>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【縁の下の力持ち】自己PR「サポート力」の魅力的な伝え方 | 例文も

この記事でわかること
  • 自己PRで「サポート力」は面接で有利になる
  • 自己PRで「サポート力」の言い換え表現一覧表
  • 自己PRで「サポート力」を魅力的に伝える例文2選
  • 自己PRで「サポート力」をアピールするときは「チームへの貢献度を伝える」
  • 自己PRで「サポート力」を伝える際に気をつけたい注意点3つ

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の田畑です。

この記事では、自己PRで「サポート力」をアピールしたいと考えている就活生の様々な悩みや不安を解決します。

就活生のみなさんは、自己PRで「サポート力」の伝え方に困ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

僕は以前、面接で「サポート力」を自己PRしました。

でもサポート力っていい印象を与えられているのかな。

就活生ちゃん

私は自己PRの時に「サポート力」をアピールしたいと思っています。

でも、消極的な人だと思われないか心配だな・・・

「縁の下の力持ち」のポジションは、消極的に捉えられてしまいそうでアピールできないのかと不安になりますよね。

でも、安心してください。

これから紹介する伝え方のポイントを抑えることで、とても魅力的に伝えることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

そこでこの記事では、自己PRで「サポート力」を伝える時に好印象になるポイントをご紹介します。

合わせて、自己PRで「サポート力」を伝える際の言い換えや例文、注意点についても解説していきます。

この記事を読むことで、自己PRで「サポート力」をアピールした時に、面接官に大きな印象を残すことができますよ。

自己PRで「縁の下の力持ちってアピールして良いの・・・?」と悩んでいる就活生は、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

 

自己PRで「サポート力」を武器にして就活を有利に進めよう

自己PRで「サポート力」をアピールするのは、効果的です。

なぜなら、「縁の下の力持ち」ポジションの人は、「目立たずとも役に立つ」「面倒な仕事もきちんとこなす」と好印象を与えることができるからです。

たとえ地味であっても、手を抜いてはいけない作業は仕事の中でたくさんあります。

だからこそ、目立たずとも陰から支えることができる縁の下の力持ちは、採用側も求めている人材なのです。

「サポート力」がある人材は、会社の中おいても必要不可欠な存在です。

しかし、ただ「縁の下の力持ち」だと自己PRするだけではアピールが不十分です。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

やっぱり「縁の下の力持ち」を何か別の表現にした方が良いのでしょうか・・・?

「縁の下の力持ち」を別の表現にすることで、より具体的にあなたのサポート力を魅力的に伝えることができますよ。

それでは、次に「サポート力」の言い換え表現をご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PR「サポート力」の言い換え一覧

就活生ちゃん

たしかにサポート力って言われてもあまりピンとこないかも・・・

もっと印象に残る言い換え表現について教えてください。

それでは、今からサポート力の言い換え表現について紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

サポート力の言い換え表現一覧
  • マネージメントが上手い
  • 陰の立役者
  • 地道にコツコツできる
  • 汚れ役を買ってできる
  • 協調性があり、気配り上手

上記のような言い換えをすることで、「サポート力」だけでは伝わらなかった魅力を伝えることができます。

チームワークが求められる仕事において「縁の下の力持ち」はとても重宝する人材です。

上記の言い換えより、具体的な経験談を交えて伝えることで、面接官の印象に残る自己PRをすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PR「サポート力」を好印象に伝えるための例文2選

就活生くん

「サポート力」を「協調性」と捉えると自己PRが浮かんできそうです。

サポート力をうまく自己PRしている具体的な例文があれば参考にしたいので、教えて欲しいです。

それでは、サポート力を魅力的に伝える例文についてご紹介します。

「文化祭編」と「部活動編」に分けて例文をみていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文①:文化祭編

自己PRで「サポート力」をアピールする例文1つ目は、文化祭編です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私の長所は「トラブルを予測し、チームのサポートができる」ところです。

私は、文化祭実行委員の装飾担当として活動していました。

装飾担当ではみんなでデザインのアイデアを出し合い、参考になるデザインを勉強していました。

しかし、装飾に必要な備品の調達や、美品にかかる経費を誰も考えていないことに気付きました。

そこで私は、デザインにかかる備品の調達方法や経費などのサポート役に回ることにしました。

結果的に、「備品が揃えられない、経費が足りない」といったトラブルを未然に防ぐことができ、評判の良いデザインを装飾担当として作ることができました。

御社でも、あらかじめ防ぐことのできる問題点を常に考慮し、時には「陰の支え役」としてチームに貢献したいと思っております。

この例文では、サポート役に徹したことが功を奏していることが伝わってきますね。

サポートをした結果、「考えられるトラブルを防ぐことができた」という実績を伝えることで、危機管理能力の高さも合わせて評価されています。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文②:部活動編

自己PRで「サポート力」をアピールする例文2つ目は、部活動編です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私の強みは「チームのためにサポート役に回れる」ところです。

私は大学4年間、野球部に所属していました。

4年生の最後の大会では、惜しくもスタメンから外れてしまいました。

当時は悔しい気持ちでいっぱいになりましたが、チームの勝利のために野球器具の整理やチームの士気をあげるためサポート役に徹することにしました。

メンバーが試合だけに集中できるように、相手選手の分析資料も積極的に作るようになりました。

プレイヤーとして活躍することはできませんでしたが、チームの勝利にはマネージャー役として貢献することができ、新たな自分の強みを発見することができました。

御社でも、自分の立ち位置をしっかりと把握し、円滑にプロジェクトを進めるために、時には泥仕事も自ら進んで行いたいと思っております。

この例文では、自分の立ち位置を把握し、自らサポート役に回っていることがわかりますね。

自己主張することも重要ですが、チームとして動く上で、時には一歩引くことができるのも立派な勇気であり、社会人には必要な能力になります。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PRで「サポート力」をアピールするポイント3つ

就活生くん

2つの例文は実際に自己PRを考えるときに役立ちそうです。

サポート力をアピールする上で、面接官に好印象を与えるようにできるポイントはありますか?

差別化をして、印象に残すようにするのは難しいですよね。

それでは、自己PRで「サポート力」を伝えるためのポイントについてご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

自己PRで「サポート力」をアピールするポイント
  • ポイント①:具体的な経験談を伝える
  • ポイント②:チームへの貢献度を伝える
  • ポイント③:入社後にどのように活かせるかを伝える

上記の3つのポイントを抑えることで、印象に残る自己PRをすることができます。

それでは、「サポート力」をアピールするポイントについて順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント①:チームへの貢献度を伝える

自己PRで「サポート力」をアピールするポイントの1つ目は、「チームへの貢献度を伝える」です。

実際にあなたがサポートをして、どのようチームに貢献したかを伝えることで、より具体的にあなたの強みをイメージさせることができます。

具体例をみていきましょう。

就活生くん

私は、文化祭実行委員としてサポートを全力でしていました。

就活生ちゃん

私は、文化祭実行委員として主にタイムキーパーを担当していました。

分単位でサポートしたことにより、時間ロスすることなく終わらせることができました。

後者の方が、具体的に何をしてどうチームに貢献したのかがわかりやすいですね。

「チームに1人は欲しい人材」であることを伝えるために、貢献度を伝えるのは効果的な手法になります。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

以下の記事を読むことで、協調性についての自己PRも伝えることができるようになります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

ポイント②:具体的な経験談を伝える

自己PRで「サポート力」をアピールするポイントの2つ目は、「具体的な経験談を伝える」です。

なぜなら、具体的な経験談は、あなたにしかない唯一無二のアピールポイントになるからです。

「アルバイト」という経験においても、どんな環境で働いて、どのように結果を出したのかは人によって異なります。

ただ、「サポート力に長けています」というより、「こんな経験があるから、自分にはサポート力がある」という方が説得力も増しますよ。

就活生くん

どんな経験でも話して良いのでしょうか?

「積極性に欠ける」という印象持たれないかな・・・

どんな経験でも、「自分の意思でサポートした」という伝え方をすれば大丈夫ですよ。

「積極的にサポート役に回った」というニュアンスの伝え方をすれば好印象になりますね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント③:入社後にどのように活かせるかを伝える

自己PRで「サポート力」をアピールするポイントの3つ目は、「入社後にどのように活かせるかを伝える」です。

あなたの「サポート力」が、どのように仕事で活かせるかを伝えることで、面接官に「採用後はこのポジションで活躍してくれそう」とイメージを与えることができます。

採用後のイメージを与えることができれば、その他大勢の就活生と圧倒的な差別化を図ることができるでしょう。

「サポート力が仕事のこの場面で、こんな風に役立ちます」とアピールすることで面接官へインパクトを残すことができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PRで「サポート力」を伝える際の注意点3つ

就活生ちゃん

「サポート力」はチームへの貢献度を伝えることがカギになっているのですね。

自己PR「サポート力」を伝える際の注意点も教えてください。

自己PRで「サポート力」を伝えるときのNGは避けたいですよね。

それでは「サポート力」をアピールする時の注意点をご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

「サポート力」を伝える際の注意点
  • 注意点①:受け身の姿勢を伝えない
  • 注意点②:控えめであることを強調しない
  • 注意点③:「自称」ばかりを話さない

上記3つの注意点を抑えることで、誤解のないように「サポート力」をアピールすることができます。

それでは「サポート力」を伝える際の3つの注意点を順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

注意点①:受け身の姿勢を伝えない

自己PRで「サポート力」を伝える際の注意点1つ目は、「受け身の姿勢を伝えない」です。

なぜなら、積極性に欠けるというイメージを持たれてしまうからです。

面接官によっては、仕事においても「指示待ち人間なのかな」という印象を持たれてしまいます。

言い換え一覧などの表現を使って、自らサポート役に徹しているというアピールをするようにしましょう。

自己PRでは、「サポート力」のネガティブな伝わり方を予測しておくことが重要になります。

ネガティブな面をカバーした上で、自分の強みを強調すると良いですね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

注意点②:控えめであることを強調しない

自己PRで「サポート力」を伝える際の注意点2つ目は、「控えめであることを強調しない」です。

注意点①と同様に、サポート役は控えめな印象を与えます。

控えめな性格は「自分の意見を言わない」「コミュニケーションが円滑に取れない」などのマイナスの評価になってしまいます。

就活生くん

事実として、僕はあまり積極性がなく控えめな性格なんだよな・・・

どうすればマイナスの印象を与えずに「サポート力」を自己PRすることができますか?

消極的なのに「積極的です」とアピールしてもいずれ、嘘がバレてしまいます。

その場合は「チームワークを大切にし、協調性を意識しながらサポート役に回ることが多い」などの表現をすると好印象ですよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

注意点③:「自称」ばかりを話さない

自己PRで「サポート力」を伝える際の注意点3つ目は、「自称」ばかりを話さないです。

「縁の下の力持ち」というのは、本来自分でアピールすべきことではありません。

他人が評価して初めて、「サポート力」という強みがアピールできるのです。

「サークルでは写真係を任されていました。活動写真を整理して、行事の翌日にはサークル員全員に共有していました」のように「サポート力を評価されて仕事を任されていた」というニュアンスを伝えると良いでしょう。

自己評価ではなく、他人からの評価や信頼をうまく伝えるようにすると、採用者の評価もあがりますよ。

自己PRが苦手な方は、以下の記事で、誰でもできる自己PR法がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:自己PRで「サポート力」を伝えるときは、チームへの貢献度をアピールしよう

この記事の「【縁の下の力持ち】自己PR「サポート力」の魅力的な伝え方,例文」はいかがだったでしょうか?

今回は、「就活の教科書」編集部の田畑が、「サポート力」を自己PRでアピールするときの伝え方について解説しました。

合わせて、自己PRで「サポート力」を伝えている例文「サポート力」を自己PRでアピールするときの注意点についても解説しました。

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 田畑

この記事のまとめ

◆ 自己PRで「サポート力」を武器にして就活を有利に進めよう

 

◆ 自己PRで「サポート力」をアピールするポイント3つ

  • ポイント①:チームへの貢献度を伝える
  • ポイント②:具体的な経験談を伝える
  • ポイント③:入社後にどのように活かせるかを伝える

◆ 自己PRで「サポート力」を伝える際の注意点3つ

  • 注意点①:受け身の姿勢を伝えない
  • 注意点②:控えめであることを強調しない
  • 注意点③:「自称」ばかりを話さない

「縁の下の力持ち」である人材は、企業にとって必要不可欠です。

面倒かつ重要な仕事は多々あるものの、引き受けたがらない人が多いのも事実です。

そんな時に、「サポート力」のあるあなたの長所はいかんなく発揮されるでしょう。

新卒で初めから「サポート力」があるというのは、とても大きな武器になります。

しっかりと伝え方のポイントを抑えた上で自己PRすることで、採用側に「欲しい人材」だと思われるようになりますよ。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑