>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【なぜするの?!】自己分析の必要性とは | 就活以外にも役立つ場面もご紹介

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 自分の事をわかりやすく相手に伝えるために、自己分析が必要
  • 自己分析をしないと、一次面接落ち就職後のミスマッチが起きる
  • 就活以外にも活きてくる自己分析の必要性
  • 自己分析の必要性を把握したらとってほしい行動
  • 自己分析をする上で重要な2つの注意点

就活生のみなさんこんにちは!「就活の教科書」編集部の谷川です。

この記事では、自己分析の必要性について説明していきたいと考えています。

就活生のみなさんは、「なぜ自己分析が必要なんだろう」と疑問に感じた経験はありませんか。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活生くん

就活をしているとみんな「自己分析が重要!」って言っているのですが、なぜ自己分析が必要なんだろう。

自己分析なんてしなくても自分のことは自分が一番理解しているはずなんだけどな。

就活生ちゃん

自己分析が大切なのはよく聞きますが、自己分析よりも企業研究や業界研究の方が大切ではないのでしょうか?

なぜみんな「自己分析から始めるべき」と言っているのでしょうか?

たしかに、自分の事なんて自分が一番理解しているのになぜ自己分析が必要なのかわからないですよね。

ですが、自己分析は「まだ自分の知らない自分」について知ることが出来る貴重な機会です。

「就活の教科書」編集部 谷川

そこでこの記事では、就活をする上で自己分析の必要性自己分析の必要性を理解しないまま就活をするデメリットを紹介していきます。

合わせて、就活以外にも活きてくる自己分析の場面自己分析の必要性を把握したらとってほしい行動についても紹介します。

この記事を読むことで、「なぜ自己分析が必要であるのか」という疑問を解決することができ、就活をスムーズに進められるようになります。

「自己分析の必要性ってなんだろう・・・」と疑問を抱いている就活生は、この記事を読むことで解決することが出来ますよ。

 

 

そもそも、自己分析ってなに?

就活生くん

就活をしていると周囲の友人がよく「自己分析が必要!」と言っているのですが、そもそも自己分析とはなんですか。

自己分析とは、あなたのこれまでの出来事や考えを元に、長所・短所、将来どのような社会人になっていたいかを明確にすることです。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活生くん

でも僕は、自分のことは自分が一番理解しているのでわざわざ「自己分析」をする必要性がわかりません・・・

そんなに自己分析が大切なのでしょうか?

自己分析の必要性について疑問を抱いている就活生は多いです。

実は僕自身も就活を始めた時は自己分析の必要性を軽視していました。

自己分析をして、あなたがどのような人間なのか言語化をしておくことで、採用担当者のあなたの印象が全く変わってきます。

そのため、自己分析をしておくことをオススメします。

自己分析についてはこちらの記事で紹介されているので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活を成功させるために自己分析が必要な3つの理由

就活生ちゃん

自分自身のことを言語化しておくことが大切なのはわかったんですが、具体的に就活をする上で自己分析をする必要性について知りたいです。

では、もう少し具体的に就活をする上で自己分析の必要性について説明していきますね。

3つ紹介していくので参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活を成功させるために自己分析が必要な3つの理由
  • 理由①:就活の軸を明確にできるから
  • 理由②:自分のことを相手に論理的に伝えられるから
  • 理由③:企業と自分の相性を照らし合わせられるから

それでは、以上の3つに分けて就活をする上で自己分析をする必要性について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

理由①:就活の軸を明確にできるから

就活をする上で自己分析をする必要性1つ目は、「就活の軸を明確にできるから」です。

就活の軸を明確にしておかないと、あなたが満足のできる就活の結果を得ることができないからです。

社会人になってからは多くの時間を仕事に費やすことになるため、仕事に対して不満を抱いていると人生の幸福度も大きく低下してしまいます。

そのため、自己分析を行い、あなたの就活の軸を明確にしておきましょう。

就活の軸の見つけ方がわからない就活生は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

理由②:自分のことを相手に論理的に伝えられるから

就活をする上で自己分析をする必要性2つ目は、「自分のことを相手に論理的に伝えられるから」です。

採用担当者はあなたと初めて会うため、あなたがどういう人間なのかを全く理解していないからです。

あなたのことを採用担当者に伝えるときは、あなたのこれまでの経験・考えや将来どうなりたいかを短時間で論理的に伝えられるようにしておきましょう。

論理的に自分のことを伝えられる就活生は、採用担当者に良い印象を与えます。

就活生くん

たしかに、普段の生活で自分の事を短時間で説明する機会なんてそうそうないので、整理する必要はありますよね・・・

誰かに自分のことを論理的に説明したことなんてないのですが、論理的に伝えるにはどのような工夫が必要なのでしょうか?

自分のことを論理的に伝えたい場合は、PREP法を意識してみるといいですよ。

PREP法について説明しておきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

PREP法とは
  • P→結論(Point)
  • R→理由(Reason)
  • E→具体例(Example)
  • P→結論(Point)

PREP法を意識して伝えることで、論理的に物事を進めることができます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

理由③:企業と自分の相性を照らし合わせられるから

就活をする上で自己分析をする必要性3つ目は、「企業と自分の相性を照らし合わせられるから」です。

企業とあなたの相性が合っていなければ、早期離職につながってしまい、内定までの時間やお金のコストが無駄になってしまうからです。

自己分析を行っていることで、「入社するまでに抱いていた業務の内容と違った!」といった入社後のギャップを未然に防ぐことができます。

そのため、自己分析を行い企業との相性を照らし合わせておきましょう。

企業とのミスマッチはお互いにとってデメリットなので避けたいですよね。

「就活の教科書」編集部 谷川

ちなみに、自己分析をするときは統計データをもとにした分析結果がわかる自己分析診断がおすすめです。

たとえば「キミスカ適性検査」を使って、41項目の分析結果より、自分の強みの活かし方を見つけてみましょう。

人事さん

キミスカ適性検査を見てみる

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

自己分析の必要性がわからないと陥る3つの失敗

就活生ちゃん

就活をする上で自己分析の必要性は、就活の軸を明確にできるからなんですね。

自己分析の必要性を把握しないまま就活をするとどうなるのかな。

自己分析の必要性を把握しないまま就活をするとどうなるのか気になりますよね。

ここでは、自己分析の必要性を把握しないまま就活をするデメリットを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

自己分析の必要性がわからないと陥る3つの失敗
  • デメリット①:企業選びの軸が明確にならない
  • デメリット②:自分のことを魅力的に伝えられない
  • デメリット③:企業とのミスマッチによって早期離職に繋がる

それでは、自己分析の必要性を把握しないまま就活をするデメリットを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

デメリット①:企業選びの軸が明確にならない

自己分析の必要性がわからないと陥る失敗1つ目は、「企業選びの軸が明確にならない」です。

企業選びの軸が明確にできていないと、様々な業界で就活をすることになります。

そのため、志望動機などがあいまいなため結果としてなかなか内定をもらえないという状況が出てきてしまいます。

企業選びの軸を明確にするためにも自己分析を行いましょう。

企業選びの軸についてはこちらの記事で詳しく紹介されているので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

デメリット②:自分のことを魅力的に伝えられない

自己分析の必要性がわからないと陥る失敗2つ目は、「自分のことを魅力的に伝えられない」です。

自分のことを魅力的に伝えられないと、採用担当者の印象に残ることができないからです。

自分の「特徴」や「強み・弱み」これまでどんな経験をして何を学んできたのか将来どうなりたいのか明確に伝えられないと採用担当者にあなた自身の魅力を伝えることができません。

そのため、自己分析を行い、自分自身を魅力的に伝えられるようにしておきましょう。

自己PRの魅力的な伝え方についてはこちらの記事で紹介されているので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

デメリット③:企業とのミスマッチによって早期離職に繋がる

自己分析の必要性がわからないと陥る失敗3つ目は、「企業とのミスマッチによって早期離職に繋がる」です。

自己分析をしていないがために企業との相性を確認することができず、ミスマッチにつながってしまいます。

企業とのミスマッチを防ぐためにも自己分析を行い企業との相性を事前にしっかり確認しておきましょう。

あなたの早期離職は企業とあなた両方にとって、お金や時間の無駄となってしまし、マイナスの影響をもたらしてしまいます。

自己分析をしっかりしておくことで、ミスマッチを未然に防ぐことが出来ます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

自己分析の必要性を把握したらとるべき3つの行動

就活生ちゃん

自己分析って就活以外にも、自分の幸福を追求するために役に立つのですね。

自己分析の必要性については十分理解したのですが、具体的に自己分析をするにあたってどのような行動をすればいいでしょうか。

自己分析を効率よく行うにはいくつかの方法があります。

ここでは、自己分析の必要性を把握したらとってほしい行動3つを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

自己分析の必要性を把握したらとるべき3つの行動
  • 行動①:自己分析ツールを利用する
  • 行動②:自分史の作成をする
  • 行動③:モチベーショングラフを作成する

それでは、自己分析の必要性を把握したらとってほしい行動を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

行動①:自己分析ツールを利用する

自己分析の必要性を把握したらとるべき行動の1つ目は、「自己分析ツールを利用する」です。

自己分析ツールとは、5分程度の短い時間で性格テストを受験して、あなたの強み・弱みや特徴を明確にしてくれるツールです。

例えば、自己分析ツールを利用することで、「自分が適している職場はどこなんだろう」という疑問に対して、主観的でなく客観的に知ることができます。

自己分析を全くしていない人は、自己分析ツールを利用することから始めてみましょう。

自己分析ツールについてはこちらの記事で紹介されているので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

行動②:自分史の作成をする

自己分析の必要性を把握したらとるべき行動の2つ目は、「自分史の作成をする」です。

自分史とは、就活をするにあたって自分自身の経験を過去から現在の出来事をまとめ上げたものです。

自分史を作成して過去から現在まで振り返ることで、あなたの大切にしている「行動」「考え」を明確にすることができます。

自分史を作成する際は、これまで関わってきた第三者の意見も参考にすることで、より客観的な自分史を完成させられます。

自分史について詳しく知りたいと考えている就活生は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

行動③:モチベーショングラフを作成する

自己分析の必要性を把握したらとるべき行動の3つ目は「モチベーショングラフを作成する」です。

モチベーショングラフとは、過去から現在までを振り返り、「自分のモチベーションはどのような状況の時に高く維持されるのか」という疑問を解決することができます。

モチベーショングラフを作成することで、就活の軸を見つけられたり自分の強みや特徴を実際のエピソードとして伝えられます。

そのため、自己分析をする際はモチベーショングラフを作成するようにしましょう。

モチベーショングラフの書き方についてはこちらの記事で紹介されているので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活以外にも活きてくる自己分析の必要性

就活生くん

自己分析の必要性を把握しないまま就活をするデメリットは、企業選びの軸が明確にならないことなんですね。

自己分析って就活以外にも活きてくる場面ってあるのかな。

自己分析を就活のために行っている人は多いですよね。

しかし、自己分析は就活以外にも活きる場面がたくさんあります。

ここでは、就活以外にも活きてくる自己分析の必要性について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活以外にも活きてくる自己分析の必要性
  • 例え①:自分の幸福を追求することができる
  • 例え②:プライベートにも活用することができる
  • 例え③:転職活動にも活用できる

それでは、就活以外にも活きてくる自己分析の必要性を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

例え①:自分の幸福を追求することができる

就活以外にも活きてくる自己分析の必要性1つ目は、「自分の幸福を追求することができる」です。

あなた自身の幸福を追求することによって、人生をより充実したものにすることが出来るからです。

例えば、幸福を追求することで、仕事へのモチベーションアップや新たな価値観に触れることができます。

そのため、日頃から自己分析を行い、自分の幸福を追求するようにしましょう。

就活以外にも自己分析を行うことで、日々自分自身の変化に気付けるようになります。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

例え②:プライベートにも活用できる

就活以外にも活きてくる自己分析の必要性2つ目は、「プライベートにも活用できる」です。

自己分析をプライベートに活かすことで、これまでと違ったプライベートを過ごすことができます。

例えば、これまで休日にはゴルフをメインにしていた人が、釣りの魅力に気づいてしまい、のめり込んでしまうといった場合があります。

プライベートを充実させたい人は、自己分析を日頃からするようにしましょう。

自己分析をすることで、プライベートをより充実させられるって魅力的ですよね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

例え③:転職活動にも活用できる

就活以外にも活きてくる自己分析の必要性3つ目は、「転職活動にも活用できる」です。

転職活動をするにしても就職活動と同じように自己分析をしなければいけません。

転職活動で自己分析をする際は、これまでのキャリアの経歴・今後のキャリア形成を明確にする必要があります。

日頃から自己分析をしておくことで、転職活動もスムーズに行うことができます。

転職活動が当たり前になりつつある現代だからこそ、日頃から自己分析を行うようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

自己分析をする上で重要な2つの注意点

就活生くん

自己分析のやり方は理解できたのですが、自己分析を進める上でどのような点に注意すればいいのでしょうか?

自己分析に時間をかけていても、やり方が間違っていると時間の無駄になってしまいます。

なので、より時間を有効活用して自己分析を進められるように、自己分析の注意点について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

自己分析をする上で重要な2つの注意点
  • 注意点①:自己分析に「答え」はない
  • 注意点②:自己分析だけでは「内定」を獲得できない

以上の2つに分けて、自己分析の注意点を解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

注意点①:自己分析に「答え」はない

自己分析をする上での注意点1つ目は「自己分析に「答え」はない」です。

自己分析を進めていくと「自分はどんな人間なのか」悩む機会が訪れますが、自己分析に「明確な答え」はありません。

ある程度自分が納得できる「自分の強み」「やりたいこと」「やりがいを感じること」を見つけられたら、あまり深堀しないことをお勧めします。

1人の人間が「1つの側面」だけを持っているのではなく、複数の側面があり「矛盾した自分」が居るのはごく普通の事ですからね。

結局は「自分が納得できる自分の人間像」を見つけるのが自己分析です。

ある程度納得できる答えが出たのに「ほんとうにそうなのか?」と自己分析を続ける必要はありません。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

注意点②:自己分析だけでは「内定」を獲得できない

自己分析をする上での注意点2つ目は「自己分析だけでは「内定」を獲得できない」です。

自己分析は明確な答えがないのでやろうと思えば無限にできてしまいますが、自己分析をするだけでは内定を獲得できません。

自己分析は「自分がどういう人間か」を言語化しているだけなので、面接対策やWebテスト対策・業界研究も行わないと選考は通過できないのです。

その為、自己分析である程度納得できる自分の姿が見えたら、業界・企業研究や面接対策に時間を使うことをお勧めします。

自己分析はあくまで「就活の初歩」です。

自己分析が終わっても就活で進めるべき対策は多く存在しているので、時間配分に気を付けましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

自己分析には無料の診断ツールも便利

就活生ちゃん

自己分析のやり方は理解してるつもりだけど、やっぱりちょっと難しい・・・。

簡単に自己分析を進める方法ってないのかな?

自己分析を簡単に進めたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー

自己分析の診断ツール 診断結果

 

メモ

代表的な自己分析ツールには、「キミスカ適性検査」があります。

キミスカ適性検査はキミスカに登録することで、無料で利用できるようになります。

就活生120,000人以上が利用している、人気自己分析ツールです。

キミスカ適性検査で自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですね。

キミスカ適性検査の評判や使い方は、 【内定者が実験】キミスカ適性検査って本当に当たる? 高得点も狙ってみたという記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:将来を充実させるためにも自己分析をしよう

この記事の「【なぜするの?!】自己分析の必要性とは | 就活以外にも役立つ場面もご紹介」はいかがでしたか。

この記事では、自己分析をする理由自己分析の必要性を把握しないまま就活するデメリットを紹介しました。

合わせて、就活以外にも活きてくる自己分析の場面自己分析の必要性を把握したらとってほしい行動についても解説しました。

この記事で学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 谷川

この記事のまとめ

そもそも、自己分析ってなに?

就活を成功させるために自己分析が必要な3つの理由

  • 理由①:就活の軸を明確にできるから
  • 理由②:自分のことを相手に論理的に伝えられるから
  • 理由③:企業と自分の相性を照らし合わせられるから

自己分析の必要性がわからないと陥る3つの失敗

  • デメリット①:企業選びの軸が明確にならない
  • デメリット②:自分のことを魅力的に伝えられない
  • デメリット③:企業とのミスマッチによって早期離職に繋がる

自己分析の必要性を把握したらとるべき3つの行動

  • 行動①:自己分析ツールを利用する
  • 行動②:自分史の作成をする
  • 行動③:モチベーショングラフを作成する

◆ 就活以外にも活きてくる自己分析の必要性

  • 例え①:自分の幸福を追求することができる
  • 例え②:プライベートにも活用することができる
  • 例え③:転職活動にも活用できる

自己分析をする上で重要な2つの注意点

  • 注意点①:自己分析に「答え」はない
  • 注意点②:自己分析だけでは「内定」を獲得できない

自分の納得できる就活の結果を得られるように自己分析は必ずしておきましょう。

また、就活時以外にも自己分析をすることで、人生の幸福度をより向上させることができます。

「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事がたくさん紹介されています。

就活について悩んでいる就活生は読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川