【他己分析のやり方は?】質問例とおすすめ診断ツール6選 | 頼まれた時の対処法も

本ページはプロモーションを含みます

【意味あるの?】他己分析のやり方4STEP _ 質問例, 分析ツールも

この記事を読めばわかること

こんにちは、「就活の教科書」編集部の「よこ」です。

この記事では他己分析のやり方について解説します。

就活生の皆さんは、「他己分析を人に頼みたいんだけど、やり方がわからない・・・」などと悩まれていませんか。

「就活の教科書」編集部 よこ

就活生ちゃん

自己分析をしたんですけど、自分が本当にこんな感じなのか心配で・・・

他己分析で友達の意見も聞きたいと思ったのですが、他己分析をお願いするのは初めてなのでやり方が分からないです。

就活生くん

他己分析で人の意見を聞きたいのですが、誰に頼めばいいのか分かりません・・・。

友達に他己分析を頼むのは何だか恥ずかしいんですよね。

他己分析は初めやり方が分からなくて困りますよね。

自分以外の人に分析してもらうことで客観的な意見がもらえるので、他己分析のやり方を把握しておくことは大事です。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

そこでこの記事では、他己分析のやり方について解説します。

また、他己分析でするべき質問リストや他己分析をするメリット3つ、他己分析は誰にしてもらうのがいいのかも合わせてお伝えします。

そして、人に他己分析を頼まれた時のやり方・ポイント・解答例に関しても紹介します。

この記事を読めば、「他己分析を人にお願いしたいけどやり方がわからない・・・」という悩みを解決できます。

他己分析のやり方を把握して就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

「自己分析を簡単にやってみたい」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに【就活生】適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】自己分析が簡単に終わるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、客観的な診断を受けられる適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

【他己分析とは?】自己分析よりも就活で意味ない?

就活生ちゃん

そもそもの話ですが、「他己分析とは」一体何なんでしょうか?

自己分析と比べて他己分析にはどういう特徴ややり方の違いがあるのかを教えていただきたいです・・・。

 

他己分析とは、他人に自分の性格を分析してもらうこと

他己分析とは、他人に自分の性格を分析してもらう自己分析方法です。

他人に自己分析を手伝ってもらうと、客観的な意見を得られ、自分1人で自己分析をするよりも深い分析ができるようになります。

実際に、他己分析を経験した就活生も他己分析をおすすめしています。

 

他己分析でより客観的に自分を分析できるので、就活で役に立つ

他己分析を正しいやり方で進めることで、客観的な自分が見えます。

そのため、就活においてとても役に立ちます

自己分析だけのやり方では、あくまで主観の中で自分という人を分析しているので意見の偏りが出てきてしまいます。

しかし、他己分析では、自分が当たり前だと思っていた「10分前行動」ですら、友達からすると「君の10分前行動は尊敬するよ」と言われることがあります。

自分は当たり前だと思っていたことでも、他人から見ると強みになる場合があります。

自分の強みを発見するために、他己分析はとても良いやり方、フレームワークですよ。

自分の中で当たり前だと思っていたことほど、他人から見ると立派に見える場合がありますよね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

他己分析のメリットは、他者からの客観的な意見を得られること

他己分析をするメリットは他者からの客観的な意見を得られることです。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

他己分析をするメリット3つ
  • メリット①:自分では気づけなかった強みに気付ける
  • メリット②:自分と他人の評価のズレを発見できる
  • メリット③:自信を持って話せるようになる

自分では当たり前だと思っていることでも、他人からみると十分に評価できる場合があります。

たとえば、自分では「10分前行動」は当たり前だと思っていても、他人からは「10分前行動できるなんて尊敬する」という意見をもらえます。

また、自己分析をして自分は「コミュニケーション能力が高い」と感じても、他人からはそのように評価されていない場合もあります。

自分と他人の評価にズレがあると、面接官は「この就活生は自分の強みがわかっていない」と思い、マイナス評価につながってしまいます。

他己分析をすることで、周りの人から客観的な意見を取り入れ、自己評価と他人の評価のズレを少なくすることができます。

他己分析を正しいやり方で進めれば、自己分析の深掘りができるのです。

他己分析以外にも、自己分析の深掘りをする方法はありますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

また、自己分析ツールを使って簡単に自己分析をしてみたい人は自己分析ツールの記事をチェックしてみましょう!

「就活の教科書」編集部 よこ

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

他己分析をする方法3選

就活生くん

他己分析をすることで、客観的に自分のことを知れることがわかりました。

ぜひ他己分析をやってみたいのですが、実際どうやってやればいいんでしょうか…?

他己分析のやり方はいくつかありますが、今回は取り組みやすいものを3つ紹介します。

ひとりで他己分析ができる方法もあるので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 よこ

他己分析をする方法3選
  • 他己分析ツールを使う
  • 質問項目を作成して記入してもらう
  • 対面で他者に質問し、答えてもらう

他己分析ツールを使う

他己分析をする方法の1つ目は、他己分析ツールを使うことです。

他己分析ツールを使うと、ひとりで他己分析をすることができます

質問用紙を作成したり誰か人に他己分析を頼んだりする手間がないので、おすすめです。

他己分析ツールにはマイナビの「お願い!他己分析」ジョハリの窓Webアプリなどがあります。

自己分析ツールを使って自己分析を客観的に行うことで、他己分析と同じように自己理解を深めることもできます。

自己分析ツールについては、以下の記事が参考になります!

「就活の教科書」編集部 よこ

 

質問項目を作成して記入してもらう

他己分析をする方法の2つ目は、質問項目を作成して記入してもらうことです。

これは他己分析の代表的なやり方で、質問シートを作成し、友達や家族などの他者に記入してもらう方法です。

紙媒体で行う、グーグルフォーム等オンラインで記入できるようにしてLINE等で友達や協力してくれる人に送信するというやり方があります。

他己分析をしてくれる人の都合の良い時間にできることがメリットです。

他己分析に必要な情報を得るために、質問の形式や内容をしっかり考えることが大切です。

自分を良く知る人からあまり知らない人まで、色々な関係の人に他己分析をしてもらうと、より深く自分の特性を知ることができます。

強みや弱み、性格、第一印象など、たくさんの項目を考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

対面で他者に質問し、答えてもらう

他己分析をする方法の3つ目は、対面で他者に質問し、答えてもらうことです。

対面で聞くことの利点は、相手の回答で気になったことについて、さらにふかぼった質問ができることです。

例えば、「協調性があると思う」と回答してもらった場合、「なぜそう思うの?どんなエピソードから?」など、さらに詳しく聞くことができます。

注意すべきは、聞きたい点を予め明らかにし、ただの雑談で終わってしまわないようにすることです。

特に、親しい友人にお願いする時は「就活の他己分析で使いたい」という旨を伝え、ゴールを明確にしておきましょう。

他己分析をする方法を3つ紹介しました。

やりたす。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

他己分析ができるおすすめ診断ツール6選

就活生ちゃん

質問集も見て、だんだん他己分析のやり方が見えてきました。

友達からは「診断ツールだと簡単に他己分析できるよ」と聞いたのですが、そのやり方も教えて欲しいです。

他己分析はこれまで紹介してきたやり方以外にも、簡単にできるやり方があります。

それでは次に、他己分析に使える診断ツールを6つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

他己分析ができる診断ツール

以下で他己分析に使える診断ツール6つをそれぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

方法:マイナビの「お願い!他己分析」(LINEの友だちなどに聞ける)

他己分析ができる診断ツールは、マイナビの「お願い!他己分析」です。

「お願い!他己分析」は、LINEで友達にお願いすることができ、質問も用意されているので、他己分析のやり方に慣れていない就活生にもオススメです。

質問は上の画像のように5段階で回答する選択式の設問が全部で36問用意されています。

そして、下記の9項目について各4問ずつ答えてもらうと、他己分析ができます。

  • ヴァイタリティ
  • 人当たり
  • チームワーク
  • 創造的思考力
  • 問題解決力
  • 状況適応力
  • プレッシャーへの耐力
  • オーガナイズ能力
  • 統率力

他己分析が終わると、マイナビの「お願い!他己分析」の結果は以下のように「9項目がグラフ化された結果」となって表示されます。

就活生必見】マイナビの他己分析機能使ってみた!!! | COLORweb学生編集部

さらに、以下のように「LINE友達からの応援メッセージ機能」なども付いているので、友達と励まし合いながら他己分析をしあうことも出来ますね。

公式】マイナビ2023 on Twitter: "お役に立てたようで何よりです☺✨ 友だちとも気軽に会いづらい今、お互いに励まし合ったりできるのでとってもおすすめです🙋‍♀️ LINEでポチポチやるだけなのでぜひ~ ▽お願い!他己分析 https://t.co/8894oHTdxt #23卒 #自己分析 ...

マイナビの「お願い他己分析」を使って診断してみたいという人は、以下のリンクから利用してみてください。

>> マイナビ「お願い!他己分析」はこちらから

 

LINE上で送れるので気軽に使いやすいですね。

使ってみたところ、他己分析のやり方が分かっていない就活生にも親切だと感じましたし、とても使いやすいのでおすすめです!

「就活の教科書」編集部 よこ

 

方法:ジョハリの窓Webアプリ(ジョハリの窓を簡単にできる)

他己分析ができる診断ツールは「ジョハリの窓Webアプリ」です。

「ジョハリの窓」とは、自分が知っている自分、他人が知っている自分を4つの窓(カテゴリ)に分類して理解する、心理学でも使われるやり方です。

 

 

紙やペン、面倒な準備がいらず、パソコン1台(スマホ可)と4人以上の参加者がいればすぐに始められます。

自己分析ができると同時に、他の3人の他己分析もしてあげられるやり方なので、仲のいい友達と一緒にやってみるといいですね。

>> 「ジョハリの窓Webアプリ」はこちらから

友達と同じ空間で楽しみながら自己分析(他己分析)ができそうですよね。

4人で集まる時があればぜひ試してみてくださいね。

また、ジョハリの窓については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

方法:Lognavi(5G時代に向けた動画就活アプリ)

他己分析ができる診断ツールは「Lognavi」です。

Lognavi(ログナビ)

 

 

Lognaviは、5G時代に向けた動画就活アプリで、全学年を対象に、自己PRを動画で実施できたり説明会や面接をWEB上で受けられたりします。

さらに、スカウト機能がついており、適性検査も無料で受けられるなど豊富なサービスを展開しています!

Lognaviを利用するメリット
  • スカウトを受け取れる
  • WEB面接ができる
  • 適性テストを無料で受けられる
  • WEBセミナーを受けられる

>> Lognaviを見てみる

Lognaviで受けられる適性テストは、知的テストと性格テストに分かれており、特に性格テストは何度も受けることができます!

また、性格テストの結果は社交性やチームワークなど多くの項目で診断結果が出されるので、自己理解を深めやすいです!

適性テストを何度も受けられ、スカウト機能もあるので、就活生からも高く評価を得ています!

Lognaviの評判が気になる人は、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

方法:キャリアチケットスカウト(優良企業からのスカウトあり)

他己分析ができる診断ツールは「キャリアチケットスカウト」です。

キャリアチケットスカウト

 

キャリアチケットスカウトは、逆求人型/スカウト型の就活サイトです。

5つの質問に答えるだけキャリアに対する考え方が分かり、それをみた企業からスカウトが届くので、自分らしく働ける企業と出会えるようになります!

キャリアチケットスカウトを利用するメリット
  • たった5つの質問だけであなたのキャリアに対する考え方がわかる
  • あなたらしく働ける企業からスカウトが来る
  • テンプレート機能で自己PRやガクチカが簡単に書ける
  • ES免除やWebテスト免除されることもある

キャリアチケットスカウトは、たった5つの質問に答えるだけで診断が完了するので手っ取り早く自己分析/ 他己分析を行いたい就活生には非常におすすめです!

すでに多くの就活生が利用し就活を進めているので、遅れを取らないようぜひ利用してみてくださいね!

キャリアチケットの口コミが気になる人は、以下からチェックしてみてください。

「就活の教科書」編集部 よこ

>> キャリアチケットスカウトを利用してみる

 

方法:キミスカ適性検査(職務適性まで知れる)

他己分析ができる診断ツールは、「キミスカ適性検査」です。

キミスカ適性検査 結果

 

キミスカ適性検査は、150の質問に回答することで、あなたにどんな傾向があるか9つの観点で診断してもらえます。

キミスカ適性検査で診断される9つの観点は、以下になります。

キミスカでわかること
  • 性格の傾向
  • 意欲の傾向
  • 思考力の傾向
  • ストレス耐性
  • 価値観の傾向
  • 職務適性
  • 戦闘力
  • 虚偽回答の傾向
  • 人物像及び人材活用に関するコメント

「キミスカ適性検査」では、診断結果がグラフで見れるようになっているので、結果が一目で判断しやすくわかりやすかったです。

僕も実際にやってみて、たった5分で診断できたので、「簡単に他己分析したい」人におすすめです。

友達に頼らず1人で他己分析できるのも楽で良いです!

キミスカの口コミが気になる人は、以下からチェックしてみてください。

「就活の教科書」編集部 よこ

>> 「キミスカ適性検査」はこちらから

 

方法:LINE適職診断(16タイプから自分が活躍できる仕事を診断)

他己分析ができる診断ツールは「LINE適職診断」です。

 

LINE適職診断は、「就活の教科書」公式LINEで受けられる適職診断で、16タイプから自分が活躍できる仕事を診断してくれます!

診断方法はフォームではなく、LINEで完結するので手軽に診断を受けることができます!

LINE適職診断を利用するメリット
  • 自分に合った職業がわかる
  • 業界/企業研究を進められる
  • 次に起こすべき行動がわかる
  • 短時間でスムーズに診断できる

LINE適職診断は時間がなくてもすぐに診断できるので、手軽に自己分析をしたいという方には非常におすすめです!

さらに、この診断はすでに6万人以上の就活生も受けているので、遅れを取らないようLINE適職診断で自己分析を楽にしましょう!

LINE適職診断についてもっと詳しく知りたい方には、以下の記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 よこ

>> LINE適職診断を受けてみる

 

診断ツールに迷ったら、複数利用しよう

これまで6つの他己分析に役立つ診断ツールを紹介しました。

正直どの診断ツールを使えばいいかわからないですよね。

そこで、他己分析を最も深める方法として、「診断ツールの複数利用」をおすすめします。

診断ツールによって診断してくれる観点が違うので、複数利用することでより多くの観点から他己分析できます

他己分析に役立った複数利用すべき診断ツール

上記2つの診断ツールを使っても合計30分程度で終わります。

診断ツールと自己分析を照らし合わせることで、自分の強みや適性を明確にしましょう

「就活の教科書」編集部 よこ

 

番外編:Instagram&Googleフォーム

最後に番外編として、InstagramとGoogleフォームを利用した他己分析のやり方も合わせて紹介しますね。

まず、インスタではストーリーのアンケート機能を使い、フォロワーに質問をします。

ストーリーのアンケート機能では一言程度しか解答できないので、解答者の負担が少ないことが特徴です。

そのため、多くの解答を得られることが期待できます。

また、アンケート項目を用意したGoogleフォームのリンクをインスタ上に貼り付けることも有効でしょう。

具体的な聞きたい内容やオリジナリティのある内容を求める場合はなおさら効果的です。

自分でアンケート項目を用意しなければならないのは面倒かもしれませんが、最近はGoogleフォームで作成したアンケートをSNS上で拡散することも多くなってきているので、ぜひ参考にしてください。

インスタなどのSNS上で行う他己分析は解答者も気軽にコメントできるので、意外と多くの解答が得られるんですよ!

「就活の教科書」編集部 よこ

 

                                                   

自己分析に役立つ記事一覧

自己分析を時間をかけずに終わらせるには、 「①自己分析ツールを使う」 「②効率的な自己分析のやり方を知る」 という2つのやり方があります。

「自己分析をやらなければならないと分かっているけどめんどくさい」 という就活生はこれらの方法を使って自己分析をすることで、簡単に強みや向いている仕事が分かるようになるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

自己分析の効率的なやり方

①自己分析ツールを利用する
自己分析ツール

②効率的な自己分析のやり方を知る
自己分析のやり方

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【他己分析やり方】他己分析でするべき質問リスト

就活生ちゃん

さっきの「他己分析のやり方STEP②」であった「他己分析で使える質問」について詳しく教えてください。

それでは次に、やり方の中でも紹介した「他己分析でするべき質問リスト」をお伝えしますね。

他己分析のやり方に迷っている就活生の皆さんは、今後他己分析のやり方の中で、参考にしてみてください。

他己分析でするべき質問は、下記の20項目です。

「就活の教科書」編集部 よこ

  • 第一印象はどうだったか?
  • 強み(長所)と思うところはどこ?
  • 弱み(短所)と思うところはどこ?
  • 今の印象は?(最初のころと比べて)
  • 磨きをかけて欲しいところ、改善して欲しいところはある?
  • ここはもっと伸ばした方がいいと思うところはある?
  • どんな仕事に向いてそう?
  • 友達の中でどんな存在?
  • 集団の中でどんな役割をしている?
  • 困難をどう乗り越える?
  • どんな社会人になると思う?
  • 一言で表現するならどんな人?
  • 他の人に紹介するとして、どんな人と紹介する?
  • 私との記憶に残っているエピソードは?
  • 性格はどのようなタイプ?
  • 尊敬できるところは?
  • 就職活動においてのアドバイスは?
  • 私がいて良かったと思えた瞬間は?
  • 私と一緒にいて迷惑をかけられた瞬間は?
  • 将来どんな人間になってそう?

この質問集からアレンジして、新しい質問を作るやり方もオススメです。

例えば、質問に対する答えだけでなく「なぜそう思った?」と理由を求めたり、「そのエピソードは?」と具体的に聞くやり方があります。

こちらの記事では、自己分析をするための重要質問50選が分かりますので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

他己分析を頼まれたときの答えるポイント5つ

就活生くん

友達から「他己分析お願い!」と頼まれました。

他己分析をしてあげるのは初めてで、どんなことに気をつけてやってあげればいいのかやり方がわかりません・・・

それでは最後に、他己分析をお願いされた時の答えるポイント5つについてお伝えします。

答える側に立った他己分析のやり方も把握して、人とお互いに他己分析ができるようにしましょう!

答えるポイントは下記の5つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

答えるポイント5つ
  • ポイント①:仲の良い友人から頼まれたら快く受け入れる
  • ポイント②:仲の良い友人には馴れ合いで終わらせない
  • ポイント③:根拠となるエピソードも添える
  • ポイント④:ウソはつかない
  • ポイント⑤:あまり仲良くない人から頼まれたら断る

他己分析をお願いされた時の答えるポイント5つについてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント①:仲の良い友人から頼まれたら快く受け入れる

他己分析を頼まれたときの答えるポイント1つ目は、仲の良い友人から頼まれたら快く受け入れることです。

もしも友達から他己分析を頼まれたら、それはあなたが信頼されている証拠なので、断らずに快く受け入れてあげましょう。

付き合いが深い友人だからこそ見える部分もきっとあるはずです。

他己分析は非常に信頼関係が重要となってくるので、信頼関係がある友人に頼まれたら快く引き受けてあげましょう!

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント②:仲の良い友人には馴れ合いで終わらせない

他己分析を頼まれたときの答えるポイント2つ目は、仲の良い友人には馴れ合いで終わらせないことです。

意外にも友人との他己分析では、馴れ合いで終わってしまうケースが多いそうです。

友人との関係性を壊したくないと思っているので、採点が甘くなってしまうのですが、これでは効果のあるやり方にはなりませんね。

親しい友人のお願いだからこそ、友人のためを思い、真剣に答える方が効果のあるやり方になります。

正直に厳しいことを言った方が「この人は私のことを思って言ってくれているんだな」と思われ、より信頼関係が深まることもあります。

僕は、友人の他己分析の際、正直に「君は自分の意思が弱すぎる。他人の意見に左右されるんじゃなくて、自分の意思を持った上で行動した方が良いと思う」と言いました。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント③:根拠となるエピソードも添える

他己分析を頼まれたときの答えるポイント3つ目は、根拠となるエピソードも添えることです。

他己分析の質問に対する回答だけをするやり方では、相手のためにならない場合があります。

「君は協調性があります」と言われても、それだけではなぜそう思ったのかが分かりませんよね。

回答に加えて、「どんな時にそう感じたか」を付け加えるやり方をすれば、相手はより深く自身への理解を深めることができます

他己分析を答える時は、根拠となるエピソードも合わせて回答しましょう。

根拠となるエピソードは、面接の時にそのまま使えます。

具体的なエピソードはなかなか思い出すのが難しい場合もあるかもしれませんが、とても効果のあるやり方ですよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント④:ウソはつかない

他己分析を頼まれたときの答えるポイント4つ目は、ウソはつかないことです。

他己分析では、少しでもウソがあると正確な結果を得ることができないダメなやり方になってしまいます

例えば実際は「お喋りだけど人の話を聞いていない」のに、「コミュニケーション能力が高い」と回答してしまっては相手のためになりません。

知らず知らずの間にウソの回答をしている場合もありますので、注意しましょう。

ウソはダメです。

愛のムチだと思って、短所も正直に教えてあげるのが、効果的な他己分析のやり方において大切です。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント⑤:あまり仲良くない人から頼まれたら断る

他己分析を頼まれたときの答えるポイント5つ目は、あまり仲良くない人から頼まれたら断ることです。

他己分析は分析をする相手のことを良く理解していないとあまり意味がありません。

あまり仲良くない人、詳しく知らない人から他己分析を頼まれた場合は、丁寧に断ることもその人のためになりますよ。

他己分析は誰にしてもらうかが非常に大切です。

相手選びを良くした上で、あなた自身も他己分析をお願いしましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

他己分析の具体的なやり方&フレームワーク4STEP

就活生ちゃん

他己分析とは、客観的な意見から見えていなかった自分の強みが発見できるやり方なんですね。

でも、他己分析をいざしようと思っても、具体的にどんなやり方をすればいいのかがわかりません。

それでは次に、他己分析のやり方&フレームワークについてお伝えしますね。

他己分析のやり方&フレームワークは、以下の4つのSTEPです。

「就活の教科書」編集部 よこ

他己分析のやり方&フレームワーク4STEP
  • STEP①:色々な関係性の人に回答をお願いする
  • STEP②:質問シートを作成する
  • STEP③:得られた回答を自己分析と照らし合わせる
  • STEP④:ジョハリの窓を活用する

「周りに頼れる人がいない…」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、就活生の2人に1人が利用しており、よく当たると人気のサイトなので、まずは一度試してみてください。

「就活の教科書」編集部 よこ

STEP①:色々な関係性の人に回答をお願いする

他己分析のやり方STEP1は、色々な関係性の人に回答をお願いすることです。

仲のいい人だけでなく面識の浅い人にもお願いすると、あなたの第一印象で分析をしてくれるため面接に近い意見をもらうことができます。

目安は、10人以上で年齢・立場・自分との関係性などいろんな人にお願いするのが良いです。

他己分析は、なるべく多くの自分以外の人に回答をお願いするのがベストなやり方なのです。

10人は結構ハードルが高いと思われるかもしれません。

説明会など、一緒に参加した就活生と友達になって他己分析をお願いするというやり方もあります。

他己分析を頼む相手に困っている人は、就活相談相手のおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

STEP②:質問シートを作成する

他己分析のやり方STEP2は、質問シートを作成することです。

他己分析で「私のことどう思う?」などと曖昧な質問をすると、質問された側もどう答えたら良いのかわからずに困ってしまいます。

他己分析をお願いするときは、あらかじめ自分が聞きたいことをまとめて質問リストを作っておきましょう。

質問リストを作るのは、より効果的な他己分析の結果を得るためにオススメのやり方なのです。

質問中に「その具体的なエピソードは?」などと加えるのも、いいやり方です。

STEP4のあとで、他己分析に使える質問リストを用意しているので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

STEP③:得られた回答を自己分析と照らし合わせる

他己分析のやり方STEP3は、得られた回答を自己分析と照らし合わせることです。

他己分析の結果をみて終わりでは、何の役にも立たないやり方になってしまいます。

自己分析と他己分析の両方の結果を見比べて、どこにギャップがあったかなど、客観的に自分と向き合いながら考えましょう

逆に、自己分析でわかった強みと他己分析で得られた強みが被っていたら、より自信を持って自分の強みをアピールすることができます。

そういうわけで、他己分析をした後は、自己分析の結果を照らし合わせてさらに分析するのがオススメのやり方なのです。

本当に意味のある時間は、他己分析後の時間かもしれませんね。

この時間でどれだけ自分と他人の考えにギャップがあるか確認することで、面接対策にもなります。

そもそも自己分析で自分の性格を把握できていない人は、自己分析で性格を知る方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

STEP④:ジョハリの窓を活用する

他己分析のやり方STEP4は、ジョハリの窓を活用することです。

他己分析では、ジョハリの窓でいう「盲点の窓」を見つけた事になります。

人の特性・性格には、自分は知らないが他人が知っている「盲点の窓」の領域があります。

心理学者ジョセフ・リフトとハリインガムが考案したやり方である「ジョハリの窓」を使って、自己分析と他己分析を見比べましょう。

ジョハリの窓

自分に分かっている 自分に分かっていない
他人が分かっている 「開放の窓」
公開された自己
「盲点の窓」
自分が気づいていないものの、他人からは見られている自己
他人が分かっていない 「秘密の窓」
隠された自己
「未知の窓」
誰からもまだ知られていない自己

 

心理学の講義を取っていた就活生だと、一度は聞いた事があるやり方なのではないでしょうか。

このやり方では、得られた回答を自己分析と効果的に照らし合わせることができ、自己分析がかなり進みますよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

客観的な意見を貰うための他己分析の流れ3選

働く君

自己分析のやり方をもとに実際に自己分析を行なっています。

しかし、意見や物事の捉え方が偏ってしまうことに悩んでいます。

確かに、自己分析は1人で進めていると行き詰まる傾向が高いです。

結論として、他己分析を取り入れることがおすすめです。

以下、客観意見を貰うための他己分析の流れ3選について詳しくご紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 中村

客観意見を貰うための他己分析の流れ3選

 

流れ①:親しい友達や家族に依頼する

客観的な意見を貰うための他己分析の流れ1つ目は、「親しい友達や家族に依頼する」です。

なぜなら、親しい友人や家族はあなたのことをよく理解しているためです。

また、比較的依頼がしやすく、相談しやすいことも理由です。

しかし、親しい友人は自分の就活など、他の予定がある可能性があるので事前に確認しておくことをおすすめします。

また、事前に準備を行い、失礼のないように他己分析を行うことも重要です。

以上より、他己分析のSTEP1として、親しい友人や家族に依頼するが挙げられます。

他己分析は客観的な視点を取り入れるためにとても重要なので、おすすめしたい自己分析手段のひとつです!

しかし、友人も家族も就活/転職のプロではないので、注意も必要です。

以下の記事で「他己分析のやり方」について詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 中村

 

流れ②:解答を集計・整理する

客観的な意見を貰うための他己分析の流れ2つ目は、「解答を集計・整理する」です。

他己分析の流れ①で得た複数の結果を集計・整理していきます。

なぜなら、複数の友人・家族に依頼すると結果がさまざまなうえ、数も多くなってしまうためです。

具体的には、結果の共通点や相違点を見出したり、カテゴリーごとに分類したりすることが挙げられます。

以上より、他己分析のSTEP2は、流れ①で得た結果の集計・整理です。

多くの結果を集計・整理しないと返って目的を見失ってしまうことが多々あります。

そのため、結果が出た段階で早いうちに集計・整理をすることがおすすめです!

以下の記事で「他己分析のやり方」について詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 中村

 

流れ③:自身の結果と掛け合わせて自己分析を深める

客観的な意見を貰うための他己分析の流れ3つ目は、「自身の結果と掛け合わせて自己分析を深める」です。

なぜなら、自分の結果と友人・家族の結果を照らし合わせることで、自分では見えなかった部分や特に大事にしていることが明らかになるためです。

具体的には、結果の共通点や相違点、頻出する項目とそうではない項目などが明らかになります。

また、同じ出来事に対する項目でも見方や捉え方が変わってくるケースも多くあります。

以上より、他己分析のSTEP3は、集計・整理した結果を自分の結果と掛け合わせ自己分析を深めるです。

自分の視点と客観的な視点を掛け合わせることが、他己分析の大きな目的のひとつなので、最も重要なパートといっても過言ではありません。

皆さんも他己分析をする際は、上記の流れでやってみてください。

以下の記事で「他己分析のやり方」について詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 中村

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

自分が他己分析を頼まれた時の解答例

就活生ちゃん

もしも仲の良い友人などに他己分析をして欲しいと頼まれたらどのように解答してあげるのが良いのでしょうか?

確かに自分が友人に他己分析を頼まれたらどのように答えてあげるのが良いかは良く分からないですよね。

そこで、ここからは「自分が他己分析を頼まれた時の解答例」を紹介します。

「就活の教科書」編集部 よこ

  • 質問①:私と接する中で印象に残っているエピソードは?

⇨大学の学園祭の企画をサークル全体で考える時に、積極的にアイデアを出していて、知識と発想力に非常に長けている人なんだと思った。

  • 質問②:私の印象は?

⇨子供の頃から一度決めた目標には努力を惜しまずにやり遂げることができる人。大学受験の時も、高いレベルの志望校を目指すと言って、初めの方は周りから馬鹿にされていたが、その高い目標までも達成した。

他己分析を頼まれて引き受ける場合は、上のように具体的な過去のエピソードも添えて解答してあげましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

他己分析は誰にやってもらったらいいの?

就活生ちゃん

他己分析のやり方にはいろんな方法があるんですね!

まずは、一番仲のいい友人にお願いしてみようと思っているんですけど、お願いする相手はどんな人がいいとかありますか?

初めは仲のいい友人にお願いするというのは、いいやり方です。

他にも相談するべき相手はいますから、他己分析は誰にお願いするべきかについて解説していきますね。

他己分析をお願いする相手は下記の3種類の人です。

「就活の教科書」編集部 よこ

他己分析をお願いする相手
  • 友人
  • 家族の人
  • 面識が浅い人

上記の3種類の人に頼むといい理由について、以下でそれぞれお伝えしますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

友人

他己分析をお願いする相手1人目は、友人です。

「他己分析を誰にお願いしようかな」と考えたときに一番初めに想像したのが友人だと思います。

一緒に就活をしているなら、お互いに意見交換し合い、長所や短所、自己PRなどについて具体的に深掘りしてみましょう。

しかし、やり方で注意しなければならないのは、仲がいいからこそ、採点が甘めになってしまうことです。

採点が甘めになったと感じた就活生の体験談はこちらです。

大切な友人だからこそ、正直に他己分析をしてあげましょう。

他己分析の目的は友人と仲良くなるためではなく、自分のことを客観的に分析することです。

友人にお願いする際は、あらかじめ「厳しく採点してね」と伝えるやり方もアリですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

家族の人

他己分析をお願いする相手2人目は、家族の人です。

昔からのあなたを一番知っているため、自分では気づかない特徴を発見できることもあります。

家族とは長い間一緒に過ごしているので、短所が多く見つかる場合もあるので注意しなければなりません。

家族はあなたのことを一番知っている人なので、他己分析をお願いしてみることをおすすめします。

家族にお願いするのって恥ずかしい人もいますよね。

実際僕も恥ずかしいです。

そんな時は、さりげなく「俺ってこういう性格だよね〜、ここって長所なのかな?」と聞くのも、1つのやり方ですよ!

「就活の教科書」編集部 よこ

 

面識が浅い人

他己分析をお願いする相手3人目は、面識が浅い人です。

あなたのことをあまり知らない人に他己分析をお願いするのは、より実戦に近い形にする上でいいやり方です。

なぜなら、実際の面接では、あなたと面接官は初対面のことが多いためです。

初対面で、あなたは面接官にどんな印象を与えるのかを確かめるためにも、面識の浅い人に他己分析をお願いするやり方は効果的です。

就活の合説などで一緒になった友達と仲良くなり、お互いに他己分析をしあうことでお互いにとって良い関係になれそうですね。

せっかくこの記事で他己分析のやり方が分かったのですから、就活で出会った友達から他己分析をお願いされた時は快く引き受けてあげましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:他己分析を正しいやり方で進めれば、自己分析以上に自分の特徴が理解できる!

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部のよこが、他己分析の具体的な3つのやり方について解説しました。

合わせて、他己分析でするべき質問集や他己分析のメリット3つ、他己分析は誰にしてもらうのがいいのかも紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 よこ

今回の記事で学んだこと

◆ 他己分析の具体的なやり方4STEP

  • STEP①:色々な関係性の人に回答をお願いする
  • STEP②:質問シートを作成する
  • STEP③:得られた回答を自己分析と照らし合わせる
  • STEP④:ジョハリの窓を活用する

◆ 【他己分析やり方】他己分析ができる診断ツール6選

◆ 【他己分析やり方】他己分析は誰にやってもらったらいいの?

  • 友人
  • 家族の人
  • 面識が浅い人

◆ 【他己分析やり方】他己分析をするメリット3つ

  • メリット①:自分では気づけなかった強みに気付ける
  • メリット②:自分と他人の評価のズレを発見できる
  • メリット③:自信を持って話せるようになる

◆ 【他己分析やり方】他己分析を頼まれたときの答えるポイント3つ

  • ポイント①:仲の良い友人には馴れ合いで終わらせない
  • ポイント②:根拠となるエピソードも添える
  • ポイント③:ウソはつかない

他己分析は正しいやり方で進めれば、客観的な自分の見え方が分かるようになり、就活で高い効果を発揮します。

初めてでやり方があまり分からないという就活生のために、簡単に他己分析をお願いできるツールも存在しました。

他己分析のやり方がわからなかった就活生は、これを機に他己分析に挑戦してみてください。

他己分析は、自己分析と同じくらい大事なので、この記事からしっかりとやり方を吸収しておきましょうね。

他己分析を上手なやり方で行い、悔いのない就活ができるように頑張ってください!

「就活の教科書」編集部 よこ