【例文あり】趣味「音楽鑑賞」を魅力的に伝える方法 | 面接,履歴書でのコツも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

 

はじめに

この記事では、趣味が音楽鑑賞の際のアピールポイントの伝え方と例文について解説していきます。

合わせて、趣味が音楽鑑賞の時の自己PR文の書き方、趣味を聞く企業側の趣旨などについても解説しています。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

この記事を読めば「音楽鑑賞は趣味として話していいの?音楽鑑賞からどのように自分をアピールすればいいの?」といった悩みを解決できます。

音楽鑑賞が趣味だけど、どのように伝えればいいか知りたい!」「趣味がなくて漠然と悩んでいるという方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

「自分の強みを知って上手く自己PRを書きたい!」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト診断」、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】無料診断で自分の短所を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、人気No.1の【就活生】適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

【趣味になる?】そもそも音楽鑑賞とは?

就活生くん

僕はよく音楽を聴きますが、就活でアピールできる趣味になりますか?

就活生ちゃん

私は他にこれといった趣味がなく、音楽鑑賞をどのように面接や履歴書でアピールすればいいのかわかりません。

確かに、音楽鑑賞を趣味というと周りと被りそうで不安になりますよね。

しかし、趣味の音楽鑑賞からアピールできることはたくさんあります。

それでは、以下で詳しく解説しますね

「就活の教科書」編集部 原田

 

そもそも音楽鑑賞とは、実用日本語表現辞典によると「コンサート会場、または、自宅などで音楽作品を味わい理解すること」とあります。

もちろん、リラックスするためや作業をしながら音楽を聴くことも、音楽鑑賞といえるでしょう。

また、趣味とは専門的でなく、楽しみとして愛好する事柄を指すため、音楽を楽しみながら聞いているのであれば、趣味と言えます。

そのため、音楽鑑賞は趣味の1つとして十分にアピールすることが出来ます。

僕の趣味は、音楽を聴きながらドライブすることです!

「就活の教科書」編集部 原田

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


面接や履歴書で趣味を聞く目的は何?

就活生ちゃん

音楽鑑賞が趣味として問題ないことが分かりました。

しかし、なぜ面接や履歴書で趣味を聞くのでしょうか?

面接や履歴書で趣味を聞く理由が分からないですよね。

それでは、次に面接や履歴書で企業が趣味を聞く理由について解説します。

「就活の教科書」編集部 原田

面接や履歴書で趣味を聞く目的
  • 理由①:人間性を知るため
  • 理由②:社風や職種の適性を図るため
  • 理由③:仕事のモチベーションを知るため
  • 理由④:求人者の緊張をほぐすため

理由①:人間性を知るため

面接や履歴書で趣味を聞く目的1つ目は、「人間性を知るため」です。

趣味を聞くことで、その人がどのような経緯でその趣味にはまったのかや、価値観が見えてきます。

学歴や資格からだけでは見えてこない人間性を知るために、趣味を聞く項目があります。

例えば、読書が趣味の就活生がいたとしても、どんなジャンルの本を読むかでその人の考えや価値感は大きく変わりますね。

「就活の教科書」編集部 原田

また、音楽鑑賞が趣味だと伝えた時に、ジャンルにもよりますが、以下のような印象を持たれると考えられます。

  • ストレス解消法がある
  • 感受性が豊か
  • 仕事とそれ以外のオンオフができる
  • 実行力がある

音楽鑑賞から転じて、ライブに行ったり、語学習得を行う人もいますが、行動力実行力があるという印象に繋がることもあります。

 

理由②:社風や職種の適性を図るため

面接や履歴書で趣味を聞く目的2つ目は、「社風や職種の適性図るため」です。

趣味を通して、それぞれ学びやその人の性格が表れます。

例えば、「観葉植物の栽培」が趣味である人は、管理能力があると推測できます。

他には、「筋トレ」が趣味である人は、コツコツと努力できる人や、自己管理能力がある人だと推測できます。

このように、趣味から様々な人間性が分かり、社風や職種との適性を図ることが出来ます。

社風に合わせるために、偽りの趣味を作る必要はありませんよ!!

「就活の教科書」編集部 原田

理由③:仕事のモチベーションを知るため

面接や履歴書で趣味を聞く目的3つ目は、「仕事のモチベーションを知るため」です。

趣味を楽しむために、仕事を頑張ってお金を稼いでいる人は多くいると思います。

このことから、趣味は仕事のモチベーションの1つであると考えられます。

そのため、仕事のモチベーションを知るために面接や履歴書で趣味を聞く場合があります。

仕事を頑張るためのリフレッシュは、大事ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

理由④:求人者の緊張をほぐすため

面接や履歴書で趣味を聞く目的4つ目は、「求人者の緊張をほぐすため」です。

趣味に関する話は、就活生・求人者が最も話しやすい話題ではないでしょうか。

面接官は、就活生・求人者の意見を最大限に聞き出すために、緊張をほぐす努力もしています。

そのため、面接時に趣味の話をする場合があります。

自分が好きな趣味のことは、たくさん話すことが出来ますね。

「就活の教科書」編集部 原田

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

【自己PR】面接や履歴書で音楽鑑賞を趣味として伝える例文紹介

就活生くん

面接や履歴書で音楽鑑賞を趣味として伝えるための実際の自己PR文を見てみたいです。

そうですよね。

それでは、面接や履歴書で音楽鑑賞を趣味として伝える自己PRの例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

例文①:リフレッシュに良い

面接や履歴書で音楽鑑賞を趣味として伝える自己PRの例文

私の趣味は音楽鑑賞です。

特に、クラシック音楽が好きです。

なぜクラシックかというと伝統と歴史のある音楽を静かに集中しながら聴くことができる音楽のため、リラックスして気分転換をするためには最適だからです。

このように、私は音楽鑑賞を通してリラックスすることができ、感情のコントロールをすることが出来ます。

そのため、仕事とプライベートのオンオフを切り替え、生産性を上げて業務に取り組むことが出来ます。

音楽鑑賞をリラックス方法として伝えることで、入社後もストレス解消や生産性を上げて働くことができるというポジティブな印象を与えることができていますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

例文②:歌詞から見つかる言葉の面白さを伝える

面接や履歴書で音楽鑑賞を趣味として伝える自己PRの例文

私は、音楽鑑賞をすることが趣味です。

特に、J-POPが好きで、最近では歌の歌詞に着目をして聴くことが多いです。

歌詞の言葉の表現は、時に日本語の文法を無視した使い方や、意味はないが韻を踏んでリズムの心地良さを伝えている表現などが多いです。

そのような中で、新しい言葉の使い方や面白い表現に出会える瞬間に楽しみを感じています。

音楽鑑賞で、特にリズムが好きなのか、歌詞重視なのかなど、詳しく述べるといいでしょう。

また、「自己PRがうまく書けない…」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+では、診断結果からワンポイントアドバイスを貰えるため、自己PRの参考にできます。

さらに就活生の2人に1人が利用しているサービスなので、まずは一度試してみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

例文③:異文化音楽の魅力を伝える

面接や履歴書で音楽鑑賞を趣味として伝える自己PRの例文

私の趣味は、音楽を聴くことです。

最近は、海外のその国独自の音楽を聴くことにハマっています。

伝統的な音楽には、聞き馴染みのないリズムや、知らない楽器が奏でる音を聴くことができます。

音楽を聴きながら、これはどんな国の人がどんな格好でどんな楽器で演奏しているのかを想像してから、映像を見て答え合わせをすることが、私の音楽の楽しみ方です。

上記の例文では、音楽鑑賞から異文化理解という別の興味に話を広げていますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

例文④:行動力をアピール

面接や履歴書で音楽鑑賞を趣味として伝える自己PRの例文

私の趣味は音楽鑑賞です。

幼いころから、K-POPが好きです。

初めは、ポップスのリズムが好きだったのですが、K-POPの歌詞をもっと理解したいと思うようになり、K-POPがきっかけで韓国語を勉強し始めました。

独学で始めた韓国語でしたが、日常会話を行えるレベルにはなり、現地にも足を運ぶようになりました。

このように、音楽自体の魅力だけではなく、新しい語学や文化を学ぶきっかけを与えてくれた音楽鑑賞が好きです。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

この例文では、趣味の音楽鑑賞から言語を学んだという行動力のアピールにもなっています。

自己PR文の書き方や、音楽鑑賞でのアピールポイントも解説するので、最後まで見てみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

                                                   

自己PR・強みに関する記事一覧

「自己PR/強みなんて自分にはない」という就活生は 自己PR/強み一覧 からあなたの強みを選んでみましょう。

また、コミュニケーション能力」 「主体性」 「協調力」 「チャレンジ精神」 「傾聴力 は、実際に企業が採用の際に重要視しているスキルなので、ここから選んでみるのもおすすめです。

以下の記事では、例文や書き方のポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


【面接/履歴書に活かしたい】趣味が音楽鑑賞の時のアピールポイント3つ紹介

就活生くん

音楽鑑賞の趣味の例文を読みました。

しかし、自分で書くときに趣味である音楽鑑賞をどのようにアピールして良いのか分かりません。

どのようにアピールすれば良いか分からないですよね。

それでは、趣味の音楽鑑賞をアピールするためのポイントを紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

趣味が音楽鑑賞の時のアピールポイント
  • アピールポイント①:音楽を聴くことでリラックスすることが出来る
  • アピールポイント②:音楽を聴くことで集中することが出来る
  • アピールポイント③:感性が豊か

アピールポイント①:音楽を聴くことでリラックスすることが出来る

音楽鑑賞の趣味でのアピールポイント1つ目は、「音楽を聴くことでリラックスすることが出来る」です。

音楽を聴くことで、自分でリラックスしている状態にできるということは、感情のコントロールをできるということにもなります。

仕事で辛いときもあると思いますが、感情のコントロールをして、生産性を高めながら仕事ができることは、アピールポイントの1つといえるでしょう。

会社によっては、ストレス耐性も見られる場合もあるので、アピールポイントとなります。

「就活の教科書」編集部 原田

アピールポイント②:音楽を聴くことで集中することが出来る

音楽鑑賞の趣味でのアピールポイント2つ目は、「音楽をきくことで集中することが出来る」です。

つまり、集中のスイッチのon/offの切り替えを自分でできるということもできます。

もちろん会社内で音楽を聴きながら仕事をすることは、基本的にNGだと思いますが、在宅ワークや業務委託の場合は、アピールポイントになる場合があります。

音楽を聴く以外にも、集中できる要素があったらしっかりアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

アピールポイント③:感性が豊か

音楽鑑賞の趣味でのアピールポイント3つ目は、「感性が豊か」です。

感性が豊かな人は、人の気持ちを察する能力が優れている表現力が豊かなどの性格があると言えます。

人と関わる仕事を応募しようとしている人は、この部分をしっかりアピールしましょう。

人と関わる仕事には、人事や営業、接客業などがありますね。

「就活の教科書」編集部 原田

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

面接や履歴書で音楽鑑賞の趣味を上手にアピールするためのstep解説

就活生ちゃん

音楽鑑賞の趣味を面接や履歴書でアピールする際のポイントは分かりました。

しかし、面接や履歴書で音楽鑑賞の趣味を上手に伝える方法や書き方が分かりません。

それでは、面接や履歴書で音楽鑑賞の趣味を上手にアピールするためのstepを一緒に追っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

面接や履歴書で音楽鑑賞の趣味を上手にアピールするためのstep
  • step①:音楽鑑賞を通じて、どのような経験をしたかを振り返る
  • step②:経験から、何を学んだかやアピールポイントを探す
  • step③:PREP構造を意識して実際に自己PR文を書く
  • step④:文章を見直し、必要があれば添削してもらう

step①:音楽鑑賞を通じて、どのような経験をしたかを振り返る

音楽鑑賞の趣味を上手にアピールするためのstep1は、「音楽鑑賞を通じて、どのような経験をしたかを振り返る」です。

趣味を上手にアピールするには、そこで得られた経験や学びを伝える必要があります。

そのため、まずは音楽鑑賞を通じてどのような経験をしたかを振り返りましょう。

step②:経験から、何を学んだかやアピールポイントを探す

音楽鑑賞の趣味を上手にアピールするためのstep2は、「経験から、何を学んだかやアピールポイントを探す」です。

step①で振り返った経験から、次にそこから学んだことやアピールポイントを探しましょう。

そして、その学びやアピールポイントを抽象化し、社会に出てそのように活かせるのかを考えましょう。

抽象化とは、例えば「リンゴ」・「みかん」から「果物」であったり、「パソコン」「テレビ」から「家電」などのように、複数の情報に共通する要素を抜き出すことです。

下記に、具体・抽象のトレーニングについての本をおすすめしておきます。

「就活の教科書」編集部 原田

「具体⇔抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問 (PHPビジネス新書)

「具体⇔抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問 (PHPビジネス新書)

細谷 功
850円(02/21 10:31時点)
発売日: 2020/03/17
Amazonの情報を掲載しています

step③:PREP構造を意識して実際に自己PR文を書く

音楽鑑賞の趣味を上手にアピールするためのstep3は、「PREP構造を意識して実際に自己PR文を書く」です。

【PREP構造】

PREP構造とは:論理的な文章を書くためのフレームワーク(型)

それぞれの意味は以下の通りです。

  • P:Point(結論)
  • R:Reason(理由)
  • E:Example(具体例)
  • P:Point(結論)

PREP構造とは、論理的な文章を書くためのフレームワーク(型)です。

それぞれ、Point(結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(結論)、頭文字を取ってPREP構造と表してます。

このPREP構造を意識して、自己PR文を書きましょう。

面接の受け答えの時も、このPREP構造を意識するだけで各段に伝わる回答になります。

「就活の教科書」編集部 原田

step④:文章を見直し、必要があれば添削してもらう

音楽鑑賞の趣味を上手にアピールするためのstep4は、「文章を見直し、必要があれば添削してもらう」です。

自分で作った文章は、必ずしも相手に伝わる文章とは限りません

そのため、自己PR文が完成したら一度見直し、それから必要があれば就活支援サービスなどを用いて添削をしてもらいましょう。

通るエントリーシートができれば、使いまわしをしてもOKです!!

下記に、エントリーシートを添削してくれるサービスについてまとめた記事があるので読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


音楽鑑賞の趣味に関するよくある質問

最後に、音楽鑑賞の趣味に関するよくある質問をまとめました。

「就活の教科書」編集部 原田

音楽鑑賞の趣味に関するよくある質問
  • 質問①:趣味が音楽鑑賞の人におすすめの企業はある?
  • 質問②:趣味が音楽鑑賞の人が活かせる職業はある?

質問①:趣味が音楽鑑賞の人におすすめの企業はある?

音楽鑑賞の趣味に関するよくある質問1つ目は、「趣味が音楽鑑賞の人におすすめの企業はある?」です。

音楽鑑賞が趣味で、もし将来も音楽に関する企業で働きたい場合は以下の記事をおすすめします。

以下の記事では、「未経験でもできる音楽関係の仕事」「理系におすすめの音楽関係の仕事」「音楽関係の仕事についてよくある質問」について解説しているので、是非読んでみてください。

質問②:趣味が音楽鑑賞の人が活かせる職業はある?

音楽鑑賞の趣味に関するよくある質問2つ目は、「趣味が音楽鑑賞の人が活かせる職業はある?」です。

音楽の道で働きたい場合は、「音楽評論家」や「音楽雑誌記者・編集者」、などが考えられます。

音楽に関する仕事であれば、「イベントの運営・企画職」や音楽や照明などで舞台を効果的に演出する「ステージエンジニア」などが考えられます。

音楽鑑賞はあくまでも趣味である人は、幅広い業界・職種をみて適した企業を見つけてください。

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

まとめ:面接や履歴書で趣味が音楽鑑賞であることをしっかりアピールしよう

いかがだったでしょうか?

本記事では、音楽鑑賞の趣味でのアピールポイントの伝え方と例文について紹介しました。

合わせて、音楽鑑賞の趣味の自己PR文の書き方も紹介しました。

音楽鑑賞の趣味で悩む就活生のお役に立てたなら幸いです。

最後に、この記事をまとめました。

この記事のまとめ

◆【趣味になる?】そもそも音楽鑑賞とは?

◆面接や履歴書で趣味を聞く目的は何?

  • 理由①:人間性を知るため
  • 理由②:社風や職種の適性を図るため
  • 理由③:仕事のモチベーションを知るため
  • 理由④:求人者の緊張をほぐすため

◆【面接/履歴書に活かしたい】音楽鑑賞の趣味でのアピールポイント3つ紹介

  • アピールポイント①:音楽を聴くことでリラックスすることが出来る
  • アピールポイント②:音楽を聴くことで集中することが出来る
  • アピールポイント③:感性が豊か

◆面接や履歴書で音楽鑑賞の趣味を上手にアピールするためのstep解説

  • step①:音楽鑑賞を通じて、どのような経験をしたかを振り返る
  • step②:経験から、何を学んだかやアピールポイントを探す
  • step③:PREP構造を意識して実際に自己PR文を書く
  • step④:文章を見直し、必要があれば添削してもらう

◆【自己PR】面接や履歴書で音楽鑑賞を趣味として伝える例文紹介

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆音楽鑑賞の趣味に関するよくある質問

  • 質問①:趣味が音楽鑑賞の人におすすめの企業はある?
  • 質問②:音楽鑑賞の趣味の人が活かせる職業はある?

◆まとめ:面接や履歴書で趣味が音楽鑑賞であることをしっかりアピールしよう

「就活の教科書」では、高校生・大学生・就活生をターゲットに就活で役立つ様々な情報を発信しています。

ぜひ、他の記事も見てみてください。

また、以下の記事では志望動機を無料で添削してくれるサービスも紹介しています!

興味がある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 原田