のようですね。

感受性が強い人に適した仕事は実はあります!

ぶっちゃけ結論を伝えると「自分の性格を活かせる仕事を教えて欲しい!」という方はLINE適職診断を使うのがおすすめです。

12問の質問で簡単にあなたの強みを活かせる仕事が分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 原田

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

そこでこの記事では、感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職について紹介します。

合わせて、感受性が強い人に向いていない仕事の特徴/適職や、感受性が強い人の強み/メリット、弱み/デメリットも解説しています。

この記事を読めば、感受性が強い人はどのような強み/弱みがあり、どんな向いている仕事があるのか分かります。

「感受性が強い人な」と思う、もしくは周りからそう言われる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

・感受性が強い就活生で、どんな仕事が向いているか分からない就活生

・涙もろかったり、感情移入しやすかったりする就活生

上記の就活生は、ぜひこの記事を読んで、就職活動に役立ててください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【理解しよう】そもそも感受性が強い人とは?

就活生くん

感受性が強いとはよく言いますが、実際にどのような人のことを指すのでしょうか?

それでは、感受性が強い人についてどんな人なのか解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

感受性本来の意味は、外界の刺激や印象を感じ取ることができる働きである

そもそも、感受性の本来の意味は、外界の刺激や印象を感じ取ることができる働きのことを指します。

そのため、感受性が強い人は、そういった働きが強い人のことを指します。

また、感受性が豊かということもあります。

人の印象などを素早く感じ取れる人は、一つの強みかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

特徴は「感情が出やすい」「繊細」である

感受性が強い人の特徴としては、「感情が出やすい」「繊細」などがあります。

そのため、涙もろかったり、些細な言葉で傷つきやすかったりします。

しかし、それだけ相手の気持ちを考えたり、感じ取ることが出来る人だとも言えるでしょう。

僕も、感動ものの映画やドラマを見るときは、ハンカチ必須です(笑)

「就活の教科書」編集部 原田

 

感受性が強い人あるある

感受性が強い人のあるあるを以下にまとめました。

MBTI診断でゴッホタイプになった方は、繊細で感受性が鋭いようですね。

MBTI診断についての記事は、以下で是非チェックしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

感受性が高すぎて生きるの辛くなってきたんだが

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/16(水) 11:39:51.782 ID:FJV0v6mta.net
人を悲しませる事とか全く出来なくて、いつも自分を犠牲にしてまでその人が恥かいたりするのを阻止しようとしてしまう
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/16(水) 11:43:32.040 ID:KXOQeG/+0.net

自分と相手を分離できてないから
相手が悲しむ=自分も悲しむになってる

感受性が強い人で様々な意見がありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職一覧7選

就活生ちゃん

感受性が強い人がたくさんいて安心しました。

ところで、感受性が強い人に向いている仕事はあるのでしょうか?

感受性が強い人に向いている仕事はあります。

以下で、感受性が強い人に向いてる仕事の特徴/適職について紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職
  • 仕事①:新しいものを作る仕事
  • 仕事②:人助けができる仕事
  • 仕事③:想像力がいる仕事
  • 仕事④:人を観察する仕事
  • 仕事⑤:没頭できる仕事
  • 仕事⑥:動物関係の仕事
  • 仕事⑦:自由な仕事
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

仕事①:新しいものを作る仕事

感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職1つ目は、「新しいものを作る仕事」です。

感受性が高い人は、普通の人が気付かないことに敏感であったり、些細なことにも気付いたりすることが出来ます。

そのため、そこからアイデアやヒントを得ることができ、新しいものを作ることが出来ます。

新しいものを作る仕事の一覧
  • 芸術家
  • 小説家・漫画家
  • 作詞・作曲家
  • 映画監督
  • プロデューサー
  • 脚本家
  • 商品企画職 etc

様々な視点で物事を見ることが出来る人は、新しいアイデアを生むことが出来ますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事②:人助けができる仕事

感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職2つ目は、「人助けができる仕事」です。

感受性が強い人は、相手の気持ちに共感する能力が長けており、そこに対して適切な解決策を提案することが出来ます。

そのため、感受性が強い人は直接人助けをする仕事に、向いているといえるでしょう。

人助けができる仕事一覧
  • 心理カウンセラー
  • キャリアアドバイザー
  • キャリアコーチング
  • 手話通訳士
  • 点字通訳者
  • 生活指導員 etc

直接人助けができる仕事は、専門職が多いですね。

ちなみに「自分の長所を活かせる仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 原田

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:想像力がいる仕事

感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職3つ目は、「想像力がいる仕事」です。

感受性が強い人は、人の気持ちを察することが出来たり、様々なことを考えたりすることができます。

そのため、感受性が強い人は想像力が必要な仕事に向いているといえるでしょう。

想像力がいる仕事一覧
  • デザイナー
  • クリエイター
  • 役者
  • ダンサー
  • 歌手
  • 脚本家
  • 美容師
  • YouTuber etc

上記の仕事は、アイデア力が活かせますね。

また、「自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事④:人を観察する仕事

感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職4つ目は、「人を観察する仕事」です。

感受性が強い人は、人の細かな変化に気付くことが出来ます。

そのため、人に長期的に関わりながら、観察する仕事は向いているといえるでしょう。

人を観察する仕事一覧
  • 心理カウンセラー
  • 教師
  • 医師
  • 看護師
  • 占い師
  • 臨床心理士 etc

人の細かな心情や変化に気付けることは、なかなかできることではないので、自信をもって強みといってよいでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑤:没頭できる仕事

感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職5つ目は、「没頭できる仕事」です。

感受性が強い人は、一人で黙々とやる作業を得意としています。

そのため、研究職など没頭できる仕事は向いているといえるでしょう。

没頭できる仕事一覧
  • 研究職
  • 職人
  • プログラマー
  • ITエンジニア
  • 製造業
  • ライター etc

どの仕事においても、没頭できれば仕事の生産性が上がりますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑥:動物関係の仕事

感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職6つ目は、「動物関係の仕事」です。

感受性が強い人は、些細な変化に敏感であるため、人間だけでなく動物の変化を感じ取ることが出来ます。

そのため、感受性が強い人は動物に関わる仕事も向いているで言えるでしょう。

動物関係の仕事一覧
  • 獣医師
  • 装物看護師
  • 動物飼育員
  • トリマー
  • ドッグトレーナー
  • ペットショップスタッフ
  • ペットホテル従業員
  • ペットシッター
  • 調教師
  • 自然保護官 etc

動物は言葉が通じないため、些細な変化に気付くことが出来る感受性が強い人は、現場で重宝されるでしょう。

ちなみに「自分の長所を活かせる仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 原田

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑦:自由な仕事

感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職7つ目は、「自由な仕事」です。

感受性が強い人は、その性格が故にストレスを抱えやすい人もいます。

そのため、ストレスがかかりにくい自由な仕事も向いているといえるでしょう。

自由な仕事一覧
  • ライター
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • 農家
  • Webデザイナー
  • タクシードライバー
  • カメラマン
  • デリバリースタッフ etc

自由に働ける仕事は、ストレスが少なくと良いですね。

自由に働ける仕事に関して、以下の記事でまとめたので、是非チェックしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

感受性が強い人に向いていない仕事の特徴一覧5選

就活生くん

感受性が強い人に向いている仕事については分かりましたが、逆に感受性が強い人に向いていない仕事はあるのでしょうか?

あります!

では、次に感受性が強い人に向いていない仕事の特徴について紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

感受性が強い人に向いていない仕事の特徴
  • 仕事①:接客をする仕事
  • 仕事②:福祉関係の仕事
  • 仕事③:幼児と関わる仕事
  • 仕事④:大人数と関わる仕事
  • 仕事⑤:スピードが求められる仕事
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:接客をする仕事

感受性が強い人に向いていない仕事の特徴1つ目は、「接客をする仕事」です。

感受性が強い人は、人との関わりが上手いことが強みではありますが、セールス業などお客様に積極的に売り込むことはストレスがかかり向いていないと思われます。

接客業の中でも、淡々とこなす仕事やブライダルやホテル業などのサービス業に分類される仕事は問題ないといえるでしょう。

接客をする仕事一覧
  • 営業
  • コールセンター
  • 飲食店 etc

クレーム対応などがある仕事は、感受性が強い人には向いてなさそうですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事②:福祉関係の仕事

感受性が強い人に向いていない仕事の特徴2つ目は、「福祉関係の仕事」です。

感受性が強い人は、相手の感情を理解する能力が長けているため、患者さんの辛い話などを聞き入ってしまうと、自分まで辛い気持ちになってしまう可能性があります。

もちろん、そういった人に寄り添って仕事を行いたいという志を持っている人は、是非挑戦してください。

福祉関係の仕事一覧
  • 介護士
  • ケアマネージャー
  • 精神保健福祉士 etc

毎回、辛い話を聞くわけではないので、向いている人もいるでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事③:幼児と関わる仕事

感受性が強い人に向いていない仕事の特徴3つ目は、「幼児と関わる仕事」です。

感受性が強い人は、幼児の多感な言動を全て聞き入れ、ストレスがかかりやすい場合があるため、向いていない可能性があります。

幼児同士の喧嘩や口論、両親からの意見などもあり、対処すべきことがたくさんあり、ストレスがかかりやすい環境とも言えるでしょう。

ただし、ベビーシッターのような少人数と向き合う仕事や、家庭教師といった仕事は向いているかもしれません。

幼児と関わる仕事一覧
  • 保育士
  • ベビーシッター
  • 保育施設スタッフ
  • 幼稚園教諭
  • 習い事の講師
  • 家庭教師
  • 小学校教諭 etc

特定の仕事というより、環境の方が大事なのかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事④:大人数と関わる仕事

感受性が強い人に向いていない仕事の特徴4つ目は、「大人数と関わる仕事」です。

感受性が強い人は、人の癖や言動、たばこの匂いなどにも敏感です。

そのため、大人数と関わる仕事は、多くのストレスを受ける可能性があり、向いていないといえるでしょう。

ただし、人と関わらずに仕事をするということは難しいので、働きやすい環境を見つけると良いでしょう。

大人数と関わる仕事一覧
  • チームでプロジェクトを遂行する仕事
  • コンサルティング
  • 従業員数が多い会社での仕事 etc

リモートワークが出来る会社は、感受性が強い人には向いているかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

仕事⑤:スピードが求められる仕事

感受性が強い人に向いていない仕事の特徴5つ目は、「スピードが求められる仕事」です。

感受性が強い人は、繊細であったり、自分のペースが大事であったりする傾向があります。

そのため、スピードが求められる仕事はそれがストレスに感じられ、向いていないかもしれません。

スピードが求められる仕事一覧
  • 納期がある仕事
  • クレーム対応
  • 接客業 etc

自分のペースで働けると、ストレスも少ないですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【全て無料】感受性が強い人に役立つ適職/職業診断おすすめ3選

就活生ちゃん

感受性が強い人に役立つ、就活用の診断ツールはありませんか?

ありますよ!

感受性が強い人に役立つ適職/職業診断ツールを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 原田

感受性が強い人に役立つ適職/職業診断
  • 適職診断①:ミイダス
  • 適職診断②:LINE適職診断
  • 適職診断③:適職診断AnalyzeU₊(新卒大学生向け)

 

適職診断①:ミイダス

感受性が強い人に役立つ適職/職業診断1つ目は、「ミイダス」です。

ミイダスは、自分の市場価値を分析することで企業から直接オファーがくるサービスを提供しています。

ミイダス市場価値診断・コンピテンシー診断・パーソナリテ診断の3つの診断をするこができ、自分に合った適職を診断することができます。

ミイダスについては、以下の記事で詳しく解説しているので是非見てみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

適職診断②:LINE適職診断

感受性が強い人に役立つ適職/職業診断2つ目は、「LINE適職診断」です。

LINE適職診断では、8つの質問に答えるだけで、16タイプから適職を診断してくれます。

LINEを追加して登録後すぐに無料で診断できるためおすすめです。

>>LINEを今すぐ登録する

僕も試してみましたが、すぐに診断できて簡単にできました。

「就活の教科書」編集部 原田

 

適職診断③:適職診断AnalyzeU₊(新卒大学生向け)

感受性が強い人に役立つ適職/職業診断3つ目は、「適職診断AnalyzeU₊(新卒大学生向け)」です。

適職診断AnalyzeU₊は、OfferBoxが提供するサービスで自身の強みを把握することが出来ます。

強みを生かした自己PRを作成することで、企業からのオファーももらうことが出来ます。

上記以外にも、無料でできる適職/職業診断ツールを以下の記事でまとめたので、是非チェックしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

感受性が強い人の強み/メリット3選

就活生くん

感受性が強い人に役立つ適職/職業診断を使ってみましたが、面白い結果が出ました。

ところで、感受性が強い人の強みやメリットはありますか?

もちろん性格の一部なので、強みやメリットは存在します。

以下で解説しますね。

「就活の教科書」編集部 原田

感受性が強い人の強み/メリット
  • 強み①:人の気持ちが理解できる
  • 強み②:人との関わり方が上手い
  • 強み③:素直である

 

強み①:人の気持ちが理解できる

感受性が強い人の強み/メリット1つ目は、「人の気持ちが理解できる」です。

感受性が強い人は、相手の話に同情しやすく、気持ちを理解することが出来ます。

相手の気持ちを理解することで、接客業や営業での立ち振る舞いや、カウンセラーに活かすことが出来るでしょう。

働く中で、人との関わりは大事になるので、どこで働いても強みが発揮できますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

強み②:人との関わり方が上手い

感受性が強い人の強み/メリット2つ目は、「人との関わり方が上手い」です。

感受性が強い人は、相手の気持ちが理解できるため、適切な行動ができ、人との関わり方が上手です。

人との関わり方が上手いと、取引先との円満な関係構築や、社内での関係構築など様々なところで活きてきます。

出世するためには、社内での評判も大事になるので、強みを十分に発揮して上り詰めてください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

強み③:素直である

感受性が強い人の強み/メリット3つ目は、「素直である」です。

感受性が強い人は、相手のアドバイスなどを素直に受け取る傾向があります。

相手の気持ちをことをきちんと理解することができるため、アドバイスも実行することが出来ます。

その行動は、周りから素直であると評価されるでしょう。

何事においても、素直さをとても評価されることです。

面接では、過去のエピソードを交えてアピールすると良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

感受性が強い人の弱み/デメリット3選

就活生ちゃん

感受性が強い人の強み/メリットは分かりましたが、逆に弱みやデメリットはありますか。

弱みやデメリットもあります。

感受性が強い人の弱みやデメリットについて解説しますね。

「就活の教科書」編集部 原田

感受性が強い人の弱み/デメリット
  • 弱み①:気分屋である
  • 弱み②:繊細である
  • 弱み③:ストレスを抱えやすい

 

弱み①:気分屋である

感受性が強い人の弱み/デメリット1つ目は、「気分屋である」です。

気分屋であることから、周りの人を困惑させてしまうことがあるかもしれません。

また、気分の浮き沈みで仕事に支障をきたしてしまう可能性もあります。

そのため、感受性が強い人は、気分屋であることを自覚して、仕事に支障がないように心がけましょう。

弱みやデメリットを知って悲観するのではなく、理解して上手に自分の性格と向き合っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

弱み②:繊細である

感受性が強い人の弱み/デメリット2つ目は、「繊細である」です。

繊細であることから、人の発言や言動で傷つきやすいことがあります。

働く環境が大きく関わるので、会社選びは重要になります。

環境が気になる人は、OB・OG訪問で実際に働く環境を聞いておくおよいでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

弱み③:ストレスを抱えやすい

感受性が強い人の弱み/デメリット3つ目は、「ストレスを抱えやすい」です。

ストレスを抱えやすい人は、ひどい場合うつ病や精神疾患になる可能性があります。

自分なりのストレス解消法を持つことで、上手くストレスと付き合っていくことが出来るでしょう。

ストレスがかかりにくい仕事を選ぶのも1つの手になります。

以下で、ストレスが少ない仕事をまとめたので是非見てみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

感受性が強い人の適職に関するよくある質問

最後に、感受性が強い人の適職に関する質問をまとめました。

「就活の教科書」編集部 原田

感受性が強い人の適職に関するよくある質問
  • 質問①:感受性が強い要因はあるの?
  • 質問②:感受性が強い人は天才ってホント?
  • 質問③:感受性が強い人は女性に多いの?

 

質問①:感受性が強い原因はあるの?

感受性が強い人の適職に関するよくある質問1つ目は、「感受性が強い要因はあるの?」です。

一番考えられるのは、遺伝や育った環境ではないでしょうか?

親御さんが感受性が強く、同じような感情・感性を持てば、子供も自然と感受性が高くなると考えられます。

もう一つは、自己評価や自己肯定感が低い人も、感受性が高い傾向にあります。

過去に、いじめられた経験や両親に酷く叱られた経験などがある場合、自己評価や自己肯定感が低くなってしまいます。

そのような自分に対するネガティブな心理が働くことで、感受性が強くなっている場合があります。

感受性が強いことをネガティブに捉える必要はありませんよ。

「就活の教科書」編集部 原田

 

質問②:感受性が強い人は天才ってホント?

感受性が強い人の適職に関するよくある質問2つ目は、「感受性が強い人は天才ってホント?」です。

天才と呼ばれる人は、感受性が高い傾向にあります。

普通の人は気が付かないようなことに、興味や疑問を持つことができるため、そこから新しいアイデアが生まれる可能性はあります。

また、芸術なども他の人が持たない感性があることで、高く評価される場合があります。

感受性が高い人が天才と言い切れませんが、天才と呼ばれる素質はあるかもしれませんね。

感受性が高い人と感じる人は、趣味で芸術に触れてみるのも良いかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

質問③:感受性が強い人は女性に多いの?

感受性が強い人の適職に関するよくある質問3つ目は、「感受性が強い人は女性に多いの?」です。

ヒロクリニックの記事によると、感受性が高いといわれる人の男女比は、50:50でほぼ均等であり、人種、性別、年齢などの要素に左右されないと考えられているそうです。

女性が多く感じるのは、「感受性が高いけど、それを素直にさらけ出すことが出来ない」男性が多くいるのかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:感受性が強いことを理解して向いている仕事を調べてみよう

いかがだったでしょうか?

この記事では、感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職について紹介しました。

合わせて、感受性が強い人に向いていない仕事の特徴/適職や、感受性が強い人の強み/メリット、弱み/デメリットも解説しました。

感受性が強い就活生の悩みを少しでも解決できたならば幸いです。

最後に、この記事をまとめました。

この記事のまとめ

◆【理解しよう】そもそも感受性が強い人とは?

  • 感受性本来の意味は、外界の刺激や印象を感じ取ることができる働きである
  • 特徴は「感情が出やすい」「繊細」である
  • 感受性が強い人あるある

◆感受性が強い人に向いている仕事の特徴/適職一覧7選

  • 仕事①:新しいものを作る仕事
  • 仕事②:人助けができる仕事
  • 仕事③:想像力がいる仕事
  • 仕事④:人を観察する仕事
  • 仕事⑤:没頭できる仕事
  • 仕事⑥:動物関係の仕事
  • 仕事⑦:自由な仕事

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆感受性が強い人に向いていない仕事の特徴一覧5選

  • 仕事①:接客をする仕事
  • 仕事②:福祉関係の仕事
  • 仕事③:幼児と関わる仕事
  • 仕事④:大人数と関わる仕事
  • 仕事⑤:スピードが求められる仕事

◆【全て無料】感受性が強い人に役立つ適職/職業診断おすすめ3選

  • 適職診断①:ミイダス
  • 適職診断②:LINE適職診断
  • 適職診断③:適職診断AnalyzeU₊(新卒大学生向け)

◆感受性が強い人の強み/メリット3選

  • 強み①:人の気持ちが理解できる
  • 強み②:人との関わり方が上手い
  • 強み③:素直である

◆感受性が強い人の弱み/デメリット3選

  • 弱み①:気分屋である
  • 弱み②:繊細である
  • 弱み③:ストレスを抱えやすい

◆感受性が強い人の適職に関するよくある質問

  • 質問①:感受性が強い原因はあるの?
  • 質問②:感受性が強い人は天才ってホント?
  • 質問③:感受性が強い人は女性に多いの?

◆まとめ:感受性が強いことを理解して向いている仕事を調べてみよう

「就活の教科書」では、高校生・大学生・就活生をターゲットに就活で役立つ様々な情報を発信しています。

ぜひ、他の記事も見てみてください。

また、以下の記事では志望動機を無料で添削してくれるサービスも紹介しています!

興味がある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 原田