>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】成績悪いと就活で不利って本当? | 面接での答え方も

【内定者が教える】成績が悪いと就活で不利って本当? _ 面接での答え方も

みなさんこんにちは!
「就活の教科書」編集部の橋口です。
今回は、「成績が悪いと就活に影響はあるのか」について解説します。
就活生の皆さんは、自分の大学の成績に自信はありますか?

「就活の教科書」編集部 橋口

就活生くん

僕はGPAが1.2なので、成績には全く自信がないです。
成績が悪いと、就活に影響は出ますか?

就活生ちゃん

私も成績には自信がないです。
特に、専門科目の成績が悪いです。
もし就活の面接で成績について聞かれたら、成績が悪いことを正直に伝えた方が良いですか?

就活を頑張っていても、成績が悪いと少し不安になってしまいますよね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

そこでこの記事では、大学の成績が悪いと就活に影響が出るのかについて解説します。

合わせて、企業が成績の提出を求める理由や、成績が悪いことを聞かれやすい就活生の特徴、聞かれた場合の答え方も紹介します。

この記事を読めば、「大学の成績が悪い自分は、就活もうまくいかないのかな…」と悩むこともなくなります。

自分の悪い成績が就活に影響するのではないかと悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

「成績が悪いから不採用」はない

成績 評価

結論から言うと、成績が悪いから不採用」は、基本的にはありません。

「就活の教科書」編集部 橋口

企業は成績を聞くことで、あなたの成績の良し悪しを見ているのではありません。

成績の悪さを心配している就活生は、気にせず就活をしましょう。

では、企業は成績を見て、就活生の何を知ろうとしているのでしょうか。

次に、「成績が悪いから不採用」はないと言える理由を解説しますね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

「成績が悪いから不採用」はないと言える理由

就活生くん

「成績が悪いから不採用」はないって本当ですか?
理由を教えてください!

「成績が悪いから不採用」はないと言える理由は3つあります!
1つずつ説明していきますね!

「就活の教科書」編集部 橋口

「成績が悪いから不採用」はないと言える理由
  • 基礎知識はWebテストの結果で確認するから
  • 「成績が良いから即採用」はないから
  • 成績の評価基準は大学・学部によって異なるから

 

理由①:基礎知識はWebテストの結果で確認するから

「成績が悪いから不採用」はないと言える理由1つ目は、基礎知識はWebテストの結果で確認するからです。

Webテストは、志望者全員が公平に受検するテストです。

そのためWebテストを利用すれば、志望者の知識量や思考力がわかります。

実際に僕が内定をもらった後に、採用担当者からWebテストの結果について話されましたが、学校の成績については何も聞かれませんでした。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

理由②:「成績が良いから即採用」はないから

「成績が悪いから不採用」はないと言える理由2つ目は、「成績が良いから即採用」はないからです。

「成績が悪いから不採用」があるなら、その反対の「成績が良いから即採用」もあるはずです。

しかし、そんな採用方法はありません。

つまりこれは、成績だけでは就活生のことを判断しないということです。

学校の成績が良くても、ビジネスの世界で活躍できるとは言いきれませんからね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

理由③:成績の評価基準は大学・学部によって異なるから

「成績が悪いから不採用」はないと言える理由3つ目は、成績の評価基準は大学・学部によって異なるからです。

大学や学部ごとに成績の付け方が違うので、大学の成績だけでは就活生を公平に判断できません。

僕の学部は3つのクラスがありますが、同じ授業でもクラスによって、教授とテスト内容が違います。
それで成績をつけられても、平等なわけがないですよね!

「就活の教科書」編集部 橋口

就活生ちゃん

では、なぜ企業は成績証明書の提出を求めるのですか?

実は、企業は採用とは別の視点から成績の提出を求めています。
次に、企業が成績の提出を求める理由を解説しますね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

企業が成績の提出を求める理由

成績 確認

企業が成績の提出を求める理由は、2つあります。

「就活の教科書」編集部 橋口

  • 理由①:大学を卒業できるか確認するため
  • 理由②:配属先の判断材料にするため

それぞれ解説していきましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

理由①:大学を卒業できるか確認するため

企業が成績の提出を求める理由1つ目は、大学を卒業できるか確認するためです。

企業は採用に多額の投資をしているので、もし内定を出した学生が「単位が足りず卒業できない」となれば、企業にとって大きな痛手です。

企業は就活生の就職可否を確認することで、事前にリスクを回避したいと考えています。

もし成績が悪くても、卒業できる程度の単位数であれば、基本的に採用に影響はありません。

また卒業できるか危うくても、本当に企業が求める人材であれば、基本的に内定は取り消しません。

企業のことを裏切らないためにも、成績が悪いことを心配している就活生や、既に内定をもらっている学生は卒業できるように勉強しましょう!

「就活の教科書」編集部 橋口

 

理由②:配属先の判断材料にするため

企業が成績の提出を求める理由2つ目は、配属先の判断材料にするためです。

成績を見れば、就活生がどの授業をどんな成績で終えたかがわかります。

このことから、企業は就活生の得意分野・苦手分野を把握して、配属先の判断材料にしています。

就活生くん

でも、成績の悪い点について聞かれることぐらいはあるんじゃないですか?

成績証明書の提出は、基本的に採用の後半段階で求められます。
したがって、面接などで成績について聞かれることはあまりありません。

しかし、中には成績が悪いことを面接で聞かれるもいます。
では、どんな人が、成績が悪いことを指摘されやすいのでしょうか。

次に、成績が悪いことを指摘されやすい人の特徴を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

成績が悪いことを指摘されやすい人の特徴

成績が悪いことを指摘されやすい人の特徴をまとめてみました。
この特徴に当てはまる人は、質問された場合の回答を準備しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

特徴①:外資系企業を志望している

成績が悪いことを指摘されやすい人の特徴1つ目は、外資系企業を志望している就活生です。

外資系企業は、日系企業よりも就活生の成績を重視する傾向にあります。

なぜなら、外資系企業は選考時期が早く、かつ志望者が多いため、卒業できるか危うい就活生は足切りしておきたいからです。

成績が悪くても、その反面、誰にも負けない強みなどを持っているのであれば、説明できるように対策しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

特徴②:専門職を志望している

成績が悪いことを指摘されやすい人の特徴2つ目は、専門職を志望している就活生です。

専門職は、大学・大学院時代で学んだ専門知識を踏まえた上での仕事が基本です。

したがって、ある程度の専門的な知識を持っている必要があります。

もし専門分野の成績が悪いと、成績について質問される可能性があります。

例えば、これらの職種は成績に関して質問される可能性があります。

「就活の教科書」編集部 橋口

  • 法曹:法学部系
  • 技術系職種:技術系学部
  • 投資ファンド、アナリスト:経済学部系
  • コンサルタント:経営学部系

 

就活生くん

成績が悪いわけではないですが、成績についての答え方を知っておきたいです。
もし、成績についての良い答え方があれば教えてください!

成績は変えられないので、正解の答え方はありません。
ただ、答え方によってはダメージの軽減を図ることはできます。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

成績が悪いことを指摘された場合の答え方

面接 採用

 

成績が悪いことを指摘された場合の答え方を解説しましょう。

成績が悪いことを指摘された場合の答え方
  1. 成績が悪いことを認める
  2. 成績が悪い理由を説明する
  3. 授業以外で得た能力を示す

 

答え方①:成績が悪いことを認める

まずは、成績が悪いことを認めましょう。

最初から成績が悪い理由を言ってしまうと、印象がかなり悪くなってしまいます。

成績が悪い、という事実は変えられません。

「はい、成績は悪いです…。」と言うだけです。
間違っても、「成績は悪くないですよ!」と反抗しないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

答え方②:成績が悪い理由を説明する

次は、成績が悪い理由を説明しましょう。

成績が悪いということは、大学の勉強以外のことに熱中したはずです。

例えば、アルバイト・サークル・課外活動・遊び…など、色々あります。

これらの活動が自分にとって、大学の授業以上に有意義であったことを説明しましょう。

僕はアルバイトに力を入れていたので、面接ではアルバイトについて話しました。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

答え方③:授業以外で得た能力を示す

最後に、勉強以外に熱中したことから得た、学びやスキルがあることをアピールしましょう。

就職後に活かせるスキルは、大学での授業以外からでもたくさん得られます。

またポジティブに考えると、成績が悪すぎる人は少数派です。

そのため、むしろ普通の人が経験していないことを多く経験しています。

こうした経験値の差を、自分の強みに置き換えて説明できるように対策しておきましょう。

成績が悪いことを指摘された場合は、これらの答え方に沿って回答しましょう。
面接で話す具体例も紹介しますね!

「就活の教科書」編集部 橋口

 

成績が悪いことを指摘された場合の答え方

人事さん

君は大学の成績が悪いけど、何か理由はあるの?

はい、成績は悪いです。
所属しているボランティアサークルでの活動にばかり熱を注いでしまったからだと考えています。
ただ、私はボランティア活動の方が、大学の授業よりも、自分の将来にとって重要な活動だったと考えています。
実際にボランティアサークルでは、自治体や地方公共団体の方々と会議する機会がありました。
このように社会人の方々と議論を交わす経験は、サークルに熱中していたからこそできました。
今後はサークル活動と勉学を両立できるよう、友人の勉強方法などを参考に努力します。

「就活の教科書」編集部 橋口

このように、成績の悪い点に関する質問は対策を練っておけば、全く問題ありません。
少しでも心配だったら、答え方を準備しておくことをおススメします!

「就活の教科書」編集部 橋口

 

 

まとめ:成績が悪いことは就活に影響しない

この記事では、大学の成績が悪いと就活に影響が出るのかについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、企業が成績の提出を求める理由や、成績が悪いことを聞かれやすい就活生の特徴、聞かれた場合の答え方も紹介しました。

今回の記事で学んだことは、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 橋口

今回の記事で学んだこと

「成績が悪いから不採用」はないと言える理由

  • 理由①:基礎知識はWebテストの結果で確認するから
  • 理由②:「成績が良いから即採用」はないから
  • 理由③:成績の評価基準は大学・学部によって異なるから

企業が成績の提出を求める理由

  • 理由①:大学を卒業できるか確認するため
  • 理由②:配属先の判断材料にするため

成績が悪いことを指摘されやすい人の特徴

  • 特徴①:外資系企業を志望している
  • 特徴②:専門職を志望している

成績が悪いことを指摘された場合の答え方

  • 答え方①:成績が悪いことを認める
  • 答え方②:成績が悪い理由を説明する
  • 答え方③:授業以外で得た能力を示す

一貫して言えることは、企業は就活生の「成績」には興味がない、ということです。
企業が求めているのは、成績証明書からわかる就活生の特徴や成績が悪ければ、悪いなりの理由です。
成績が悪いと悩む必要はありません!

「就活の教科書」編集部 橋口

\ すでに400人以上の21卒が参加!! /
内定者が経験した就活情報をLINEにお届け
無料登録はコチラ