>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【上手にできる】自己分析のフレームワーク7つまとめました!注意点,目的も

【上手にできる】自己分析のフレームワーク7つまとめました!注意点,目的も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 自己分析をする目的は、面接官に自分のことを伝えられるように言語化するため
  • 自己分析のフレームワークおすすめ7選
  • 自己分析のフレームワークを使うときの注意点

 

就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の中村です。

今回は、自己分析のフレームワークを紹介します。

就活生のみなさんは、フレームワークを使って自己分析したことはありますか?

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

僕は、自己分析のフレームワークがよく知らなくて、自己流でしています。

ただ深堀りがしにくいので、自己分析のフレームワークにはどんなものがあるのか気になります。

就活生ちゃん

就活を始めたばかりで、自己分析が大事だとはわかっているんですが、どうすればいいか分からなくて結局自己分析が上手く進みません。

効率的に自己分析をしたいけど、どうすればいいのかな…。

そうですよね。私も自己分析を上手くする方法を探すのにすごく時間を使って、結局いつも自己分析が進まないことがよくありました。

実際、「自己分析を始めてみたものの、これでいいのかな」「どうすれば効率的に自己分析が出来るんだろう」と悩んでいる就活生も多いです。

「就活の教科書」編集部 中村

 

そこで、この記事では、「就活の教科書」編集部の中村が、自己分析のフレームワークおすすめ7選や自己分析のフレームワークを使う時の注意点を解説します。

合わせて、自己分析をする目的フレームワークの意味についても説明します。

この記事を読めば、「自己分析を上手くする方法が分からない」「オリジナルの自己分析方法で大丈夫なのかな」という不安が無くなりますよ。

「自己分析のやり方に不安がある」就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

(おさらい)自己分析をする目的

就活生ちゃん

就活で自己分析大事って言われるけど、そもそも自己分析をする目的って何でしたか?
それでは、簡単に自己分析をする目的を簡単におさらいしますね。

「就活の教科書」編集部 中村

(おさらい)自己分析をする目的
  • 目的①:面接官に自分のことを伝えられるようになる
  • 目的②:就職活動の軸を決める 
自己分析をする目的は主に上の2つです。

どちらも自己分析した結果を言語化して、相手に自分が伝えられるようになることが大事です。

自己分析についてもっと知りたい就活生は、こちらの記事を読んでみてください。

自己分析に役立つ本や自己分析のおすすめのやり方を知ることができますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

自己分析はフレームワークを使うと効率的

自己分析のフレームワークを使うと、抜け漏れがなく自己分析を進めやすいのでおすすめです。

ただそうはいうものの自己分析のフレームワークの解釈があいまいなので、改めて整理しておきますね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

ズバリ、自己分析のフレームワークとは、手順を踏めば誰でも効率的に自己分析を進められる方法を指します。

自己分析のフレームワークはそれぞれ特徴があります。

そこで、次からは特徴が異なる自己分析のフレームワークが7つあるので、紹介していきますね。

 

自己分析のフレームワークおすすめ7選

ここからは自己分析のフレームワークおすすめ7選を紹介します。

「就活の教科書」編集部 中村

自己分析のフレームワークおすすめ7選
  • おすすめ①:自分史
  • おすすめ②:人生曲線(モチベーショングラフ)
  • おすすめ③:SWOT分析
  • おすすめ④:自己分析表(自己分析シート)
  • おすすめ⑤:Will,Can,Mustの3つの輪
  • おすすめ⑥:マインドマップ
  • おすすめ⑦:自己分析1000問
それでは、自己分析のフレームワークおすすめ7選をそれぞれ解説していきますね。

自己分析する際に、参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

おすすめ①:自分史

1つ目のおすすめする自己分析のフレームワークは、「自分史」です。

過去に経験したことを幼少期から現在まで、こと細く覚えているかぎりノートに書き出してみましょう。

幼少期はあんまり記憶がないという就活生は、小学生の時や高校生の時などに分けて書き出してみましょう。

またイベントや行事の時だけでなく、些細なことや日常的なことも書き出しましょう。

例えば、「小学生の時〇〇君とこんなことで喧嘩したな」「クラスで話し合いをしたときはこんなふうに意見したな」でも構いません。

私も実際にやったことがあるフレームワークです。

パソコンでするよりも、ノートに実際に書き出す方が思い出しやすいですよ。

書き出していくうちに、様々なことが関連し、こうなったんだと繋がりが見えてきます

「自分史作ってみようかな」「自分史についてもっと知りたい」就活生は、自分史を作るときの注意点や使い方が分かるので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

おすすめ②:人生曲線(モチベーショングラフ)

2つ目のおすすめする自己分析のフレームワークは、「人生曲線(モチベーショングラフ)」です。

「モチベーショングラフの名前自体は聞いたことあるな」という就活生も多いかもしれません。

人生曲線(モチベーショングラフ)とは、過去から現在に至るまでのモチベーションの変化を折れ線グラフで表す方法です。

横軸に時間(年齢)、縦軸にモチベーションをとり、グラフを書いていきます。

過去にモチベーションに影響した出来事と、その時の感情も合わせてグラフに書きましょう。

例えば、「小学生5年のとき、それまで運動会でリレー選手だったのに、リレー選手で出られなくてしばらく落ち込んだ」という些細なことでも、覚えていれば書きましょう。

人生曲線(モチベーショングラフ)を書くことで、自分はどういう時にモチベーションが上がったり、下がったりするのかが分かりますよ。

モチベーショングラフについてもっと知りたい就活生は、実際に内定者が書いたモチベーショングラフや詳しいモチベーショングラフの書き方が分かるので、こちらの記事を合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

おすすめ③:SWOT分析

3つ目のおすすめする自己分析のフレームワークは、「SWOT分析」です。

SWOT分析は通常、企業分析に使われることが多いです。

SWOTとは、下に明記した英単語の頭文字を意味します。

合わせて、自己分析でSWOT分析を使う場合、それぞれ何を意味するか説明しますね。

SWOTとは
  • Strength(強み):自分の強み、過去の経験から得た考え方や知識など
  • Weakness(弱み):自分の弱み、課題
  • Opportunity(機会):社会や会社の動きや景気などを見て、自分が役に立てそうな部分
  • Threat(脅威):社会や会社の動きや景気などを見て、自分の強みや弱みと合わない部分
そして、SWOTの表を作成し、それぞれの欄にひたすら書き出していきます

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

Strength(強み)やWeakness(弱み)は書き出せるけど、Opportunity(機会)とThreat(脅威)がいまいちわからないな。
例えば、英語が得意な就活生にとってOpportunity(機会)は「A社の英語に対する需要の増加」などが当てはまります。

また、Threat(脅威)は「AI事業の増加による雇用減少」などが当てはまります。

「就活の教科書」編集部 中村

 

表にまとめ終えたら、次はクロスSWOT分析をします。

クロスSWOT分析とは、それぞれの要素を掛け合わせて具体的な問題点を見つける方法です。

掛け合わせ方は以下の4つです。

  • Strength(強み)×  Opportunity(機会)
  • Strength(強み)×  Threat(脅威)
  • Weakness(弱み)×  Opportunity(機会)
  • Weakness(弱み)×  Threat(脅威)

 

次にクロスSWOT分析をした結果、表出してきた問題点をまとめましょう。

そして、問題点に優先順位をつけましょう

優先順位を付けることで、問題解決には何から取り組むべきか明確になり、行動へと移しやすくなりますよ

SWOT分析について詳しく知りたい就活生は、この記事を読めば、SWOT分析のメリットやSWOT分析の詳しい手順がわかるので読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

おすすめ④:自己分析表(自己分析シート)

4つ目のおすすめする自己分析のフレームワークは、「自己分析表(自己分析シート)」です。

自己分析表やシートを作成し、項目ごとに記入していく自己分析の方法です。

過去の経験を書き、項目に従い、経験を深堀りしていくことで自分の強みや弱みが明確になりますよ。

あらかじめ深堀りをするために質問ごとに項目を作ることで、一人でも深堀りがしやすい点がメリットですね。

自己分析シートについてもっと知りたい就活生は、こちらの記事を読めば、自己分析シートの詳しい書き方が分かりますよ。

ぜひ、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

おすすめ⑤:Will,Can,Mustの3つの輪

5つ目のおすすめする自己分析のフレームワークは、「Will,Can,Mustの3つの輪」です。

WillとCanとMustの3つの視点でそれぞれ書き出します。

それぞれの意味は下の通りです。

Will:やりたいこと

Can:出来ること

Must:やらなければならないこと

 

就活生ちゃん

言葉の意味は分かるんですけど、いまいち何を書き出すのかピンときてないです。
それでは、もう少し具体的に説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

まずWillではやりたいことを書き出します。

「自分は何をやりたいのか」「自分はどんな人物になりたいのか」「どういう人生を歩みたいのか」などを自分に問いかけて、出来るか不安でも良いので、とにかく書き出しましょう。

「今は特に答えが浮かばない」就活生はどうして浮かばないか考えてみましょう。

考えることを邪魔している要素が分かることも、自己分析です。

 

次にCanでは出来ることを書き出します。

「自分は何が出来るのか」「自分はどういうスキルを持っているか」を問いかけて、思い浮かぶことを書き出しましょう。

「僕なんて何もできないよ」「私は〇〇しか出来ないな」と謙虚になることは、Canを狭めてしまうので控えましょう

それでもCanが浮かばない就活生は、家族や友人など周りの人に聞いてみましょう。

 

そして最後にMustでは、やらなければならないことを書き出します。

周りから求めれることを指します。

具体的に言い換えれば、仕事や業界で求められていることです。

したがってMustは自分の意思とは全く関係がありません。

就活生くん

3つそれぞれ書き出すことは分かったんですが、これが何を意味するんですか?
実はWillとCanの重なる部分が、自分のキャリアの方向性を示しているんです

つまりWillとCanが重なる部分と一致する会社ほど、入社後にミスマッチを起こす可能性も低くなりますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

おすすめ⑥:マインドマップ

6つ目のおすすめする自己分析のフレームワークは、「マインドマップです。

マインドマップの書き方は大変簡単です。

出来るだけ紙に書き出す方が、思いつきやすいので紙に実際に書き出すことをおすすめします。

マインドマップの書き方
  • 手順①:紙の中央に主題(考えたいテーマ)を書く
  • 手順②:カテゴリー(イメージやキーワード)を主題の周りに書く
  • 手順③:カテゴリーについて思うことをどんどん書いて広げていく

 

やるべきことは以上の3つです。

はじめに決める主題は、「自分」や「高校時代」など大きなものにしましょう

次に設定するカテゴリーは、「部活」や「好きなこと・もの」といった広げやすいものにしましょう。

そしてカテゴリーから連想されるものをどんどん放射状に書いてください。

次にある程度連想されるものが出たら、「なぜ?」を考えていきます。

自分に「なぜ?」を問いかけ続けることで、かなり自己分析の深堀りが出来ますよ。

正解はないので、思った通りに書き出してみましょう。

マインドマップを詳しく知りたい就活生は、この記事を読めば、マインドマップを使った具体的な自己分析の手順がわかるのでぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

おすすめ⑦:自己分析1000問

7つ目のおすすめする自己分析のフレームワークは、「自己分析1000問」です。

「自己分析1000問」は、「メモの魔力」の著者である前田裕二さんが作ったものです。

実は、「自己分析1000問」が無料でできるように箕輪厚介さんがpdfで用意してくださっています。

「実際に自己分析1000問をやってみたい」という就活生は以下のpdfを使ってみてくださいね。

 

1000問はかなり数が多いので、全部やる必要はありません。

自分で取り組む質問数を設定するのもおすすめですよ

自己分析1000問だけでなく、「メモの魔力」を使った自己分析について知りたい就活生はこちらの記事を読んでみてください。

「メモの魔力」を使った自己分析の詳しいやり方やメリット、デメリットが分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

ちなみに、自己分析をするときは統計データをもとにした分析結果がわかる自己分析診断がおすすめです。

たとえば「キミスカ適性検査」を使って、41項目の分析結果より、自分の強みの活かし方を見つけてみましょう。

人事さん

キミスカ適性検査を見てみる

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

自己分析のフレームワークを使う時の注意点は「1つのフレームワークで満足しない」

就活生くん

たくさん自己分析のフレームワークを紹介してくれてありがとうございます。

僕はマインドマップやってみようと思っています。

自己分析のフレームワークを使うときに注意点があれば、教えてください。

ズバリ、注意点は「1つの自己分析フレームワークで満足しない」です。

「就活の教科書」編集部 中村

 

フレームワークは便利ですし、ついつい1つの自己分析フレームワークで完璧だと思ってしまいがちですが、そうではありません。

しっかり自分の目的が果たされているのか確認しましょう

特に自己分析は深堀りが大事です。

例えば、自分ではマインドマップで完璧に自己分析出来ていると思っていても、「自己分析1000問」と照らし合わせてみれば答えに悩む質問もあるでしょう。

そのため、ただ1つのフレームワークを使って自己分析をするのではなく、複数のフレームワークを使い自己分析をすることをおすすめします

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

なるほど。

自己分析フレームワークを複数使うことで、抜け目なく自己分析の深堀りしやすいんですね。

また、自分でフレームワークの自己分析を進めると同時に、他己分析をして客観性を高めることも重要です。

他己分析のやり方や就活相談相手のおすすめについては、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

自己分析には無料の診断ツールも便利

就活生ちゃん

自己分析のやり方は理解してるつもりだけど、やっぱりちょっと難しい・・・。

簡単に自己分析を進める方法ってないのかな?

自己分析を簡単に進めたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー

自己分析の診断ツール 診断結果

 

メモ

代表的な自己分析ツールには、「キミスカ適性検査」があります。

キミスカ適性検査はキミスカに登録することで、無料で利用できるようになります。

就活生120,000人以上が利用している、人気自己分析ツールです。

キミスカ適性検査で自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですね。

キミスカ適性検査の評判や使い方は、 【内定者が実験】キミスカ適性検査って本当に当たる? 高得点も狙ってみたという記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:複数のフレームワークを使って自己分析しよう!

いかがだったでしょうか。

この記事では、「就活の教科書」編集部の中村が、自己分析のフレームワークおすすめ7選や自己分析のフレームワークを使う時の注意点を解説しました。

合わせて、自己分析をする目的フレームワークの意味についても説明しました。

それでは、今回の記事をおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 中村

今回の記事のまとめ

(おさらい)自己分析をする目的

  • 目的①:面接官に自分のことを伝えられるようになること
  • 目的②:就職活動の軸を決めること

フレームワークとは「枠組み」のこと

自己分析のフレームワークおすすめ7選

  • おすすめ①:自分史
  • おすすめ②:人生曲線(モチベーショングラフ)
  • おすすめ③:SWOT分析
  • おすすめ④:自己分析表(自己分析シート)
  • おすすめ⑤:Will,Can,Mustの3つの輪
  • おすすめ⑥:マインドマップ
  • おすすめ⑦:自己分析1000問

自己分析のフレームワークを使う時の注意点:1つの自己分析フレームワークで満足しない

自己分析のフレームワークを7つ紹介しました。

この記事で取り上げた自己分析のフレームワークを使って、ぜひ自己分析をしてみてください。

私もやったことがないフレームワークを使って、自己分析してみます!

「就活の教科書」には他にも就活に役立つ記事を、多く掲載しています。

就活の不安を減らしたい就活生は、ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村