>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【内定者が感じた】就活で失敗する人の特徴5選|失敗しないために対策しよう!

【内定者が感じた】就活で失敗する人の特徴5選|失敗しないために対策しよう!

こんにちは、「就活の教科書」編集部の渡辺です。
就活生の中には、こんな風に就活に不安を抱いている人もいるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生くん

就活がなかなか上手くいかず、失敗しそうで不安…

就活生ちゃん

就活がうまくいかなかったらどうしよう…
どんな学生が就活失敗しちゃうんだろう。

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の渡辺が、就活で失敗する人のよくある特徴5つと、失敗しないための方法を3つ紹介していきます。

この記事を読めば、就活での失敗する特徴を理解し、失敗を回避するためにどうすれば良いのか理解できます。

「就活で失敗したくない…」と不安な学生は、ぜひこの記事を参考にして見てください。

就活で失敗する人のよくある特徴5つ

さっそく、就活で失敗する人によくある特徴を5つ紹介します。

  1. そもそもやる気がない
  2. 自分に自信がない
  3. コミュニケーションを勘違いしている
  4. 自己分析ができていない
  5. 企業が見ているポイントを理解していない
就活で失敗する人にはいくつかの共通点があります。
失敗する原因を理解することで、就活をうまく進めましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴①:そもそもやる気がない

就活で失敗する人によくある特徴の一つ目は、「そもそもやる気がない」です。

当然といえば当然なのですが、就活に対してやる気がない人は選考でも不合格になりやすいです。

やる気を出した方が失敗しにくい理由は、「面接官もやる気のある人と働きたい」「就活では継続的に努力する必要がある」の大きく二つに分けることができます。

 

面接官もやる気のある人と働きたい

どうせ働くならあなたもやる気のある人と働きたいですよね。それは面接官も同じです。

精神論っぽい話ですが、私たちのやる気は周りの環境に依存するものです。

やる気のある人にとって、やる気のない人と働くことは苦痛でしかなく、(特にベンチャーの)就活ではうまくいきません。

 

就活では継続的に努力する必要がある

就活では「考えるべきこと」「やるべきこと」が多く、継続的に努力する必要があります。

自己分析・企業分析・OB訪問・面接対策…と限られた時間の中で多くのことをしなければなりません。

やる気がないと、それぞれにかけられる時間も少なくなりがちで、それぞれの精度も下がり、選考でも不合格になりやすいです。

 

特徴②:自分に自信がない

就活で失敗する人によくある特徴の二つ目は、「自分に自信がない」です。

自分に自信がない為に、選考でも極度に緊張してしまい、実力を発揮できないことがあります。

もちろん企業への志望度が高くなればなるほど、緊張してしまうのはよく分かりますが、自信なさげに振舞っている就活生は選考でも失敗してしまう可能性が高いです。

面接を多く経験することで場慣れしておく、普段から色んな経験をしておくこと、で自信をつけておきましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴③:コミュニケーション力を勘違いしている

就活で失敗する人のよくある特徴の三つ目は、「コミュニケーション力を勘違いしている」です。

就活生はよく勘違いしがちですが、コミュニケーション力とは「初めて会う人とも躊躇なく会話できる能力」を意味するのではありません。

コミュニケーション力とは、「相手の意図することを正しく理解し、それにふさわしい回答ができること」です。

いくら素晴らしい話であっても、相手の求めていないことを話していては、相手にとって苦痛でしかありません。

自分の伝えたいことだけではなく、相手がどんな話を聞きたいのかを考えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴④:自己分析ができていない

就活で失敗する人によくある特徴の四つ目は、「自己分析ができていない」です。

自己分析とは、「過去の経験を整理し、自分の性格や強み・弱みを理解して、自分に向いている業界・業種を明らかにする作業」です。

自己分析ができていないと、企業の方にとっても「なぜこの就活生はウチの選考を受けているのかわからない」という状況になりかねません。

 

僕も自己分析があまりできていない状態で選考を受けている時は、不合格ばかりでした。
自己分析については過去の記事で詳しく説明していますので、良かったらそちらも参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴⑤:企業が評価しているポイントを理解していない

就活で失敗する人によくある特徴の五つ目は、「企業が評価しているポイントを理解していない」です。

企業はただ、優秀な人材を採用したい訳ではありません。

企業によって採用の際に評価しているポイントは様々で、一緒に働きたいと思えるような人柄の人材を評価することもあれば、過去に偉大な成果を打ち立てた人材を評価することもあります。

また、評価されるポイントは選考フェーズによっても異なります。

企業・選考フェーズ毎に異なる評価ポイントをきちんとアピールできないと、良くいる学生一人になってしまい、選考官の印象に残りません。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

 就活で失敗しないための方法3つ

次に、就活で失敗しないために意識しておくべきことを3つ紹介します。

  1. 自己分析をしよう
  2. 企業が評価するポイントを理解しよう
  3. とにかく行動してみよう

 

失敗しない方法①:自己分析をしよう

就活に失敗しない方法1つ目は、よくある意見ですが「自己分析をしよう」です。

就活で成功するかどうかは、自己分析をきちんとできているかに依存すると言っても過言ではありません。

「過去の経験を振り返って、自分の性格や、自分の強み・弱みを認識した上で、御社で働きたい」ということがきちんと企業に伝えられれば、就活では成功します。

自己分析は、終わりが見え辛く苦しいものでもありますが、最後まで自分と向き合って就活を成功させましょう。

 

自己分析については、他の記事で詳しく解説していますので、是非そちらも参考にしてみてください。

 

失敗しない方法②:企業が評価するポイントをアピールしよう

就活に失敗しない方法2つ目は、よくある意見ですが「企業が評価するポイントをアピールしよう」です。

繰り返しになりますが、企業や選考フェーズによって評価されるポイントは様々です。

それぞれの企業・選考で何が評価されるのかを把握した上で、そのポイントをアピールしましょう。

企業・選考フェーズ毎に何が求められているかは、Matcher(マッチャー)」などのOBOG訪問アプリを使って社員の方に質問したり、

OneCareer(ワンキャリア)など過去の選考内容を確認できる就活サイトで確認してみたりみましょう。

「Matcher」「OneCareer」については、こちらの記事で解説しています。

 

ちなみに、僕の内定先の株式会社マネーフォワードでは、ミッションへの共感が求められていました。
なぜ僕が株式会社マネーフォワードのミッションに共感するのか、自分の過去の経験から話せるように徹底していました。

「就活の教科書」編集部 渡辺

【内定者日記】僕が株式会社マネーフォワードを選んだ理由 | 就活の流れ

 

失敗しない方法③:とにかく行動してみよう

最後に、就活で失敗しないために「とにかく行動」してみましょう。

うまくいかなかった時に落ち込んでしまう気持ちは痛いほどわかります。でもずっと落ち込んだままだと物事は進展しません。

就活では、今の状況に関わらず今からの行動量でいくらでも挽回できます。

諦めずに行動し続けましょう。

 

新しい行動として、就活に役立つサービスを利用してみるのもいいですよ。

以下の記事に、おすすめの就活サービス/就職エージェントをまとめています。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

 

まとめ:就活失敗の不安は行動量で消し去ろう

いかがでしたか。

この記事では、就活で失敗する人のよくある特徴5つと失敗しないための方法3つを紹介しました。

「就活で失敗するかもしれない…」という不安は痛いほどわかります。

しかしその不安は、立ち止まっていても無くなることはありません。

行動することでその不安を消し去りましょう。

他にも「就活の教科書」では、内定者が教えるリアルな就活情報を掲載しています。
是非参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就職活動に役立つ情報は以下の記事に網羅的にまとめています。合わせて参考にしてください。