【オンラインWEBテスト学習サービス】sweet pea(スイートピー)実際に使ってみた感想 | 就活生の評判も

本ページはプロモーションを含みます

【オンラインWEBテスト学習サービス】sweet pea(スイートピー)実際に使ってみた感想 | 就活生の評判も

この記事を読めばわかること

 

皆さんこんにちは。

「就活の教科書」編集部の森山です。

この記事では、オンライン学習サービス「sweet pea(スイートピー)」について解説します。

就活生の皆さんは、「sweet pea」を利用したことがありますか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

「sweet pea」は名前だけ知っていて、受験したことはありません。

以前SNSで友達が「sweet pea」についてアップしていたのをみかけました

就活生ちゃん

私は「sweet pea」を使ってみようか迷っています。

「sweet pea」を利用すれば、就活に役立ちますか?

そもそも、「sweet pea」のシステムがあまり理解できていません・・・

「sweet pea」を受けたことがない就活生は、今すぐ受験することをオススメします!

「sweet pea」がおすすめな理由を、今から解説していきますね。

ちなみに、「SPIやテストセンターで落ちたくない」「Webテストを効率的に勉強したい」という人は、SPIやWebテストの例題を短時間で練習できる「SPI頻出問題集(公式LINEで無料配布)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

この記事では、様々なSPIのツールを利用してきた僕が、「sweet pea」を実際に使ってみたので紹介します

合わせて、「sweet pea」の特徴や、評判も解説します。

この記事を読めば、「サクっとSPIを受けてみたいんだけど、sweet peaを使っていいのかな・・・」と悩むこともなくなります。

まだ、「sweet pea」を受験していない就活生は、この記事を読んで「sweet pea」を利用してみてください!

 

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはLognavi適性診断実際の問題に近い演習をし、短期間で得点をUPさせるのがおすすめです。

ちなみにLognavi適性診断以外にも、公式LINEで簡単に利用できる「SPI頻出問題集」、251問の性格診断「適性診断AnalyzeU+もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】SPI勉強のおすすめツール(無料)
\ 自分のSPI偏差値が分かる! /
SPI練習問題を解く
(Lognavi)

*150,000人が利用!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はSPI頻出問題集で練習問題を解いてみるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

SPIやWebテスト対策はもう済んだ?

「SPIを短時間で対策」「もっといろんな問題を解いて試験に慣れたい!」なら、就活の教科書公式LINEから誰でも無料で受け取れるSPI頻出問題集」がおすすめです。

SPI頻出問題集は、豊富な言語・非言語問題と丁寧な解説付きなので、練習すればSPIやWebテストで高得点を狙えます。

「実際の問題と類似してる点が多く、非常に役立ちました。」との口コミがあるように、本番のテストに近い問題や、多くの就活生が苦手としている二字熟語、四字熟語の頻出まとめなどもわかります。

点数が一気に伸びた人も多いので、ぜひ公式LINEからGETしてみてくださいね。

\ 140,000人以上が利用中! / SPI練習問題を解く
(SPI頻出問題集)
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-spi/)

*公式LINE限定で無料配布中!

「sweet pea」は、就活生向けオンライン学習サービス

初めに、「sweet pea(スイートピー)」について、簡単におさらいしますね。

「就活の教科書」編集部 森山

sweet peaは、合同会社スノーフレイクスが提供している就活生のためのオンライン学習サービスです。

パソコン1つあれば、学校やカフェ、自宅など場所を問わずWEBテストの対策をすることができます。

SPI、玉手箱、CAB、GABと様々なテストの種類に対応しており、「sweet pea」上で全て対策ができます。

就活生くん

「sweet pea」って就活生のためのオンライン学習サービスだったんですね。

名前からでは、イメージがついてませんでした。

「sweet pea」は、電車の移動中など開いた時間があれば、どこでも気軽に就活のWEBテストの問題を受けることができるサービスです。

それでは、次に「sweet pea」の特徴を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

「SPIやWebテストの対策どうしよう…」「正直、短時間で点数を上げたい!」という方は、Lognaviを使うのがおすすめです!

Lognaviでは、208問のSPI模擬テスト(言語・非言語108問、性格診断90問)を受けることができ、自分のSPI偏差値が分かります。

まずは自分の実力を測ることで効率的にSPIの対策を進めることができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「Lognavi」は非言語と言語の頻出問題を徹底的に練習できる
  • 言語・非言語両方の頻出問題が網羅されている
  • 自分の偏差値が分かるからSPI対策を進めやすい
  • 実際の問題に近い演習ができる

「sweet pea」の3つの特徴

就活生くん

「sweet pea」って一体どんなサービスなんだろう・・・

サイトの特徴があれば教えてほしいです。

「sweet pea(スイートピー)」は、就活生向けのオンライン学習が充実しており、多くの特徴があります。

「就活の教科書」編集部 森山

「sweet pea」の特徴
  • 特徴①:本番と同様のテストが受けられる
  • 特徴②:テストの種類が充実している
  • 特徴③:3つの料金体系が選べる

それでは、「sweet pea」の3つの特徴をそれぞれ解説します。

「就活の教科書」編集部 森山

 

特徴①:本番と同様のテストが受けられる

「sweet pea」の特徴1つ目は、本番と同様のテストが受けられるです。

本番と同じような試験を受けることで、WEBテストの本番の雰囲気が簡単に掴めます。

「sweet pea」があれば教材を購入する必要がないので、WEBテストの勉強を気軽に始られますよ。

力試しにWEBテストを受けてみたい就活生にも、「sweet pea」は利用しやすいサービスになっています。

サイトを開けばWEBテストが始められるので、「SPIってなにから始めたら良いのか分からない」という就活生には、「sweet pea」は気軽に始めやすいサービスです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

特徴②:テストの種類が充実している

「sweet pea」の特徴2つ目は、テストの種類が充実しているです。

「sweet pea」はWEBテストの種類が多く、SPI・玉手箱・CAB・GABなど、ほとんどの種類のテストが用意されています。

また、WEBテストの問題は分野別に分けられています。

どんな分野の問題があるのかを、以下のリストにまとめておきました。

WEBテストの問題(分野別)

分野別レッスン(非言語)

  • 推論
  • 場合の数・確率・集合
  • 計算
  • 図表・資料・長文
  • 特殊
  • 構造的把握力検査
  • 法則性
  • 命令表
  • 暗号

◆ 分野別レッスン(言語)

  • 2語・語句
  • 文章
  • 英語

 

上記のリストのように「sweet pea」では、問題の分野別にWEBテストを受けることができます。

自分の苦手な分野を把握することができ、的確にWEBテストが対策可能です。

「sweet pea」は、問題が分野別に分かれており、自分の苦手な分野がすぐに受けられるのでありがたいです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

特徴③:3つの料金体系が選べる

「sweet pea」の特徴3つ目は、3つの料金体系が選べるです。

就活生のニーズごとに合わせて、料金プランを設定できるのです。

料金プランには、以下の3つがあります。

「sweet pea」の料金体系
  • お試し版:会員登録不要、一部サービスが利用可能
  • 無料会員:全サービスと、一部レッスンが利用可能
  • 有料会員(月額330円):全サービスと、全レッスンが利用可能、

* サービス:復習などの機能、レッスン:上級編などの問題
* 支払い方法:クレジットカードのみ

上記リストの上から順番に、各料金プラン説明していきます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「sweet pea」お試し版は、会員登録不要で一部サービスが利用できるものです。

「sweet pea」がどんなサービスか知りたいという就活生には、ぴったりです。

 

「sweet pea」無料会員は、レッスンの一部と他全てのサービスが利用できます。

無料会員でも、ある程度の問題を解くことができるので、WEBテストの対策を始めたい就活生にオススメです。

 

「sweet pea」有料会員は、全てのサービスが利用できます。

このサービスだけでWEBテストの対策を完璧にしたい就活生にオススメです。

有料会員の利用料金は、月額330円(税込)で利用でき、就活生にとっても始めやすい価格になっています。

支払い方法は、クレジットカードでの決済となっています。

 

SPIやWebテスト対策はもう済んだ?

「SPIを短時間で対策」「もっといろんな問題を解いて試験に慣れたい!」なら、就活の教科書公式LINEから誰でも無料で受け取れるSPI頻出問題集」がおすすめです。

SPI頻出問題集は、豊富な言語・非言語問題と丁寧な解説付きなので、練習すればSPIやWebテストで高得点を狙えます。

「実際の問題と類似してる点が多く、非常に役立ちました。」との口コミがあるように、本番のテストに近い問題や、多くの就活生が苦手としている二字熟語、四字熟語の頻出まとめなどもわかります。

点数が一気に伸びた人も多いので、ぜひ公式LINEからGETしてみてくださいね。

\ 140,000人以上が利用中! / SPI練習問題を解く
(SPI頻出問題集)
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-spi/)

*公式LINE限定で無料配布中!

「sweet pea」SNSでの評判は、見つからなかった

「sweet pea」の評判について気になる就活生も多いですよね。

SNSなどを参考に「sweet pea」の評判について調べてみました。

「就活の教科書」編集部 森山

 

実際に「sweet pea」の評判についてInstagram・Twitter・ FacebookなどのSNSで調べてみました。

結果としては、現時点で「sweet pea」の口コミや評判については、見つかりませんでした(2020年4月7日時点)

「sweet pea」は、2019年12月23日にサービスの提供を開始したので、今はまだ知っている人が少ないのかもしれません。

「sweet pea」は就活生にとって利用しやすいサービスで、今後の成長に期待したいです。

「sweet pea」が誰もが知っているサービスになるのが楽しみですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

よくある適性検査の対策に役立つ記事一覧

「適性検査の種類が多すぎてどの対策をすればいいか分からない」という就活生は、 SPI」 「玉手箱」 「CAB」 「GAB」 「TG-WEB のWebテストの対策をしましょう。

この5つは、多くの企業で導入されている適性検査なので、これさえ対策すれば多くの企業の選考を通過できるようになります。

就活アドバイザー 京香

必ず対策してほしい適性検査5つ
                                                   

「SPIやWebテストの対策どうしよう…」「正直、短時間で点数を上げたい!」という方は、Lognaviを使うのがおすすめです!

Lognaviでは、208問のSPI模擬テスト(言語・非言語108問、性格診断90問)を受けることができ、自分のSPI偏差値が分かります。

まずは自分の実力を測ることで効率的にSPIの対策を進めることができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「Lognavi」は非言語と言語の頻出問題を徹底的に練習できる
  • 言語・非言語両方の頻出問題が網羅されている
  • 自分の偏差値が分かるからSPI対策を進めやすい
  • 実際の問題に近い演習ができる

「sweet pea」を実際にやってみた

就活生ちゃん

「sweet pea」が就活生にとって使いやすいサービスであることは分かりました。

私も、「sweet pea」を利用してみたいのですが、使い方が分からないので教えてほしいです。

次に、「sweet pea(スイートピー)」の使い方・やり方について説明していきます。

下記のリストの順番に説明します。

「就活の教科書」編集部 森山

「sweet pea」のやり方
  1. 「sweet pea」の始め方
  2. 苦手分野の復習を重ねる
  3. 本番のテストを受けてみる

それでは、「sweet pea」の使い方・やり方について、順番に説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

やり方①:「sweet pea」の始め方

「sweet pea」のやり方1つ目は、「sweet pea」の始め方です。

まずは、「sweet pea」のトップページに行きます。

 

「sweet pea」の仕組みは、非常にシンプルになっています。

「sweet pea」は、左にある青色のサイドバーから始めることができます。

サイドバーの「はじめに」を選択すると、webテストや就活についての知識が一通り分かります

「sweet pea」 管理画面

 

使い方が分からなかったり、「sweet pea」を初めて使う人は「はじめに」を見て使い方を知りましょう

「はじめに」には、「Q &A」や「テストの説明」まで全てが網羅されています。

本の目次の感覚で読んでみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

やり方②:苦手分野の復習を重ねる

「sweet pea」のやり方2つ目は、苦手分野の復習を重ねるです。

テストの苦手分野を徹底的に復習しましょう。

「sweet pea」には、自分が解けなかった問題が一目で分かるように「マイページ」というものがあります。

「sweet pea」 マイページ

 

「sweet pea」のマイページでは、テストの進捗状況に応じてグラフが変化します。

自分に不足している苦手分野が見ただけで分かるので、WEBテストの苦手な分野を集中して対策が可能なのです。

全ての分野が満点になるように繰り返し、苦手分野を復讐していきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

やり方③:本番のテストを受けてみる

「sweet pea」のやり方3つ目は、本番のテストを受けてみるです。

練習問題に慣れてきたら、本番のテストを受けてみましょう。

サイトの本番のテストに慣れたら、あとは本当のテストを迎えるのみです。

「sweet pea」の青色のサイドバーから「いざ本番」を選択して、本番のテストの雰囲気を掴めることができます。

「sweet pea」 テスト 本番ページ

sweet peaの「いざ本番」のテストを解いてみて、問題がなければWEBテストの準備は完了です。

「いざ本番」を何度も繰り返して本番の雰囲気を完全に掴んでしまいましょう。

コツが掴めたら、WEBテスト当日までに自身のネット環境を確認して、試験当日、落ち着いてWEBテストを受けましょう!

ちなみに下記の記事では、Web面接に役立つ安くて高性能なポケットWi-Fiをランキング形式で紹介しています。
どれだけ予習をしていても、ネット環境が悪いと、途中で映像や電波が乱れることがあります。
自宅のオンライン環境が不安な方、余裕を持ってWeb面接を受けたい方は、ぜひ合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

SPIやWebテスト対策はもう済んだ?

「SPIを短時間で対策」「もっといろんな問題を解いて試験に慣れたい!」なら、就活の教科書公式LINEから誰でも無料で受け取れるSPI頻出問題集」がおすすめです。

SPI頻出問題集は、豊富な言語・非言語問題と丁寧な解説付きなので、練習すればSPIやWebテストで高得点を狙えます。

「実際の問題と類似してる点が多く、非常に役立ちました。」との口コミがあるように、本番のテストに近い問題や、多くの就活生が苦手としている二字熟語、四字熟語の頻出まとめなどもわかります。

点数が一気に伸びた人も多いので、ぜひ公式LINEからGETしてみてくださいね。

\ 140,000人以上が利用中! / SPI練習問題を解く
(SPI頻出問題集)
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-spi/)

*公式LINE限定で無料配布中!

まとめ:「sweet pea」は就活生のためのオンライン学習サービスだ!

この記事の、「【SPI対策の優良サービス!】「sweet pea」を実際に使ってみた | 特徴、評判も」はいかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部の森山が、「sweet pea」について解説しました。

「就活の教科書」編集部 森山

 

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「sweet pea」のまとめ

そもそも「sweet pea」とは、就活生向けオンライン学習サービス

「sweet pea」の3つの特徴

  • 特徴①:本番と同様のテストが受けれる
  • 特徴②:テストの種類が充実している
  • 特徴③:3つの料金体系が選べる

SNSでの「sweet pea」の評判は、見つからなかった

「sweet pea」を実際にやってみた

  • やり方①:「sweet pea」の始め方
  • やり方②:苦手分野の復習を重ねる
  • やり方③:本番のテストを受けてみる

まとめ:「sweet pea」は就活生のためのオンライン学習サービスだ!

「sweet pea」が就活生にとって便利なオンライン学習サービスということが伝わったでしょうか。

SPIをはじめとするWEBテストは、就活生からすれば始めは何か分からないと思います。

そんな時には、「sweet pea」を利用してみてはいかがでしょうか?

「SPIってなにから手をつけたらいいの・・・?」という就活生の方は、是非この記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 森山