>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【回答例あり】自己分析の重要な質問項目一覧50個

【回答例あり】自己分析の重要な質問項目一覧50個

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めば分かること
  • 自己分析の目的は自分に合った仕事や生きがいを見つけること
  • これだけは答えたい!自己分析の質問項目50個
  • 自己分析の質問の答え方

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のもときです。
この記事を読んでいる就活生の皆さんは、「自己分析をしようと思っているんだけど、どんな質問に答えればいいんだろう?」、という疑問を持っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

僕は大学の先輩から自己分析が大切だと言われました。
自己分析の質問てどんな質問があるのかな。

就活生ちゃん

私も自己分析を始めようと思っているんだけど、どんな質問項目があって、どの質問にどのように答えればいいかがわかりません。

そうですよね。
自己分析を始めたばかりだと、どうやって自己分析をやっていいのかって分からないですよね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

そこでこの記事では、自己分析におすすめの質問項目について紹介します。

加えて、自己分析を行う目的や自己分析の質問の答え方についても解説します。

この記事を読めば、どのような自己分析の質問に答えればよいのかが理解できますよ。

「自己分析の質問項目ってどんなものがあるの?」「自己分析の質問ってどのように答えればいいの?」、などの疑問を抱えている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてください

 

 

自己分析の目的は自分に合った仕事やライフスタイルを見つけること

就活生くん

自己分析は大切だといろんな人が言っていますが、なぜ自己分析が大切なのでしょうか?

自己分析が大切な理由は、自分を分析することによって自分の性格や長所を知り、自分が幸せに生きるための働き方が理解できるからです。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

自己分析では過去の経験について振り返ります。

例えば過去に、「やっていることは面白くなかったけど、友達と一緒にやっていたから楽しかった」という経験がある人は、仕事内容よりも一緒に働く人を軸に仕事を選ぶ方が幸せになれるでしょう。

また、「お金は何よりも大切だ!」と思っていても、自己分析をすることでそこまで自分にとってお金は必要ではないことなどがわかったりします。

自己分析をすることによって、自分に合った働き方や自分が幸せになれる生き方が理解できるのです。

では早速、自分のことを理解するための自己分析の質問項目について紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

【厳選】自己分析の質問項目

自己分析は、節目ごとに分けて行うのがおすすめです。
理由は、整理がしやすくより深く自分のことを理解できるからです。
この記事では、以下のこれまでの人生を以下の5つの節目に分けて質問を用意しました。

「就活の教科書」編集部 もとき

質問項目50個
  • ジャンル①:幼少期に関する質問10個
  • ジャンル②:小学生時代に関する質問10個
  • ジャンル③:中学生時代に関する質問10個
  • ジャンル④:高校生時代に関する質問10個
  • ジャンル⑤:大学生時代に関する質問10個

それぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

ジャンル①:幼少期に関する質問項目10個

幼少期に関する質問項目を以下に10個列挙しました。

「就活の教科書」編集部 もとき

幼少期に関する質問項目10個
  • 自分の性格を一言で表すと?
  • 一番楽しかった経験は?
  • 一番辛かった経験は?
  • どんな家庭で育ったか?
  • どんな教育を受けていたか?
  • どのようなタイプの人と気が合ったか?また苦手だったタイプは?
  • 自分の長所と短所は?
  • 一番やりたくなかったことは?
  • 一番許せない出来事は?
  • ポジティブだったか?ネガティブだったか?

以上の質問項目10個が幼少期に関する質問です。
幼少期から小学校低学年にかけて人の性格は形成されると言われています。
幼少期のことも頑張って思い出して、質問に答えてみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

ジャンル②:小学生時代に関する質問項目10個

小学生時代に関する質問項目を以下に10個列挙しました。

「就活の教科書」編集部 もとき

小学生時代に関する質問項目10個
  • 自分の性格を一言で表すと?
  • コミュニケーションは得意だったか?苦手だったか?
  • 一番嬉しかった経験は?
  • 一番苦しかった経験は?
  • 得意科目と苦手科目は?
  • 言われたことをやるのが好きだったか?自分から何かをやるのが好きだったか?
  • どのようなタイプの人と気が合ったか?また苦手だったタイプは?
  • どういう時にテンションが上がったか?またどういう時にテンションが下がったか?
  • 熱中していたことは?
  • 気が強い方だったか?弱い方だったか?

以上の質問項目10個が小学生時代に関する質問10個です。
僕はちょっとしたことで怒る人がとても苦手でした!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

ジャンル③:中学生時代に関する質問項目10個

中学生時代に関する質問項目を以下に10個列挙しました。

「就活の教科書」編集部 もとき

中学生時代に関する質問項目10個
  • 自分の性格を一言で表すと?
  • 一番憂鬱だと感じた時は?
  • 一番努力した経験は?またなぜ頑張れた?
  • 一番嬉しかった経験は?
  • 自分から積極的に物事をするタイプだったか?
  • 一番傷ついた経験は?
  • 一番恥ずかしかった経験は?
  • 苦手な事は何だったか?またなぜそれが苦手なのか?
  • 外交的だったか?内向的だったか?
  • 一番大切にしていた考えは?

以上の質問項目10個が中学生時代に関する質問です。
僕はモテたかったので、勉強とサッカーを猛烈に頑張りました!
僕の場合、「モテたい」という感情が自分の行動を決める基準になっていました。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

中学時代は、長所や短所が形成されやすい時期ですので、注意深く自己分析しましょう。

自己分析の長所/短所の見つけ方を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

ジャンル④:高校生時代に関する質問項目10個

高校生時代に関する質問項目を以下に10個列挙しました。

「就活の教科書」編集部 もとき

高校生時代に関する質問項目10個
  • 自分の性格を一言で表すと?
  • 決断時の判断基準は?
  • 一番苦しかった経験は?
  • 一番楽しかった経験は?
  • どういうタイプの人と気が合ったか?また苦手なタイプは?
  • 一番の挫折経験は?
  • 一番傷ついた経験は?
  • チームで成し遂げたことは?
  • 一人でいるのが好きだったか?みんなといるのが好きだったか?
  • どういう時に幸福を感じた?

以上の質問項目10個が高校生時代に関する質問です。
僕は周りの人を笑わせられた時にとても幸福を感じました。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

ジャンル⑤:大学生時代に関する質問項目10個

大学生時代に関する質問項目を以下に10個列挙しました。

「就活の教科書」編集部 もとき

大学生時代に関する質問項目10個
  • 自分の性格を一言で表すと?
  • なぜその大学を選んだのか?
  • 大学生時代に一番力を入れて取り組んだ事は?
  • アルバイトはしていたか?なぜそのアルバイトを選んだか?
  • どういう時に幸福を感じたか?
  • どういうタイプの人と気が合ったか?また苦手なタイプは?
  • 一番苦しかった経験は?
  • 一番の成功体験は?
  • ポジティブだったか?ネガティブだったか?
  • 自分の長所と短所は?

以上の質問項目10個が大学生時代に関する質問です。
これまで列挙してきた50個の質問に答えることで、自分のことについてある程度理解できます。

「結局自分はどういう人間なの?」という部分で行き詰ってしまった人は、自己分析で性格を知る方法がありますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

自己分析をして就活の軸を決めたら、企業の決め方、見つけ方を定めなければなりません。

企業選びに関して、不安な人は下記の記事を合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 もとき

ちなみに、自己分析をするときは統計データをもとにした分析結果がわかる自己分析診断がおすすめです。

たとえば「キミスカ適性検査」を使って、41項目の分析結果より、自分の強みの活かし方を見つけてみましょう。

人事さん

キミスカ適性検査を見てみる

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

【おすすめ】より深く自己分析をしたい就活生はメモの魔力を活用しよう

自己分析の質問項目が50個だけでは物足りない、もっと自分のことについて理解したい就活生は「メモの魔力」を使うのがおすすめです。

メモの魔力とは、主にメモの取り方と自己分析の質問項目1000問が掲載されている本です。

メモの魔力には自己分析に関する質問が1000問掲載されているため、より深く自分のことについて理解できます。

以下にメモの魔力に関する記事と、メモの魔力が購入できるリンクを貼っておくので、興味のある就活生はぜひ参考にしてみてくださいね。

メモの魔力はこちらから

 

自己分析で自分に対する質問をし続けることがしんどいと感じる人は、自己分析ツールを使って簡単に自己分析をしていきましょう。

無料の自己分析ツールおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

自己分析の質問の答え方

就活生くん

自己分析でどんな質問に答えればいいのかはわかりました。
けど、どんな感じで回答していけばいいんですか?

自己分析の質問に対しては以下の順番で回答するとより自分について理解できますよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

自己分析の質問に対する回答の流れ
  1. 質問に対して端的に答える
  2. 自分の価値観が理解できるまで回答に対して「なぜ」を問いかける

それぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

順番①:質問に対して端的に答える

「順番①」として自己分析の質問に対して端的に回答します。

回答は複数個あった方が自分のことについて理解できるので、回答は複数個用意しておくのがよいですよ。

「中学生時代に嬉しかった経験は?」の質問に対して回答してみました。

自己分析 項目

まずは、質問とその答えを端的に書きました。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

順番②:自分の価値観が理解できるまで回答に対して「なぜ」を問いかける

「順番②」では自分の価値観が理解できるまで回答に対して「なぜ」を問いかけます

なぜを問いかけることによって、自分がどういう人間なのかが理解できます。

なぜを問いかけて分かったことを書いておくのがおすすめです。

実際になぜを問いかけてみました。

自己分析 項目

僕はこの質問から、褒められるのがとても嬉しい・人から認められると嬉しい、ということがわかりました。

以上の手順を全ての質問項目に対して行うことで、自分についての理解が深まりますよ。

 

もっと詳しく自己分析について知りたいという就活生は以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

自己分析には無料の診断ツールも便利

就活生ちゃん

自己分析のやり方は理解してるつもりだけど、やっぱりちょっと難しい・・・。

簡単に自己分析を進める方法ってないのかな?

自己分析を簡単に進めたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー

自己分析の診断ツール 診断結果

 

メモ

代表的な自己分析ツールには、「キミスカ適性検査」があります。

キミスカ適性検査はキミスカに登録することで、無料で利用できるようになります。

就活生120,000人以上が利用している、人気自己分析ツールです。

キミスカ適性検査で自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですね。

キミスカ適性検査の評判や使い方は、 【内定者が実験】キミスカ適性検査って本当に当たる? 高得点も狙ってみたという記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:自己分析を通して自分に合う仕事とライフスタイルを見つけよう

本記事、「【就活で使える】自己分析の重要質問項目を50個一覧 | 書き方,回答例も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、自己分析におすすめの質問項目について解説しました。

加えて、自己分析を行う目的や自己分析の質問の答え方についても解説しました。

 

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もとき

この記事のまとめ

◆自己分析の目的は自分に合った仕事やライフスタイルを見つけること

 

◆幼少期に関する質問10個

  • 自分の性格を一言で表すと?
  • 一番楽しかった経験は?
  • 一番辛かった経験は?
  • どんな家庭で育ったか?
  • どんな教育を受けていたか?
  • どのようなタイプの人と気が合ったか?また苦手だったタイプは?
  • 自分の長所と短所は?
  • 一番やりたくなかったことは?
  • 一番許せない出来事は?
  • ポジティブだったか?ネガティブだったか?

 

◆小学生時代に関する質問10個

  • 自分の性格を一言で表すと?
  • コミュニケーションは得意だったか?苦手だったか?
  • 一番嬉しかった経験は?
  • 一番苦しかった経験は?
  • 得意科目と苦手科目は?
  • 言われたことをやるのが好きだったか?自分から何かをやるのが好きだったか?
  • どのようなタイプの人と気が合ったか?また苦手だったタイプは?
  • どういう時にテンションが上がったか?またどういう時にテンションが下がったか?
  • 熱中していたことは?
  • 気が強い方だったか?弱い方だったか?

 

◆中学生時代に関する質問10個

  • 自分の性格を一言で表すと?
  • 一番憂鬱だと感じた時は?
  • 一番努力した経験は?またなぜ頑張れた?
  • 一番嬉しかった経験は?
  • 自分から積極的に物事をするタイプだったか?
  • 一番傷ついた経験は?
  • 一番恥ずかしかった経験は?
  • 苦手な事は何だったか?またなぜそれが苦手なのか?
  • 外交的だったか?内向的だったか?
  • 一番大切にしていた考えは?

 

◆高校生時代に関する質問10個

  • 自分の性格を一言で表すと?
  • 決断時の判断基準は?
  • 一番苦しかった経験は?
  • 一番楽しかった経験は?
  • どういうタイプの人と気が合ったか?また苦手なタイプは?
  • 一番の挫折経験は?
  • 一番傷ついた経験は?
  • チームで成し遂げたことは?
  • 一人でいるのが好きだったか?みんなといるのが好きだったか?
  • どういう時に幸福を感じた?

 

◆大学生時代に関する質問10個

  • 自分の性格を一言で表すと?
  • なぜその大学を選んだのか?
  • 大学生時代に一番力を入れて取り組んだ事は?
  • アルバイトはしていたか?なぜそのアルバイトを選んだか?
  • どういう時に幸福を感じたか?
  • どういうタイプの人と気が合ったか?また苦手なタイプは?
  • 一番苦しかった経験は?
  • 一番の成功体験は?
  • ポジティブだったか?ネガティブだったか?
  • 自分の長所と短所は?

 

◆自己分析の質問の答え方

  1. 質問に対して端的に答える
  2. 自分の価値観が理解できるまで回答に対して「なぜ」を問いかける

自己分析を本気でやるかやらないかによって、今後の人生が満足できる人生になるかが決まると言っても過言ではないです。
自己分析をしっかり行って自分のことを理解し、自分に合った仕事やライフスタイルを見つけてみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき