>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【大事な基準TOP3】「企業選びのポイントは?」面接の回答例3つ | 見つけ方,質問意図も

この記事を読めばわかること
  • 「企業選びのポイント」質問意図は、ミスマッチ採用の防止
  • 「あなたの企業選びのポイントは?」質問への回答例3つ
  • 企業選びの失敗を防ぐ、重要な基準TOP3 ⇒ 社風・待遇・長く働けるか
  • 「企業選びのポイント」を誰でも簡単に探せる3つの方法

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では、企業選びのポイントについて詳しく解説していきます。

突然ですが、就活生のみなさんの企業選びのポイントは何ですか?

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

企業選びのポイントですか?

僕はみんなが知っているような、有名な大手企業で働きたいから、会社の知名度ですかね…?

就活生ちゃん

私は、以前の面接で「なにを優先して企業を選んでいますか?」と質問されて上手く答えれませんでした…。

他の就活生は、企業を選ぶときのポイントってなにを意識しているの?

企業選びのポイントは、「企業を選ぶ基準」「企業選びの軸」という言い方をする場合もありますが、いずれもESや面接で頻出の質問なので対策が必要です。

それだけでなく、企業選びのポイントをなんとなく決めてしまうと、入社後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔してしまうこともあるので、きちんと考えた方が良いですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

そこでこの記事では、「あなたの企業選びのポイントは?」という質問への回答例を紹介していきます。

合わせて、企業選びで失敗しないためにチェックすべき重要な基準TOP3、自分の「企業選びのポイント」を探す3つの方法についても解説していきます。

この記事を読めば、ESや面接で「企業選びのポイント」について質問されても、問題なく答えられるようになりますよ。

企業選びのポイントを上手に説明したい就活生、企業選びに失敗したくない就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

「企業選びのポイント(基準)」を面接官が質問する意図とは?

就活生くん

なぜ企業は、ESや面接で「企業選びのポイント」について質問するのでしょうか。

就活生ちゃん

志望動機だけを質問すれば、それで十分な気もするのですが…。

「企業選びのポイント」の質問意図について教えてください。

企業選びのポイントの質問意図は、一言でまとめると、ミスマッチ採用の防止です。

企業選びのポイントと志望動機を両方質問してみて、内容にズレがある場合は、採用後にミスマッチを起こす可能性が高いと判断できます。

企業選びのポイントと志望動機にズレがある例は、以下のような感じです。

「就活の教科書」編集部 小渕

  • 志望動機…貴社の魅力的な製品を、一人でも多くのお客様に届ける営業マンになりたい
  • 企業選びのポイント…いつか海外で働くのが夢なので、海外支社のある企業で働きたい

⇒ 確かに海外支社はあるが生産工場のみで、海外の営業担当は存在しない企業だった!

就活生の希望と実際の仕事内容がミスマッチしている。

もしくは単純に、企業選びのポイントと企業の特徴が一致していない場合も、ミスマッチだと判断できます。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

企業選びのポイントが「海外で働きたい」なのに、海外事業所のない企業を受けていたら、ミスマッチだと判断されてしまうのですね…。

正直な話、企業に合わせて、その場しのぎの志望動機を作成するのは難しくないですよね。

質問の切り口を変え、学生の本音の価値観を見極めるのが「企業選びのポイント」の質問意図です。

「就活の教科書」編集部 小渕

いくら能力が高くても、価値観がミスマッチな学生を採用してしまったら、すぐに辞めてしまうかもしれないし、活躍できない可能性が高いので、お互いのためにならないのです。

企業側も、よく考えた上で「企業選びのポイント」を質問しているんですよ。

人事さん

 

「あなたの企業選びのポイント(基準)は?」質問の回答例3つ

就活生くん

他の就活生のみんなは、「あなたの企業選びのポイントは?」という質問に、どう答えているんでしょうか。

参考にしたいので、「あなたの企業選びのポイントは?」の回答例が知りたいです。

それでは、「あなたの企業選びのポイントは?」の回答例を3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

「あなたの企業選びのポイントは?」の回答例3つ
  • 回答例①:成長できる
  • 回答例②:人々の暮らしを豊かにする
  • 回答例③:チームで仕事に取り組める

それぞれの回答例について、詳しく解説していきますね。

「あなたの企業選びのポイントは?」という質問にどう答えればいいのか、イメージがわかない方は読んで参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

回答例①:成長できる

「あなたの企業選びのポイントは?」の回答例の1つ目は「成長できる」です。

私の企業選びのポイントは「仕事を通じて成長できるかどうか」です。

私は小学校の頃から現在までの12年間、本気で野球に打ち込んできました。

その中で、思うようなプレーができなかったり、レギュラーを取れずに悔しい思いをしたり、苦しい場面が何度もありました。

そのたびに諦めずに試行錯誤を繰り返し、自分を奮い立たせてきました。

この経験から、苦しくても逃げることなく挑戦し、困難を乗り越えた先にこそ成長がある、ということを学びました。

貴社での仕事は、案件によって最適解が全く違うため、常に専門知識をつける努力が必要だと感じています。

ときには困難な状況に立たされることもあるかとは思いますが、それを乗り越えるたびに、今より成長した自分になれるのが楽しみだと感じております。

粘り強く仕事に取り組んでくれそうな感じが好印象です。

「成長できる」は、すべての企業や仕事に当てはまる基準なので、企業とのミスマッチが起きにくく、ESや面接の回答としては汎用性が高いです。

志望先の企業のどのようなところが成長できそうだと感じるのか、具体的に書けば曖昧な印象にもなりませんよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

回答例②:人々の暮らしを豊かにする

「あなたの企業選びのポイントは?」の回答例の2つ目は「人々の暮らしを豊かにする」です。

私は、ものづくりを通して人々の暮らしをより豊かにする仕事がしたいと考えております。

日頃から日本のメーカーの技術力の高さを誇りに感じており、自分自身も日本メーカーの便利な製品によって暮らしが豊かになっていると実感しています。

特に貴社の商品開発力は素晴らしく、常に新しい価値を生み出そうとする企業姿勢に尊敬の念を抱いています。

私も貴社の一員として、人々の暮らしを豊かにするものづくりに携わりたいと考え、貴社を志望致しました。

志望先企業の魅力について、熱く語っているところから志望度の高さが伺えます。

「人々の暮らしを豊かにする」も、ほとんどの企業や会社に当てはまるので、「あなたの企業選びのポイントは?」の回答例として真似しやすいかと思います。

上記例文のように、製造業の商品開発を志望している場合は特におすすめです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

回答例③:チームで仕事に取り組める

「あなたの企業選びのポイントは?」の回答例の3つ目は「チームで仕事に取り組める」です。

私の企業選びのポイントは、「チームで大きな仕事に取り組めるかどうか」です。

私は大学のゼミの研究活動の中で、同じゼミのメンバーと意見交換をしたり、協力し合ったりすることに楽しさを感じていました。

自分の中で「最適だ」と思っていた研究方法が、チームで討論を繰り返すことで、より良い内容にブラッシュアップされていったことが印象に残っています。

チーム一丸となって研究に取り組んだ結果、教授も驚くほど充実した内容の論文に仕上げることができました。

この経験から、チームで何かに取り組むことは、楽しいだけでなくより良い結果も得られるということを学びました。

OB訪問をした際に、貴社の仕事はプロジェクト単位でチームを組んで行うのが基本だと伺い、とても魅力に感じました。

OB訪問をした際に聞いたことを書いているので、より説得力がありますね。

ひとりで黙々と仕事に取り組むよりも、チームで協力して大きな結果を出したい方は、「チームで仕事に取り組める」を企業選びのポイントにしてみてはいかがでしょうか。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

企業選びの失敗を防ぐ要チェックポイント!重要な基準TOP3

就活生くん

企業選びのポイントの回答例を見ていたら、「企業選びのポイントは会社の知名度です」と言っていた自分が恥ずかしくなりました(笑)

企業選びのポイントには、他にどんなものが考えられますか?

企業選びで失敗しないために、企業選びのポイントには重要な基準が3つあるので紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

企業選びの重要な基準TOP3
  • 基準①:社風
  • 基準②:待遇
  • 基準③:長く働けるか

いずれも社会人10年目の私が「新卒の就活のとき、企業選びのポイントに入れるべきだったなぁ~」と感じている基準です。

これから就活をするみなさんは、ぜひ私の失敗を活かして、上手な企業選びをしてください(笑)

それぞれ詳しく解説するので、企業選びで失敗したくない就活生の方は読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

基準①:社風

企業選びの失敗を防ぐ重要ポイント(基準)の1つ目は「社風」です。

「企業の社風って、結局どこも同じような感じじゃないの?」と考える就活生の方もいるかもしれませんが、企業によってびっくりするくらい全然違います

大学の校風や学校のクラスの雰囲気、部活やサークルのノリがそれぞれ全く違うように、企業の社風は多種多様です。

万が一、自分に全く合わない社風の企業に入社してしまうと、「こんなはずじゃなかった!」と後悔する確率はかなり高いです。

社風を調べる時に一番確実なのは、OB訪問やインターンシップなどで、実際に働いている人の話を聞いてみることです。

すべての企業でOB訪問やインターンシップはできないと思いますが、志望度の高い企業だけでもやっておく価値はありますよ。

気になる企業の雰囲気を知りたいけど「OB訪問ってどう始めたらいいの?」という就活生は、以下の記事で簡単にOB訪問が始められるアプリを紹介しています。

ぜひ読んで、自分に合うアプリを使って気になる企業のOB訪問をしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

基準②:待遇

企業選びの失敗を防ぐ重要ポイント(基準)の2つ目は「待遇」です。

ESや面接で「企業選びのポイントは待遇です!」と答えるのはおすすめできませんが、チェックだけは必ずしておくべきです。

なぜなら、待遇は仕事のやりがいと同じくらい、入社後の満足度を左右するからです。

「待遇といっても、具体的にどこをチェックすればいいの?」と思った就活生の方のために、待遇面のチェックポイントを紹介します。

待遇の具体的なチェックポイント
  • 給料・賞与:金額や賞与月数、業界内で比較して高いか安いか、昇給スピードなど
  • 転居を伴う転勤有無:将来家庭を持ちたい方はよく考えましょう
  • 休暇に関わる事柄:年間休日数や有給休暇制度、有給休暇の消化実績、長期休暇制度など
  • 住宅手当や家賃補助:住居関係の制度が充実していると、実質給料がアップしたのと同じ効果があります
  • 食堂有無や昼食代補助:毎日の食費が少しでも抑えられると嬉しいですよね
  • 慶弔手当:結婚祝金・出産祝金・傷病見舞金・弔慰金など
  • 家族手当:将来扶養家族ができたときにとてもありがたい制度です
  • 育児支援:育児休暇の取得実績、時短勤務制度、託児施設の有無など
  • 外部福利厚生サービス:商業施設やホテル、ジムの利用料割引などのサービス

 

給料や転勤有無、年間休日数については、チェックしている就活生の方は多いかもしれませんね。

すべての各種手当や制度までもれなくチェックすることは難しいと思いますが、企業のホームページや採用ページで確認できる項目くらいは、見ておくことをおすすめします。

待遇面が充実している企業は、従業員を大切にする風土があるとも判断できますよ!

「就活の教科書」編集部 小渕

 

基準③:長く働けるか

企業選びの失敗を防ぐ重要ポイント(基準)の3つ目は「長く働けるか」です。

企業に入社後、万が一自分に合わないことがわかった場合は、転職するという手段があります。

しかし、働きながら転職活動をするのは想像以上にとても大変です。

それに、せっかく就活を頑張って入社した企業なら、不満やトラブルなく、なるべく長く働けた方が嬉しいですよね。

長く働ける企業は、価値観によって人それぞれですが、以下のようなポイントをチェックするのがおすすめです。

長く働けるかのチェックポイント
  • 3年以内の離職率が30%以下である
  • 育児休暇や時短勤務の取得実績がある
  • その企業で10年後、20年後も生き生きと働く自分が想像できるか
  • 身につくスキルや待遇面において、その企業でキャリアを重ねるメリットがあるか

 

新入社員の3年以内離職率の平均は30%前後です。

極端に離職率の高い企業は、訳ありなケースが多いので、健やかに長く働けるかどうかは正直微妙なところです。

企業に入社した後、「10年後、20年後も働き続けられそうか」という視点で考えると、自分にとっての長く働ける企業が見つかりますよ。

就活の期間よりも、企業に勤める期間の方がはるかに長いということを忘れないでくださいね。

離職率については以下の記事で解説しているので、気になる就活生は参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

自分の「企業選びのポイント(基準)」を探す3つの方法

就活生くん

企業選びのポイントって難しいと思っていましたが、他の就活生の回答例や、社会人が考える企業選びの基準を聞いてみると、ずいぶんイメージがわいてきました!

「企業選びのポイント=自分が企業に求めること」だと考えたら、もっと気楽に探せそうだと思いませんか?

「成長できる」とか意識の高い基準だけじゃなくて、「待遇」とか自分本位の企業選びのポイントがあっても良いんですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

ESや面接で「企業選びのポイントは待遇です」とは、書けませんよね(笑)

自分本位の企業選びのポイントは、企業にはあえて伝えない「裏・企業選びのポイント」という感じですね!

そんな感じです。

では、「自分の企業選びのポイントがまだ見つかっていない」という就活生の方のために、企業選びのポイントを探す3つの方法をお伝えします。

「就活の教科書」編集部 小渕

企業選びのポイントを探す3つの方法
  • 方法①:自己分析をする
  • 方法②:業界・企業研究をする
  • 方法③:他の人の企業選びのポイントを参考にする

企業選びのポイントを探す方法について、それぞれ詳しく解説していきます。

自分の「企業選びのポイント」を見つけたい方は、ぜひ読んで試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法①:自己分析をする

企業選びのポイントを探す方法1つ目は、「自己分析をする」です。

自分の過去の経験の中から、どんなことに喜びを感じるか、どんな働き方をしたいか、どんな人になりたいかなどを整理していきましょう。

自己分析で自分の価値観を明確化すれば、それがそのまま企業選びのポイントに繋がっていきます。

企業選びのポイントの見つけ方の例
  • 仲間とワイワイしながら一つの目標に向かっていくのが好き ⇒ チームで取り組む仕事がしたい
  • 課題や目標をクリアしたときの達成感が喜び ⇒ 常に新しい課題に挑戦できる仕事がしたい
  • 新しい価値観やモノを創造することに興味がある ⇒ メーカーの商品開発で働きたい

自己分析の詳しいやり方については、「【内定者が教える】自己分析のおすすめなやり方 | 実際の例や間違った方法も」で紹介しています。

自己分析のやり方がわからない方や自信のない方は、一度読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法②:業界・企業研究をする

企業選びのポイントを探す方法2つ目は、「業界・企業研究をする」です。

私たちが認識している業界や企業、職種は、実はごく限られたもので、世の中には想像以上にたくさんの仕事が存在します。

まずは、なるべく多くの業界や企業、職種の存在を認識しなければ、興味のある仕事ややってみたい仕事を探すのは、とても難しいです。

業界・企業研究をするほどに、知っている仕事の種類が増えていくので、「こんな仕事がやってみたい!」という企業選びのポイントが見つかりやすくなりますよ。

業界・企業研究は面倒に感じる方もいるかもしれませんが、企業選びのポイントを探す上で大切なことです。

自分にマッチしそうな仕事や、働いてみたい企業も見つかるかもしれませんよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法③:他の人の企業選びのポイントを参考にする

企業選びのポイントを探す方法3つ目は、「他の人の企業選びのポイントを参考にする」です。

他の人の企業選びのポイントを聞いてみると、「確かに、自分もそうかも!」と共感できる基準を発見することが多いです。

他の就活生や、企業で働いている先輩、親など、色々な人に質問したり、アドバイスをお願いしたりしてみましょう。

ESの無料閲覧サービスで、内定者のESから、企業選びのポイントについて書かれた部分を探し、参考にするという方法もありますよ。

同じ就活生だけでなく、実際に社会に出て働いている人の基準も参考になりますよ。

価値観によって企業選びのポイントは全然違ってくるので、いろいろな立場の人に聞いてみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:後悔しないために、企業選びのポイント(基準)はしっかり考えよう

 

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

まとめ:後悔しないために、企業選びのポイントはしっかり考えよう

◆「企業選びのポイント(基準)」の質問意図 ⇒ ミスマッチ採用の防止

 

◆「あなたの企業選びのポイントは?」質問への回答例3つ

  • 回答例①:成長できる
  • 回答例②:人々の暮らしを豊かにする
  • 回答例③:チームで仕事に取り組める

 

◆【社会人が教える】企業選びの失敗を防ぐ重要な基準TOP3

  • 基準①:社風
  • 基準②:待遇
  • 基準③:長く働けるか

 

◆自分の「企業選びのポイント(基準)」を探す3つの方法

  • 方法①:自己分析をする
  • 方法②:業界・企業研究をする
  • 方法③:他の人の企業選びのポイントを参考にする

 

◆企業選びのポイント=自分が企業に求めること

 

◆企業選びのポイントは複数あっても良い

 

◆後悔しないために、企業選びのポイントはしっかり考えた方が良い

 

「企業選びのポイント=自分が企業に求めること」です。

1つに絞らず複数あってもOKなので、企業選びに失敗しないためにも、自分の企業選びのポイントは何か、しっかり考えましょう。

企業選びのポイントを考えるのは、やってみるととても面白いですよ!

エントリーできる企業の数がこれだけ多いのは、新卒の特権です。

せっかくなので、自分の希望や価値観に合うのはどんな企業か、とことん考えてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕