>> 就活に役立つおすすめサイトまとめました <<

【例文あり】Web面接の最初の挨拶は「こんにちは」でOK | オンライン面接のポイント,注意点も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • Web(オンライン)面接は最初の挨拶で印象が決まる
  • Web(オンライン)面接の最初の挨拶は「こんにちは」か「よろしくお願いします」
  • Web(オンライン)面接の最後の挨拶の例文
  • Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時のポイントは明るく笑顔で挨拶をすること
  • Web(オンライン)面接の入室時で最初に挨拶をする時の注意点

こんにちは。「就活の教科書」編集部のハリーです。

今回は、Web(オンライン)面接の挨拶について解説していきます。

Web面接の最初の挨拶って、何て言えばいいのか悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ハリー

就活生くん

確かに、Web面接の挨拶で対面の面接みたいに「失礼します」って言うのもおかしいですよね・・・

就活生ちゃん

言われてみればそうですね。

どういうところに気をつけて挨拶すればいいんでしょうか・・・?

Web面接の挨拶は、どうしても悩みますよね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

そこで、この記事ではWeb面接の最初の挨拶は何にすべきかについて解説します。

あわせて、Web面接の退出時の挨拶の例文を紹介します。

この記事を読めば、Web面接の適切な挨拶が分かり、スムーズに面接に臨めるようになります。

Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時のポイントも紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

Web(オンライン)面接は最初の挨拶で印象が決まる

就活生くん

そもそも、Web面接なら適当に挨拶しても、そこまでマイナスにならなさそうなイメージはあります。

実は、Web面接の挨拶はめちゃくちゃ大切なんです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

Web面接は対面の面接と比べると、相手の性格や特徴を把握するのが難しい傾向にあります。

なぜなら、面接官からすれば、就活生を判断する材料はカメラに写っている映像とマイク越しの音声のみとなるからです。

そのため、話す内容に加えて挨拶も、面接官に与える印象に大きく寄与してくるのです。

ファーストインプレッションはめちゃくちゃ大切です。

元気よく挨拶しましょう。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

【入室時】Web(オンライン)面接の最初の挨拶は「こんにちは」でいいの?

就活生ちゃん

Web面接で挨拶が大切なのは分かりました!

けど、実際はどんな挨拶をすればいいのか分からなくて・・・

Web面接の最初の挨拶は「こんにちは」もしくは「よろしくお願いします」で大丈夫です。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

結論:挨拶は「こんにちは」or「よろしくお願いします」でOK

ドアをノックして入室するところから始まる通常の面接とWeb面接は、始まり方が異なるため、Web面接の挨拶に悩む就活生は多いです。

しかし、あまり複雑に考えすぎず、最初の挨拶は「こんにちは」もしくは「よろしくお願いします」で問題ありません。

「こんにちは」も「よろしくお願いします」も、失礼な言葉ではないため、無難にどちらかの挨拶を使っておけば大丈夫です。

最初の挨拶を間違えたことが原因で選考に落とされることは、まずありません。

自信を持って、元気よく挨拶しましょう!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

挨拶①:「こんにちは」の例文

こんにちは!

〇〇大学〇〇学部〇〇学科〇年の〇〇(名前)と申します。

「こんにちは」から始めるタイプの挨拶です。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

挨拶②:「よろしくお願いいたします」の例文

よろしくお願いいたします。

〇〇大学〇〇学部〇〇学科〇年の〇〇(名前)です。

「よろしくお願いいたします」から始めるタイプの挨拶です。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

【退出時】Web(オンライン)面接の最後の挨拶の例文

就活生くん

Web面接の最初の挨拶は「こんにちは」か「よろしくお願いします」でいいんですね!

逆に、退出時の挨拶はどうすればいいですか?

では、Web面接の退出時の挨拶の例文を紹介しますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

本日はお時間いただき、ありがとうございました。

それでは失礼いたします。

退出時にはダラダラと喋り過ぎず、「ありがとうございました」と端的に伝えたらすぐに退出しましょう。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

ちなみにWeb面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析ツールは、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

複数の自己分析ツールを併用することで、「社会人で求められる力」「性格傾向」「強み」など、より様々な観点で自分を知ることができるのでぜひ利用してみてくださいね。

人事さん

おすすめの自己分析ツール
 

「Web面接で落ちるなんて嫌だ!」そうだ、面接力診断をしよう。

面接力診断では、あなたの現状の面接戦闘力や、あなたが今するべき面接対策の全てがわかります。

診断結果のアドバイスから評価の高い受け答えができるようになり、企業から内定をもらいやすくなります。

もし「面接に自信がない」「面接ってどこまで準備すればいいの」と悩んでいるなら試してみてください。

>> 面接力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時のポイント

就活生ちゃん

Web面接の退出時の挨拶も分かりました!

あとは、入室時と退出時の挨拶で、意識しておいた方がいいポイントってありますか?

Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時のポイントは下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時のポイント
  • 明るく笑顔で挨拶をする
  • 話すスピードはゆっくりにする
  • ゆっくりお辞儀をする

それでは、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

ポイント①:明るく笑顔で挨拶をする

Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時のポイント1つ目は、明るく笑顔で挨拶をするです。

Web面接に限った話ではありませんが、明るく元気な挨拶をするのは人としての基本です。

特に、Web面接で就活生の普段の雰囲気を100%伝えきることは、ほぼ不可能です。

そのため、Web面接ではいつも以上に明るく笑顔で挨拶することが重要になるのです。

私も最初の挨拶は、普段の3割増ぐらい明るくするように意識していましたね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

ポイント②:話すスピードはゆっくりにする

Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時のポイント2つ目は、話すスピードはゆっくりにするです。

パソコンやWi-Fiのスペックによっては音声がクリアにならないことがあります。

そうなると、Web面接では就活生の発言を面接官が聞き取りづらいと感じてしまいます。

パソコンやWi-Fiのスペックに関しては仕方のない部分もありますが、少しでも声を届かせようとするためにゆっくり話す努力は必要になるのです。

加えて、緊張すると早口になりやすくなります。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

ポイント③:ゆっくりお辞儀をする

Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時のポイント3つ目は、ゆっくりお辞儀をするです。

一般的にお辞儀は角度が重要視されますが、Web面接ではお辞儀の角度まで把握することはできません。

そのため、ゆっくりとお辞儀をすることで、しっかりとお辞儀をしている、というアピールになります。

対面の面接以上に、挨拶等の礼儀作法が重要になるWeb面接では、ゆっくりとお辞儀することまで意識する必要があるのです。

椅子に座っている自分の太ももが見えるぐらいまで、ゆっくりとお辞儀しましょう!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

Web(オンライン)面接の入室時で最初に挨拶をする時の注意点

就活生くん

Web面接の挨拶のポイントは分かりました!

それ以外に、Web面接の挨拶で注意しておいた方がいいことって何かありますか?

Web(オンライン)面接の入室時で最初に挨拶をする時の注意点は下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時の注意点
  • 座ったまま挨拶をしても大丈夫
  • 立って挨拶をする時はカメラの位置に注意する
  • 挨拶する時はカメラを見る

それでは、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点①:座ったまま挨拶をしても大丈夫

Web(オンライン)面接の入室時で最初に挨拶をする時の注意点1つ目は、座ったまま挨拶をしても大丈夫です。

通常の面接では立って挨拶するのが常識ですが、Web面接では座ったままで挨拶をしても全く問題はありません。

逆に、Web面接で立って挨拶をすると、面接官から「変な人」と思われてしまう可能性もあります。

Web面接では、座ったままでも、丁寧に挨拶をすれば問題はないのです。

実は初めてのWeb面接で、立ったまま「こんにちは!」と挨拶したことがあるんですが、後日友達にその話をしたら爆笑されてしまいました(笑)

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点②:立って挨拶をする時はカメラの位置に注意する

Web(オンライン)面接の入室時で最初に挨拶をする時の注意点2つ目は、立って挨拶をする時はカメラの位置に注意するです。

シチュエーションとしては少ないですが、Web面接でも立って挨拶をした方がいい場合は、顔と上半身が映る位置にカメラを設置しておく必要があります。

また、設置段階では問題なくても、お辞儀をするとカメラに映らなくなることもあるため、面接前のシミュレーションは必須です。

せっかく丁寧な挨拶をしていても、カメラに映らなければ挨拶をしていないのと同じなので、カメラの位置には細心の注意を払いましょう。

近すぎると間違いなくカメラに映らないので、立って挨拶をするときは少し遠めの位置にカメラを設置しましょう。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点③:挨拶する時はカメラを見る

Web(オンライン)面接の入室時で最初に挨拶をする時の注意点3つ目は、挨拶する時はカメラを見るです。

多くの就活生は面接官が映っている画面を見て挨拶してしまっており、面接官には「この就活生は、目を見て話していない」という評価されてしまっています。

目線はWeb面接の難しいポイントではありますが、逆にそこを意識するだけで、面接官からの印象はプラスになります。

カメラ目線での挨拶は、ほとんどの就活生ができていないのことのため、”カメラに目を合わせるだけ”で面接官からは自信があるように映るのです。

私も、Web面接のときには、カメラ目線をとにかく意識していました。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接で話せる自分の強みを簡単に見つけたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー

メモ

代表的な自己分析ツールには、以下のようなものがあります(同時利用がおすすめ)

自己分析ツールで自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですよ。

おすすめの自己分析ツールの評判や使い方は、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ16選 | 簡単な適性診断サイト,アプリ (全て無料)という記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

まとめ:Web(オンライン)面接での最初の挨拶は明るい表情でゆっくりお辞儀をしよう

さて本記事、「【例文あり】Web面接の最初の挨拶は「こんにちは」でOK | オンライン面接のポイント,注意点も」はいかがだったでしょうか?

この記事ではWeb面接の最初の挨拶は何にすべきかについて解説しました。

あわせて、Web面接の退出時の挨拶の例文を紹介しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

本記事のまとめ

◆Web(オンライン)面接は最初の挨拶で印象が決まる

◆【入室時】Web(オンライン)面接の最初の挨拶は「こんにちは」でいいの?

  • 結論:挨拶は「こんにちは」or「よろしくお願いします」でOK
  • 挨拶①:「こんにちは」の例文
  • 挨拶②:「よろしくお願いいたします」の例文

◆【退出時】Web(オンライン)面接の最後の挨拶の例文

◆Web(オンライン)面接で入室時と退出時に挨拶をする時のポイント

  • ポイント①:明るく笑顔で挨拶をする
  • ポイント②:話すスピードはゆっくりにする
  • ポイント③:ゆっくりお辞儀をする

◆Web(オンライン)面接の入室時で最初に挨拶をする時の注意点

  • 注意点①:座ったまま挨拶をしても大丈夫
  • 注意点②:立って挨拶をする時はカメラの位置に注意する
  • 注意点③:挨拶する時はカメラを見る

Web面接の挨拶は分かりにくいことも多いですが、本記事を参考にして、Web面接の挨拶を上手くこなしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ハリー