【就活はいつ終わる?】早く終わらせるためのポイント | 内定後に悩んだ時の対処法も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

こんにちは、就活アドバイザーの京香です!

みなさん、就職活動は順調に進んでいますか?

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

京香さんこんにちは!

私はまだ始めたばかりなんですけど、さっそく就活がいつ終わるのかと憂鬱になってます・・・

就活生くん

僕は内定をいくつかいただいたんですけど、どこまで就活を続けようかと考えているところです。

いいですね!

それではこの記事では、就活がいつ終わるのかについて解説していきますよ!

就活アドバイザー 京香

ということでこの記事では、就活がいつ終わるのかについて解説していきます。

  • 最近就活を始めた就活生
  • 就活の見通しが知りたい就活生
  • 就活の終え時が気になる就活生
  • いつ就活を終えるか考えている就活生

以上に当てはまる就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んで、就活に役立ててほしいと思います!

 

先に結論をお伝えすると、「就活始めたけど何をすれば良いのかわからない…」なら、就活生の2人に1人が利用する適性診断AnalyzeU+で、自分の強みと適性職種を診断するのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト診断」、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、Webテストで頻出の問題がわかる「SPI頻出問題集もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】就活のやり方が分からない時に使えるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、人気No.1の適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

就活っていつ終わるの?平均は?

就活生ちゃん

就活頑張りたいけど、終わりが見えないとやっぱりしんどいです。

みんな、就活は基本いつまでに終えているものなんですか?

就活生くん

僕も就活の辞め時を考えています・・・

京香さん、平均で就活が終わる時期を知りたいです!

そうですよね、始めたはいいものの就活をいつ終えたらいいかは遅かれ早かれ迷うところですよね。

それではまず、就活が終わる時期について解説していきます!

就活アドバイザー 京香

 

結論:大学4年生の6~7月に就活が終わる人が多い

結論からいうと、大学4年生の6月~7月に就活が終わる人が多いです。

大学院生の場合も、卒業年度の6~7月に終わるのが一般的といえます。

インターンシップに参加しながら優遇を受けての選考も多く、就活は大学3年生の間が勝負だといえます。

ちなみに、経団連で定められている就活の解禁シーズンが大学4年生の春になっているので、就活がどんどん前のめりになっていることが分かりますね。

就活アドバイザー 京香

 

平均的な就活スケジュールについて

では、就活の平均的なスケジュールはどのようなものになっているのでしょうか?

一般的な主勝のスケジュールを以下にまとめているので、参考にしてください。

大学3回生 6月
インターンシップ情報解禁
大学3回生 6月 〜 8月
夏インターンシップ実施
大学3回生 12月 〜 2月頃
冬インターンシップ実施
大学3回生 3月 〜
企業説明会、エントリー開始
大学3回生 3月 〜 6月
面接開始
大学4回生 6月以降
内々定通知

近年の就活はインターンシップの参加から選考に繋げるパターンが多いです。

そのため、就活自体の開始時期は「大学3年生の春」が一般的だといえます。

春頃にサマーインターンシップの案内やエントリー受付が開始されるため、自己分析や企業分析、各企業に提出するエントリーシートを書き始めたりします。

優秀な学生はサマーインターンシップの段階で早期選考に案内され、選考を有利に進めていくことになります。

秋、冬にもインターンシップが実施され、秋冬のインターンシップに通して早期選考に招待されるパターンもあります。

本選考は基本的に大学4年生の春に始まるといわれていますが、実際の就活は本選考が開始する1年以上前から始まることは押さえておくようにしましょう。

就活のやり方や開始時期に関しては、以下の記事により詳しく載っています。

就活のスケジュールについてもっと知りたい方は以下の記事を読んで参考にしてくださいね!

就活アドバイザー 京香

【いつから始める?】大学生の就職活動スケジュール | 就活のやり方,開始時期も

注意点:志望業界や就活時期によって、就活の終了時期は異なる

ただしひとつ押さえておいてほしいのは、志望業界や就活時期によって、就活の終了時期は異なるということです。

例えば外資系企業だと、本選考のエントリー自体が大学3年生の春に開始し、内定が大学3年生の秋に出るところもあります。

一方で日系企業は基本的に本選考は開始するのは大学3年生の年度末から大学4年生の年度初めにかけてとなっており、本選考の開始時期から終了時期まで、企業によって大きく幅があります。

また、大学1年生から通年で選考を受け付けている企業もあり、就活そのものは始めようと思えばいつからでも始めることができます。

志望していた企業がすでにエントリーの受付を終了していた・・・ということがないように、早めに志望企業について調べておくようにしましょう!

就活アドバイザー 京香

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【どの業界が早い?】就活が終わる時期をケース別に解説

就活生ちゃん

なるほど、就活は大体4年生の春頃には終わるけど終わる時期は実際には業界によって違うんですね!

その業界ごとの時期について知りたいです!

そうですよね、業界ごとの時期について知っておきたいですよね。

それではここから、業界ごとの就活の時期について解説していきます!

就活アドバイザー 京香

ケース別就活が終わる時期
  • ケース①:大学3年生の12月ごろまでに終わる場合
  • ケース②:大学3年生の2月までに終わる場合
  • ケース③:大学4年生の4月までに終わる場合
  • ケース④:大学4年生の6月までに終わる場合
  • ケース⑤:大学4年生の夏以降に終わる場合

 

ケース①:大学3年生の12月ごろまでに終わる場合

就活が終わる時期ケース①は、大学3年生の12月ごろまでに終わる場合です。

大学3年生の12月までに終わるのは、内定直結型のサマーインターンに参加しそのまま内定をもらう場合選考が行われる時期の早い外資系コンサル企業ベンチャー企業の選考受ける場合などがあります。

外資系企業やベンチャー企業は選考が行われるのが早く、大学3年生の春頃には本選考のエントリーを受け付け始めます。

本選考が始まる時期も業界によって異なります。

就活を考え始めたはいいものの、自分の興味ある業界は本選考のエントリー受付が既に終了していた、なんてことがないよう早めにリサーチしておくようにしましょう!

就活アドバイザー 京香

 

ケース②:大学3年生の2月までに終わる場合

就活が終わる時期ケース②は、大学3年生の2月までに終わる場合です。

大学3年生の2月までに就活が終わるのは、サマーインターンを経て早期選考に招待された場合ベンチャー企業の採用選考を受けた場合などがあります。

業界によりますが、一般的に就活が終わるには少し早い時期だといえます。

サマーインターンは選考倍率が高いところもあるので、インターン選考を通過して内定を得るのは簡単ではありません。

ですが、早くから努力した分早く終わらせることもできる可能性があるということですね。

就活アドバイザー 京香

 

ケース③:大学4年生の4月までに終わる場合

就活が終わる時期ケース③は、大学4年生の4月までに終わる場合です。

大学4年生の春頃に就活が終わるのが一般的なケースだといえます。

夏から冬までのインターンを経て、早期選考などで内定が出るケースになります。

大学4年生の4月までに就活が終わるのが最も一般的なケースですが、それでもサマーインターンのエントリーから就活を始めたとすると1年以上は就活を続けることになります。

長期戦になる可能性が高いので、自分のペースを調整しながら続けていけるといいですよね。

就活アドバイザー 京香

 

ケース④:大学4年生の6月までに終わる場合

就活が終わる時期ケース④は、大学4年生の6月までに終わる場合です。

大学4年生の春頃に就活が終わるのが一般的なケースだといえます。

大学3年生の3月頃から本選考のエントリーを開始し、6月頃から面接開始、2~3週間後には内々定が出るといったスケジュールになります。

面接開始から内々定が出るまで大体2~3週間なので、本選考は対策が終わっていたらすぐにスパンも短いといえます。

大学3年生のサマーインターンからエントリーするとしたら、就活全体で1年はかかる計算になります。

就活は長期戦になるので、モチベーションを保ちながらペースを調整するのが重要だといえますね。

就活アドバイザー 京香

 

ケース⑤:大学4年生の夏以降に終わる場合

就活が終わる時期ケース⑤は、大学4年生の夏以降に終わる場合です。

大学4年生の夏以降に終わるのは、かなり遅めなケースになります。

本選考からの内定も、大学4年生の夏までには出るといえます。

ですが、秋以降も内定が無く就活を続ける就活生も一定数います。

一般的に見てかなり遅い部類に入りますが、キャリアフォーラムに参加してその場で内定を得るといった学生もいるのであり得ない話ではありません。

インターンシップや本選考だけでなく、キャリアフォーラムを通しても企業にエントリーすることができます。

キャリアフォーラムはフォーラム内でエントリーから内定まで済ませられる場合もあるので、手段として考えておいてもいいかもしれません。

就活アドバイザー 京香

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

就活を早めに終わらせるためのコツ5選

就活生ちゃん

まだ志望業界は決まってないけど、就活はなるべく早く終わらせたいです。

どうしたら就活を早めに終わらせられるんでしょうか・・・

安心してください!

ここからは、就活を早めに終わらせるためのコツを5つご紹介していきますよ!

就活アドバイザー 京香

就活を早めに終わらせるためのコツ
  • コツ①:早めに就活を始める
  • コツ②:優遇があるインターンシップに参加する
  • コツ③:選考へのエントリー数を増やす
  • コツ④:逆求人サイトを活用する
  • コツ⑤:就活エージェントを利用する

 

コツ①:早めに就活を始める

就活を早めに終わらせるためのコツ1つ目は、早めに就活を始めることです。

就活はスタートダッシュが重要になります。

近年は夏のインターンシップから早期選考として内定に繋がるケースが多く、早く始めて損はありません。

就活の対策としてやることはたくさんあります。

自己分析や業界分析、企業研究と、それぞれ時間のかかる準備をしなければなりません。

志望企業が決まっても、志望動機をうまく言語化したり面接で自分の考えを話す連取をしたりとゴールの見えない部分も準備過程に含まれてきます。

だからこそ、時間はかけられるだけいいですし準備は早めに進められるだけいいといえます。

準備ができたと思ってエントリーシートを提出したり面接に臨んだりしても、うまくいかず修正する点も出てきます。

本気で内定をもらいにいこうとすればするほど、対策には時間がかかるものです。

だからこそ、「そろそろ就活のこと考えないといけないかな」と思い立ったそのときに始めるのがいいですよ!

就活アドバイザー 京香

 

コツ②:優遇があるインターンシップに参加する

就活を早めに終わらせるためのコツ2つ目は、優遇があるインターンシップに参加することです。

インターンシップに参加することで、選考で優遇されることがあります。

学部生なら大学3年生の夏、秋、冬とそれぞれの季節でインターンシップが開催されます。

エントリーシートやWebテスト、面接といった選考過程を経て合格した人のみが参加できるインターンシップも多く、インターンシップに参加した時点で本選考の一部を免除してもらえることもあります。

インターンシップに参加することで企業の理解も深まるので、興味のある企業だけでもぜひ参加しておきたいです。

ひとつだけ覚えておいてほしいのは、基本的にインターンシップの方が倍率が高いということです。

早期に就活を始める人は就活対策をある程度済ませている人になります。

だから競争率も高くなる傾向にあります。

特にWebテストなどは、インターンシップ選考では落ちてしまったが本選考だったら通過していたというケースもあります。

インターンシップ選考がうまくいかなくても、落ちこまなくて大丈夫です!

就活アドバイザー 京香

 

コツ③:選考へのエントリー数を増やす

就活を早めに終わらせるためのコツ3つ目は、選考へのエントリー数を増やすことです。

選考へのエントリー数を増やすことで、就活全般の対策になります。

また、同じ企業のインターンシップに繰り返し参加することは企業理解を深めることにも繋がります。

ただし、むやみにエントリーしすぎてしまうとその分時間がとられてしまうためある程度志望業界を絞るなどするといいです。

志望度に関わらず、エントリーシートや面接に関しては企業ごとに対策が必要になってきます。

まったく興味のない業界にまで手を伸ばしてしまうと、中途半端に時間と労力を取られてしまうのでまずは範囲をある程度絞ったうえで数を増やすようにしましょう。

ゴールは「内定をもらうこと」ではなく、「自分に合った企業で働くこと」ですからね!

就活アドバイザー 京香

 

コツ④:逆求人サイトを活用する

就活を早めに終わらせるためのコツ4つ目は、逆求人サイトを活用することです。

逆求人サイトとは、あなたの情報を登録しておくことで企業からスカウトをもらえるサービスのことです。

あなたの特性や性格、経験などを入れておくことで企業からマッチングを図ってくれるので就活がスムーズに進みます。

ですが、スカウトがあってもWebテストや面接を通過しないといけないなど、選考が必ずしも優遇されるとは限らないため注意する必要があります。

数多くある企業の中で、あなたに合った企業からスカウトをもらえるのはかなり便利ですよね。

とりあえず登録するのもありですよ!

就活アドバイザー 京香

 

コツ⑤:就活エージェントを利用する

就活を早めに終わらせるためのコツ5つ目は、就活エージェントを利用することです。

就活エージェントとは、プロのアドバイザーが多方面で就活のサポートをしてくれるサービスのことです。

何も分からない状態でいちから就活を進めるのは大変です。

だから、プロの手を借りながら自分に合った企業を探したり、選考をスムーズに進めたりできるように就活エージェントはぜひ利用してみてほしいと思います。

就活エージェントでは、エントリーシートの書き方や面接対策だけでなく、自己分析や企業分析など、「あなたに合った企業」を探すサポートをしてくれます。

就活エージェントは、利用して損はないといえます。

少しでも就活に不安がある人は、とりあえず利用してみるのもありですよ!

就活アドバイザー 京香

 

                                     

就活のやり方に関する記事一覧

「最近就活を始めたけど、何から手を付ければいいか分からない」という就活生には、 就職活動の流れ という記事がおすすめです。

以下の記事を読むだけで、就活の流れを完全に理解できるので、就活生なら必ず読んでほしいです。

就活アドバイザー 京香

             

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

就活をいつ終えるか、内定後に悩んだらこれをしよう

就活生ちゃん

なるほど、やっぱり就活を早めに終えるためにはエントリーする企業数を増やして早めのうちから就活しておくべきなんですね。

じゃあ例えば内定をいくつかもらえたときって、就活はどういう基準で終えるんですか?

就活生くん

僕がまさしく今、就活をいつ終えるか迷っているところです。

内定は既にいくつかいただいているんですが・・・

どうしたらいいんでしょうか。

安心してください!

ここからは、就活をいつ終えるか内定後に悩んだらすることをご紹介していきます!

就活アドバイザー 京香

就活をいつ終えるか、内定後に悩んだらこれをしよう
  • その①:就活を終える期限を決める
  • その②:教授・先輩・友人に相談する
  • その③:内定先の人事と面談をさせてもらう

 

その①:就活を終える期限を決める

就活をいつ終えるか、内定後に悩んだらすること1つ目は、就活を終える期限を決めることです。

就活を終える期限を設定しておくことで、ダラダラ就活を続けるのを防ぐことができます。

具体的な日にちでもいいですし、大まかな時期でもいいです。

一度就活の期限を自分で決めたら、なるべく周りの人に宣言するようにしましょう。

周りに自分の目標を宣言しておくことで、より実現度が上がりますよ。

また、周りの人がサポートしてくれることもあるかもしれません。

周りの人に宣言するだけでなく、紙に書いて毎日見えるところに飾っておくのもいいですよ!

就活アドバイザー 京香

 

その②:教授・先輩・友人に相談する

就活をいつ終えるか、内定後に悩んだらすること2つ目は、教授・先輩・友人に相談することです。

就活について悩んでいる人はあなたひとりではありません。

悩んでいることがあれば、教授や先輩、友人など周りの人に相談するようにしましょう。

人それぞれいろんなことを考えながら進路を決めてきています。

自分の悩みに直結しているかに関わらず、「自分の進路をどう決めたのか」といった大きなテーマにおいても自分の糧になる話が聞けるはずです。

また、今後就職してからもいえることですが、困ったときはひとりで抱え込まず誰かに相談することを覚えておくようにしましょう。

どんな人からも、ヒントが得られるはずですよ。

就活アドバイザー 京香

 

その③:内定先の人事と面談をさせてもらう

就活をいつ終えるか、内定後に悩んだらすること3つ目は、内定先の人事と面談をさせてもらうことです。

内定先の人事に面談をさせてもらうことで、就職においていいアドバイスがもらえるかもしれません。

人事の人は、内定に至るまでの面接の中であなたの経験や経験から積み上げられてきたあなたの性格、興味など人をある程度知ってくれているはずです。

たくさんの人を見てきているからこそ、人事の人にあなたの考えを正直に吐露してみることで予想していなかった視点からの意見がもらえるはずです。

あなたに関して客観的に分析して話をしてくれるはずなので、あなたに関して判断材料がそろうと決意を固めやすくもなります。

迷ったらとりあえず内定先の人事の人に連絡を取ってみてもいいですね。

もちろん先方は忙しいので、失礼のないように対応することは意識しましょう!

就活アドバイザー 京香

 

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

就活が終わる時期に関するよくある質問

それでは最後に、就活が終わる時期に関するよくある質問を2つご紹介していきます!

最後までこの記事を読んで、就活に役立ててくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

質問①:何月までに内定ないとやばいの?

就活が終わる時期に関するよくある質問1つ目は、何月までに内定ないとやばいの?です。

結論からいうと、10月までに内定がないとまずいといえます。

一般的に、内定は大学4年生の6月頃までに出ます。

その後入社式が行われますが、入社式は10月に行われることが多いです。

だから、入社式の行われる10月までに内定がないとまずいかもしれません。

もちろん例外もあります。

10月でも募集をしている企業はありますし、春入社ではなく秋入社を受け付けている企業もあります。

すぐに入社しないといけないわけでもないので、必ずしも焦る必要はありません。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:就活で一番忙しい時期はいつ?

就活が終わる時期に関するよくある質問2つ目は、就活で一番忙しい時期はいつ?です。

結論からいうと、大学3年生の夏です。

大学3年生の夏はインターンシップ選考が始まる時期ですが、初めての就活で手探りながらエントリーシートを書いたり、企業分析や自己分析を進めたりすることになります。

やることが分からなかったり多かったりする中で選考の対策を進めていくのは大変だといえます。

ですが、ある程度自己分析や企業分析が済めば、就活の感覚も掴んできて慣れてくるといえます。

Webテストの対策もあり大変だと思いますが、両立のコツを掴めば大丈夫です!

就活アドバイザー 京香

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:就活がいつ終わるか、スケジュールを把握して計画を立てよう

いかがでしたか?

就活のスケジュールについて、よく分かりましたか?

この記事では、ケース別の就活が終わる時期、また就活を早めに終わらせるためのコツについて紹介してきました。

そして、就活をいつ終えるか、内定後に悩んだらすることについても解説をしました。

この記事を通して、就活がいつ終わるかということに関するみなさんの疑問が少しでも解消されたら幸いです!

就活を早く終わらせたい気持ちはとても分かります。

でも、大切なのは「自分の納得いくかたちで就活を終える」ことです!

就活は早めに始めて損はありませんが、自分を追い詰めすぎずに向き合ってほしいと思います。

納得いくかたちで就活を終えてほしいですが、就活は企業とのマッチングだということも頭の隅に置いておいてください。

「ありのままのあなた」でマッチングがうまくいく企業を探すことも、意識するようにしましょう!

内定はゴールではなく長いキャリアのスタートに過ぎません。

あなたが楽しんで働ける進路に進めるよう、全力で応援していますよ!!

就活アドバイザー 京香