面接対策

【就活経験者が教える】最終面接で落ちる理由と対策方法

【就活経験者が教える】最終面接で落ちる理由と対策方法

【就活の教科書とは】
現役の内定者と就活生の視点で、就職活動に役立つ情報をお届けします。
就活サイトおすすめ30選
就活サービスおすすめ15選
⇒ 就職エージェントおすすめ15選
⇒ 逆求人/スカウトサイトおすすめ15選

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村

こんにちは!内定者ライターの松村です。

僕の周りにも最終面接でいつも落とされるって嘆いている友達がいます。

ですので、最終面接に関する記事を書きました。

 

就活生ちゃん
就活生ちゃん
最終面接でいつも落とされるんですけど、なんでかわかりません。(泣)
就活生くん
就活生くん
最終面接を乗り越えるにはどうしたらよいのでしょうか?(願)

 

どんなに人事面接でうまくいったとしても最終面接に通らなければ意味がありません。

中には、いつも最終面接で落とされてしまう人もいるんじゃないでしょうか?

この記事では、最終面接で落ちる理由と対策をわかりやすくまとめました。

最終面接に悩んでいる方これから最終面接を受ける方はぜひ読んでください。

 

最終面接で落ちる理由3つ

最終面接で落とされる理由を3つ説明します。

最終面接では、1次・2次面接と見られている部分が違います。

そのため、気を付けておくポイントも違います。

いつも最終面接で落とされる方は今までの自分を振り返ってみてください。

 

理由①:志望度が低そうに見える

最終面接で一番重視されるのは志望度です。

なぜなら、どの企業も内定者に内定を辞退してほしくないと思っているからです。

現代の日本では、企業は優秀な人材を獲得するために、新卒の学生の採用に時間・お金・人の莫大なコストをかけています。

さらに、入社予定人数が減ってしまうと別の人材を採用したり、会社の経営計画を考え直したりと余計な手間が増えてしまいます。

そのため、企業としては内定者に内定を辞退されることは絶対に避けたいのです。

すでに1次・2次面接で人間性や能力については審査されているので、最終面接で人間性や能力はあまり重視されていないと言われています。

他の選考者と比べられるのは、会社の志望度ということになります。

ですので、いくら最終面接だとしても、会社への熱意がないように見える人は落とされてしまいます。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
人の熱意は、言葉だけじゃなくて表情や姿勢にも表れちゃうんです。

 

理由②:会社との適性が低そうに見える

志望度が高くても会社に適した人材ではないと判断されると落とされます。

なぜなら、会社とのミスマッチが原因で新入社員が会社を辞めてしまうと、これまた莫大なコストが無駄になってしまうからです。

しかも、内定者時代とは違って、入社後の新入社員には育成費もかけられています。

ですので、会社との適性の基準である理念やビジョンに共感しているかは、志望度と同様、重要視されます。

 

さらに、最終面接に出てくるのは、会社の理念やビジョンに対して強い思い入れを持つ役員や社長です。

会社との適性について、人事面接でミスマッチが見逃されたとしても、役員や社長は敏感に察知します。

 

 

そもそも↓

理由③:面接官に嫌われる

緊張や内定への期待で抜け落ちてしまいがちなのが、マナーや言動です。

マナーや言動は、志望度や会社とのマッチ度など新卒人材としての評価関係なく落とされるポイントです。

役員や社長も人間なので人の好き嫌いはあるからです。

例えば、緊張しすぎてコミュニケーションができなかったり、今までとは違う志望動機や自己PRを話したりするケースです。

他にも、座り方のマナーが悪い人やここぞとばかりに爪痕を残そうとする人なども嫌われる対象となります。

相手も人間なのでそもそも人として嫌われてしまうと評価すらしてもらえません。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村

評価ポイントは志望度や適性だけじゃないんですね。

 

 

最終面接の対策4つ

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
これで最終面接で落ちる理由はわかったはずです。

ここからは最終面接に向けて対策方法を紹介します。

 

対策①:最終面接について誤解しない

最終面接について誤解しないでほしいことが2つあります。

 

一つ目に確認しておきたいのが、最終面接で評価されるポイントが1次・2次面接とは異なるということです。

面接というのは、個人のコミュニケーション能力、会社との適性、性格、志望度など様々な視点で評価します。

その中で、1次・2次面接ではコミュニケーション能力や性格などが重視されます。

そして最終面接では、志望度や適性を重視されます。

なぜ面接が進むにつれて重視するポイントが変わるのかというと、効率的に良い人材を獲得できるからです。

ですので、志望度や適性を意識しながら最終面接に臨んでください。

 

二つ目に誤解されやすいのが、最終面接は企業と採用年度によって異なるということです。

最終面接の相手が役員なのか社長なのか、最終面接が握手だけで終わるのか最後まできっちり評価されるのか、など一口に「最終面接」とは言っても企業によって意味は違うのです。

これは採用活動が企業ごとに独立で行われ、各企業、毎年採用方法を更新するからです。

特にベンチャー企業は採用方法も試行錯誤の過程にあるので、前年の採用方法と異なる可能性が高いです。

友達の助言やネットの就活掲示板に書かれていることを参考にするのはいいですが、すべてを信じてしまうのは危険です。

たとえ最終面接のやり方が仕入れた情報と違うかもしれないということを念頭に置いておいてください。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
当たり前のことを言っているようですが、忘れている人が多いので注意してください。

 

対策②:頻出質問に備える

頻出質問に備えておくことは、単に志望度の高さや自分の良さをスムーズに伝えられるだけでなく、どんな質問をされても大丈夫だという自信につながります。

面接する側からすると、自分に自信を持っている人は堂々として魅力的な人間に見えるので通過する可能性は上がります。

 

最終面接で深掘りされる頻出質問の例を挙げておきます。

以下の質問は1次・2次面接でもさんざん訊かれたと思いますが、最終面接前にもう一度確認しておいてください。

最終面接で深掘りされる質問
  • 志望動機
  • 自分の強みを入社後にどう活かすか
  • 自分の将来像

志望動機ですが、役員や社長はなぜその会社ではないとダメなのかをすごく意識してきいています。

「その会社ではなければならない理由」まで明確にしておきましょう。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
僕は面接の直前まで志望動機を確認していました。

 

対策③:逆質問で志望度をアピール

どの面接にも必ず最後に「逆質問」の時間が用意されていますが、最終面接では必ず質問してください。

逆質問の深さは、会社への志望度の高さを表します。

良い逆質問をすることで、志望度の高さをアピールでき、面接官の印象に残ることができます。

 

効果的な質問を作るポイントは3つあります。

  1. 会社について細かく調べておく
  2. 人事部長・役員・社長について細かく調べておく
  3. 自分が働いている姿を想像する

 

①:会社について細かく調べておく

会社について調べることで、会社の理念や事業内容について面接官を唸らせるようなエッジのきいた質問ができます。

例:「御社が事業展開されている○○業界は△△という課題があり、私は××のようにすべきだと思うのですが、御社は今後どういう事業を展開していこうとお考えでしょうか?」

 

②:人事部長・役員・社長について細かく調べておく

面接官が誰になるのか事前にわかっている場合は、調べておいた方が良いです。

仕事内容や経歴について話を振ると、喜んでくれる面接官が多いです。

最終面接の内容に直接は関係ないですが、面接官に好印象を与えられます。

1次・2次面接では面接官について事前に知ることは難しいですが、最終面接では社長のように情報がネットや新聞で記事になっていることがあるので調べることができます。

 

③:自分が働いている姿を想像する

自分が働いている姿を想像すると気になる点がたくさん浮かんできます。

例:「5年後の勤務地になりそうな場所はどこですか?」

「内定後にインターンシップはありますか?」

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
的外れな質問は逆効果なので気を付けてください。

 

的外れな質問の例も挙げておきますね。

例:「初任給はいくらですか?」

「1年目の残業時間はどれくらいですか?」

「有休消化率はどれくらいですか?」

このような質問は人事面接で済ませておきましょう。

 

対策④:失礼な行為・悪いクセはNG

最後に注意しておきたいのが、失礼な行為や悪いクセです。

姿勢や身だしなみは要注意です。

気が付いたらすぐに直しましょう。

落ち着いてハキハキと質問に受け答える心構えも大切です。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
僕は緊張すると口が乾くので面接にはペットボトルのお茶を持っていきました。

 

それでも落ちてしまった人へ

万全の準備をしていったのに、、、

どうしても最終面接に落ちてしまう人はいます。

そんな時は、「この会社に行っても幸せにはならなかった」と気持ちを切り替えることをおすすめします。

もしくは、自分を落とした企業を見返してやるという風にモチベーションに変えるのも良いです。

前を向いて進むことは就活だけでなく、人生において重要なことです。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村

志望度の高い会社に落とされたからといって、人格まで否定されてしまったと考えに陥りやすいので気を付けてください。

 

まとめ:これで最終面接も怖くない!

この記事では、最終面接に落ちる理由3つと最終面接対策4つをまとめました。

最終面接の準備はこれでばっちりですね!

最終面接と聞くと内定をもらえるかもという期待とここで失敗できないというプレッシャーの板挟みで落ち着いていられなくなります。

そんな時はこの記事を読み返してみてください。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
悔いの残らない就活になるように応援しています。

 

ABOUT ME
松村 僚悟
松村 僚悟
株式会社スタイル・エッジの内定者、同志社大学 法学部卒業予定。20卒。● 自己紹介 ● 書いた記事