【ボロボロでも受かる?】適性検査/Webテスト(SPI)に通過する人の特徴3つ | 落ちる確率,対策方法も

【ボロボロでも諦めるな】WEBテストで通過できる人の特徴3つ _ 落ちる人の特徴,対策方法も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本恵典です。
この記事では、適性検査/WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴について解説します。
就活生のみなさんは、WEBテストがボロボロで解けなくても選考を通った経験はありますか?
それともWebテストでいつも落ちてしまいますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

僕はWEBテストがボロボロで解けなくて、あまり通過したことがありません。
WEBテストって難しい問題ばかりだし・・・。
どうしたらWEBテストでうまく通過できるようになりますか?

就活生ちゃん

私の場合、WEBテストはできない問題ばかりで、ほとんど通ったことがありません。
何度受けても、WEBテストは落ちるばかりです・・・
けど、私の友達はWEBテストをボロボロでも内定をもらえたと言っていました。
WEBテストがボロボロでも通過できる人って、本当にいるんですか?

WEBテストって難しい問題が多くて、慣れていないと落ちることもありますよね。
しかし、WEBテストがボロボロでも、選考を通過することはあります。
どんな場合に、WEBテストがボロボロでも選考を通過できるのか、この記事で解説していきますね。
また、WEBテストは正しい対策をすれば、誰でも簡単に合格点を取りやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

そこでこの記事では、適性検査/WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つを紹介します。

合わせて、WEBテストでボロボロにならないための対策Webテストできない人の共通点も紹介します。

この記事を読めば、「WEBテストでボロボロになって、通過できなかった…」「WEBテストが全然できなくて、落ちてしまった…」なんて失敗も避けられます。

「WEBテストでボロボロでも、選考を通過したい!」「WEBテストで落ちないように対策をして、合格点を取りたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集では実際の問題に近い演習を行え、Lognaviでは知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

同時に利用することで、Webテストの問題形式に慣れることができ、苦手分野を克服するための対策を行えます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから簡単に登録できますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

 

目次

 

【全然できなかった…】そもそもWebテストがボロボロでも通過できるの?

就活生ちゃん

この前Webテストを受験したんですけど、全然できませんでした・・・。

点数はボロボロだと思うのですが、万が一受かっているようなことはあるのでしょうか?

Webテストの結果は気になりますよね。

そこで、これからWebテストがボロボロでも受かっていることはあるのかについて解説していきます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

Webテスト(SPI)がボロボロでも通過できる人はいる

就活生くん

この前受けたWEBテストがボロボロで全然できなかったんですが、選考を通過していました。
全然できなかったWEBテストでも通過することってあるんですか?

ボロボロのWEBテストでも選考を通過することもあれば、落ちることもあります。
その理由を解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

ボロボロのWEBテストでも選考を通過することがある理由は、出身大学・ガクチカなど、企業はWEBテストの結果以外でも評価しているからです。

もちろん基本的には、WEBテストがボロボロであまり解けていない場合、選考を通過することはほとんどありません。

そしてWEBテストは早い解答速度で、高い正答率を出した方が良い評価を受けやすいです。

しかし性格や考え方が社風に合う人材であれば、WEBテストがボロボロでも選考を通過することもあります。

 

もちろんWEBテストはボロボロよりかは、対策して高得点を取っておくに越したことはありません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

そこで、WEBテスト対策をするなら、SPI頻出問題集」「性格診断の利用が一番おすすめです。

「SPI頻出問題集」「性格診断」を使えば、WebテストやSPI苦手分野を効率的に演習でき、さらに、性格検査の受験練習ができます

すでに多くの就活生が使っているので、Webテストの選考に通過したい方は、「SPI頻出問題集」「性格診断」での対策をおすすめします!

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

>> SPI頻出問題集を受け取る(公式LINE)

>> 性格診断を受けてみる(公式LINE)

 

Webテスト(SPI)がボロボロでも受かった人の声

就活生くん

けど、本当にWebテストがボロボロでも通過することはあるんでしょうか・・・?

はい、Webテストがボロボロでも通過することはあります。

以下は実際にWebテストがボロボロでも受かった転職者や新卒就活生のツイートです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

このようにWEBテストがボロボロでも実際に実際に通過する転職者・新卒就活生はいます。
では実際、どのような場合にWEBテストがボロボロでも選考を通過するのでしょうか。
そこで次に、WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集は、テストと同レベルの問題をダウンロードでき、LognaviではSPIやWebテスト対策に使える知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから使えますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

 

就活ではさまざまなやWebテストを受けなければなりません。

Webテストや適性検査の種類は多いため、各テストに合った対策法が必要です。

テストに合った対策をすることで選考の通過率は劇的に上がりますよ。

Webテストで落ちたくない方は、公式LINEで無料配布しているSPI頻出問題集を使って対策してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


Webテスト/適性検査がボロボロで落ちる確率・割合はどれくらい?

就活生くん

僕はWebテストや適性検査がいつもボロボロで落ちてしまいます…

Webテストや適性検査で落ちる人の確率や割合はどれくらいでしょうか?

Webテストで落ちる確率は気になりますよね。

そこでこれからWebテストに落ちる確率・割合について解説していきます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

【結論】Webテストで落ちる確率は人によってバラバラ

結論から言うと、Webテストや適性検査がボロボロで落ちる人の確率や割合は、不明です。

そもそも、Webテストができた・できないにかかわらず、Webテストで落ちる確率は人によってバラバラです。

Webテストでは企業によって足切りラインが異なりますしWebテスト+エントリーシートの内容で判断されることもあります。

つまり、通過点を超えれば合格できますし、足切りラインに届かなければ落ちます。

そのため、Webテストや適性検査では、足切りラインを超えるように勉強しておきましょう。

Webテストのボーダーは企業によって異なります。

各企業のWebテストのボーダーについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

SPI頻出問題集を活用すれば、SPIで出題される問題と対策方法がわかり、WEBテストで落ちにくくなりますよ。

また就活の教科書公式LINEでは、あなたの就活戦闘力や向いている仕事が分かる就活力診断」「適職診断など、様々な無料診断が受けられます。

すでに就活生61,079人以上が登録してくれていますので、ぜひ参加しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 公式LINEでSPI頻出問題集を受け取る(参加無料)


Webテスト(SPI)がボロボロでも通過できる人の特徴3つ

就活生くん

WEBテストがボロボロでも選考を通過する人って、どうして通過できるのでしょうか。
僕の友達はWEBテストで落ちていたので、何が違うのか気になります。

WEBテストがボロボロでも選考を通過できる人には、次の3つの共通点があります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つ
  • 特徴①:性格検査の評価が良い
  • 特徴②:エントリーシートの内容が良い
  • 特徴③:ボロボロだと思っていたが実は高得点だった

それでは、WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

特徴①:性格検査の評価が良い

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴1つ目は、「性格検査の評価が良い」です。

性格検査の結果、企業の求める人物像に近い性格だった場合、WEBテストがボロボロでも選考を通過できることがあります。

その一方で、性格検査の結果が悪かった場合は、WEBテストが高得点でも落ちることもあります。

性格検査で高評価をもらうためには、自分の考えを正直に回答するのがポイントなのは確かですが、性格検査で高得点を取る方法が分からない人は多いですよね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

性格検査で高得点を取るためには、LINE適職診断を受けることがおすすめです。

なぜなら、適性・適職を知っておけば、その職種の選考の際に、性格検査で高得点を取る可能性が高いからです。

また、企業の選考に直接関わってくる性格検査を突破するには「適職診断」を受けて自分の適性を知っておくことは大切です。

「就活の教科書」公式LINEに登録すると、「LINE適職診断」の他性格診断」「強み/長所診断」も無料で受けられます。

まずは、性格検査の対策となる「LINE適職診断」を受けてみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

>> LINE適職診断を受けてみる

 

さらに、適性検査の結果を確認したい人は、確認する方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

特徴②:エントリーシートの内容が良い

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴2つ目は、「エントリーシートの内容が良い」です。

エントリーシート(ES)に書いている内容が、他の就活生よりも優れていた場合、WEBテストがボロボロでも選考をすることがあります。

具体的に、「内容が簡潔でわかりやすい」「具体的な実体験が書かれていて、努力が伝わってくる」などのエントリーシートは、企業から高評価を受けやすいです。

エントリーシートの書き方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

特徴③:ボロボロだと思っていたが実は高得点だった

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つ目は、「ボロボロだと思っていたが実は高得点だった」です。

WEBテストの問題は選択式なことが多く、問題がわからず適当に回答しても、案外正解を選んでいる場合があります。

もしボロボロだと思っていたWEBテストが通過していた場合は、回答スピードが早かったか、案外正解を選んでいたということです。

しかしWEBテストで通過する確率を上げるためには、偶然正解を選んで通過するのではなく、ちゃんと問題を解いて通過することが大切です。

内定者の実践したSPIテストセンターの対策やコツ、注意点を知りたい人は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【ボロボロ・・・】Webテスト(SPI)で落ちる人の共通点

就活生くん

僕はWEBテストの対策をしても、いつもできなくて落ちてしまいます。

WEBテストができない人/落ちる人には、次の5つの共通点があります。
これら5つの共通点に当てはまる人は、WEBテストで合格するためには注意が必要です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

WEBテストで落ちる人の共通点
  • 共通点①:正答率が低い
  • 共通点②:回答スピードが遅い
  • 共通点③:そもそもESの質が低い
  • 共通点④:一度も対策をしたことがない
  • 共通点⑤:WEBテストの形式に慣れていない

 

共通点①:正答率が低い

WEBテスト/適性検査で落ちる人の共通点1つ目は「正答率が低い」です。

当然ですが、WEBテストの正答率が低ければ、落ちてしまいます。

WEBテストの中には単純な正解数だけでスコアを測るのではなく、誤謬率(間違えた問題数)も関係する試験種もあります。

時間が足りなくて正答率が低くなってしまう人は、答えを適当に埋めた方がよいのか、埋めない方がよいのかを試験種ごとに知っておきましょう。

 

共通点②:回答スピードが遅い

WEBテスト/適性検査で落ちる人の共通点2つ目は「回答スピードが低い」です。

WEBテストは全般的に制限時間が厳しく設定されています。

ですので、練習をしっかりせずに臨んだ場合、時間が足りずに全問解ききれないことがほとんどです。

例えばSPIの場合は、1問当たり30秒~1分間で回答する必要があります。

分からない問題で悩んでいてはとっくに時間切れになってしまうので、WEBテストで落ちてしまう人は回答スピードを見直しましょう。

 

共通点③:そもそもESの質が低い

WEBテスト/適性検査で落ちる人の共通点3つ目は「ESの質が低い」です。

選考ステップではESと筆記試験を同時に審査する企業が多く、たとえES提出後しばらく経った後に筆記試験の案内が来たとしても、1次審査でESの内容ではなく提出形式のチェックしか審査していないケースがほとんどです。

企業はWEBテストよりもESを重要視するので、WEBテストで落ちる人は、そもそもESの内容で落とされている可能性があります。

ですので、WEBテストでいつも落ちる人は、WEBテストができないのではなく、ESの質が低くないか疑ってみて下さい。

 

共通点④:一度も対策をしたことがない

WEBテスト/適性検査で落ちる人の共通点4つ目は「一度も対策をしたことがない」です。

「適性検査は中学・高校レベルだから自分は対策しなくても大丈夫」と思っていると、WEBテストで落ちてしまいます。

適性検査は中学・高校レベルの知識で解けるものがほとんどですが、文章や表を読み取るのにかなり早いスピードが要求されるので、いくら知識があっても対策なしでは高得点を取るのは難しいです。

また、WEBテスト/適性検査の中には特殊な問題を出すもの(CABや玉手箱など)もあるので、対策が必須です。

ですので、WEBテストで落ちる人はその試験の対策を一度しっかりとやってみて下さい。

 

共通点⑤:WEBテストの形式に慣れていない

WEBテスト/適性検査で落ちる人の共通点5つ目は「WEBテストの形式に慣れていない」です。

WEBテストは少ない時間で多くの問題を解かなくてはいけないので、形式に慣れていなければ時間が足りずに高得点を取れません。

また、WEBテストでは同じような問題が使い回しわれているので、何回も受験していれば見たことのある問題が出題されるようになります。

志望していない企業にも応募して、WEBテストを受験する回数を増やせば、WEBテストの形式に慣れることができ、高得点を取れるようになります。

「ボロボロの人の特徴はわかったけど、Webテストできないし、受けたくない…」という方は、LINE適職診断で適性を調べてみましょう。

なぜなら、適性・適職を知っておけば、その職種の選考の際に、性格検査で高得点を取る可能性が高いからです。

また、企業の選考に直接関わってくる性格検査を突破するには「適職診断」を受けて自分の適性を知っておくことは大切です。

「就活の教科書」公式LINEに登録すると、「LINE適職診断」の他性格診断」「強み/長所診断」も無料で受けられます。

まずは、Webテストや性格検査の対策となる「LINE適職診断」を受けてみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

>> LINE適職診断を受けてみる

 

以下の記事でWEBテストで落ちる理由について詳しく解説しているので、WEBテストで落ちる理由について詳しく知りたい就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【落ちる人必見!】Webテスト(SPI)でボロボロにならないための対策

就活生ちゃん

WEBテストの勉強をしても、いつも全然解けず、ボロボロな結果になってしまいます・・・
WEBテストってどんな勉強をすれば、高得点を取れるようになりますか?

就活生くん

第一志望の企業がWEBテストがあって、どうしても合格したいです。
どうすればWEBテストで合格点を取れるようになりますか?

WEBテストでボロボロにならないためには、次の4つの対策をしてみましょう。
WEBテストで高得点を取れて、通過できる可能性が高くなります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

WEBテストでボロボロにならないための対策
  • 対策①:問題集を解いて傾向を掴む
  • 対策②:わからない問題は素早く回答する
  • 対策③:性格検査を正直に答える
  • 対策④:とりあえず問題を解いてみる

それでは、WEBテストでボロボロにならないための対策をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対策①:問題集を解いて傾向を掴む

WEBテストでボロボロにならないための対策1つ目は、「問題集を解いて傾向を掴む」です。

WEBテストには、出題されやすい問題、されにくい問題の傾向があります。

問題集を繰り返し解くことで、WEBテストで出題されやすい問題の傾向を掴めて、WEBテストで正解しやすくなります。

当たり前のことですが、WEBテストを通過するためには、早い回答速度で高得点を取る必要があります。

そのため、WEBテストを通過するためには、まずは問題集を解いて傾向を掴むのがおすすめです。

WEBテスト対策には、「SPI頻出問題集」を使うと効率良く勉強できますよ。

問題集は「就活の教科書公式LINEに登録すれば、無料で手に入ります。

SPIで頻出の単語や、問題の解き方などが丁寧に解説されているのでSPI対策に役立ちますよ。

また、公式LINEでは、性格検査の対策になる「性格診断も無料で受けられます。

WEBテストが不安な方は、「SPI頻出問題集」「性格診断」を合わせて利用してみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

>> SPI頻出問題集を無料でもらう

>> 性格診断を受けてみる

 

WEBテスト、SPIテストセンターの勉強方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対策②:わからない問題は素早く回答する

WEBテストでボロボロにならないための対策2つ目は、「わからない問題は素早く回答する」です。

WEBテストでは正答率以外に、回答速度も評価されており、遅すぎると低評価をされかねません。

またWEBテストは制限時間もあるため、一問一問をゆっくり解いていると、時間切れになってすべての問題を解ききれない可能性もあります。

わからない問題は素早く回答したり適当に回答することで、他の解けそうな問題に時間を使えて、正答率を高められます。

Webテストでは回答速度を意識することが大切です。

WEBテストを通過するためのポイントは、なるべく多くの問題に回答することです。
難しい問題で時間を使いすぎないよう、うまく時間配分を考えてWEBテストに取り組みましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

WEBテスト、SPIテストセンターで落ちる理由と対策については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

対策③:性格検査を正直に答える

WEBテストでボロボロにならないための対策3つ目は、「性格検査を正直に答える」です。

WEBテストでは、国語問題や計算問題だけでなく、性格検査の結果も重視されています。

そして性格検査で、その企業に向いていないと結果が出た場合は、選考を通過できません。

しかし性格検査で嘘をついて通過したとしても、性格が合っていないため、「職場に馴染めない」「早期退職してしまう」などのリスクを多く含んでいます。

もしWEBテストがボロボロでも、性格検査で企業との相性が良ければ、選考を通過する可能性もあるので、性格検査は正直に答えましょう。

WEBテストの性格検査を適当に回答する就活生は多いですが、企業はあなたの性格もしっかりと判断しています。
適当に回答するのではなく、正直に回答しましょう。

適性検査に合格する方法を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

性格検査で正直に答えるといっても、きちんと自分の性格を理解できているか分からないですよね。

「ESや面接対策もしたいけど、SPIやWebテストが苦手すぎる…」という方はSPI頻出問題集」「性格適性診断の両方を使って短時間で対策するのが一番おすすめです。

同時に使うと、SPIやWebテストで頻出の問題と解答が把握できたり、実際の性格診断の対策できるので、効率よく成績を上げられます。

すでに70,000人以上の就活生が利用しているので、あなたもSPIやWebテストで落ちないように対策してみてくださいね。

ちなみに就活の教科書では、あなたの就活力や向いている仕事が分かる就活力診断適職診断なども行っていますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集をGETする

>> 性格適性診断でお試し診断をしてみる

 

対策④:とりあえずWEBテストを受けてみる

WEBテストでボロボロにならないための対策4つ目は、「とりあえずWEBテストを受けてみる」です。

対策ばかりをしていても、やはりWEBテストを解けるようになるには、実際に受験してみるのが最も効果的です。

WEBテストの感覚を掴むためには、とりあえずWEBテストがある企業の選考を受けてみましょう。

第一志望の企業を受けるまでに、3回程度はWEBテストを受験しておくのがおすすめです。
出題傾向や感覚を掴んで、本命企業のWEBテストで落ちることがないよう対策をしておきましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

WEBテストは問題集で勉強する場合と実際にパソコンを使って受験する場合とでは全く感覚が違います。

パソコン版での違いに焦って時間を浪費しないためにも、テストセンターでの時間配分について解説した記事を紹介します。

普段から時間を意識して問題を解くことで、本番でも余裕を持って回答できるようになりますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

【今すぐできる!】SPI/Webテストの対策方法

就活生くん

選考でSPIや玉手箱などのWebテストを受けなければならないのですが、どのように対策したら良いですか?

結論から言うとSPI頻出問題集」と「Lognavi」の同時利用がおすすめです。

この二つの対策方法、また効果的な利用方法について詳しく説明していきますね。

就活アドバイザー 京香

 

SPI頻出問題集(公式LINE限定で配布中)

SPIなどのWebテストの対策方法としておすすめなのが、SPI頻出問題集です。

SPI頻出問題集では、実際にSPIでよく出る問題の演習を行え、解説でしっかりと理解することができます。

一つ一つの演習の対策を念入りに行えば、SPIやその他Webテストで役立つ基礎力をつけることができます

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 言語・非言語両方の頻出問題が網羅されている
  • 二字熟語90選/四字熟語50選で言語の対策がしっかりとれる
  • 実際の問題に近い演習ができる

>> SPI頻出問題集を利用してみる(無料)

 

Lognavi(Webテストの苦手分野がわかる、スマホで簡単対策)

SPIなどのWebテストの対策方法としておすすめなのが、Lognaviです。

Lognaviでは、あなたの知力を測れる独自の知的テスト自己分析に役立つ性格検査を受けられます。

知的テストでは、言語力・計算応用力などの系統別の能力も測れるため、SPIやWebテストの対策には大変おすすめです。

就活アドバイザー 京香

実際の画面は以下のようになっており、知力テスト・性格診断の細かい検査結果を知れるようになっています。

Lognaviのおすすめポイント
  • 知的テストは全118問・性格テストは全90問と幅広い出題範囲
  • 知的テストを通して記憶力・言語力・推理力などを知れる
  • Lognavi知的テスト内での偏差値が出るため、自分を客観視しやすい

>> Lognaviを使ってみる(無料)

Webテストの対策として紹介した「SPI頻出問題集」や「Lognavi」は、用途別に使い分けると効果的です。

まず「Lognavi」を弱点や苦手分野を知るために利用し、その後、実際の問題に近い「SPI頻出問題集」で演習を行うと、SPIなどWebテストで落ちる可能性は低くなります。

「SPI頻出問題集」「Lognavi」どちらも「今すぐ使える」ので、ぜひ利用してみてくださいね!

就活アドバイザー 京香

 

WEBテスト対策に関するよくある質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

WEBテストはカンニングをしたり、代行サービスを利用する人もいるのではないでしょうか?

企業にバレるかが気になる人や、バレた場合の結果を知りたい人は、以下の記事で詳しく解説されていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

Webテスト(SPI)に関するよくある質問

それでは最後に、WEBテストやSPIに関するよくある質問2つに答えていきます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

よくある質問
  • 質問①:SPIは適当に解いても受かる?
  • 質問②:WEBテストは期限ギリギリに受験してもいいの?

 

質問①:SPIは適当に解いても受かる?

SPIは適当に(当てずっぽうに)解いても受かることはあります。

というのも、SPIでは誤答をしても点数が引かれないからです。

ただし適性検査の中には、誤答をすると点数が引かれてしまう試験もあります。

ですので、時間が無くて全問解き終われない時に、適当に回答を埋めるか埋めないかは、試験種ごとに使い分ける必要があります。

 

質問②:WEBテストは期限ギリギリに受験してもいいの?

WEBテストは期限ギリギリに受験したとしても有利/不利になることはありません。

ただし、期限当日になると受験生が殺到してサーバーが重くなり、スムーズに受験できず、結局期限を過ぎてしまうということもよくあります。

ですので、できればWEBテストは期限に余裕を持って(締め切り日時の2時間前くらい)には終わらせておくことをおすすめします。

 

その他の質問

その他のWEBテストやSPIに関するよくある質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

 

【やばい人必見!】SPI/Webテストが短時間で対策できるおすすめのサービス

就活生ちゃん

WebテストやSPIの対策をしているけど、全落ちしてしまいます。

このままだと、就職できないかもしれません…

どうすれば良いのでしょうか?

WebテストやSPIは対策していないとよく落ちますよね。

しかし、ESや面接対策でなかなかWebテストを対策する時間が取れない就活生も多いです。

そこで、SPIやWebテストの対策が短時間でできるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 「SPI頻出問題集」ならSPIで出題される問題と対策方法がわかる
  • やるべき選考対策がわかるので、選考で落ちにくくなる
  • 意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる
  • SPI以外のWebテストにも対応している
  • すでに就活生61,079人以上が登録済み

>> SPI頻出問題集を見てみる

 

キミスカ適性検査

キミスカ適性検査のおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある

>> キミスカ適性検査を見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活WeテストSPIの対策に時間が取れない就活生でも短時間で十分に合格できるレベルに到達します。

「WEbテストとSPIがやばい…けど、落ちたくない!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

まとめ:Webテスト(SPI)がボロボロでも、対策すれば通過できるようになる

この記事では、WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、WEBテストでボロボロにならないための対策も紹介しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴まとめ

WEBテストがボロボロでも通過できる人はいる

WEBテストがボロボロでも通過できる人の特徴3つ

  • 特徴①:性格検査の評価が良い
  • 特徴②:エントリーシートの内容が良い
  • 特徴③:ボロボロだと思っていたが実は高得点だった

WEBテストでボロボロにならないための対策

  • 対策①:問題集を解いて傾向を掴む
  • 対策②:わからない問題は素早く回答する
  • 対策③:性格検査を正直に答える
  • 対策④:とりあえず問題を解いてみる

WEBテストができない人の共通点

  • 共通点①:正答率が低い
  • 共通点②:回答スピードが遅い
  • 共通点③:そもそもESの質が低い
  • 共通点④:一度も対策をしたことがない
  • 共通点⑤:WEBテストの形式に慣れていない

WEBテストに関するよくある質問

  • 質問①:SPIは適当に解いても受かる?
  • 質問②:WEBテストは期限ギリギリに受験してもいいの?
[/box]

WEBテストで落ちる人の割合や、落ちる点数はあらかじめ決まっています。

そのため、しっかりと対策をすれば、誰でもWEBテストで落ちることは回避できます。

とにかく問題集を解いて、わからない問題は飛ばし、回答率、正答率を上げて、WEBテストで合格を掴みましょう。

WEBテストがボロボロで解けなくても、選考を通過することはあります。
またベンチャー企業や中小企業などに多いですが、面接などで実際に話してみて、人柄などを重視して採用する企業も存在します。
しっかりとWEBテスト対策をするのはもちろんですが、性格検査を正直に答えるなどの対策もして、選考を通過しましょう!

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典