【内定者が教える】エントリーシート「自己PR」の書き方 | 例文,注意点も

【これで失敗しない】エントリーシートの自己PRをうまく書く方法 | 例文,書く時の注意点も

みなさんこんにちは!
「就活の教科書」編集部の橋口です。
就活生の皆さんは、エントリーシート(ES)で自己PRを書いたことがありますか?

「就活の教科書」編集部 橋口

就活生くん

エントリーシートで課される自己PRはすごく難しいです。
自己PRに何を書いたらいいのか全くわかりません。

就活生ちゃん

エントリーシートに書く自己PRを考えているのですが、自信がありません…
自己PRの書き方のコツや、内定者の例文があれば見たいです。

エントリーシートに自己PRを書くのって、難しいですよね。
僕も就活中は、エントリーシートで課される自己PRに苦しんでいました…。

「就活の教科書」編集部 橋口

そこでこの記事では、エントリーシート(ES)の自己PRをうまく書く方法を紹介します。

合わせて、そもそも企業が自己PRを聞く理由や、自己PRが書けない場合の対策方法も解説します。

この記事を読めば、「エントリーシートで自己PRがうまく書けない…」なんてことを避けられます。

「エントリーシートで自己PRをうまく書いて、選考を通過したい…」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

目次

そもそも自己PRを聞かれる理由

自己PR

そもそも、なぜ企業は就活生に自己PRを求めるのでしょうか。
具体的には、企業は次の2つの観点から、エントリーシートの自己PRを見ています。

「就活の教科書」編集部 橋口

そもそも自己PRを聞かれる理由
  • 自社が求める人材か確認するため
  • 強みを発揮できる人材か確認するため

自己PRでは、企業で活かせる強みを強調しましょう。

なぜなら、企業は自己PRを通して、就活生が自社の求める強みを持っているかを確認しているからです。

合わせて、企業は自己PRを通して、就活生が強みを自社で活かせるかを確認しています。

自己PRでは、企業という相手の存在を常に意識しましょう!
企業が求めるものを理解しておくだけで、うまく自己PRできるようになります。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

エントリーシート(ES)に書く自己PRの例文3つ

就活生ちゃん

早速ですが、実際の自己PRの例文を見たいです!

自己PRの書き方としてまずは、内定者がエントリーシートに書いた自己PRの例文を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 橋口

今回紹介する例文は以下の3つです。

内定者の自己PR例文
  • 協調性
  • 統率力
  • 向上心

それでは、自己PRの例文を一つずつ紹介していきますね。

 

例文①:協調性

まずは、協調性を書いた自己PRの例文を紹介します。

1
結論

私は、チームの意思疎通を円滑にする「潤滑油」のような存在です。メンバー全員のコミュニケーションを活発化させ、議論と笑顔が絶えないチームを作ります。

2
エピソード

この力は、タイでの海外インターンシップで現地学生3人・日本人学生3人の計6人で新規事業立ち上げを行った際に発揮されました。活動当初は、言語の問題もあり、メンバー間の意思疎通ができておらず、沈黙の時間ができていました。そこで私は、議論を始める前にチームワークを築く必要があると考え、片言の英語とジェスチャーを交えて、得意芸を披露しました。すると、現地学生も現地で流行している芸を披露したことで、笑顔が生まれました。また、グループ活動の方が楽しいと考え、独学で行っていた語学学習をチームで行うよう提案し、実際に現地学生から教わることで成長スピードを早めました。

3
結果と活かし方

この取組の結果、チームでの議論が活発化し、実際に新規事業を立ち上げることができました。貴社では、お客様や協力会社を含めたチームでの活動が多いと拝聴しました。私が関係各局の「潤滑油」としてコミュニケーションを図り、事業を成功に導きたいと考えています。

非常にスムーズな自己PRですね!

「就活の教科書」編集部 橋口

自己PRで協調性を上手に伝える方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

例文②:統率力

次に、統率力を書いた自己PRの例文を紹介します。

1
結論

私の強みは推進力です。

2
エピソード

リーダーを務めたディベート大会で発揮されました。活動当初、班員が集まらず全員で作業ができないという問題が生じました。しかし、私には「全員参加」というモットーがあるため、班員に原因を聞き、チーム全員で努力できる方法を考えました。そこでまず、作業効率を改善するためにチームで共有のクラウドを作成しました。その結果、毎日の進捗状況を全員が把握でき、かつ各々が隙間時間に作業できるようになりました。次に、モチベーションの向上を図るため、定期的に行われた練習試合後にメンバーを激励し、チームの士気を高めました。

3
結果と活かし方

この結果、チームの集合頻度が増加し、大会予選では32チーム中1位、本選では5位に入賞しました。このように私は、全員が目標に向かって努力できるチームを作ることができます。貴社では、営業という組織の旗振り役としてお客様の課題解決という目標に向けチームを推進します。

ちなみにこれは僕の自己PR例文です。
金融系を受けていたので、内容がかなり堅いですね(笑)

「就活の教科書」編集部 橋口

 

例文③:向上心

最後に、向上心を書いた自己PRの例文を紹介します。

1
結論

私は、毎日成長をモットーに生活しており、向上心の高さなら誰にも負けません。

2
エピソード

この経験は、初めてのアルバイトとして行った居酒屋でのアルバイトで発揮されました。私の働く居酒屋では、ホール・キッチンのすべて仕事を覚えるとバイトリーダーに昇格できます。私は、歴代で一番早くバイトリーダーに昇格することを目標に、毎日努力しました。具体的には、移動時間やアルバイトの無い日の隙間時間でもメニューを覚えました。また、アルバイトの先輩に料理の作り方を聞き、実際に家で実践しました。また、他の従業員に認めてもらうために、面倒な雑用をすべて引き受け、賄いも毎日作りました。

3
タイトル3

このように、毎日努力を続けた結果、歴代最速1年だった記録を3カ月に更新することができました。ちなみに今は、接客の質を向上させるため、毎日笑顔の練習を家で行っています。貴社では、自分と貴社の成長のために日々努力することで貢献したいと考えています。

向上心が伝わりやすい自己PRになっていますよね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

エントリーシート(ES)の自己PRを書くための4ステップ

エントリーシート 自己PR

エントリーシート(ES)の自己PRを書くためには、次の4つを意識してみてください。

「就活の教科書」編集部 橋口

エントリーシート(ES)の自己PRを書くための4ステップ
  1. 企業が求める人物像を知ろう
  2. 結論から書く
  3. エピソードは具体的に書く
  4. 自己PRポイントを入社後にどう活かせるか書く

この4つの順番を守るだけで、エントリーシート(ES)の通過率が上がります。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

ステップ①:企業が求める人物像を知ろう

エントリーシート(ES)の自己PRを書くためのステップ1つ目は、「企業が求める人物像を知ろう」です。

企業によって、求める能力・資質は異なります。

例えば、海外赴任などがある業界では、英語力の高さは自己PRポイントになります。

しかし、日本国内だけでビジネスを行うような業界であれば、英語力は大した自己PRにはなりません。

このように、企業の求める就活生の姿を適切に知ることで、通過率の高い自己PRになります。

 

企業が求める人物像を知っている場合

<海外ビジネスのある業界>

就活生くん

私は、英語が話せます!

海外赴任などが任せられるし、貴重な人材ですね!

人事さん

 

企業が求める人物像を知らない場合

<国内ビジネスのみの業界>

就活生くん

私は、英語が話せます!

うちの企業は国内ビジネスだから、英語はあまり必要ないんだよね…。

人事さん

 

就活生ちゃん

でも、企業はどんな人材を求めているかわかりません。
だから、エントリーシートの自己PRも書けないです…。

企業が求める人材や自己PRポイントを知りたければ、実際に働いている社員の方に会えばわかりますよ。
OB/OG訪問を活用して、志望企業の情報を集めましょう!
OB/OG訪問に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

ステップ②:結論から書く

エントリーシート(ES)の自己PRを書くためのステップ2つ目は、「結論から書く」です。

結論から書かれていない文章だと、読み手は「結局、アピールしたいことは何なの?」と困ってしまいます。

結論から書くことは自己PRにおいてだけでなく、ガクチカや志望動機、面接の質疑応答など、あらゆる場面で重要です。

自己PR文の最初に「私の強みは、~~です。」と結論から書くことを徹底しましょう。

強みが3つある場合などは、最初に「私の強みは3つあり、◯◯と◯◯と◯◯です。」と書き、論理的に書くことを心がけましょう。

ビジネスの場においての話し方の基本である、結論ファーストに従い「私の強みは、〇〇です。」から始めましょう。

就活期間中に、結論から書く&話す習慣をつけておきましょう!

「就活の教科書」編集部 橋口

 

ステップ③:エピソードは具体的に書く

エントリーシート(ES)の自己PRを書くためのステップ3つ目は、エピソードは具体的に書く」です。

自己PRが発揮された情景を鮮明にイメージできるように、具体的に書きましょう。

エントリーシート(ES)に書く自己PRの例文で、エピソードが具体的に書かれていないものと、具体的に書かれているものを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 橋口

自己PRのエピソードが具体的ではない例文

私の強みは、協調性が高い点です。
ゼミのグループワークでは、初対面のメンバーと1日で打ち解けることができました。

 

自己PRのエピソードが具体的な例文

私の強みは、協調性が高い点です。
私は、仲良くなるために「笑顔」「共感」の2つを特に意識しています。
実際に、ゼミで最初のグループワークでは、初対面のメンバー5人と「笑顔」で会話し、相手の意見を肯定しました。
その結果、班員から「意見が言いやすい環境を作ってくれてありがとう」と言ってもらえました。

 

論理的に話すことが苦手な就活生は、「結論→理由→具体例→結論」という流れで話すと論理的に話せるので、是非頭に入れておいてください。

このように、自己PRが発揮された場面を、数字・会話表現などを用いて具体的に説明することで、自己PRの説得力が高くなります。

「私の強みは◯◯です。理由は、~~です。具体的なエピソードとしては~~」
という流れで話せると、面接官にもわかりやすく、論理的な話の展開になるのでしっかり意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

もっと論理的に話せるようになりたい就活生は、下記の2冊の本を読むことをおすすめします。

就活中に僕も実際に読みましたし、今まで意識したことのなかった「論理的に考える・話すとは」ということについて知れる良本です。

就活中はもちろん、入社後にも役立つ内容ですので、読んでみてください。

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

ロジカル・プレゼンテーション――自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

 

ステップ④:自己PRポイントを入社後にどう活かせるか書く

エントリーシート(ES)の自己PRを書くためのステップ4つ目は、「自己PRポイントを入社後にどう活かせるか書く」です。

エントリーシートの自己PRで、強みの活かし方を書くことには、2つの効果があります。

  • 「自分が企業にとって必要な人材だ」ということを面接官に確認させる
  • 企業研究をしていることを面接官にアピールできる

面接官も人なので、「企業で活かせる」と聞けば、案外説得できます。

また、「○○部で~~のような仕事をする際に活かせる」と具体的に説明することで、企業知識の深さ=志望度の高さを面接官にアピールできます。

このように、自己PR文の最後に強みの活かし方を説明するだけで、ESの通過率が上がります。

これら4つの順番に沿ってエントリーシートの自己PRを書けば、ESの通過率は上がるでしょう。
ただ、ここまでは自己PRの基本です。

次に、エントリーシート(ES)での自己PRの書き方(応用編)を紹介します。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

エントリーシート(ES)の自己PRをうまく書く方法(応用編)

エントリーシート(ES)での自己PRの書き方の中でも、ワンランク上の応用的なポイントを解説します。
ありきたりな自己PRにならないよう、次の2点を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 橋口

エントリーシート(ES)の自己PRをうまく書く方法(応用編)
  • 自分らしさを表現しよう
  • キャッチコピーを考える
  • 具体性を意識して話す

 

応用①:自分らしさを表現する

エントリーシート(ES)の自己PRをうまく書く方法の1つ目は、自分らしさを表現する」です。

自分らしさを取り入れることで、他の就活生には書けないオリジナルの自己PRになります。

「自分らしさ」とは、行動の背景にある自分の特徴・思考のことです。

就活生の皆さんが持つ感情やこだわり、習慣など、自分らしさが表現された文章になるように工夫してみましょう。

自分らしさの無い文章の例文

私の強みは推進力だ。
いかなるグループワークでも、全員が努力できる環境を作ることができる。

 

自分らしさを含んだ文章の例文

私の強みは推進力だ。
私は、高校時代の経験からチームで活動する時はいつも「全員参加」をモットーに活動している。
人数の大小関係なく、メンバー全員と意見交換を行うことで、全員が努力できる環境と雰囲気を作ることができる。

このように、自分ならではの思考やこだわりを書くことで、自分らしさが表現された自己PR文となります。

この例は、実際に僕がエントリーシートや面接で使っていた自己PRです。
面接官によるフィードバックで、「『全員参加』がモットーという話から橋口君の人柄がわかった」と言われ、選考を通過できました。
ちなみに、感情表現やこだわりを書くことが、自分らしさを表現する時のコツです。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

応用②:キャッチコピーを考える

エントリーシート(ES)の自己PRをうまく書く方法の2つ目は、キャッチコピーを考える」です。

キャッチコピーを考えることで、採用担当者の興味をひけます。

採用担当者は、就活生の自己PRを毎日大量に読むため、同じような文章を読むだけでかなり疲れますし、面白くありません。

例えば、キャッチコピーには以下のような例文があります。

「就活の教科書」編集部 橋口

  • 裏から人を支える性格=「舞台裏が私の舞台」
  • 吸収力=「スポンジのような吸収力」
  • 傾聴力=「自分から聞く聖徳太子」
  • 熱く、粘り強い性格=「アツアツとろけるチーズ」
  • 計画力=「スケジュール帳が私の友達」

キャッチコピーのコツとしては、読み手に「どういうこと?」と考えさせ、その後の文章で「なるほど!」と思わせることです。
キャッチコピーは難しいですが、一度考えれば使いまわしができます!
自己PRを書く前に、一度考えてみてください!

では次に、自己PRに書くことがない場合の対処法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

応用③:具体性を意識して書く

エントリーシート(ES)の自己PRをうまく書く方法の3つ目は、具体性を意識して書くことです。

就活生ちゃん

短い文章で、自己PRでアピールすることなんてできるかな?
どうやったら、短い文章で効果的にアピールできるだろう。

こんな悩める就活生は、数字を用いて具体的に話しましょう。

エントリーシートでは、抽象的な表現は避けて、具体的な数字などを用いるべきです。

そうすれば、面接官にも自分が書いている内容やアピールしたいことが伝わりやすくなります。

面接で、自分のガクチカを面接官により理解してもらいやすくするには、比較も用いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

就活生ちゃん

「他の人の目標契約件数は5件でしたが、私は10件契約することを目標にかかげて達成しました。」

という風に書く、面接官にも目標設定が高いことや、努力の度量の大きさが伝わり効果的です。

 

「そもそも、自己PRできるエピソードが見つからない!」という就活生は、こちらの記事が役立ちます。

自己PRにつながるエピソードをの見つけ方を解説しています。

 

自己PRに書くことがない場合の対処法

就活生くん

僕は、エントリーシートの自己PRに書けることがありません…。

僕も、就活を始めたとき自己PRを全く書けませんでした。
そんな就活生に、僕がエントリーシートの自己PRを書けるようになった対処法を教えます!

「就活の教科書」編集部 橋口

自己PRに書くことがない場合の対処法
  • 自己PRの種類を知る
  • 他人と違うところを見つける

 

対処法①:自己PRの種類を知る

自己PRに書くことがない場合の対処法1つ目は、自己PRの種類を知る」です。

自己PRの種類を知ることで、自己PRが簡単に書けるようになります。

自己PRが書けない就活生は、自分の性格や特徴を強みと思っていないだけの可能性が高いです。

自己PRの種類を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 橋口

自己PRのテーマ一覧
  • 対課題力:課題に対する処理・対応能力

試行力、変革力、機動力、発想力、計画力、推進力、確動力、分析力

  • 対自分力:行動や思考のセルフコントロール能力

決断力、曖昧力、瞬発力、冒険力、忍耐力、規律力、持続力、慎重力

  • 対人力:人に対するコミュニケーション能力

主張力、否定力、説得力、統率力、傾聴力、受容力、支援力、協調力

このように、自己PRにはたくさんの種類があります。
自己PRがなかなか書けない就活生は、自分を客観的に捉えることから始めましょう!

「就活の教科書」編集部 橋口

 

対処法②:他人と違うところを見つける

自己PRに書くことがない場合の対処法2つ目は、他人と違うところを見つける」です。

就活生の皆さん一人ひとりが持つ、周りの就活生と違うところはすべて個性であり、強みです。

他人と違うところを見つける
  • ドラマとか映画を見ると、よく泣いてしまう。=共感力
  • 部屋が片付いてないと気が済まない。=整理整頓力、思考整理能力
  • 店長に交渉して、時給をあげてもらった。=交渉力、説得力

このように、普段の日常生活でのシーンやアルバイト中の行動などが自己PRになります。

また、日記は他人との違いを見つけるのにおすすめです。

朝起きてから夜寝るまでのすべての行動を、事細かに日記として書いてみてください。

その日記を何日か書けば、自分が毎日行っている行動や、他人と違う習慣が見えてきます。

自己PRは、まず自分の性格や特徴を肯定することから始まります。
また自己分析を行うことで、自分のことをさらに深く知ることができます。

「自己分析のやり方がわからない」「ツールを知りたい」という就活生は、以下の記事も参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 橋口

 

「自己PRができない理由を知りたい…」そんな就活生は、以下の記事も参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 橋口

 

エントリーシート(ES)で自己PRを書く時の注意点

ここまで、エントリーシート(ES)の自己PRの書き方や、例文を紹介してきました。
最後に、エントリーシートで自己PRを書くときに注意すべき3つの点を紹介します。

「就活の教科書」編集部 橋口

エントリーシート(ES)で自己PRを書く時の注意点
  • 「自己PR」と「長所」は違うことを意識する
  • エントリーシート(ES)内で矛盾を作らない
  • 「エピソードを複数準備する」

 

注意点①:「自己PR」と「長所」は違うことを意識する

エントリーシート(ES)で自己PRを書く時の注意点1つ目は「自己PRと長所は違うことを意識する」です。

長所は、自分と周りの一般的な性格・性能と比較して優れている点を指します。

一方で自己PRは、企業が求めている性格・スキルの中で、自分が最も持ち合せている点を指します。

図で表すとこのようなイメージです。

「就活の教科書」編集部 橋口

長所 自己PR 違い

 

このように、長所と自己PRでは、そもそも意味が違うため、質問によって回答が異なることに注意しましょう。

 

注意点②:エントリーシート(ES)内で矛盾を作らない

エントリーシート(ES)で自己PRを書くときの注意点2つ目は、エントリーシート(ES)内で矛盾を作らない」です。

基本的に、エントリーシートには複数の設問(ガクチカや志望動機など)が用意されています。

複数ある質問同士で矛盾が生じないよう、それぞれの回答には気を付けましょう。

エントリーシート内でよくある矛盾の例文を用意しました。

「就活の教科書」編集部 橋口

よくある矛盾例文

矛盾①:どこで働きたいのかわからない

  • 志望部署:営業部
  • 自己PR:強みであるアイデア力を新規事業企画部での事業立案などに活かしたい。

 

矛盾②:エピソードが矛盾

  • ガクチカ:ゼミのグループワークで、意見が対立した。
    そこで私は、お互いの意見の人と直接話すことで、意見をまとめた。
    この経験から、相手の意見を聞く傾聴の重要性を学んだ。
  • 自己PR:私の強みは、リーダーシップだ。
    ゼミのグループワークで、意見が対立した。
    しかし、締切間近だったため、私が1つの意見に絞ることでチームをまとめた。

 

矛盾③:自己PR文の結論とエピソードの矛盾

  • 結論:私の強みは、リーダーシップだ。
  • エピソード:ゼミのグループワークで意見が対立したが、締切間近だったため、私が1つの意見に絞ることでチームをまとめた。
    ⇒このエピソードは、タイムマネジメント能力を強調してしまっている。

このように、自己PRやガクチカとの間は矛盾が生じやすいです。
エントリーシート内で一貫したストーリーが作れているか、確認しておきましょう!

「就活の教科書」編集部 橋口

 

注意点③:エピソードを複数準備する

エントリーシート(ES)で自己PRを書くときの注意点3つ目は、エピソードを複数準備する」です。

採用担当者は、自己PRの根拠となるエピソードは複数あって当然だと考えています。

強みは、何度も発揮されているからこそ、強みと言えます。

面接では「自己PRが発揮された他の経験」も結構聞かれますので、準備しておいてください。

就活生ちゃん

自己PRの根拠となるエピソードは、何個ぐらい準備しておけば良いですか?

僕は自己PRのエピソードを3個準備していました!
一般的に、自己PRは3種類、エピソードはそれぞれに3つ用意しておくと良いと言われています。

ここまでの話を読んで、自己PRが苦手だなと感じる人は、自己PRの苦手を克服する方法が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

【内定者3人に聞いてみた】エントリーシート(ES)の自己PRはどう書く? コツ,注意点も

ここからは、「エントリーシートの自己PR」について内定者3人に質問したので、紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 橋口

就職活動の選考を進めるにあたり、エントリーシート(ES)を書く機会は多くあると思います。

そんなエントリーシートの自己PRについて「どうやって内容を選んだらいいの?」「書き方のコツって何?」などと疑問に思うことはありませんか?

そこで今回は、「就活の教科書」の内定者3人にアンケートを取り、エントリーシートの自己PRの内容、選んだ理由、コツ・注意点などを教えていただきました。

実際にエントリーシートを書いた先輩の声が聞けたので、ぜひ読んでみてください!

 

自己PRの内容と、それを選んだ理由は?

「就活の教科書」編集部 橋口

まず、エントリーシート(ES)の自己PRの内容、選んだ理由を教えて欲しいです。
「行動力」についての自己PRを書きましたね。
選んだ理由は、自己分析した結果、行動力が一番の強みだとわかったからです。

「就活の教科書」編集部 上原

「いじめられていた経験」についての自己PRを書きました。
これを選んだ理由は、いじめを受けた経験から自分の価値観が決まったからですね。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 橋口

いじめの経験を自己PRにするのはすごいです(汗)
自己PRでは、自分の今までの経験や強みをしっかり分析することが大切なのですね。

 

自己PRを書く時の「コツ」は?

「就活の教科書」編集部 橋口

エントリーシート(ES)の自己PRを書く時のコツってありますか?
PREP法(プレップ法)にしたがって書きましょう。
PREP法とは、論理的にわかりやすく伝えるための文章術です。

PREP法に従って自己PRを書けば、文章に自信がない人でも、とりあえず「何が言いたいかがわかる文章」が書けます。

「就活の教科書」編集部 上原

初めにアピールしたいことを端的にまとめることです。
例えば、「私は思いやりを持って行動できる人間です」と、まとめると書きやすいと思います。

「就活の教科書」編集部 菅野

この三点について順序良く書くことを意識しました。

①自分はどういう価値観を持った人間か
②その価値観はなぜ生じたか
③その価値観が志望企業の理念にどうマッチするか

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 橋口

自己PRを書く時には内容を良くするだけでなく、論理的に書くことも大切なのですね。
勉強になります。

 

自己PRを書く時の「注意点」は?

「就活の教科書」編集部 橋口

エントリーシート(ES)の自己PRを書く時の注意点って何かありますか?
エピソードを複数個用意することですね。
志望動機なども考えて、より目的に合う自己PRを選んで書くことが大切です。

「就活の教科書」編集部 上原

アピールする内容は1つに絞って書いた方がいいです。
あれもこれもアピールすると、「あれ、矛盾してない?」と思われる可能性があります。

「就活の教科書」編集部 菅野

結論ファーストを意識して書くべきですね。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 橋口

やはり、自分が伝えたいことを順序立てて書くことを意識するべきなのですね。
僕もエントリーシートの自己PRを書く時には意識しようと思います。

 

自己PRの「人事が見ているポイント」は?

「就活の教科書」編集部 橋口

最後の質問です。
ぶっちゃけ、エントリーシート(ES)の自己PRで人事の方が見ているポイントってどこだと思いますか?
「企業に入社してから能力を発揮できるのかどうか」を重点的に見られていると感じました。

「就活の教科書」編集部 上原

「入社してから仕事のパフォーマンスに繋がるものかどうか」を見られていると思います。

また、企業で働くに当たって「適性があるかどうか」もポイントだと思います。

「就活の教科書」編集部 菅野

「企業が求める人物かどうか」を一番見られていると感じました。

また、「どういう価値観を持つ人物か」についても人事の方が見ているポイントだと思います。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 橋口

自分が「企業が必要としている人材」であることを自己PRに書くことは大切ですね。
参考にして、自己PRを書こうと思います。
内定者の皆さん、今回はどうもありがとうございました!

 

内定者3人に「エントリーシートの自己PR」について詳しく聞いたところ、自己PRの書き方のコツや注意点などたくさん聞くことができました。

今回のエントリーシートの自己PRのアンケートからわかったことは以下の3点です。

自己PRのコツ・注意点のまとめ
  • 今までの経験や強みをしっかり分析すること
  • 論理的に書くこと
  • 企業が必要としている人材であることを書くこと
今回のインタビューを参考にして、エントリーシートの自己PRを上手に書いてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

自己紹介と自己PRの違いとは

次に、意外と知られていない自己紹介と自己PRの違いについて説明します。

自己PRと自己紹介の大きな違いは、話す目的に違いがある点です。

理解せずに面接で答えてしまうと、面接官には「人の話を聞いていない」とマイナスな印象を与えてしまうので気をつけてください。

それでは、自己紹介と自己PRそれぞれの特徴について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

自己紹介:面接官に自分のことを知ってもらう

自己紹介は、面接官に自分のことを知ってもらうためのものです。

面接官に「自己紹介をしてください」と言われた場合は、自分のことに関する事実や情報だけでOKです。

自己PRとは違って、自分のことをアピールをする必要はありません。

自分の「大学名」「大学で取り組んだこと」「ゼミ」など、事実を伝えるだけでOKです。

しかし、注意しなければいけないことは、自己紹介は面接の最初に行われることが多いので、第一印象が決まります。
面接ではボソボソと話したり、無表情にならないように注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

自己PR:面接官に自分のことをアピールする

自己PRでは、自分の強みを面接官にアピールしなければなりません。

自分の原体験を元に、どのような強みを持っているか、その強みが入社後にどのように役立つのかを面接官に伝えましょう。

自己紹介とは違い、自分のことを「商品」だと思って売り込む気持ちで話しましょう。

自己紹介と、自己PRを混同してしまっている就活生は意外と多いです。
「自己紹介をしてください。」と言われ、自己PRをしてしまうと、人の話を聞いていないという印象を与えてしまうので気を付けましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

自己紹介と自己PRの違いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

まとめ:エントリーシート(ES)に書く自己PRのエピソードは3つ用意しよう

今回の記事では、エントリーシート(ES)の自己PRをうまく書く方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、そもそも企業が自己PRを聞く理由や、自己PRが書けない場合の対策方法も解説しました。

この記事では、これらのことを解説しました。

「就活の教科書」編集部 橋口

エントリーシート(ES)の自己PRをうまく書く方法まとめ

エントリーシート(ES)の自己PRを書くための4ステップ

  • ステップ①:企業が求める人物像を知ろう
  • ステップ②:結論から書く
  • ステップ③:エピソードは具体的に書く
  • ステップ④:自己PRポイントを入社後にどう活かせるか書く

エントリーシート(ES)での自己PRの書き方(応用編)

  • 応用①:自分らしさを表現する
  • 応用②:キャッチコピーを考える
  • 応用③:具体性を意識して書く

自己PRに書くことがない場合の対処法

  • 対処法①:自己PRの種類を知る
  • 対処法②:他人と違うところを見つける

エントリーシート(ES)で自己PRを書く時の注意点

  • 注意点①:「自己PR」と「長所」は違うことを意識する
  • 注意点②:エントリーシート(ES)内で矛盾を作らない
  • 注意点③:エピソードを複数準備する

エントリーシートで自己PRをうまく書くのって、とても難しいですよね。
しかし自己PRは、自分の強みと企業知識の深さの両方をアピールできる、非常に貴重な質問です。
志望企業の選考を受ける前に、エントリーシートで自己PRをうまく書けるよう、入念に準備・対策を行いましょう。

「就活の教科書」編集部 橋口

 

就職活動の基本的なやり方とお役立ちサービス

就職活動を有利に進めるために、就活の基本的なやり方を理解しつつ、就活に役立つ無料サービスを利用しましょう。

以下の記事で、自己分析・エントリーシート・面接対策の簡単なやり方と、お役立ち就活サービスをまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

就活アドバイザー

新着記事