>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【マジできもい】日本の就活が気持ち悪いと感じる瞬間 | 対策も

この記事を読めばわかること
  • 就活が気持ち悪いと感じる就活生は多い
  • 就活に対して気持ち悪いと感じる瞬間7つ
  • 就活に対して気持ち悪いと感じたときの対策5つ

 

就活生のみなさんこんにちは!「就活の教科書」編集部の谷川です。

この記事では、就活生が就活中に「気持ち悪いな」と感じた瞬間を紹介していきます。

就活生のみなさんは、就活をしている中で「気持ち悪いな」と感じた経験はありませんか。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活生くん

第一志望じゃない企業に内定ももらうために「御社は第一希望です!」って言っている自分が気持ち悪いと感じてしまうときがあります。

就活生ちゃん

日本の就活は、内定をほしいばかりに人事に対して媚びているのに気持ち悪いと感じてしまいます。

就活をしている上で気持ち悪いと感じるときはありますよね。

実際に私も就活をしている中で、就活について気持ち悪いと感じた経験はあります。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

そこでこの記事では、就活中に気持ち悪いと感じる瞬間について解説していきます。

合わせて、就活中に気持ち悪いと感じるときの対策も紹介していきます。

この記事を読むことで、就活中について「気持ち悪いな」と感じる原因を明確にすることができます。

就活中に「気持ち悪いな」と感じたことのある就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

就活が気持ち悪いと感じる就活生は多い

就活生くん

大学4年生になるとみんな就活を決まったように始めますよね。

就活って嘘や偽りが多くて気持ち悪いと思ってしまいます。

就活中に「気持ち悪い」と感じるのは僕だけなのでしょうか。

ほとんどの就活生は就活中に「気持ち悪い」と感じた経験をしています。

そもそも大学4年生になったら就活を始める決まりはないです。

日本人の性格の特徴として、周りの人と同じ行動をするのが正しいと考えて、違う行動をすると変わった目でみられてしまう場合があります。

就活生は周りの友達に流されて就活を始めるという人が大勢います。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活生くん

個性は大切と言われがちですが、個性を出しすぎてしまうと周りと浮いているって判断される場合もありますもんね。

個性を出しすぎてしまうと周りから反対されてしまうこともありますよね。

就活をしている中で、あなたの個性を受け入れてくれる企業は必ず見つかるので、就活はしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活に対して気持ち悪いと感じる瞬間7つ

就活生くん

先日面接で「企業に好印象を与えたい!」とばかり考えてしまって、自分の伝えたいことが伝えられなかったです。

面接で自分を偽っていたことに対して「気持ち悪い」という感情が出てきてしまいました。

企業に好印象を与えたいとばかり考えてしまって、自分を偽って表現してしまう経験は辛いですよね。

ここでは、就活が気持ち悪いと感じる瞬間7つについて紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活が気持ち悪いと感じる瞬間7つ
  • 瞬間①:就活生全員がスーツを着ている
  • 瞬間②:就活をする上でのマナーが厳しい
  • 瞬間③:ES・面接への回答がテンプレ化されている
  • 瞬間④:人事側が就活生に対して都合の良い面だけ説明している
  • 瞬間⑤:就活生が人事に対して機嫌を取りすぎている
  • 瞬間⑥:一度選考に落ちた企業は受けられない
  • 瞬間⑦:選考に落ちた理由を知ることができない

それでは、就活が気持ち悪いと感じる瞬間7つを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

瞬間①:就活生全員がリクルートスーツを着ている

就活が気持ち悪いと感じる瞬間1つ目は、「就活生全員がリクルートスーツを着ている」です。

日本の就活では、リクルートスーツを着て就活することがあたりまえになっています。

周りの就活生と異なるスーツを着ていては面接官から「常識がないな」と判断されてしまいます。

スーツの個性を出せず就活生全員がリクルートスーツを着ているという現象に「気持ち悪い」と感じてしまう場合があります。

日本の就活事情を変えることは困難なため、就活生全員がリクルートスーツを着て就活をすることをなくすのは厳しいでしょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

瞬間②:就活をする上でのマナーが厳しい

就活が気持ち悪いと感じる瞬間2つ目は、「就活をする上でのマナーが厳しい」です。

ちょっとした「礼儀作法」「言葉遣い」を意識しなければいけないからです。

就活をする上でのマナーが悪いと企業側への印象も最悪になってしいます。

就活に対する最低限のマナーは身につけておきましょう。

よくある言葉遣いマナー
  • すごく→とても
  • あとで→のちほど
  • ちょっと→少々
  • このあいだ→先日
  • わかりました→承知いたしました

上記の言葉遣いは特に就活生が普段から使ってしまう言葉なので、使わないように意識していきましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

瞬間③:ES・面接の質問への回答がテンプレ化されている

就活が気持ち悪いと感じる瞬間3つ目は、「質問への回答がテンプレ化されている」です。

現在はインターネットの普及によって、就活に関するサイトからESや面接の質問への対応策が見つかります。

サイトを参考にしてしまうことによって、オリジナル性が無くなってしまい、ES・面接への回答がどうしても他の就活生と似た内容になってしまいます。

あなたのオリジナル性を追求することで、就活への「気持ち悪い」という感情が無くなります。

就活生ちゃん

就活サイトを参考にする場合が多いのですが、どのようにしたら自分のオリジナル性を出せますか。

あなたが学生時代に取り組んできた経験を深く掘り下げていくと、唯一無二のES・面接の質問への回答が出来上がりますよ。

「就活の教科書」編集部 谷川

オリジナル性を深掘りできる経験
  • アルバイトでの経験
  • サークルでの経験
  • 部活動での経験
  • ボランティアでの経験
  • 留学先での経験
  • インターン

上記のどれかの経験をしてきている就活生は多いですが、経験の中で自分が得たものは全員違いますよね。

伝える際には5W1Hを意識して伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

瞬間④:企業側が就活生に対して都合の良い面だけ説明している

就活が気持ち悪いと感じる瞬間4つ目は、「企業側が就活生に対して都合の良い面だけ説明している」です。

企業側も採用活動をしている以上、企業をよく見せたいと考えているからです。

優秀な就活生を採用したいと考えてしまうばかり、企業側は「給料が高い」「福利厚生が安定している」など表面的にいい面だけ説明しています。

実際は、人間関係が悪く早期離職率が高い企業かもしれない危険性があります。

都合の良い面だけ説明されているとついつい信じてしまうので、企業研究やOB訪問は綿密におこないましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

瞬間⑤:就活生が人事に対して機嫌を取りすぎている

就活が気持ち悪いと感じる瞬間5つ目は、「就活生が人事に対して機嫌を取りすぎている」です。

就活生は内定がほしいあまりに、人事に対して好印象を与えられるように機嫌を取る場合があるからです。

内定をもらうために人事の機嫌を伺っていては、本来のあなたを社員の方に表現することが出来なくなってしまいます。

普段から人の機嫌を取ることが苦手な人にとっては、就活について「気持ち悪い」っていう感情を抱いてしまう場合もあるでしょう。

就活生ちゃん

私は内定がほしいあまり、人事の方に対して機嫌を取ってしまいます。

人事の機嫌を取っている自分自身に対して気持ち悪いと感じてしまう瞬間もあります。

本当は企業と就活生の両方に対してのニーズがあるのに、上下関係がついてしまうのはおかしいですよね。

人事の機嫌を取らなくても、ありのままのあなたを採用してくれる企業を見つけましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

瞬間⑥:一度選考に落ちた企業は再度受けられない

就活が気持ち悪いと感じる瞬間6つ目は、「一度選考に落ちた企業は再度受けられない」です。

日本の就活では、就活生と企業が一斉に就活・採用活動を始めるため、一度選考に落ちた企業を再度受けられる機会が少ないです。

また企業によっては、新卒採用に対して再応募を受け付けていない場合もあります。

本当に就職したい企業があるのに、一回だけしか受けられる機会がないと就活生は緊張してしまい、就活に対して「気持ち悪い」と感じる場合があります。

一つの企業に執着していては、就活はスムーズに進みません。

あなたが志望している企業での職種は、他の企業でもすることは出来ないか探してみることも大切です。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

瞬間⑦:選考に落ちた理由を知ることができない

就活が気持ち悪いと感じる瞬間7つ目は、「選考に落ちた理由を知ることができない」です。

就活をする上で、企業側からメールを通じて合否通知が届けられるのが一般的です。

企業からの合否通知では、合否の有無だけが記載されていて選考に落ちた理由を明確に知ることが出来ません。

就活生からしたら選考に落ちた理由を明確にして次に活かしたいと考えているのに、改善のしようがありません。

就活生くん

どうして企業側は選考に落ちた理由を教えてくれないのですか。

大企業などは膨大な数の就活生を対象としているため、一人一人落としている理由なんて考えていないのです。

受ける就活生の少ないベンチャー企業なら問合せ次第では落ちた理由を教えてくださるところもあります。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活に対して気持ち悪いと感じたときの対策5つ

就活生くん

就活が気持ち悪いと感じる瞬間は「選考に落ちた理由を知ることができない」場合なんですね。

就活に対して気持ちが悪いと感じたときの対策についてもありましたら教えてほしいです。

就活に対して気持ちが悪いと感じたときの対策があれば知っておきたいですよね。

ここでは、就活に対して気持ちが悪いと感じたときの対策5つを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活に対して気持ちが悪いと感じたときの対策5つ
  • 対策①:就活を終えたときの自分を想像する
  • 対策②:ベンチャー企業を視野に入れる
  • 対策③:就活エージェントに登録する
  • 対策④:逆求人サイトを利用して企業側からスカウトしてもらう
  • 対策⑤:OBの社会人に企業を紹介してもらう

それでは、就活に対して気持ちが悪いと感じたときの対策5つを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

対策①:就活を終えたときのあなたを想像する

就活に対して気持ちが悪いと感じたときの対策1つ目は、「就活を終えたときのあなたを想像する」です。

就活を終えたら最後の学生生活を心から楽しめることができるからです。

競争率の高い就活を乗り切った後の学生生活をイメージしてみてください。

あなたの友人と共にすばらしい学生時代の思い出を就活後に作りましょう。

「友人と旅行を楽しむ」「髪の毛の色を変えてみる」など就活中には出来なかったことを思う存分してみてください。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

対策②:自由度の高いベンチャー企業を視野に入れる

就活に対して気持ちが悪いと感じたときの対策2つ目は、「自由度の高いベンチャー企業を視野に入れる」です。

自由度の高いベンチャー企業では、他の企業などのように細かいルールが作られていないからです。

ベンチャー企業にいる人の特徴は堅苦しい雰囲気が苦手な人も多いため、就活をしていて「気持ち悪い」と感じたあなたならベンチャー企業が合っています。

ぜひベンチャー企業を視野に入れてみてください。

入社後の自由度が高いベンチャー企業の特徴
  • 服装が自由
  • 髪色・髪型が自由
  • フレックスタイム制度を導入している場合が多い

自由度の高いベンチャー企業は個性が尊重されているので、「気持ち悪い」という感情を抱くことはありません。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

ベンチャー企業を視野に入れて就活したい人は、以下の記事でベンチャー企業の特徴や向いている人がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

対策③:就活エージェントに就活を手伝ってもらう

就活に対して気持ちが悪いと感じたときの対策3つ目は、「就活エージェントに登録する」です。

就活エージェントに登録することで、あなた1人で就活を進めることが無くなるからです。

プロの就活アドバイザーが付いていてくれるため、就活を周りの就活生よりも早く終わらせることも出来ます。

就活エージェントに登録して、あなたが感じている就活の「気持ち悪い」を解決していきましょう。

就活生ちゃん

就活エージェントってたくさん種類がありますが、特にオススメの就活エージェントってなんですか。

オススメ就活エージェント3選
  • キャリアチケット:ブラック企業を徹底的に避けることができる
  • Goodfind:伸び代のある厳選企業だけが紹介されている
  • レバテックルーキー:エンジニア志望者に特化している

オススメの就活エージェント3選を紹介しました。

以下の記事で、それぞれの就活エージェントについての特徴がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

対策④:逆求人サイトを利用して企業側からスカウトしてもらう

就活に対して気持ちが悪いと感じたときの対策4つ目は、「逆求人サイトを利用して企業側からスカウトしてもらう」です。

逆求人サイトは、あなたのプロフィールを登録するだけで企業側からオファーが届きます。

プロフィールを充実させることで、企業側もあなたが自社に適しているか見分けられるので、早期離職を防げることが出来ます。

逆求人サイトはプロフィールを登録しておくだけでいいので、就活中に「気持ち悪い」と感じることはありません。

オススメの逆求人サイト3選
  • OfferBox(オファーボックス):登録企業が多く、大手からベンチャーまで幅広く企業が登録されています。
  • iroots(アイルーツ):企業が厳選されているため、優良企業からのスカウトが届きます。
  • キミスカ:就活アドバイザーのサポートが手厚いのが特徴です。

それぞれの逆求人サイトの特徴について解説しました。

以下の記事で、あなたに相性の合った逆求人サイトが見つかるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

対策⑤:OBの社会人に企業を紹介してもらう

就活に対して気持ち悪いと感じるときの対策5つ目は、「OBの社会人に企業を紹介してもらう」です。

OBの社会人に企業を紹介してもらうことによって、就活が有利に進めるからです。

OBの方はあなたと話しているうちに、あなたに適している企業を紹介してくれる場合もあります。

積極的にOB訪問に参加してみましょう。

OBの方に悩みを相談することで、就活中に「気持ち悪い」といった感情を克服することができるかもしれません。

ここでは、OB訪問サイト3つを紹介させていただきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

オススメOB訪問サイト3つ
  • Matcher(マッチャー):連絡のやりとりはチャット機能なので、簡単にアポを取ることができます。
  • ビズリーチ・キャンパス:同じ大学などのあなたと共通点がある社会人とつながりやすい特徴があります。
  • レクミー:OB訪問だけでなくインターンや企業のイベントなどの情報が載っています。

OB訪問をしたい方は、以下の記事で、OB訪問の仕方がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:就活中に「気持ち悪い」と感じる瞬間は様々ある!

この記事の「【マジできもい】日本の就活が気持ち悪いと感じる瞬間 | 対策も」はどうでしたか。

この記事では、就活中に気持ち悪いと感じる瞬間を解説しました。

合わせて、就活が気持ち悪いと感じるときの対策も紹介していきました。

この記事で学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 谷川

この記事のまとめ

◆就活に対して気持ち悪いな感じる瞬間7つ

  • 瞬間①:就活生全員がリクルートスーツを着ている
  • 瞬間②:就活をする上でのマナーが厳しい
  • 瞬間③:ES・面接の質問への回答がテンプレ化されている
  • 瞬間④:企業が就活生に対して都合の良い面だけ説明している
  • 瞬間⑤:就活生が人事に対して機嫌を取りすぎている
  • 瞬間⑥:一度選考に落ちた企業は再度受けられない
  • 瞬間⑦:選考に落ちた理由を知ることが出来ない

◆就活に対して気持ち悪いと感じたときの対策3つ

  • 対策①:就活を終えたときのあなたを想像する
  • 対策②:自由度の高いベンチャー企業を視野に入れる
  • 対策③:就活エージェントに就活を手伝ってもらう
  • 対策④:逆求人サイトを利用して企業側からスカウトしてもらう
  • 対策⑤:OBの社会人に企業を紹介してもらう

就活をしている中で就活について「気持ち悪いな」と感じている就活生は大勢います。

この記事で紹介した対策を実践することで、就活に対しての「気持ち悪い」と感じる感情を克服できるようになります。

また、就活エージェントに登録することでスムーズに就活を終わらせることが可能になります。

「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事がたくさん用意されています。

ぜひ、読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川