>> 就活に役立つおすすめサイトまとめました <<

【例文あり】就活での小論文の書き方3STEP | 頻出テーマ一覧,評価ポイント,口調についても解説

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のかいちです。

この記事では、「就活の小論文の書き方」について解説します。

就活生の皆さんは、「就活の小論文の書き方って何?」「企業が評価する小論文ってどんなの?」などと思っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 かいち

就活生くん

僕は、就活で小論文が課される企業に就職しようとしています。

けど、就活の小論文の書き方が分からないです・・・

就活生ちゃん

私も、小論文を評価する企業で就職を考えています。

けど、企業が評価する小論文が何か分かりません。

就活の小論文の書き方について教えてください。

そうですよね。

就活の小論文ってどうやって書けばいいかわからないですよね。

僕も初めは小論文の書き方に困っていました。

「就活の教科書」編集部 かいち

そこでこの記事では、「就活の小論文の書き方」について解説します。

合わせて、就活の小論文で企業が評価するポイント就活で使える小論文の例文就活の小論文でよく出るテーマ一覧就活の小論文の具体的な対策法についても解説します。

この記事を読めば、「就活の小論文の書き方がわからない」「企業に評価される小論文が何かわからない」といった悩みが解決されます。

「就活の小論文ってどう書くの?」「企業が評価する小論文ってどんなの?」などと思っている就活生はぜひ読んでみてください。

就活での小論文は、自分について聞かれることが多いため、自己分析をしないと落ちる可能性がかなり高くなります。

そこでおすすめなのが、適性診断AnalyzeU+です。

「適性診断AnalyzeU+」を使うと、正確な自己分析が5分~10分で終わり、自分の強み・弱みなどを把握できるので、根拠のある小論文が書けるようになりますよ。

「就活の教科書」編集部 かいち

>>「適性診断AnalyzeU+」を試してみる

 

就活の小論文について

就活生ちゃん

就活で小論文をやらないといけないんですが、就活の小論文ってどういうのか分かりません。

就活の小論文とは何か具体的に教えてください。

たしかに、就活の小論文って何かわからない方もいると思います。

分かりました、ここでは就活の小論文について具体的に解説していきます。

また、就活の小論文で企業が評価するポイントについても合わせて解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

小論文と作文は違う

就活で小論文を書く前に小論文と作文の違いについて押さえておかなければいけません。

就活で書く小論文と作文の違いは以下の通りです。

  • 小論文⇒理由や根拠を示し、主張を論理的に伝える文
  • 作文 ⇒自分自身の体験や感想をもとに書く文

小論文とは論理的で客観的に主張を伝えるので、必ず序論・本論・結論があります。

それに対して作文とは、構成がはっきりせず自分の体験や感想を伝えるための文です。

就活の小論文では、きちんと序論・本論・結論の構成がはっきりしているかどうか見られるので作文とは違いますね!

就活での作文について詳しく知りたい就活生は、以下の記事での作文について詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就活の小論文で企業が評価するポイント

就活の小論文で企業が評価するポイントは以下の3つです。

就活の小論文で企業が評価するポイント3選
  • ポイント①:自分の考えを伝えられるかどうか
  • ポイント②:論理的思考力があるかどうか
  • ポイント③:就活生の人間性がどのようなものか

ポイント1つ目は「自分の考えを伝えられるかどうか」です。

社会人になると、はっきり自分の意見を言わなければいけない機会があるので客観的に自分の意見を表現できるか見られています。

ポイント2つ目は「論理的思考力があるかどうか」です。

企業は、小論文を通して就活生が論理的思考ができるかどうかを試しているので、出されるテーマに合わせて自分の主張を論理的に伝えられるようにしましょう。

ポイント3つ目は「就活生の人間性がどのようなものか」です。

与えられた小論文のテーマをもとに就活生がどういった考えを持っているか就活生の人間性が企業に見られており、企業に適正な人材か判断されています。

企業は小論文を通して就活生のたくさんのところを見ているので、この記事で小論文の書き方をマスターしましょう!

続いては、早速ですが小論文の例文を見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就活で使える小論文の例文

就活生ちゃん

就活の小論文の書き方は理解できました。

ですが、小論文の書き方に基づいた実際の就活で使える例文が気になります。

就活で使える小論文の例文を紹介してください。

分かりました、ここでは先ほどの「序論・本論・結論」の3STEPに基づいた小論文の例文を2つ紹介します。

今回紹介する就活で使える小論文の例文は以下の2つです。

「就活の教科書」編集部 かいち

就活で使える小論文の例文
  • 例文①:「将来の自分」をテーマにした小論文(800字)
  • 例文②:「少子高齢化」をテーマにした小論文(800字)

それでは1つずつ順に就活で使える小論文の例文について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

例文①:「将来の自分」をテーマにした小論文(800字)

就活で使える小論文の例文テーマ1つ目は「将来の自分」です。

【序論】
将来私は、誰からも尊敬される人でありたいと考えています。
自分が思う尊敬される人とは、誰に対しても敬意をもって接し、常に前向きで一生懸命仕事に取り組める人のことです。
誰からも尊敬されたいと思う理由は主に3つあります。

【本論】
1つ目の理由は、自分はいろんな人から頼られることで、やる気が出る性格だからです。(理由①)

学生時代、自分はフットサルサークルの副会長をしていました。そこでは、副会長としてサークルの仲間から頼られる存在になったことで、たくさんの人が楽しめる活動を考えたり、フットサルが苦手な人でもうまくなるように手伝ったりすることができました。この経験があったことで、自分はもっと人から頼られたいと思うようになりました。(具体例①)

2つ目の理由は、自分の先輩にも尊敬する人がいて、その先輩のように誰からも頼られる人になりたいからです。(理由②)

自分は過去に飲食店でアルバイトをしていた経験があります。そこでは、誰からも頼られる先輩がいました。その先輩は決して他人の悪口を言うことなく、与えられた仕事を一生懸命に取り組んでいました。そのような姿を見て、自分もその先輩のように誰からも尊敬されるようになりたいと思いました。(具体例②)

3つ目の理由は、尊敬される人になることは信頼されやすいからです。(理由③)

自分は大学3年生からインターンシップに積極的に参加するようになりました。そのインターンシップで社会人の方とお話しすることができ、たくさんの刺激を受けました。
その中でも一番自分が刺激を受けた人は、リーダーの田中さんです。田中さんはリーダーシップがあり、自分のことだけでなく他人にも気を配れる存在でした。そんな田中さんの周りにはたくさんの仲間が笑顔で仕事をしていて、自分も田中さんみたいに誰からも尊敬されるような人になりたいと感じました。(具体例③)

【結論】
以上の3つの理由から自分は誰からも尊敬される人でありたいと考えており、貴社でも頼られる存在になりたいと強く思っています。(800字)

この小論文の構成は「序論・本論(理由と具体例3つずつ)・結論」です。

続いては就活で使える小論文の例文2つ目を解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

例文②:「少子高齢化の対策」をテーマにした小論文(800字)

就活で使える小論文の例文テーマ2つ目は「少子高齢化」です。

【序論】

少子高齢化の対策法は主に3つあると考えています。
その対策法とは、「子育てをしやすい環境づくり」、「外国の移民を受け入れる」、「若者が安心して働ける職場」です。それぞれ1つずつ順に説明していきます。

【本論】

まず1つ目は「子育てをしやすい環境を作ること」です。(対策法①)
厚生労働省は、2020年に待機児童が過去最小の12,439人であると発表されました。しかし、まだ待機児童数が1万人を上回っています。なので、待機児童がもっと減らせるように保育園や公園を増やすなど、子育てをしやすい環境を作ることが必要だと考えました。

次に2つ目は「外国人移民を受け入れること」です。(対策法②)
少子高齢化の原因の1つに女性労働者の増加が挙げられます。厚生労働省のデータによると令和元年の女性の労働力人口は3,058万人と前の年に比べて44万人増加していることが明らかになっています。このように女性労働者が増加すると子育てをする時間がなくなる人が増え、結果的に出生率の減少につながると考えました。なので、外国人の移民を受け入れて日本の女性に変わる労働力を提供してもらうことが必要だと考えました。

最後に3つ目は「若者が安心して働ける職場を作ること」です。(対策法③)
厚生労働省が2020年に発表した調査によると、2017年に卒業した人(大卒、高卒)の就職後3年以内の離職率は平均で大卒は32.8%、高卒は39.5%と出ていました。
養育費には当然費用がかかってきます。なので離職率が少しでも減らせるように若者が安心して働ける職場を作ることは必要だと考えました。

【結論】

以上の3つから日本の少子高齢化を対策できると考えました。自分も貴社で一生懸命働くだけでなく、安心して働ける職場の環境づくりにも貢献します。(721字)

このテーマの小論文では主に厚生労働省のデータを参考に論じていますね。

続いては、就活の小論文の書き方の手順3STEPについて解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

「例文を見たけど、上手く書けるかわからない…」という方は、unistyle(ユニスタイル)を使うのが一番おすすめです。

「unistyle」を使うと、内定者のESや小論文が見放題になるので、企業の方に評価してもらいやすい小論文の書き方がわかるようになります。

「就活の小論文なんかで落とされたくない!」という方は、unistyleも合わせて利用することをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 かいち

>>「unistyle」で内定者の小論文を見る

 

就活の小論文の書き方の手順3STEP

就活生ちゃん

私は、小論文と作文の違いについては理解できたのですが、就活の小論文の書き方が知りたいです。

就活の小論文の書き方を分かりやすく教えてください。

分かりました、ここでは就活の小論文の書き方について「序論・本論・結論」の3STEPで解説します。

就活の小論文の書き方3STEPは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 かいち

就活の小論文の書き方の手順3STEP
  • STEP①:序論(自分の主張や意見を述べる)
  • STEP②:本論(自分の主張の根拠や具体例を述べる)
  • STEP③:結論(本論も踏まえて自分の意見を再度主張する)

それでは1つずつ順に就活の小論文の書き方3STEPについて解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

STEP①:序論(自分の主張や意見を述べる)

就活の小論文の書き方STEP1つ目は「序論」です。

序論では、自分がこれから話す内容について簡潔にまとめ、読み手が「もっと読みたい」と感じるような文章を書きましょう。

序論で評価される書き方のポイントは以下の3つです。

序論で評価される書き方のポイント
  • 序論のポイント①:書き出しの一文で読み手を惹きつける
  • 序論のポイント②:最初に自分の結論から話す
  • 序論のポイント③:これから話すことを簡潔にまとめる

序論のポイント1つ目は「書き出しの一文で読み手を惹きつける」です。

小論文を書く上で、書き出しの部分は企業の目に止まりやすいので、書き出しは特に意識しましょう。

序論のポイント2つ目は「最初に自分の結論から話す」です。

序論はあくまで自分の主張や意見を簡潔に述べることが目的なので、理由を長々と書くのはやってはいけません。

序論のポイント3つ目は「これから話すことを簡潔にまとめる」です。

序論はあくまで導入部分なので長々と書く必要はなく、自分が何を伝えたいのか簡潔にまとめましょう。

就活の小論文の序論で一番のポイントはとにかく主張を簡潔に書くことです!

なので、極端に言えば結論の一行だけでもOKです。

続いてはSTEP2の本論について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

STEP②:本論(自分の主張の根拠や具体例を述べる)

就活の小論文の書き方STEP2つ目は「本論」です。

本論は、小論文の中の約6〜8割を占める一番ボリュームが多いところで、序論で簡潔に述べた内容をより具体的に書きます。

本論で評価される書き方のポイントは以下の3つです。

本論で評価される書き方のポイント
  • 本論のポイント①:主張の具体的な理由や根拠を書く
  • 本論のポイント②:自分の体験談やエピソードを書く
  • 本論のポイント③:主観的ではなく客観的事実を書く

本論のポイント1つ目は「主張の具体的な理由や根拠を書く」です。

本論では、最初に書いた自分の主張を読者に説得させるために具体的な理由や根拠で肉付けさせていく必要があります。

本論のポイント2つ目は「自分の体験談やエピソードを書く」です。

自分の体験談やエピソードを書くことで文章に具体性が増し、よりオリジナリティのある小論文に仕上がります。

本論のポイント3つ目は「主観的ではなく客観的事実を書く」です。

「自分はこう感じるから結論はこうだ!」よりも「このデータから自分はこう考えます」の方が客観的で文章に説得力があります。

就活の小論文の本論で一番のポイントは自分の主観で理由を書かないことです!

続いてはSTEP3の結論について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

STEP③:結論(本論も踏まえて自分の意見を再度主張する)

就活の小論文の書き方STEP3つ目は「結論」です。

結論では、本論で書いた理由や根拠を踏まえた上で自分の意見を再度主張することが目的になります。

結論で評価される書き方のポイントは以下の3つです。

結論で評価される書き方のポイント
  • 結論のポイント①:本論から繋げて結論を書く
  • 結論のポイント②:序論と同じく簡潔に書く
  • 結論のポイント③:最後の一行を工夫して書く

結論のポイント1つ目は「本論から繋げて結論を書く」です。

序論と結論では「結論は〇〇です」か「本論を受けて〇〇なのでこういう結論ですの違いがあります。

なので、序論と一緒ではなくしっかり本論を受けて結論を書くようにしましょう。

結論のポイント2つ目は「序論と同じく簡潔に書く」です。

本論で理由や根拠が言えているのでそれに基づいて結論を簡潔に書きましょう。

結論のポイント3つ目は「最後の一行を工夫して書く」です。

例えば「自分は将来必ず〇〇をやり遂げます」や「企業の〇〇に貢献します」と書くと企業の目に留まり印象深い文章が書けます。

就活の小論文の結論で一番のポイントは本論をもとに結論を書くことです!

おおよそ「序論:本論:結論=1:8:1」の割合だと覚えておきましょう。

続いては、就活の小論文でよく出されるテーマ一覧について解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就活の小論文でよく出されるテーマ一覧

就活生ちゃん

就活の小論文の書き方と例文が理解できたのでよかったです。

他にも、就活の小論文でよく出されるテーマについて知りたいです。

就活の小論文でよく出されるテーマって何か教えてください。

分かりました、ここでは就活の小論文でよく出されるテーマ一覧について解説します。

就活の小論文でよく出されるテーマ一覧は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 かいち

就活の小論文でよく出されるテーマ一覧
  • 小論文テーマ①:自分
  • 小論文テーマ②:社会問題
  • 小論文テーマ③:企業に関すること
  • 小論文テーマ④:AI
  • 小論文テーマ⑤:最近のニュース

就活の小論文で一番出されると言っていいのが、「今まで挫折した経験」や「将来の自分像」などの自分についてです。

また、「少子高齢化」や「東京オリンピック」など、社会問題や最近のニュースなどの時事問題を取り扱う企業もあります。

インターネット系の企業を志望している学生はAIについての小論文も対策しましょう。

全ての小論文のテーマを対策するのは効率が悪いので、この中から対策しましょう。

続いては就活で出される小論文の対策法について解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

ちなみに面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析ツールは、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

複数の自己分析ツールを併用することで、「社会人で求められる力」「性格傾向」「強み」など、より様々な観点で自分を知ることができるのでぜひ利用してみてくださいね。

人事さん

おすすめの自己分析ツール
 

最終面接の合格率を上げるなら「面接力診断」で面接突破力を測ってみよう!

「面接力診断」では、あなたの現状や足りていないところが見つかり、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、ぜひ気軽にこちらから診断してみてください。

>> 面接力診断をしてみる

さらに就活の教科書公式LINEでは、今すぐやるべき就活対策が分かる「就活力診断をすることができます!

今のあなたの就活戦闘力も測れるので、ぜひこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

就活で出される小論文の対策法

就活生ちゃん

就活の小論文の対策をしたいのですが、具体的な対策法がわかりません・・・

就活で出される小論文の対策法について教えてください。

分かりました、ここでは就活で出される小論文の対策法について3つ紹介します。

就活で出される小論文の対策法は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 かいち

就活の小論文の対策法
  • 対策法①:構成を理解して何回も書く
  • 対策法②:社会や時事問題を知るためにニュースを見ておく
  • 対策法③:書いた小論文を添削してもらう

それでは1つずつ順に就活で出される小論文の対策法について解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

対策法①:構成を理解して何回も書く

就活で出される小論文の対策法1つ目は「構成を理解して何回も書く」です。

その理由は、小論文は序論・本論・結論の構成が最も重要だからです。

例えば、構成を意識していないと「結論から話していない」「結局何が言いたかったのかわからない」と思われ原点される可能性があります。

なので、構成を理解して何回も小論文を書きましょう。

序論・本論・結論の構成をしっかりと意識して就活の小論文の練習をしましょう。

続いては就活の小論文の対策法2つ目の「社会や時事問題を知るためにニュースを見ておく」について解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

対策法②:社会や時事問題を知るためにニュースを見ておく

就活で出される小論文の対策法2つ目は「社会や時事問題を知るためにニュースを見ておく」です。

その理由は、就活の小論文では時事問題に関するものが多いからです。

例えば、最近では「東京オリンピックについて」や「地球温暖化について」などの社会や時事問題に関するテーマが出題されています。

なので、日頃から社会や時事問題を知るためにテレビやネットでニュースを見ておきましょう。

今ではニュースアプリで手軽に情報を仕入れることができるので日頃から時事問題に対応できるようにしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

対策法③:書いた小論文を添削してもらう

就活で出される小論文の対策法3つ目は「書いた小論文を添削してもらう」です。

その理由は、あくまでも就活の小論文の採点者は自分ではなく企業がやるものだからです。

自分で最高の小論文が書けたと思っていても客観的に見ると構成がはっきりしていないなど問題が見つかる場合があります。

なので、自分が書いた小論文を客観的に添削してもらう機会を増やしましょう。

周りの人や添削サービスで自分の書いた小論文を添削してもらうことで改善点が簡単に見つかります。

続いては就活の小論文を書くときの注意点について3つ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就活の小論文を書く時の注意点

就活生ちゃん

就活の小論文の対策法について理解できたのでよかったです。

他にも就活の小論文を書く時に注意することなど知りたいです。

就活の小論文を書く時の注意点について教えてください。

分かりました、ここでは就活の小論文を書く時の注意点について解説します。

就活の小論文を書く時の注意点は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 かいち

就活の小論文を書く時の注意点
  • 注意点①:字数を守る
  • 注意点②:一貫性を持った文章にする
  • 注意点③:根拠や具体例を明確にする

それでは1つずつ順に就活の小論文で注意することについて解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

注意点①:字数を守る

就活の小論文を書くときの注意点1つ目は「字数を守る」です。

文字数は「800字程度」「800字以内」「〇〇字以上〇〇字以内」のどれかで指定されることが多いです。

このルールが守れていないと、企業から「この就活生はこの企業に入社してもルールを守れるのか?」と疑念を抱かれてしまいます。

なので、800字以下などといった字数の最低限のルールは守りましょう。

「800字以内で書きなさい」と指定されたら少なくとも指定された文字数の8〜9割(640字〜720字)を埋めるといいですね!

続いては注意点の2つ目「一貫性を持った文章にする」について解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

注意点②:一貫性を持った文章にする

就活の小論文を書くときの注意点2つ目は「一貫性を持った文章にする」です。

注意する理由は、就活の小論文は自分の主張を論理立てて言うことが目的だからです。

「自分は〇〇と思います、でも〇〇でもいいし、〇〇の案もありです」など自分の主張がない文章だと結局何が伝えたかったのか企業に伝わりません。

なので、就活の小論文では一貫性を持った文章にしましょう。

就活の小論文では、自分の書いた主張がどれだけ企業に伝わるのかを意識して書きましょう。

続いては注意点の3つ目「根拠や具体例を明確にする」について解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

注意点③:根拠や具体例を明確にする

就活の小論文を書くときの注意点3つ目は「根拠や具体例を明確にする」です。

注意する理由は、根拠や具体例を明確にしていないと説得力に欠けるからです。

「理由はないんですが、自分は〇〇と思います」などといった文章では自分の主張を押し付けているだけで説得力に欠けています。

なので、就活の小論文を書くときは必ず根拠や具体例を明確にしましょう。

逆に根拠や具体例ばかりになって自分の主張がない文章もNGですので、自分の主張と根拠のバランスをよく考えて書きましょう!

続いては就活の小論文に関する質問について答えていきますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就活の小論文に関するよくある質問

就活生ちゃん

就活の小論文の書き方や例文、対策法まで分かったんですが、まだまだ疑問がたくさんあります・・・

他にも聞きたいことがあるのですが、答えてもらえませんか?

たしかに、就活の小論文の書き方以外にも聞きたいことはありますよね。

わかりました、ここからは実際に就活生からの質問を1つずつ順に答えていきます。

質問の内容は以下の2つです。

「就活の教科書」編集部 かいち

就活の小論文に関するよくある質問
  • 質問①:就活の小論文では「です・ます」口調で書いていいの?
  • 質問②:就活で企業に小論文を提出する時はどのような用紙を使えばいいの?

それでは1つずつ順に就活の小論文に関するよくある質問について解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

質問①:就活の小論文では「です・ます」口調で書いていいの?

就活生くん

就活の小論文で「です・ます」口調で書いていいのか分かりません。

就活の小論文では「です・ます」口調で書いていいんですか?

結論から言うと、就活の小論文で「です・ます」口調はOKです。

ここでは、「だ・である」と「です・ます」で書く際の印象の違いについて簡単に解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

「です・ます」と「だ・である」の違い
  • 「だ・である」⇒自信があるように見え、「です・ます」より書ける文字数が多い
  • 「です・ます」⇒丁寧な印象を与えるが、文字数が限られる

結論、多くの就活生は「です・ます」で書いていますが、指定されない限り本当にどちらでもいいので自分の好きな方をおすすめします!

それよりも小論文では構成や書き方の方がずっと大事なのであまり気にしないでくださいね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

質問②:就活で企業に小論文を提出する時はどのような用紙を使えばいいの?

就活生ちゃん

就活で企業に小論文を提出する際に何の用紙を使っていいのか分かりません。

就活で企業に小論文を提出する時はどんな用紙を使えばいいか教えてください。

結論から言うと、市販の400字の原稿用紙2枚を使いましょう。

もちろん企業から指定されればその通りにしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接で話せる自分の強みを簡単に見つけたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー

メモ

代表的な自己分析ツールには、以下のようなものがあります(同時利用がおすすめ)

自己分析ツールで自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですよ。

おすすめの自己分析ツールの評判や使い方は、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ16選 | 簡単な適性診断サイト,アプリ (全て無料)という記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

まとめ:就活の小論文で落ちることもあるので書き方をマスターしよう

この「就活 小論文」の記事はいかがだったでしょうか?

この記事では、「就活の小論文の書き方」について解説しました。

合わせて、就活の小論文で企業が評価するポイント就活で使える小論文の例文就活の小論文でよく出るテーマ一覧就活の小論文の具体的な対策法についても解説しました。

最後にこの記事の内容をおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆就活の小論文について

  • 小論文と作文は違う
  • 就活の小論文で企業が評価するポイント

◆就活の小論文の書き方の手順3STEP

  • STEP①:序論(自分の主張や意見を述べる)
  • STEP②:本論(自分の主張の根拠や具体例を述べる)
  • STEP③:結論(本論も踏まえて自分の意見を再度主張する)

◆就活で使える小論文の例文

  • 例文①:「将来の自分」をテーマにした小論文(800字)
  • 例文②:「少子高齢化」をテーマにした小論文(800字)

◆就活の小論文でよく出されるテーマ一覧

◆就活で出される小論文の対策法

  • 対策法①:構成を理解して何回も書く
  • 対策法②:社会や時事問題を知るためにニュースを見ておく
  • 対策法③:書いた小論文を添削してもらう

◆就活の小論文を書く時の注意点

  • 注意点①:字数を守る
  • 注意点②:一貫性を持った文章にする
  • 注意点③:根拠や具体例を明確にする

◆就活の小論文に関するよくある質問

  • 質問①:就活の小論文では「です・ます」口調で書いていいの?
  • 質問②:就活で企業に小論文を提出する時はどのような用紙を使えばいいの?