>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文付き】自己PR「趣味」魅力的な伝え方 | 書き方の注意点も

この記事を読めばわかること
  • 趣味/特技の自己PRを聞かれるのは、あなたの人柄を知りたいから
  • 自己PRでアピールする趣味/特技がないときは、小さなことでも見せ方を変えてみる
  • 趣味/特技の自己PRは、エピソードを使って人柄を伝えよう

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の古田です。

この記事では、自己PRで趣味/特技をアピールしたい就活生の悩みを解決します。

就活生の皆さんは、ESや面接で趣味/特技について聞かれて悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 古田

就活生ちゃん

私はエントリーシートの趣味/特技欄に「読書」と書いて提出したのですが、面接で深掘りされて困ったことがあります・・・。

就活生くん

僕は、自己PRで話せる趣味/特技が思いつかず困っています・・・。

エントリーシートの趣味/特技の欄は空白で提出しようか迷っているのですが、空白でもいいのでしょうか。

趣味/特技の自己PRは多くの企業が尋ねてくる内容なのですが、実は伝え方で注意すべき点がたくさんあります。

自己PRで趣味/特技をアピールする方法をしっかりマスターして、エントリーシートや面接で好印象を与えられるようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

そこでこの記事では、自己PRで趣味/特技を上手にアピールする例文やコツを紹介しています。

合わせて、自己PRでアピールできる趣味/特技がないときの対処法や注意点も解説しています。

この記事を読めば、「自己PRで趣味/特技をどうやってアピールしたらいいの・・・?」という悩みが解決できます。

趣味/特技を上手く自己PRして就職活動を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

 

自己PRで趣味/特技について聞かれる3つの理由

就活生ちゃん

そもそも、自己PRで趣味/特技について聞かれるのはなぜなのでしょうか・・・。

自己PRの趣味/特技を通して何が見られているのか知りたいです。

自己PRで趣味/特技について聞かれる理由はいくつかあります。

以下で紹介する3つの理由を押さえて、自己PRの趣味/特技の伝え方を考えてみましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRで趣味/特技について聞かれる3つの理由
  • 意図①:学生の人柄を知るため
  • 意図②:学生の社風への適合を知るため
  • 意図③:学生の緊張をほぐすため

それでは自己PRで趣味/特技について聞かれる理由について、1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

意図①:学生の人柄を知るため

自己PRで趣味/特技について聞かれる理由の1つ目は、「学生の人柄を知るため」です。

採用担当者は、あなたの人柄を知ることで、一緒に働きたいと思うかどうかを判断します

趣味からは興味の幅や好きなことへの取り組み方、特技からは長所やどんな自己認識をしているのかなどの人柄が見えてくるでしょう。

例えば人と会話をする趣味をアピールすれば、協調性を買われて一緒に働きたいと思われやすいかもしれません。

あなたの人柄や内面が現れているような趣味/特技を話すことができれば、あなたの魅力が伝わる自己PRになるでしょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

意図②:学生の社風への適合を知るため

自己PRで趣味/特技について聞かれる理由の2つ目は、「学生の社風への適合を知るため」です。

どんな企業にも人や文化などの社風があり、社風に合わなかった学生が入社してすぐに辞めてしまうことも多いです。

なので、企業側には社風にあった学生を採用することで、採用のミスマッチを減らしたいという心理があります。

そのため自己PRの趣味や特技といった項目から、あなたがその企業に適合できる性格であるかを確認しているのです。

例えば読書や映画観賞が趣味の人は、どちらかといえば内向的で営業が重視される社風には合わないかもしれません。

話す趣味が複数ある場合は、その企業の雰囲気に合いそうな趣味を選んで話すと良いです!

「就活の教科書」編集部 古田

 

意図③:学生の緊張をほぐすため

自己PRで趣味/特技について聞かれる理由の3つ目は、「学生の緊張をほぐすため」です。

学生の緊張をほぐして本音で話せる空気を作ることで、採用のミスマッチを減らしたいというのが面接官側の心理です。

なので面接での趣味/特技についての質問には、学生の好きなことについて喋ってもらうことで面接の空気を柔らかくしようという意図もあります。

自己PRの趣味/特技においては、硬くなりすぎず、好きなことを生き生きと話すことも重要です。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRで趣味/特技を上手にアピールする6つの例文

就活生ちゃん

自己PRで趣味/特技を上手にアピールするために、実際の例文を見てアピールの仕方を勉強したいです。

エントリーシートや面接の自己PRで趣味や特技をアピールする時に参考にします。

では次に、自己PRで趣味/特技についてアピールしている例文を紹介しますね。

以下の例文を読んで、実際にエントリーシートや面接の自己PRで趣味/特技について伝えるときの参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRで趣味/特技を上手にアピールする6つの例文
  • 趣味①:読書
  • 趣味②:料理
  • 趣味③:散歩
  • 特技①:タイピングが早い
  • 特技②:誰とでも仲良くなれる
  • 特技③:早起きが得意

それでは、自己PRで趣味/特技を上手にアピールする例文を1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

趣味①:読書

私の趣味は読書です。

自分にとって未知な、作者の世界観を追体験できることが好きで、月に4冊は小説を読んでいます。

また1冊読み終わったあとは、感想を自分の言葉で語る練習のために、レビューサイトで感想を投稿するようにしています。

最近では読んだ本のどんなところが面白かったのか、人にプレゼンするのが上手になってきたと感じています。

読書が趣味の理由や具体的な数字が入っていて、どれくらい読書が好きなのかがしっかりと伝わってきますね。

また「どこが面白かったのか人にプレゼンするのが上手になってきた」と、仕事に生かせそうな能力の自己PRもできています。

「就活の教科書」編集部 古田

 

趣味②:料理

私は料理が趣味です。

1人暮らしなので毎日の食事を作るのに加え、たまに友人を家に呼んで一緒に料理をしたりもします。

最近では一度作ったあと、味付けの改善できそうな点があればメモしておいてリベンジするようにしています。

先日1人で何度も作ったオムライスを友達に振る舞ったところ「お店で出せるレベル」と言ってもらい、達成感がありました。

自分のために作るのもいいですが、人のために作る料理はとても作りがいがあると感じました。

「改善点をメモしてリベンジする」という具体的なエピソードが入っていて、好きなことに真摯に取り組む姿勢が伝わってきます。

「人のために作る料理は作りがいがある」という話を広げて、「人のために動ける性格」の自己PRにもつなげられるかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

趣味③:散歩

私は散歩が趣味です。

ここ3ヶ月ほど、朝起きたらまず近くの川沿いに散歩をするのを日課にしています。

同じ川沿いの景色でも、天気やその日あるイベントなどで少し違った表情が見られた時は嬉しくなります。

この趣味を始めて、小さなことでも継続すれば新たな発見があることを知りました。

一見地味な散歩という趣味でも、具体的に感じたことを書くことで穏やかな人柄が伝わってくる自己PRに変身しました。

「小さなことでも継続すれば新たな発見がある」というポジティブさから、「物事へのポジティブな見方」の自己PRにもつなげられそうです。

「就活の教科書」編集部 古田

 

特技①:タイピングが早い

私の特技はタイピングが早いことです。

大学の研究室で、インタビューの文字起こしのアルバイトをしていたことが生きています。

元々それほどタイピングが早くはありませんでした。

文字数に応じてお給料が上がることでモチベーションが上がり、タイピング練習サイトで毎日30分練習をしました。

今では時給換算で、アルバイトを始めた当初の3倍のタイピングスピードになり、普段のレポート執筆などにも役に立っています。

「時給換算で3倍」という具体的な数字が入っていることで、タイピングがどれだけ得意になったのかが伝わりやすいですね。

またタイピング練習サイトで練習をしたエピソードから、「物事に対して真剣に取り組む姿勢」の自己PRにつなげられそうです。

「就活の教科書」編集部 古田

 

特技②:誰とでも仲良くなれる

誰とでも仲良くなれることが特技です。

特に初対面の人と仲良くなりたい時は、話さなくていいことを話しすぎず、相手の話も聞くことを心がけています。

具体的には、常に自分が4割、相手が6割くらい喋っているように気をつけることで、心地よく話してもらえると思っています。

このスキルのお陰で、初対面の人に有益な情報を教えてもらえたり、アルバイトを紹介してもらったりと得をすることが多いです。

「誰とでも仲良くなれる」だけでは、自己PRとしては抽象的ですが、具体的に気をつけていることを書くことで分かりやすくなりました。

得をしていることも書くことで強力な特技であることが分かり、例えばこの特技を営業に生かせる、といった自己PRにもつなげられそうです。

「就活の教科書」編集部 古田

 

特技③:早起きが得意

私は早起きが得意です。

私は大学から1人暮らしを始めたのですが、初めは早起きが苦手でした。

そこで朝起きたら水を1杯飲む、ベランダに出るといったルーティンをいくつも作って体が目覚めるようにしました。

今では目覚ましをかけなくても朝6時に目が覚めるという特技が身につき、朝の時間を有効活用できています。

「早起きが得意」というだけでは、自己PRとしては漠然としていますが、「朝6時には目覚める」という具体的な数字があれば特技としての凄さがわかりやすいです。

早起きが得意になった経緯も書かれており、朝に弱いという弱点を克服して強みにしたこともアピールできる自己PRになっていますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRで趣味/特技を上手にアピールする3つのコツ

就活生くん

自己PRで趣味/特技について上手く伝える方法が分かりません・・・。

エントリーシートや面接の自己PRで、趣味や特技について上手く伝えるコツがあれば教えて欲しいです。

自己PRで趣味/特技について上手に伝えるためには、抑えておくべきコツがいくつかあります。

趣味/特技の上手なアピール方法を知り、他の就活生と差をつける自己PRを作ってみましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRで趣味/特技を上手にアピールする3つのコツ
  • コツ①:入れ込みの度合いが分かるエピソードを伝える
  • コツ②:趣味を知らない人でもわかるように伝える
  • コツ③:仕事に生かせそうな要素もアピールする

それでは、以下で1つずつ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ①:入れ込みの度合いが分かるエピソードを伝える

自己PRで趣味/特技を上手にアピールするコツの1つ目は、「入れ込みの度合いが分かるエピソードを伝える」ことです。

エントリーシートや面接の自己PRで趣味/特技を尋ねられるのは、あなたの人柄が「一緒に働きたい」と思わせるものかどうか確かめるためです。

そのため自己PRで趣味/特技を伝える時はあなたの人柄が伝わらなければいけません。

趣味/特技を伝える時にエピソードを入れることで、あなたが好きなことに取り組む姿勢が分かり、人柄が伝わりやすくなります

例えば趣味が料理であれば、改善点をメモしてリベンジするようにしている、などエピソードを入れた自己PRにしましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ②:趣味を知らない人でもわかるように伝える

自己PRで趣味/特技を上手にアピールするコツの2つ目は、「趣味を知らない人でもわかるように伝える」ことです。

専門用語ばかりを使って趣味や特技について説明しても、あなたの人柄が伝わる自己PRにはなりません

例えばカメラが趣味であれば、専門用語を使って機材の使い方の説明をするのではなく、どんな写真を撮るようにしているかなどを伝えるとよいでしょう。

自己PRで趣味について話すときは、知らない人には伝わらない専門用語を使いすぎないように気をつけましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ③:仕事に生かせそうな要素もアピールする

自己PRで趣味/特技を上手にアピールするコツの3つ目は、「仕事に生かせそうな要素もアピールする」ことです。

あなたの人柄をアピールすることができたら、次はその人柄をどう仕事に生かせるのかを伝えられれば好印象です。

例えば誰とでも仲良くなれる特技を持っているのであれば、そのコミュニケーション能力を営業に生かすことができるでしょう。

趣味/特技が複数ある場合は、志望業界で生かせる人柄が伝わるものを選ぶといいですね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRでアピールする趣味/特技がないときの3つの対処法

就活生くん

今度提出するエントリーシートに、趣味/特技をアピールする欄がありました。

僕は自己PRにできるような趣味や特技がないのですが、どうしたらいいでしょうか・・・。

自己PRでアピールする趣味や特技が思いつかず悩んでいる就活生は多いですよね。

以下の対処法を参考に、自己PRでアピールできる趣味/特技を考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRでアピールする趣味/特技がないときの3つの対処法
  • 対処法①:最近楽しかったことから考える
  • 対処法②:つい夢中になってしまうことから考える
  • 対処法③:小さなことでも見せ方を変えてみる

それでは自己PRでアピールする趣味/特技がないときの対処法を1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

探し方①:最近楽しかったことから考える

自己PRでアピールする趣味/特技がないときの対処法の1つ目は、「最近楽しかったことから考える」ことです。

最近楽しかったことの中で、普段から繰り返し楽しいと感じていることが見つかれば、趣味に言い換えられるかもしれません。

例えば普段バスで行くような距離の場所に歩いて行ったことが楽しかったとします。

そこで過去を振り返ったとき同じ経験を何度もしていれば、「散歩が趣味です」と言うこともできるでしょう。

あなたがどんなことを楽しいと感じる人間なのか、最近の体験から考えてみましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

探し方②:つい夢中になってしまうことから考える

自己PRでアピールする趣味/特技がないときの対処法の2つ目は、「つい夢中になってしまうことから考える」ことです。

最近の生活の中でつい没頭して時間を溶かしてしまったことがあれば、趣味に言い換えることが可能でしょう。

例えば、ついつい部屋の掃除に没頭してしまう人は、部屋を自分好みにコーディネートすることが趣味と言えるかもしれません。

この場合、普段から部屋のコーディネートにこだわっていることを話せば、自己PRで話せる趣味になると言えますね。

自己PRの趣味/特技が思いつかない場合は、「つい夢中になってしまうこと」を探してみましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

探し方③:小さなことでも見せ方を変えてみる

自己PRでアピールする趣味/特技がないときの対処法の3つ目は、「小さなことでも見せ方を変えてみる」ことです。

自己PRでアピールできる趣味/特技ではないと思うような小さいことでも、見せ方を変えればあなたならではの自己PRになります。

例えば、「毎朝朝ごはんを作ること」は、自己PRの趣味としては印象が弱いかもしれません。

「毎朝朝ごはんのメニューを変え、常におしゃれさと美味しさを追求して作る」というように伝え方を変え、差別化を図りましょう。

本当に小さなことでも、伝え方次第で自己PRに使える趣味/特技になりますよ!

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRで趣味/特技をアピールするときにやってはいけない5つのこと

就活生ちゃん

自己PRで趣味/特技を上手に伝える方法については分かりました。

最後に、自己PRで趣味/特技をアピールする時にやってはいけないことはありますか?

自己PRで趣味/特技をアピールする際にやってはいけないことはいくつかあります。

以下の5点に注意しながら、自己PRの趣味/特技のアピール方法を考えてみてください。

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRで趣味、特技をアピールするときにやってはいけない5つのこと
  • 注意①:「特になし」にはしない
  • 注意②:マイナスイメージになりそうな趣味や特技は書かない
  • 注意③:面接で趣味や特技について長く話しすぎない
  • 注意④:ありきたりな能力を特技としない
  • 注意⑤:特技の過剰なアピールはしない

それでは以下で1つずつ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意①:「特になし」にはしない

自己PRで趣味/特技をアピールするときにやってはいけないことの1つ目は、「特になし」にしてしまうことです。

エントリーシートや面接では、全ての項目がアピールのチャンスになります。

趣味/特技を「特になし」にしてしまうと、貴重なアピールのチャンスを逃してしまいます。

また採用担当者によっては、あなたが何にも興味を持てない、熱意のない学生だと捉えるかもしれません。

面接やエントリーシートで趣味/特技を聞かれても大丈夫なように、アピールできることを1つは考えておきましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意②:マイナスイメージになりそうな趣味や特技は書かない

自己PRで趣味/特技をアピールするときにやってはいけないことの2つ目は、マイナスイメージになりそうな趣味を書くことです。

趣味/特技を通じて、採用担当者があなたと一緒に働きたいと思えなかった場合、それが原因で落とされてしまうかもしれません

例えばギャンブルや、お酒を大量に飲むといった趣味/特技は、本当に好きなことであっても自己PRで話すべきではないでしょう。

また仕事が忙しくまとまった休みが取れない業界では、例えば長期の海外旅行などの趣味は支障になると捉えられるかもしれません。

一緒に働きたいと思わせる人柄をアピールするという目的を踏まえて、適切な趣味や特技をアピールするようにしましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意③:面接で趣味や特技について長く話しすぎない

自己PRで趣味/特技をアピールするときにやってはいけないことの3つ目は、面接で趣味や特技について長く話しすぎることです。

自己PRの趣味/特技は、面接では比較的好きなことを話すことができる項目です。

ですが、好きなことだからといって長く話しすぎてしまうと、志望動機など他の大事なことについて話す時間が減ってしまいます。

あくまでも人柄を伝えるための内容を、簡潔に伝えるようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意④:ありきたりな能力を特技としない

自己PRで趣味/特技をアピールするときにやってはいけないことの4つ目は、ありきたりな能力を特技とすることです。

社会人として最低限度あるべき能力は、あなたにオリジナルの特技として自己PRすることはできません

例えば、「時間を守ることができる」能力などは、特技ということはできないでしょう。

ただ「小学校から大学まで無遅刻無欠席で、常に他の遅刻、欠席した人のフォロー役になった」など、伝え方を変えて差別化を図れば、好印象を与えられるかもしれません。

必要最低限の能力を、言い変えずにアピールしないように気をつけましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意⑤:特技の過剰なアピールはしない

自己PRで趣味/特技をアピールするときにやってはいけないことの5つ目は、特技の過剰なアピールをすることです。

自己PRで特技をアピールする時に、あまりに自信過剰になってしまうと自己本位な人物なのではないかと思われてしまうかもしれません。

例えば「絶対に商品を購入させることができる話術」などの誇大表現は避けたほうがいいでしょう。

「お客さんと丁寧に対話し、満足して買い物をしてもらうことができます」というように表現を柔らかく改めてみましょう。

自己PRで特技を伝えるときは自信を持つことも大事ですが、自信過剰な自己PRになっていないか注意しましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:自己PRで趣味/特技を伝えるときは人柄を魅力的に伝えよう!

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部の古田が、自己PRで趣味/特技を上手にアピールする方法について解説しました。

合わせて、自己PRでアピールできる趣味/特技がないときの対処法や注意点も紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 古田

今回の記事で学んだこと

◆ 自己PRで趣味/特技について聞かれる3つの理由

  • 意図①:学生の人柄を知るため
  • 意図②:学生の社風への適合を知るため
  • 意図③:学生の緊張をほぐすため

◆ 自己PRで趣味/特技を上手にアピールする6つの例文

◆ 自己PRでアピールする趣味/特技がないときの3つの対処法

  • 探し方①:最近楽しかったことから考える
  • 探し方②:つい夢中になってしまうことから考える
  • 探し方③:小さなことでも見せ方を変えてみる

◆ 自己PRで趣味/特技を上手にアピールする3つのコツ

  • コツ①:入れ込みの度合いが分かるエピソードを伝える
  • コツ②:趣味を知らない人でもわかるように伝える
  • コツ③:仕事に生かせそうな要素もアピールする

◆ 自己PRで趣味/特技をアピールするときにやってはいけない5つのこと

  • 注意①:「特になし」にはしない
  • 注意②:マイナスイメージになりそうな趣味や特技は書かない
  • 注意③:面接で趣味や特技について長く話しすぎない
  • 注意④:ありきたりな能力を特技としない
  • 注意⑤:特技の過剰なアピールはしない

自己PRの趣味/特技が思いつかない場合は、最近楽しかったことやついつい入れ込んでしまうことを言い変えてみるといいです。

また自己PRで趣味や特技をアピールするときは、人柄と、その人柄が仕事で生かせることが伝わるよう意識しましょう。

自己PRの趣味/特技は「特になし」で提出するのはNGですが、マイナスイメージになりそうな内容もまたNGでした。

この記事を参考に、あなたが趣味や特技を上手く自己PRし、内定を勝ち取ることを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田