【就活】ベンチャー就活

【就活内定者が教える】ベンチャー企業ってどうなの?メリット,デメリット,選び方など

ベンチャー企業の就活、メリット,デメリット,選び方など徹底解説!

【就活メディア「リア就」とは】
現役の内定者と就活生がリアルな就活情報を記事にしています。LINEで"本当の就活情報"を公開中!
⇒  リア就LINEの詳細はこちら

内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
こんにちは。リア就ライターの神山です。
みなさんはベンチャー企業についてこんなイメージを持っていませんか。
就活生くん
就活生くん
新卒でベンチャー企業への就職って実際どうなんだろう・・・
就活生ちゃん
就活生ちゃん
私服を着た若い人が活躍しているイメージあるけど、新卒でベンチャー企業へ就職するメリット・デメリットって何?
内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
ベンチャー企業はイメージが先行しがちで、実際どうなのという部分はなかなか分からないですよね。

そこでこの記事では、ベンチャー企業へ就職しようか悩んでいるあなたのために、ベンチャー企業の内定者 神山が、ベンチャー企業への就職について記事を書きました。

ベンチャー企業に就職するメリット・デメリットや、企業の探し方、難易度、就活を始める時期など詳しく解説しています。

ベンチャー企業に就職したいけど迷っている方やベンチャーへの就職を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね!

そもそもベンチャー企業とは

内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
就活生のみんなは、ベンチャー企業とは何か説明できる?
就活生くん
就活生くん
就活生なんですが、実は、よく分かっていないです。
就活生ちゃん
就活生ちゃん
私も、就活でベンチャー企業の話はよく聞くんですけど、あまりベンチャー企業についてしっかり理解はできていないです。
内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
最初はそうだよね。でも安心して。これから、ベンチャー企業とは何かを分かりやすく説明するね。

ベンチャー企業とは、簡単に言うと「新しい技術やサービスを作り、高い成長を目指す企業のこと」です。

上のようにベンチャー企業について一言で表しましたが、実のところ、ベンチャー企業の明確な定義はありません。

しかし、ベンチャー企業の特徴は下の2つにまとめられます。

  • 新しいビジネス
  • 高い成長率

それでは、これからベンチャー企業の特徴を一つずつ説明していきますね。

 

特徴①:新しいビジネスモデル

ベンチャー企業の特徴1つ目は、「新しいビジネス」をしていることです。

例えば株式会社メルカリは、個人と個人が物を売り買いできるフリマアプリ「メルカリ」という、それまでになかった新しいサービスを提供しています。

また株式会社クラウドワークスは、「クラウドソーシング」という新しい働き方を推進するサービスを生み出し、提供しています。

このようにベンチャー企業は、新しいアイディアや技術を使い、それまでになかった物やサービスを生み出す企業のことを指します。

 

特徴②:高い成長率

ベンチャー企業の特徴2つ目は、「高い成長率」を達成している、または目指している企業です。

例えば今年上場した株式会社メルカリは、2015年の売上高は42億3700万円でしたが、2018年には357億6500万円に急成長をしています。

売上高の成長をパーセントに直すと、3年間で約844%も上昇しています。

 

またZOZOTOWNの運営で有名な株式会社スタートトゥデイは、2014年から2017年の間に、売上高が385億8000万円から763億9300万円まで増加しています。

売上高をパーセンテージに直すと、3年間で約198%の上昇です。

このようにベンチャー企業は、高い成長率を達成し、目指している企業が多いです。

 

ベンチャー企業と中小企業の違い

内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
これまでベンチャー企業そのものについて説明したよ。何か質問したい人いる?
就活生くん
就活生くん
ベンチャー企業と中小企業の違いってなんですか?
就活生ちゃん
就活生ちゃん
私もそれ気になりました!
内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
いい質問だね。それじゃあこれからベンチャー企業と大企業の違いについて説明するね。

ベンチャー企業と中小企業の違いを、簡単に言うと「リスクを取って、それまで世の中に無かった物やサービスを提供しているかどうか」です。

ベンチャー企業と中小企業の違いを2つのポイントにまとめると、下のようになります。

  • 新しい物やサービスを提供しているか
  • リスクを取って投資をしているか

次は、ベンチャー企業と中小企業の違いについて詳しく説明していきます。

 

違い①:新しい物やサービスを提供しているか

ベンチャー企業と中小企業の違い1つ目は、「新しい物やサービスを提供しているかどうか」です。

先ほどから、ベンチャー企業は「新しい物やサービスを提供している企業」であると説明してきました。

では、全ての中小企業は新しい物やサービスを提供していないのでしょうか。

もちろんそんなことはなく、新しい物やサービスを作っている中小企業もあります。

 

しかし、中小企業は、全体的に元々ある物やサービスを提供している、または元々ある物やサービスと似たような物を提供している企業が多いです。

例えば、ネジの製造であったり、レストランの経営であったり、元々ある物やサービスを提供している企業が多く、新しい技術やアイディアを使って新しい物やサービスを提供している企業は少ないです。

 

違い②:リスクをとって投資しているか

ベンチャー企業と中小企業の違い2つ目は、「リスクをとって投資しているか」ということです。

多くの中小企業の場合、元々ある物やサービスを提供しており、仕事の進め方が明確で利益を出しやすいです。

そのため、積極的に投資して新しい物やサービスを生み出す環境ではなく、ローリスク・ローリターンの特徴を持っています。

 

一方、ベンチャー企業は「高い成長率」を目的としているため、新規事業や新サービスに積極的に投資して利益を上げようとします。

そのためベンチャー企業は、中小企業と比べるとハイリスク・ハイリターンの特徴を持っています

 

ベンチャー企業就職のメリット

就活生くん
就活生くん
ベンチャー企業のことはだいたい分かってきたな。でも、実際にベンチャー企業に就職する時のメリットやデメリットってなんだろう?
就活生ちゃん
就活生ちゃん
私は、ベンチャー企業ってキラキラして活躍できそうなイメージあるけど、デメリット・リスクはしっかりと確認しておきたいよね
内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
みんなベンチャー企業に就職するメリット・デメリットが気になるみたいだね。それじゃあ、ベンチャー企業に入るメリットとデメリットを説明していくね。

ベンチャー企業に就職するメリットは下の3つです。

  • 大きな裁量
  • 早い段階での昇進
  • 幅広い業務ができる

それでは、ベンチャー企業に就職するメリットについて詳しく説明していきますね。

 

メリット① : 裁量権が与えられやすい

ベンチャー企業に就職するメリットの1つ目は、「裁量権が与えられやすい」があることです。

「裁量権が与えられる」とは、新卒でも「やりたい」と言えば、多くの仕事を任せてもらえるということです。

もちろん、重要な仕事は新卒の人は任せてもらえませんが、それでも多くの仕事を任せてもらえます。

「若いうちに大きなプロジェクトに参加して成長したい」という人は、自分から大きなプロジェクトに参加できる環境があるベンチャー企業は魅力的でしょう。

 

メリット② : 早い段階での昇進

ベンチャー企業に就職するメリットの2つ目は、「早い段階での昇進」があることです。

大企業と違い、ベンチャー企業は人が少ないために昇進も早いです。

また、実力主義な部分が強いため、結果を残せば昇進も早くなります。

実際に、ベンチャー企業に就職している僕の友人は、新卒1年目でプロジェクトリーダーを任されているようです。

 

メリット③ : 幅広い業務ができる

ベンチャー企業に就職するメリットの3つ目は、「幅広い業務ができる」ことです。

大企業と違い、ベンチャー企業は人が少ないために、1人が複数の仕事を任されることが多いです。

1人が複数の仕事を任されることを「めんどくさい」と捉えるか、「成長のチャンス」と捉えるかは人それぞれですが、「成長のチャンス」と捉える人にとっては魅力的な部分になるでしょう。

 

ベンチャー企業就職のデメリット

内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
次は、ベンチャー企業に就職するデメリット・リスクを紹介するね。

ベンチャー企業就職のデメリットはこちらの3つです。

  • 福利厚生が整っていない
  • 研修制度が整っていない
  • 倒産のリスクがある

それでは、ベンチャー企業に就職するデメリットについて詳しく説明していきます。

 

デメリット① : 福利厚生が整っていない

ベンチャー企業に就職するデメリットの1つ目は、「福利厚生が整っていない」ことです。

ベンチャー企業は、会社ができてあまり年月が経っていないところが多く、大企業ほど福利厚生を充実させることに手が回せていないことが多いです。

それでも、ベンチャー企業の中には福利厚生が充実しているところもあるので、ベンチャー企業の福利厚生が気になる方は、そのベンチャー企業のホームページをしっかりと見るようにしましょう。

 

デメリット② : 研修制度が整っていない

ベンチャー企業に就職するデメリットの2つ目は、「研修制度が整っていない」ことです。

ベンチャー企業は、福利厚生が充実していない流れから研修制度も整っていないところが多いです。

そのため、ベンチャー企業は自己成長力が高い人を求めているということになります。

規模の大きいベンチャー企業なら研修制度を実施しているところもありますが、規模の小さいベンチャー企業なら研修制度をあまり実施していないところもありますので、しっかりと確認しておきましょう。

 

デメリット③ : 倒産のリスクがある

ベンチャー企業に就職するデメリットの3つ目は、「倒産のリスクがある」ことです。

ベンチャー企業は、世の中にない新しい物やサービスを作る企業であると説明してきました。

そのため、新しい物やサービスが世の中の人に受け入れられず、倒産するリスクもあるわけです。

 

これがベンチャー企業に就職する一番のリスクになってきます。

ベンチャー企業に就職したい人は、そのベンチャーが倒産するリスクを頭に入れて就職活動をする必要があります。

 

就活でのベンチャー企業の探し方

就活生くん
就活生くん
ベンチャー企業に入るメリットとデメリットがよく分かりました!僕はベンチャー企業に就職してみたいなと思っているのですが、ベンチャー企業ってどうやって探すんですか?
就活生ちゃん
就活生ちゃん
私もベンチャー企業の探し方は気になります。
内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
確かにベンチャー企業って名前が知られていない企業が多いから、探し方分からないよね。それじゃあこれから、ベンチャー企業の探し方について説明するね

ベンチャー企業は創業してから比較的若い企業が多いので、大手就活サイトで紹介されていないことが多いです。

では、どうやってベンチャー企業を探せばいいのでしょうか。

それではこれから、ベンチャー企業を就活で探す時の方法やベンチャー企業を探す方法について説明します。

 

ベンチャー企業の探し方① : wantedly

就活でのベンチャー企業の探し方3つ目は、「wantedly(ウォンテッドリー)」のサイトを見ることです。

wantedlyは、「企業と人をつなぐビジネスSNS」というキャッチコピーのwebサイトです。

多くのベンチャー企業が登録して実際に採用にも使っているため、簡単にベンチャー企業が見つかります。

実際に僕も、wantedlyを使ってベンチャー企業の選考に申し込んだり、ベンチャー企業の人事の方に連絡したました。

就活でベンチャー企業を探すなら、特におすすめのサービスです。

>> 評判・使い方へ>> Wantedlyへ

 

ベンチャー企業の探し方② : Goodfind

就活でのベンチャー企業の探し方4つ目は、「Goodfind(グッドファインド)」のサイトを見ることです。

Goodfindでは、成長企業ばかりを選んで紹介している就活サイトです。

Goodfindはベンチャー企業だけでなく、外資企業やコンサルティングファームなどの企業も紹介していますが、Goodfindに紹介されているベンチャー企業は本当に成長している企業が多いです。

Goodfindで紹介されているベンチャー企業は、先ほど紹介したベストベンチャー100や注目の西日本ベンチャーなどのサイトにも名前が上がるような、優良ベンチャー企業ばかりです。

非常に質が高い就活サイトのため、ベンチャー企業への就職を考えている人は登録しておいた方がいいでしょう。

実際に僕も登録していましたし、周りのベンチャー企業に就職した友人たちはみんなGoodfindに登録していました。

>> 評判・使い方へ>> Goodfindへ

 

ベンチャー企業の探し方③ : サポーターズ

就活でのベンチャー企業の探し方5つ目は、「サポーターズ」のサイトを見ることです。

サポーターズは、200を超える人気IT企業やベンチャー企業と学生をつなげるサイトです。

 

サポーターズの良いところは、就活の選考で交通費を出してくれるところです。

就職活動は、交通費を中心に少なくとも5万以上はかかります。

地方から都会の企業へ就職したいと考えている人には、交通費を支給してくれるのはありがたいですよね。

実際に僕も、サポーターズが紹介している企業の説明会に行き、サポーターズから交通費をいただきました。

>> 評判・使い方へ>> サポーターズへ

 

ベンチャー企業の探し方④ : iroots

就活でのベンチャー企業の探し方6つ目は、「iroots(アイルーツ)」に行くことです。

irootsはベンチャー企業だけではなく大手企業も紹介していますが、優良ベンチャーが多く紹介されています。

 

irootsの特徴は、「企業からスカウトが来るため、多くの企業を知るきっかけになる」ことと、「自己分析ツールが非常に役に立つ」ことです。

もし気になったのなら、あなたもぜひ使ってみてください。

iroots

 

ベンチャー企業の探し方⑤ : 逆求人イベント

就活でのベンチャー企業の探し方7つ目は、「逆求人イベント」に行くことです。

逆求人イベントとは、「企業が興味を持った学生に面接を提案する採用活動」のことです。

今までの就活は、学生が企業の採用面接に応募して就活を行うスタイルでしたが、近年、企業から学生に面接を提案するスタイルの就活が多くなっています。

ベンチャー企業も逆求人イベントに積極的に参加しているので、ベンチャー企業を探すのも一つの手です。

 

僕がオススメの逆求人イベントは、株式会社ITプロパートナーズさんが運営している「intee」という逆求人イベントです。

「intee」では選考を勝ち取った優秀な学生と企業をマッチングしてくれるサービスです。

規模の小さいベンチャー企業から、規模の大きいメガベンチャーまで紹介してくれるので、多くのベンチャー企業を知ることができます。

僕も「intee」を利用して多くのベンチャー企業と出会うことができ、内定ももらうことができたので非常にオススメです!

⇒ intee

 

ベンチャー企業の探し方⑥ : ベストベンチャー100

就活でのベンチャー企業の探し方1つ目は、「ベストベンチャー100」のサイトを見ることです。

ベストベンチャー100というサイトは、これから成長が期待される優良ベンチャー企業100社を紹介しています。

ベストベンチャー100というサイトを見て、気になった企業があれば詳しく調べるという方法でベンチャー企業を探す方法があります。

⇒ ベストベンチャー100

 

ベンチャー企業の探し方⑦ : 注目の西日本ベンチャー100

就活でのベンチャー企業の探し方2つ目は、「注目の西日本ベンチャー100」のサイトを見ることです。

注目の西日本ベンチャーというサイトは、西日本のベンチャー企業でこれから成長が期待される100社を紹介しています。

西日本でベンチャー企業を探している人には、うってつけのサイトです。

ベストベンチャー100と同じように、注目の西日本ベンチャー100というサイトを見て気になった企業があれば、詳しく調べてみましょう。

⇒ 注目の西日本ベンチャー100

 

ベンチャー企業就職の難易度

就活生くん
就活生くん
ベンチャー企業の探し方、よく分かりました!家に帰ってベンチャー企業を探してみようと思います。
就活生ちゃん
就活生ちゃん
質問なんですけど、ベンチャー企業の難易度ってどんな感じなんですか?
内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
確かにベンチャー企業の難易度って気になるよね。基本的に有名ベンチャー企業ほど難しい傾向にあるよ。

ベンチャー企業の就職難易度は、「有名ベンチャー企業ほど就職の難易度が高い」です。

また、ベンチャー企業は就活生でも即戦力の人を求めているため、求められているスキルも高いです。

さらに、メルカリやfreee、ビズリーチなどの有名ベンチャー企業になればなるほど、即戦力として求められるスキルが上がるので、難易度も自然と高くなります。

そのためベンチャー企業への就職を考えている人は、即戦力となるスキルを持っておくと、選考が優位になるでしょう。

 

ベンチャー企業の就活を始める時期

就活生ちゃん
就活生ちゃん
ベンチャー企業の難易度も普通の企業と同じで、有名になればなるほど難しいんですね。
就活生くん
就活生くん
ベンチャー企業では即戦力のスキルを持った人が求められるんですね。そろそろ就活準備しないとな。
そう言えば先輩は、ベンチャー企業への就活っていつ頃始められたんですか?
内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
僕は、大学3年生の1月くらいから本格的に始めたよ。

ベンチャー企業の就活時期は一般企業に比べて早く、本選考時期は、1月から3月くらいまでです。

そのためベンチャー企業への就職を考えている人は、早めに就活準備をする必要があります。

また、一般企業は6月から本選考を開始しますが、ベンチャー企業は6月の時点で本選考は終わっています。

多くのベンチャーは6月くらいからは2次募集という形で採用を行います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ベンチャー内定者の神山が、ベンチャー企業に就職するメリット・デメリットや、就活でのベンチャー企業の探し方などを詳しく解説しました。

加えて、ベンチャー企業の難易度や就活を始める時期についても紹介しました。

 

イメージが先行しがちなベンチャー企業。

ベンチャー企業に就職するにはしっかりとメリット・デメリットを考える必要があります。

しかし、ベンチャー企業には若い人が活躍する場が必ずあります!

ベンチャー企業への就職を考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

内定者ライター 神山
内定者ライター 神山
リア就では、他にも「就活」に役立つ様々な記事を書いています。
ぜひ、読んでみてくださいね!
ABOUT ME
神山 大智
神山 大智
ITベンチャー企業の内定者、和歌山大学卒業予定。東京に1ヶ月半ほど滞在し、ベンチャー企業を中心に就活。
【リア就LINE】内定者が
“本当の就活情報” をお届け

\ 口コミで20卒の就活生が続々参加!!/リア就LINE10秒で参加、いつでも解除できます

リア就LINEの3つのメリット
  1. 内定者が語る “本当な就活情報” がLINEに届く
  2. マル秘就活テクニックを限定公開
  3. 内定者座談会の動画を限定公開

* 参加者数が集まり次第、LINE募集を停止する可能性があります。ご了承ください。