【お金がきつい】就活で交通費を安くする方法3選 | 支給時に必要な物,注意点も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事でわかること

 

就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の後藤です。

この記事では、就活における交通費について解説していきます。

就活生の皆さんは交通費で悩んでいることはありませんか?

「就活の教科書」編集部 後藤

就活生くん

この前は新幹線で都内開催の合同説明会に行きましたが、多額の交通費がかかりました。

少しでも交通費を安くして、就活を行うにはどうすればよいのでしょうか・・・

就活生ちゃん

私は来月、新幹線を使って都内企業の面接に行く予定です。

交通費が支給される企業もあるって聞いたことあるけど、実際どうなのかなぁ?

遠方で就活をする人は、交通費でアルバイト代があっという間に無くなって大変ですよね。

そこで「企業から交通費は支給されるのか?」をお伝えしますね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

この記事では、就活の交通費を少しでも安くするコツについて解説していきます。

合わせて、就活で交通費が企業側から支給されることについても解説していきます。

また、交通費をもらう際の持ち物や注意点も詳しく解説します。

この記事を読めば、交通費を少しでも安くするコツも分かり、就活の費用面で困るのを防ぐことができます。

「交通費の負担をできるだけ少なくしたい!」「交通費はいつ支給されるの?」と疑問がある就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に結論をお伝えすると、「就活始めたけど何をすれば良いのかわからない…」なら、簡単な質問で自分のキャリアの価値観が診断できる「キャリアチケットスカウト診断」がおすすめです。

また「就職活動、イマイチ何したら良いかわからない!」という方は、就活力診断(公式LINE)を使って、今あなたがすべき対策を把握しましょう。

さらに「自分に合う優良企業を紹介してほしい」なら、あなたに合う隠れ優良企業をプロから教えてもらえる「DiG UP CAREERレバテックルーキー(ITエンジニア就活特化)がおすすめですよ。

「学歴に関係なく、自分に合った企業に内定したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 就活に役立つおすすめサイト/

\ 優良企業探しに役立つサイト /

*参考:就活サイトおすすめ40選

 

就活でかかる平均的な交通費

就活生くん

就活で交通費って大体、どれぐらいかかるのでしょうか?

2020年卒就活生の交通費平均が62,000円だったようで(キャリタス就活2020より)と言われております。

結構、高いですよね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 


就活の交通費を安くするコツ3選

就活生ちゃん

就活用のスーツやバッグを買ってばっかなのに、これから交通費もたくさん必要だなんて、就活はお金がかかりますね。

交通費を少しでも安くする方法はないのかな?

ここからは、交通費を少しでも安くするコツを3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 後藤

就活の交通費を少しでも安くするコツ
  • コツ①:遠方での就活は日程を集中させる
  • コツ②:交通費支給有りの企業を紹介してもらう
  • コツ③:交通費が出る「サポーターズ」を利用する

交通費の負担を少しでも減らしたい就活生は、3つのコツを実践してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

コツ①:遠方での就活は日程を集中させる

就活の交通費を少しでも安くするコツ1つ目は「遠方での就活は日程を集中させる」です。

例えば、説明会や面接で遠方に行く機会があれば、その当日や前日、翌日に近くの企業のスケジュールを組み込めないか確認しましょう。

本来2往復しなければいけないところを、1往復分の交通費で抑えることができるかもしれません。

また、宿泊をしたほうがトータルでみたときに、就活にかける費用を安くできる可能性もあります。

1泊したほうが、2往復するよりも交通費を浮かせることができるかもしれません。

遠方での就活するときは、近く企業の就活スケジュールを集中できないか検討してみましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

コツ②:交通費支給有りの企業を紹介してもらう

就活の交通費を少しでも安くするコツ2つ目は「交通費支給有りの企業を紹介してもらう」です。

就活エージェントであれば、エージェントを通して企業に「交通費の支給有無」を確認できるので、選考前に交通費事情を知ることができます。

また、就活エージェントでは事前に「交通費支給あり」の企業をピックアップしてもらうこともできます。

エージェントへ面談しに行く場合にどのような服装で行けばよいのか分からない方は下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 後藤

 

コツ③:交通費が出る「サポーターズ」を利用する

就活の交通費を少しでも安くするコツ3つ目は「サポーターズを利用する」です。

就活生ちゃん

サポーターズとは何でしょうか?

サポーターズとは、主にIT企業を扱う就職支援サービスです。

エンジニアを目指す就活生にはおすすめです。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

サポーターズの特徴
  1. サポーターズから交通費がもらえる
  2. オリジナルイベントに参加できる
  3. 人気IT企業と繋がれる

IT企業に興味がある就活生なら、サポーターズを利用すると交通費を安く済ませることができます。

交通費を安く済ませるためにも、サポーターズを利用したいという方は下記の記事をよんでみてください。

「就活の教科書」編集部 後藤

 


就活の交通費は企業から支給されることがある

就活生ちゃん

そもそも、就活で企業から交通費が支給されることってあるんですか?

一部の企業からは、面接時に交通費をもらえることがあります。

「就活の教科書」編集部 後藤

面接時に交通費をもらえることもありますが、実際は交通費を支給する企業のほうが少ないようです。

リクナビの調査によると「約3割の企業が交通費・宿泊費を支給」「約6割の企業が最終面接のみ支給」というデータがあります。

交通費は「もらえたらラッキー!」くらいに思っておくべきでしょう。

就活生ちゃん

交通費をもらえる企業も一部あるけど、基本はもらえないと思っておいたほうが良いのですね。

では、交通費をもらえるときはどれくらいの金額が支給されるのでしょうか?

交通費の支給には3パターンあります。

パターンごとに補助額が異なります

「就活の教科書」編集部 後藤

交通費の支給パターン
  • パターン①:全額支給の場合
  • パターン②:一部支給の場合
  • パターン③:一律支給の場合

交通費の支給パターン3つをそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

パターン①:全額支給

就活生くん

交通費の「全額支給」の特徴を教えてください。

全額支給の特徴
  1. 移動にかかった実費が支給される
  2. 往復分が支給される
  3. 最終面接では交通費が全額支給されることが多い

就活生の交通費負担が実質ゼロになるため、一番うれしいパターンです。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

パターン②:一部支給

就活生くん

交通費の「一部支給」とは何でしょうか?

一部支給の特徴
  1. 「乗車券分のみ」「片道分のみ」のように、交通費の一部の金額が支給される
  2. 「電車で片道100km以内」のように、ある条件に該当すると交通費一部支給という企業もある
  3. 1次面接のような初期段階で、交通費が一部支給になることが多い

全額支給と比べると少ないですが、交通費をもらえるだけでもありがたいですね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

パターン③:一律支給

就活生くん

交通費の「一律支給」とは何でしょうか?

一律支給の特徴
  1. 実際にかかった交通費に関係なく「1万円支給」のように、固定された金額が支給される
  2. 大学や居住地を基準に、地域ごとに一律の金額を定めている企業もある
  3. 採用数が多い大企業では交通費を一律支給としているところもある

交通費が一律支給の場合は、あえて夜行バスや在来線を使うことで、交通費を安くすることができます。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

就活で交通費をもらうときに必要な持ち物

就活生ちゃん

企業から交通費もらうときに必要な持ち物って何かありますか?

交通費をもらうときには、領収書と印鑑は必ず持っていきましょう

「就活の教科書」編集部 後藤

交通費をもらうときに必要な持ち物
  • 持ち物①:領収書
  • 持ち物②:印鑑
  • 持ち物③:クリアファイル

それでは1つずつ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

持ち物①:領収書

就活で交通費をもらうときに必要な持ち物1つ目は「領収書」です。

企業は交通費の領収書に基づいて、支給額を精算します。

領収書を忘れると、企業は交通費精算の証拠を残すことができず困ってしまいます。

交通費をもらうときは必ず領収書を発行し、企業に持っていきましょう。

「全額支給」のときに、企業から交通費の領収書を確認されることが多いです。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

持ち物②:印鑑

就活で交通費をもらうときに必要な持ち物2つ目は「印鑑」です。

交通費を企業から受け取るときに「確かに受け取りました」という証明をするために印鑑が必要になります。

印鑑を忘れてしまっても交通費はもらえますが、必ず持っていくようにしましょう。

以前、領収書・印鑑ともに忘れてしまったことがありますが、それでも交通費は支給されました。

しかし、企業に迷惑をかけないように、領収書と印鑑は必ずもっていくようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

持ち物③:クリアファイル

就活で交通費をもらうときに必要な持ち物2つ目は「クリアファイル」です。

クリアファイルは、領収書をキレイに保管するために使います。

さらに、領収書をクリアファイルに入れたまま企業に渡せば、親切な印象を与えることができます。

クリアファイルではなく、封筒でも代用ができますよ。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

就活の交通費をもらうときに注意すべきこと4つ

就活生くん

交通費をもらうときに注意すべきことはありますか?

注意すべきことは4つあります。

「就活の教科書」編集部 後藤

交通費をもらうときに注意すべきこと
  • 注意①:領収書と印鑑は必ず持参する
  • 注意②:乗り換えが多い電車では履歴を控える
  • 注意③:交通費に関しての疑問があれば企業に必ず確認する
  • 注意④:嘘はついていけない

注意点4つはどれも大事なので、1つずつしっかり解説をします。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

注意①:領収書と印鑑は必ず持参する

就活の交通費をもらうときに注意すべきこと1つ目は「領収書と印鑑は必ず持参する」です。

普段は交通費の領収書をもらう習慣がないため、領収書の発行は忘れやすいので注意しましょう。

また、印鑑は家で書類作成をするときにも使うので、持っていくのを忘れないように注意が必要です。

忘れ物をすると企業からの評価も落ちてしまう可能性もあります。

交通費の領収書発行は時間がかかることもあるので、時間に余裕をもって行動しましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

注意②:乗り換えが多い電車では履歴を控える

就活の交通費をもらうときに注意すべきこと2つ目は「乗り換えが多い電車では履歴を控える」です。

乗った電車の区間を控えておくことで、交通費のもらい忘れを防ぐことができます。

ICカードであれば、券売機やチャージ機で利用明細を発行できることもあるので、最終駅で発行すると良いでしょう。

「一部区間の交通費をもらい忘れてた…」とならないように、乗り換えが多い電車では履歴を控えておくべきです。

都内は電車の乗り換えも多くて、移動が大変ですよね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

注意③:交通費に関しての疑問があれば企業に確認する

就活の交通費をもらうときに注意すべきこと3つ目は「交通費に関しての疑問があれば企業に確認する」です。

交通費の支給ルールは、企業ごとに異なります

例えば、企業によっては領収書が不要だったり、交通費が支給されるタイミングも違います。

就活生にとってはお金の管理も大事なことなので、交通費に関して疑問があれば企業に問い合わせましょう。

メールや電話を使って交通費以外でも疑問点があれば、企業にどんどん聞きましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

注意④:嘘はついていけない

就活の交通費をもらうときに注意すべきこと4つ目は「嘘はついていけない」です。

領収書の提出が不要な場合は「本当は在来線を利用したけど、新幹線代の申請をする」ということもできてしまいます。

ウソの申請をすると水増しで交通費をもらうことができるので、一時的にはお得に感じるかもしれません。

しかし、ウソがバレたときは企業からの評価が下がり、内定は遠ざかってしまうので注意しましょう。

嘘をついたらバレる危険性があります。

交通費の水増し請求ができそうでもウソはつかず、事実の申請をしましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

就活の交通費に関してよくある質問6選

交通費に関してよくある質問をまとめました。

6つの質問に回答していきます。

「就活の教科書」編集部 後藤

就活の交通費に関してよくある質問
  • 質問①:申請時のウソはバレる?
  • 質問②:交通費はいつ支給される?
  • 質問③:在来線か新幹線どちらを使えばよい?
  • 質問④:公共交通とは新幹線と電車のみ?
  • 質問⑤:金券ショップで安く買うのはあり?
  • 質問⑥:領収書の宛名はどうすればよい?

 

質問①:申請時のウソはバレる?

就活の交通費に関してよくある質問1つ目は「申請時のウソはバレる?」です。

バレる可能性は低いですが、バレた時のリスクが大きすぎるのでウソはやめましょう。

人事さん

 

交通費の申請時のウソはやめておくのが無難です。

企業にバレる可能性は低いですが、バレたときは印象が一気に悪くなり、採用評価が下がります。

交通費の請求時に少しでも得をしたい気持ちは分かりますが、バレたときのリスクが大きいため、ウソはやめておきましょう。

 

質問②:交通費はいつ支給される?

就活の交通費に関してよくある質問2つ目は「交通費はいつ支給される?」です。

交通費の支給タイミングは、大きく分けて3パターンあります。

人事さん

交通費の支給タイミング
  • パターン①:面接前
  • パターン②:面接後
  • パターン③:振り込み

多くの企業では、面接の当日に交通費を渡します。

まれに、振り込みをする企業もあります。

人事さん

 

質問③:在来線か新幹線どちらを使えばよい?

就活の交通費に関してよくある質問3つ目は「在来線か新幹線どちらを使えばよい?」です。

企業から特に指定がない場合は、新幹線でOKです。

また、新幹線の場合は自由席にしておくのがベターです。

人事さん

 

交通費がもらえると事前に分かっていれば、新幹線を使ってもOKです。

交通費支給ありの企業は、事前に「在来線か新幹線か」を指定してくれることが多いです。

「在来線と新幹線のどちらでいけばよいか不安…」という人は、企業に聞いてみるのも良いでしょう。

交通費が”一律支給”のときは、あえて在来線を使うことで交通費を安く済ませることができますよ。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

質問④:公共交通とは新幹線と電車のみ?

就活の交通費に関してよくある質問4つ目は「公共交通とは新幹線と電車のみ?」です。

公共交通は新幹線と電車だけではありません

人事さん

公共交通の種類
  • 在来線
  • 新幹線
  • バス
  • 飛行機

多くの就活生は在来線・新幹線での移動がメインですが、中には飛行機を使いたい人もいると思います。

航空券代がもらえるかどうかは企業によります。

飛行機を使いたい就活生は、企業に問い合わせてみましょう。

 

質問⑤:金券ショップで安く買うのはあり?

就活の交通費に関してよくある質問5つ目は「金券ショップで安く買うのはあり?」です。

金券ショップでチケットを安く買うのはおすすめしません

交通費精算のとき、企業は困ってしまいます。

また、就活生にとってもメリットはないです。

人事さん

 

交通費を安くするために金券ショップを利用するのは、とてもすばらしい心がけです。

しかし、交通費支給ありの面接に行くときは、金券ショップを利用する必要はありません。

交通費は基本的に実費精算なので、就活生が得をする可能性は低いです。

また、企業は事前に区間を調べて交通費の準備をしているため、金券ショップの領収書だと金額計算が合わず、企業にとって厄介です。

就活生くん

交通費の精算で、得をしようと思ったらダメだということですね。

 

質問⑥:領収書の宛名はどうすればよい?

就活の交通費に関してよくある質問6つ目は「領収書の宛名はどうすればよい?」です。

企業から特に指定がない場合は、宛名は書いてもらわなくてもOKです。

人事さん

 

宛名は企業から指示がある場合のみ、書いてもらいましょう。

また、「(株)」のように略さず、すべて正式名称で書いてもらうように注意しましょう。

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

まとめ:交通費をできるだけ安くして就活に臨もう!

この記事の「就活で交通費をもらうときのウソはバレない?【交通費を安くするコツも3つ紹介】」は、いかがだったでしょうか?

今回は「就活の教科書」編集部の後藤が、就活の交通費について解説しました。

合わせて、交通費もらうときの注意点や、よくある質問についても紹介しました。

 

それでは、この記事を簡単におさらいします。

「就活の教科書」編集部 後藤

この記事のまとめ

◆ 就活の交通費を少しでも安くするコツ3つ

  • コツ①:遠方での就活は日程を集中させる
  • コツ②:就活エージェントから交通費支給有りの企業を紹介してもらう
  • コツ③:サポーターズを利用する

◆ 就活の交通費は企業から支給されることがある

  • パターン①:全額支給
  • パターン②:一部支給
  • パターン③:一律支給

◆ 就活で交通費をもらうときに必要な持ち物

  • 持ち物①:領収書
  • 持ち物②:印鑑
  • 持ち物③:クリアファイル

◆ 就活の交通費をもらうとき注意すべきこと4つ

  • 注意①:領収書と印鑑は必ず持参する
  • 注意②:都内の乗り換えが多い電車では履歴を控えておく
  • 注意③:交通費に関しての疑問があれば企業に確認する
  • 注意④:事実の申請をする

◆ 就活の交通費に関してよくある質問6選

  • 質問①:申請時のウソはバレる?
  • 質問②:交通費はいつ支給される?
  • 質問③:在来線か新幹線どちらを使えばよい?
  • 質問④:公共交通とは新幹線と電車のみ?
  • 質問⑤:金券ショップで安く買うのはあり?
  • 質問⑥:領収書の宛名はどうすればよい?

 

◆ まとめ:交通費をもらうときは企業に事実を伝えよう

あなたが就活の交通費で困らなくなることを祈っています。

この記事がいいな!と思った就活生は、友人や就活仲間にぜひシェアしてみてくださいね!

「就活の教科書」には、他にも面接に役立つ記事がたくさんあるのでぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 後藤

就活では多くのお金がかかるため、少しでも節約して就活を行いたいという方は下記の記事を読んでみてください。