【テンプレあり】「自分史」おすすめの作り方 | 自己分析,質問例も

本ページはプロモーションを含みます

【内定者が教える】自己分析の「自分史」とは? オススメの作り方,使い方も解説!

この記事を読めばわかること
  • 自分史とは、自分の過去から現在の経験をまとめたもの
  • 自分史の作り方5ステップ
  • 自分史は過去の経験と喜怒哀楽から作る
  • 自分史を作るときの2つの注意点
  • 自分史を活用するなら、自分の価値観と行動パターンを見つける
  • 【優良版】自己分析を短時間で終わらせられるおすすめツール
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /
客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!
こんにちは。「就活の教科書」編集部の神山です。
突然ですが、自己分析の「自分史の作り方」に悩んでいませんか?

「就活の教科書」編集部 神山

就活生くん

自分史の作り方がイマイチわかりません。

就活生ちゃん

自分史を作ったのはいいですが、自分史の使い方が分からないです。
ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

就活アドバイザー 京香

 

そこでこの記事では、自己分析で自分史の作り方や使い方に悩むあなたのために、内定者の僕がオススメする「自分史の書き方、使い方」を解説します。

また、自分史を作る目的自分史を作るときの3つの注意点まで説明しています。

この記事を読むと、自分史を簡単に作れて、その自分史を自己分析に活かせるでしょう。

「自分史について知りたい!」そんな方はぜひ読んでみてくださいね!

「自己分析を簡単にやってみたい」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに【就活生】適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】自己分析が簡単に終わるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

画像タップでページ内に飛びます

jibunshi>> 自分史の作り方 jibunshichuuiten>> 自分史作る注意点

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、客観的な診断を受けられる適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

そもそも自分史(じぶんし)とは?

就活生の皆さんは、自分史って何か分かりますか?

「就活の教科書」編集部 神山

就活生くん

自分史、、、自分の歴史ですか?
まあ大体は合っています。
詳しく言うと自分史は「自分の過去から現在の経験をまとめたもの」です。

「就活の教科書」編集部 神山

 

自分史(じぶんし)とは、「自分の過去から現在の経験をまとめたもの」です。

具体的に言うと、「小学校時代から大学時代まで経験してきた出来事を年表のようにまとめたもの」を自分史と言います。

自分史は、自己分析のやり方のうちの1つです。

この自分史をしっかり書くことで、自己分析がうまくいくかが決まってきます。

 

そもそもの自己分析自体の目的は、こちらの記事で解説しています。

自己分析をする理由が腑に落ちていない人は、しっかり確認しておいてください。

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【例あり】自己分析での自分史の作り方5ステップ

jibunshi

自己分析で自分史を作る目的が分かったところで、自己分析での自分史の作り方を紹介します。

「就活の教科書」編集部 神山

自分史を作るときのポイントを一言で言うと、「項目ごとに自分の過去の経験を洗い出すこと」です。

この3ステップで自分史が簡単に作れます。

  • ステップ①:各年代における自分のタイプを一言で書く
  • ステップ②:これまでの経験を書き出す
  • ステップ③:それぞれの経験を喜怒哀楽で分類する
  • ステップ④:モチベーショングラフを作成する
  • ステップ⑤:自分以外の人に見てもらう

「このステップがめんどくさい」という就活生には、151問の質問に答えるだけで正確な診断結果がわかる適性診断AnalyzeU+』がおすすめです。

自分史を作成するために、まずは以下のテンプレートをぜひダウンロードしてみてください。

自分史_テンプレート

紙に自分で手書きで書きたいという方は、もちろんその方法でOKです。

「就活の教科書」編集部 神山

 

ステップ① : 各年代における自分のタイプを一言で書く

自分史の作成のステップ1は、「各年代における自分のタイプを一言で書く」ことです。

まずは、大まかにそれぞれの年代で自分がどのような人だったのかを振り返ってみましょう。

タイプの例
  • クラスのお調子者
  • ひとりでいることが多い子
  • 学級委員を務める優等生
  • スポーツ大好き少年・少女
  • クラス一頭が良いできる子
  • クラスのリーダーでき存在
  • あまり目立たない存在
  • いつも誰かとケンカするトラブルメーカー
  • 場を和ますムードメーカー
  • よく人から悩みを相談されるタイプ
  • あまり笑わないタイプ

経験したことや環境によって、自分のタイプが変化している人も多いはずです。

次は、何がタイプの変化に影響を与えたのか、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 神山

 

ステップ②:これまでの経験を書き出す

自分史の作成のステップ2は、「これまでの経験を書き出す」ことです。

下の表のように、小学校時代から大学時代に体験したことを「頑張ったこと」や「ハマっていたこと」などの項目に分けて書き出します。

出来事・エピソード 頑張ったこと 趣味・ハマっていたこと 部活
小学校時代
中学校時代
高校時代
大学時代

自分の過去を書き出すための表を作る際のポイントはこの2つです。

  • ポイント①:小学校から大学までに経験したことを書く
  • ポイント②:過去の経験は項目別に書く

表に書いてある「頑張ったこと」などの項目はなんでもいいですが、「頑張ったこと」と「ハマっていたこと」という項目は入れた方がいいです。

5つを目安に書いてみましょう。

「頑張ったこと」や「ハマっていたこと」を書くことで、自分の価値観どういうモチベーションで自分は行動するのかということを簡単に見つけられます。

そのため、過去から現在までにあなたが「頑張っていたこと」と「ハマっていたこと」のエピソードをしっかりと書き出しましょう。

「就活の教科書」編集部 神山

以下に例を書いてみたのでぜひ参考にしてください。

頑張ったこと 趣味・ハマっていたこと 部活 人間関係 勉強
小学校時代 友達と仲良くする 外で近所の友達と遊ぶこと 少年野球部に所属し、副キャプテンを務めた。 男女関係なく仲が良かった両親をご飯に連れて行くためにアルバイトを頑張った 高学年の時は中学受験のために毎日勉強した
中学校時代 無遅刻無欠席 料理 野球部に入り、毎日誰よりも早く練習を始めた。その結果、2年次からレギュラーに選ばれた。 友達と喧嘩をした1人暮らしで掃除が趣味になった 部活に熱中してあまり勉強はしなかった
高校時代 第一志望校に合格すること 学校帰りに友達とカラオケに行くこと 部活には入らなかった。大学受験のために毎日勉強した。 志望大学に合格するために苦手科目を克服した
大学時代 サークルの新規立ち上げ 旅行 サークルで副会長になった 価値観がとても合う一生の友ができた。 大学で学んだことを実際に身の回りのことでアウトプットして定着させた

 

ステップ③ : 過去の経験を喜怒哀楽で分ける

自分史作成のステップ3は、「過去の経験を喜怒哀楽で分ける」ことです。

先ほど説明した表を使って、小学校から大学時代まで項目別に過去の経験を書き出しました。

あなたの過去の経験を書き出した後は、その書き出した経験を「喜怒哀楽」ごとに分けてみましょう。

 

例えば、喜怒哀楽の「楽(楽しかったこと)」についてこのように書いていくと見やすくなります。

楽しかったこと
【小学校時代】 : 友達とポケモンのゲームにハマった。友情も深まり、非常に楽しかった。
【中学校時代】 : 釣りにどハマりし、ほぼ毎日川に出かける。時間を忘れるほど楽しかった。
【高校時代】: 喫茶店でアルバイトを始めて、人と話せる接客が楽しかった。
【大学時代】: オーストラリアに留学した。自分が知らなかった海外の文化に触れることができたり、外国人の友達ができたりして楽しかった。

 

過去のエピソードを「喜怒哀楽」の感情に分けることで、自分がどういうときに喜怒哀楽を感じるのかが一目で分かるようになります。

自分がどういうときに喜怒哀楽を感じるのかが分かれば、自分だけの価値観を見つけやすくなります。

このようにして自分史を作成し、自己分析を深めていきましょう。

 

ステップ④:モチベーショングラフを書く

自分史作成のステップ4は、「モチベーショングラフを書く」ことです。

モチベーショングラフとは、「今までの人生でのモチベーションの変化を折れ線グラフで表したもの」です。

ステップ2、3で振り返った経験から、モチベーションの変遷を見ることで、自分の特性や適性に気付くことができます。

モチベーショングラフの書き方は以下の2ステップです。

モチベーショングラフの書き方
  • ①:横軸に時間(年齢)、縦軸にモチベーションをとり、グラフを書く
  • 2:モチベーションに影響した出来事と、その時の感情も合わせて書く

以下はモチベーショングラフの例です。

motivation

参照: 【5ステップで完璧!】モチベーショングラフの書き方|内定者が実際に作ったものも紹介

モチベーショングラフについて、以下の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 神山

 

ステップ⑤:自分以外の人に見てもらう

自分史作成のステップ5は、「家族や友人に自分史を見てもらう」ことです。

見てもらって、「確かにそうだね」と言ってもらえれば正しく自己分析ができていると言えます。

反対に、「違う」と言われた場合は、書き方の問題で伝わっていないのか、自分と他者との認識が異なっているのか考えてみましょう。

自己分析で作った自分史は、専用のオリジナルノートを作ってまとめておきましょう。

このノートを見返すことで、自己分析に迷った時に振り返りやすくなります。

自己分析ノートの書き方やおすすめのノートはこちらの記事にまとめています。参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 神山

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

【自分史に迷ったらこれ!】おすすめの質問集

就活生くん

もっと深く自己分析をしたいのですが、どうすればよいかわかりません・・・
自己分析って簡単なようで案外難しいですよね。

以下で自分史を作る時に最適な質問をまとめたのでぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 神山

  • 何をして遊んでいたか?
  • 好きな教科と嫌いな教科は?
  • 感動したことは?
  • 一番嫌だった出来事は?
  • 一番良かった出来事は?
  • どんな性格の友達が多かったか?
  • どんな性格の人が苦手だったか?
  • 悔しかったことは?
  • アルバイト経験は?
  • 憧れの人は?
  • どんな性格だと周りから言われていたか?
  • 初めて挑戦したことは?
  • 秘密にしていたことは?
  • どんな異性が好きだったか?
  • 失敗したことは?
  • 成功したことは?

これらの質問を幼少期、小学生時代、中学生時代、高校時代、大学時代のそれぞれの時期で考えてみましょう。

全て埋めようとしなくても空白の部分があっても大丈夫です。

 

                                                   

自己分析に役立つ記事一覧

自己分析を時間をかけずに終わらせるには、 「①自己分析ツールを使う」 「②効率的な自己分析のやり方を知る」 という2つのやり方があります。

「自己分析をやらなければならないと分かっているけどめんどくさい」 という就活生はこれらの方法を使って自己分析をすることで、簡単に強みや向いている仕事が分かるようになるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

自己分析の効率的なやり方

①自己分析ツールを利用する
自己分析ツール

②効率的な自己分析のやり方を知る
自己分析のやり方

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

自己分析で自分史を作るときの3つの注意点

jibunshichuuiten

就活生ちゃん

自分史の作り方を説明してもらったんですが、その自分史を作るときに気をつけた方がいいことは何ですか?
確かに気になりますよね。
それでは、自分史を作るときの3つの注意点について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 神山

 

自己分析で自分史を作るとき、この3つに注意してください。

自分史を作るときの注意点
  • 注意点①:事実のみを書く
  • 注意点②:未来のことは書かなくていい
  • 注意点③:自分史を作ることが目的にならない

それでは、自分史を作るときの3つの注意点を1つ1つ説明しますね。

注意点①:事実のみを書く

自分史を作るときの注意点1つ目は、「事実のみを書く」ということです。

面接で自分を良く見せるために、あなたが経験したことのないエピソードを作って書き出していくのはタブーです。

嘘のエピソードを書き出して自己分析などできません。

自分史で作成した嘘のエピソードを面接で話したとしても、人事の人はあなたのエピソードが嘘だとすぐに分かります。

自分史では、あなたが経験した事実のみを書き出しましょう。

 

注意点②:未来のことは書かなくて良い

自分史を作るときの注意点2つ目は、「未来のことは書かなくても良い」ということです。

自分史はあくまで「自分の過去から現在までの経験を振り返ること」が目的のため、未来のことは書く必要はありません。

自分史を作成して自分の価値観や行動パターンを見つけてから、未来のことを考えましょう。

 

注意点③:自分史を作ることが目的にならない

自分史を作るときの注意点3つ目は、「自分史を作ることが目的にならない」ということです。

そもそも、自分史を作る目的は、自己分析を進めるためです。

ですので、きれいに自分史を書こうと時間をかけすぎたり、自分史を作って満足したりするのではなく、自分の価値観や就活の軸を知って積極的にアウトプットするようにしましょう。

 

自分史を作るにあたって、第三者と話してみるのもおすすめです。
客観的に自己分析が進められ、納得のいく自分史を作ることができます。

おすすめの就活サービスはキャリアチケットです。
プロのキャリアアドバイザーによる一対一のカウンセリングで自己分析が進みますよ。
また、自己分析結果からあなたにあった企業も紹介してくれるので、就活を効率よく進められます。

「就活の教科書」編集部 神山

>> キャリアチケットを見てみる

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

自己分析で自分史を作る目的とは?

就活生の皆さんは、自己分析で自分史を作る目的は何か分かりますか。

「就活の教科書」編集部 神山

就活生ちゃん

うーん、過去を振り返るためですか?

自己分析で自分史を作る目的は、2つあります。

自己分析で自分史を作る目的2つ
  • 目的①:就活の軸を見つけるため
  • 目的②:自分について言語化できるようにするため

 

目的①:就活の軸を見つけるため

自分史を作ることで「就活の軸」を見つけられます。

就活の軸とは、あなたが会社で働くうえで絶対に譲れない価値観です。

就活の軸を見つけることで、入社後にやりがいをもって働けるため、就活の軸を見つけることは重要です。

 

目的②:自分について言語化できるようにするため

自分史を作って自分の過去の経験を振り返ることで、自分について言語化できるようになります。

例えば、「最後までやり遂げる」ことがあなたの価値観なら、それは「責任感」や「継続力」という言葉に置き換えられます。

自分だけの価値観を分かりやすい言葉で表現できると、面接やエントリーシートで自分の価値観や行動パターンをスラスラと話せるようになります。

つまり、自分史を書けば自己分析をより深堀りすることが出来るようになります。

「自己分析をもっと深掘りしたい」「就活の軸を作りたい」人は、以下の記事で自己分析を簡単に深掘りできる方法や就活の軸の作り方を解説しているので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 神山

「自分史書いた方がいいって言われたけど、何書いたらいいか分からない…」という就活生もいますよね。

そんな時は、無料の自己分析ツールを使って簡単に自己分析してから、自分史を作るのが1番効率がいいです。

簡単に自己分析できて、完全無料なので気軽に利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 神山

「自分に合った仕事で活き活きと働きたい!」という方はキャリアチケットスカウト診断LINE適職診断」「性格適性診断同時に試してみることをおすすめします。

全ての診断を行うことで、あなたのキャリアに対する考え方や、長所を活かせる職業がわかるので、あなたに合う仕事を見つけやすくなりますよ。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウト診断で自己分析してみる(無料)

>> LINE適職診断を試してみる

>> 性格適性診断でお試し診断をしてみる

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

自己分析での自分史の使い方

ここまで、自分史の注意点を2つ説明しました。
ここからは、作成した自分史の使い方を説明します。

「就活の教科書」編集部 神山

自己分析での自分史の使い方はこの2つです。

自己分析での自分史の使い方
  • ①:自分の価値観を見つける
  • ②:自分の行動パターンを見つける

それでは、自分史の使い方を1つずつ説明していきます。

 

自分史の使い方①:自分の価値観を見つける

自分史の使い方1つ目は、「自分の価値観を見つける」です。

自分史に書き出したあなたの過去のエピソードを深く考えることで、「どういうときに自分は楽しいと思うのか」「やりがいを感じるのはどういうときか」などが見えてきます。

そうなると、自分だけの価値観や考え方がはっきりと分かるでしょう。

そして、その自分だけの価値観を分かりやすい言葉で表現してみましょう。

自分史を使って見つけた自分だけの価値観を分かりやすい言葉で表現できるようになると、自己分析が簡単にできます。

自分の価値観についてもっと知りたい就活生は、以下の記事で価値観を見つける方法を詳しく解説しているので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 神山

 

自分史の使い方②:自分の行動パターンを見つける

自分史の使い方2つ目は「自分の行動パターンを見つける」です。

あなたの過去のエピソードを深く考えることで、「自分はこういうときに行動している」という自分だけの行動パターンを発見できるでしょう。

そして、その自分だけの行動パターンを分かりやすい言葉で言い換えて説明できるようになると、自己分析が簡単になるだけでなく、面接でも人事の質問にスムーズに答えられます。

 

自己分析をもっとしたい!と思った方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

自己分析が簡単にできるフレームワーク7つと、自分史を使った自己分析のやり方について詳しく説明されています。

「就活の教科書」編集部 神山

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

自分史と自己分析ツールを同時活用して、自己分析を完璧にしよう

自己分析をする目的は、「自分の譲れない価値観」と「社会で活かせる自分の強み」を知ることです。

自分の譲れない価値観と異なっていたり、自分の強みが活かせない企業に入社してしまうと、どんなに良い企業でもあなたに合わず失敗してしまうからです。

そこで就職活動の段階で、以下の自己分析をしっかり行うことで、あなたの失敗を防げます。

就活を失敗しない自己分析2選
  • 自分史を作って譲れない価値観を知る
  • 客観的に自分の強みを知る

自分の譲れない価値観」は、自分史を作り、過去の経験を振り返ることで自ずと見えてきます。

自分が何に幸せを感じてきたか、どういうことにやりがいを持ったかを過去の経験から見つけましょう。

社会で活かせる自分の強み」は、自己分析ツールを使って、客観的に知ることをおすすめします。

自己分析ツールは強みだけでなく、職務適性・ストレス耐性などあらゆる観点から分析してくれます。

就活を失敗しない自己分析をするために自分史と自己分析ツールを同時活用しましょう。

「価値観や強みについてもっと知りたい」人は、以下の記事で価値観の見つけ方や強み(長所)一覧を紹介しているので合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 神山

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

自己分析やり方一覧

自己分析ツールや自己分析のやり方の一覧を以下にまとめています。

自己分析をしている人は、様々な自己分析ツールや、自己分析のやり方が分かり、さらに自己理解が深まりますので、あなたに合う自己分析のやり方を選んで、参考にしてみてくださいね。

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

まとめ:自分史を作って自己分析を上手に進めよう!

今回の「【内定者が教える】自己分析の「自分史」とは? オススメの作り方,使い方も解説!」はいかがでしたでしょうか。

この記事では、自己分析で自分史を作る目的自分史の作り方自分史を作るときの注意点について解説しました。

加えて、自分史の使い方まで説明しています。

以下がこの記事のまとめになっています。

この記事のまとめ

そもそも自分史(じぶんし)とは?

◆【テンプレあり】自己分析での自分史の作り方3ステップ

  • ステップ① : 表を作って過去の経験を書き出す
  • ステップ② : 過去の経験を喜怒哀楽で分ける
  • ステップ③:自分以外の人に見てもらう

自己分析で自分史を作るときの3つの注意点

  • 注意点①:事実のみを書く
  • 注意点②:未来のことは書かなくて良い
  • 注意点③:自分史を作ることが目的にならない

◆自己分析で自分史を作る目的とは?

  • 目的①:就活の軸を見つけるため
  • 目的②:自分について言語化できるようにするため

自己分析での自分史の使い方

  • 自分史の使い方①:自分の価値観を見つける
  • 自分史の使い方②:自分の行動パターンを見つける

自分史と自己分析ツールを同時活用して、自己分析を完璧にしよう

◆自己分析やり方一覧

自分史を作って、自分を深く考えている人ほど就活はうまくいきます。

みなさんもこの記事を読んで、自分史を作ってみてくださいね!

「就活の教科書」では他にも就活に役立つ記事を数多く書いています。

ぜひ、読んでみてくださいね!

「就活の教科書」編集部 神山