>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】「内定を出したら入社する?」面接での答え方 | 質問意図やNG回答例も

naiteidashitaranyusha

こんにちは。
就活の教科書編集部のアオイです。
皆さん面接は順調ですか?

「就活の教科書」編集部 アオイ

就活生くん

最終面接で「内定を出したらご入社いただけますか?」って質問されて困っちゃた。

就活生ちゃん

「内定を出したらご入社する?」で思わずハイと答えてしまったんだけど、もう内定辞退はできないのかなあ…?
私もその質問の返答で困ってしまったことがあります。内定頂いたけど、辞退できるかどうか心配ですよね。

「就活の教科書」編集部 アオイ

そこでこちらの記事では、「内定をだしたらご入社頂けますか」の質問意図や答え方のポイント、例文を解説します。

また、最終面接でオワハラにあった時の対処法も解説します。

この記事を読めば、「内定を出したら入社する?」の答え方が分かり、最終面接への不安が一つ減りますよ!

絶対に内定がほしい/面接に不安がある就活生はぜひ一度この記事を読んでみて下さいね。

 

「内定を出したら入社する?」を聞く意図2つ

「内定を出したら入社する?」と面接で面接官が聞くのには、意図が2つあります。

「内定を出したら入社する?」聞く意図2つ
  • 志望度の高さを確認するため
  • 内定を出すかどうかの判断をするため
まずは質問意図2つを確認しておきましょう。

では1つずつ説明しますね。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

志望度の高さを確認するため

面接官が「内定を出したら入社する?」を聞く意図1つ目は、志望度の高さを確認するためです。

どの企業も自社に志望度の高い学生を好みます。

なぜなら、志望度の高い学生の方が入社後も頑張ってくれるイメージがつきやすいからです。

面接官は「内定を出したら入社する?」の質問で志望度の高さを見極め、仕事を頑張ってくれそうだと判断した就活生に優先的に内定を出しているんですね。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

内定をだすかどうかの最終の判断をするため

面接官が「内定を出したら入社する?」を聞く意図2つ目は、内定をだすかどうか最終の判断をするためです。

「内定を出したら入社する?」という質問がされるのは、面接官はあなたに内定を出したいけど、内定辞退されないか心配だからです。

採用は膨大な時間とお金をかけて行われるため、どの企業にとっても内定辞退されるのが一番つらいです。

重要な採用活動だからこそ、「内定を出したら入社する?」の質問で面接官は最後の意思決定をしています。

 

「内定を出したら入社する?」の面接での答え方(本命ではない企業)

就活生ちゃん

なんで面接官が「内定を出したら入社する?」と聞くのかわかりました!
でも本命ではない企業に聞かれたとき、ちゃんと答えられるか不安です…

就職活動では、いくつか企業を受ける就活生が多いはずです。

そのため、本命ではない企業が出てくるのは仕方がありません。

本命ではない企業の「内定を出したら入社する?」の答え方のポイントは「内定承諾後の内定辞退は違法ではない」ことです。

基本的に本命ではない企業でも「内定を出したら入社する?」の返事は「YES」しかありません。

曖昧な返事や内定辞退を感じさせる返事をすると、高確率で内定をもらうことはできません。

 

また、ある企業で「YES」の返事をして他社への入社を決めたとしても、内定辞退をすることは違法ではありません。

日本国憲法で職業選択の自由として以下のように守られているので安心してください。

日本国憲法22条1項「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」

このように憲法で守られおり、内定辞退は違法ではありません

「内定を出したら入社する?」の質問は実際にされると、はっきりとはいと言いにくい雰囲気があります。
ですので、内定辞退は違法ではないと頭の片隅に置いておいてくださいね。

内定の辞退メールの送り方については、こちらの記事で例文やマナーを紹介していますので、合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

「内定を出したら入社する?」の回答例(本命ではない企業)

ここから、本命ではない企業の「内定を出したら入社する?」に対しての回答例を二つ紹介します。

良い例と良くない例を紹介するので比較してみてくださいね。

 

「内定を出したら入社する?」の良い回答例

人事さん

内定を出したら当社に来てくれますか。
はい。
御社から内定が出た際は、喜んで入社させて頂きたいと考えております。

就活生くん

ポイントでも解説した通り、内定辞退は違法ではないので基本的にシンプルな回答で入社意思を伝えましょう

個人的には、本命ではない企業に無理に入社意思を盛って話す必要はないと思います。
自分の良心が痛まない範囲でシンプルに入社意思を伝えましょう。
続いて、悪い例です。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

「内定を出したら入社する?」の悪い回答例

人事さん

内定を出したら当社にご入社いただけますか。
…はい。
今のところ、御社から内定が出たら嬉しく思います…

就活生くん

このように返事が即答できないと面接官は本当に入社意思があるのかと疑問に思ってしまいます。
また、「嬉しい」という言葉が使われ入社の意志もはっきり伝えられておらず、内定は出にくい返事となっています。
また、以下のような返事も良くはありません。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

現時点では第一志望ですが、まだ就活も中盤なので、これから就活を続け様々な企業に出会うと思うので、入社できるかどうかまでは分かりません。

就活生ちゃん

個人的には誠実に本心を述べた返事だと思います。
ですが、面接という場においては企業側も膨大な時間とお金をかけて採用活動を行っているため
「御社が第一志望ではない」と伝えるような言い方をするのは失礼です。
すぎる建前はよくありませんが、お互いが気持ちよく思える言葉の選び方をしましょう。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

「内定を出したら入社する?」の面接での答え方(本命企業)

次に、本命企業の「内定を出したら入社する?」の答え方のポイントを紹介します。

本命企業の「内定を出したら入社する?」の答え方のポイントは「はっきりと入社意思を伝える」ことです。

本命企業でこの質問がされた際は、いかに入社意思が強いかアピールするチャンスでもあります。

本当の入社意思をはっきりと伝えて、内定辞退を怖がっている面接官を安心させましょう。

面接官にあなたの意志がちゃんと伝われば、必ず内定が出るはずです。

 

「内定を出したら入社する?」の回答例(本命企業)

ここから、本命企業の「内定を出したら入社する?」に対しての回答例を二つ紹介します。

良い例と良くない例を紹介するので比較してみてくださいね。

 

「内定を出したら入社する?」良い回答例

人事さん

内定を出したらご入社いただけますか。
はい。
御社から内定が出た際は、入社いたします。
御社で働く社員さん方の意志の強さに惹かれ、以前よりずっと御社を第一志望に就活をしてきました。
ですので、御社から内定が出た際は、現在選考中の3社を辞退して御社に内定承諾いたします。

就活生くん

こちらの返事では、最初と最後にはっきりと入社意思を述べられています。
また、企業のどのような点から志望度が高いかも述べられているので、本気度が伝わりますね。

悪い例は、本命ではない企業と同じなので省略しますね。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

就活生くん

「内定を出したらご入社いただけますか」の返事は「はい」しかないことは分かったけど、
本当は就活を続けたいのに、その場で他の選考辞退を要求されたらどうしよう…
そのような企業の行為をオワハラといいます。
不安になる気持ちはすごく分かりますので、そんな就活生のためにオワハラにあった時の対処法を説明致しますね。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

オワハラにあった時の対処法

こちらでは、もしもオワハラにあった時はどうすればいいのかを説明します。

その前に、オワハラとは何かをもう一度丁寧にお教えしますね。

オワハラとは

オワハラの定義を紹介します。

オワハラとは、就職活動において起きているハラスメント。就活終われハラスメントとも。これは企業が学生に対して就職活動を終わらせることを強要するということである。企業側が採用したいと思った学生に対して、現時点で就職活動を終わらせるならば内定を出すなどといった形で行われている。文部科学省の調査によれば、約7割の大学・短期大学が学生からのオワハラに関する相談を受けていたとのこと。

引用元:ウィキペディア

オワハラとは企業が就活生に対して就活を終わらせようとさせる行為です。

続いてオワハラにあった時の対処法を説明します。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

オワハラの対処法:「確認しご連絡させて頂きます」

オワハラにあった時の対処法は「他の選考中企業の担当者の連絡先を確認し、後日ご連絡させていただきます」です。

基本的に、今は他社の選考辞退の連絡はできない/分からないという態度を貫き、またこちら連絡をすると伝えましょう。

オワハラに対して不安を持っている人は、上手くオワハラを対処する方法が詳しくわかりますので、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

 

「内定を出したら入社する?」以外、志望度についての面接での答え方

「内定を出したら入社する?」以外の、会社への志望度を問う質問への答え方は、それぞれ以下の記事で解説しています。

面接前に合わせて読んでおいてください。

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

まとめ:「内定を出したら入社する?」の答えはYESしかない

いかがでしょうか。

今回の記事では、「内定をだしたらご入社頂けますか」の質問意図や答え方のポイント、例文を解説しました。

また、最終面接でオワハラにあった時の対処法も紹介しました。

 

「内定を出したら入社する?」聞く理由2つはこちらです。

「内定を出したら入社する?」聞く理由2つ
  • 志望度の高さを確認するため
  • 内定をだすかどうかの決断するため

内定をもらえるイメージはつきましたでしょうか。

この記事を読んだ就活生の皆さんが悔いなく自分の意思を伝えられることを願っています。

「就活の教科書」では他にも面接に役立つ記事がたくさんあります。
ぜひ参考にしてみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 アオイ