>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【まだ間に合う!】出遅れた就活生が内定をもらうためにやるべきこと6選

就活生の皆さんこんにちは。

「就活の教科書」編集部のもときです。

この記事を読んでいる就活生は、「就活に出遅れてしまったけど、挽回できるの?」「就活に出遅れたんだけど、何からすればいいの?」などの悩みを抱えているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

気がつけばもう4年生の夏です。

周りの友達は内定が出始めているのに、まだ自分は何もできていません。

就活って一体何から始めればいいんだろう・・・。

就活生ちゃん

私は、就活やらなきゃってずっと思ってはいるんだけど、なかなか動きだせずにもう3年生の夏が終わりそうです。

こんなにだらだらしていて、来年の就職活動大丈夫かな・・・。

就活ってめんどくさいし、何から始めたらいいかわからないですよね。
また、就活に出遅れてしまったら不安で焦ってしまいますよね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

そこで、この記事では、就活に出遅れた就活生が内定をもらう方法について解説します。

加えて、就活に出遅れても挽回できること、就活に出遅れている時期についても解説します。

この記事を読めば、就活に出遅れても内定を獲得できるようになりますよ。

「就活に出遅れたけど、何から始めればいいの?」「どうやったら内定もらえるの?」、などの悩みを抱えている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてくださいね。

 

 

就活に出遅れた・・・と感じていても実はまだ大丈夫!

就活生くん

気付いたらもう4年生の夏です・・・。
今からだと就活って間に合わないですよね・・・?

結論から言うと、4年生の夏からでも挽回できますよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

就活求人大手のリクナビには、2020年6月24日現在で10000社以上エントリー可能な企業があります

また、10000社の中の約900社は社員数3000人以上の大手企業です。

そのため、就活に出遅れてもエントリーできる企業はたくさんあるため、挽回できるといえます。

就活生くん

まだまだそんなに多くの企業が求人をしているんですね。

そうなんです。まだまだ手遅れではありません。挽回できます。

次に、就活に出遅れた就活生が内定をもらうためにやるべきことについて解説しますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

就活に出遅れた就活生が内定をもらうためにやるべきこと6つ

就活生くん

就活に出遅れても、挽回できることはわかりました。
ですが、何から始めればいいのか分かりません・・・。
僕みたいな就活に出遅れた就活生が、今からやるべきことについて教えてください。

何から始めたらいいのか分かりませんよね。

就活に出遅れた就活生が内定をもらうためにやるべきことは以下の6つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

就活に出遅れた就活生がやるべきこと6つ
  • やるべきこと①:自己分析をしてみる
  • やるべきこと②:エントリーを募集している企業を探す
  • やるべきこと③:多くの企業にエントリーする
  • やるべきこと④:企業の特徴を分析して志望動機を考える
  • やるべきこと⑤:面接練習をして選考に備える
  • やるべきこと⑥:就活エージェントを頼る

それぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと①:自己分析をしてみる

就活に出遅れた就活生がやるべきことの1つ目は、「自己分析をしてみる」です。

自己分析をすることによって、自分の強みや性格などが理解できます。

そのため、どのような仕事が自分に向いているのかがおおよそ判断でき、受ける企業を絞りやすくなります。

自己分析がまだできていない就活生のために、最低限答えておくべき質問を以下に50問ピックアップしました。

以下の質問に答えれば自分の性格や強みなどが理解できるので、回答してみてください。

自己分析におすすめの質問集50問

幼少期(生まれてから小学校2年生くらいまで)

  1. 一番良かった経験は?
  2. 一番嫌だった経験は?
  3. 自分の長所は?
  4. 自分の短所は?
  5. 一番嬉しかった経験は?
  6. 一番辛かった経験は?
  7. 好きだった遊びは?
  8. どんな教育を受けていた?
  9. 一番熱中していたことは?
  10. 人とコミュニケーションを取るのは得意だったか?苦手だったか?

小学校(小学3年生~小学6年生)

  1. 一番良かった経験は?
  2. 一番嫌だった経験は?
  3. 自分の長所は?
  4. 自分の短所は?
  5. 一番嬉しかった経験は?
  6. 一番辛かった経験は?
  7. 一人でいるのが好きだったか?複数人でいるのが好きだったか?
  8. 一番記憶に残っている経験は?
  9. どんな人と一緒にいる時が楽しかったか?
  10. どんな人と一緒にいる時が辛かったか?

中学校

  1. 一番良かった経験は?
  2. 一番嫌だった経験は?
  3. 自分の長所は?
  4. 自分の短所は?
  5. 記憶に残っている経験は?
  6. 一番の成功体験は?
  7. 何をしている時が一番楽しかったか?
  8. 何をしている時が一番辛かったか?
  9. どんな人と一緒にいる時が楽しかったか?
  10. どんな人と一緒にいる時が辛かったか?

高校

  1. 一番良かった経験は?
  2. 一番嫌だった経験は?
  3. 自分の長所は?
  4. 自分の短所は?
  5. 記憶に残っている経験は?
  6. 部活はしていたか?何の部活をしていたか?
  7. 何をしている時が一番楽しかったか?
  8. 何をしている時が一番辛かったか?
  9. どんな人と一緒にいる時が楽しかったか?
  10. どんな人と一緒にいる時が辛かったか?

大学

  1. 一番良かった経験は?
  2. 一番嫌だった経験は?
  3. 自分の長所は?
  4. 自分の短所は?
  5. 記憶に残っている経験は?
  6. なぜその大学を選んだのか?
  7. 一番頑張った経験は?
  8. バイトは何をしていたか?バイトはどうだったか?
  9. どんな人と一緒にいる時が楽しかったか?
  10. どんな人と一緒にいるときが辛かったか?

コツは自分の性格や価値観が分かるまで、深掘ることです。

自己分析が苦手な就活生、やり方が分からない就活生は、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと②:エントリーを募集している企業を探す

就活に出遅れた就活生がやるべきことの2つ目は、「エントリーを募集している企業を探す」です。

就活に出遅れると、開催される説明会の数なども減少し、会社を見つけにくくなると思います。

そこで、エントリーできる企業を探せるサイトの「リクナビ」「マイナビ」を使うことをおすすめします。

リクナビ、マイナビにはさまざまな業種の企業が大量に掲載されているため、企業を見つけやすいです。

リクナビやマイナビには大量の企業が掲載されているので、ぜひ使ってみてください。

リクナビ・マイナビについて詳しく知りたい就活生は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと③:多くの企業にエントリーする

就活に出遅れた就活生が内定をもらう方法の3つ目は、多くの企業にエントリーすることです。

企業を絞ってエントリーしてしまって、全部落ちた時に受ける企業が無くて焦ることは就活生がしがちなミスです。

エントリーした企業全部に合格することは難しいです。

もし、企業にいくつか落ちてしまったとしても焦らないように、最低10社以上はエントリーするようにしたいです。

エントリーした企業に全部落ちてしまって、受ける企業が無いのはとてもつらいです。

そうならないためにできるだけ多くの企業を分析し、いろんな企業にエントリーしましょう。

以下に狙い目企業の探し方が分かる記事を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと③:企業の特徴を分析して志望動機を考える

就活に出遅れた就活生がやるべきことの3つ目は、「企業の特徴を分析して志望動機を考える」です。

企業分析をすることにより、自分がその企業で働くイメージをつけられます。

また、志望動機を書く際には、企業研究をしていないとどのようなことがしたいのかアピールできないので、企業研究は必須であると言えます。

面接の際にも、企業について聞かれるので、企業研究はやるべきです。

企業分析について、最低以下のことは言えるようにしておきたいですね。

企業研究で最低限おさえるポイント
  • 事業内容
  • 企業の強み・弱み
  • なぜその企業に興味を持っているのか
  • 社員さんはどのような人が多いか
  • 入社後どのようなことがしたいか

企業分析では以上5点は最低限おさえるようにしよう。

たくさんやるべきことがあってしんどいけれど、内定獲得に向けてがんばろう!

以下の記事で企業分析のやり方や、志望動機の書き方がわかる記事を紹介しているので、参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと⑤:面接練習をして選考に備える

就活に出遅れた就活生が内定をもらう方法の5つ目は、「面接練習をして選考に備える」です。

エントリーした企業から内定をもらえるかはほぼ面接で決まります。

面接でよく聞かれる質問11個を以下にまとめました。

面接でよく聞かれる質問11選
  • 自己紹介をお願いします。
  • 自己PRをお願いします。
  • 学生時代に力を入れて取り組んだ経験を教えてください。
  • チームで何かを成し遂げた経験を教えてください。
  • 自分から進んでチームを引っ張った経験を教えてください。
  • 学生時代に挫折した経験を教えてください。
  • 就活の軸を教えてください。また、なぜそれを軸としたのかも教えてください。
  • なぜこの業界を受けていますか?
  • うちの会社で何がしたいですか?
  • 5年後、10年後どうなっていたいですか?
  • 最後に何か質問はありますか?

以上11個の質問はどの会社でも聞かれると言っていいくらいよく聞かれる質問です。

以上の11個の質問は最低限答えられるようにしておきたいですね。

面接対策についてもっと詳しく知りたい、模擬面接をやってみたい、という就活生は以下の記事も参考にしてみてください。

 

やるべきこと⑥:就活エージェントを頼る

就活に出遅れた就活生が内定をもらう方法の6つ目は、「就活エージェントを頼る」です。

就活エージェントとは、就活のプロ(エージェント)が就活生に寄り添って、企業から内定が出るまでサポートしてくれるサービスです。

志望動機の添削や面接対策もしてくれるため、一人で就活を進めるのが不安だという就活生にはおすすめのサービスです。

また、各々の就活生にマッチした企業を厳選して紹介してくれるため、自分で企業を探す手間を省けるのもメリットです。

「就活エージェントを使ってみたい!就活エージェントについて詳しく知りたい!」

と感じた就活生は、以下の記事でおすすめの就活エージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

あなたは就活に出遅れている?

就活生ちゃん

私は4月から就活を始めたんだけど、そもそも私って就活に出遅れている組なのかなぁ?

結論から言うと、4月から就活を始めた就活生は出遅れています。
同様に5月、6月から就活を始めた就活生も出遅れています。
それぞれの月は本来はどのような月なのかについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

時期①:4月から就活を始めた就活生は出遅れている

4月から就活を始めた就活生は出遅れています。

本来4月は自己分析や企業分析などが完了しており、企業説明会やエントリーシートの作成に時間を使う時期です。

なので、4月から就活を始める就活生は出遅れていると言えます。

しかし、まだまだ挽回可能な時期なので、今すぐ就活を始めれば間に合います。

4月から就活を始めるのは出遅れてると言えるけど、挽回可能です!
今すぐ就活を始めよう!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

時期②:5月から就活を始めた就活生はかなり出遅れている

5月から就活を始めた就活生はかなり出遅れています。

本来5月は、エントリーシートの提出が落ち着き、面接対策に時間を割く時期です。

なので、5月から就活を始める就活生はかなり出遅れていると言えます。

5月から就活を始めた人は至急就活を始めましょう。

今からでも全力で就活をすれば間に合います!
諦めずに頑張りましょう!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

時期③:6月から就活を始めた就活生は今すぐ行動するしかない

6月から就活を始めた就活生は今すぐ行動するしかないです。

本来6月は、面接対策や実際に企業と面接をする時期です。

なので、6月から就活を始めた就活生は今すぐ行動しましょう。

まだ求人をしている企業はたくさんあるので、諦めずに頑張りましょう。

この記事で学んだことを今すぐ実行しよう!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:就活に遅れを感じたら今すぐ動き出して就活を成功させよう

本記事の「【就活に出遅れたら?】内定をもらうためにやるべきこと6つはいかがだったでしょうか?

この記事では、就活に出遅れた就活生が内定をもらう方法について解説しました。

合わせて、就活に出遅れても挽回できること、就活に出遅れている時期についても解説しました。

 

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もとき

この記事のまとめ

◆就活で出遅れても挽回できる

 

◆就活に出遅れた就活生が内定をもらうためにやるべきこと6つ

  • やるべきこと①:自己分析をしてみる
  • やるべきこと②:エントリーを募集している企業を探す
  • やるべきこと③:多くの企業にエントリーする
  • やるべきこと④:企業の特徴を分析して志望動機を考える
  • やるべきこと⑤:面接練習をして選考に備える
  • やるべきこと⑥:就活エージェントを頼る

◆あなたは就活に出遅れている?

  • 4月から就活を始めた就活生は出遅れている
  • 5月から就活を始めた就活生はかなり出遅れている
  • 6月から就活を始めた就活生は今すぐ行動するしかない

就活に出遅れても今から全力で就活を始めれば、内定は取れます。

この記事で紹介した6つのことを実行して、ぜひ内定を勝ち取ってください。

「就活の教科書」編集部 もとき