【短所しかない?】苦手な自己分析で病む必要のない理由 | 病んだときの対処法

本ページはプロモーションを含みます

jikobunseki-yamu

この記事でわかること

 

就活生の皆さん、こんにちは!就活の教科書編集部のアオイです。
この記事では、就活における自己分析で病むことについて解説します。
就活生みなさんは、自己分析をしていて病むことや自己嫌悪になることはありますか?

「就活の教科書」編集部 アオイ

就活生ちゃん

過去の自分について考えると、やっぱ自分には悪いところしかないし、短所しかないです。
もう自己分析が嫌いになってきました・・・

就活生くん

挫折経験なんてないし、ライフラインチャート(モチベーショングラフ)を書いても平坦で、どのように分析したらいいか、もう分かりません。気持ち悪くなってきた…考えすぎかな。

分かります。ちゃんと自己分析を考えたりやりすぎるほど、嫌いになったり病むことも増えますよね。
でも自己分析で病む必要はありませんよ。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

そこでこの記事では、自己分析で病む原因・病んだときの初歩の対処法・病みをプラスに変える対処法をお伝えしています。

この記事を読めば自己分析で病んでも大丈夫だと思えるようになりますよ。

特に以下のような就活生はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

こんな人におすすめ
  • 自己分析に行き詰っている人
  • 自己分析が自己嫌悪になっている人
  • 自己分析のやりすぎで病んでる人

「自己分析を簡単にやってみたい」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに【就活生】適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】自己分析が簡単に終わるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、客観的な診断を受けられる適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

自己分析で病む必要はない

この記事を見ている人は「悩みたくて悩んでいる訳ではない。」と思っていますよね。

そんな就活生に自己分析で病む必要は全くないということをお伝えしたいです

ちゃんと自己分析を頑張った人が悩んで、立ち止まって、周りの就活生より出遅れてしまったり、
無駄に自己嫌悪に陥って自信を無くすのはもったいないです。

まずは、自己分析で病んでいるのはあなただけではないことを知ってほしいので、こちらをご覧ください。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

病んでいるのはあなただけではない

まず知ってほしいことは、自己分析で病んでいるのは、あなただけではないという点です。

大丈夫です。自己分析で行き詰っているのは、あなただけではありません。

しっかり自分と向き合っていたら、誰しも少なからず自分の嫌いな部分が出てきて、落ち込んだりします。

自分の嫌いな部分ばかりに焦点を当てて、自分を全否定するのはやめましょう。

・自己分析で悩んでいるのは自分だけだと思い込まない。
・自分の嫌いな部分が分かっても、自分を全否定しない。

実際に私も「自分性格ねじ曲がってるな、私なんかどこの企業も拾ってくれないんじゃないか。」と自己嫌悪になって病んでいましたが、それなりに内定を頂けたので心配いりません。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

自己分析で悩んでいる人の口コミ

実際に自己分析で悩んでいる人の口コミを見てみましょう。

多くの人が「自己分析で短所しか思いつかない」と悩んでいるようですね。

次に、実際に落ち込んだ経験のある私が、自己分析で病む原因を紹介します。

「就活の教科書」編集部 アオイ

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

自己分析で病む原因2つ

自己分析で病む原因は主に2つあります。

2つはこちらです。

自己分析で病む原因2つ
  • 原因①:自己分析は適度でいいのに、頑張りすぎているから。
  • 原因②:自己分析の結果を信じすぎているから。

原因が分かれば、少しでも沈んだ気持ちを緩和できると思うのでぜひ読んでみてください。

 

原因①:自己分析は適度でいいのに、頑張りすぎているから

自己分析で病む原因1つ目は、自己分析は適度でいいのに、頑張りすぎているからです。

自己分析で病んでしまう人の多くが自己分析を頑張りすぎています。

自己分析を頑張りすぎると、自己分析以外のことに手を付けられず、就活を阻害します。

就活では説明会への参加、インターンへの参加、業界分析、企業分析など他にもすべきことが数多くあります。

今一度、自分は自己分析以外のことも進められているか?を確認しましょう。

  • 自己分析の頑張りすぎは、就活を阻害する。
  • 説明会/インターン/業界分析/企業分析など も進められているか確認する。
あまり手をつけられていなかったあなたは、自己分析を頑張りすぎているのかもしれません。

簡単に自己分析をしたいという就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、よく当たると人気のサイトなので、まずは一度試してみてください。

また、その他のおすすめの自己分析診断ツールは以下の記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

原因②:自己分析の結果を、信じすぎているから

自己分析で病む原因2つ目は、自己分析の結果を信じすぎているからです。

自己分析の結果は絶対ではありません。

自己分析の結果は絶対ではない
  • 自分は変わっていくものである。
  • 自己分析で測れるのは、現時点でのあなたの性格の一側面に過ぎない。

自己分析で病んでいる人は、一度でた分析結果を信じすぎている場合があります。

実際に私の友人は「自己分析で私は対人関係構築力が乏しいと分かったから、人と接することの少ない仕事を探してるんだけど、どの仕事も興味が湧かない、もう働きたくない。」と言っていました。

「就活の教科書」編集部 アオイ

このように、分析結果を過信すると就活で身動きがとりづらくなります。

ですので、自己分析を過信することなく、変わっていく自分を受け入れましょう。

色々な人に相談する他己分析をしていくと客観的に自分を知ることができますよ!

他己分析をしてみたい人は、他己分析のやり方や相談相手のおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

病んだときはまずこれして ~初期の対処法2つ~

ここまでは、自己分析で病む必要のない理由2つを順に説明しました。

以下では、誰でもすぐできる自己分析で病んだときの対処法2つをお伝えします。

2つの対処法はこちらです。

病んだときにすぐできる対処法2つ
  • 対処法①:友達と話す
  • 対処法②:企業を見る

 

自己分析で落ち込んでいる人は、まずこちらの方法を試してみて下さい。

この対処法を使えば、簡単に気持ちが楽になりますよ。

 

対処法①:友達と話そう

自己分析で病んだときの対処法1つ目は、友達と話すことです。

自己分析で病んだときは一人で自己分析するのは一旦やめて、友達と話しましょう。

友達と話すといい理由は2つあります。

 

友達と話すといい理由2つ
  • 理由①:友達と話すと、気分転換できる。
  • 理由②:友達と話すと、自分では気づけない自分の良さを知れる。

では順番に説明しますね。

 

理由①:気分転換できる

気分転換できると、自己分析で病んだ気持ちを忘れられます。

一旦病み始めると一人ではなかなか気分が戻りませんよね。

ですので、会話の内容はなんでもいいので友達と話して気分転換をしましょう。

 

理由②:自分では気づけなかった自分の長所を知れる

友達は自分では気づけない自分の良さを知っています。

ですので、友達に自分の長所を聞いてみましょう。

きっとあなたに新しい気づきを与えてくれるはずです。

友達に他己分析をしてもらう方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 アオイ

また、「友達以外に相談したい」という方は、以下の記事が参考になります。

 

対処法②:企業をみよう

自己分析で病んだときの対処法2つ目は、企業を見ることです。

企業を見ると、自己分析だけでは見えてこなかった新たな視点をとり入れられます。

 

自己分析で病む人の多くが自己分析ばかりをしてしまっています。

しかし、自己分析ばかりをしていても行きたい企業は見つかりません。

なぜなら、企業を知らないからです。

 

企業を知りながら自己分析を同時に進めるべきです。

企業を知らずに自分に合う企業は見つかりません。

 

これから、企業を知りながら自己分析を同時に進める方法を説明しますね。

 

企業を知りながら自己分析する方法
  1. 企業を知る
  2. 気に入った企業が見つかる
  3. 気に入った理由を考えてみる

 

これだけです!簡単ですよね。

「自己分析を完璧にしないと」と思うと気が重くなって病むことが多いですが、企業を見るという新たな視点を取り入れ、違った角度から自己分析を進めてみてください。

企業研究は以下の記事をぜひ参考にしてください!

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

                                                   

自己分析に役立つ記事一覧

自己分析を時間をかけずに終わらせるには、 「①自己分析ツールを使う」 「②効率的な自己分析のやり方を知る」 という2つのやり方があります。

「自己分析をやらなければならないと分かっているけどめんどくさい」 という就活生はこれらの方法を使って自己分析をすることで、簡単に強みや向いている仕事が分かるようになるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

自己分析の効率的なやり方

①自己分析ツールを利用する
自己分析ツール

②効率的な自己分析のやり方を知る
自己分析のやり方

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

病んだことをプラスに変える ~次の対処法2つ~

こちらでは病んだことをプラスに変える対処法を2つお伝えします。

2つの対処法はこちらです。

病んだことをプラスに変える対処法2つ
  • 対処法①:周囲の人に病んだことを相談してみる
  • 対処法②:ありのままの自分を好きになる

病んだときの初歩の対処法2つを実践した方はぜひこちらの対処法2つも試してみて下さい。

少しでも自分に自信がつくはずですよ。

 

対処法①:周囲の人に病んだことを相談してみる

自己分析で病んだときの対処法1つ目は、周囲の人に病んだことを相談してみることです。

「病んだ」と口に出して認めることで心的負担は随分軽くなります。

最初のうちは、この沈んだ気持ちが何なのかよく分からず漠然と不安になったり、1人で抱え込んだりしてしまうものですよね。

でも、初期の対処法2つを実践したあなたならもう大丈夫です。

勇気をもって他の人に「落ち込んでいた」という事実を話してみましょう。

あなたが信頼する人なら、あなたを馬鹿にしたり見放したりしないはずです。

就活生ちゃん

そんなことで悩んでいたのー!

と明るく笑い飛ばしてくれれば気持ちも軽くなりそうですよね。

周りの人に話して病んだ事実を認め、過去のものにしてしまいましょう。

私も就活生時代に自己分析のやりすぎで気持ち悪くなった時、勇気を出して周りの人に話してました。
そうすると「私もー!」と共感しあえてすごく気持ちが楽になりました。
悩み事は1人で抱え込まないことが一番大切かも知れません。

「就活の教科書」編集部 アオイ

 

対処法②:ありのままの自分を好きになろう

自己分析で病んだときの対処法2つ目は、短所を含めありのままの自分を見つめて好きになることです。

短所は長所です。

例えば、短所が「計画力のなさ」なら、長所は「考えるより先に動く行動力」になります。

こちらに、短所≒長所の一覧を載せておきますので、参考にしてください。

<短所≒長所一覧>

短所 長所
理屈っぽい 論理的
優柔不断 柔軟性
心配症 慎重
我が強い 主体性
没頭しやすい 集中力
飽き性 好奇心の幅が広い
感情表現が苦手 常に冷静
おせっかい 面倒見がいい
あまのじゃく 周りに流されない

 

あなたの短所も長所に言い換えられたのではないでしょうか?

短所も含めて自分のことを好きになってくださいね。

 

「自分の長所がわからない」という就活生は、こちらで長所一覧をまとめています。ぜひ参考にしてください。

 

少しでも自己分析できそうだなと感じたら、こちらの記事を読んでみてください。

自己分析が苦手な人向けに、自己分析をする方法を1つずつ解説しています。

 

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

まとめ:自己分析で病むことは心配ない!

いかがでしたでしょうか。

この記事では、自己分析で病む原因・病んだときの初歩の対処法・病みをプラスに変える対処法をお伝えしました。

最後にこの記事の要約をまとめました。

記事の要約

病んでいるのはあなただけではない。

病む原因は2つ

  1. 自己分析を頑張りすぎている
  2. 自己分析の結果を過信している

自己分析で病んだときの初歩の対処法2つ

  1. 友達と話す
  2. 企業を見る

病んだことをプラスに変える対処法を2つ

  1. 周囲の人に病んだことを相談してみる
  2. ありのままの自分を好きになる

自己分析で病んでも大丈夫

 

自己分析で病む必要はないと思えましたでしょうか?

また、もし病んでしまっても対処法はあるので大丈夫です。

病みそうになった時はまたこちらの記事に遊びに来てください。

皆様の心が少しでも軽くなることを願っています!

「就活の教科書」では他にも、就活に役立つ記事がたくさんあります。
ぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 アオイ