>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【志望動機思いつかない!】志望動機の簡単な見つけ方 | 思いつかない理由も

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本です。
この記事では、「志望動機が思いつかない時の対処法」について解説します。
就活生のみなさんは、志望動機が思い浮かばなかった経験はありませんか?

「就活の教科書」編集長 岡本

就活生くん

僕は志望動機なんて特にないです。
僕の友達も、「志望動機なんてねーよ!」と言っています。
志望動機が思い浮かばないことが多く、このままじゃエントリーシートも提出できません…

就活生ちゃん

私は志望動機を適当に書いて、受かったことがあります。
でも志望動機なんて特に無いですし、何を書けば良いかもわからないです。

「志望動機が思い浮かばない」と悩む就活生は多いですよね。
でも、志望動機はエントリーシート(ES)で課されるだけでなく、面接でも必ず聞かれるので、必ず対策が必要です。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

そこでこの記事では、志望動機が思いつかない就活生のために、志望動機の見つけ方3ステップを解説します。

合わせて、どうしても思いつかない場合の対処法や、志望動機が思いつかない理由も解説します。

この記事を読めば、「志望動機なんて特にないし、どうすれば良いんだろう…」と悩むこともなくなります。

「志望動機が思いつかないけど、書けるようになりたい!」そんな就活生は、ぜひ読んでみてください。

 

志望動機が思いつかない就活生は多い

就活生くん

エントリーシートを書こうとしてるんですが、志望動機がまったく思いつかないです…
志望動機が思い浮かばないのは、僕だけなんでしょうか…?

結論から言うと、「志望動機が思いつかない」と悩む就活生は、とても多いです。

「就活の教科書」編集長 岡本

志望動機が思いつかないまま、エントリーシートを適当に書いて提出し、選考を落ちてしまう就活生はとても多いです。

なぜなら、そもそも企業が志望動機を聞く理由は、志望度を測るためだからです。

企業は、一緒に働きたいと思えるような、志望度の高い就活生を採用します。

したがって、企業から内定をもらうためには、企業に納得してもらえる志望動機を書く必要があります。

内定をもらうには、志望動機を書かないといけないことがわかりましたね。
それでは本題の、志望動機が思いつかない場合の「志望動機の見つけ方」を解説していきます。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

志望動機の見つけ方3ステップ

就活生ちゃん

志望動機が思いつかないのは私だけじゃなかったんですね!
でも、どうやって志望動機を見つけたら良いのかわかりません…

では次に、志望動機の見つけ方を紹介しますね。
志望動機が思いつかない場合は、次の3ステップに従って作ると、簡単に書けますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

志望動機の見つけ方3ステップ
  • ステップ①:興味のある企業を見つける
  • ステップ②:企業との共通点を探す
  • ステップ③:自分なりの志望動機を書く

それでは、志望動機の見つけ方3ステップを、それぞれ解説していきますね。
志望動機が思いつかない就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

ステップ①:興味のある企業を見つける

志望動機の見つけ方1つ目は、「興味のある企業を見つける」です。

興味のある企業を探すことで、志望動機は自然と思い浮かんできます。

例えば、「旅行が好きだから旅行会社」「多様な人と関わりたいから人材企業」のように、自分が興味のある企業を探しましょう。

反対に、興味のある企業でないと、そもそも志望動機は思い浮かばないものです。

したがって、志望動機が思い浮かばない場合は初めに、興味のある企業を見つけてみましょう。

どのようなきっかけでも構わないので、あなたが企業のある企業を見つけましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

ステップ②:企業との共通点を探す

志望動機の見つけ方2つ目は、「企業との共通点を探す」です。

企業との共通点を探すことで、「企業が求める人物像」と「自分」が合っていることをアピールできます。

例えば、「何事にも挑戦する」「周りの人を巻き込む力がある」のように、企業との共通点を探しましょう。

企業との共通点を見つけることは、志望動機を書くうえで欠かせません。
したがって、志望動機が思いつかない就活生は、企業との共通点を必ず見つけるようにしましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

ステップ③:自分なりの志望動機を書く

志望動機の見つけ方3つ目は、「自分なりの志望動機を書く」です。

「興味のある企業を探す」「企業との共通点を探す」ができれば、後は自分なりの志望動機を書くだけです。

例えば、「なぜ企業を志望するのか」「あなたの強みはどう活かせるのか」なども含めて、志望動機を完成させましょう。

志望動機の書き方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

どうしても志望動機が思いつかない場合の対処法

どうしても志望動機が思いつかない場合は、以下の対処法を試してみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本

どうしても志望動機が思いつかない場合の対処法
  • 対処法①:自己分析をする
  • 対処法②:OB訪問をする
  • 対処法③:就活エージェントを使う

それでは、どうしても志望動機が思いつかない場合の対処法を、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対処法①:自己分析をする

どうしても志望動機が思いつかない場合の対処法1つ目は、「自己分析をする」です。

自己分析をすることで、「自分にはどんな強みがあるのか」「自分が企業に求める条件は何か」などがわかります。

自分の強みや、企業に求める条件が把握できれば、興味のある業界や企業も自然と見つかります。

したがって、志望動機が思いつかない就活生は、まず自己分析をしてみましょう。

自己分析のやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対処法②:OB訪問をする

どうしても志望動機が思いつかない場合の対処法3つ目は、「OB訪問をする」です。

OB訪問とは、働いている社会人に会い、仕事の内容や社風について話を聞くことです。

OB訪問をすることで、今までに興味のなかった業界を発見できたり、自己分析を手伝ってもらえたりします。

したがって、志望動機が思いつかない就活生は、OB訪問をしてみることもおすすめです。

OB訪問のやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対処法③:就活エージェントを使う

どうしても志望動機が思いつかない場合の対処法3つ目は、「就活エージェントを使う」です。

就活エージェントとは、専属のエージェントが就職活動の始めから終わりまで、就活生を支援してくれるサポートのことです。

就活エージェントを使うことで、就活サイトには載っていない優良企業を紹介してもらえたり、独自の選考ルートへ招待してもらえたりします。

また就活エージェントを使えば、志望動機を一緒に考えてくれるなどのサポートも受けられます。

したがって、どうしても志望動機が思いつかない就活生は、就活エージェントを使ってみましょう。

就活エージェントおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

志望動機が思いつかない3つの理由

就活生くん

志望動機の見つけ方はわかりました!

そもそもなんですが、どうして就活生は志望動機が思いつかないのでしょうか。
本当にいきたい会社のはずなのに・・・

次に、志望動機が思いつかない3つの理由を紹介しますね。

志望動機が思いつかない理由は、以下の3つです。

「就活の教科書」編集長 岡本

志望動機が思いつかない3つの理由
  • 理由①:心から志望している企業ではないから
  • 理由②:企業理解が足りないから
  • 理由③:企業への憧れが強すぎるから

それでは、志望動機が思いつかない理由を、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

理由①:心から志望している企業ではないから

志望動機が思いつかない理由1つ目は、「心から志望している企業ではないから」です。

「どうしてもこの企業に入りたい!」と心から志望している企業ではない場合、志望動機は思いつかないものです。

したがって、そもそも志望動機が思いつかないような企業は、選考を受けないことをおすすめします。

このパターンは、「内定が欲しいから、とりあえず選考を受けておこう」という就活生に多いです。
しかし志望度が高くない企業に入社すると、入社後に雇用のミスマッチを起こす可能性が高くなり、早期離職につながってしまいます。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

理由②:企業理解が足りないから

志望動機が思いつかない理由2つ目は、「企業理解が足りないから」です。

企業理解が足りない場合、企業がどのような事業を行なっているかも詳しくないため、志望動機は思いつきません。

したがって、企業理解が足りず志望動機が思いつかない場合は、企業研究をしっかりと行いましょう。

企業研究のやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

理由③:企業への憧れが強すぎるから

志望動機が思いつかない理由3つ目は、「企業への憧れが強すぎるから」です。

企業への憧れが強すぎる場合、「なぜその企業に入りたいのか?」理由が伴っていないため、志望動機も思いつきません。

例えば、「◯◯社は有名だから」「◯◯社はカッコいいイメージがあるから」などの、表面的な志望動機しか思いつかない場合です。

したがって、企業への憧れが強すぎる場合は、なぜその企業に憧れているのかを考えてみましょう。

企業に憧れているのは、何か原体験があるはずです。
「初めてサービスを利用した時に感動したから」のように、その企業との関わりを振り返ってみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

また、エントリーシートの「志望動機」に何を書いたらいいのか分からない人は、以下の記事が参考になりますよ。

内定者が実際に使用していた志望動機なので、ぜひ自分の「志望動機」に取り入れてみてくださいね。

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「志望動機」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「志望動機」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:志望動機が思いつかない場合は自己分析をしよう

この記事では、志望動機が思いつかない理由を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、志望動機の見つけ方3ステップや、どうしても思いつかない場合の対処法も解説しました。

この記事で学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本

志望動機が思いつかない理由と対処法まとめ

志望動機の見つけ方3ステップ

  • ステップ①:興味のある企業を見つける
  • ステップ②:企業との共通点を探す
  • ステップ③:自分なりの志望動機を書く

どうしても志望動機が思いつかない場合の対処法

  • 対処法①:自己分析をする
  • 対処法②:OB訪問をする
  • 対処法③:就活エージェントを使う

志望動機が思いつかない3つの理由

  • 理由①:心から志望している企業ではないから
  • 理由②:企業理解が足りないから
  • 理由③:企業への憧れが強すぎるから

この記事では、「志望動機が思いつかない理由と対処法」を紹介しました。
志望動機が思いつかない就活生の役に立っていれば、幸いです。

「就活の教科書」では他にも、就活に役立つ記事をたくさん掲載しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本