就活生を救うクラファン目標金額203%達成!

【うまくいかない…】就活で失敗する人の特徴5つ | 落ちた後の対策と選択肢,逆転体験談も

【失敗しても大丈夫!】就活で失敗した後の対処法5つ _ 落ちる人の特徴も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 就活で失敗する人の特徴は自信が持ててない
  • 就活で失敗しないための方法5つ
  • 就活に失敗した後の対処法7つ
  • 就活に失敗しても終わりじゃない!
  • 就活に失敗しても終わりじゃない理由
こんにちは、「就活の教科書」編集部の渡辺です。
今回は就活で失敗する人の特徴と就活に失敗したらどうなるかについて解説していきます。
この記事を読んでいる就活生の皆さんは、「就活で失敗する人ってどんな人なのかな」「就活で失敗したくない」と思っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生くん

就活がなかなか上手くいかず、失敗しそうで不安・・・

受けた全ての企業からお祈りされたらどうしよう・・・

就活に失敗する人の思考パターンや特徴について知っておきたいです。

就活生ちゃん

就活がうまくいきません。

企業から全然内定を貰うことができません。

失敗続きで、この後どうすればいいのか分かりません・・・

そもそも、失敗しない就活の仕方ってあるんですか?

就活ってわからないことだらけで不安ですよね。
僕も「就活で失敗したらどうしよう・・・」「志望企業に落ちて人生終わった・・・」と悩んでいた時期がありました。
就活に失敗したら、その後の人生も終わってしまうような気がして不安かもしれません。
しかし、就活で失敗する人の特徴を理解し、改善することで就活で上手くいくようになりました

「就活の教科書」編集部 渡辺

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の渡辺が、就活で失敗する人の特徴について解説します。

合わせて、就活に失敗しないための方法、就活で失敗しそうな就活生が今すぐ取るべき行動についても解説していきます。

また、就活で失敗しても終わりじゃない理由、就活で失敗したその後の5つの選択肢とメリット・デメリットについても解説していきます。

この記事を読めば、就活で失敗する人の特徴を理解し、失敗を回避するためにどうすれば良いのか理解できます。

また、就活を失敗しても大丈夫なワケや、就活に失敗した場合の選択肢について理解でき、行動次第で就活失敗寸前の状態から挽回することも可能になります。

「就活で失敗したくない…」「就活で失敗する人の特徴って何だろう」「就活の失敗を回避する方法が知りたい」そんな疑問を持った就活生は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

「就活がどうしてもうまくいかない!」という学生には、こちらの記事も役立ちます。合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

目次

 

就活における失敗とは【失敗しても人生終了ではない】

就活生くん

死ぬ気で就活を行っていましたが、第一志望からお祈りされた。

僕の就活は失敗に終わりました。

そもそも、第一志望に落ちたことは失敗と言えるのでしょうか?

就活における失敗は、以下のような内容を指すことが多いです。

「就活の教科書」編集部 渡辺

よくある就活失敗の定義
  • 内定を1つももらえなかった
  • ブラック企業に入社してしまった

志望する企業から内定をもらえないと、とても辛く悲しい気持ちになりますよね。
しかし就活で失敗したと思っても、そのまま何もしないと、悲惨な結末を迎えることになります。
次は、就活で失敗してしまう人の特徴について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就活で失敗した人は多い

実際に、就活で失敗する人は多いです。

しかし、就活に失敗してもその後の人生は続いていきます。

 

このように、就活で失敗しても、その時は辛いかもしれないけど、今は楽しいと感じる方はたくさんいます。

そのため「就活で失敗したから人生終わり…」と考えるのではなく「今から楽しく生活するためにはどうしたら良いか」を考えると良いです。

就活は運要素も大きいです。
勝者も敗者もいます。
就活で失敗した時こそ、敗因分析をして次につなげれるようにすることが重要です。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就活で失敗する人のよくある特徴5つ

就活生くん

就活に失敗しそうで不安です。

就活で失敗する人ってどんな特徴があるのでしょうか?

さっそく、就活で失敗する人によくある特徴を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活で失敗する人の特徴
  • 特徴①:そもそもやる気がない
  • 特徴②:自分に自信がない
  • 特徴③:コミュニケーションを勘違いしている
  • 特徴④:自己分析ができていない
  • 特徴⑤:企業が見ているポイントを理解していない
就活で失敗する人にはいくつかの共通点があります。
失敗する原因を理解することで、就活をうまく進めましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴①:そもそもやる気がない

就活で失敗する人によくある特徴の一つ目は、「そもそもやる気がない」です。

当然といえば当然なのですが、就活に対してやる気がない人は選考でも不合格になりやすいです。

やる気を出した方が失敗しにくい理由は、「面接官もやる気のある人と働きたい」「就活では継続的に努力する必要がある」の大きく二つに分けることができます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

面接官もやる気のある人と働きたい

どうせ働くならあなたもやる気のある人と働きたいですよね。それは面接官も同じです。

精神論っぽい話ですが、僕たちのやる気は周りの環境に依存するものです。

やる気のある人にとって、やる気のない人と働くことは苦痛でしかなく、(特にベンチャーの)就活ではうまくいきません。

 

就活では継続的に努力する必要がある

就活では「考えるべきこと」「やるべきこと」が多く、継続的に努力する必要があります。

自己分析・企業分析・OB訪問・面接対策…と限られた時間の中で多くのことをしなければなりません。

やる気がないと、それぞれにかけられる時間も少なくなりがちで、それぞれの精度も下がり、選考でも不合格になりやすいです。

就活でやる気が出ないと感じている人は、やる気が出ない理由や就活以外の選択肢について分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴②:自分に自信がない

就活で失敗する人によくある特徴の二つ目は、「自分に自信がない」です。

自分に自信がない為に、選考でも極度に緊張してしまい、実力を発揮できないことがあります。

もちろん企業への志望度が高くなればなるほど、緊張してしまうのはよく分かりますが、自信なさげに振舞っている就活生は選考でも失敗してしまう可能性が高いです。

自信をつけるための対策方法としては、選考をたくさん受けて場慣れしていく必要があります。

と言っても、たくさんの選考にエントリーするのって意外と手間がかかりますよね。

そこでおすすめなのが「就活イベントの参加」です。

就活イベントに参加すれば、1日に複数の企業をまとめて受験できるため就活で失敗する可能性をグッと下げられます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

【通常の選考の流れ】

企業を探す→エントリーする→選考の日程調整をする→1社ずつ受験する

【就活イベントの選考の流れ】

就活イベントに参加する→参加企業と接触する→複数の選考を1日で一気に受験する

就活イベントの利用すると、内定獲得までの流れが省略されるので、効率よく複数の選考を受けられます。

そのため、「持ち駒がなくなって就活が失敗した」みたいな危険も回避できます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

そして、就活イベントの中で最もおすすめなのが、Meets Company(ミーツカンパニー)です。

Meets Companyは、年間のサービス利用者が10万人超えのイベントで、「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位の人気イベントです。

さらに、Meets Companyの最大の特徴は、1日に最大8社同時に選考を進められる点です。

全国で開催されているため、就活を失敗したくないと考えている就活生は、一度は参加すべきイベントだといえます。

Meets Companyの特徴をおさらい

  • 全国開催で全就活生が利用可能
  • 「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位
  • 1日に最大8社同時に選考を進められる

人気就活イベント「Meets Company」に参加して、複数の企業を受験して内定獲得に近づきましょう!

「就活の教科書」編集部 渡辺

>>Meets Company(ミーツカンパニー)の参加企業をみて見る

 

他にも参加すべき就活イベントがいくつかあります。

下記の記事で一覧にしてまとめたので、就活のやり直しがしたい人はぜひ合わせて読むことをおすすめします。

[box class="box26" title="合わせて読みたい"] ⇒【内定者が選んだ】就活イベントおすすめ30選! 業界で分類(大手/ベンチャー/マスコミ/体育会/理系など) [/box]

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴③:コミュニケーション力を勘違いしている

就活で失敗する人のよくある特徴の三つ目は、「コミュニケーション力を勘違いしている」です。

就活生はよく勘違いしがちですが、コミュニケーション力とは「初めて会う人とも躊躇なく会話できる能力」を意味するのではありません。

コミュニケーション力とは、「相手の意図することを正しく理解し、それにふさわしい回答ができること」です。

いくら素晴らしい話であっても、相手の求めていないことを話していては、相手にとって苦痛でしかありません。

自分の伝えたいことだけではなく、相手がどんな話を聞きたいのかを考えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴④:自己分析ができていない

就活で失敗する人によくある特徴の四つ目は、「自己分析ができていない」です。

自己分析とは、「過去の経験を整理し、自分の性格や強み・弱みを理解して、自分に向いている業界・業種を明らかにする作業」です。

自己分析ができていないと、企業の方にとっても「なぜこの就活生はウチの選考を受けているのかわからない」という状況になりかねません。

僕も自己分析があまりできていない状態で選考を受けている時は、不合格ばかりでした。
自己分析については過去の記事で詳しく説明していますので、良かったらそちらも参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴⑤:企業が評価しているポイントを理解していない

就活で失敗する人によくある特徴の五つ目は、「企業が評価しているポイントを理解していない」です。

企業はただ、優秀な人材を採用したい訳ではありません。

企業によって採用の際に評価しているポイントは様々で、一緒に働きたいと思えるような人柄の人材を評価することもあれば、過去に偉大な成果を打ち立てた人材を評価することもあります。

また、評価されるポイントは選考の段階によっても異なります。

企業の評価ポイントを理解せずに、選考を進めてしまうと落ちる可能性が必然的に高くなります。

就活で失敗する人にならないために、就職エージェントを使って面接対策をしておくことをおすすめします。

就職エージェントとは、個別でES対策や面接対策を内定が貰えるまでサポートしてくれる就活支援サービスです。

そして就活エージェントの中でも特におすすめなのが、専属アドバイザーが豊富に在籍する「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、ES添削や面接対策だけでなく、あなたに合ったホワイト企業を厳選して紹介してくれるため、就活で失敗しないように回避できます。

そのため自分に会う会社がわからない方や、自分の強みがわからずに企業選びに困っている方にもおすすめのサービスです。

キャリアチケットを利用すれば、厳選されたホワイト企業を紹介してくれるため、就活を失敗しないように回避できますよ

「就活の教科書」編集部 渡辺

>>キャリアチケットの個別サポートを受けてみる

 

まずは「キャリアチケット」に登録して、面談をしてもらい、自己分析の深堀りをしたい旨を伝えましょう。

ほかにオススメできる就職エージェントはたくさんあります。

就職エージェントについてもっと知りたい人は、下記の記事を参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

【失敗する人の特徴に当てはまった人へ】就活で失敗しないための方法5つ

就活生くん

就活で失敗する人の特徴については理解できました。
絶対に就活失敗したくないです。
就活で失敗しないための方法について教えてほしいです。

就活って絶対に失敗したくないですよね。
そこで次に就活で失敗しない方法を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活で失敗しないための方法5つ
  • 失敗しない方法①:自己分析をしよう
  • 失敗しない方法②:企業が評価するポイントをアピールしよう
  • 失敗しない方法③:徹底的な業界・企業研究をしよう
  • 失敗しない方法④:徹底的なES・面接対策をしよう
  • 失敗しない方法⑤:とにかく行動してみよう

それでは、就活で失敗しないための方法5つについてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

失敗しない方法①:自己分析をしよう

就活に失敗しない方法1つ目は、よくある意見ですが「自己分析をしよう」です。

就活で成功するかどうかは、自己分析をきちんとできているかに依存すると言っても過言ではありません。

「過去の経験を振り返って、自分の性格や、自分の強み・弱みを認識した上で、御社で働きたい」ということがきちんと企業に伝えられれば、就活では成功します。

自己分析は、終わりが見え辛く苦しいものでもありますが、最後まで自分と向き合って就活を成功させましょう。

ただ、1人で自己分析をするのが、どうしても苦手だと感じる人もいますよね。

自己分析が苦手で就活に失敗するかもと感じる就活生は、自己分析ツールの利用をオススメします。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

自己分析ツールとは、用意されたいくつかの設問に答えるだけで、自動的に自己分析を行ってくれるツールです。

自己分析ツールの中でも特におすすめなのが、利用学生数No.1の適性診断AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+は、無料求人サイトOfferBox(オファーボックス)に登録すれば、利用できるサービスです。

用意されている設問数が250問と多いため、診断結果の質が高く、自己分析の深堀りできるため、可能な限り就活の失敗を避けることができます。

適性診断AnalyzeU+の特徴は以下です。

「就活の教科書」編集部 渡辺

適性診断AnalyzeU+の特徴

  • 問題に答えるだけで自己分析ができる
  • 診断結果の質が圧倒的に高い(質問数が250問と多い)
  • 利用学生数No.1(利用学生数125,000人)
  • 適正診断の結果をもとに企業側からスカウト
  • スカウトオファーの質が高い(1企業100通まで)
  • 大手有名企業も多数参加(東証一部上場企業の19%が登録)

 

「適性診断AnalyzeU+」を利用すれば、診断結果を見た企業が選考案内のオファーをくれるので、企業選びに時間をかけることなく、自分の特徴にあった企業と出会えます。

就活で失敗しないためにも、企業と出会う回数を増やして、面接経験を積んでおきましょう。

OfferBoxを特に利用すべき方は以下の特徴に当てはまる方です!

「就活の教科書」編集部 渡辺

OfferBoxを利用すべき就活生

  • 就活で失敗したくない
  • 自分に会う会社がわからない
  • 自分の強みがわからない
  • 自己分析が苦手
  • とにかく内定が欲しい
  • 持ち駒を増やしたい

 

OfferBoxを利用して、あなたに合った企業からオファーを貰って内定に近づけましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

>>OfferBox(オファーボックス)で自分に合う会社を診断してみる

 

1度自分のプロフィールを登録するだけで、後は自動的にスカウトしてくれるのでとても便利ですよね。

スカウトアプリをもっと知りたい人は、オススメのスカウトアプリ15選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

失敗しない方法②:企業が評価するポイントをアピールしよう

就活に失敗しない方法2つ目は、よくある意見ですが「企業が評価するポイントをアピールしよう」です。

繰り返しになりますが、企業や選考の段階によって評価されるポイントは様々です。

それぞれの企業・選考で何が評価されるのかを把握した上で、そのポイントをアピールしましょう。

企業・選考の段階毎に何が求められているかは、Matcher(マッチャー)」などのOBOG訪問アプリを使って社員の方に質問したり、

OneCareer(ワンキャリア)など過去の選考内容を確認できる就活サイトで確認してみたりみましょう。

「Matcher」「OneCareer」については、こちらの記事で解説しています。

ちなみに、僕の内定先の株式会社マネーフォワードでは、ミッションへの共感が求められていました。
なぜ僕が株式会社マネーフォワードのミッションに共感するのか、自分の過去の経験から話せるように徹底していました。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

企業が評価するポイントを理解するためには、企業側の意見を聞けるOB訪問をオススメします。

OB訪問をやりたい人は、OB訪問のやり方やOB訪問ができるマッチングサイト/アプリが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

失敗しない方法③:徹底的な業界・企業研究をしよう

就活に失敗しない方法3つ目は、「徹底的な業界・企業研究をしよう」です。

就活でミスマッチを起こして失敗したりしないように、内定をもらうためにも業界研究・企業研究が必要だからです。

「なぜこの業界を選んだの?」
「なぜ競合他社の中でうちの企業なの?」
「志望動機は何?」

人事さん

 

内定をもらうためには、これらの質問に的確に回答しなければなりません。

また、就活は自分の将来を決めるものなので、志望業界・志望企業を慎重に選ばなければなりません。

就活で失敗しないためにも徹底的な業界研究・企業研究を行いましょう。

業界研究・企業研究の正しいやり方を知りたい就活生は、以下の記事を必ず読んでください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

失敗しない方法④:徹底的なES・面接対策をしよう

就活に失敗しない方法4つ目は、「徹底的なES・面接対策をしよう」です。

就活では、ほとんどの企業でESの提出を求められたり、面接かあるからです。

「自己PRをお願いします。」
「志望動機を教えてください。」
「失敗体験・成功体験を教えてください。」

人事さん

 

面接で通過するには、これらの質問に論理的にかつ、具体的に答えないといけません。

そのため、徹底的なES・面接対策が必要です。

ES対策・面接対策の正しいやり方を知りたい就活生は、以下の記事を必ず読んでください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

失敗しない方法⑤:とにかく行動してみよう

最後に、就活で失敗しないために「とにかく行動」してみましょう。

うまくいかなかった時に落ち込んでしまう気持ちは痛いほどわかります。でもずっと落ち込んだままだと物事は進展しません。

就活では、今の状況に関わらず今からの行動量でいくらでも挽回できます。

諦めずに行動し続けましょう。

どう行動して良いかわからない方は、とにかく様々な企業の説明会に参加しましゅお。

行動するとは言っても、何をすれば良いか分からないと感じている人は、就活やるべきこと10選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

新しい行動として、就活に役立つサービスを利用してみるのもいいですよ。

以下の記事に、おすすめの就活サービス・就職エージェントをまとめています。

どんな就活サービス・就職エージェントを使えば良いか分からない就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

【挽回できる】就活で失敗した人が今すぐ取るべき行動7つ

就活生ちゃん

このままだと就活が失敗してしまいそうです・・・。

今からでも挽回して、内定をもらう方法はあるのでしょうか?

就活失敗寸前の状態からでも、まだまだ挽回することは可能ですよ。

卒業したその後の人生のために、今取るべき行動7つについてお伝えします。

「就活の教科書」編集部 渡辺

今すぐ取るべき行動7つ
  • 行動①:落ちた原因を分析する
  • 行動②:非上場企業を狙う
  • 行動③:大手のグループ会社を狙う
  • 行動④:就活エージェントに相談する
  • 行動⑤:早い時期から就活に向けて準備する
  • 行動⑥:自己分析に時間をかける
  • 行動⑦:インターンシップに参加する

就活失敗寸前の状態からでも、まだまだ挽回することは可能ですよ。

卒業したその後の人生のために、今取るべき行動6つについてお伝えします。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

行動①:落ちた原因を分析する

就活失敗寸前から挽回するために今取るべき行動の1つ目は「落ちた原因を分析する」です。

なぜなら、選考で落とされた地点によって、対策法が異なるからです。

そこで、選考過程別での対策方法を紹介します。

選考フロー別の対策方法

 

このように、就活で失敗して次に活かそうと思っても、なぜ落ちたのかを把握する必要があります。

そのため、選考フロー別の対策方法を理解して、まずは自分が落とされた原因を分析することが重要です。

就活で失敗する方は、圧倒的に準備不足が多いです。
なぜ落とされたのかを把握して、改善していきましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

行動②:非上場企業を狙う

就活失敗寸前から挽回するために今取るべき行動の2つ目は「非上場企業を狙う」です。

上場企業は新卒の学生からの人気が高いので、競争率が高くなります。

上場企業は採用活動のスケジュールもきっちり決まっていて、遅れてのエントリーを逃す場合が多いです。

一方で、非上場企業は就活後半戦からのエントリーでもまだまだ内定をもらえるチャンスがあります。

内定者不足の企業では、10月以降になっても採用活動を続けているケースが多いです。

知名度の高い上場企業ばかりにエントリーして失敗してしまった方は、非上場企業にも目を向けてエントリーしてみてください。

非上場企業の選考を効率受けるためにも、並行して逆求人サイトを利用することをおすすめします。

逆求人サイトとは、サービスにプロフィールを記入後、企業側からES免除を含む選考のオファーがくるサービスです。

最もオススメのサービスが「OfferBox(オファーボックス)」です。

OfferBox(オファーボックス)はサイト内で適職診断を受けられるので、あなたに合った会社からスカウトがきますよ。

 

>>OfferBox(オファーボックス)でスカウトを受け取ってみる

 

1度自分のプロフィールを登録するだけで、後は自動的にスカウトしてくれるのでとても便利ですよね。

スカウトアプリをもっと知りたい人は、オススメのスカウトアプリ15選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

行動③:大手のグループ会社を狙う

就活失敗寸前から挽回するために今取るべき行動の3つ目は「大手のグループ会社を狙う」です。

有名な大手企業ばかりエントリーしたという就活生は、大手のグループ会社にも目を向けてみてください。

学生からの知名度が低い分、採用の競争率は大手企業ほど高くないのに、待遇面は大手企業に見劣りしない優良企業が隠れています。

大手企業の厚い待遇が捨てきれない、という方はぜひグループ会社にもエントリーしてみてくださいね。

グループ企業の選考を効率よく受けるためには、ぜひ就活イベントを利用することをおすすめします。

就活イベントとは、企業が集まり1日で複数の企業の選考に進めるサービスです。

もっともおすすめは、Meets Company(ミーツカンパニー)です。

Meets Company(ミーツカンパニー)は選考直結イベントで同時に8社並行して選考に進める点が特徴です。

年間のサービス利用者が10万人超えの人気サービスなので、まだ利用していない人は、ぜひ一度利用することをおすすめします。

 

>>Meets Company(ミーツカンパニー)の就活イベントに参加してみる

 

 

行動④:就活エージェントに相談する

就活失敗寸前から挽回するために今取るべき行動の4つ目は「就活エージェントに相談する」です。

就活エージェントは就活支援のプロフェッショナルです。

今からでもエントリーできる企業を一緒に探してくれたり、ESや面接など就活全般のアドバイスをしてくれたりします。

就活エージェントしか知らない求人案件を紹介してもらえることもあります。

就活が失敗しそうで不安な方や、今からどう挽回していいかわからないという方は、ひとりで抱え込まずに一度就活エージェントに相談してみることをおすすめします。

また、就活に失敗してしまったという就活生でもエージェントを利用することで、新たな持ち駒を獲得することができます。

ちなみに、僕が本当におすすめできる就活エージェントを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

本当におすすめできる就活エージェント3選
  • おすすめ①:キャリアチケット(ホワイト企業紹介、地域都市で面談)
  • おすすめ②:DiG UP CAREER(少数精鋭、LINEで密にサポート)
  • おすすめ③:ジョブスプリング(AIマッチングで早期退職率0.1%、東京限定)

 

おすすめ①:キャリアチケット(ホワイト企業紹介、地域都市で面談)

本当におすすめできる就活エージェント1つ目は、キャリアチケットです。

キャリアチケットでは、厳選された企業のみを紹介してもらえ、ブラック企業に就職することを避けられます。

紹介してもらえる企業は、実際に取材した上で厳選された企業(170社)のみです。

キャリアチケットを利用すれば、あなたに合ったホワイト企業が見つかりやすくなります。

キャリアチケットは最短3日で内定が出るという早期内定に実績がある就活エージェントです。

さらに、紹介先企業を厳選しているため、ホワイト企業が多いです。
そのため「なるべく早くホワイト企業から内定がほしい!」という就活生にオススメです。

またキャリアチケットは、就活エージェントには珍しく東京に加えて、横浜・大阪・京都・名古屋・福岡でも利用可能。
すでに就活生13万人以上が登録しており、就活生の4人に1人が登録しています。

登録後はいつでも退会できるので、早速キャリアチケットを試して、最速でホワイト企業からの内定を獲得しましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

\あなたに合った優良企業を紹介/

キャリアチケット(career ticket)

* 登録無料、1分で参加できます

 

キャリアチケットのリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

おすすめ②:DiG UP CAREER(少数精鋭、LINEで密にサポート)

本当におすすめできる就活エージェント2つ目は、「DiG UP CAREER」です。

「DiG UP CAREER」は、DiG(ディグ)株式会社が運営する就職支援、新卒紹介のエージェントサービス。

就活生一人一人に対するサポートが手厚いため、利用者から高い評価を受けています(満足度90%超、友達紹介率60%超)。

DiG UP CAREERは就活相談企業紹介など、就活に関するサポートを一貫して行ってくれる就職エージェント。

DiG UP CAREERがサポートした20卒の就活生は約1,000人で比較的少なく、入社後にもサポートしてくれるほど手厚いです。

今後、DiG UP CAREERの利用者が増えると予想されるため、手厚いサポートが受けられるのは今のうちですよ。

「就活の教科書」編集部 渡辺

\ 少数精鋭の手厚いサポートを受けられる!! /

DiGUPCAREER

* 登録無料、1分で参加できます

 

「DiG UP CAREER」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

おすすめ③:ジョブスプリング(AIマッチングで早期退職率0.1%、東京限定)

本当におすすめできる就活エージェント3つ目は、「ジョブスプリング」です。

ジョブスプリングでは、通常の就活面談に加えて独自のAIマッチングを行っており、自分に適した企業が見つかります。

その結果、1年間の平均離職率が15%と言われる中、ジョブスプリング利用者の3年間の離職率はわずか0.1%の水準となっています。

また、担当のエージェントと対面で面談をするためには、東京(神保町)に足を運ばないといけません。

そのため、ジョブスプリングは関東の学生しか対面での面談ができません。

ジョブスプリングでは、AIマッチングで1000社以上の企業から、就活生それぞれに適した企業を紹介してもらえます。

AIマッチングでの結果に基づいているため、紹介される企業のマッチ度が高く、紹介されてから内定までのスピードが早いです。

ジョブスプリングには就活生と企業とのミスマッチをできるだけ減らす工夫がたくさんあります。

「入社したら終わり」ではなく、入社後のキャリアまで一緒に考えてくれるのはありがたいですね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

\ AIマッチングで内定獲得!! /JobSpring(ジョブスプリング)

* 登録無料、1分で参加できます

「ジョブスプリングの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事をご覧ください。

 

就活エージェントおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

就活生くん

就活エージェントは聞いたことがありますが、実際に相談したことはなかったです。
就活って具体的にどのような行動をすればいいのかイマイチわからないからエージェントを使ってみようと思います。

おすすめの就活エージェントを「内定者が選んだ就活エージェントおすすめ10選」の記事で紹介しているので、就活をサポートしてもらいたい就活生は、読んで自分に合ったエージェントを利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

行動⑤:早い時期から就活に向けて準備する

就活失敗寸前から挽回するために今取るべき行動の5つ目は「早い時期から就活に向けて準備する」です。

早い時期から就活に向けて準備や対策をしておくことで、いざ就活が本格的に始まった際には、企業にの選考を通過できる実力がついているはずです。

具体的には、大学3年生の4月までには就活を始めるのがおすすめです。

自己分析、業界研究・企業研究、OB訪問、選考対策など、就活に向けてすべきことはたくさんあります。

とは言っても、具体的にどんな準備をすれば良いかわからない就活生もいますよね。
就活に向けてすべき準備や対策などは、以下の記事で詳しくまとめていますので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

行動⑥:自己分析に時間をかける

就活失敗寸前から挽回するために今取るべき行動の6つ目は「自己分析に時間をかける」です。

自己分析に時間をかけることで、より自分の性格に合った企業を見つけられるようになります。

自己分析をやったつもりでも、意外とうまくできておらず、企業選びに失敗してしまう就活生も多いです。

自己分析には明確な終わりがないため、しっかりと時間をかけて行いましょう。

自己分析のやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

行動⑦:インターンシップに参加する

就活失敗寸前から挽回するために今取るべき行動の7つ目は「インターンシップに参加する」です。

インターンシップに参加することで、周りの就活生から刺激を受けられ、就活に対するモチベーションの向上につながります。

インターンシップで好成績を残せた場合、特別選考を受けられたり、エントリーシート(ES)や一次面接を免除されたりすることもあります。

また、長期インターンに参加してビジネスを体感することで、ほかの就活生に差をつけることができます。

長期インターンでは社会人と一緒に働くので、コミュニケーション能力論理的思考能力が非常に見につき、グループワークや面接で印象付けることができます。

長期インターンをすれば、就職留年をしてしまった場合でも、ビジネスの現場で働いていたことを伝えることで、就職留年が悪いイメージを持たれなくなります。

自分に向いている業界・企業を見つけるという意味でも、インターンシップには積極的に参加するのがおすすめです。

インターンシップに参加することは、メリットしかありません。
興味のある業界・企業があれば、とにかくインターンシップに参加してみましょう。

また、長期インターンではビジネスを体感することができ、お給料も出るため、これほど一石二鳥なことはありません。

インターンシップを探したい人は、オススメのインターンシップが紹介されていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

どうしても就活を頑張れないと感じている人は、就活を頑張るための対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就活失敗したその後の選択肢6つ

就活生ちゃん

もし就活に失敗してしまったら、その後の人生はどうなるのでしょうか。

ニートやフリーターにはなりたくないです・・・

万が一就活に失敗してしまった場合、その後の選択肢は6つ考えられます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活に失敗したその後の選択肢6つ
  • 選択肢①:卒業して就活を続ける
  • 選択肢②:卒業せず就職留年する
  • 選択肢③:企業に就職しない
  • 選択肢④:休学する
  • 選択肢⑤:大学院に進学する
  • 選択肢⑥:フリーランスとして働く

就活に失敗したその後の選択肢5つについての詳しい説明と、それぞれのメリット・デメリットについてお伝えします。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

選択肢①:卒業して就活を続ける

就活に失敗したその後の選択肢の1つ目は「卒業して就活を続ける」です。

就職先が決まらない状態のまま、卒業をして就活を続けることを「就職浪人」と言うことがあります。

就職留年することに比べ、余分に学費がかからない上、就活だけに専念することも可能です。

就活に失敗したその後、卒業して就活を続ける場合のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
  • ①:余分な学費がかからない
  • ②:就活だけに専念することも可能
  • ③:社会経験を積んでスキルアップできる
デメリット
  • ①:新卒枠でエントリーできない企業がある
  • ②:経済面の不安がある
  • ③:不安や焦りなどの精神的負担がかかる

卒業して就活を続ける場合、新卒枠でエントリーできない企業もあることを知っておいてください。

奨学金の支払いがある人は、返還期限猶予の申請も検討した方が良いでしょう。

就職浪人については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

選択肢②:卒業せず就職留年をする

就活に失敗したその後の選択肢の2つ目は「卒業せず就職留年する」です。

新卒の肩書きと権利を温存するために、あえて大学を卒業せずに留年して就活をすることを「就職留年」と言います。

就職留年を選択すると、もう1年就活をすることになるため、辛い道のりを乗り越える必要があります。

しかし、就職留年をすれば、次年度の採用に再び新卒として参加することができます。

就活に失敗したその後、卒業せず就職留年する場合のメリットとデメリットは以下の通りです。

就職留年のメリット
  • ①:就活を一からやり直せる
  • ②:新卒の肩書きと権利を温存できる
  • ③:就活の要領がわかった状態で再挑戦できる
就職留年のデメリット
  • ①:留年した理由を企業に説明する必要がある
  • ②:1年分の学費が余分にかかる
  • ③:留年した分プレッシャーが強くなる

就職に失敗した場合、就活留年を検討する学生が多いです。

新卒の切符が2回使うことができ、就活を一からやり直せるのがメリットですが、見逃せないデメリットもあります。

就活の失敗に対するプレッシャーが今よりも強くなる覚悟が必要です。

しかし、就活で失敗した人で就職留年をして大手企業に内定を貰ったという例は非常に多くあるので、就職留年も検討してみてください。

就職留年については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

選択肢③:企業に就職しない

就活に失敗したその後の選択肢の3つ目は「企業に就職しない」です。

企業へ正社員として就職せず、フリーターになったり起業したり無職になる選択肢です。

フリーターとは、アルバイトや派遣社員などの非正規雇用で生計を立てている人のことです。

フリーターは正規雇用と違って、「収入が安定しない」「正社員になりにくい」「保険に入れない」などのデメリットがたくさんあります。

就活で内定をもらえず、就職できないまま、アルバイトもしなかった場合、無職になってしまうので注意が必要です。

「やはり正社員として企業で働きたい」と感じれば、後から就活を再開することも可能です。

就活に失敗したその後、企業に就職しない場合のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
  • ①:余分な学費がかからない
  • ②:社会経験を積んでスキルアップできる
  • ③:自己裁量で時間を自由に使える
デメリット
  • ①:経済面の不安がある
  • ②:会社員ほど社会保障が手厚くない
  • ③:再度就活をする際は即戦力としてみなされる

企業に就職しないことの最大のメリットは、時間を自由に使えるところです。

後から就活を再開することも可能ですが、即戦力としてみなされるため、スキルアップを怠らないことが求められます。

また、就活で失敗して、フリーターとして働く人は意外にも多いです。

しかし同時に、フリーターとして働いてみて、安定しない生活に嫌気が指す人もいるため、注意が必要です。

就活で詰んだ時の対処法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

選択肢④:休学する

就活に失敗したその後の選択肢の4つ目は「休学する」です。

休学を半年〜1年間して、また来年に就活をすれば、同様に新卒として就活できます。

休学をしている間に、語学留学や長期インターンに参加すれば、新しく興味をもてる分野が見つかる可能性もあります。

数万円もあれば休学できるので、その間に知識やスキルをつけて、1年後に再び就活をするのは非常に有効な手段です。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

選択肢⑤:大学院に進学する

就活に失敗したその後の選択肢の5つ目は「大学院に進学する」です。

就活が失敗して大学院に行くケースも非常に多い例の一つです。

大学院に進学して、専門的な研究をすることで、専門知識を必要とする企業に就職できる可能性があります。

院で公認会計士や難易度の高い資格をとることも次に就活をする場合に有利に動きますし、院で研究するテーマについて勉強して大学の教授になるという手もあります。

また大学院を卒業するまでに2〜4年間あるので、その間に就活対策をするのもおすすめです。

院に行ってみて人生が変わったという人も多くいるので一つの選択肢として検証してみてはどうでしょうか。

大学院に進学することで大学生よりも視野を広くキャリアについて考えることができます。
しかし大学院に進学するには、入学金や学費がかかるため、余分にお金がかかってしまうのが難点です。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

選択肢⑥:フリーランスとして働く

就活に失敗したその後の選択肢の6つ目は「フリーランスとして働く」です。

近年ではフリーランスとしての働き方が増えてきているからです。

就活に失敗したから落ち込むのでなく、今の時代は様々な働き方があるため、個人で働くことも一つの手段です。

就活に失敗した人は組織で働くよりもフリーランスの方が向いている可能性が高いため、自分の好きな専門分野などを見つけフリーランスの働き方も選択肢に入れてみてください。

就職できる気がしないと思っている人はフリーランスの道も検証してみてください!

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

【人生は終わらない】就活に失敗しても大丈夫な理由3つ

就活生ちゃん

受けていた企業、全てから内定がもらえませんでした。

就活に失敗したら人生終了ですよね・・・

最初にこれだけは伝えておきたいのですが、就活に失敗したとしてもその後の人生が終わることはありません。

人生はいつからでも挽回できますし、新卒の就活に失敗したものの、その後望む仕事につけた人はたくさんいるからです。

だからあまり深刻にならなくても大丈夫です、安心してください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生くん

本当ですか?

新卒で就活に失敗したら、その後に挽回するのはもっと難しいように思えるのですが。

諦めない限りはいくらでも就活はやり直すことができるので、まだあきらめてはいけませんよ!

では就活に失敗しても終わりじゃない理由について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活に失敗しても終わりじゃない理由3つ
  • 理由①:新卒で受けれる企業はいくらでもある
  • 理由②:最も自分にマッチした仕事にあうチャンスがある
  • 理由③:改めて自分のキャリアについて考えることができる

確かに既卒の就活は、新卒の就活と比べると難易度が高い傾向にあるのは事実です。

就活が失敗したと不安がっている方も理由を見て諦めないでください!

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

理由①:新卒で受けれる企業はいくらでもある

就活に失敗しても終わりじゃない理由1つ目は「新卒で受けれる企業はいくらでもある」です。

日本には421万社もの企業があり、新卒で受けれる企業は山ほどあるからです。

もし50社ほどしか受けていないのなら、まだまだ受けれる企業はあるので、積極的に受けてみましょう。

また、もし第一志望に落ちたとしても「就活が失敗」「人生詰んだ」という訳ではありません。

実は就活の教科書に参加している先輩たちも「第一志望の企業に落ちた」人が居ます。

実際に落ちた後どうなったのか?今どんな気持ちなのか?インタビューした記事があるので、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

理由②:最も自分にマッチした仕事にあうチャンスがある

就活に失敗しても終わりじゃない理由2つ目は「最も自分にマッチした仕事にあうチャンスがある」です。

内定がもらえなかった企業や業界は自分に合っていなかったということです。

裏を返せば、一番自分に合った企業や職種に会える可能性があるのです。

就活で失敗するのは決して「能力が低い」「必要とされていない」ということではなく、その企業の社風に合っているか合っていなかが見られているのです。

そのため、就活でまだ内定を貰えていない就活生は、もう一度自己分析をして自分に合った仕事について考えてみましょう。

自己分析をしている場合じゃないとも思うかもしれませんが、自己分析は最も重要だと言っても過言でないので、自己分析をした方は下記の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

理由③:改めて自分のキャリアについて考えることができる

就活に失敗しても終わりじゃない理由3つ目は「改めて自分のキャリアについて考えることができる」です。

就活に失敗したということはもう一度自分のキャリアについて考える時間ができたということです。

「本当に就職する道が自分に適しているのか?」「就職ではなく本当にやりたことはないか?」といったような疑問で、もう一度キャリアについて考えることができます。

必ずしも大学を卒業して就職する必要はないので、就活に失敗した人はもう一度自分と向き合ってみましょう。

僕自身も就職活動をする前、就職以外に2つの選択肢がありました。

最終的には就職することを選んだのですが、就職するだけがゴールではないので検証してみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

もっと就活を失敗しても良い理由が知りたい人は、就活失敗後の逆転体験談が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

新卒時に企業に全部落ちてしまい、既卒で就活をする場合は新卒の就活と比べると難易度が高い傾向にあるのは事実です。

だからといって、既卒の就活で必ず失敗するかどうかは違います。

自分が望む未来を手に入れるための道筋や手段はひとつではないので、自分で勝手に「人生が終わった」と思い込むのはもったいないですよ。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

【体験談3選】新卒で就活に失敗した人の逆転人生

就活生くん

就活に失敗したその後の選択肢について知ったら、少し気持ちが軽くなった気がします。

イメージを膨らませるために実際に就活に失敗した方の体験談を聞いてみたいです。

それでは、新卒で就活に失敗した3人の先輩の体験談を紹介します。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活を失敗してしまった先輩のその後の人生の体験談3選
  • 体験談①:遅い時期に内定 ⇒ 志望職種に転職
  • 体験談②:アルバイトで志望職種に就職 ⇒ 転職して正社員
  • 体験談③:ニート生活 ⇒ 再出発後、正社員に一発内定

どの先輩も一度どん底の時期を経験していますが、最終的にはやりたい仕事に就くことができ、現在は充実した日々を過ごしています。

就活を失敗してしまった先輩のその後の人生の体験談について、詳しく解説しますね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

体験談①:遅い時期に内定 ⇒ 志望職種に転職

就活を失敗してしまった先輩のその後の人生の体験談1つ目です。

「就活の教科書」編集部 渡辺

どんどん各社の選考が進む中、第一志望群の企業はおろか、第三志望群くらいの企業にも内定をもらうことができなかった。(中略)

ようやく内定をもらったのは、かなり遅い時期だった。

志望していた金融業界とは全く違う医療業界、というか病院で、僕は病院の受付として社会人のスタートを切った。(中略)

事務から営業を希望していたので、転職活動も苦労したが、マーケティング会社の営業になった。(中略)

自分のやりたいことをやれていて、楽しく毎日を過ごせている。

(引用:新卒で就活失敗したけど、今楽しく社会人やってるぜって話

就活をしていた当時、東日本大震災の影響で志望企業からの内定がもらえなかったそうです。

その後病院事務に就職し、転職を経て、現在は自分のやりたい仕事ができていて楽しい毎日を過ごせています。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生くん

新卒の就活で志望企業や職種に就けなくても、スキルアップして転職する方法があるんですね。

就活に失敗したからといって、もう一生志望する仕事で働けないというわけではないと知って希望が持てました!

 

体験談②:アルバイトで志望職種に就職 ⇒ 転職して正社員

就活を失敗してしまった先輩のその後の人生の体験談2つ目です。

「就活の教科書」編集部 渡辺

大学3年の冬、サイバーエージェントの就業型インターンの選考を皮切りに周りより少し早めに就活を始めました。

早めに行動に移したことが功を奏したのか次々とESや選考が進み、就活解禁前の時点で3次選考まで進んでいる企業もありました。

しかし、そこから内定を獲得することはありませんでした。(中略)

「インターネットに携わりたい」という気持ちは強く、どんなに就活がうまくいかない状態であっても、web業界以外に就職するという選択肢は考えられませんでした。

そんな中、新卒では到底入れそうにないと見切りを付けていたチームラボでアルバイト募集の話を貰い、入社を決意しました。(中略)

チームラボでの正社員登用も考えていましたが、働いているうちに色々な案件を入れ替わり立ち代わりして生み出していく受託業務ではなく、1つのサービスを育てていくことに興味を持ち、転職活動をする中でheyと出会いました。(中略)

それから毎週木曜日にheyオフィスにて開催しているHello heyに参加し、面接を重ねた末に正社員として内定をいただきました。

(引用:就活に失敗した新卒フリーターが正社員になるまで

早めに就活に取りかかったにも関わらず、内定を獲得できず、志望するWeb業界で働くためアルバイト雇用で入社。

その後転職活動をし、志望職種の正社員の内定をもらったそうです。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生ちゃん

やりたい仕事がはっきりしていたら、雇用形態にこだわらないで経験を積むのも一つの手かも。

新卒で就職に失敗しても、後から正社員になれる可能性もあるんですね。

 

体験談③:ニート生活 ⇒ 再出発後、正社員に一発内定

就活を失敗してしまった先輩のその後の人生の体験談3つ目です。

「就活の教科書」編集部 渡辺

「どうせ次受ける会社も既卒だから受からない。受けるだけ時間の無駄」

そういう気持ちが強くなっていき、もう就活を続けられなくなりました。

一度気持ちがぽっきりと折れてしまったらなかなか立ち直れない、ということをこの時初めて実感しました。

その後、暫くはニートで引きこもりという最悪な生活を送っていました。(中略)

結局、学生時代は就活にことごとく失敗した僕ですが、今は縁あって正社員としてWEB会社のOLをやっています。

ニート期間に充分に心身ともに休めたおかげで、再出発後は一発で仕事が決まりました。

「今まで休んだ分、今度こそこの会社で頑張って働きたい」と本気で思えたからこそ、仕事が決まったのだと思います。

事務職希望だったのに、今はWeb会社でライターの仕事をしています。

毎日がとても充実しています。

(引用:学生時代「内定ゼロ」、ごく普通の真面目な大学生だった僕が就活にことごとく失敗した話

就活の途中で気持ちが折れてしまい、諦めてしばらくニート生活を送っていたという先輩です。

一度就活から離れて心身を休めたおかげで、再度就活を始めると一発で仕事が決まったとのこと。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生くん

心身が疲れていたら、何もうまくいかなくなりますよね。

一度はニートになったとしても、その後のやる気次第でいつでも挽回できるということがわかりました。

そもそも就活を失敗したくない人は、就活で失敗する人の特徴が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

就活がうまくいかないなら就活のプロに相談してみよう

就活生くん

僕は就活が全然うまくいかなくて、つらくなってきました。

周りはもう内定をもらってるのに、どうすればいいのかわからないです・・・

就活がうまくいかず行き詰まっているなら、就活のプロに相談してみましょう。

就活エージェントなら就活相談はもちろん、あなたに合った企業の紹介や選考対策ができます。

DiG UP CAREER」なら、採用のプロ(元人事・人材会社出身)に自分に合った企業を紹介してもらえます。

気軽に面談ができるので、まずは就活エージェントに相談してみましょう。

人事さん

>> DiG UP CAREERを見てみる

 
メモ

ちなみに早く内定がほしいなら、合同選考イベントに参加するのがおすすめです。

たとえば「ミーツカンパニー」は、1回最大8社の選考を同時に受けられ、早ければ1週間で内定をもらえますよ。

 

まとめ:就活で失敗する人の特徴を理解して対策を練ろう

本記事「【うまくいかない…】就活で失敗する人の特徴5つ | 落ちたその後の選択肢、逆転体験談も」はいかがでしたか。

この記事では、「就活の教科書」編集部の渡辺が、就活で失敗する人の特徴について解説しました。

合わせて、就活に失敗しないための方法、就活で失敗しそうな就活生が今すぐ取るべき行動についても解説しました。

また、就活で失敗しても終わりじゃない理由、就活で失敗したその後の5つの選択肢とメリット・デメリットについても解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 渡辺

この記事のまとめ

◆ 就活で失敗する人のよくある特徴5つ

  • 特徴①:そもそもやる気がない
  • 特徴②:自分に自信がない
  • 特徴③:コミュニケーションを勘違いしている
  • 特徴④:自己分析ができていない
  • 特徴⑤:企業が見ているポイントを理解していない

◆ 就活で失敗しないための方法3つ

  • 失敗しない方法①:自己分析をしよう
  • 失敗しない方法②:企業が評価するポイントを理解しよう
  • 失敗しない方法③:とにかく行動してみよう

◆ 就活で失敗しても終わりじゃない理由3つ

  • 理由①:新卒で受けれる企業はいくらでもある
  • 理由②:最も自分にマッチした仕事にあうチャンスがある
  • 理由③:改めて自分のキャリアについて考えることができる

◆【体験談3選】新卒で就活に失敗した人の逆転人生

  • 体験談①:遅い時期に内定 ⇒ 志望職種に転職
  • 体験談②:アルバイトで志望職種に就職 ⇒ 転職して正社員
  • 体験談③:ニート生活 ⇒ 再出発後、正社員に一発内定

◆就活失敗した後の選択肢6つとメリット・デメリット

  • 選択肢①:卒業して就活を続ける
  • 選択肢②:卒業せず就職留年する
  • 選択肢③:企業に就職しない
  • 選択肢④:休学する
  • 選択肢⑤:大学院に進学する
  • 選択肢⑥:フリーランスとして働く

◆【挽回できる】失敗しそうな就活生が今すぐ取るべき行動6つ

  • 行動①:非上場企業を狙う
  • 行動②:大手のグループ会社を狙う
  • 行動③:就活エージェントに相談する
  • 行動④:早い時期から就活に向けて準備する
  • 行動⑤:自己分析に時間をかける
  • 行動⑥:インターンシップに参加する

「就活で失敗するかもしれない…」という不安は痛いほどわかります。

しかしその不安は、立ち止まっていても無くなることはありません。

行動することでその不安を消し去りましょう。

最後に、就活で失敗したくないと感じている人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺