【人を助けたい!】人をサポートする仕事29選 | 女性向け,向いている人,デメリットも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 人をサポートする仕事の種類は、
    生活をサポート ②成長/頑張りをサポート ③精神をサポート
  • 人をサポートする仕事は、「ホワイトハッカー」「キャリアアドバイザー」など一覧はこちら
  • 人をサポートする仕事に向いている人の特徴は、
    ①利他的に行動できる人 ②人の世話が好き ③縁の下の力持ちになることに喜びを感じる
  • 人をサポートする仕事のデメリットは、①
    生活が不規則になりやすい ②仕事がハードなことが多い
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の京香です。

今回は人をサポートする仕事について紹介していきます

就活生の皆さんは、「人をサポートする仕事には一体どのようなものがあるの?」「人をサポートする仕事に向いている人の特徴は?」など様々な疑問があるのではないでしょうか?

就活アドバイザー 京香

就活生くん

僕は学生時代はボランティア活動をしていて、「誰かの役に立っていること」に喜びを感じています。

そのため、人をサポートすることができる仕事につきたいと考えています。

人を助けることができる仕事にはどんな仕事があるんですか?

就活生ちゃん

私はよく、面倒見が良いねと友達に褒められます。

人のサポートをする仕事の中でも、私の強みが活かせる仕事を教えて欲しいです。

確かに、「人をサポートする仕事ってどんなのがあるの?」「人をサポートする仕事に活かせる強みは?」など気になりますよね!

ぶっちゃけ結論を伝えると「自分が活き活きと働ける仕事を教えて欲しい!」という方はLINE適職診断を使うのがおすすめです。

12問の質問で簡単にあなたの強みを活かせる仕事が分かりますよ。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

この記事では、人をサポートする仕事について紹介していきます。

3種類の人をサポートする仕事や、女性向けの人をサポートする仕事を紹介します。

合わせて、人をサポートする仕事に向いている人の特徴や、メリット/デメリット人をサポートする仕事に関するよくある質問についても解説していきます。

人をサポートする仕事って何があるのかな…」「人をサポートする仕事に向いている人は?」など疑問に思っている就活生の皆さんはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人をサポートする仕事とは

人をサポートする仕事とは

就活生くん

僕は、人をサポートする仕事に興味があります。

そもそも、人をサポートする仕事ってどのようなものを指すのか教えてください!

分かりました!

では以下で人をサポートする仕事について詳しく解説していきますね。

就活アドバイザー 京香

結論:ほとんどの仕事が人をサポートしている

結論として、世の中のほとんどの仕事は人をサポートしていると言えます。

「人をサポートしている」というと医師や看護師など直接人の命を救うなど目に見えるサポートを行っている仕事であると思われがちです。

しかしながら、私たちの身近にある職業、例えば販売員などは商品を通して人の生活をサポートしていると言えます。

また、アイドルや芸能人なども応援してくれるファンの方たちを笑顔にすることで人々の幸せをサポートしていますね。

以上の事から、ほとんどの仕事は何らかの形で人をサポートしている事が言えます。

人をサポートする仕事は主に3つに分類できる

人をサポートする仕事の中でも、大きく分けて以下の三つの特徴があります。

人をサポートする仕事の特徴

①:人の生活サポートする仕事

②:人の成長/頑張りをサポートする仕事

③:人の精神をサポートする仕事

それぞれの特徴について詳しく解説していきますね。

就活アドバイザー 京香

人の生活サポートする仕事

人をサポートする仕事の特徴1つ目は、人の生活をサポートする仕事です。

私たちの生活は、事故や人間関係のトラブル、災害など様々なトラブルがあります。

上記のような、回避する事が難しいトラブル対処し生活を守ろうとするような仕事が「人の生活をサポートする仕事」に分類できます。

代表的な仕事は、医師や看護師、警察官などが挙げられます。

就活アドバイザー 京香

人の成長/頑張りをサポートする仕事

人をサポートする仕事の特徴2つ目は、人の成長/頑張りをサポートする仕事です。

これは、保育士、塾講師など子供たちに寄り添い成長を見届けていく仕事や、キャリアアドバイザーやインストラクターなど頑張っている人を裏方からサポートしていく仕事を指します。

最近では、専門的なスキルを学ぶオンラインスクールなども一般的になっており、人の成長や頑張りに直接コミットできる仕事の選択肢が増えてきています。

就活アドバイザー 京香

人の精神をサポートする仕事

人をサポートする仕事の特徴3つ目は、人の精神をサポートする仕事です。

これは、相談者の悩みを聞き、適切なアドバイスを行ったりすることで人を精神的な面でサポートしていく仕事を指します。

近年では、SNSなどの発達により他者と比べてしまい病んでしまう、また誰にも相談できずに抱え込んでしまったりと精神的に辛い状況に陥る方が多くみられます。

そのため、人の精神をサポートするカウンセラーや電話相談員など需要の高まっている職種でもあります。

心理学やカウンセリングなど、専門的な資格が生かされる職種でもありますね。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【生活を支える】人をサポートする仕事13選

人の生活をサポートする仕事

就活生ちゃん

人をサポートする仕事の中でも、様々なジャンルに分けられるんですね!

次に、人をサポートする仕事の中には実際どのような職種があるのか詳しく教えて欲しいです。

わかりました!

では、人をサポートする仕事をそれぞれタイプ別に紹介していきますね。

まずは、生活の面で人を支える仕事について以下で紹介していきます。

就活アドバイザー 京香

【生活を支える】人をサポートする仕事17選
  • 仕事①:医師・看護師
  • 仕事②:薬剤師
  • 仕事③:弁護士
  • 仕事④:介護士
  • 仕事⑤:警察官
  • 仕事⑥:消防士
  • 仕事⑦:自衛隊
  • 仕事⑧:愚痴聞き屋
  • 仕事⑨:MPO・NGO職員
  • 仕事⑩:ホワイトハッカー
  • 仕事⑪:手話通訳者
  • 仕事⑫:理学療法士
  • 仕事⑬:キャビンアテンダント(CA)
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:医師・看護師

人の生活を支える仕事1つ目は、医師・看護師です。

医師の仕事は、診察を通して患者の状態を確認し、治療することを仕事としています

患者さん1人1人にあった適切な治療を施すことが求められます。

直接患者さんを助ける仕事になるので、人の生活をサポートする仕事であると言えるでしょう。

次に、看護師は、病院にきた患者のケアや医師のサポートをおこなう仕事です。

看護師は、医者が普段関わることの少ない病室での様子など、「日常生活において変わったことはないか」を観察する力が求められます。

医者・看護師ともに人の体の健康をサポートする、また生活を支える重要な仕事です。

人から感謝されることも多い仕事なので、非常にやりがいの大きな仕事であると言えますね。

就活アドバイザー 京香

仕事②:薬剤師

人の生活を支える仕事2つ目は、薬剤師です。

薬剤師の仕事は、処方箋に基づいて薬を調剤し、患者さんにお渡しする仕事です。

さらに身近な薬の専門家として、どのような薬が症状にあっているのか等健康相談に応じることもあるので、人の健康面でのサポートを行う仕事です。

薬剤師になるためには、六年間大学に通い国家試験にも合格しなければならないため難易度が高いです。

しかしながら、病院や薬局、ドラッグストアだけでなくコンビニやECサイトなどでも活躍できる場が増えてきています。

そのため、薬剤師と言っても様々な働き方があります。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:弁護士

人の生活を支える仕事3つ目は、弁護士です。

弁護士は、法律の専門家としてトラブルなどを解決することで、人の生活をサポートができる社会貢献度の高い仕事です。

弁護士になるためには、弁護士の資格を取得しなければなりません。

しかし、弁護士資格は3大国家資格と言われており難易度も高く簡単に取得できるわけではありません。

ただし、誰でもできる仕事ではないからこそ、年収が高い傾向にあります。

また、「この職業の他に自分が向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事④:介護士

人の生活を支える仕事4つ目は、介護士です。

介護士の仕事は、老人ホームやデイサービスなどで介護に関わる仕事全般を行います。

高齢者の方の生活をサポートする大切な仕事です。

また、高齢化社会が目立つ日本において介護士の仕事は非常に需要が高いです。

働く場所は、施設・個人宅・医療機関などがあり、選択肢が多い点が特徴として挙げられます。

福祉の仕事は社会性のイメージを持たれており、やりがいや社会的評価も上がってきているんですよ。

就活アドバイザー 京香

仕事⑤:警察官

人の生活を支える仕事5つ目は、警察官です。

警察官の仕事は、人々の生活を守り、安全な社会を維持することです。

警察官は、日本全体の治安と安全をサポートする重要な仕事になっており、男女問わず憧れの仕事ととして捉えられることが多いようです。

また、公務員であることから給料も安定しており、社会人からでも目指すことのできる職業の1つです。

仕事⑥:消防士

人の生活を支える仕事6つ目は、消防士です。

消防士の仕事は主に消火活動、救急活動、救助活動の3つから成ります。

火災現場での消化活動や、被災地での救助活動など危険を伴う状況のなか、人の命を助けるために活動する仕事です。

消防士になるためには、学校を卒業する年に各自治体の採用試験を受験する必要があります。

採用試験には体力検査があり、就職後も体力が大切な仕事なので、学生時代にはスポーツ系のクラブ活動などで体作りをしておくといいでしょう。

仕事⑦:自衛隊

人の生活を支える仕事7つ目は、自衛官です。

自衛官は、主に日本全体を領土・領海・領空の視点から守ることや災害時の捜索・救助対応を行なっています。

日本という国を最前線で守り、人の生活面での安全をサポートする仕事であると言えますね。

自衛隊は、運動能力が求められる仕事です。そのため、運動能力を生かした人の生活をサポートする仕事に就きたい人にはおすすめです。

また、女性自衛官の割合はわずか7.6%しかいないそうです。その中でも活躍している女性は非常に魅力的に映りますね。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:愚痴聞き屋

人の生活を支える仕事8目は、愚痴聞き屋です。

愚痴聞き屋の仕事は、その名の通り相手の愚痴を聞いてストレスの発散をサポートする仕事です。

あまり聞いたことのない珍しい職業として挙げられますね。

フリーランスや副業での活動が多く、時間に余裕がある主婦の方などにおすすめです。

愚痴を聞くことや相談を受けアドバイスをすることが得意な人に向いている仕事です。

副業としてもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

仕事⑨:国際協力NGO職員

人の生活を支える仕事9つ目は、国際協力NGO職員です。

国際協力NGO職員の仕事内容は、国際協力に関わる仕事を行うことです。

営利を目的とせず、国際・地域規模で人の生活や権利、平和をサポートしていく仕事です。

主に海外での活動になるため、人をサポートする仕事の中でも海外を拠点して働きたい!という方におすすめです。

また、ボランティア経験を生かせる職業の1つでもあります。

NGO職員は、中途採用で採用される人が一般的であるようです。

新卒採用も行っているそうですが、ボランティア経験や社会問題意識などが問われます。

就活アドバイザー 京香

仕事⑩:ホワイトハッカー

人の生活を支える仕事10つ目は、ホワイトハッカーです。

ホワイトハッカーの仕事は、サイバー犯罪などに対応することです。

また、コンピュータやネットワークにトラブルが起こった際には、ハッキングを用いて原因や問題を解決します。

国家を陰ながら支える、間接的に人をサポートする仕事であると言えるでしょう。

仕事⑪:手話通訳者

人の生活を支える仕事11つ目は、手話通訳者です。

手話通訳者の仕事は、手話を使用し、聴覚障害者と健常者の間の通訳を行いコミュニケーションをサポートする仕事です。

聴覚に障がいのある人が生活をしていく上で欠かせない存在であり大切な仕事です。

手話通訳者になるためには、厚生労働省認定の手話通訳技能認定試験に合格する必要があります。

仕事⑫:理学療法士

人の生活を支える仕事12つ目は、理学療法士です。

理学療法士の仕事は、病気や事故などにより、体のある部位が動かせなくなった人や、体を動かすことが難しくなった高齢者などに対してリハビリを行い、回復のサポートをすることです。

病気や事故などで痛めた体を動かすことに対して恐怖心がある患者さんにも日常生活が送れるようにサポートします。

そのため、コミュニケーション力や観察力が求められる仕事になっています。

理学療法士になるには、厚生労働省が実施する理学療法士国家試験に合格することが必須であり養成校で3年以上学び、必要な知識と技術を身につけることが必要です。

令和3年2月21日に実施された第56回理学療法士国家試験の合格率は、全体で79.0%、新卒者のみでは86.4%だったようです。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑬:キャビンアテンダント(CA)

人の生活を支える仕事13つ目は、キャビンアテンダント(CA)です。

CAは、飛行機に搭乗するお客様に対しての機内サービス業務を主に行う仕事です。

搭乗客に対し、快適な空の旅をサポートする「人をサポートする仕事」となっています。

人から直接お礼を言われる機会も多いため、非常にやりがいのある仕事でもあります。

また、様々な国籍のお客様を相手にするため、英語や中国語が求められます。

そのため、人をサポートする仕事の中でも語学力を生かしたい方におすすめです。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【成長/頑張りを手助け】人をサポートする仕事9選

成長をサポートする仕事

では次に、成長や頑張りの面で人をサポートする仕事について紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

【成長/頑張りを手助け】人をサポートする仕事
  • 仕事①:教師
  • 仕事②:塾講師
  • 仕事③:保育士
  • 仕事④:インストラクター
  • 仕事⑤:キャリアアドバイザー
  • 仕事⑥:コンサルタント
  • 仕事⑦:営業
  • 仕事⑧:職業訓練指導員
  • 仕事⑨:家事代行
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:教師

人の成長/頑張りをサポートする仕事の1つ目は、教師です。

教師は、学校の教員として生徒に対し授業を行う人のことを指します。

教師の仕事には、子供の安全や成長を見守ることも含まれるため人の成長をサポートする仕事に分類することができます。

教師という存在は、子供が成長していく上での指針・目標となり得ます。そのため非常にやりがいの大きな仕事であると言えるでしょう。

仕事②:塾講師

人の成長/頑張りをサポートする仕事の2つ目は、塾講師です。

塾講師は、塾で生徒の学習指導を行う仕事です。

目標とする高校や大学行きたい生徒に対しサポートを行い、生徒の頑張りや成長を間近で見届けられる特徴があります。

また、成績が伸び悩む学生に対し精神的なサポートも行うこともあり、人を様々な面からサポートしていきたい方におすすめの職業です。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:保育士

人の成長/頑張りをサポートする仕事の3つ目は、保育士です。

保育士は、乳幼児を預かり、面倒をみることが仕事の中心となっています。

保育士は、業務量の多さや子供を預かる責任感が伴う難しい仕事です。

しかしながら、それと同時に子供の成長をサポートできやりがいの大きい仕事であると女性から高い人気を得ている職業です。

保育士は、人手不足が謳われている業界です。

そのため、平均年収は、382万円となっていますが今後は政府による給料引き上げが期待できる職業です。

仕事④:インストラクター

人の成長/頑張りをサポートする仕事の4つ目は、インストラクターです。

フィットネスジムやスポーツインストラクターの主な仕事は、利用者にあったトレーニング計画の作成や実行を行います。

体を絞ろうと頑張る人や、人の健康をサポートできる仕事となっています。

また、インストラクターは、利用者と一緒に体を動かしていく仕事なので、体を動かしながら人のサポートをしたい!という方におすすめです。

最近では、女性専用ジムも増えてきており女性インストラクターの需要も高まってきているんですよ。

就活アドバイザー 京香

仕事⑤:キャリアアドバイザー

人の成長/頑張りをサポートする仕事の5つ目は、キャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーは、就職や転職したいと考える人に対しサポート、アドバイスをする仕事です。

転職エージェントに在籍し、そこに登録した求職者に対して求人の紹介・一貫したサポートを行います。

求職者の頑張りを直接サポートでき、「ありがとう」とお礼を言われる機会も多い仕事です。

仕事⑥:コンサルタント

人の成長/頑張りをサポートする仕事の6つ目は、コンサルタントです。

コンサルタントの仕事は、課題を抱えている企業や機関に対し、解決に向けた全般的なサポートを行うことです。

コンサルタントは、企業の成長をサポートする仕事なので、人をサポートする仕事として分類できます。

また、平均年収は1030万円と非常に高くなっており例年就活生から非常に人気の高い業界です。

コンサルタントは、東京大学や慶應義塾大学、早稲田大学など難関大学からの志望者が多いです。

そのため、「学力に自信がない…」という就活生の皆さんはコンサルタントに求められるスキルを磨いておくようにしましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事⑦:営業

人の成長/頑張りをサポートする仕事の7つ目は、営業です。

営業は、自社のサービスや商品を売り込み、企業の課題を解決に役立ててもらう仕事です。

営業職には、相手が何を求めているのか、どのようなサービス・商品が欲しいのかを瞬時に理解し提案する力が求められます。

また、利他的動機に基づく商品を提供していく必要があります。

そのため、人をサポートする仕事の中でも物事の意図を汲み取ることや、相手の気持ちを察することが得意である洞察力のある人にぴったりな仕事であると言えます。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:職業訓練指導員

人の成長/頑張りをサポートする仕事の8つ目は、職業訓練指導員です。

職業訓練指導員の仕事は、公共職業訓練施設などにおいて、求職中の人が就職できるようにアドバイスや指導を行うことです。

指導相手は、求職者は学卒者など様々です。

求職者の頑張りをサポートする代表的な職業であると言えます。

職業訓練指導員の平均収入は約500万円ほどと非常に安定していることが特徴として挙げられます。

職業訓練指導員になるためには、職業訓練指導員免許の取得が必須です。

気になった方は、調べてみると良いでしょう。

就活アドバイザー 京香

仕事⑨:家事代行

人の成長/頑張りをサポートする仕事の9つ目は、家事代行です。

家事代行は、契約している個人宅に訪問して家事全般を行うことが主な仕事内容です。

家事代行の仕事は、家事経験が生かされる仕事です。

そのため、時間に余裕がある主婦の方や家事が得意な方におすすめの職業です。

家事代行は、アルバイトでの募集も行われており、隙間時間などに働く主婦の方も多くいます。

就活アドバイザー 京香

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【精神をケア】人をサポートする仕事4選

メンタルをサポートする仕事

では次に、精神の面で人をサポートする仕事について解説していきます。

就活アドバイザー 京香

仕事①:産業カウンセラー

人の精神をサポートする仕事の1つ目は、産業カウンセラーです。

産業カウンセラーは、職場でカウンセリングをおこなうカウンセラーのことを指します。

働いていく上で、職場での人間関係や仕事へのプレッシャー、成果主義によるストレスなど避けることができません。

そこで、メンタル面からのサポートを行い従業員の心の安全を守ります。

産業カウンセラーの仕事は、資格なしで働くことができます。

しかしながら、産業カウンセラーの資格などを取得しておくと、専門性が増し仕事に対する信頼度が高まるでしょう。

就活アドバイザー 京香

仕事②:スクールカウンセラー

人の精神をサポートする仕事の2つ目は、スクールカウンセラーです。

スクールカウンセラーは、学校での勤務となり、生徒や教師の心のケアを行うことを主な業務としています。

生徒や教師に対する細やかな変化に気づくことが求められるので、人をサポートする仕事の中でも洞察力のある人におすすめの職業です。

また、時にはスクールカウンセラーとしてではなく、生徒の立場になって友達のような目線でアドバイスをすることや励ますことも求められます。

そのため、臨機応変に対応できる方にも向いています。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:電話相談員

人の精神をサポートする仕事の3つ目は、電話相談員です。

電話相談員は、悩みを抱えている人の相談を電話で対応し助言を行うことで人の精神面をサポートしていく仕事です。

相談内容は、多岐に渡り学校生活や進学、家庭の問題や漠然とした不安を抱えていることなど多種多様です。

そのため、相手に寄り添う姿勢や、どのような相談が来ても臨機応変に対応することが求められます。

無資格で働ける場合もありますが、社会福祉士や臨床心理士といった資格や実務経験があると重宝されるでしょう。

仕事④:占い師

人の精神をサポートする仕事の4つ目は、占い師です。

占い師は、相談者や依頼人の悩みに対して、占術を用いてアドバイスを行う珍しい仕事です。

占いを用い、相談者の悩みを解消していくので人を精神的にサポートする仕事に分類できます。

占い師になるための特別な資格はありませんが、アドバイスを的確に伝えられる力、また相手を納得させる説得力が求められます。

また、最近ではオンライン占いや電話占いなど在宅での勤務も増えてきています。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【女性向け】人をサポートする仕事3選

女性向けのサポートする仕事

では最後に、女性向けの人をサポートする仕事について紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

仕事①:事務職

女性向け人をサポートする仕事1つ目は、事務職です。

事務職は、書類の作成や処理、データ入力や電話応対などの事務作業全般を担います。

サポート業務がメインとなるためノルマも一切なく基本はルーティーンワークとなります。

そのため、残業が少なく土日休みな企業が多い事からワークライフバランスを大事にできる職業の一つであり女性からの人気も高いです。

なので、充実した私生活を送っている方が多く基本的にストレスフリーで働く事ができる点も魅力的ですね。

仕事②:助産師

女性向け人をサポートする仕事2つ目は、助産師です。

助産師は、お産の介助、出産後の新生児や乳児のケア・育児指導、妊産婦に対する精神的サポートなど仕事内容は多岐に渡ります。

助産師は、女性にしかなれない職業であり、女性であるからこその共感やサポートができる仕事です。

助産師になるには、看護師免許を取得してから助産師教育機関に進み、助産師国家試験に合格する必要があります。

看護免許を取得してから、さらに進学・資格取得が必要になるので非常に難易度の高い職業であることが分かります。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:総務

女性向け人をサポートする仕事3つ目は、総務です。

総務の役割は、会社運営裏方から支え、社員が気持ち良く働けるよう環境や福利厚生の整備を行うことです。

従業員が働きやすいような環境整備が主な仕事になるため、サポート業務に就きたい女性におすすめの職業です。

事務職と同様に、定時で帰れる事が大半なためワークライフバランスが取りやすい特徴があります。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【人をサポートする仕事】向いている人の特徴3選

サポートする仕事に向いている人

就活生ちゃん

人をサポートする仕事には、さまざまな種類があるんですね!

でも、サポートする仕事に向いている人ってどんな人なんですか?教えてください!

分かりました!

では、人をサポートする人に向いている人の特徴をお話していきますね!

就活アドバイザー 京香

人をサポートする仕事に向いている人3選

特徴①:利他的な行動を取ることが多い

特徴②:人のお世話をするのが好き

特徴③:縁の下の力持ちになることに喜びを感じる

特徴①:利他的な行動を取ることが多い

人をサポートする仕事に向いている人の特徴1つ目は、「利他的な行動を取る人が多い」です。

人をサポートする仕事は、相手のためを第一に考え仕事をしていく必要があります。

そのため、利他的行動を意識せずとも取れる人にはぴったりの仕事であると言えるでしょう。

特徴②:人のお世話をするのが好き

人をサポートする仕事に向いている人の特徴2つ目は、「人のお世話をするのが好き」です。

サポートする仕事には、人のお世話を伴う仕事がたくさんあります。

例えば、保育士などであれば子供のお世話をしながら成長をサポートします。

そのため、世話好きな人や自己を犠牲にしてでも他者の力になりたいという方には苦にならずに働く事ができるでしょう。

特徴③:縁の下の力持ちになることに喜びを感じる

人をサポートする仕事に向いている人の特徴3つ目は、「縁の下の力持ちになることに喜びを感じる」です。

人をサポートする仕事は、キャリアアドバイザーや産業カウンセラーなど裏方から相手のサポートを行うことが多いです。

そのため、縁の下の力持ち的存在になることに構わない/また喜びを感じる人はサポートする仕事に向いていると言えます。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人をサポートする仕事のメリット3選

サポートする仕事のメリット

就活生くん

僕はやはり、人をサポートする仕事に就きたいと考えています。

そこで、人をサポートする仕事のメリットデメリットについて教えて欲しいです!

分かりました。

では、まず人をサポートする仕事のメリットについて解説していきますね!

就活アドバイザー 京香

パソコンを使う仕事のメリット3選
  • メリット①:やりがいを感じやすい
  • メリット②:モチベーション高く働くことができる
  • メリット③:仕事がなくなる可能性は低い

メリット①:やりがいを感じやすい

人をサポートする仕事のメリット1つ目は、「やりがいを感じやすい」です。

人のためになる仕事をしているという実感は、そのままやりがいに直結しやすいです。

「自分は今人の役に立っている」という実感を働きながら得る事ができる点もメリットとして挙げられますね。

メリット②:モチベーション高く働くことができる

人をサポートする仕事のメリット2つ目は、「モチベーション高く働くことができる」です。

人をサポートする仕事は、直接お礼を言われる機会の多い仕事でもあります。

例えば、看護師や介護士などの仕事は患者さんからのありがとうを日常的にもらえる仕事です。

ありがとうと日常的に言われることは、働く上でのモチベーションに繋がり誇り高く仕事を続けていく事ができます。

メリット③:仕事がなくなる可能性は低い

人をサポートする仕事のメリット3つ目は、「仕事がなくなる可能性は低い」です。

人をサポートする仕事は、多くが相手がいて成り立つ・コミュニケーションを必要とする仕事です。

そのため、AIやロボットに代変えされる可能性は極めて低く、安定して長く働くことができるでしょう。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人をサポートする仕事のデメリット2選

人をサポートする仕事のデメリット

では次に、人をサポートする仕事のデメリットについて紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

パソコンを使う仕事のデメリット2選
  • デメリット①:生活が不規則になりやすい
  • デメリット②:ハードな仕事の場合が多い

デメリット①:生活が不規則になりやすい

人をサポートする仕事のデメリット1つ目は、「生活が不規則になりやすい」です。

人をサポートする仕事は、相手が必ず存在する仕事であり相手をコントロールすることは出来ません。

そのため、相手ファーストで動くことが求められ夜中に呼び出され出勤しないといけない仕事や、夜勤がある仕事などが多いです。

なので、生活が不規則になりやすい点がデメリットとして挙げられます。

デメリット②:ハードな仕事の場合が多い

人をサポートする仕事のデメリット2つ目は、「ハードな仕事の場合が多い」です。

人をサポートする仕事は、人に尽くす仕事でもあるためやりがいを感じる反面、精神的にハードに感じる場合が多いです。

相手ファーストで考え動くことは自己を犠牲にしてしまい兼ねないため、精神的に疲れたと感じる場合はすぐに休息をとることをお勧めします。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

自分に合った人をサポートする仕事を見つけるには

就活生ちゃん

人をサポートする仕事の中でも、どんな仕事が自分にあっているのか分かりません…。

そこで、自分に合った仕事の見つけ方を教えてください!

分かりました!

では以下で、人をサポートする仕事の見つけ方を紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

人をサポートする仕事の見つけ方

見つけ方①:自分のしたいを仕事にする

見つけ方②:自分の得意分野に基づいて仕事を探す

見つけ方③:専門的なスキルを身につける

見つけ方①:自分のしたいを仕事にする

自分に合った人をサポートする仕事を見つける方法1つ目には、「自分のしたいを仕事にする」です。

人をサポートする仕事には、先に話したように精神的にきつい仕事である場合が多いです。

そのため、自分のしたいことでない場合疲弊してしまう可能性があるため長続きしづらいです。

見つけ方②:自分の得意分野に基づいて仕事を探す

自分に合った人をサポートする仕事を見つける方法2つ目には、「自分の得意分野に基づいて仕事を探す」です。

自分の得意分野であれば、仕事に自信が生まれ生き生きと働く事ができます。

自分の得意を仕事にすれば、苦なく人のサポートに回る事ができるでしょう。

見つけ方③:専門的なスキルを身につける

自分に合った人をサポートする仕事を見つける方法3つ目には、「専門的なスキルを身につける」です。

人をサポートする仕事には、医者や看護師、心理カウンセラーなど専門的なスキルが必要な職業がたくさんあります。

何か特別なスキルを持っておくことで、人をサポートする仕事の中でも選択権が広がる、また高収入での転職が叶ったりとより自分に合った仕事を見つけることができます。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人をサポートする仕事によくある質問2選

就活生くん

人をサポートする仕事のメリット/デメリットが分かりました。

他に人をサポートする仕事について知っておいたほうが良いことがあれば教えて下さい。

分かりました。

それでは、人をサポートする仕事に関するよくある質問3選を紹介します!

就活アドバイザー 京香

人をサポートする仕事に関するよくある質問3選
  • 質問①:人をサポートする仕事に資格は必要?
  • 質問②:人をサポートする仕事で高収入な仕事に就くにはどうしたら良いの?

質問①:人をサポートする仕事に資格は必要?

人をサポートする仕事に関するよくある質問1つ目は、「人をサポートする仕事には資格は必要?」です。

結論として、必ず必要ではない職業も多いですが持っておいて損はないと言えます。

例えば、産業カウンセラーや電話相談員、ホワイトハッカーになるために資格は必要ありません。

しかしながら、それぞれに対応した資格を取得しておくことで信頼度が増したり、採用されやすくなる傾向にあります。

そのため、自分の興味のある仕事に必ず必要ではなくとも、取得するように心がけましょう。

質問②:人をサポートする仕事で高収入な仕事に就くにはどうしたら良いの?

人をサポートする仕事に関するよくある質問2つ目は、「人をサポートする仕事で高収入な仕事に就くにはどうしたら良いの?」です。

結論として、専門的な資格・スキルを持っておくことで高収入な仕事に就職できる確率が高まります。

医者や、看護師、弁護士、公務員などは、国家資格が必要な職業であり、給料が平均よりも高いです。

そのため、専門的な資格を持っておくことで高収入な仕事に就きやすい事が言えます。

また、国家資格などの資格がいらない職業でも、スキルを証明する資格を持っておくことで自分の条件にあった職に就ける可能性がグンと上がります。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:自分に合った人をサポートする仕事を見つけよう

この記事では、「人をサポートする仕事」について詳しく解説しました。

また、人をサポートする仕事一覧や人をサポートする仕事のメリット/デメリットについても紹介しました。

加えて、人をサポートする仕事に関するよくある質問についても紹介しました。

では以下で、この記事を簡単にまとめていきます。

この記事のまとめ

◆人をサポートする仕事とは

  • 結論:ほとんどの仕事が人をサポートしている
  • 人をサポートする仕事は主に3つに分類できる

◆【生活を支える】人をサポートする仕事15選

  • 仕事①:医師・看護師
  • 仕事②:薬剤師
  • 仕事③:弁護士
  • 仕事④:介護士
  • 仕事⑤:警察官
  • 仕事⑥:消防士
  • 仕事⑦:自衛隊
  • 仕事⑧:愚痴聞き屋
  • 仕事⑨:国際協力NGO職員
  • 仕事⑩:ホワイトハッカー
  • 仕事⑪:手話通訳者
  • 仕事⑫:理学療法士
  • 仕事⑬:キャビンアテンダント(CA)
  • 仕事⑭:CSR担当者

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆【成長/頑張りを手助け】人をサポートする仕事9選

  • 仕事①:教師
  • 仕事②:塾講師
  • 仕事③:保育士
  • 仕事④:インストラクター
  • 仕事⑤:キャリアアドバイザー
  • 仕事⑥:コンサルタント
  • 仕事⑦:営業
  • 仕事⑧:職業訓練指導員
  • 仕事⑨:家事代行

◆【精神をケア】人をサポートする仕事4選

  • 仕事①:産業カウンセラー
  • 仕事②:スクールカウンセラー
  • 仕事③:電話相談員
  • 仕事④:占い師

◆【女性向け】人をサポートする仕事3選

  • 仕事①:事務職
  • 仕事②:助産師
  • 仕事③:総務

◆【人をサポートする仕事】向いている人の特徴3選

  • 特徴①:利他的な行動を取ることが多い
  • 特徴②:人のお世話をするのが好き
  • 特徴③:縁の下の力持ちになることに喜びを感じる

◆人をサポートする仕事のメリット3選

  • メリット①:やりがいを感じやすい
  • メリット②:モチベーション高く働くことができる
  • メリット③:仕事がなくなる可能性は低い

◆人をサポートする仕事のデメリット2選

  • デメリット①:生活が不規則になりやすい
  • デメリット②:ハードな仕事の場合が多い

◆自分に合った人をサポートする仕事を見つけるには

  • 見つけ方①:自分のしたいを仕事にする
  • 見つけ方②:自分の得意分野に基づいて仕事を探す
  • 見つけ方③:専門的なスキルを身につける

◆人をサポートする仕事によくある質問2選

  • 質問①:人をサポートする仕事に資格は必要?
  • 質問②:人をサポートする仕事で高収入な仕事に就くにはどうしたら良いの?

◆まとめ:自分に合った人をサポートする仕事を見つけよう