>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【ボロボロでも諦めるな】WEBテストで通過できる人の特徴3つ | 対策方法も

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本です。
この記事では、WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴について解説します。
就活生のみなさんは、WEBテストがボロボロで解けなくても選考を通った経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本

就活生くん

僕はWEBテストがボロボロで解けなくて、あまり通過したことがありません。
どうしたらWEBテストでうまく通過できるようになりますか?

就活生ちゃん

私の友達がWEBテストをボロボロでも内定をもらえたと言っていました。
WEBテストがボロボロでも通過できる人って、本当にいるんですか?

WEBテストがボロボロでも、選考を通過することはあります。
どんな場合に、WEBテストがボロボロでも選考を通過できるのか、この記事で解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

そこでこの記事では、WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つを紹介します。

合わせて、WEBテストでボロボロにならないための対策も紹介します。

この記事を読めば、「WEBテストでボロボロになって、通過できなかった…」なんて失敗も避けられます。

「WEBテストでボロボロでも、選考を通過したい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

WEBテストがボロボロでも通過できる人はいる

就活生くん

この前受けたWEBテストがボロボロで解けなかったんですが、選考を通過していました。
全然解けていないWEBテストでも通過することってあるんですか?

ボロボロのWEBテストでも選考を通過することもあれば、落ちることもあります。
その理由を解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

ボロボロのWEBテストでも選考を通過することがある理由は、適性検査や出身大学など、企業はWEBテストの結果以外でも評価しているからです。

もちろん基本的には、WEBテストがボロボロであまり解けていない場合、選考を通過することはほとんどありません。

そしてWEBテストは早い解答速度で、高い正答率を出した方が良い評価を受けやすいです。

しかし性格や考え方が社風に合う人材であれば、WEBテストがボロボロでも選考を通過することもあります。

では実際、どのような場合にWEBテストがボロボロでも選考を通過するのでしょうか。
そこで次に、WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つ

就活生くん

WEBテストがボロボロでも選考を通過する人って、どうして通過できるのでしょうか。
僕の友達はWEBテストで落ちていたので、何が違うのか気になります。

WEBテストがボロボロでも選考を通過できる人には、次の3つの共通点があります。

「就活の教科書」編集長 岡本

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つ
  • 特徴①:性格検査の評価が良い
  • 特徴②:エントリーシートの内容が良い
  • 特徴③:ボロボロだと思っていたが実は高得点だった

それでは、WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

特徴①:性格検査の評価が良い

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴1つ目は、「性格検査の評価が良い」です。

性格検査の結果、企業の求める人物像に近い性格だった場合、WEBテストがボロボロでも選考を通過できることがあります。

その一方で、性格検査の結果が悪かった場合は、WEBテストが高得点でも落ちることもあります。

性格検査で高評価をもらうためには、自分の考えを正直に回答するのがポイントです。
性格検査で嘘の回答をし続けると、不自然な結果が出てしまい、逆に低い評価をされかねないので注意しましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

特徴②:エントリーシートの内容が良い

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴2つ目は、「エントリーシートの内容が良い」です。

エントリーシート(ES)に書いている内容が、他の就活生よりも優れていた場合、WEBテストがボロボロでも選考をすることがあります。

具体的に、「内容が簡潔でわかりやすい」「具体的な実体験が書かれていて、努力が伝わってくる」などのエントリーシートは、企業から高評価を受けやすいです。

エントリーシートの書き方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

特徴③:ボロボロだと思っていたが実は高得点だった

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つ目は、「ボロボロだと思っていたが実は高得点だった」です。

WEBテストの問題は選択式なことが多く、問題がわからず適当に回答しても、案外正解を選んでいる場合があります。

もしボロボロだと思っていたWEBテストが通過していた場合は、回答スピードが早かったか、案外正解を選んでいたということです。

しかしWEBテストで通過する確率を上げるためには、偶然正解を選んで通過するのではなく、ちゃんと問題を解いて通過することが大切です。

WEBテスト、SPIの勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

WEBテストでボロボロにならないための対策

就活生ちゃん

WEBテストの勉強をしても、いつも全然解けず、ボロボロな結果になってしまいます…
WEBテストってどんな勉強をすれば、高得点を取れるようになりますか?

WEBテストでボロボロにならないためには、次の3つの対策をしてみましょう。
WEBテストで高得点を取れて、通過できる可能性が高くなります。

「就活の教科書」編集長 岡本

WEBテストでボロボロにならないための対策
  • 対策①:問題集を解いて傾向を掴む
  • 対策②:わからない問題は素早く回答する
  • 対策③:性格検査を正直に答える

それでは、WEBテストでボロボロにならないための対策をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対策①:問題集を解いて傾向を掴む

WEBテストでボロボロにならないための対策1つ目は、「問題集を解いて傾向を掴む」です。

問題集を解くことで、WEBテストで出題されやすい問題の傾向を掴めて、WEBテストで正解しやすくなります。

当たり前のことですが、WEBテストを通過するためには、早い回答速度で高得点を取る必要があります。

そのため、WEBテストを通過するためには、まずは問題集を解いて傾向を掴むのがおすすめです。

WEBテストの対策には、「これが本当のWEBテストだ!【2022年版】」が本当におすすめです。
最新傾向の問題が分野別に掲載されているので、この1冊で簡単にWEBテスト対策ができます。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対策②:わからない問題は素早く回答する

WEBテストでボロボロにならないための対策2つ目は、「わからない問題は素早く回答する」です。

WEBテストでは正答率以外に、回答速度も評価されており、遅すぎると低評価をされかねません。

またWEBテストは制限時間もあるため、一問一問をゆっくり解いていると、時間切れになってすべての問題を解ききれない可能性もあります。

わからない問題は素早く回答することで、他の解けそうな問題に時間を使えて、正答率を高められます。

WEBテストを通過するためのポイントは、なるべく多くの問題に回答することです。
難しい問題で時間を使いすぎないよう、うまく時間配分を考えてWEBテストに取り組みましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

WEBテスト、SPIで落ちる理由と対策については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

対策③:性格検査を正直に答える

WEBテストでボロボロにならないための対策3つ目は、「性格検査を正直に答える」です。

WEBテストでは、国語問題や計算問題だけでなく、性格検査の結果も重視されています。

そして性格検査で、その企業に向いていないと結果が出た場合は、選考を通過できません。

しかし性格検査で嘘をついて通過したとしても、性格が合っていないため、「職場に馴染めない」「早期退職してしまう」などのリスクを多く含んでいます。

もしWEBテストがボロボロでも、性格検査で企業との相性が良ければ、選考を通過する可能性もあるので、性格検査は正直に答えましょう。

WEBテストの性格検査を適当に回答する就活生は多いですが、企業はあなたの性格もしっかりと判断しています。
適当に回答するのではなく、正直に回答しましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

WEBテストに関するよくある質問

WEBテストやSPIに関するよくある質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

無料の模試と問題集で、WEBテストの対策をしよう

SPIを対策するには、多くの問題を解くことが効果的です。

そこでおすすめなのがSPI模試&問題集です。

模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。

今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。

 

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。

分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。

無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

 

まとめ:WEBテストがボロボロでも、対策すれば通過できるようになる

この記事では、WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、WEBテストでボロボロにならないための対策も紹介しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴まとめ

WEBテストがボロボロでも通過できる人はいる

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つ

  • 特徴①:性格検査の評価が良い
  • 特徴②:エントリーシートの内容が良い
  • 特徴③:ボロボロだと思っていたが実は高得点だった

WEBテストでボロボロにならないための対策

  • 対策①:問題集を解いて傾向を掴む
  • 対策②:わからない問題は素早く回答する
  • 対策③:性格検査を正直に答える

WEBテストがボロボロで解けなくても、選考を通過することはあります。
またベンチャー企業や中小企業などに多いですが、面接などで実際に話してみて、人柄などを重視して採用する企業も存在します。
しっかりとWEBテスト対策をするのはもちろんですが、性格検査を正直に答えるなどの対策もして、選考を通過しましょう!

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本