>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が語る】”他己分析”はどうやってやるの?おすすめ分析ツール,質問集も

こんにちは、「就活の教科書」編集部の「よこ」です。

就活において自己分析がとても大事になってくることは知っていると思います。

就活生の皆さんは、「自己分析をしているけど、よくわからない・・・」や「他己分析を友達から頼まれたんだけど、どうやって答えたら良いの・・・」などと悩まれていませんか。

「就活の教科書」編集部 よこ

就活生ちゃん

自己分析をしたんですけど、自分が本当にこんな感じなのか心配で・・・

自分が思っていることと友達が思っていることが一緒なのか確かめるために、他己分析が良いと聞きました。

就活生くん

仲の良い友達から「他己分析して欲しい」と頼まれました。

他己分析なんかしてあげたことないし、どうやれば良いのかわかりません・・・

自己分析につまづいたのなら、他己分析はとても活用することができますよ。

自分以外の人に分析してもらうことで、客観的な意見がもらえます。

また、他己分析を初めて頼まれた就活生も、他己分析をしてあげることで、その友達が気づいていなかった強みなどを気づかせてあげることができますよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

そこでこの記事では、「他己分析をしたい!」「してあげたい!」という就活生の人のために、他己分析のやり方について解説します。

また、他己分析でするべき質問集や他己分析の方法3つ、他己分析は誰にしてもらうのがいいのかを合わせてお伝えします。

最後には、他己分析をするメリット3つ他己分析をするメリット3つも解説します。

この記事を読めば、他己分析のやり方から、お願いされた時に答えるポイントがわかります。

「他己分析をしたいけどやり方がわからない・・・」「他己分析を頼まれたけどどうやってすればいいの?」といった就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも他己分析やる意味ある?

就活生ちゃん

そもそもの話ですが、他己分析をするとどんな良いことがあるんでしょうか?

自己分析だけではダメなのかなって・・・

他己分析は、他人に自己分析を手伝ってもらうという意味で重要です。

他人に自己分析を手伝ってもらうと、客観的な意見を得られ、「自分はこんな感じに他人から見られているんだ」と気づくことができますよ。

現に、他己分析を経験した就活生もおすすめしています。

「就活の教科書」編集部 よこ

友達に他己分析を頼むことで、客観的な自分が見えます。

自己分析では、あくまで主観の中で自分という人を分析しているので意見の偏りが出てきてしまいます。

しかし、他己分析では、自分が当たり前だと思っていた「10分前行動」ですら、友達からすると「君の10分前行動は尊敬するよ」と言われることがあります。

自分は当たり前だと思っていたことでも、他人から見ると強みになる場合があります。

そんな強みを発見するために、他己分析はとても良い方法です。

自分の中で当たり前だと思っていたことほど、他人から見ると立派に見える場合がありますよね。

ぜひ友達に一度「他己分析をしてくれない?」と頼んでみましょう!

「就活の教科書」編集部 よこ

 

他己分析のやり方とは

就活生ちゃん

他己分析は、客観的な意見から見えていなかった自分の強みが発見できるんですね。

他己分析をいざしようと思っても、やり方がわかりません。

それでは次に、他己分析のやり方についてお伝えしますね。

他己分析のやり方は、以下の3つのSTEPです。

「就活の教科書」編集部 よこ

他己分析のやり方
  • STEP①:自分以外の人に回答をお願いする
  • STEP②:質問シートを作成する
  • STEP③:得られた回答を自己分析と照らし合わせる

他己分析のやり方について、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

STEP①:自分以外の人に回答をお願いする

他己分析のやり方STEP1は、自分以外の人に回答をお願いすることです。

当然ですが、他己分析は他人にしてもらわなければ意味がありません。

目安は、10人以上で年齢・立場・自分との関係性などいろんな人にお願いするのが良いです。

また、面識の浅い人にお願いすると、あなたの第一印象で他己分析をしてくれるので、より面接に近い実践的な意見をもらうことができます。

他己分析は、なるべく多くの自分以外の人に回答をお願いしましょう。

10人は結構ハードルが高いと思われるかもしれません。

就活の説明会など、一緒に参加した初めましての就活生と友達になることで、さまざまな意見をもらいやすくなりますよ。

初めましての就活生だと、面識も浅いのでさらに良いですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

STEP②:質問シートを作成する

他己分析のやり方STEP2は、質問シートを作成することです。

他己分析をお願いする人に、「私のことどう思う?」などと曖昧な質問をすると、質問された側もどう答えたら良いのかわからずに困ってしまいます。

他己分析をお願いするときは、あらかじめ自分が聞きたいことをまとめて質問集を作っておきましょう。

質問集があることで、より効果的な他己分析の結果が得られます。

曖昧な質問には、曖昧な回答しか返ってきません。

一方で、質問中に「その具体的なエピソードは?」などと加えると、かなり良い回答が得られますよ。

STEP3のあとで、他己分析に使える質問集を用意しているので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

STEP③:得られた回答を自己分析と照らし合わせる

他己分析のやり方STEP3は、得られた回答を自己分析と照らし合わせることです。

他己分析の結果をみて終わりでは、何の役にも立ちません。

自己分析と他己分析の両方の結果を見比べて、「どこにギャップがあったのか」「どの部分を改善する必要があるのか」などと客観的に自分と向き合いながら考えましょう

自己分析でわかった強みと他己分析で得られた強みが被っていたら、より自信を持って自分の強みをアピールすることができます。

他己分析をした後は、自己分析の結果を照らし合わせてさらに分析しましょう。

本当に意味のある時間は、他己分析後の時間かもしれませんね。

この時間でどれだけ自分と他人の考えにギャップがあるか確認することで、面接対策にもなります。

「就活の教科書」編集部 よこ

他己分析をした後は、「ジョハリの窓」を活用してさらに分析をしましょう。

他己分析では、ジョハリの窓でいう「盲点の窓」を見つけた事になります。

人の特性・性格には、自分は知らないが他人が知っている「盲点の窓」の領域があります。

心理学者ジョセフ・リフトとハリインガムが考案した「ジョハリの窓」を使って、自己分析と他己分析を見比べましょう。

ジョハリの窓

自分に分かっている 自分に分かっていない
他人が分かっている 「開放の窓」
公開された自己
「盲点の窓」
自分が気づいていないものの、他人からは見られている自己
他人が分かっていない 「秘密の窓」
隠された自己
「未知の窓」
誰からもまだ知られていない自己

心理学の講義を取っていた就活生だと、一度は聞いた事ある言葉なのではないでしょうか。

得られた回答を自己分析と照らし合わせることで、自己分析がかなり進みますよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

他己分析でするべき質問集

就活生ちゃん

さっきの「他己分析のやり方STEP②」であった「他己分析で使える質問」を教えてください。

わかりました。

それでは次に、「他己分析でするべき質問」をお伝えしますね。

今後の他己分析の参考にしてみてください。

他己分析でするべき質問は、下記の13つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

  • 第一印象はどうだったか?
  • 強み(長所)と思うところはどこ?
  • 弱み(短所)と思うところはどこ?
  • 今の印象は?(最初のころと比べて)
  • 磨きをかけて欲しいところ、改善して欲しいところはある?
  • ここはもっと伸ばした方がいいと思うところはある?
  • どんな仕事に向いてそう?
  • 友達の中でどんな存在?
  • 集団の中でどんな役割をしている?
  • 困難をどう乗り越える?
  • どんな社会人になると思う?
  • 一言で表現するならどんな人か
  • 他の人に紹介するとして、どんな人と紹介する?

上記の質問集はあくまで参考にしてみてくださいね。

この質問集からアレンジしてみても良いです。

たとえば、質問に対する答えだけでなく「なぜそう思った?」と理由を求めたり、「そのエピソードは?」と具体的に聞くことなどがあります。

このようにアレンジすることで、効果的な他己分析ができますよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

他己分析の方法3つ

就活生ちゃん

他己分析でするべき質問集ありがとうございました!

参考にさせていただきますね。

友達に頼んで他己分析をする方法はわかったんですけど、他に他己分析をする方法ってありませんか?

友達からは「LINEでできるよ」と聞いたので・・・

他己分析はこれまで紹介してきた方法だけではありません。

それでは次に、他己分析の方法を3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

他己分析の方法3つ
  • 方法①:マイナビの「お願い!他己分析」
  • 方法②:ジェハリの窓Webアプリ
  • 方法③:診断ツール

他己分析の方法3つについてそれぞれお伝えしていきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

方法①:マイナビの「お願い!他己分析」

他己分析の方法1つ目は、マイナビの「お願い!他己分析」です。

「お願い!他己分析」は、LINEで友達にお願いすることができ、質問もあらかじめ用意されています。

下記の9項目について各4問ずつ答えてもらい、他己分析ができます。

  • ヴァイタリティ
  • 人当たり
  • チームワーク
  • 創造的思考力
  • 問題解決力
  • 状況適応力
  • プレッシャーへの耐力
  • オーガナイズ能力
  • 統率力

>> マイナビ「お願い!他己分析」(21卒用)はこちらから

>> マイナビ「お願い!他己分析」(22卒用)はこちらから

 

LINE上で送れるので気軽に使いやすいですね。

僕も何人かに送られてきて、実際に回答しました。

使った感想は、かなり使いやすいのでおすすめです!

「就活の教科書」編集部 よこ

 

方法②:ジェハリの窓Webアプリ

他己分析の方法2つ目は、ジェハリの窓Webアプリです。

ジョハリの窓とは、自分が知っている自分、他人が知っている自分を4つの窓(カテゴリ)に分類して理解する、心理学のフレームワーク(手法)です。

紙やペン、面倒な準備がいらず、パソコン1台(スマホ可)と4人以上の参加者がいればすぐに始められます。

自己分析ができると同時に、他の3人の他己分析もしてあげられるのでおすすめです。

>> ジョハリの窓Webアプリはこちらから

 

友達と同じ空間で楽しみながら自己分析(他己分析)ができそうですね。

4人で集まる時があればぜひ試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

方法③:診断ツール

他己分析の方法3つ目は、診断ツールです。

診断ツールを使うことで、「他己分析でするべき質問集」などを使う必要がなく、簡単に自己分析ができます。

友達などに診断ツールで、あなたのことを回答してもらい、他己分析をしてもらいましょう。

診断ツールも他己分析で使える方法の1つです。

他己分析にも、就活の診断ツールは有効です。

下記の、診断ツール,アプリおすすめ9選の記事も合わせてチャックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

他己分析は誰にやってもらったらいいの?

就活生ちゃん

他己分析のやり方にはいろんな方法があるんですね!

紹介してくれた他己分析のやり方を試してみたいと思います。

まずは、一番仲のいい友人にお願いしてみようと思っているんですけど、お願いする相手はどんな人がいいとかありますか?

初めは仲のいい友人にお願いするのがいいですよ。

それでは次に、他己分析は誰にお願いするべきかについて解説しますね。

他己分析をお願いする相手は下記の3人です。

「就活の教科書」編集部 よこ

他己分析をお願いする相手
  • 友人
  • 家族の人
  • 面識が浅い人

他己分析をお願いする相手についてそれぞれお伝えしますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

友人

他己分析をお願いする相手1人目は、友人です。

「他己分析を誰にお願いしようかな」と考えたときに一番初めに想像したのが友人だと思います。

一緒に就活をしているなら、お互いに意見交換し合い、長所や短所、自己PRなどについて具体的に深掘りしてみましょう。

しかし、注意しなければならないのは、仲がいいのがゆえに採点が甘めになってしまうことです。

採点が甘めになったと感じた就活生の体験談はこちらです。

大切な友人だからこそ、正直に他己分析をしてあげましょう。

他己分析の目的は友人と仲良くなるためではなく、自分のことを客観的に分析することです。

友人にお願いする際は、あらかじめ「厳しく採点してね」と伝えるのもアリですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

家族の人

他己分析をお願いする相手2人目は、家族の人です。

昔からのあなたを一番知っているため、自分では気づかない特徴を発見できることもあります。

家族とは長い間一緒に過ごしているので、短所が多く見つかる場合もあるので注意しなければなりません。

家族はあなたのことを一番知っている人なので、他己分析をお願いしてみることをおすすめします。

家族にお願いするのって恥ずかしい人もいますよね。

実際僕も恥ずかしいです(笑)

僕は、ガッツリ「お願い!他己分析」などを使ったわけではなく、さりげなく「俺ってこういう性格だよね〜、ここって長所なのかな?」と聞いていましたよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

面識が浅い人

他己分析をお願いする相手3人目は、面識が浅い人です。

他己分析をお願いする相手は、あなたのことをあまり知らない人の方がいいこともあります。

実際の面接では、あなたと面接官は初対面です。

初対面で、あなたは面接官にどんな印象を与えるのかを確かめるためにも、面識の浅い人に他己分析をお願いすることは効果的です。

就活の合説などで一緒になった友達と仲良くなり、お互いに他己分析をしあうことでお互いにとって良い関係に慣れそうですね。

就活で出会った友達から他己分析をお願いされたとしても、快く引き受けてあげましょう。

実際に僕も「ちょっと相談したいことあるから電話できる?」とお願いされ、相談に乗ったりしました。

逆に僕から相談することももちろんありましたよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

他己分析をするメリット3つ

就活生ちゃん

他己分析をお願いする相手は、友人、家族の人、面識の浅い人の3人なんですね!

さっそくお願いしてみようと思います。

気になったんですけど、他己分析をするとどんなことがわかるんですか?

それでは次に、他己分析をするメリットについてお伝えしますね。

メリットを知ることで、他己分析をするとどんなことがわかるのか、についても理解できますよ。

他己分析をするメリットは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

他己分析をするメリット3つ
  • メリット①:自分では気づけなかった強みに気付ける
  • メリット②:自分と他人の評価のズレを発見できる
  • メリット③:自信を持って話せるようになる

他己分析をするメリット3つについてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

メリット①:自分では気づけなかった強みに気付ける

他己分析をするメリット1つ目は、自分では気づけなかった強みに気付けることです。

自分では当たり前だと思っていることでも、他人からみると十分に評価できる場合があります。

たとえば、自分では「10分前行動」は当たり前だと思っていても、他人からは「10分前行動できるなんて尊敬する」という意見をもらえます。

「10分前行動ができる」とはつまり、「余裕を持って行動できる」や「準備を欠かさない」という強みでもあります。

他己分析をすることで、自分では気づけていない強みが発見できます

当たり前だと思っていることほど、他人からみるとすごいと感じる場合があります。

「こんなこと当たり前だから聞く必要ないか」と思う前に、一度友人などに聞いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

メリット②:自分と他人の評価のズレを発見できる

他己分析をするメリット2つ目は、自分と他人の評価のズレを発見できることです。

自己分析をして自分は「コミュニケーション能力が高い」と感じても、他人からはそのように評価されていない場合があります。

自分と他人の評価にズレがあると、面接官は「この就活生は自分の強みがわかっていない」と思い、マイナス評価につながってしまいます。

他己分析をすることで、周りの人から客観的な意見を取り入れ、自分と他人の評価のズレを少なくすることができます。

ちなみに、「コミュニケーション能力が高い」と面接官にアピールする場合は要注意です。

実際の面接では、自分の力が100%出せない場合があるからです。

他己分析をして、面接の時に的外れな発言をしないように気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

メリット③:自信を持って話せるようになる

他己分析をするメリット3つ目は、自信を持って話せるようになることです。

自己分析と他己分析で得られた「強み」が被っている場合、他人からもその強みが認められているということです。

複数の人から同じ「強み」が得られると、自分の中で納得感が出てきます

その結果、面接でも自信を持って話せるようになります。

他人から「強み」を認めてもらうことはとても嬉しいですよね。

面接では、就活生が自信を持って話せているかもみられているので、自信をつけるためにも他己分析は活用できますね。

次は、最後に「友達から他己分析をお願いされた時の答えるポイント3つ」についてお伝えします。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

他己分析をお願いされた時の答えるポイント3つ

就活生くん

僕の友達から「他己分析お願い!」と頼まれました。

他己分析をしてあげるのは初めてで、どんなことに気をつけてやってあげればいいのかわかりません・・・

それでは最後に、他己分析をお願いされた時の答えるポイント3つについてお伝えします。

答える側に立って考え、対応の仕方や受け答えのポイントを解説しますね。

答えるポイントは下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

答えるポイント3つ
  • ポイント①:仲の良い友人には馴れ合いで終わらせない
  • ポイント②:根拠となるエピソードも添える
  • ポイント③:ウソはつかない

他己分析をお願いされた時の答えるポイント3つについてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント①:仲の良い友人には馴れ合いで終わらせない

他己分析をお願いされたときの答えるポイント1つ目は、仲の良い友人には馴れ合いで終わらせないことです。

意外にも友人との他己分析では、馴れ合いで終わってしまうケースが多いそうです。

友人との関係性を壊したくないと思っているので、採点が甘くなってしまうことがあります。

親しい友人のお願いだからこそ、友人のためを思い、真剣に答えましょう。

友人との他己分析の際に、正直に厳しいことを言った方が「この人は私のことを思って言ってくれているんだな」と感じ、より信頼関係が深まりますよ。

僕は、友人の他己分析の際、正直に「君は自分の意思が弱すぎる。他人の意見に左右されるんじゃなくて、自分の意思を持った上で行動した方が良いと思う」と言いました。

その友人とは、今でも一番の親友です。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント②:根拠となるエピソードも添える

他己分析をお願いされたときの答えるポイント2つ目は、根拠となるエピソードも添えることです。

他己分析の質問に対する回答だけでは、分析することが難しい場合があります。

「君は協調性があります」と言われてもいつのことかわかりません。

回答に加えて、「どんな時に感じたか」を付け加えることで、より相手も納得しやすくなります

他己分析を答える時は、根拠となるエピソードも合わせて回答しましょう。

根拠となるエピソードは、面接の時にそのまま使えます。

エピソードは答えるのに時間がかかってしまいます。

しかし、エピソードがあることで、相手はとても助かりますよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント③:ウソはつかない

他己分析をお願いされたときの答えるポイント3つ目は、ウソはつかないことです。

他己分析では、少しでもウソがあると正確な結果を得ることができません

実際は「いろんなことに興味がある」のに、「一つのことにしか興味を持てない」と回答してしまうと、相手の他己分析の結果が変わってきてしまいます。

知らず知らずの間にウソの回答をしている場合もありますので、注意しましょう。

ウソはダメです。

愛のムチだと思って、短所も正直に教えてあげましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

まとめ:他己分析で自分の強みを理解しよう!

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部のよこが、「他己分析をしたい!」「してあげたい!」という就活生の人のために、他己分析のやり方について解説しました。

合わせて、他己分析でするべき質問集や他己分析の方法3つ、他己分析は誰にしてもらうのがいいのかも紹介しました。

最後には、他己分析をするメリット3つ他己分析をするメリット3つもお伝えしました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 よこ

今回の記事で学んだこと

他己分析は自分を客観的に知ることができる

他己分析のやり方

  • STEP①:自分以外の人に回答をお願いする
  • STEP②:質問シートを作成する
  • STEP③:得られた回答を自己分析と照らし合わせる

他己分析の方法3つ

  • 方法①:マイナビの「お願い!他己分析」
  • 方法②:ジェハリの窓Webアプリ
  • 方法③:診断ツール

他己分析は誰にやってもらったらいいの?

  • 友人
  • 家族の人
  • 面識が浅い人

他己分析をするメリット3つ

  • メリット①:自分では気づけなかった強みに気付ける
  • メリット②:自分と他人の評価のズレを発見できる
  • メリット③:自信を持って話せるようになる

他己分析をお願いされた時の答えるポイント3つ

  • ポイント①:仲の良い友人には馴れ合いで終わらせない
  • ポイント②:根拠となるエピソードも添える
  • ポイント③:ウソはつかない

他己分析は相手のためにウソをつかず、言いにくいことも正直に言ってあげましょう。

そうすることで、相手はあなたに感謝します。

他己分析のやり方がわからなかった就活生は、これを機に他己分析に挑戦してみてください。

他己分析は、自己分析と同じくらい大事です。

他己分析を上手に行い、悔いのない就活ができるように頑張ってください!

「就活の教科書」編集部 よこ