【自己分析わからない!】簡単にできる方法5選 | できない人の特徴,難しい時の対処法も

本ページはプロモーションを含みます

【自己分析できない!】自己分析が簡単にできる方法5選 | わからなくても大丈夫

この記事で分かること

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の渡辺です。
就活生の皆さんは、「自己分析が難しくてうまくできない!」と悩んでいる人はいませんか?

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生くん

適当に買った本を読みながら自己分析をやってみたけれど、本当に自己分析できているかよくわからないです・・・

就活生ちゃん

周りの先輩から「早めに自己分析をした方がいいよ」と言われるけど、うまくできないなあ・・・

結局、自己分析って何から始めればいいの?

自己分析をしても、できているのかどうかわからないですよね。

僕も就活中に、「自己分析が難しくてできない・・・これで本当に合っているのか?」と何度も不安になった経験があります。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の渡辺が自己分析がうまくできない人でも自己分析が簡単にできるやり方を紹介します。

合わせて、自己分析できない人が自己分析が簡単にできる方法や、自己分析ができない理由についても解説していきます。

この記事を読めば、「自己分析って難しすぎて一体どうしたらいいの・・・」なんてことを防げれます。

「自己分析がうまくできない!」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「自己分析を簡単にやってみたい」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに【就活生】適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】自己分析が簡単に終わるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

画像タップでページ内に飛びます

自己分析 できない すること>> できない人がするべきこと

自己分析 できない やり方>> 自己分析のやり方

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、客観的な診断を受けられる適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

自己分析ができないのはあなただけじゃない

就活生くん

なんで、以前買った自己分析の本に書いてある通りに自己分析を進めているのにうまくできないのだろう。

このままだと、自己分析ができずに自分のやりたいことがよくわからないまま就活が始まってしまいそうで心配だな。

他にも自己分析ができない人っているのかな・・・

自己分析ができないのはあなただけじゃありません。

僕も、就活を初めて最初に取り組んだ自己分析が全くできずに「こんなに自己分析ができないのに今後の就職活動は大丈夫なのか・・・」と悩んでいた1人でした。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就活中は友達に自分の就活の進捗状況を打ち明けにくいので、自分だけ就活がうまくいかないと不安に感じてしまいやすいです。

しかし、就活中は「自己分析ができない」「自己分析が難しい」とあなたの周りの就活生も同じような悩みを抱えています。

就活を始めた頃は、「とりあえず自己分析を始める人」「目的もなくなんとなく自己分析をやっている人」も多いです。

しかし、正しい自己分析ができていないないまま就活を進めてしまうと、自分のやりたい仕事が分からなかったり、全く選考に通らないまま内定できなかったなんてこともあります。

自己分析ができない人は多くいるので、あなただけじゃありません。

いつの間にか、就活がうまくいかないという事態を防ぐためにも、自己分析ができない人は早めに対策を立ててしまいましょう!

以下の記事で自己分析をやる意味やメリットを紹介しているので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

また「自己分析の簡単なやり方やモチベーショングラフの書き方」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒  【超簡単‼︎】自己分析のやり方3STEP|モチベーショングラフの書き方,アドバイスのもらい方も【就活:転職】

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

自己分析の簡単なやり方(3つのSTEP)

自己分析の簡単なやり方3つのSTEP

就活生ちゃん

そろそろ周り雰囲気も就活モードになり始めてきたので自己分析をやり始めないと・・・

でも、自己分析って何から始めればいいのかわからないな。

就活を始めたての多くの人は自己分析から始めますが、そもそも自己分析って何からしたらいいのかわからないですよね。

では、自己分析がうまくできない人のために、自己分析の簡単なやり方をまとめたので、紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

自己分析の簡単なやり方
  • STEP①:自分史で今までの経験を洗い出す
  • STEP②:モチベーショングラフを書く
  • STEP③:「なぜ」で深堀り、自分の特徴や考え方を見つける

「このステップがめんどくさい…」という就活生には、151問の質問に答えるだけで正確な診断結果がわかる適性診断AnalyzeU+』がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 渡辺

「自分に合った仕事で活き活きと働きたい!」という方はキャリアチケットスカウト診断LINE適職診断」「性格適性診断同時に試してみることをおすすめします。

全ての診断を行うことで、あなたのキャリアに対する考え方や、長所を活かせる職業がわかるので、あなたに合う仕事を見つけやすくなりますよ。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウト診断で自己分析してみる(無料)

>> LINE適職診断を試してみる

>> 性格適性診断でお試し診断をしてみる

STEP①:自分史で今までの経験を洗い出す

自己分析の簡単なやり方の1つ目は、「自分史で今までの経験を洗い出す」です。

自分史(じぶんし)とは、「自分の過去から現在の経験をまとめたもの」です。

まずは、小学校時代から大学時代まで経験してきた出来事を以下の年表のようにざっくりまとめてみましょう。

頑張ったこと 趣味・ハマっていたこと 部活 人間関係 勉強
小学校時代 友達と仲良くする 外で近所の友達と遊ぶこと 少年野球部に所属し、副キャプテンを務めた。 男女関係なく仲が良かった両親をご飯に連れて行くためにアルバイトを頑張った 高学年の時は中学受験のために毎日勉強した
中学校時代 無遅刻無欠席 料理 野球部に入り、毎日誰よりも早く練習を始めた。その結果、2年次からレギュラーに選ばれた。 友達と喧嘩をした1人暮らしで掃除が趣味になった 部活に熱中してあまり勉強はしなかった
高校時代 第一志望校に合格すること 学校帰りに友達とカラオケに行くこと 部活には入らなかった。大学受験のために毎日勉強した。 志望大学に合格するために苦手科目を克服した
大学時代 サークルの新規立ち上げ 旅行 サークルで副会長になった 価値観がとても合う一生の友ができた。 大学で学んだことを実際に身の回り

自分史については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

STEP②:モチベーショングラフを書く

自己分析の簡単なやり方の2つ目は、「モチベーショングラフを書く」です。

モチベーショングラフとは、縦軸をモチベーション、横軸を時間とし、自分の今までのモチベーションの上下を書いていくもので、紙とペンがあれば手軽に自己分析ができます。

STEP①で書き出したエピソードをもとに、ざっくりとモチベーションの変化を振り返ってみましょう。

自分は過去どんな時にモチベーションが上がるかの全体像が見ただけで分かり、なんとなく理解していた自分のことが簡単に分析できるようになります。

 

motivation

参照:【5ステップで完璧!】モチベーショングラフの書き方|内定者が実際に作ったものも紹介

 

モチベーショングラフを使って過去の経験を振り返り、そこから見えた自分から、未来の自分のことがイメージできるのがモチベーショングラフの強みです。

自己分析できない人は、モチベーショングラフを使い簡単に自己分析をしてみましょう。

過去の経験に基づいた自分の強みや価値観は、非常に説得力があるので面接官にとっても響きやすいです。

モチベーショングラフの作り方が知りたい方は、以下の記事で手順を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

STEP③:「なぜ」で深堀り、自分の特徴や考え方を見つける

自己分析の簡単なやり方の3つ目は、「なぜ」で深堀り、自分の特徴や考え方を見つけるです。

モチベーショングラフが書けたら、「なぜこの時にモチベーションが高かったのか?」「なぜ試練を乗り越えられたのか?」など、さらに詳しく考えてみましょう。

例えば、以下のように「なぜ」を考えることで自分の特徴や強みを見つけられます。

質問:中学生時代の一番良い経験は?

テストの点数が良くて、みんなに褒められた。塾長にも褒められた。嬉しかった。
↓なぜ嬉しかった?
みんなに褒められて、認められた気がしたから
自己肯定感が上がったから
それ以来みんなが自分を頼るようになったから
↓これらから何がわかる?
みんなに頼られたい性格、みんなに褒められるのが好き

自己分析の深堀り方は、以下の記事で手順を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

自己分析ができない人は、とりあえず自己PR/ガクチカ/志望動機を埋めてみるのもおすすめです。

自己PR/ガクチカ/志望動機を埋めれば、就活で重要なエントリーシートが完成するため、最短ルートで自己分析の目的が達成できます。

書くときに意識してほしいことはことは、とりあえず・無理やりでも書いてみることです。

自己PR/ガクチカ/志望動機を人に見せて、アドバイスしてもらうとさらに自己分析の精度が高まりますよ。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

ES(エントリーシート)を添削してもらえる人がいない人は、「就活エージェント」をおすすめします。

例えば「ミーツカンパニー就活サポート」では、就活のスペシャリストがES(エントリーシート)添削から面接対策までしてくれます

また適性診断や面談によって、厳選企業からあなたに合う企業を紹介してくれるのでぜひ一度利用してみてください。

 

>> ミーツカンパニー就活サポートを使ってみる

 

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

自己分析できない/わからない人に向けた簡単な方法5選

自己分析できない! 簡単に自己分析できる方法5選

就活生くん

自己分析をいろいろ試してみたけど、それでも自己分析がうまくできない・・・
自己分析を進めるための、何か良い方法を教えてください・・・

「どうしても自己分析ができない!」という人もいますよね。
では次に、自己分析ができない人でも自己分析が簡単にできる方法を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渡辺

自己分析できない人がするべき5つのこと
  • するべきこと②:友達に他己分析してもらう
  • するべきこと③:就活エージェントに深掘りしてもらう
  • するべきこと④:OB訪問で深掘りしてもらう
  • するべきこと⑤:とりあえず面接を受ける

それでは、自己分析できない人がするべき5つのことをそれぞれ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

するべきこと①:自己分析ツールを使う

自己分析できない人がするべきこと1つ目は、「自己分析ツールを使う」です。

サービスにもよりますが、質問には数分〜10分程度で答えられるので、電車の移動時間などを使って気軽に自己分析できます。

キミスカ適性検査なら、客観的な統計データをもとに6タイプ25項目で分析できて便利です。

たとえば、価値観・ストレス耐性・向いている職業など、自分では分析出来ない項目まで分かりますよ。

キミスカ適性検査は、年間で10万人以上が利用している実績もありますよ。

キミスカの口コミを以下にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

「自己分析ツールを使って、簡単に自己分析したい!」就活生は、以下の記事で自己分析ツールを詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

 

するべきこと②:友達に他己分析してもらう

自己分析できない人がするべきこと2つ目は、「友達に他己分析してもらう」です。

他己分析をしてもらうことで、自分ができない自己分析を代わりにしてもらえます

自分以外の人に自分を評価・分析してもらうのは、自分が当たり前だと思っていたことなども強みだと教えてもらえたりもします。

自己分析ができないときは、友達や先輩などに自分の強みを聞いて自分を客観的に知りましょう。

また、他己分析では自分の強みを具体的に言語化してもらえるのも良い点ですよ。

以下の記事で他己分析のやり方を詳しく紹介しているんで、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

するべきこと③:就活エージェントに深掘りしてもらう

自己分析できない人がするべきこと3つ目は、「就活エージェントに深掘りしてもらう」です。

就活エージェントとは、就活のプロが就活全般のサポートを行ってくれるサービスです。

自己分析は、自分一人で深掘りするのには必ず限界があるため、第三者、特に就活のプロにサポートしてもらうのが一番いいです。

そこで、最もおすすめする就活エージェントは、ミーツカンパニー就活サポートです。

プロのアドバイザーが自己分析を手伝ってくれるため、自分の過去や業界選びの軸などをスッキリ整理できますよ。

就活のプロにサポートしてもらえば、あなたの本質に迫る自己分析が出来ま

自己分析を踏まえて、あなたに合った企業をアドバイザーがピックアップしてくれるのでオススメです。

自己分析に自信がない方や、自分に合った企業が分からない就活生は、ミーツカンパニー就活サポートを利用してみましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

>> ミーツカンパニー就活サポートを使ってみる

 

就活エージェントに関して詳しく知りたい就活生は、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

 

するべきこと④:OB訪問で社会人に深掘りしてもらう

自己分析できない人がするべきこと4つ目は、「OB訪問で社会人に深掘りしてもらう」です。

OB訪問では、社会人に自分が自己分析できないのは何故なのか教えてもらえます。

OBの人たちも、就職活動中は自己分析ができなくて悩んだ過去があり、自己分析ができない人の原因や気持ちが分かるのでぜひ相談してみましょう。

OB/OGの先輩方は皆さんとは初対面の場合が多いので、あなたの価値観や強み・弱みについて知っているわけではありません。
だからこそ、客観的にあなたの価値観や印象について分析してくれます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生くん

自己分析が難しいのでOB訪問したいのですが、自分の近くにOBの人がいないです。

どうすればいいですか・・・

OB訪問する社会人を探す場合は、OB訪問アプリを使うのがおすすめです。
特におすすめするOB訪問アプリは「ビズリーチ・キャンパス」です。

日本を代表する企業の先輩が、就活の軸や企業選びなどの就活の不安について親身に聞いてくれます。

他におすすめのOB訪問アプリはこちらの記事にまとめています。ぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

するべきこと⑤:とりあえず面接を受ける

自己分析できない人がするべきこと5つ目は、「とりあえず面接を受ける」です。

とりあえず面接を受けてみて、質問に答えることで、本当の自分の気持ちに気づけることもあります。

「自己分析できない…」と悩んでいる就活生の方は、面接で自己分析が進めるのも一つの方法です。

 

また、自己分析ができないときは、説明会に参加するのも有効です。

今まで知らなかった業界・企業と出会える可能性があります。

反対に、「この業界や企業は合わないな…」と感じたら、その合わない原因を言語化することで、自己分析に繋がります

 

さらに、企業説明会の他に合同企業説明会(合説)があります。

この合説は、企業説明が一回につき20分など短時間であることが多いです。

簡単に業界や企業の雰囲気などを掴めるので、自己分析には向いています。

面接では色んな質問が飛んでくるので、自分について色んな視点で考えることになります。
面接を受けることで、今まで考えれていなかった部分についても考えることができ、更に自己分析が深まりますよ。

面接や合同説明会に関しては、以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

                                                   

自己分析に役立つ記事一覧

自己分析を時間をかけずに終わらせるには、 「①自己分析ツールを使う」 「②効率的な自己分析のやり方を知る」 という2つのやり方があります。

「自己分析をやらなければならないと分かっているけどめんどくさい」 という就活生はこれらの方法を使って自己分析をすることで、簡単に強みや向いている仕事が分かるようになるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

自己分析の効率的なやり方

①自己分析ツールを利用する
自己分析ツール

②効率的な自己分析のやり方を知る
自己分析のやり方

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【原因は?】自己分析ができない人の5つの特徴

就活生くん

とりあえず自己分析ツールを活用して自己分析しようと思います。

でも自己分析ってなぜ上手くできないのだろう・・・

自己分析ができない人のためにまず、そもそもなぜ自己分析がうまくできないのか、特徴を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渡辺

自己分析ができない人の5つの特徴
  • 特徴①:過去の出来事を振り返るだけになっている
  • 特徴②:自己分析をしすぎて、本来の目的を見失っている
  • 特徴③:本当の自分に向き合うことを恐れている
  • 特徴④:短所や弱みしか見つからない
  • 特徴⑤:自己分析ができない自分から逃げてしまう

自己分析がうまくいかない理由がわからないまま就活を進める前に、原因を知っておきましょう。

それでは、自己分析ができない人の特徴5つを、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴①:過去の出来事を振り返るだけになっている

自己分析ができない人の特徴1つ目は、「過去の出来事を振り返るだけになっている」です。

今までの出来事を振り返るだけでは、自分の強みや弱み、興味のある業界などはわからず、自己分析できないです。

過去の出来事の中でも、「なぜ中学時代が楽しくなかったのか」「なぜ部活が楽しかったのか」など、感じた理由を考えましょう。

理由を考えることで、自分の性格や興味などが理解できます。

過去の事実に「なぜ?」を問いかけて、自分の価値観を把握しましょう。

「過去の出来事をもとに自己分析したい」就活生には、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴②:自己分析をしすぎて、本来の目的を見失っている

自己分析ができない人の特徴2つ目は、「自己分析をしすぎて、本来の目的を見失っている」です。

自己分析をしすぎると、本来の自己分析の目的からかけ離れてしまいます。

自己分析がうまくできない場合は、「これだけ考えてもわからないんだから仕方ない。とりあえず面接でも受けてみよう。」と割り切って行動することも大切です。

自己分析の本来の目的は、「自分の強みや特徴を知ること」です。
そのため、自分の中で答えを割り切ることも大切です。

自己分析の目的は以下の記事で解説しています。
「そもそも、自己分析をする意味がわからない」と考えている就活生は、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴③:本当の自分に向き合うことを恐れている

自己分析ができない人の特徴3つ目は、「本当の自分に向き合うことを恐れている」です。

自己分析では、他人に見せたくないような自分の弱みを受け入れることも必要です。

弱い自分を受け入れないと、自己分析はいつまでたってもできません。

自己分析では、自分の弱みも把握した上で、強みに目を向けることが大切です。
決して自己分析ができないわけではありませんよ。

もし自己分析をしすぎて病んでしまった場合は、以下の記事が役立つので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴④:短所や弱みしか見つからない

自己分析ができない人の特徴4つ目は、「短所や弱みしか見つからない」です。

誰でも、自分のマイナスな面からは目をそむけたくなってしまいますが、どんな人も長所と短所の両方があります。

短所しか見つからない」という人は、短所を長所に言い換えてみましょう。

例えば、以下のような言い換えがあります。

  • 優柔不断→物事を吟味できる
  • 周りに流されやすい→協調性がある
  • 頑固→粘り強い

「自己分析で短所しか見つからない…」という方は、以下の記事が役立つので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

特徴⑤:自己分析ができない自分から逃げてしまう

自己分析ができない人の特徴5つ目は、自己分析ができない自分から逃げてしまうです。

できないことをやるのはとても辛いことですが、始めは上手くできなくて当然です。

ですので、まず自分の経験を書き出すことから自己分析を始めてみましょう。

回数を重ねたり周りからアドバイスをもらったりすることでどんどん自己分析の質が上がっていきます。

「一人で自己分析をするのが難しい」という方は、就活エージェントがおすすめです。

以下に詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

そもそも自己分析の目的って何?

就活生ちゃん

ここまで、自己分析ができない理由や自己分析のやり方などわかりましたが、そもそも自己分析って何のためにするんですか?
私は自己分析をする意味がわからないです・・・

なんとなく自己分析をしている人も多いので、自己分析の目的がわからない人も多いですね。

最後に、そもそも自己分析をする目的についておさらいします。

「就活の教科書」編集部 渡辺

そもそも自己分析の目的って何?
  • 目的①:企業選びの軸を明確にするため
  • 目的②:自分自身を相手に理解してもらうため

 

目的①:企業選びの軸を明確にするため

自己分析をする目的1つ目は、「企業選びの軸を明確にするため」です。

企業を選ぶ上で、自分の性格や特徴について理解しておくことは欠かせません。

企業を選ぶ上で重視する内容は人によって異なり、それらは自分の価値観に依存しています。

したがって、価値観を明確にするための自己分析は、企業選びの軸を作る上で重要です。

せっかくなので、企業選びの軸を明確にする例をご紹介します。

「就活の教科書」編集部 渡辺

企業選びの軸を明確にする例
①:過去の経験を振り返り、自分の大切にしている価値観を明確にする
②:その価値観を基に、ゴール(自分のしたいことやなりたい姿)を設定する
③:そのゴールの達成に必要な要素と、現在の自分を比較して、何が足りていないのかを明確にする
④:その足りていない要素こそが、仕事を選ぶ上での軸となる


①:今までお金や評価ではなく、「自分がいかにやりがいを感じるか」を大事にしてきた
②:将来的にも、仕事を通してやりがいを感じ続けたい
③:やりがいを感じる仕事をし続ける立場でいるためには、自分に選択する力、つまり能力をつける必要がある
④:失敗を繰り返して成長してきた自分が能力をつけるためには、役割が明確化している企業よりも、自分の役割を越えて色んな仕事に失敗しながら挑戦していけるベンチャー気質のある企業の方が向いている

そして、この企業に求めるものを明確にするために、自分の価値観を明確にする手段である自己分析が必要だと言えます。

 

「企業選びの軸(就活の軸)」の作り方/見つけ方は、こちらの記事でより詳しく解説しています。合わせて見てみてください。

 

目的②:自分自身を相手に理解してもらうため

自己分析をする目的2つ目は、「自分自身を相手に理解してもらうため」です。

自分の魅力を面接官に伝えられないと、面接官もあなた自身がどんな人なのかわからず、採用したいとは思えません。

したがって、内定をもらうためにも、自己分析をして自己理解を深めることは欠かせません。

自分自身については、感覚的に分かっているつもりでも案外分かっていなかったり、いざ言語化するとなると何を伝えて良いのかわからなくなりがちです。

今までの経験や日頃感じていることを基に自分の価値観を明確にし、自分自身について、相手にわかりやすく伝えれるようにしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:自己分析がうまくできないのは、あなただけじゃない

今回の「【自己分析できない!】自己分析が簡単にできる方法5選 | わからなくても大丈夫」はいかがでしたか。

この記事では、自己分析ができない理由と自己分析のやり方について説明しました。

また、自己分析ができない就活生の方に向けて、自己分析の目的についても解説しました。

今回の記事のおさらいをします。

自己分析ができない理由まとめ

自己分析ができないのはあなただけじゃない

自己分析の簡単なやり方3つのSTEP

  • STEP①:モチベーショングラフを書く
  • STEP②:とりあえず自己PR/ガクチカ/志望動機を埋めてみる
  • STEP③:自己PR/ガクチカ/志望動機を人に見せて、アドバイスしてもらう

自己分析できない人がするべき5つのこと

  • するべきこと①:自己分析ツールを使う
  • するべきこと②:友達に他己分析してもらう
  • するべきこと③:就活エージェントに深掘りしてもらう
  • するべきこと④:OB訪問で社会人に深掘りしてもらう
  • するべきこと⑤:とりあえず面接を受ける

自己分析ができない3つの理由と対策

  • 理由①:過去の出来事を振り返るだけになっているから
  • 理由②:自己分析をしすぎて、本来の目的を見失っているから
  • 理由③:本当の自分に向き合うことを恐れているから

そもそも自己分析の目的って何?

  • 目的①:企業選びの軸を明確にするため
  • 目的②:自分自身を相手に理解してもらうため

まとめ:自己分析がうまくできないのは、あなただけじゃない

自己分析とは、就職活動の本質と言っても過言ではありません。

実際、僕はしっかりと自己分析に基づいた企業選択をしてからは一度も選考に落ちたことはありません。

(しっかり自己分析ができていなかった頃は、落ちまくりでした)

皆さんも素直に自分と向き合うことで、納得感を持って就活を終えれるようにしましょう。

「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事を公開しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺