>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】役員面接でよく聞かれる7つの質問|一次,二次面接との違いも解説

【内定者が教える】役員面接でよく聞かれる7つの質問|一次,二次面接との違いも解説

こんにちは、「就活の教科書」編集部の堀本です。
就活生のみなさんは、最終面接または、その手前に行われる役員面接を受けたことはありますか?

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

役員面接を控えているけど、一次面接や二次面接とどう違うの?

就活生ちゃん

役員面接の質問内容がわからない…

就活生くん

役員面接ってどうやって対策したら良いの?

僕も始めて役員面接を受けるときは、とても不安でわからないことばかりでした。
一次面接や二次面接を苦労して通過してきた分、役員面接に受かりたい気持ちは強くなりますよね。

「就活の教科書」編集部 堀本

そこで今回の記事では、役員面接でよく聞かれる7つの質問を紹介します。

合わせて、役員面接と一次面接・二次面接との違いや、気をつけるべきポイントも紹介します。

この記事を読めば、役員面接でどんな質問をされるかが分かり、対策に役立ちます。

役員面接を控えている就活生のみなさんは、是非最後まで目を通してみてください。

 

そもそも役員面接とは

初めに、役員面接について簡単におさらいしますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

役員面接とは、役員が面接官を担当する面接のことです。

役員面接は企業の代表者が面接官を担当するので、役員面接を通過すれば、内定の確率がかなり高いと言えます。

したがって、基本的に役員面接は最終面接であることが多いです。

役員面接について、簡単に理解できましたね。
では次に、役員面接でよく聞かれる質問7選を紹介します。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

役員面接でよく聞かれる7つの質問

役員面接では、一次面接や二次面接とは一味違う質問をされます。
役員面接でよく聞かれる質問は、こちらの7つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

役員面接でよく聞かれる7つの質問
  1. 学生時代に最も力を入れて取り組んだことと、その結果を教えてください。
  2. 挫折経験はありますか?その時の対処法を教えてください。
  3. あなたは周りの人から、どのような人だと言われますか。
  4. 弊社を志望する理由を教えてください。
  5. あなたが描く将来像を教えてください。
  6. なぜこの業界で、他社ではなく弊社を選びましたか。
  7. 入社したらどの職種を希望しますか?その理由を教えてください。

それでは、上記7つの役員面接で聞かれる質問について、それぞれ解説していきます。

 

質問①:学生時代に最も力を入れて取り組んだことと、その結果を教えてください。

役員面接でよく聞かれる質問1つ目は、「学生時代に最も力を入れて取り組んだことと、その結果を教えてください」です。

いわゆる「ガクチカ」に関する質問で、面接官に活動をイメージしてもらうために、具体的に答える必要があります。

「目標」「課題」「課題へ対しての施策」「結果」これらは話せるようにしておきましょう。

 

質問②:挫折経験はありますか?その時の対処法を教えてください。

役員面接でよく聞かれる質問2つ目は、「挫折経験はありますか?その時の対処法を教えてください」です。

この質問では、就活生がどのように挫折を乗り越えたのかを見て、乗り越えた方法に再現性があるかどうかを見ています。

もし入社後に挫折しても、過去に乗り越えたことがあると、すぐに辞めたりはしないと面接官は思うからです。

 

質問③:あなたは周りの人から、どのような人だと言われますか。

役員面接でよく聞かれる質問3つ目は、「あなたは周りの人から、どのような人だと言われますか」です。

この質問に答えるためには、自己分析だけではなく他己分析も必要です。

あなたをよく知る親友、家族、兄妹などに聞いておきましょう。

 

質問④:弊社を志望する理由を教えてください。

役員面接でよく聞かれる質問4つ目は、「弊社を志望する理由を教えてください」です。

この質問によって、就活生の志望の本気度を見ているので、企業・業界研究が重要です。

したがって、競合他社についても研究して、比較できるようにしておきましょう。

 

質問⑤:あなたが描く将来像を教えてください。

役員面接でよく聞かれる質問5つ目は、「あなたが描く将来像を教えてください」です。

将来像を聞く理由は、企業で働くことにより将来像に近付けるか、一貫性を見ています。

もしも将来したいことと、企業の仕事内容や方向性が全く一致しなければ、採用してもらえないでしょう。

 

質問⑥:なぜこの業界で、他社ではなく弊社を選びましたか。

役員面接でよく聞かれる質問6つ目は、「なぜこの業界で、他社ではなく弊社を選びましたか。」です。

この質問で見ているのは、志望度の高さはもちろん、企業について就活生がしっかり理解できているかどうかを見るためです。

この質問に答えるためには、競合他社と比較できるように業界・企業研究を怠らないようにしましょう。

 

質問⑦:入社したらどの職種を希望しますか?その理由を教えてください。

役員面接でよく聞かれる質問7つ目は、「入社したらどの職種を希望しますか?その理由を教えてください。」です。

この質問をする意図は、どれだけ入社後のイメージを具体的にできているかを見るためです。

答えられるようにするには、OB訪問などで実際に働いている社員さんの話を聞いて、イメージを膨らませましょう。

役員面接では、最低限上記7つの質問には、聞かれても自信をもって答えられるようにしておきましょう。
これらの質問に完璧に答えられるようになれば、自己分析、業界・企業研究はかなりできていると言えます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

役員質問と一次面接,二次面接の違い

初めて役員面接を受ける就活生は役員面接について知りましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

「役員面接は意思確認をする程度だ」と言う人もいますが、一次面接や二次面接に受かったからと言って油断していると、もちろん役員面接に落ちることもあります。

役員面接に受かるためにも、しっかりと対策をしましょう。

役員面接と一次面接、二次面接の違いは、大きく分けて3つあります。

役員面接と一次面接、二次面接の違い
  • 面接官を行う人が違う
  • 評価基準が違う
  • 逆質問の重要度が高い

上記3つそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

違い①:面接を行う人が違う

一次面接、二次面接では、通常は人事または現場社員が面接を行いますが、役員面接は役員が行います。

役員は人事や現場社員よりも年上である場合が多いため、年上の人と話すことに慣れておく必要があります。

40~50代の役員を目の前にして、ひるまないようにしましょう。

 

違い②:評価基準が違う

一次面接と二次面接では面接を行う人が違うため、当然評価基準も違います。

一次面接、二次面接では会社に関する一般的な質問が多いですが、役員面接は経営者目線で、一緒に働きたいかどうかを見る質問が多くなります。

また役員面接では会社への志望度を見られる質問が増えるので、事前に下調べが必須となります。

  • 入社後、すぐに辞めずに長く続けてくれそうかどうか
  • 業務内容に適した人材であるかどうか
  • 本気でその会社を志望しているかどうか
  • 会社に合った個性かどうか

 

入社後、すぐに辞めずに長く続けてくれそうかどうか

企業は新卒を採用するために、かなりのお金をかけています。

そのため、入社後すぐに辞められるようでは、企業に利益をもたらすどころか、マイナスです。

役員面接では、入社後に長く仕事を続けられるストレス耐性や、困難にぶつかった時に乗り越えられる力があるかどうかを見られます。

学生時代に挫折し、それを再現性の高い乗り越え方をした人を企業は欲しています。

挫折経験を聞かれたときは、是非上記のことを思い出してください。

 

業務内容に適した人材であるかどうか

役員面接の面接官は、業務内容に適した人材であるかどうかを採用基準として見ています。

例えば、話すことが得意ではない人が、営業でばりばり売り上げを上げることは想像しにくいですよね?

本当に適した仕事をすることにより、力を発揮できる上、離職率の低下にもつながります。

企業にも就活生にとっても適した業務内容でないと入社後が大変となるので、その仕事に適しているかどうかは大事です。

自分に本当に適した仕事は何かを知るためにも、自己分析は欠かせません。
自己分析のやり方について知りたい就活生は、下記の記事もぜひ合わせてお読みください!

「就活の教科書」編集部 堀本

 

本気でその会社を志望しているかどうか

役員面接では一次面接や二次面接よりも、企業への志望度が高いかどうかが重要になります。

企業に一度就職すれば、一般的には少なくとも3~5年以上は同じ会社で働くわけですから、慎重な判断が必要です。

入社後も活き活きと働いてもらわなければ、企業と就活生双方にとって無駄な期間となり得ます。

役員面接を受けるからには、本気で志望していることをアピールして、内定を勝ち取りましょう。

 

違い③:逆質問の重要度が高い

一次面接や二次面接とは違い、役員面接では逆質問がカギとなります。

一次面接、二次面接での逆面接は、それほど重要度が高くない場合が多いため、2つほど逆質問できればOKです。

しかし役員面接での逆質問は、その会社の展望や戦略に関することなど、より深い質問が求められます。

役員面接では、会社のホームページを見ればわかるような単純な質問はしないように気を付けましょう。

役員面接や社長面接になると、逆質問で合否が変わってくると言っても過言ではありません。
企業研究をしっかりとして、最低3つは鋭い質問を用意しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

役員面接の対策方法

一次面接、二次面接とは違い、役員面接では特別な対策が必要となります。

一次面接、二次面接では、同じような質問をする企業が多いため、多くの企業の一次面接、二次面接は準備をしておけば突破できます。

しかし役員面接では、その企業への志望度が見られるので、一筋縄ではいきません。

どのように役員面接の対策をすれば良いかを、大きく2つに分けて説明していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対策①:さらなる企業・業界分析

役員面接に合格するための対策として、まずはさらなる企業・業界分析をしましょう。

その業界や企業をなんとなく知っているだけでは、内定をもらえません。

その業界や企業に行きたい理由を言えるように、業界に関する知識をつける必要があります。

業界や企業について調べずに面接を受けてしまうと、面接官からの鋭い質問に耐えられず、役員面接に受かることは困難でしょう。

 

対策②:さらなる自己分析

役員面接に受かるためにもう一つ大事なことは、自己分析です。

「もう十分に自己分析はしたつもりだ。」

こう思う就活生も多いかもしれません。

しかし役員面接では、本当に就活生がその会社に合っているのかを見ています。

そのため一次面接、二次面接以上に、あなたに関する深堀りの質問をされることが多いです。

自分に関する質問に答えられずに面接で落とされるほど、もったいないことはありません。
十分に自己分析をしたつもりでいる就活生も、役員面接前にはもう一度時間を取って、自己分析をすることをおススメします。

「就活の教科書」編集部 堀本

役員面接がどのようなものか知り、対策方法もわかったところで、次は役員面接で具体的に聞かれる質問について紹介していきます。

 

役員面接の逆質問

逆質問とは、社員に聞きたいことを直接質問できることでしたよね。
しかし、すぐに調べればわかるようなことを聞いても良いのは、一次面接、二次面接までです。
では役員面接の逆質問では、どんな内容を質問すれば良いのでしょうか。
次に、役員面接でよくある逆質問を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

役員面接では必ずと言っても良いほど設けられる逆質問ですが、聞いてはいけない質問が存在します。

役員面接での逆質問はとても大事で、合否を分けると言っても過言ではありません。

合否を分ける逆質問で、「こいつセンスある質問するな」と思われれば、合格にグッと近づきます。

しかし下調べ不足がばれてしまうような逆質問をしてしまったり、的外れな質問をしてしまっては、役員面接に受かることは難しいでしょう。

逆質問についてもう少し詳しく知りたい就活生は、以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

役員質問で気をつけるべきポイントとは

役員面接を受ける上で気を付けるべきポイントは、大きく分けて次の2つです。

  • 一次、二次面接で話したことと矛盾しない
  • 熱意を全面にアピールする

上記2つは一次、二次面接ではそれほど意識することがないかもしれませんが、役員面接では特に気を付けなければなりません。

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

ポイント①:一次面接・二次面接で話したことと矛盾しない

役員面接で気をつけるべきポイント1つ目は、一次面接・二次面接で話したことと矛盾しないことです。

役員面接を受けるまでの一次面接、二次面接で答えた内容と違うことを話すと、それまでの努力が水の泡です。

なので、一次面接、二次面接で嘘をついてしまった人は、役員面接で違う内容を話してしまい、嘘がばれるケースが多いです。

嘘をついても良いことは無いので、最初から嘘をつかないようにしましょう。

等身大の自分で勝負し、等身大の自分で入社することが、自分に合った環境で働けることに繋がります。
面接官もプロですので、嘘は見破られ、あなたが会社に合う人材だと判断されれば採用されます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

ポイント②:熱意を全面にアピールする

役員面接で気をつけるべきポイント2つ目は、熱意を全面にアピールすることです。

役員面接の質問に答えるときには、身振り手振りをつけて前のめりになるぐらい、熱意をもって話しましょう。

一次面接、二次面接に足を運び、せっかくたどり着いた役員面接を落ちるのはもったいないので、全力を出し切りましょう。

役員面接は、どれだけその会社に入社したいかという気持ちが大事です。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

まとめ:役員面接の質問は対策すれば何とかなる!

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、役員面接でよく聞かれる7つの質問について紹介しました。

合わせて、役員面接と一次面接・二次面接との違いや、気をつけるべきポイントも紹介します。

今回の記事で学んだことは、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 堀本

今回の記事で学んだこと

役員面接でよく聞かれる7つの質問

  • 質問①:学生時代に最も力を入れて取り組んだことと、その結果を教えてください。
  • 質問②:挫折経験はありますか?その時の対処法を教えてください。
  • 質問③:あなたは周りの人から、どのような人だと言われますか。
  • 質問④:弊社を志望する理由を教えてください。
  • 質問⑤:あなたが描く将来像を教えてください。
  • 質問⑥:なぜこの業界で、他社ではなく弊社を選びましたか。
  • 質問⑦:入社したらどの職種を希望しますか?その理由を教えてください。

役員質問と一次面接,二次面接の違い

  • 違い①:面接を行う人が違う
  • 違い②:評価基準が違う
  • 違い③:逆質問の重要度が高い

役員面接の対策方法

  • 対策①:さらなる企業・業界分析
  • 対策②:さらなる自己分析

役員質問で気をつけるべきポイントとは

  • ポイント①:一次面接・二次面接で話したことと矛盾しない
  • ポイント②:熱意を全面にアピールする

 

役員面接まで進んでも、どのような質問をされるかわからず、不安に感じる就活生も多いと思います。

不安に感じる就活生が、役員面接で聞かれる質問について理解でき、少しでも自信を持って役員面接に臨んでもらえると僕は嬉しいです。

役員面接の質問内容について知ることも大事ですが、熱意を全面に出すことを忘れず頑張ってください。

「就活の教科書」編集部 堀本