>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【失敗しても大丈夫!】就活で失敗した後の対処法5つ | 落ちる人の特徴も

この記事でわかること
  • 就活に失敗しても終わりじゃない!
  • 就活に失敗しても終わりじゃない理由
  • 就活に失敗した後の対処法5つ
  • 就活で失敗する人の特徴は自信が持ててない
  • 就活で失敗しないための方法3
こんにちは、「就活の教科書」編集部の渡辺です。

今回は就活で失敗する人の特徴について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生くん

就活がなかなか上手くいかず、失敗しそうで不安…

就活に失敗する人の思考パターンや特徴について知っておきたいです・・・

就活生ちゃん

就活がうまくいきません。

失敗続きで、もうどうすればいいのか分かりません・・・

そもそも、失敗しない就活の仕方ってあるんですか?

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の渡辺が、就活で失敗しても終わりじゃない理由つについて解説していきます。

合わせて、就活で失敗した後の対処法就活に失敗しないための方法についても解説していきます。

また、就活に失敗する人と良くある特徴についても解説していきます。

この記事を読めば、就活での失敗する特徴を理解し、失敗を回避するためにどうすれば良いのか理解できます。

「就活で失敗したくない…」と不安な学生は、ぜひこの記事を参考にして見てください。

 

「就活がどうしてもうまくいかない!」という学生には、こちらの記事も役立ちます。合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

【就活に失敗しても終わりじゃない!】大丈夫な理由3つ

就活生ちゃん

受けていた企業、全てから内定がもらえませんでした。

就活に失敗したら人生終了ですよね・・・

諦めない限りはいくらでも就活はやり直すことができるので、まだあきらめてはいけませんよ!

では就活に失敗しても終わりじゃない理由について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活に失敗しても終わりじゃない理由3つ
  • 理由①:新卒で受けれる企業はいくらでもある
  • 理由②:最も自分にマッチした仕事にあうチャンスがある
  • 理由③:改めて自分のキャリアについて考えることができる

就活が失敗したと不安がっている方も理由を見て諦めないでください!

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

理由①:新卒で受けれる企業はいくらでもある

就活に失敗しても終わりじゃない理由1つ目は「新卒で受けれる企業はいくらでもある」です。

日本には421万社もの企業があり、新卒で受けれる企業は山ほどあるからです。

もし50社ほどしか受けていないのなら、まだまだ受けれる企業はあるので、積極的に受けてみましょう。

ちなみに421万社のうち大企業は0.3%しかないため、大企業ばかり受けていた人は中小企業も検証してみましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

理由②:最も自分にマッチした仕事にあうチャンスがある

就活に失敗しても終わりじゃない理由2つ目は「最も自分にマッチした仕事にあうチャンスがある」です。

内定がもらえなかった企業や業界は自分に合っていなかったということです。

裏を返せば、一番自分に合った企業や職種に会える可能性があるのです。

就活で失敗するのは決して「能力が低い」「必要とされていない」ということではなく、その企業の社風に合っているか合っていなかが見られているのです。

そのため、就活でまだ内定を貰えていない就活生は、もう一度自己分析をして自分に合った仕事について考えてみましょう。

自己分析をしている場合じゃないとも思うかもしれませんが、自己分析は最も重要だと言っても過言でないので、自己分析をした方は下記の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

理由③:改めて自分のキャリアについて考えることができる

就活に失敗しても終わりじゃない理由3つ目は「改めて自分のキャリアについて考えることができる」です。

就活に失敗したということはもう一度自分のキャリアについて考える時間ができたということです。

「本当に就職する道が自分に適しているのか?」「就職ではなく本当にやりたことはないか?」といったような疑問で、もう一度キャリアについて考えることができます。

必ずしも大学を卒業して就職する必要はないので、就活に失敗した人はもう一度自分と向き合ってみましょう。

僕自身も就職活動をする前、就職以外に2つの選択肢がありました。

最終的には就職することを選んだのですが、就職するだけがゴールではないので検証してみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就活に失敗した後の対処法5つ

就活生くん

4年生の8月で無い内定(NTT)です。

就活が失敗した僕は何をすればいいのか分かりません

就活が失敗したとしてもするべき行動はたくさんあります。

それぞれの対象方について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活に失敗した後の対処法5つ
  • 対処法①:エージェントを利用する
  • 対処法②:就職留年をして再び就活をする
  • 対処法③:長期インターンをして実力をつける
  • 対処法④:大学院に進学してみる
  • 対処法⑤:フリーランスとして働く

上記5つは就活を失敗した後の優良な選択肢です。

就活を失敗して悩んでいる人は解説をみてこれからするべき行動について考えてください!

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

対処法①:エージェントを利用する

就活に失敗した後の対処法1つ目は「エージェントを利用する」です。

エージェントを利用することで、新たな持ち駒を獲得することができるからです。

エージェントは就活相談に乗ってくれるだけでなく、自分に合った企業も見つけてくれるので、非常に良いサービスです。

まだ就活は続けるけど、具体的にどのような行動がをすれば良いのか分からない学生はエージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

どのエージェントに行けばよいのか分からない方は下記の記事を参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

対処法②:就職留年をして再び就活をする

就活を失敗した後の対処法2つ目は「就職留年をして再び就活をする」です。

就職留年をすることによって再び新卒として就職活動を行うことができるからです。

就職留年をすることによって学費はプラス一年分かかってしまいますが、新卒切符を2回使えることは非常にメリットなので、きっちり準備をして、2回目の就職活動に挑んでみることも一つの手です。

就活で失敗した人で就職留年をして大手企業に内定を貰ったという例は非常に多くあるので、もう一度頑張ってみてはいかがでしょうか。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

対処法③:長期インターンをして実力をつける

就活を失敗した後の対処法3つ目は「長期インターンをして実力をつける」です。

就職留年の続きになりますが、長期インターンに参加してビジネスを体感することで、ほかの就活生に差をつけることができます。

長期インターンでは社会人と一緒に働くので、コミュニケーション能力論理的思考能力が非常に見につき、グループワークや面接で印象付けることができます。

ただ単に就職留年をしていただけでなく、ビジネスの現場で働いていたことを伝えることで、就職留年が悪いイメージを持たれなくなります。

長期インターンではビジネスを体感することができ、お給料も出るため、これほど一石二鳥なことはありません。

アルバイトをしている人は長期インターンを検証してみてはいかがでしょうか。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

対処法④:大学院に進学してみる

就活を失敗した後の対処法4つ目は「大学院に進学してみる」です。

就活が失敗して大学院に行くケースも非常の多い例の一つです。

院で公認会計士や難易度の高い資格をとることも次に就活をする場合に有利に動きますし、院で研究するテーマについて勉強して大学の教授になるという手もあります。

大学院に進学することで大学生よりも視野を広くキャリアについて考えることができます。

院に行ってみて人生が変わったという人も多くいるので一つの選択肢として検証してみてはどうでしょうか。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

対処法⑤:フリーランスとして働く

就活を失敗した後の対処法5つ目は「フリーランスとして働く」です。

近年ではフリーランスとしての働き方が増えてきているからです。

就活に失敗したから落ち込むのでなく、今の時代は様々な働き方があるため、個人で働くことも一つの手段です。

就活に失敗した人は組織で働くよりもフリーランスの方が向いている可能性が高いため、自分の好きな専門分野などを見つけフリーランスの働き方も選択肢に入れてみてください。

就職できる気がしないと思っている人はフリーランスの道も検証してみてください!

「就活をやめたいけど内定が欲しい」と思っている就活生には、”就活の教科書公式LINE”がオススメです。

「就活の教科書公式LINE」は、このサイトが配信しているメルマガで、「今から内定を取る方法」を配信しています。

「就活の教科書」編集部 渡辺

【就活の教科書LINE】内定者が"本当の就活情報" をLINEにお届け

「内定がもらえていない」「内定はもらえたけど本当に入社すべきなのか迷っている」という学生は、今すぐ就活の教科書公式LINEに登録してください。

さらに今だけ、特典として”就活逆転マニュアル”をプレゼントしています。

就活の教科書LINEメルマガの配信内容や特典内容については、下記の記事にまとめています。

 

就活で失敗する人のよくある特徴5つ

就活生くん

就活は失敗したので、終わりません。

就活が終わらない人の特徴って何なのでしょうか?

さっそく、就活で失敗する人によくある特徴を5つ紹介します。

  1. そもそもやる気がない
  2. 自分に自信がない
  3. コミュニケーションを勘違いしている
  4. 自己分析ができていない
  5. 企業が見ているポイントを理解していない
就活で失敗する人にはいくつかの共通点があります。
失敗する原因を理解することで、就活をうまく進めましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴①:そもそもやる気がない

就活で失敗する人によくある特徴の一つ目は、「そもそもやる気がない」です。

当然といえば当然なのですが、就活に対してやる気がない人は選考でも不合格になりやすいです。

やる気を出した方が失敗しにくい理由は、「面接官もやる気のある人と働きたい」「就活では継続的に努力する必要がある」の大きく二つに分けることができます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

面接官もやる気のある人と働きたい

どうせ働くならあなたもやる気のある人と働きたいですよね。それは面接官も同じです。

精神論っぽい話ですが、私たちのやる気は周りの環境に依存するものです。

やる気のある人にとって、やる気のない人と働くことは苦痛でしかなく、(特にベンチャーの)就活ではうまくいきません。

 

就活では継続的に努力する必要がある

就活では「考えるべきこと」「やるべきこと」が多く、継続的に努力する必要があります。

自己分析・企業分析・OB訪問・面接対策…と限られた時間の中で多くのことをしなければなりません。

やる気がないと、それぞれにかけられる時間も少なくなりがちで、それぞれの精度も下がり、選考でも不合格になりやすいです。

就活でやる気が出ないと感じている人は、やる気が出ない理由や就活以外の選択肢について分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴②:自分に自信がない

就活で失敗する人によくある特徴の二つ目は、「自分に自信がない」です。

自分に自信がない為に、選考でも極度に緊張してしまい、実力を発揮できないことがあります。

もちろん企業への志望度が高くなればなるほど、緊張してしまうのはよく分かりますが、自信なさげに振舞っている就活生は選考でも失敗してしまう可能性が高いです。

自信をつけるための対策方法としては、選考をたくさん受けて場慣れしていく必要があります。

と言っても、たくさんの選考にエントリーするのって意外と手間がかかりますよね。

そこでおすすめなのが「就活イベントの参加」です。

就活イベントに参加すれば、1日に複数の企業をまとめて受験できるため就活で失敗する可能性をグッと下げられます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

【通常の選考の流れ】

企業を探す→エントリーする→選考の日程調整をする→1社ずつ受験する

【就活イベントの選考の流れ】

就活イベントに参加する→参加企業と接触する→複数の選考を1日で一気に受験する

就活イベントの利用すると、内定獲得までの流れが省略されるので、効率よく複数の選考を受けられます。

そのため、「持ち駒がなくなって就活が失敗した」みたいな危険も回避できます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

そして、就活イベントの中で最もおすすめなのが、Meets Company(ミーツカンパニー)です。

Meets Companyは、年間のサービス利用者が10万人超えのイベントで、「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位の人気イベントです。

さらに、Meets Companyの最大の特徴は、1日に最大8社同時に選考を進められる点です。

全国で開催されているため、就活を失敗したくないと考えている就活生は、一度は参加すべきイベントだといえます。

Meets Companyの特徴をおさらい

  • 全国開催で全就活生が利用可能
  • 「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位
  • 1日に最大8社同時に選考を進められる

人気就活イベント「Meets Company」に参加して、複数の企業を受験して内定獲得に近づきましょう!

「就活の教科書」編集部 渡辺

>>Meets Company(ミーツカンパニー)の参加企業をみて見る

 

他にも参加すべき就活イベントがいくつかあります。

下記の記事で一覧にしてまとめたので、就活のやり直しがしたい人はぜひ合わせて読むことをおすすめします。

[box class="box26" title="合わせて読みたい"] ⇒【内定者が選んだ】就活イベントおすすめ30選! 業界で分類(大手/ベンチャー/マスコミ/体育会/理系など) [/box]

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴③:コミュニケーション力を勘違いしている

就活で失敗する人のよくある特徴の三つ目は、「コミュニケーション力を勘違いしている」です。

就活生はよく勘違いしがちですが、コミュニケーション力とは「初めて会う人とも躊躇なく会話できる能力」を意味するのではありません。

コミュニケーション力とは、「相手の意図することを正しく理解し、それにふさわしい回答ができること」です。

いくら素晴らしい話であっても、相手の求めていないことを話していては、相手にとって苦痛でしかありません。

自分の伝えたいことだけではなく、相手がどんな話を聞きたいのかを考えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴④:自己分析ができていない

就活で失敗する人によくある特徴の四つ目は、「自己分析ができていない」です。

自己分析とは、「過去の経験を整理し、自分の性格や強み・弱みを理解して、自分に向いている業界・業種を明らかにする作業」です。

自己分析ができていないと、企業の方にとっても「なぜこの就活生はウチの選考を受けているのかわからない」という状況になりかねません。

僕も自己分析があまりできていない状態で選考を受けている時は、不合格ばかりでした。
自己分析については過去の記事で詳しく説明していますので、良かったらそちらも参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴⑤:企業が評価しているポイントを理解していない

就活で失敗する人によくある特徴の五つ目は、「企業が評価しているポイントを理解していない」です。

企業はただ、優秀な人材を採用したい訳ではありません。

企業によって採用の際に評価しているポイントは様々で、一緒に働きたいと思えるような人柄の人材を評価することもあれば、過去に偉大な成果を打ち立てた人材を評価することもあります。

また、評価されるポイントは選考の段階によっても異なります。

企業の評価ポイントを理解せずに、選考を進めてしまうと落ちる可能性が必然的に高くなります。

就活で失敗する人にならないために、就職エージェントを使って面接対策をしておくことをおすすめします。

就職エージェントとは、個別でES対策や面接対策を内定が貰えるまでサポートしてくれる就活支援サービスです。

そして就活エージェントの中でも特におすすめなのが、専属アドバイザーが豊富に在籍する「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、ES添削や面接対策だけでなく、あなたに合ったホワイト企業を厳選して紹介してくれるため、就活で失敗しないように回避できます。

そのため自分に会う会社がわからない方や、自分の強みがわからずに企業選びに困っている方にもおすすめのサービスです。

キャリアチケットを利用すれば、厳選されたホワイト企業を紹介してくれるため、就活を失敗しないように回避できますよ

「就活の教科書」編集部 渡辺

>>キャリアチケットの個別サポートを受けてみる

 

まずは「キャリアチケット」に登録して、面談をしてもらい、自己分析の深堀りをしたい旨を伝えましょう。

ほかにオススメできる就職エージェントはたくさんあります。

就職エージェントについてもっと知りたい人は、下記の記事を参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

 

 就活で失敗しないための方法3つ

次に、就活で失敗しないために意識しておくべきことを3つ紹介します。

  1. 自己分析をしよう
  2. 企業が評価するポイントを理解しよう
  3. とにかく行動してみよう

 

失敗しない方法①:自己分析をしよう

就活に失敗しない方法1つ目は、よくある意見ですが「自己分析をしよう」です。

就活で成功するかどうかは、自己分析をきちんとできているかに依存すると言っても過言ではありません。

「過去の経験を振り返って、自分の性格や、自分の強み・弱みを認識した上で、御社で働きたい」ということがきちんと企業に伝えられれば、就活では成功します。

自己分析は、終わりが見え辛く苦しいものでもありますが、最後まで自分と向き合って就活を成功させましょう。

ただ、1人で自己分析をするのが、どうしても苦手だと感じる人もいますよね。

自己分析が苦手で就活に失敗するかもと感じる就活生は、自己分析ツールの利用をオススメします。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

自己分析ツールとは、用意されたいくつかの設問に答えるだけで、自動的に自己分析を行ってくれるツールです。

自己分析ツールの中でも特におすすめなのが、利用学生数No.1の適性診断AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+は、無料求人サイトOfferBox(オファーボックス)に登録すれば、利用できるサービスです。

用意されている設問数が250問と多いため、診断結果の質が高く、自己分析の深堀りできるため、可能な限り就活の失敗を避けることができます。

適性診断AnalyzeU+の特徴は以下です。

「就活の教科書」編集部 渡辺

適性診断AnalyzeU+の特徴

  • 問題に答えるだけで自己分析ができる
  • 診断結果の質が圧倒的に高い(質問数が250問と多い)
  • 利用学生数No.1(利用学生数125,000人)
  • 適正診断の結果をもとに企業側からスカウト
  • スカウトオファーの質が高い(1企業100通まで)
  • 大手有名企業も多数参加(東証一部上場企業の19%が登録)

 

「適性診断AnalyzeU+」を利用すれば、診断結果を見た企業が選考案内のオファーをくれるので、企業選びに時間をかけることなく、自分の特徴にあった企業と出会えます。

就活で失敗しないためにも、企業と出会う回数を増やして、面接経験を積んでおきましょう。

OfferBoxを特に利用すべき方は以下の特徴に当てはまる方です!

「就活の教科書」編集部 渡辺

OfferBoxを利用すべき就活生

  • 就活で失敗したくない
  • 自分に会う会社がわからない
  • 自分の強みがわからない
  • 自己分析が苦手
  • とにかく内定が欲しい
  • 持ち駒を増やしたい

 

OfferBoxを利用して、あなたに合った企業からオファーを貰って内定に近づけましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

>>OfferBox(オファーボックス)で自分に合う会社を診断してみる

 

1度自分のプロフィールを登録するだけで、後は自動的にスカウトしてくれるのでとても便利ですよね。

スカウトアプリをもっと知りたい人は、オススメのスカウトアプリ15選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

失敗しない方法②:企業が評価するポイントをアピールしよう

就活に失敗しない方法2つ目は、よくある意見ですが「企業が評価するポイントをアピールしよう」です。

繰り返しになりますが、企業や選考の段階によって評価されるポイントは様々です。

それぞれの企業・選考で何が評価されるのかを把握した上で、そのポイントをアピールしましょう。

企業・選考の段階毎に何が求められているかは、Matcher(マッチャー)」などのOBOG訪問アプリを使って社員の方に質問したり、

OneCareer(ワンキャリア)など過去の選考内容を確認できる就活サイトで確認してみたりみましょう。

「Matcher」「OneCareer」については、こちらの記事で解説しています。

ちなみに、僕の内定先の株式会社マネーフォワードでは、ミッションへの共感が求められていました。
なぜ僕が株式会社マネーフォワードのミッションに共感するのか、自分の過去の経験から話せるように徹底していました。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

企業が評価するポイントを理解するためには、企業側の意見を聞けるOB訪問をオススメします。

OB訪問をやりたい人は、OB訪問のやり方やOB訪問ができるマッチングサイト/アプリが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

失敗しない方法③:とにかく行動してみよう

最後に、就活で失敗しないために「とにかく行動」してみましょう。

うまくいかなかった時に落ち込んでしまう気持ちは痛いほどわかります。でもずっと落ち込んだままだと物事は進展しません。

就活では、今の状況に関わらず今からの行動量でいくらでも挽回できます。

諦めずに行動し続けましょう。

どう行動して良いかわからない方は、とにかく様々な企業の説明会に参加しましゅお。

行動するとは言っても、何をすれば良いか分からないと感じている人は、就活やるべきこと10選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

新しい行動として、就活に役立つサービスを利用してみるのもいいですよ。

以下の記事に、おすすめの就活サービス・就職エージェントをまとめています。

どんな就活サービス・就職エージェントを使えば良いか分からない就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

 

まとめ:就活失敗の不安は行動量で消し去ろう

いかがでしたか。

この記事では、就活で失敗する人のよくある特徴5つと失敗しないための方法3つを紹介しました。

「就活で失敗するかもしれない…」という不安は痛いほどわかります。

しかしその不安は、立ち止まっていても無くなることはありません。

行動することでその不安を消し去りましょう。

 

最後に、就活で失敗したくないと感じている人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺