【職業別も】IT業界に向いている人/向いてない人の特徴|すべきこと

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • そもそもIT業界とはコンピュータやインターネットを使った情報技術
  • IT業界に向いている人の特徴9選
  • IT業界に向いていない人の特徴5選
  • IT業界の職業別向いている人の特徴
  • IT業界に向いている人がすべきこと3選

 

就活生の皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の原田です。

皆さんは、IT業界に興味を持ているけど、向き・不向きが分からず、悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 原田

就活生ちゃん

IT業界に文系でも行けると聞いたのですが、本当に自分に向いている業界なのか分かりま千せん。

就活生くん

僕は、プログラミング経験あり、IT業界を志望しています。

しかし、どの職種が自分に向いているのかが分かりません。

そうですよね。

実際に、僕もIT業界に興味がありますが、本当に自分に向いているのか分からず悩んでいます。

どのような人が、IT業界に向いているのか・向いていないのか知りたいですよね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

そこで、本記事では、IT業界に向いている人の特徴・向いていない人の特徴を紹介します。

また、IT業界の職業別の向いている人の特徴も紹介します。

最後に、IT業界に向いている人に関するよくある質問についてもまとめました。

IT業界に興味がある人や、悩んでいる人は、是非最後までご覧ください。

 

目次

 

【業界研究】そもそもIT業界とは?

就活生ちゃん

IT業界はよく目にする言葉ですが、そもそもIT業界とはどのような業界なのでしょうか?

それでは、まずIT業界について、ざっくり説明しますね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

IT業界の労働条件(平均年収・残業時間)

「IT」とは、Information Technologyの略で、コンピューターやインターネットを使った譲歩技術のことを指します。

これらの、ITに付随するサービスを扱う業界がIT業界です。

IT業界の労働条件(平均年収・平均残業時間)は、以下のような結果となっています。

IT業界の労働条件

平均年収:約444万円

平均残業時間:一月あたり約30時間(1ヶ月を20日とし、1日8時間働いた場合)

IT業界の中でも、職種によって、年収や残業時間は変わります。

あくまでも、目安としてご覧ください。

「就活の教科書」編集部 原田

IT業界のトレンドワードは?

続いて、IT業界のトレンドワードを集めました。

IT業界トレンドワード

デジタルトランスフォーメーション(DX) デジタライゼーション データサイエンティスト AI IoT(Internet of Things)アジャイル DevOps RPA(業務自動化) メタバース フェデレーテッドラーニング ジェネレーティブAI ノーコード ローコード etc

上記は、IT業界トレンドワードの一例です。

IT業界に興味がある人や、選考予定の人は上記のワードを意味をしっかり押さえておきましょう

IT業界でなくでも、DXへの動きは加速していくので、この言葉には注目しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

IT業界についている人の声(Twitter/2ch)

IT業界に就いている人の声をまとめました。

 

大手社員エクセル設計書添えて子会社ポイー→年収1000万
子会社社員はい委託→年収550万
委託先IT土方ハァハァ…やっとコード書けたぞ…→年収350万

おかしくない?

参照:日本のIT業界、ガチでおかしい、、下請け丸投げ

IT業界にも、人手不足や、多重下請け構造などの問題があるようです。

「就活の教科書」編集部 原田

 

IT業界に向いている人の特徴9選

就活生くん

IT業界については、ざっくり分かりました。

早速、IT業界に向いている人の特徴を知りたいです。

分かりました。

それでは、IT業界に向いている人の特徴9選を紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

IT業界に向いている人の特徴9選
  • 特徴①:IT業界に興味がある
  • 特徴②:論理的思考力がある
  • 特徴③:コミュニケーション能力がある
  • 特徴④:柔軟な対応ができる
  • 特徴⑤:好奇心旺盛である
  • 特徴⑥:新しいことにチャレンジしたい人
  • 特徴⑦:自分で考え行動できる人
  • 特徴⑧:効率を重要視できる人
  • 特徴⑨:根気がある人

 

特徴①:IT業界に興味がある

IT業界に向いている人の特徴1つ目は、「IT業界に興味がある」です。

IT業界に興味があり、何かを成し遂げたいと思っている人は、適していると思います。

興味がない人は、きっと選考の際に見透かされて落とさせる可能性が高いです。

なので、IT業界に興味がある人は、向いているといえるでしょう。

 

特徴②:論理的思考力がある

IT業界に向いている人の特徴2つ目は、「論理的思考力がある」です。

論理的思考力は、どの業界でも必要とされるスキルです。

特に、IT業界はプログラミングを扱うので、より論理的思考力が求められます。

また、営業の際やプレゼンする際にも必要なスキルです。

そのため、様々な職種があるIT業界には、論理的思考力が求められます。

 

特徴③:コミュニケーション能力がある

IT業界に向いている人の特徴3つ目は、「コミュニケーション能力がある」です。

IT業界で働く際は、1人でもくもくと仕事をするよりも、チームで動くことが多いです。

チームで円滑にプロジェクトを進めるためには、コミュニケーションが欠かせません。

そのため、コミュニケーション能力もIT業界では求められます。

 

特徴④:柔軟な対応ができる

IT業界に向いている人の特徴4つ目は、「柔軟な対応ができる」です。

IT業界は、顧客のニーズに合わせたサービスを提供することがあります。

顧客の要望が急に変わることがあるため、柔軟な対応が必要です。

そのため、柔軟な対応ができる人は、IT業界に向いているといえるでしょう。

 

特徴⑤:好奇心旺盛である

IT業界に向いている人の特徴5つ目は、「好奇心旺盛である」です。

IT業界はさらに発展していく業界です。

また、新しいサービスや技術が次々に生まれるため、それらを学ぼう・知ろうとする姿勢はとても重要になります。

そのため、好奇心旺盛である人は、IT業界に向いているといえるでしょう。

 

特徴⑥:新しいことにチャレンジしたい人

IT業界に向いている人の特徴6つ目は、「新しいことにチャレンジしたい人」です。

IT業界から生まれるサービスは、ほとんどがこれまでにない新しいサービスばかりです。

新しいサービスということは、成功するか失敗する分からないチャレンジングなことです。

そのため、新しいことにチャレンジしたい人は、IT業界に向いているといえるでしょう。

 

特徴⑦:自分で考え行動できる人

IT業界に向いている人の特徴7つ目は、「自分で考えて行動できる人」です。

これは、基本的にどの業界でも必要とされるスキルです。

IT業界は、今後さらに人材不足が予想され、一人ひとりに判断が委ねられる場合があります。

そのため、自分で考えて行動できる人は、IT業界に向いているといえるでしょう。

 

特徴⑧:効率を重要視できる人

IT業界に向いている人の特徴8つ目は、「効率を重要視できる人」です。

IT業界は、プログラミングなどを使って、様々な業務の効率化を手助けするサービスを提供している場合があります。

業務の効率化を手助けするサービスを新しく生み出すには、日ごろから効率を重要視しておく必要があります。

そのため、効率を重要視できる人は、IT業界に向いているといえるでしょう。

 

特徴⑨:根気がある人

IT業界に向いている人の特徴9つ目は、「根気がある人」です。

プログラミングなどの作業は、大変時間がかかる作業です。

また、少しのミスでエラーが発生し、正しく表示されません。

そのため、IT業界には、根気がある人が向いているといえるでしょう。

IT業界に向いている特徴は、一例に過ぎません。

OB・OG訪問などで、どのような人が活躍しているのかを聞き、自分と性格や考えが似ているかを参考にすると良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

【職業研究】IT業界の職業別向いている人の特徴

就活生くん

IT業界に向いている人・向いていない人は分かりました。

IT業界の職種別で、向いていない人・向いていない人を知りたいです。

分かりました。

それでは、IT業界の職種別向いている人の特徴を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

エンジニアに向いている人の特徴

エンジニアに向いている人の特徴は、「学習意欲や、好奇心がある人」です。

IT業界は、日々進化し続けており、新しいサービスを提供するには、新し技術を学び続ける必要があります。

そのため、学習意欲が高い人や、好奇心旺盛な人は、エンジニアに向いているといえるでしょう。

どのようなサービスがお客さんに求められているかを考え、新しいサービスを作り出すことがエンジニアには求められます。

「就活の教科書」編集部 原田

開発職に向いている人の特徴

開発職に向いている人の特徴は、「専門性の高さと、社会貢献への興味がある人」です。

開発職は、お客さんや社会のニーズを考え、社会から求められる商品を作る必要があります。

単純に自分の興味で何かするのではなく、お客さんから必要とされるものを汲み取り、それをサービスや商品として、提供する必要があるます。

そのため、開発職には、専門性の高さと、社会貢献への興味が必要とされます。

開発職は、自分が出したアイデアが商品に直結する可能性があり、とても面白そうな職ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

マネジメント職に向いている人の特徴

マネジメント職に向いている人の特徴は、「分析力、計画性、コミュニケーション能力がある人」です。

マネジメントとは、人だけでなく、モノやお金の管理をすることを指します。

そのため、現状を把握する分析力定められら期間に何をするのかという計画性人を動かすためのコミュニケーション能力が必要とされます。

マネジメント能力は、努力で身につけることが出来るため、研修を受けたり、資格を取ることもおすすめです。

人や、モノ・お金をマネジメントパートナーすることは、簡単ではありませんが、憧れますね。

「就活の教科書」編集部 原田

Webデザイナーに向いている人の特徴

Webデザイナーに向いている人の特徴は、「好奇心旺盛で流行に敏感な人」です。

Webデザイナー業界でも、常に新しい技術やデザインが生まれます

流行の最先端を走ることで、仕事の幅が増えます。

そのため、好奇心が旺盛で、新し技術や流行に敏感な人が、WEBデザイナーに向いているといえるしょう。

下記に、WEBデザイナーの志望動機の書き方を解説しているので、気になった人は、是非参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

プログラマーに向いている人の特徴

プログラマーに向いている人の特徴は、「集中力・論理的思考力がある人」です。

プログラマーは、プログラミング言語をコードすることが主な仕事です。

コードするには、時間がかかり集中力が欠かせません。

また、ミスが起きたときに、それを発見・修正するための論理的思考力が求められます。

そのため、プログラマーには、集中力と論理的思考力が求められます。

最近では、ノーコードという言葉も流行っています。

プログラマーにしかできない価値を生み出すことも、今後は重要になりそうですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

IT業界に向いていない人の特徴5選

就活生ちゃん

IT業界に向いている人の特徴は分かりました。

逆に、向いていない人の特徴を教えてください。

分かりました。

それでは、IT業界に向いていない人の特徴を紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

IT業界に向いていない人の特徴5選
  • 特徴①:IT業界に興味がない
  • 特徴②:パソコンが苦手である
  • 特徴③:人とコミュニケーションをとるのが苦手
  • 特徴④:受け身姿勢である
  • 特徴⑤:頑固な人

 

特徴①:IT業界に興味がない

IT業界に向いていない人の特徴1つ目は、「IT業界に興味がない」です。

言わずもがな、IT業界に興味がない人は、IT業界に向いていません。

興味がないもの後に対して、本気で向き合える人はほとんどいません

そのため、IT業界に興味がない人は、向いているとは言えないでしょう。

 

特徴②:パソコンが苦手である

IT業界に向いていない人の特徴2つ目は、「パソコンが苦手である」です。

IT業界で働くには、パソコンが必須です。

営業などがメインであっても、資料を作ったり、プレゼンをしたりする際にパソコンが必要になってきます。

そのため、パソコン作業が苦手である人は、IT業界に向いているとは言えないでしょう。

 

特徴③:人とコミュニケーションをとるのが苦手

IT業界に向いていない人の特徴3つ目は、「人とコミュニケーションをとるのが苦手」です。

先述したように、IT業界で働く際は、1人でもくもくと仕事をするよりも、チームで動くことが多いです。

そのため、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人は、IT業界に向いているとは言えないでしょう。

一人で、作業や仕事がしたい人は、フリーランスとしてい活躍するのも良いでしょう。

 

特徴④:受け身姿勢である

IT業界に向いていない人の特徴4つ目は、「受け身姿勢である」です。

IT業界では、様々ところで決定権が求められます

受け身姿勢である場合、自らの意思で決定することが出来ず、他の人への仕事に影響が出てしまいます。

そのため、受け身姿勢である人は、IT業界に向いているとは言えないでしょう。

 

特徴⑤:頑固な人

IT業界に向いていない人の特徴5つ目は、「頑固な人」です。

IT業界では、顧客に合わせたサービスを提供しています。

そのため、頑固な人は、顧客のニーズに対して、柔軟に対応することが出来ません。

ゆえに、頑固な人はIT業界に向いているとは言えないでしょう。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

IT業界に向いている人がすべきこと3選

就活生ちゃん

IT業界に私は向いているなと思いました。

IT業界の選考を受けたいと思いますが、すべきことはありますか?

IT業界に向いていると思ったのですね。

それでは、IT業界に向いている人とがやるべきことについて3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

IT業界に向いてい人がすべきこと3選
  • すべきこと①:プログラミングを学習する
  • すべきこと②:IT系の資格お取得する
  • すべきこと③:IT系のインターンシップ・アルバイトで実経験を積んでみる

 

すべきこと①:プログラミングを学習する

IT業界に向いてい人がすべきこと1つ目は、「プログラミングを学習する」です。

IT業界は、市場拡大と共に、人手不足が予想されます。

そのため、プログラミングができる人材はかなり重宝されます。

そのため、IT業界に向いている人、今後選考を考えている人は、プログラミングを学習すると良いでしょう。

プログラミングを利用し、ゲーム開発やアプリ作成までできると、さらに企業へアピールできるでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

すべきこと②:IT系の資格を取得する

IT業界に向いてい人がすべきこと2つ目は、「IT系の資格お取得する」です。

IT系の資格は、様々あります。

例えば、ITパスポートや、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)などがあります。

IT業界に向いている人、今後選考を考えている人は、就活で活かせそうな資格を取ると良いでしょう。

資格は、たくさん取ればよいというわけではないため、自分に合ったもの・必要なものを選ぶようにしましょう。

資格について触れた記事があるので、こちらも参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

すべきこと③:IT系のインターンシップ・アルバイトで実経験を積んでみる

IT業界に向いてい人がすべきこと3つ目は、「IT系のインターンシップ・アルバイトで実経験を積んでみる」です。

実際に、インターンシップ・アルバイトで実経験を積むことは、IT業界への理解が深まり非常におすすめです。

また、就職活動においても、この経験を話すことが出来るため、プラスになります。

そのため、IT業界に向いている人・興味がある人は、IT系のインターナショナル・アルバイトで実経験を積んでみると良いでしょう。

「就活の教科書」では、webライター・動画編集などのインターンを経験出来ますよ!!!

「就活の教科書」編集部 原田

「就活の教科書」では、大学生の有給インターンシップを募集中です。

Webライターや動画編集などの職種があり、マーケティング就活の勉強が同時にできますよ。

「就活の教科書」の有給インターンを見てみる

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

IT業界に向いている人に関するよくある質問

最後に、IT業界に向いている人に関するよくある質問をまとめました。

「就活の教科書」編集部 原田

IT業界に関するよくある質問
  • 質問①:文系でもIT業界に就職できるの?
  • 質問②:向いている仕事がわからない人はどうすればいい?
  • 質問③:IT業界はブラック企業が多いの?

 

質問①:文系でもIT業界に就職できるの

IT業界に関するよくある質問1つ目は、「文系でもIT業界に就職できるの?」です。

結論から言うと、文系でもIT業界に就職できます

詳しくは、以下の記事でまとめてあるので、そちらを参考にしてみてください。

質問②:向いている仕事がわからない人はどうすればいい?

IT業界に関するよくある質問2つ目は、「向いている仕事がわからない人はどうすればいい?」です。

就活生の多くが、この悩みを持っているのではないでしょうか?

以下の記事では、向いている仕事が分からない人のための探し方が書かれているので、参考にしてみてください。

質問③:IT業界はブラック企業が多いの?

IT業界に関するよくある質問3つ目は、「IT業界はブラック企業が多いの?」です。

この質問に関して、どちらともいえません。

IT業界は、多重下請け構造となっているため、企業によっては、労働に見合った対価をもらうことができない可能性もあります。

やりがい搾取の会社や、初任給が異常に高い、固定残業代が含まれているなど場合は、ブラック企業の可能性があるため、注意しましょう。

ブラック企業に絶対に行きたくない人は、IT業界のホワイト企業をまとめた記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:向いている人はIT業界についてもう少し調べてみよう

IT業界に向いている人・向いていない人の特徴についてまとめた本記事は、いかがだったでしょうか?

また、IT業界の職業別の向いている人の特徴も紹介しました。

最後に、IT業界に向いている人に関するよくある質問についてもまとめました。

IT業界に興味がある人や、悩んでいる人の参考になれば、幸いです。

それでは、この記事のまとめです。

この記事のまとめ

◆【業界研究】そもそもIT業界とは?

  • IT業界の労働条件(平均年収・残業時間)
  • IT業界のトレンドワードは?
  • IT業界についている人の声(Twitter/2ch)

◆IT業界に向いている人の特徴9選

  • 特徴①:IT業界に興味がある
  • 特徴②:論理的思考力がある
  • 特徴③:コミュニケーション能力がある
  • 特徴④:柔軟な対応ができる
  • 特徴⑤:好奇心旺盛である
  • 特徴⑥:新しいことにチャレンジしたい人
  • 特徴⑦:自分で考え行動できる人
  • 特徴⑧:効率を重要視できる人
  • 特徴⑨:根気がある人

◆IT業界に向いていない人の特徴5選

  • 特徴①:IT業界に興味がない
  • 特徴②:パソコンが苦手である
  • 特徴③:人とコミュニケーションをとるのが苦手
  • 特徴④:受け身姿勢である
  • 特徴⑤:頑固な人

◆【職業研究】IT業界の職業別向いている人の特徴

  • エンジニアに向いている人の特徴
  • 開発職に向いている人の特徴
  • マネジメント職に向いている人の特徴
  • Webデザイナーに向いている人の特徴
  • プログラマーに向いている人の特徴

◆IT業界に向いている人がすべきこと3選

  • すべきこと①:プログラミングを学習する
  • すべきこと②:IT系の資格を取得する
  • すべきこと③:IT系のインターンシップ・アルバイトで実経験を積んでみる

◆IT業界に向いている人に関するよくある質問

  • 質問①:文系でもIT業界に就職できるの?
  • 質問②:向いている仕事がわからない人はどうすればいい?
  • 質問③:IT業界はブラック企業が多いの?

◆まとめ:向いている人はIT業界についてもう少し調べてみよう

「就活の教科書」では、高校生・大学生・就活生をターゲットに就活で役立つ様々な情報を発信しています。

ぜひ、他の記事も見てみてください。

「就活の教科書」編集部 原田