>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【強み一覧】自己PR「強み・長所」の単語・キーワード一覧!選び方,短所からの言い換えも

この記事で分かること
  • 自己PR「強み・長所」一覧、5つのグループ分けも
  • 自己PR「強み・長所」の選び方ポイント3つ
  • 自己PR「強み・長所」で使える7つのエピソード一覧
  • 短所から「強み・長所」への言い換え一覧
  • 自己PRで「強み・長所」が聞かれる理由3つ

こんにちは「就活の教科書」編集部のカタです。

この記事では、自己PRで使える「強みや長所」の一覧を紹介していきます。

皆さんは、就活で自己PRでどの強みをアピールすればいいか分からず、困ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 カタ

就活生くん

今、ESの自己PRを書こうと思っているのですが、自分にどんな強みや長所があるのか分かりません。

自己PRの「強みや長所」で使える単語やキーワードの一覧などを見て、自分に合ったものを探したいです。

就活生ちゃん

私は、この前、面接で自己PRを求められた時、うまく答えられませんでした。

自己PRで使う「強みや長所」の選び方自己分析のやり方アピールする時のポイントなどについて知りたいです。

自己PRでの強みや長所ってたくさんあってどの単語やキーワードを使えばいいのか迷いますよね。

自己PRで使える強みや長所を理解し、うまく伝える方法を知れば、魅力的な自己PRを作ることが出来ますよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

この記事では、自己PRで使える「強み・長所」の一覧を紹介します。

合わせて、自己PRの「強みや長所」で使える単語・キーワードや「強みや長所」の選び方短所から長所への言い換えも紹介します。

この記事を読めば、自分に合った強みや長所を見つけることができ、魅力的な自己PRを作ることができますよ。

自己PRでどの強みをアピールすればいいのか分からず、悩んでいる就活生の方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

自己PRで使える「強み・長所」の一覧、5つの分類

就活生くん

自己PRで強みや長所をアピールしたいのですが、そもそもどんな「強み・長所」があるのか単語やキーワードで知りたいです。

自己PRの「強みや長所」がたくさんありすぎてどれが自分に合っているのか分かりません。

自己PRの「強みや長所」に関する単語やキーワードはたくさんあり、どれを使うべきか迷いますよね。

実は、言い換え似たような単語やキーワードも含めれば、自己PRで使える「強みや長所」は34個あります。

ここでは、それぞれを5つのグループに分けて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 カタ

ここでは、自己PRで使える「強み・長所」の一覧を紹介します。

言い換えや似たような単語やキーワードも含めれば、自己PRで使える「強みや長所」は26個あります。

いきなり26個の強みの中から自分に合ったものを探すのは大変だと思うので、まずは、26ある「強み・長所」を大きく5つのグループに分けてみました。

まずは、自己PRで自分に合いそうな「強み・長所」はどのグループか考えてみましょう。

また、自己PRで使う「強み・長所」は一つに絞らず、複数の「強み・長所」を組み合わせて自己PRを作るのも良いですよ。

自己PRで使える「強み・長所」5つのグループ
  • ①:行動力・継続力系
  • ②:対人関係力・チーム力系
  • ③:考える力・問題解決力系
  • ④:几帳面・冷静系
  • ⑤:マインド系
自己PRで使える「強み・長所」一覧
行動力・継続力系 集中力、向上心、努力家、忍耐力、継続力
対人関係力・チーム力系 コミュニケーション能力、笑顔、リーダーシップ、臨機応変、相手の立場になって考える力、調整力、縁の下の力持ち、気配り
考える力・問題解決力系 柔軟性、計画性、臨機応変
几帳面・冷静系 几帳面、慎重、冷静
マインド系 負けず嫌い、明るい、諦めない、真面目さ、笑顔、誠実さ、責任感

それでは、それぞれのグループ別に「強みや長所」に関する単語やキーワードを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

強み・長所①:行動力・継続力系

自己PRで使える強みの1つ目のグループは「行動力・継続力系」です。

物事を継続して成果を出した経験がある人は、行動力・継続力をアピール出来ます。

また、自分から主体的に行動を起こせる人もこの強みに当てはあります。

以下の表から自分に合いそうな強みを探してみてください。

「行動力・継続力系」
  • 集中力
  • 向上心
  • 努力家
  • 忍耐力
  • 継続力

この中から自分に合いそうな強みがあれば、以下の記事を参考に自己PRを作ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

強み・長所②:対人関係力・チーム力系

自己PRで使える強みの2つ目のグループは「対人関係力・チーム力系」です。

チームをまとめる役割をした経験がある人は、対人関係力・チーム力系をアピール出来ます。

また、他人と意見交換をするのが上手い人もこの強みに当てはあります。

以下の表から自分に合いそうな強みを探してみてください。

「対人関係力・チーム力系」
  • コミュニケーション能力
  • 笑顔
  • リーダーシップ
  • 臨機応変
  • 相手の立場になって考える力
  • 調整力
  • 縁の下の力持ち
  • 気配り

この中から自分に合いそうな強みがあれば、以下の記事を参考に自己PRを作ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

強み・長所③:考える力・問題解決力系

自己PRで使える強みの3つ目のグループは「考える力・問題解決力系」です。

問題が起きた時に何が問題で、どうすれば解決するのか考える力がある人は、考える力・問題解決力系をアピール出来ます。

また、状況の変化に柔軟に対応できる人もこの強みをアピールする事が出来ます。

以下の表から自分に合いそうな強みを探してみてください。

「考える力・問題解決力系」
  • 柔軟性
  • 計画性
  • 臨機応変

この中から自分に合いそうな強みがあれば、以下の記事を参考に自己PRを作ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

強み・長所④:几帳面・冷静系

自己PRで使える強みの4つ目のグループは「几帳面・冷静系」です。

焦ることなく冷静に、やるべきことに対応できる人は、几帳面・冷静系の強みをアピール出来ます。

以下の表から自分に合いそうな強みを探してみてください。

「几帳面・冷静系」
  • 几帳面
  • 慎重
  • 冷静

この中から自分に合いそうな強みがあれば、以下の記事を参考に自己PRを作ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

強み・長所⑤:マインド系

自己PRで使える強みの5つ目のグループは「マインド系」です。

もし、あなたが誰にも負けない人間性を持っている自信があれば、一度、それをアピールできるか検討するのも良いですね。

以下の表から自分に合いそうな強みを探してみてください。

「マインド系」
  • 負けず嫌い
  • 明るい
  • 諦めない心
  • 真面目さ
  • 笑顔
  • 誠実さ
  • 責任感

この中から自分に合いそうな強みがあれば、以下の記事を参考に自己PRを作ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

自己PRの「強み・長所」の選び方ポイント3つ

就活生くん

自分に当てはまる強みや長所がいくつか見つかりました。

どんなことに気をつけて自己PRでアピールする「強み・長所」を決めればいいですか。

自己PRでは、具体的かつ志望する会社に合った強みや長所をアピールしましょう。

自己PRでアピールする「強みや長所」を選ぶときのポイントが3つあります。

「就活の教科書」編集部 カタ

自己PRで使う「強み・長所」の選び方ポイント
  • ポイント①:具体的なエピソードがある『強み・長所』を選ぶ
  • ポイント②:極端過ぎてマイナスにならないような『強み・長所』を選ぶ
  • ポイント③:志望する会社で求められている『強み・長所』を選ぶ

それぞれ、解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

ポイント①:具体的なエピソードがある『強み・長所』を選ぶ

自己PRで使う「強みや長所」を選ぶときのポイントの1つ目は「具体的なエピソードがある『強み・長所』を選ぶ」です。

自己PRで「強み・長所」をアピールする時、成果や結果が出なかったエピソードを使うと説得力に欠けてしまいます。

「私には~強みがあります。でも成果にまでは結び付きませんでした。」ではあなたの強みは伝わりません。

具体的なエピソードや数値を使ってアピールできる「強みや長所」を選びましょう。

問題点を改善したり、新しく何かを始めた経験から自分の強みや長所を探してみましょう。

具体的な数値行動結果を話すと説得力が増します。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

ポイント②:極端過ぎてマイナスにならないような『強み・長所』を選ぶ

自己PRで使う「強みや長所」を選ぶときのポイントの2つ目は「極端過ぎてマイナスにならないような『強み・長所』を選ぶ」です。

強みや長所が極端すぎると逆にマイナスの印象を与えてしまいます。

例えば、「計画性→行動が遅い・臨機応変さがない」「負けず嫌い→頑固なだけ」のように疑われてしまいます。

どんな強みや長所も極端すぎるとマイナスに捉えられることがあるので気をつけましょう。

長所をアピールする時は、極端にならないように気を付けましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

ポイント③:志望する会社で求められている『強み・長所』を選ぶ

自己PRで使う「強みや長所」を選ぶときのポイントの3つ目は「志望する会社で求められている『強み・長所』を選ぶ」です。

企業の方は、自己PRの「強みや長所」を聞くことで、その会社への適性がその就活生にあるのか確認しようとしています。

事前に会社のHPを見たり、OB訪問をすることにより、志望する会社が求める人物像を把握することが出来ます。

自己PRで使う「強みや長所」を決める際は、志望する会社が求めている強みや長所を調べましょう。

志望する会社で求められる力だけでなく、その力を活かした将来像まで描けるとより良いです。

どの長所をアピールするか迷っている人は、OB訪問をして他己分析をしてもらうのが良いです。

以下にOB訪問に関する記事や他己分析のやり方を載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

自己PRでの短所から「強み・長所」への言い換え一覧

就活生ちゃん

特に、これといった長所が思いつきません。

なんとかして、自己PRで使える「強みや長所」を見つけることは出来ませんか。

どうしても長所が見つからないという方は、短所を強みや長所に言い換えてみるのはいかがでしょうか。

自分では短所だと思っていても、少し見方を変えれば、長所としてアピールする事も出来ます。

“ものは考えよう”と言うように、以下の短所から「強みや長所」への言い換えの表を参考にして、少し考え方を変えてみるのも良いですよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

短所から「強み・長所」への言い換え
弱み・短所 強み・長所
決断力がない 慎重さ・計画性・責任感
計画性が低い 行動力・柔軟性・
一人でやり遂げられない 縁の下の力持ち
鈍感 忍耐力
飽き性・気がすぐに変わる 向上心
諦めが悪い 負けず嫌い
カタい 真面目さ・誠実さ・慎重

この中に自分の長所に当てはまるものがない人は、他の長所一覧も紹介していますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

自己PRでアピールできる「強み・長所」が見つからない人は自己分析をしよう

就活生ちゃん

自己PRで使える「強みや長所」ってこんなにあるのですね。

自分の強みや長所が何なのか余計に分からなくなりました。

自己分析をすると、自分の「強み・長所」についてより深く分かりますよ。

自己分析に行き詰った時は、少しやり方を変えたり自己分析ツールを使ってみたりしましょう。

以下に、自己分析で役に立つ記事を紹介しておきます。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

自己PR「強み・長所」で使える7つのエピソード一覧

就活生くん

自己PRで使える「強みや長所」は分かりました。

今度はそれを基にして、ガクチカや自己PRを作りたいのですが、どんなエピソードを使うのがいいですか。

自己PRやガクチカで自分の「強みや長所」を伝えるためのエピソードとして以下のような例があります。

「就活の教科書」編集部 カタ

自己PRで「強みや長所」を伝えるためのエピソード
  • エピソード①:アルバイト
  • エピソード②:部活
  • エピソード③:サークル
  • エピソード④:学業、ゼミ活動
  • エピソード⑤:ボランティア
  • エピソード⑥:資格
  • エピソード⑦:留学

以下に、各エピソードごとのアピール方法についての記事を紹介しておきます。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

自己PRで「強み・長所」が聞かれる理由3つ

就活生ちゃん

そもそも、面接官の方がどんな意図をもって「強み・長所」を聞いてくるのか知りたいです。

「強みや長所」を伝える目的に合わせて、自分が伝えるべき「強み・長所」を絞っていきたいです。

自己PRで「強みや長所」を聞かれる理由は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 カタ

自己PRで「強み・長所」が聞かれる理由
  • 理由①:自己理解ができているか試すため
  • 理由②:その会社への適性があるか調べるため
  • 理由③:入社への本気度を確かめるため

自己PRで「強み・長所」を聞かれる理由をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

理由①:自己理解ができているか試すため

自己PRで「強み・長所」を聞かれる理由の1つ目は、「自己理解ができているか試すため」です。

面接官の方は「強み・長所」を聞くことで「その就活生がきちんと自分の過去を振り返り、未来に繋げることが出来ているか」確認しようとしています。

「私は、部活動で計画性の強みを発揮しました。御社でも、プロジェクトの進行管理などの役割で私の強みを発揮できると思います。」のように過去と未来がつながるように強みや長所を伝えましょう。

自己分析を充実させ、自己PRで「強み・長所」を聞かれたときに、自己理解が出来ていることを示しましょう。

自己分析をして、自分が力を発揮できる状況や役割について考えておきましょう。

自分の性格を知りたい人は、自己分析で自分の性格を知る性格診断サービスのおすすめを紹介しますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

理由②:その会社への適性があるか調べるため

自己PRで「強み・長所」を聞かれる理由の2つ目は、「その会社への適性があるか調べるため」です。

会社によって求められる「強みや長所」は違います。

面接官の方は、自己PRの「強みや長所」を聞いてその会社へ適性があるか調べようとしています。

志望する会社で求められる強みや長所を調べて、自己PRでその会社への適性がある事をアピールしましょう。

最後は、自己分析テストを行い、自分と会社が本当にマッチしているのかを最終チェックしてみましょう。

自己分析テストの紹介や感想が知りたい人は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

理由③:入社への本気度を確かめるため

自己PRで「強み・長所」を聞かれる理由の3つ目は、「入社への本気度を確かめる」です。

企業の方は、自己PRの強みや長所のアピールの熱心さから、就活生の入社への本気度を判断しています。

「私には、~の強みがあります。御社へ入社してからもこの強みを活かしたいです。」のようなアピールをしましょう。

入社への本気度が伝わるように、その会社で求められる強みや長所を把握して自己PRを作りましょう。

「やりたい・働きたい」という気持ちだけでなく、「自分には御社で活躍できる能力があります」という意識が大切です。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

まとめ:自分に合った強みや長所を一覧から見つけて、魅力的な自己PRを作ろう

この【内定者作成】自己PRで使える「強み・長所」の単語・キーワード一覧!選び方,短所からの言い換えもの記事はいかがだったでしょうか。

この記事では、自己PRで使える「強み・長所」の一覧を紹介しました。

合わせて、自己PRの「強みや長所」で使える単語・キーワードや「強みや長所」の選び方短所から強みや長所への言い換えも紹介しました。

最後にこの記事のまとめをしておきます。

「就活の教科書」編集部 カタ

この記事まとめ

◆自己PRで使える「強み・長所」の一覧、5つの分類

  • 強み・長所①:行動力・継続力系
  • 強み・長所②:対人関係力・チーム力系
  • 強み・長所③:考える力・問題解決力系
  • 強み・長所④:几帳面・冷静系
  • 強み・長所⑤:マインド系

◆自己PRで使う「強み・長所」の選び方ポイント3つ

  • ポイント①:具体的なエピソードがある『強み・長所』を選ぶ
  • ポイント②:極端過ぎてマイナスにならないような『強み・長所』を選ぶ
  • ポイント③:志望する会社で求められている『強み・長所』を選ぶ

◆自己PRでアピールできる「強み・長所」が見つからない人は自己分析やOB訪問をしよう

◆自己PRでは短所を長所に言い換えよう

◆自己PRで「強み・長所」が聞かれる理由3つ

  • 理由①:自己理解ができているか試すため
  • 理由②:その会社への適性があるか調べるため
  • 理由③:入社への本気度を確かめるため

「就活の教科書」には他にも就活の役に立つ記事がたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「就活の教科書」編集部 カタ