>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【バイトは休むべき?】就活とアルバイトを両立する3つの方法 | 辞めるのはオススメしない!

【バイトは休むべき?】就活とアルバイトを両立する3つの方法 _ 辞めるのはオススメしない!

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 就活中はアルバイトを休んだ方が良い?
  • 就活にかかるお金は10万円以上
  • 就活中でも約8割の学生はアルバイトを続けている
  • 就活とアルバイトを両立させる方法3つ
  • 就活中でのアルバイトの注意点は働きすぎないこと

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の南田です。
今回は、就活中のアルバイトについての記事です。
就活中のアルバイトで、こんな不安を感じているのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 南田

就活生くん

面接とシフトが被ったら困るし、就活中のアルバイトって休んだ方がいいのかな……

就活生ちゃん

就活中はアルバイトを休みたいけど、交通費とかで結構お金がかかっちゃうから休めない……
アルバイトと就活をうまく両立させるにはどうしたらいいの?

 

そこでこの記事では、就活中のアルバイト実態について徹底的に解説していきます。

合わせて、就活とアルバイトを両立させる方法や、就活中にアルバイトを休むべきかおすすめのアルバイト頻度についても紹介していきます。

この記事を読めば「就活中はアルバイト休んだ方が良いのかな…?」「就活もアルバイトも両立させたいけどどうしたらいいの?」という悩みを解消できます。

「就活とアルバイトを両立させたい!」という就活生は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

就活中はアルバイトを休むべき?

就活生ちゃん

「就活は大変」とよく聞きますが、アルバイトは休むべきなのでしょうか?
まず初めに、就活中にアルバイトは休むべきなのかについて書いていきます。

今回は、まず以下の2点について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 南田

就活中のアルバイトは休んだ方が良い?
  • 就活中はアルバイトを休んだ方が良い
  • 就活にかかるお金はどれくらい?
それでは、就活中のアルバイトは休んだ方が良いかどうかについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 南田

 

就活中はアルバイトを休んだ方が良い

まず結論から言うと、基本的に就活を優先させるため、アルバイトは休んだ方が良いです。

就活は自分の今後の人生を大きく左右するものといっても過言ではありません。

そのため、「アルバイトと第一志望の企業の面接日が被って面接に行けない!」なんてことは避けた方がいいでしょう。

 

ただそうは言っても、アルバイトと就活の両立について悩んでいる就活生も多いと思います。

就活生くん

就活は大事だけど、アルバイトしないとお金がないし……

就活生ちゃん

就活に行き詰ったときにアルバイトでリフレッシュできるかなって思っています。

就活にかかるお金はどれくらい?

就活では、一般的に10万以上のお金がかかると言われています。

就活用にリクルートスーツを買ったり、遠方の方は交通費がかかってしまいます。

ちなみに、就活で必要なものとしては、以下のようなものがあげられます。

就活で買う必要があるもの
リクルートスーツ
ワイシャツ
ネクタイ

カバン
交通費
食費
書籍代(Webテスト、業界地図など)
証明写真
履歴書

こんな多くのものにお金が必要だと想像しただけでも嫌になりますよね。笑

そんなあなたのために、次は、就活生のアルバイト実態について徹底解説していきます。

「就活の教科書」編集部 南田

 

【徹底解説】就活生のアルバイト実態5つ

就活生くん

うそろそろ就活生となりますが、アルバイトはしないほうが良いのでしょうか?
就活生の皆さんがどれくらいアルバイトをしているのかを知りたいので、教えてください。
わかりました。

それでは、就活生のアルバイト実態について5つ紹介していきます。

先に全体の結論を書いておくと、以下のようになります。

「就活の教科書」編集部 南田

就活生のアルバイト実態5つ
  • 実態①:就活中でも約8割の学生はアルバイトと就活を両立している
  • 実態②:就活生の半数は週2~3日アルバイトをしている
  • 実態③:就活生の約6割が1週間で20時間未満のアルバイトをしている
  • 実態④:月収5万円未満の就活生は半分近くいる
  • 実態⑤:約半数の就活生がアルバイト時間を減らしている
それでは、就活生のアルバイト実態5つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 南田

 

実態①:就活中でも約8割の学生はアルバイトと就活を両立している

就活生のアルバイト実態1つ目は「就活中でも約8割の学生はアルバイトと就活を両立している」ということです。

就活中にアルバイトをしているのかどうかをまとめると以下のようになります。

就活中のアルバイトの有無 割合(%)
就活中でもアルバイトをしている 約81%
就活中でもアルバイトをしていない 約19%

 

実際に就活生の約8割がアルバイトを続けており、アルバイトと就活を上手く両立させている学生が多いですね。

そのため、特に事情がなければ、就活中でもアルバイトをする方向で考えても問題ありません。

就活自体にお金がかかることが多いので、アルバイトを続ける就活生が多いです。

「就活の教科書」編集部 南田

 

実態②:就活生の半数は週2~3日アルバイトをしている

就活生のアルバイト実態2つ目は「就活生の半数は週2~3日アルバイトをしている」ということです。

就活中にどれくらいの頻度でアルバイトをしているのかをまとめると以下のようになります。

頻度 割合
週1日未満 約6%
週1日 約12%
週2日 約25%
週3日 約29%
週4日 約16%
週5日以上 約9%

 

就活とアルバイトを両立させるには、週1日~週3日が無難ですね。

面接やエントリーシート対策で大変な方は、週1日くらいのアルバイトで十分です。

自分の就活の進捗と比較して、アルバイトに週何日入れるかを考えましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

実態③:就活生の約6割が1週間で20時間未満のアルバイトをしている

就活生のアルバイト実態3つ目は「就活生の約6割が1週間で20時間未満のアルバイトをしている」ということです。

就活中に1週間でどれくらいの時間、アルバイトをしているのかをまとめると以下のようになります。

労働時間(1週間) 割合
10時間未満 約21%
10時間以上20時間未満 約39%
20時間以上30時間未満 約19%
30時間以上40時間未満 約8%
40時間以上 約5%

 

就活中は、1週間のアルバイト時間を減らす方多いです。

そのため、どれくらい入れるかわからないという方は、1週間に20時間未満と考えておきましょう。

就活中は、アルバイト時間よりも、面接やエントリーシート対策に使う時間を多くすることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 南田

 

実態④:月収5万円未満の就活生は半分近くいる

就活生のアルバイト実態4つ目は「月収5万円未満の就活生は半分近くいる」ということです。

就活中のアルバイトで得られる月収についてまとめると以下のようになります。

月収 割合
1万円未満 約3%
1万円以上3万円未満 約18%
3万円以上5万円未満 約27%
5万円以上7万円未満 約18%
7万円以上10万円未満 約16%

 

就活生は、どうしても就活中心の生活になるので、月収は減少しがちです。

就活にもお金がいるので、就活に集中するには、あらかじめ10万~20万円ほどの貯金は作っておいてください。

現在は、オンライン面接などが増えていますが、最終面接は社内で行うことが多いので、志望勤務地と自宅の交通費は置いておくと良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

実態⑤:約半数の就活生がアルバイト時間を減らしている

就活生のアルバイト実態5つ目は「約半数の就活生がアルバイト時間を減らしている」ということです。

就活中にアルバイト時間を減らしているのかどうかをまとめると以下のようになります。

アルバイト時間の増減 割合
アルバイト時間を減らした 約50%
アルバイト時間を増やした 約10%
アルバイト時間は変化なし 約36%

 

やはり、就活生の半数はアルバイト時間を減らしていますね。

就活中は、就活についての時間>アルバイトの時間になるようにして、できるだけ就活に集中させましょう。

アルバイトをするには、就活を早く終わらせることが重要です。

次は、就活とアルバイトを両立させる方法について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 南田

 

就活とアルバイトを両立させる3つの方法

さっそく、「就活とアルバイトを両立させる3つの方法」を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 南田

就活とアルバイトをうまく両立させる方法は、この3つです。

  • ①:面接の少ない時間帯に働く
  • ②:シフト自由のアルバイトをする
  • ③:日雇いのアルバイトをする

1つずつ解説していきますね。

 

①:面接の少ない時間帯に働く

就活とアルバイトを両立させる方法の1つ目は、「面接の少ない時間帯に働く」です。

面接の少ない時間帯は以下を参考にしてください。

  • 平日の早朝
  • 平日の夜
  • 土日

 

基本的には、企業の営業時間外に面接が入ることはあまりないと考えて良いでしょう。

しかし、企業の方針によっては土日などに面接を設定してくる場合もありますので、志望度が高い企業であれば事前に面接の時間帯は調べておきましょう。

みん就などの口コミサイトに情報が載っている可能性が高いです。気になる方はチェックしてみてください。

ちなみに私は、念には念を入れて土日の夜のみアルバイトをしていました。
経験上、土日の夜に面接を入れてくる企業はありません。

「就活の教科書」編集部 南田

 

「みん就って信用できるの?」という方は、以下の記事で、みん就の評判がわかるので合わせて読んでみてください。

 

②:シフト自由のアルバイトをする

就活とアルバイトを両立させる方法の2つ目は、「シフト自由のアルバイトをする」です。

シフト自由のアルバイトとは、出勤日が固定されず、自分の好きな曜日や時間帯にシフトを提出できるアルバイトのことです。

 

さらに個人的にオススメなアルバイトのポイントを紹介します。

「就活の教科書」編集部 南田

中でも、シフト提出が一週間前のアルバイトや、アルバイトの人数が多いアルバイトがおすすめです。

  • ポイント1:シフトの提出頻度が高いこと
  • ポイント2:アルバイトの人数が多いこと

 

まず、企業の面接はギリギリになってから入ることがあるので、できるだけこまめにシフトが出せるアルバイトが良いでしょう。

またアルバイトの人数が多いバイト先は、面接が被った時にシフトを代わってもらいやすいです。

いざという時にシフトを代わってもらえるよう、ふだんから周りの人と仲良くしておきましょうね。

 

③:日雇いのアルバイトをする

就活とアルバイトを両立させる方法の3つ目は、「日雇いのアルバイトをする」です。

日雇いのアルバイトは、前日までに申し込めば勤務できることが多いため、就活の急な予定変更に合わせやすいです。

私の友人は、土日に日雇いのアルバイトを入れて、月7~8万くらい稼いでいました。

「就活の教科書」編集部 南田

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

就活中にアルバイトをする上での注意点

就活中にどんなアルバイトであれば、両立しやすいかわかりましたね。

次に、就活中にアルバイトをする上で気をつけておくべき注意点についてご説明します。

 

就活中にアルバイトをする上での注意点は、以下2点です。

  • 働きすぎない
  • 優先順位は、あくまでも就活
一つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

注意点①:働きすぎない

就活とアルバイトの両立をする上での注意点1つ目は、「働きすぎない」です。

いくら、面接がなく、バイトできる時間だからといって働きすぎないようにしましょう。

バイトのしすぎで就活に支障が出てしまっては、元も子もありません。

ちなみに私の友達は、土日にアルバイトを詰め込みすぎて、月曜日からヘロヘロになってしまっていました。
就活中は、余裕がある範囲で、アルバイトするようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

注意点②:優先順位は、あくまでも就活

就活とアルバイトの両立をする上での注意点2つ目は、「優先順位は、あくまでも就活」です。

就活中の優先順位は、就活>アルバイトにしましょう。

アルバイトをしていると、どうしても忙しい時に手伝って欲しいと言われたり、大きな仕事を任されたりします。

もちろんその経験も大事ですが、就活中は、就活を最優先事項にし、アルバイトの比重を下げましょう。

アルバイトの忙しさで就活ができなくなってしまうのは本末転倒です。

優先順位を明確にした上で、アルバイトと就活を両立しましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

アルバイト以外にも就活と卒論や研究の両立で悩んでいる就活生は多いです。

就活と他の活動を両立させる方法を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

就活に有利/不利なアルバイトはあるのか

また、アルバイトの中には「就活に有利なバイト」「就活に不利なバイト」が少しだけあります。

「ディズニー」「ユニクロ」「スタバ」などのアルバイトは、仕事の内容的に少しだけ就活で有利です。

また、志望業界に関連するアルバイトや、インターンバイトも有利にはたらくことがあります。

アルバイト探しに悩んでいる就活生は、以下の記事をぜひチェックしてみてください。

 

就活中のアルバイトの頻度はどれくらい?

就活生ちゃん

アルバイトの頻度はどのくらいがいいですか?

就活中のアルバイトの頻度に決まりはありませんが、週1~2日くらいがオススメです。

みっちり予定を詰めると、面接に疲れがでてしまう恐れがります。

またアルバイトのシフトを入れすぎると、エントリーシート(ES)を書いたりWEBテストを受ける時間を確保するのが困難になってきます。

個人差はありますが、週1~2日くらいのアルバイトであれば、就活と両立しやすいですよ。

「就活の教科書」編集部 南田

 

もし面接とアルバイトが被ってしまったら?

就活生くん

もし面接とアルバイトが被ってしまったらどうしたらいいですか

もし就活の面接とアルバイトが被ってしまった場合、できるだけ早くアルバイト先に連絡を入れましょう。

ただ、アルバイト先への連絡がギリギリだったり、アルバイト先に大きな迷惑がかかったりする場合、どうしてもアルバイトを休めないことがあるかもしれません。

そういった場合は、企業からの印象はあまりよくありませんが、面接日の変更をお願いしましょう。

 

【元就活生が語る】就活でバイトをやめるのは絶対おすすめしない!解決策付きで解説

こんにちは、就活中もアルバイトは欠かさなかったおぎつです。

今回は就活をこれからするにあたって、『バイトをやめるかどうか』問題について、就活にプラスになるメリットも踏まえて説明していきたいと思います。

すぐに就活を意識した多くの大学3年生は、バイトをやめようとする。

上記のような後輩がいると、僕はすぐ止めます。

 

就活をし始める学生が良く勘違いすることは、就活は時間がないと思っていることです。

普通に土日は就活ないですし、平日も夜は時間が空いているのでちゃんとESやテスト勉強の時間をスケジュール管理すれば時間はすごく余ります。

自分は就活中でも週2~3回バイトしましたし、それが就活でプラスになったと思っています。
(バイトをして逆にあった失敗談も少しあったので、それも紹介していきたいと思います。)

では就活中もバイトはやめるべきではない理由が2つあるので紹介していきます。

 

就活中にバイトするメリット~就活ストレスを緩和できてメリハリを生む

就活中は説明会で知らない場所に行ったり、人と話したり、テスト勉強、ESを書いたり面接の練習など普段しないようなことをしてストレスがかかります。

初めの説明会あたりはいいのですが、特に合否がかかってくる選考になると、合否を待っているストレスや不安は半端じゃないです。

その時にアルバイトがあると、就活とは関係のない場なので気を紛らわせることができます。

 

さらに面接などの選考でミスしたりもするので、愚痴もこぼしたくなります。

そんな時には仲間内に愚痴を聞いてもらったりすることでも、良いリフレッシュになります。

「バイトがストレスになるし疲れるよ!」って学生は負担になるなら、違うことでも大丈夫です

 

しかし、僕はバイトのことでムカついたことにより、逆に就活の合否の不安を忘れられて逆に切り替えがしやすくて、良かったということもあります。

こうやって就活以外の場所にいて気分を入れ替えることでメリハリも生まれて、3ヵ月以上の就活期間も体力を維持して頑張ることができます。

 

就活中にバイトをやめるべきでない理由 就活はめっちゃ出費する

就活は、ほんとに学生を苦しめるイベントと思う理由は出費です。

出費でも特に大きいのは交通費、食費です。

もちろん親にお金を援助しまくってもらえる学生なら関係ないですよ(汗)

 

でも自分の場合は定期代1万円は出してもらっていたので、片道100円くらいは自分で払う形でした。

それで1日に企業の説明会をはしごすると、1日500円くらい交通費がとられていました。

そして食費も色んなところに行って昼飯を食べたり、ストレスで買い食いしたりしてました。

節約した日も合わせたりして平均で500円くらいです。

そうすると1日平均1000円はかかって、それが週5日くらい外に出かけてて5000円、1か月で2万円の出費。

しかもこれプラス遊んだりもするから、そもそもバイトをやめるなんて不可能なレベルですね。

 

就活中にバイトを続けるときの注意すること

バイトをやめることをやめて、アルバイトを続けることになったとしても注意することがあります。

それはバイトしすぎないことです。

バイトをすることで気分転換にはなりますし、お金も稼げます。

しかしシフトをうまく調整しないと、ESが間に合わない・面接練習やテスト勉強の時間を確保できなくなるからです。

 

そして、ESをたくさん出す3月~4月あたりは締め切りにも追われますのでバイトは少なめにしましょう。

僕もバイト中に締め切りがその日ということに気づいて間に合わないことがありました。

3~4月の初めはESラッシュなのでバイトを週1くらいにして、5月は空いてる時間も多いのでバイトを週2~3にしてみるなどシフトもメリハリをつけていくことをおすすめします。

 

「就活の教科書」ライターの就活時代のアルバイト頻度は?

実際、就活時代のアルバイト頻度を「就活の教科書」ライターにインタビューしてみましょう。みなさんは就活してる頃、どれくらいアルバイトをしてましたか?

「就活の教科書」編集部 南田

「就活の教科書」編集部 堀本

曜日を問わず、週2回くらいアルバイトをしていました。時間は18時から23時くらいまでで、月に4万くらい稼いでいました。

 

「就活の教科書」編集部 アオイ

私は、週2回程度で日曜日の日中と平日夜に働いていました。月に4万程度稼いでいました。ちなみに、就活が1番忙しかった3月は週1回で、日曜日の日中のみ働いていました。その時は2.3万円くらい稼いでいたと思います。

「就活の教科書」編集部 ユイ

アタシは、週0-1回で、夕方から夜にかけて 5,6時間くらい働いていました。月に2万弱くらい稼いでいたかな〜

「就活の教科書」編集部 かめさん

週1回月曜日か休日に夕方の4時間くらい働いていたわ。月に2万弱くらい稼いでいたわね。

「就活の教科書」編集部 橋口

就活解禁後の3月.4月、週に1日、土日のどちらかで働いていました。イベントスタッフだったので、朝から夜までだいたい約10時間くらい働いていました。月に3万から4万くらい稼いでいました。

「就活の教科書」編集部 西川

週3日くらい働いていて、8:30から13:00という朝から日中にかけての時間で働くことが多かったです。月5万円くらい稼いでいました。シフトの融通を利かせてくれるバイトだったので、「予定が入るかも…」という理由で、シフトを少なめにするという事は無かったです。
どうやら「就活の教科書」ライターのみなさんは、週に2日くらいまで働いて後は就活に専念している人が多いみたいですね!お金がないという状況はわかりますが、一旦就活を中心にしてみてもいいかもしれませんね!

「就活の教科書」編集部 南田

 

 

まとめ:基本的にはアルバイトより就活を優先させよう

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部の南田が、「就活とアルバイトを両立させる方法」についての記事を書きました。

また就活中はアルバイトを休むべきかや、オススメのアルバイトの頻度、面接とアルバイトのシフトが被ってしまった場合の対処法などについてもまとめました。

 

今後の人生に関わるため、基本的には就職活動を優先させるべきです。

どうしてもアルバイトを続けるのであれば、面接のない時間帯にシフトを入れるようにしましょう。

また、シフトの融通が利くアルバイトを検討するのも一つの手だと思います。

皆さんも、無理のない範囲で就活とアルバイトを両立させてくださいね!

「就活の教科書」には他にも、就活に関する記事がたくさんありますので、ぜひ合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 南田