【頻出問題は?】SPIの出題範囲を言語・非言語に分けて解説 | WEBとテストセンターの違いも

本ページはプロモーションを含みます

この記事でわかること
はじめに
この記事では、SPIの出題範囲と頻出問題について解説します。

あわせて、SPIの「基礎能力検査(言語・非言語)」「性格検査」「英語検査(ENG)」「構造的把握力検査」の頻出問題と出題範囲や、テストセンターとWEBテスティングでの出題範囲の違いも解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、「SPIやテストセンターで落ちたくない」「Webテストを効率的に勉強したい」という人は、SPIやWebテストの例題を短時間で練習できる「SPI頻出問題集(公式LINEで無料配布)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば、SPIでのWEBテスト・テストセンターの出題範囲と頻出問題をすべて知ることができます。

「SPIをこれから受験するけどどんな問題が出るのか分からない…」と悩みを抱えている人はぜひ最後まで読んでください。

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはLognavi WEBテスト本番の問題に近い練習をして、効率良く得点をUPさせるのがおすすめです。

ちなみにLognavi WEBテスト以外にも、公式LINEで簡単に利用できる「SPI頻出問題集」、251問の性格診断「適性診断AnalyzeU+もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】SPI勉強のおすすめツール(無料)

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はSPI頻出問題集で練習問題を解いてみるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

SPIやWebテスト対策はもう済んだ?

「SPIを短時間で対策」「もっといろんな問題を解いて試験に慣れたい!」なら、就活の教科書公式LINEから誰でも無料で受け取れるSPI頻出問題集」がおすすめです。

SPI頻出問題集は、豊富な言語・非言語問題と丁寧な解説付きなので、練習すればSPIやWebテストで高得点を狙えます。

「実際の問題と類似してる点が多く、非常に役立ちました。」との口コミがあるように、本番のテストに近い問題や、多くの就活生が苦手としている二字熟語、四字熟語の頻出まとめなどもわかります。

点数が一気に伸びた人も多いので、ぜひ公式LINEからGETしてみてくださいね。

\ 140,000人以上が利用中! / SPI練習問題を解く
(SPI頻出問題集)
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-spi/)

*公式LINE限定で無料配布中!

SPIのWEBテスト/テストセンターの出題範囲は?頻出度もあわせて紹介

就活生ちゃん

私はSPIはまだ受けたことが無いので、出題範囲を知りません。

英語や構造把握も出ると聞いたのですが本当ですか?

就活生くん

SPIはテストセンターだけ受けたことがあるのですが、WEBテストだと出題範囲が違うんですか?

SPIには様々な種類があるので、出題範囲や頻出問題を把握しきれませんよね。

ですが、SPI攻略のためには、出題範囲と頻出問題を知っておくことはかなり重要です。

SPIは受験形式ごとに出題範囲が違うので、違いを以下の表にまとめました。

これから詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 しほ

科目 WEBテスティング テストセンター
言語
非言語
性格検査
英語 × △(企業による)
構造把握 × △(企業による)

〇:出題される ×:出題されない

ちなみに、「SPIやテストセンターで落ちたくない」「Webテストを効率的に勉強したい」という人は、SPIやWebテストの例題を短時間で練習できる「SPI頻出問題集(公式LINEで無料配布)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

SPI言語/非言語/性格検査は必須

SPIには「言語」「非言語」「性格検査」「英語(ENG)」「構造的把握力」の5科目がありますが、言語・非言語・性格検査の3科目については、WEBテスティング(自宅受験)でもテストセンターでも必ず出題されます。

また言語・非言語・性格に関しては、企業を問わず必ず受検する項目なので、しっかりと対策しておく必要があります。

言語分野(国語)では「二語の関係」「熟語の意味」「語句の用法」などが出題され、非言語分野(算数)では「推論」「図表の読み取り」「集合」「確率」「順列・組合せ」「割合と比」などが出題されます。

言語、非言語ともに、知識よりも思考力を問うことを目的としているため、いわゆる「一般常識問題」とは全く異なる問題傾向になっています。

 

SPI英語(ENG)/構造把握はまれ

SPIの「英語」「構造把握」の2科目はテストセンターでしか出題されません。

そして、この2科目に関しては、出題されるかは企業によりますが、この2科目を課す企業は多くありません。

以下では、SPIテストセンターで英語・構造把握問題を出題したことのある企業の一部を紹介します。

SPI英語の採用企業例
  • 伊藤忠商事
  • 三菱商事
  • 三井不動産
  • 電通
  • ゴールドマンサックス
  • NTTコミュニケーションズ
  • 日本郵船
  • 丸紅
  • 三菱重工業
  • JAL
  • ANA
SPI構造把握の採用企業例
  • 伊藤忠商事
  • 三菱商事
  • 三菱重工業
  • 電通
  • 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
  • アビームコンサルティング
  • 富士フイルム
  • 第一三共
  • リクルートマネジメントソリューションズ

SPI英語・構造把握は、難関企業で出題頻度が高くなっていますね。

SPIテストセンターの英語・構造把握の出題問題については以下の記事で解説しているので、気になる人はぜひ確認してみてください。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

また「SPIの出題範囲や例題」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒  【落ちたら内定無理!】就活のSPIとは? | SPIの例題と対策方法,おすすめ参考書を解説!【就活:転職】

 

 

「SPIやWebテストでどんな問題が出るか知りたい」「自分の実力を他の就活生と比べながら知りたい」という方は、Lognavi WEBテストを使うのがおすすめです!

Lognavi WEBテストでは、208問のWEB模擬テスト(言語・非言語108問、性格診断90問)を受けることができ、自分のSPI偏差値が分かるので全国の就活生と比べた時の自分の実力が分かります。

まずは自分の実力を測ることで効率的にSPIの対策を進めることができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「Lognavi WEBテスト」は言語と非言語の頻出問題を練習できる
  • 模擬テスト(言語・非言語118問)で頻出問題を網羅
  • 自分のSPI偏差値が分かる
  • 本番の問題に近い練習ができる

「SPI言語」の出題問題と頻出度

まず最初に「SPI言語ではどんな問題が出るのか」「SPI言語の出題範囲/頻出問題」の2つについて説明をします。

 

SPI言語とは

SPI能力検査の「言語分野」とは、言葉の意味や文章の要点を素早く理解する力を見る試験です。

具体的には、熟語の成り立ちや、長文の空欄補充などの問題が出題されます。

中学生レベルの知識でも解ける問題がほとんどなので、難易度としてはそこまで高くありません。

しかし、短い時間で長文を理解する論理的思考力が求められるので、ある程度の練習が不可欠です。

 

SPI言語の出題範囲/頻出問題

基礎能力検査の「言語分野」の出題範囲と頻出度は以下の通りです。

言語 テストセンター WEBテスティング
 二語の関係 ×
 熟語の意味 ×
 熟語の成り立ち ×
 語句の用法 ×
 文の並べ替え
 空欄補充
 長文読解

◎:高い頻度で出題される ○:出題される ×:出題されない

続いて、各問題について内容を説明していきます。

  • 二語の関係:最初に提示された二語の関係を考え、①同じ関係を探す問題と、②同じ関係になる熟語を探す問題があります。
  • 熟語の意味:提示された意味に合致する言葉を探す問題です。二字熟語が多く出題されますが、中には動詞、副詞の意味を問う問題もあります。
  • 熟語の成り立ち:二字熟語の相互の漢字の関係、成り立ち方を見分ける問題です。
  • 語句の用法:提示された設問文内の語句と同じ意味で使われているものを、選択肢から選ぶ問題です。
    ①「多義語」の意味を問うものと、②「文法」を問うものがあります。
  • 文の並べ換え:バラバラに並べられた語句を、正しい順番に並べ換える問題です。
    ①「文節」を並べ換えるタイプと、②「文章」を並べ換えるタイプがあります。
  • 空欄補充:文章の中の空欄に入る言葉として適切なものを回答する問題です。
  • 長文読解:長文を読んで内容の正誤を答える問題です。

言語分野は非言語分野に比べ、出題範囲があまり広くありません。

それぞれの範囲について覚えておくべきパターンやコツがありますので、それらを網羅的に対策することをおすすめします!

SPIテストセンターの言語の出題問題について詳しく知りたい人は、次のリンク先の記事を読んでください。

「就活の教科書」編集部 しほ

【分野別】SPI言語の問題対策

 

SPIやWebテスト対策はもう済んだ?

「SPIを短時間で対策」「もっといろんな問題を解いて試験に慣れたい!」なら、就活の教科書公式LINEから誰でも無料で受け取れるSPI頻出問題集」がおすすめです。

SPI頻出問題集は、豊富な言語・非言語問題と丁寧な解説付きなので、練習すればSPIやWebテストで高得点を狙えます。

「実際の問題と類似してる点が多く、非常に役立ちました。」との口コミがあるように、本番のテストに近い問題や、多くの就活生が苦手としている二字熟語、四字熟語の頻出まとめなどもわかります。

点数が一気に伸びた人も多いので、ぜひ公式LINEからGETしてみてくださいね。

\ 140,000人以上が利用中! / SPI練習問題を解く
(SPI頻出問題集)
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-spi/)

*公式LINE限定で無料配布中!

「SPI非言語」の出題問題と頻出度

次に「SPI非言語ではどんな問題が出るのか」「SPI非言語の出題範囲/頻出問題」の2つについて説明をします。

 

SPI非言語とは

SPI能力検査の「非言語分野」とは、数的な処理能力や論理的思考能力を見る試験です。

具体的には、中学~高校レベルの数学知識が必要になる問題が出題されます。

順列や確率など、公式を覚えていないと解けない問題も出題されるため、数学が苦手な人は時間をかけて対策する必要があります。

 

SPI非言語の出題範囲/頻出問題

基礎能力検査の「非言語分野」の出題範囲と頻出度は以下の通りです。

非言語 テストセンター WEBテスティング
 推論
 図表の読み取り
 集合
 順列・組合せ
 確率
 割合・比
 料金の割引
 損益算
 分割払い・仕事算
 速さ
 代金の精算 ×
 資料の読み取り ×
 長文読み取り計算 ×
 整数の推測 ×

◎:高い頻度で出題される ○:出題される ×:出題されない

非言語分野は言語分野よりも幅広い分野から出題されますので、頻出度の高いものから対策していきましょう。それぞれの問題について、必要な数学的知識やポイントを押さえることをおすすめします!

基本的に出題される内容は中学受験や中学校で習った範囲から出るので、数学が苦手な人はそういった基礎的な計算方法なども復習しておきましょう!

SPIテストセンターの非言語の出題問題の解説は以下のリンク先の記事で紹介しています。

「就活の教科書」編集部 しほ

【単元別】SPI非言語の問題一覧

 

SPI/テストセンターの対策に役立つ記事一覧

「志望企業の選考にSPIがあるけど、時間が足りない」という就活生には以下の記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、SPIの能力検査と性格検査対策方法について知れ、簡単に選考を通過できるようになるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

SPI/テストセンターの対策方法
                                                   

「SPIやWebテストでどんな問題が出るか知りたい」「自分の実力を他の就活生と比べながら知りたい」という方は、Lognavi WEBテストを使うのがおすすめです!

Lognavi WEBテストでは、208問のWEB模擬テスト(言語・非言語108問、性格診断90問)を受けることができ、自分のSPI偏差値が分かるので全国の就活生と比べた時の自分の実力が分かります。

まずは自分の実力を測ることで効率的にSPIの対策を進めることができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「Lognavi WEBテスト」は言語と非言語の頻出問題を練習できる
  • 模擬テスト(言語・非言語118問)で頻出問題を網羅
  • 自分のSPI偏差値が分かる
  • 本番の問題に近い練習ができる

「SPI性格検査」の出題問題

次に「SPI性格検査ではどんな問題が出るのか」「SPI性格検査の問題例と回答する時のポイント」の2つについて説明をします。

 

SPI性格検査とは

SPIの「性格検査」とは、学生が企業の風土や職種、業務内容に、どの程度適しているかを客観的に判定するための検査です。

日常の行動傾向や考え方について問われます。

この「性格検査」は他の検査項目がテストセンター受検の場合でも、自宅での事前受検になります。

「性格検査」は3部構成になっていて、第1部は左右で組になった質問文に対して、最も近い回答を選びます。

第2部は、1つの質問文に対してどの程度当てはまるかを選びます。第3部は、第1部と同じ形式です。

 

SPI性格検査の問題例とポイント

性格検査では次のような問題が出題されます。

SPI性格検査の問題例

問1 A)うそも方便である B)うそはついてはいけない

  • Aに近い
  • どちらかといえばAに近い
  • どちらかといえばBに近い
  • Bに近い

問2 何事も継続が大切だ。

  • あてはまる
  • どちらかといえばあてはまる
  • どちらかといえばあてはまらない
  • あてはまらない

SPI性格検査を回答する時の注意点・ポイントは以下の2点です。

性格検査のポイント
  1. 考え込まずにサクサクと全問回答!
    「性格検査」は非常に問題数が多いので、一つひとつの質問に考え込まず、サクサクと回答していきましょう!
  2. 飾らず正直に!回答に一貫性を!
    つい自分のことをよく見せようと、本心とは違った回答を選びたくなってしまうかと思います。
    しかしそうすると、1回の検査の中で似たようなことを聞かれているにも関わらず、異なる回答を選んでしまうなど、矛盾が生まれていまいます。飾らず正直に回答していきましょう!

SPIテストセンターの性格検査の出題問題の解説は以下のリンク先の記事で紹介しています。

「就活の教科書」編集部 しほ

SPI性格検査の問題と対策

 

 

SPIやWebテスト対策はもう済んだ?

「SPIを短時間で対策」「もっといろんな問題を解いて試験に慣れたい!」なら、就活の教科書公式LINEから誰でも無料で受け取れるSPI頻出問題集」がおすすめです。

SPI頻出問題集は、豊富な言語・非言語問題と丁寧な解説付きなので、練習すればSPIやWebテストで高得点を狙えます。

「実際の問題と類似してる点が多く、非常に役立ちました。」との口コミがあるように、本番のテストに近い問題や、多くの就活生が苦手としている二字熟語、四字熟語の頻出まとめなどもわかります。

点数が一気に伸びた人も多いので、ぜひ公式LINEからGETしてみてくださいね。

\ 140,000人以上が利用中! / SPI練習問題を解く
(SPI頻出問題集)
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-spi/)

*公式LINE限定で無料配布中!

オプション検査「英語検査(ENG)」とは?

「英語検査(ENG)」及び「構造力把握能力検査」はテストセンター受検の際に、企業によっては検査項目となるオプション検査です。

商社や広告代理店など、就活最難関と呼ばれる業界で多数採用されている検査です。

 

SPI英語検査(ENG)の出題範囲/頻出問題

「英語検査(ENG)」では、以下の3種類の問題が出題されます。

SPI英語の出題範囲
  1. 同意語、反意語など語彙力を問う問題
  2. 文法や用法の問題
  3. 長文読解(空欄補充や内容一致問題)

これらの問題は、全体として中学〜大学受験レベルの問題が多く、難易度はさほど高くはありません。

大学受験レベルの問題を解ける方は、容易に対応することができるでしょう。

しかし、制限時間が少ないために一つ一つの問題を素早く解く必要があるので、練習の段階から時間を意識して対策する必要があります。

有効な対策としては、基礎的な単語力を磨くとともに、問題形式に慣れることがおすすめです!

 

「SPIやWebテストでどんな問題が出るか知りたい」「自分の実力を他の就活生と比べながら知りたい」という方は、Lognavi WEBテストを使うのがおすすめです!

Lognavi WEBテストでは、208問のWEB模擬テスト(言語・非言語108問、性格診断90問)を受けることができ、自分のSPI偏差値が分かるので全国の就活生と比べた時の自分の実力が分かります。

まずは自分の実力を測ることで効率的にSPIの対策を進めることができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「Lognavi WEBテスト」は言語と非言語の頻出問題を練習できる
  • 模擬テスト(言語・非言語118問)で頻出問題を網羅
  • 自分のSPI偏差値が分かる
  • 本番の問題に近い練習ができる

オプション検査「構造力把握能力検査」とは?

「構造的把握能力検査」もテストセンター受検の際に、企業によっては検査項目となるオプション検査の一つです。

 

SPI構造的把握能力検査の出題範囲/頻出問題

「構造的把握能力検査」では4~5つの選択肢を読み、その文章構造や性質によって分類する問題が出題されます。

問題は、非言語系と言語系の問題があります。

具体的に、言語問題では設問の文章と構造が似ている文章を選択肢から選ぶ形式の問題、非言語系の問題では設問の計数問題と解法の形式等が同様の問題を選択肢から選ぶ形式の問題があります。

対策としては、例題を解き、基本パターンや解く手順を身につけることがおすすめです!この構造力把握を重視している企業も一定数ありますので、しっかり対策には励みましょう!

以上、今回は各検査項目の出題範囲について解説しました。

どの項目も、問題集等で例題を解き問題形式に慣れたり、パターンを覚えるなど、早めに対策をしておくと良いです。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

SPIやWebテスト対策はもう済んだ?

「SPIを短時間で対策」「もっといろんな問題を解いて試験に慣れたい!」なら、就活の教科書公式LINEから誰でも無料で受け取れるSPI頻出問題集」がおすすめです。

SPI頻出問題集は、豊富な言語・非言語問題と丁寧な解説付きなので、練習すればSPIやWebテストで高得点を狙えます。

「実際の問題と類似してる点が多く、非常に役立ちました。」との口コミがあるように、本番のテストに近い問題や、多くの就活生が苦手としている二字熟語、四字熟語の頻出まとめなどもわかります。

点数が一気に伸びた人も多いので、ぜひ公式LINEからGETしてみてくださいね。

\ 140,000人以上が利用中! / SPI練習問題を解く
(SPI頻出問題集)
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-spi/)

*公式LINE限定で無料配布中!

【短期間でできる】SPIやその他のWebテスト選考を通過するための対策法

就活生くん

SPIや玉手箱、その他のWebテストをいろんな企業の選考で受けないといけないのですが、SPI対策以外にもESや面接などに時間を使いたいです。

短期間で合格ラインまで持っていけるような対策法はないのでしょうか?

短期間でSPIやWebテストの対策をして選考にサクッと通過できるようにしたい就活生は多いです。

そこでここでは、短期間でできるSPIやその他のWebテスト選考を通過するための対策法を紹介しますね。

先に結論を伝えておくと、SPIやWebテストの良く出る問題を練習しておくのが一番おすすめですね!

就活アドバイザー 京香

タイトル
  • 対策法:SPIやWebテストのよく出る問題を練習しておく
  • 対策法:性格テストの模擬練習をしておく
  • 対策法:SPI対策本を買って苦手分野の問題に取り組む

それでは、それぞれ解説していきます。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:SPIやWebテストのよく出る問題を練習しておく

短期間でできるSPIやその他のWebテスト選考を通過するための対策法は「SPIやWebテストのよく出る問題を練習しておく」ことです。

SPIや玉手箱、Webテストでは、毎回似たような問題が数多く出題されるため、頻出問題だけでも勉強しておくことで合格ラインを越えられることが多いです。

そこで問題をたくさん練習したい方は、SPIやWebテストの問題を網羅したSPI頻出問題集を使うのがおすすめです。

「SPI頻出問題集」は非言語と言語の頻出問題を徹底的に練習できる
  • 言語・非言語両方の頻出問題が網羅されている
  • 二字熟語90選/四字熟語50選で言語の対策がしっかりとれる
  • 実際の問題に近い演習ができる

\ 140,000人以上が利用中! /
 SPIの練習問題を解く
(SPI頻出問題集)

*公式LINE限定で無料配布中!

SPI頻出問題集「実際の問題と類似してる点が多く、非常に役立ちました。」という非常に信頼性の高い口コミがありますよ。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:性格テストの模擬練習をしておく

短期間でできるSPIやその他のWebテスト選考を通過するための対策法は「性格テストの模擬練習をしておく」ことです。

実は就活生にはあまり知られていないですが、SPIやWebテストでは性格検査で落ちることがよくあります。

言語や非言語の問題だけを対策していると、性格テストで落ちることになってしまうため、性格テストの対策もする必要があります。

そこでおすすめなのが、本番同様にSPIの性格テストを体験できる適性診断AnalyzeU+です。

「適性診断AnalyzeU+」ならSPIやWebテストの本格的な性格テスト練習ができる
  • 251問の質問があるのでSPIやWebテストの性格検査の対策に向いている
  • 100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • ついでに診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる

\ 大手,優良企業からスカウトが届く! /
 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

適性診断AnalyzeU+「SPIの性格検査以外にもちゃんと自分の強みがわかる」という点で非常に就活生からの評価が高い診断ですよ。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:SPI対策本を買って苦手分野の問題に取り組む

短期間でできるSPIやその他のWebテスト選考を通過するための対策法は「SPI対策本を買って苦手分野の問題に取り組む」ことです。

SPIの対策本には、どのように対策すべきかやどんな問題が出題されるのかが詳しくまとめられています。

そのため、しっかりと対策したい方にはSPIの参考書をおすすめします。

2023最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

2023最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

オフィス海
2,406円(07/13 15:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

SPIの問題集を反復して解くうちに、SPIの問題形式になれることが出来ます

解く時にはしっかりと時間を計測して練習しましょうね。

就活アドバイザー 京香

 

「SPIやWebテストでどんな問題が出るか知りたい」「自分の実力を他の就活生と比べながら知りたい」という方は、Lognavi WEBテストを使うのがおすすめです!

Lognavi WEBテストでは、208問のWEB模擬テスト(言語・非言語108問、性格診断90問)を受けることができ、自分のSPI偏差値が分かるので全国の就活生と比べた時の自分の実力が分かります。

まずは自分の実力を測ることで効率的にSPIの対策を進めることができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「Lognavi WEBテスト」は言語と非言語の頻出問題を練習できる
  • 模擬テスト(言語・非言語118問)で頻出問題を網羅
  • 自分のSPI偏差値が分かる
  • 本番の問題に近い練習ができる

まとめ:SPIのテストセンター/WEBテスティングは頻出問題を攻略しよう

本記事「【言語・非言語】SPIの頻出問題/出題範囲をすべて解説 | WEBとテストセンターの違いも」はいかがでしたか?

今回は「SPIの出題範囲と頻出問題」について詳しく説明しました。

また、SPIの「基礎能力検査(言語・非言語)」「性格検査」「英語検査(ENG)」「構造的把握力検査」の頻出問題と出題範囲や、テストセンターとWEBテスティングでの出題範囲の違いについても合わせて解説しました。

SPIに受かるためには、WEBテスト・テストセンターの頻出問題を攻略するのが重要です。

これからSPI受験をする就活生の方は、この記事で紹介した頻出問題を対策して、SPIを突破しましょう。

以下がこの記事のまとめです。

この記事のまとめ

SPIのWEBテスト/テストセンターの出題範囲は?頻出度もあわせて紹介

  • SPI言語/非言語/性格検査は必須
  • SPI英語(ENG)/構造把握はまれ

「SPI言語」の出題問題と頻出度

  • SPI言語とは
  • SPI言語の出題範囲/頻出問題

「SPI非言語」の出題問題と頻出度

  • SPI非言語とは
  • SPI非言語の出題範囲/頻出問題

「SPI性格検査」の出題問題

  • SPI性格検査とは
  • SPI性格検査の問題例とポイント

オプション検査「英語検査(ENG)」とは?

  • SPI英語検査(ENG)の出題範囲/頻出問題

オプション検査「構造力把握能力検査」とは?

  • SPI構造的把握能力検査の出題範囲/頻出問題

【やばい人必見!】SPI/Webテストが短時間で対策できるおすすめのサービス

まとめ:SPIのテストセンター/WEBテスティングは頻出問題を攻略しよう