>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【落ちたくない!】インターンシップ全落ちの回避方法3選 | 落ちる理由も

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本です。
この記事では、インターンの全落ちを回避する3つの対策について解説します。
就活生のみなさんは、インターンの選考を受けて全落ちした経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本

就活生くん

僕はサマーインターンの選考をたくさん出したのですが、全落ちしてしまいました…
サマーインターンで落ちても、本選考は受けられるのでしょうか?

就活生ちゃん

私はサマーインターンも冬インターンも全落ちしてしまいました。
ちゃんと対策をしているのに、インターンで落ちる理由がわからず悩んでいます…

インターンで全落ちすると、自分を否定されたような悲しい気持ちになりますよね。
しかしインターンで全落ちしたからと言って、深く悩む必要はありませんよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

そこでこの記事では、インターンの全落ちを回避する3つの対策を解説します。

合わせて、インターンに全落ちする理由や、全落ちしてしまった場合の対処法も紹介します。

この記事を読めば、「インターンに全落ちして、自信をなくしてしまった…」なんて失敗も避けられます。

「インターンに参加して、志望企業の選考を有利に進めたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

インターンに全落ちしたら本選考は受けられない?

就活生くん

僕は志望企業のインターンを全落ちしてしまいました。
インターンで落ちてしまった場合は、本選考は受けられないのでしょうか…?

結論から言うと、インターンで全落ちした企業でも、基本的に本選考は受けられますよ。
インターンと本選考の関係を、詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

基本的には受けられる

インターンに全落ちした企業でも、基本的に本選考は受けられます。

そもそも企業がインターンを実施している目的は、優秀な就活生を早期に囲い込み、採用へとつなげたいからです。

そのため、インターン時点では企業にとって魅力的でなく、全落ちしてしまうこともあります。

しかし本選考までに対策をすれば、インターンで落ちても内定をもらうことはできます。

企業の中には、インターンで落ちてしまった場合、本選考も受けられない可能性があります。
しかしほとんどの企業が、インターンで全落ちしても本選考は受けられるため、落ち着いて就活を進めましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

インターンで全落ちする理由

就活生くん

インターンを何社受けても全落ちしてしまう僕は、就職が向いていないんでしょうか…

インターンで全落ちしてしまうと、つらく悲しい気持ちになりますよね。
しかしインターンで全落ちするのには、次の3つの理由があります。

「就活の教科書」編集長 岡本

インターンで全落ちする理由
  • 理由①:ESの内容が薄いから
  • 理由②:WEBテストが解けていないから
  • 理由③:面接でうまく話せていないから

それでは、インターンで全落ちする理由をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

理由①:ESの内容が薄いから

インターンで全落ちする理由1つ目は、「ESの内容が薄いから」です。

「誤字脱字をしている」「抽象的な表現が多い」などの要因で、エントリーシート(ES)の質がイマイチな場合、インターンで落ちることが多くなります。

大企業や有名企業などのインターンは選考倍率が高く、そもそもESの時点で大半の就活生が落とされます。

周りの就活生よりも良いESを書くためには、何度もESを書いて練習をする、ES添削をしてもらうなどの対策をしましょう。

誤字脱字を防げたり内容の矛盾を減らせたりするなど、ES添削をしてもらうメリットは多いです。
「就活の教科書」でもエントリーシート添削(ES添削)をしているので、興味のある就活生は、ぜひES添削を試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

理由②:WEBテストが解けていないから

インターンで全落ちする理由2つ目は、「WEBテストが解けていないから」です。

WEBテストの合格点が取れず、インターンで全落ちする就活生も多いです。

WEBテストの合格点は企業によって異なりますが、大企業や有名企業の場合は、基準が高く設定してあることが多いです。

そのため、自分が受ける企業のWEBテストで合格点を取れるよう、あらかじめ対策をしておく必要があります。

WEBテストで出題される問題には、ある程度の傾向があります。
出題されやすい問題を何度も解くことで、誰でも簡単にWEBテストで高得点を取れるようになりますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

理由③:面接でうまく話せていないから

インターンで全落ちする理由3つ目は、「面接でうまく話せていないから」です。

質問の意図に合っていない回答をしていたり、面接で緊張しすぎていてうまく話せていない場合も、インターンで落ちやすくなります。

大企業や有名企業などのインターンでは、選考に面接を課されることも多いです。

そのため、大企業のインターンを受けたい就活生は、インターンの段階から面接対策をしておく必要があります。

面接で緊張しない方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

インターンの全落ちを回避する3つの対策

就活生ちゃん

私は志望企業のインターンにどうしても参加したいので、全落ちしたくないです。
インターンで全落ちしないためには、どうすれば良いでしょうか?

インターンの全落ちを回避するためには、次の3つの対策を試してみましょう。
インターンで全落ちしにくくなるはずですよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

インターンの全落ちを回避する3つの対策
  • 対策①:早い時期から就活対策をする
  • 対策②:ES・WEBテスト対策をする
  • 対策③:面接対策をする

それでは、インターンの全落ちを回避する3つの対策を、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対策①:早い時期から就活対策をする

インターンの全落ちを回避する対策1つ目は、「早い時期から就活対策をする」です。

早い時期から就活対策をすることで、いざ就活が本格的に始まった頃には、周りの就活生よりも一歩リードして就職活動に臨めます。

具体的には、大学3年生の4月までには就活を始めるのがおすすめです。

「自己分析」「業界研究・企業研究」「OB訪問」「選考対策」など、就活に向けてできる対策はたくさんあります。

とは言っても、具体的にどんな対策をすれば良いのかわからない就活生も多いと思います。
早い時期からの就活対策については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対策②:ES・WEBテスト対策をする

インターンの全落ちを回避する対策2つ目は、「ES・WEBテスト対策をする」です。

エントリーシート(ES)がうまく書けていない場合は、文章の書き方を勉強しましょう。

文章の書き方を学ぶことで、人事を納得させられるエントリーシートを書けるようになります。

またWEBテストがあまり解けていない場合は、合格点を取れるよう、あらかじめWEBテスト対策をしましょう。

WEBテストの対策には、「これが本当のWEBテストだ!【2022年版】」が本当におすすめです。
出題されやすい順に問題が書かれているため、インターンの選考もこの1冊で対策ができます。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

エントリーシート(ES)の書き方、WEBテストの対策方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

対策③:面接対策をする

インターンの全落ちを回避する対策3つ目は、「面接対策をする」です。

面接対策をすることで、インターンの選考で難しい質問をされた場合にも、柔軟に対応できます。

面接対策は、「友人と一緒に面接の質問を出し合う」「キャリアセンターを使う」など、様々な方法があります。

自分に合った方法で面接対策をしてみることで、インターンの全落ちも回避できるようになります。

面接対策のやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

他にも、インターンで落ちた後にすべきことについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

インターンで全落ちしてしまった場合は?

就活生くん

しっかりと対策をしたつもりでしたが、インターンで全落ちしてしまいました。
もう就活に向けてやる気も出ません…

インターンで全落ちしてしまうと、何もやる気がなくなることもありますよね。
しかしきちんと対策をすれば、本選考でも内定をもらうことはできますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

インターンで全落ちしてしまった場合の対処法
  • 対処法①:自己分析をする
  • 対処法②:違う業界も視野に入れてみる
  • 対処法③:OB訪問をする

それでは、インターンで全落ちしてしまった場合の対処法について、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対処法①:自己分析をする

インターンで全落ちしてしまった場合の対処法1つ目は、「自己分析をする」です。

自己分析はやり方が様々あり、できたつもりになっていても、実は最後までできていない場合が多いです。

自己分析をしっかりと深めることで、自分の性格に合っている企業や、やりたいことを実現できる業界・企業が見つかり、インターンも全落ちしないようになります。

自己分析の正しいやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対処法②:違う業界も視野に入れてみる

インターンで全落ちしてしまった場合の対処法2つ目は、「違う業界も視野に入れてみる」です。

自分に合っていない業界・企業のインターンを受けてしまっているために、全落ちしている就活生も多いです。

自己分析をしてみることで、自分に向いている業界・企業が見つかる可能性もあります。

今まで見ていなかった業界も、調べてみると、意外と興味を惹かれることもあります。
なるべく多くの業界のインターンに参加することで、後悔しない就活ができますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対処法③:OB訪問をする

インターンで全落ちしてしまった場合の対処法3つ目は、「OB訪問をする」です。

志望業界・企業で実際に働いている人にOB訪問をすることで、業界理解・企業理解を深められます。

またOBによっては、ES添削(エントリーシート添削)や、面接対策なども手伝ってくれる場合があります。

インターンに限らず、就活においてOB訪問をするメリットはたくさんあります。
OB訪問のやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

インターンシップに関するよくある質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

 

まとめ:インターンで全落ちしても、対策すれば内定はもらえる

この記事では、インターンの全落ちを回避する3つの対策を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、インターンに全落ちする理由や、全落ちしてしまった場合の対処法も紹介しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本

インターンの全落ちを回避する3つの対策まとめ

インターンに全落ちしたら本選考は受けられない?

  • 基本的には受けられる

インターンで全落ちする理由

  • 理由①:ESの内容が薄いから
  • 理由②:WEBテストが解けていないから
  • 理由③:面接でうまく話せていないから

インターンの全落ちを回避する3つの対策

  • 対策①:早い時期から就活対策をする
  • 対策②:ES・WEBテスト対策をする
  • 対策③:面接対策をする

インターンで全落ちしてしまった場合は?

  • 対処法①:自己分析をする
  • 対処法②:違う業界も視野に入れてみる
  • 対処法③:OB訪問をする

インターンで全落ちしても、本選考は受けられるので安心してください。
またサマーインターンで落ちた場合でも、冬インターンを受けることもできます。
インターンで全落ちしてしまった場合は、「自己分析をする」「違う業界も受けてみる」など対策をして、内定につなげましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本