【内定者が選んだ】就活支援サービスおすすめ15選 | 学生は完全無料

【内定者が選んだ】就活支援サービスおすすめ15選 | 学生は完全無料

就活を支援してくれる無料サービス

▼ おすすめの就活支援サービスへ飛ぶ ▼

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の淀川です。
世の中には多くの就活支援サービスがありますが、あなたはうまく使いこなせていますか?

「就活の教科書」編集部 淀川

就活生くん

就活支援サービスの数が多すぎてどれを使えば良いのかわかりません。
おすすめがどれか教えてください!

就活生ちゃん

どの就活支援サービスも同じに見えてしまいます。
自分にあったサービスを選ぶにはどうすればいいですか?
なるほど。
やはり皆さん就活支援サービスを使いこなせていないのですね。
全ての就活支援サービスに利用する暇なんて無いし、どの就活支援サービスを選べば良いのか難しいですよね。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

そこでこの記事では「就活の教科書」編集部の淀川が、おすすめの就活支援サービス15選を紹介します。

就活支援サービスを7つのジャンルに分け、ジャンルごとにおすすめの就活支援サービスとその概要を解説しています。

今回は就活生が無料で利用できる就活支援サービスだけに絞りました。

この記事を読めば、自分にぴったりの就活支援サービスが見つかります。
就活支援サービスを使って就職活動を効率よく進めたい就活生は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

先に結論として、それぞれの就活支援ジャンルで、一番おすすめのサービスをまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 淀川

おすすめの就活支援サービスまとめ

 

画像タップでページ内に飛びます

おすすめの就職エージェント3選>> おすすめエージェント

おすすめの就活イベント2選>> おすすめ就活イベント

就活支援サービス①:就職エージェント

おすすめの就職エージェント3選

1つ目にご紹介する就活支援サービスは「就職エージェント」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「就職エージェント」とは、就職活動のプロ(エージェント)が内定までサポートしてくれる就活支援サービスのことです。

就職エージェントでは以下のようなサービスを受けられます。

  • 就職相談(カウンセリング)
  • 厳選された求人の紹介
  • 履歴書やエントリーシートの添削
  • 面接の対策
  • 企業への推薦
  • 内定後のフォロー

「就職エージェント」は、内定までの道のりを総合的にサポートしてくれることが大きな魅力です。

就活生くん

就職エージェントでは、親切なサポートを受けられるんですね。
その通り。
「効率的に就活をしたい」というあなたに、就職エージェントはおすすめです。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

キャリアチケット

就職エージェント「キャリアチケット」

におすすめな就活エージェントは、レバレジーズ株式会社のキャリアチケット(career ticket)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「キャリアチケット」は、実際に取材し厳選された企業(170社以上)を紹介してくれるため、ブラック企業を限りなく避けられるのがメリットです。

「キャリアチケット」の特徴を簡単にまとめました。

  • 紹介企業を厳選。ブラック企業を避けられ、最短3日の内定実績もある
  • 就活生の4人に1人が登録している(就活生13万人以上)
  • 東京/大阪/神奈川/福岡/愛知でサービスを受けられる

 

実際に「就活の教科書」編集部が参加して感じた、「キャリアチケット」のメリット/デメリットはこちらです。

「キャリアチケット」のメリット
  • ①:参加企業が厳選されておりブラック企業を避けられる
  • ②:エントリーシート(ES)や面接のフィードバックがもらえる
  • ③:早めに内定を確保できる
「キャリアチケット」のデメリット
  • ①:大企業志望の就活生には向かない

 

「就活の教科書」編集部は、「キャリアチケット」をこのような学生にオススメしています。

「キャリアチケット」がおすすめな人
  • ホワイト企業から内定が欲しい就活生
  • 就活をなるべく早く終わらせたい就活生
  • 東京に行けないけど就活エージェントを利用したい就活生
「キャリアチケット」は最短3日で内定が出るという早期内定に実績がある就活エージェントでした。
さらに、紹介先企業を厳選しているため、ホワイト企業が多いです。

 

また、就活エージェントには珍しく、東京や大阪以外の地方でも利用可能です。
そのため「なるべく早くホワイト企業から内定がほしい!」という日本中の就活生にオススメです。

 

すでに就活生13万人以上が登録しており、就活生の4人に1人が登録しています。
登録後はいつでも退会できるので、早速「キャリアチケット」を試して、最速でホワイト企業からの内定を獲得しましょう。

「就活の教科書」編集部 淀川

\ ブラック企業を限りなく避けられる /

キャリアチケット(career ticket)

* 登録無料、1分で参加できます

 

キャリアチケットの就活生の評判や使い方は、こちらの記事をご覧ください。

 

DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)

就職エージェント「DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)」

就職エージェントの中で最もおすすめしているのは、ディグ株式会社のDiG UP CAREER(ディグアップキャリア)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「DiG UP CAREER」では、人材業界の企業で働いていたキャリアアドバイザーが、就活相談やES添削、面接対策や企業紹介してくれます。

「DiG UP CAREER」の特徴を簡単にまとめました。

  • 他社ナビにはない非公開求人がある。紹介企業を厳選
  • 利用者が約1000人で、就活生へのサポートが手厚い。Web面談にも対応
  • 無料で登録可能、いつでも簡単に退会できる。手厚いサポートは今のうち

 

実際に「就活の教科書」編集部が参加して感じた、「DiG UP CAREER」のメリット/デメリットはこちらです。

「DiG UP CAREER」のメリット
  • ①:他社ナビにはない非公開求人がある
  • ②:サポートが手厚く、満足度90%以上、友人紹介率60%以上
  • ③:Web面談に対応しているから、東京に行けなくても大丈夫
「DiG UP CAREER」のデメリット
  • ①:利用学生約1,000人は比較的少め

 

「就活の教科書」編集部は、「DiG UP CAREER」をこのような学生にオススメしています。

「DiG UP CAREER」がおすすめな人
  • 東京に行けないけど就活エージェントを利用したい就活生
  • 隠れ優良企業から内定が欲しい就活生
  • 大手就活エージェントにはない、手厚いサポートを受けたい就活生
「DiG UP CAREER」は就活相談やES添削から、面接対策や企業紹介まで、就活に関するサポートを一貫して行ってくれる就職エージェント。

 

「DiG UP CAREER」がサポートした就活生は約1,000人で比較的少なく、入社後にもサポートしてくれるほど手厚いです。
しかし、これから「DiG UP CAREER」の利用者が増えると予想されるため、手厚いサポートが受けられるのは今のうちです。

「就活の教科書」編集部 淀川

\ ビデオ通話面談でも利用可能 ‼︎/

* 登録無料、1分で参加できます

 

「DiG UP CAREER」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

JobSpring(ジョブスプリング)

JobSpring(就活エージェント)

就職エージェントの中で次におすすめしているのは、株式会社RootsのJobSpring(ジョブスプリング)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「JobSpring」は他の就活エージェントと比べて、「AI(人工知能)を使った企業とのマッチング」が特徴的です。

世の中で1年間の平均離職率が15%と言われる中、「JobSpring」利用者3年間の離職率はわずか0.1%となっています。

「JobSpring」の特徴を簡単にまとめました。

  • 人工知能を使ったAIマッチングが強み
  • AIマッチングのおかげで最短2週間で内定獲得、早期離職率0.01%
  • 無料で登録可能、いつでも簡単に退会できる

 

実際に「就活の教科書」編集部が参加して感じた、「JobSpring」のメリット/デメリットはこちらです。

「DiG UP CAREER」のメリット
  • ①:AIマッチングで、自分にあった企業が見つかる
  • ②:早期離職率が0.1%で、ミスマッチを防げる
  • ③:最短2週間でスピード内定がもらえる
「DiG UP CAREER」のデメリット
  • ①:面談場所は東京本社(神保町)

 

「就活の教科書」編集部は、「JobSpring」をこのような学生にオススメしています。

「JobSpring」がおすすめな人
  • 自分に合った企業から効率よく内定が欲しい就活生
  • AIを使って、自分に合った企業を客観的に知りたい就活生
  • 早めに内定が欲しい就活生
「JobSpring」は就活相談やES添削から、面接対策や企業紹介まで、就活に関するサポートを一貫して行ってくれる就職エージェント。

 

「JobSpring」では、AIマッチングで1000社以上の企業から、就活生それぞれに適した企業を紹介してもらえます。
AIマッチングでの結果に基づいているため、紹介される企業のマッチ度が高く、紹介されてから内定までのスピードが早いです。
そのため、「JobSpring」では今までに最短2週間で内定獲得した実績もあります。

 

キャリアアドバイザーと密に連絡を取ることで、2週間以内の内定獲得も可能です。

「就活の教科書」編集部 淀川

\ AIマッチングで早期退職率0.1% /JobSpring(ジョブスプリング)

* 登録無料、1分で参加できます

 

「JobSpring」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

就活エージェント自体の評判やおすすめサービスについては、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

就活支援サービス②:スカウトサイト

2つ目にご紹介する就活支援サービスは「スカウトサイト」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「スカウトサイト」とは、企業から学生に直接スカウトやオファーがくる就活支援サービスです。

「逆求人型」「逆オファー型」とも呼ばれています。

 

スカウトサービスの使い方は、プロフィールなどの情報を入力しておき、後は企業からの連絡を待つだけです。

しかも、忙しい就活生にもってこいのサービスですね。

就活生くん

こちらから探さなくても、企業側から連絡をもらえるんですね。
スカウトサイトサービスはスカウトの他にも、就職の情報も自然と入ってくるので便利です。
それでは、おすすめのスカウトサイトサービスを3つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

OfferBox(オファーボックス)

offerbox

スカウトサイトのおすすめサービス1つ目はOfferBox(オファーボックス)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

OfferBoxは、企業が学生にオファーをくれる就活支援サービスです。

「OfferBox」の特徴を簡単にまとめました。

  • 5,890社以上からスカウトが来て選考をスキップできる(登録企業数No.1)
  • 就活生4人に1人が利用している(207,000人)
  • 東証一部上場企業の19%が登録している

 

実際に「就活の教科書」編集部が参加して感じた、「OfferBox」のメリット/デメリットはこちらです。

「OfferBox」のメリット
  • ①:就活生4人に1人が利用している(207,000人)
  • ②:あなたに5,890社以上からスカウトが来る(登録企業数No.1)
  • ③:自分からアプローチは面倒くさいけど大手に就職したい
「OfferBox」のデメリット
  • ①:大手企業からのスカウトは多くない

 

「就活の教科書」編集部は、「OfferBox」をこのような学生にオススメしています。

「OfferBox」がおすすめな人
  • 自分に興味がある企業からスカウトを受け取りたい就活生
  • 自分に合った企業を絞りきれていない就活生
  • 多くの就活生が登録している就活サービスは利用しておきたい就活生
「OfferBox(オファーボックス)」は、大手や外資から、ベンチャーや中小企業まで、5,890社以上から直接スカウトが来て選考がスキップでき、就活生4人に1人が利用する逆求人サイトでした。

 

全東証一部上場企業の19%が登録する、逆求人サイトではNO.1のサービスです。

そのため「自分から企業にアプローチするのが面倒くさい!でも大手に就職したい!」という就活生にオススメです。
「OfferBox」を活用して、企業からスカウトを受け取り、楽に大手企業に就職しましょう。

 

登録後はいつでも退会できるので、早速「OfferBox」を試してみましょう。

「就活の教科書」編集部 淀川

\ 就活生10万人以上が登録!! /OfferBox (オファーボックス )

>> OfferBoxを見てみる

* 就活生は無料で利用できます

 

「OfferBox」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

Future Finder(フューチャーファインダー)

逆求人サイト「Future Finder(フューチャーファインダー)」

スカウトサイトのおすすめサービス2つ目はFuture Finder(フューチャーファインダー)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

Future Finderとは、自己分析に関する質問に回答することで、自分に合った会社からスカウト(逆オファー)を受け取れる就職支援サイトです。

「Future Finder」の特徴を簡単にまとめました。

  • 心理統計学に基づいた特性分析を受けられて自己分析に役立つ
  • 自分のプロフィールと分析結果を見た企業からスカウトが来る
  • 日本で唯一の特性マッチング就活サイト

 

実際に「就活の教科書」編集部が参加して感じた、「Future Finder」のメリット/デメリットはこちらです。

「Future Finder」のメリット
  • ①:自己分析が無料でできる
  • ②:自分に合う企業がわかる
  • ③:特別イベントに参加できる
「Future Finder」のデメリット
  • ①:メールの届く数が多く感じる

 

「就活の教科書」編集部は、「Future Finder」をこのような学生にオススメしています。

「Future Finder」がおすすめな人
  • 自己分析を楽に終わらせたい就活生
  • 企業からアプローチしてほしい就活生
  • 自分に合う企業を知りたい就活生
「Future Finder」は心理統計学の基づく151問の自己分析診断が特徴的です。

人材紹介事業を行なっている株式会社ジェイックが「Future Finder」を運営していて、登録学生数は53,123名です。

客観的に自分のことを知って、自分に合った企業を知りたい就活生におすすめです。
登録後はいつでも退会できるので、早速「Future Finder」を試してみましょう!

「就活の教科書」編集部 淀川

\ 心理学統計からあなたの強みを診断 /

Future Finder

>> Future Finderを見てみる

* 就活生は無料で利用できます
無料で自己分析ができて、さらに自分にあう企業もわかるなんて最高ですね。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

「Future Finder」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

スカウトアプリ自体の評判やおすすめサービスについては、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

キミスカ

「キミスカ」ってどんな就活サービス?

スカウトサイトのおすすめサービス3つ目はキミスカです。

「就活の教科書」編集部 淀川

「キミスカ」はベンチャー企業を中心に、多種多様な企業からスカウトが届くサービスです。

「キミスカ」の特徴を簡単にまとめました。

  • 300社から直接オファーが来て、選考をスキップできる
  • 就活コンサルタントに無料で就活相談できる
  • 5年間で20万人の就活生に利用されている

 

実際に「就活の教科書」編集部が参加して感じた、「キミスカ」のメリット/デメリットはこちらです。

「キミスカ」のメリット
  • ①:大企業を含む300社から、直接オファーが来る
  • ②:今までの選考結果をアピールして、選考をスキップできる
  • ③:無料で就活コンサルタントに相談できて、就活の悩みが消える
「キミスカ」のデメリット
  • ①:登録企業数が多くない

 

「就活の教科書」編集部は、「キミスカ」をこのような学生にオススメしています。

「キミスカ」がおすすめな人
  • 自分から企業にアプローチするのが面倒くさい就活生
  • 過去の選考結果をアピールしたい就活生
  • 早めに内定が欲しい就活生
「キミスカ」は、大企業を含む300社から直接オファーが来て、選考をスキップでき、5年間で20万人の就活生に利用されているサービスでした。
また、「キミスカ」では企業からオファーが来る上に、就活コンサルタントに無料で就活相談することもできましたね。

 

そのため「自分から企業にアプローチするのが面倒くさい!」という就活生におすすめです。
「キミスカ」を活用して、企業からオファーを受け取り、楽に就活を終わらせましょう。
登録後はいつでも退会できるので、早速「キミスカ」を試してみましょう!

「就活の教科書」編集部 淀川

\既に8万人の21卒の就活生が参加/
キミスカ

>> キミスカを見てみる

* 就活生は無料で利用できます
自分がどれだけ就活を頑張ってきたかをアピールできるのはうれしいですね。
スカウト以外のサービスも充実していることが、キミスカの特徴と言えます。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

「キミスカ」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

就活支援サービス③:就活イベント

おすすめの就活イベント2選

3つ目にご紹介する就活支援サービスは「就活イベント」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

就活イベントのサービスは、登録することで就活イベントに参加できる就活支援サービスです。

マッチングイベントや内定直結イベントとも言い換えられますね。

 

具体的なイベント内容は、合同説明会を兼ねた選考イベントです。

厳選された企業と出会いその場で人事とやりとりできるので、特別ルートの選考に進めるなんてこともあります。

就活生くん

就活イベントって大小含めるとかなり数が多いので、どれに行けば良いのか迷ってしまいます。
就活イベントは時間も体力も使うので、効率的に参加したいですよね。
そこで、おすすめの就活イベントサービスを3つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

Meets Company(ミーツカンパニー)

就活支援サービス ミーツカンパニー

就活イベントのおすすめサービス1つ目はMeets Company(ミーツカンパニー)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「Meets Company」は、株式会社DYMが主催している合同説明会兼選考イベントです。

「Meets Company」の特徴を簡単にまとめました。

  • 経歴を書いた履歴書1枚で8社の選考を受けられる
  • 北海道/仙台/東京/名古屋/大阪/福岡など全国各地で開催される
  • イベント後に個別でリクルーターがつく

 

実際に「就活の教科書」編集部が参加して感じた、「Meets Company」のメリット/デメリットはこちらです。

「Meets Company」のメリット
  • ①:履歴書1枚で8社の企業の選考に進めるから
  • ②:企業の社長や役員クラスの方とカジュアルに話せるから
  • ③:プロのリクルーターが専属でつくから
「Meets Company」のデメリット
  • ①:業界を絞っている就活生には向いていない

 

「就活の教科書」編集部は、「Meets Company」をこのような学生にオススメしています。

「Meets Company」がおすすめな人
  • カジュアルな雰囲気で人事と話したい就活生
  • プロのリクルーターについてほしい就活生
  • 早めに内定が欲しい就活生

ミーツカンパニーは全国各地で開催され、1400社以上の企業が参加する就活イベントでした。
ミーツカンパニーには就活生は無料で参加でき、早期内定も獲得できます。

 

履歴書1枚で8社の企業の選考に進めて私服でも参加可能
そのため「人事と近い距離で話して、効率良く早期内定が欲しい!」就活生にオススメです。

 

ミーツカンパニーの就活イベントに参加するとリクルーターがつき、就活相談やES添削、面接対策や企業紹介もしてくれますよ!

「就活の教科書」編集部 淀川

\ 毎年5,000人の就活生が内定を獲得 /

meets company(ミーツカンパニー)

>> ミーツカンパニーを見てみる

* 就活生は無料で利用できます

 

Meets Companyのイベントに実際に参加した感想や、サービス内容はこちらの記事をご覧ください。

 

Premium Startup Seminar(プレミアムスタートアップセミナー)

Premium Startup Seminar

就活イベントのおすすめサービス2つ目は「Premium Startup Seminar」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

Premium Startup Seminar(プレミアムスタートアップセミナー)は、株式会社ネオキャリアの就職エージェントneoが運営する、学生と企業のマッチングイベントです。

内定獲得支援件数は年間で7300件以上の実績もあるイベントで、就職エージェントneoの登録学生数は年間で16万名以上になります。

Premium Startup Seminarに参加すれば、多くの企業を効率よく知ることができます。

また、優秀な学生には、特別選考ルートが用意されていることがあります。

参加企業を効率よく、じっくりと知れるのがPremium Startup Seminarのいいところです。

「就活の教科書」編集部 淀川

\ 7,300人の就活生が内定獲得! /
プレミアムスタートアップセミナー(Premium Startup Seminar)

>> プレミアムスタートアップセミナーを見てみる

* 登録無料、1分で参加できます

 

Premium Startup Seminarの評判が気になる就活生は、こちらの記事が参考になるので読んでみてください。

 

digmee(ディグミー)

就活イベントのおすすめサービス3つ目は「digmee(ディグミー)」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「digmee」は、digmee株式会社が運営するLINEでイベントに応募ができる就活支援サービスです

digmeeの特徴はなんと言っても、WebサイトからだけではなくLINEからも企業説明会や選考に応募ができること。

Googleで検索しなくても、digmeeの公式LINEから就活情報を得られたり、イベント予約が可能なのでとても便利です。

またdigmeeのイベントに参加すれば、複数社の説明を聞けるだけでなく、選考パスをゲットできる場合もあります。

使い慣れたLINEで就活を進められるのはありがたいですよね。

さらに、digmeeはイベントの開始前に面接練習やGD対策などをしてくれるので、就活対策に不安がある就活生におすすめです。

「就活の教科書」編集部 淀川

\LINEを使った新しい就活支援サービス/

digmee(ディグミー)

>> digmeeを見てみる

* 就活生は無料で利用できます

 

「digmee」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

就活イベント自体の評判やおすすめサービスについては、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

就活支援サービス④:OB訪問サービス

4つ目にご紹介する就活支援サービスは「OB訪問サービス」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「OB訪問サービス」は、就活生とOB訪問できる社会人をつなぐ就活支援サービスです。

OB訪問をする学生の数は年々増加しており、企業や社会人の注目度も高いです。

大手企業の中には、OB訪問をしないと選考に進めないという企業まであります。

就活生ちゃん

私の周りもOB訪問をしている就活生は多いです。
OB訪問は選考以外で社会人から話が聞ける貴重な機会。
おすすめのOB訪問サービスを2つご紹介するので、要チェックですよ。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

そもそものOB訪問のやり方はこちらの記事で網羅的にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

Matcher(マッチャー)

【内定者が語る】OB訪問アプリ「Matcher」ってどうなの?評判は?(体験談付き)

OB訪問サービスのおすすめサービス1つ目は「Matcher(マッチャー)」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

Matcher(マッチャー)」は、無料で社会人にOB訪問の依頼ができる就活支援サービスです。

Matcherには数多くの社会人が登録しており、5000社を超える有名企業の社会人がいます。

また、企業に勤める社会人以外にも、経営者や個人事業主の方も登録されています。

キャリアについて就活の枠を超えて話を聞きたいあなたにも、Matcherはおすすめです。

 

繰り返しますが、Matcherの特徴はなんといっても登録している社会人の多さ。

登録者が多いということは、会いたい社会人が見つかる可能性が高いですよね。

OB訪問をしたいなら、Matcherは登録しておくべきでしょう。

Matcherは僕の周りの内定者の評判もかなり良いです。

「就活の教科書」編集部 淀川

Matcherを見てみる

 

Matcherの就活生の評判や使い方はこちらの記事をご覧ください。

 

ビズリーチ・キャンパス

OB訪問サービスのおすすめサービス2つ目は「ビズリーチ・キャンパス」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

ビズリーチ・キャンパス」もOB訪問の申請ができる就活支援サービスです。

プロフィールを登録すれば、最適なOB/OGをおすすめしてくれる機能があるので、効率よくOB訪問の相手を探せます。

また、ビズリーチ・キャンパスでOB訪問をできるのは、基本的に自分の大学出身のOBだけです。

OB訪問の相手の選択肢が狭くなってしまうので、ネガティブな印象を受けるかもしれません。

ただ裏を返せば、同じ大学の先輩の話を聞けるので、OBも親身になってくれる可能性が高いと言えます。

捉え方次第でメリットもデメリットもあるということですね。

ビズリーチ・キャンパスは、自分と同じ大学の先輩の話を聞きたい人におすすめしたいOB訪問サービスです。

「就活の教科書」編集部 淀川

ビズリーチ・キャンパスを見てみる

 

ビズリーチ・キャンパスの就活生の評判や使い方は、こちらの記事をご覧ください。

 

OB訪問アプリ自体の評判やおすすめサービスについては、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

就活支援サービス⑤:エントリーシートサービス

5つ目にご紹介する就活支援サービスは「エントリーシート添削」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「エントリーシートサービス」とは、先輩たちのエントリーシート(ES)を見られるサービスです。

エントリーシートは選考の第一関門となっていることが多いので、誰もが気になりますよね。

エントリーシートサービスとは言いつつも、エントリーシートだけでなく実際の選考の流れや自己分析のやり方を見られるサービスもあります。

就活生ちゃん

エントリーシートのサービスはエントリーシートに限らず、就活の情報全般を集めたい時にも利用できそうですね。
そうですね。
今回はそんな就活生に役立つ情報満載のエントリーシートサービスを2つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

「そもそも、エントリーシート(ES)の書き方がわからない」という就活生は、こちらの記事が参考になります。

 

就活ノート

「就活ノート」は実際に通過したESが見放題

エントリーシートサービスのおすすめサービス1つ目は「就活ノート」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

就活ノート」では、実際に企業選考に通過したエントリーシートを見られます。

金融・メーカー・航空・マスコミなど業界も様々で、1,000社以上のエントリーシートが公開中です。

さらに「就活ノート」には、エントリーシート以外にも、実際の選考の流れや面接で聞かれた質問も書かれています。

選考フローの全てを知れるんです。

また、「就活ノート」を運営する株式会社DYMは知名度こそ高くないものの、新卒紹介事業において大きな実績があるので信頼できます。

「就活の教科書」編集部 淀川

\ 1,000社以上のESが見放題! /

就活ノート

>> 就活ノートを見てみる

* 就活生は無料で利用できます

 

就活ノートの学生の評判や使い方は、こちらの記事をご覧ください。

 

ユニスタイル(unistyle)

エントリーシートサービスのおすすめサービス2つ目は「ユニスタイル」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

ユニスタイル(unistyle)」は、就活に関する記事が掲載されている就活支援サイトです。

エントリーシートのサービスの中でも、特に大手企業の情報の多さが特徴です。

大手企業内定者のエントリーシートがなんと24,308枚見放題で、自己分析やESの書き方を解説する記事も投稿されています。

ユニスタイル(unistyle)は、大手企業の内定を目指す就活生にぴったりと言えます。

中小企業やベンチャーを目指している就活生には、先ほど紹介した「就活ノート」がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 淀川

ユニスタイル(unistyle)は、自己分析・企業研究・OB訪問・グループディスカッションについて解説した記事も豊富なので、登録して損は無いサービスです。

\ 通過したESが24,308枚見放題!! /

ユニスタイル(unistyle)

>> ユニスタイルを見てみる

* 就活生は無料で利用できます

 

ユニスタイルの学生の評判や使い方は、こちらの記事をご覧ください。

 

エントリーシートに関する就活サービスには、無料公開サイトの他に「添削サービス」もあります。

エントリーシートの無料公開サイトと添削サービスについては、以下の記事でそれぞれおすすめサイトを紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

就活支援サービス⑥:企業探しサイト

6つ目にご紹介する就活支援サービスは「企業探しサイト」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「企業探しサイト」とは、新卒募集している企業の情報を中心に、幅広い就活支援コンテンツを提供しているサービスです。

マイナビやリクナビなどのナビサイトもここに分類されます。

FacebookなどのSNSもメディアの一つと言えますが、今回は就活に特化した就活メディアをご紹介しています。

 

就活メディアのサービスを利用する一番の目的は、企業を知り、企業と繋がることです。

企業探しサイトのサービスは内定に直結するようなサービスではありませんが、企業と繋がるきっかけを作るためにも積極的に活用していきましょう。

就活生ちゃん

マイナビやリクナビ以外にも就活メディアのサービスってあるんですね。
マイナビとリクナビは多くの人が登録していると思いますが、他にも良い就活メディアサービスはありますよ。
それでは、おすすめの企業探しサイトを2つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

Wantedly(ウォンテッドリー)

企業探しサイトのおすすめサービス1つ目は「Wantedly(ウォンテッドリー)」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

Wantedly(ウォンテッドリー)」とは、就活に活用できるビジネス版SNSです。

FacebookやInstagramなどのSNSは、いろんな人と簡単に繋がれますよね。

Wantedlyはビジネス版SNSの一つで、簡単に企業と繋がれます。

 

そしてなんと、登録企業数は34,000社を突破しています。(2020年1月時点)

マイナビ2020の掲載企業数が24,563社なので、実はWantedlyのほうが多いんです。

マイナビやリクナビに載っていないようなおもしろいベンチャー企業も多数掲載されていますよ。

「就活の教科書」編集部 淀川

⇒ Wantedlyを見てみる

 

Wantedlyの就活生の評判や使い方は、こちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

Goodfind(グッドファインド)

企業探しサイトのおすすめサービス2つ目は「Goodfind(グッドファインド)」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

優良企業や成長企業を厳選して紹介

Goodfind(グッドファインド)」は、優良企業や成長企業を厳選して紹介しているサービスです。

インターンシップの紹介や就活のセミナーも開催しており、幅広く就活支援をしています。

就活セミナーは参加者の満足度も高く、評判も良いです。

また、外資コンサルティングファームや海外投資銀行などの難関企業が掲載されているのも特徴です。

選ばれし企業が集まったという感じですね。

「就活の教科書」編集部 淀川

Goodfindには厳選された成長企業だけが掲載されているので、ベンチャー志望の就活生には特におすすめです。

⇒ Goodfindを見てみる

Goodfindの就活生の評判や使い方は、こちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

就活支援サービス⑦:企業の口コミサイト

7つ目にご紹介する就活支援サービスは「企業の口コミサイト」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「口コミサイト」とは、企業の口コミを見られるサービスです。

企業の口コミだけでなく、「社風」「待遇」「成長できる環境」などの点数を見られるものも。

就活の選考過程では、どうしても会社の「良い点」ばかりが頭に入ってきてしまいます。

そのため、「悪い点」が気になって口コミサイトを見る就活生の方も多いのではないでしょうか。

就活生くん

やっぱり社員のリアルな口コミって気になります。
僕もいざ就職先を決めるとなった時に、かなり口コミサイトを利用しました。
中でもおすすめのクチコミサイトサービスを2つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

OpenWork(旧:Vorkers)

口コミサイトのおすすめサービス1つ目は「Vorkers(ヴォーカーズ)」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

口コミと評価スコア740万件、登録者数は260万人

OpenWork(旧:Vorkers)」は、社員・元社員による企業の口コミを見られるサービスです。

口コミと評価スコアが合わせて740万件、登録者数は社会人も含めると260万人となっており、OpenWorkはかなり大規模なサービスです。

また口コミには8つの項目が設定されており、自分が重視する項目を選択して企業の掲載順を並べ換えることも可能です。

 

ちなみにOpenWorkでは、就活生に「就職サービス登録プログラム」というものが用意されています。

就活支援サービス登録プログラムとは、別の就職サービスに新規登録することで、全ての社員の口コミが見れるようになるというシステムです(月額1,000円で見ることも可能)

OpenWorkは口コミの質が高いという噂もあります。

「就活の教科書」編集部 淀川

とにかく多くの口コミを見たいあなたに、vorkersはおすすめです

OpenWorkを見てみる

 

OpenWorkが役立つ就活支援サービスかどうかは、こちらの記事で就活生の評判をまとめています。合わせて参考にしてください。

 

カイシャの評判

口コミサイトのおすすめサービス2つ目は「カイシャの評判」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

会員登録は不要!完全無料で見放題

カイシャの評判」は、会社の口コミが無料で見られるサービスです。

カイシャの評判の特徴は、なんといっても会員登録せずに100万件以上の口コミを完全無料で見れること。

口コミは、良い点気になる点の両方を記入するシステムになっているのもありがたいですね。

「比較機能」もあるので、2社の特徴を簡単に比較することも可能です。

カイシャの評判は会員登録不要で使いやすい口コミサービスなので、僕もよくお世話になりました。

「就活の教科書」編集部 淀川

カイシャの評判は気軽に口コミを見たいというあなたにおすすめです。

⇒ カイシャの評判を見てみる

 

「カイシャの評判」の使い方や就活生の評判は、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

まとめ:自分にぴったりな就活支援サービスを見つけよう

この記事では「就活の教科書」編集部の淀川が、おすすめの就活支援サービス15選を紹介しました。

世の中には本当に数多くの就活支援サービスがあります。

全てのサービスを使うことは現実的に不可能ですが、利用するサービスを増やすほど企業と出会うチャンスが増えることもまた事実です。

 

あなたにぴったりの就活支援サービスは見つかりましたか?
自分に必要な就活支援サービスはどんどん活用していきましょう。

各ジャンルの就活支援サービスを1つずつ登録するのがおすすめですよ。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

新着記事