【IT留学とは?】おすすめの国と学校5選 | 無料でエンジニア留学をする方法も

【エンジニア留学】プログラミングが学べるIT留学先おすすめ5選 _ 費用を安くする方法も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事を読めば分かること
  • IT留学で「プログラミング」と「英語」を学べる
  • プログラミングを学ぶのにおすすめの留学先5選
  • IT留学でプログラミングを学ぶメリット・デメリット
  • IT留学の半額で通える日本のプログラミングスクール3つ
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめ

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部です。

この記事では、プログラミング留学に関して解説していきます。

皆さんは、プログラミング留学をしようと思ったときに困ったことや悩んでいることはありますか。

「就活の教科書」編集部

就活生くん

僕はプログラミングと留学の両方がしたいです。

プログラミング学習と留学をするならどこに行けば良いのかな。

就活生ちゃん

友達からプログラミングを勉強しながら留学もできるという話を聞きました。

でもどっちも中途半端にならないか心配です。

プログラミング留学が本当にどちらも身につけられるのか不安ですよね。

「就活の教科書」編集部

 

そこで、この記事ではおすすめのプログラミング留学先をご紹介します。

合わせて、IT留学でプログラミングを学ぶメリットや、日本でも学べるプログラミングスクールをご紹介します。

この記事を読むことで、自分に合ったプログラミングの学習先がわかるようになります。

「プログラミング留学したい!」「IT留学って本当にいいのかな」と感じている就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはレバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

 

レバテックルーキーをおすすめする理由

レバテックルーキー

ITエンジニアの特化度
(5.0)
選考サポートの質
(5.0)
紹介企業の優良度
(4.5)
相談のしやすさ
(4.5)
総合評価
(5.0)
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる
レバテックルーキーの口コミ

すでに多くの就活生がレバテックルーキーを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる(無料)

 

目次

 

IT留学をすると「プログラミング」と「英語」を学べる

就活生くん

IT留学で英語もまともに話せない僕が、プログラミングも同時に学べるのか心配です。

英語が理解できないのにプログラミングも学べるかは心配ですよね。

でも、IT留学する人はみんな「プログラミング」と「英語」ができない状態から始まるので大丈夫ですよ。

「就活の教科書」編集部

就活生くん

プログラミングと英語の両方の学習が中途半端にならないでしょうか。

1日のカリキュラムにプログラミングと英語学習の両方が組み込まれていることが多いので、初心者でも安心して学ぶことができます。

それでは、プログラミングを学ぶのにおすすめな留学先をご紹介します。

「就活の教科書」編集部

 

「文系からでもエンジニアになりたい!」「エンジニアとしての就活って?」という方には、IT系に特化した就活サイト/エージェントの利用をおすすめします。

【内定者が選んだ】ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れます。

ちなみに、未経験からエンジニアなりたい就活生はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

サイトやエージェントによっては、無料プログラミング学習や逆求人などのサポートもありますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを利用してみる


【IT留学】おすすめの留学先とかかる費用・期間は?

就活生ちゃん

プログラミングと英語を学ぶのに最適な留学先を教えてください。

それでは、プログラミングと英語を効率的に学べる留学先をご紹介します。

「就活の教科書」編集部

プログラミングを学ぶのにおすすめの留学先5選

上記5つの留学先を知ることで、自分に合った留学先を決めることができます。

それでは、上記5つを順番に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部

 

留学先①:Kredo(フィリピン)

プログラミング学ぶのにおすすめなIT留学先1つ目は、Kredoです。

Kredoはセブ島唯一の政府公認のIT×英語カリキュラムを実施しています。

1クラス3〜5人の少人数クラスなので、すぐにプログラミングや英語に関する質問ができる環境が整っています。

各コースの料金表(2人部屋&2ヶ月)は以下のとおりです。

  • WEBベーシックコース:488,000円
  • Ruby on Railsコース:528,000円
  • AIコース:543,000円
  • 英語留学コース:345,000円

入学金:15,000円

※渡航費や諸経費は別途かかります

Kredoの卒業生は1,000名以上で、日本/海外のIT企業への就職率は87%と非常に高いです。

また、最短で1週間から留学できるので、短期留学を検討している方にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

留学先②:ACT HOUSE(フィリピン)

プログラミング学ぶのにおすすめなIT留学先2つ目は、ACT HOUSEです。

ACT HOUSEは少人数の個別指導を受けられるので「翌日まで疑問を持ち越させない仕組み」があります。

実践的なプログラミングを学べるIT留学なので、卒業後はWEB案件を受けたり、起業したりする人も多数います。

ハードなカリキュラムではありますが、留学後に即戦力として活躍できる環境が整えられています。

コースごとの料金表は以下のとおりです。

  • 6ヶ月コース:1,380,000円
  • 3ヶ月コース:720,000円
  • 1ヶ月コース:250,000円

※渡航費や諸経費は別途かかります。

ACT HOUSE参加者はIT未経験者・英語初心者が9割です。

しかし、卒業後はフリーランスや海外エンジニア就職、起業する方もいるので、実践的なカリキュラムであることがわかりますね。

「就活の教科書」編集部

 

留学先③:Seed Tech School(フィリピン)

プログラミング学ぶのにおすすめなIT留学先3つ目は、Seed Tech Schoolです。

Seed Tech Schoolは英語力からプログラミング・ビジネススキルを8-12週間で習得することができます。

プログラミングのカリキュラムでは日本人とフィリピン人の講師がつくので、日本語と英語どちらでも学習可能です。

また、英語学習では1日3〜4時間のマンツーマンレッスンを受けられるので、自分のペースでレベルアップできます。

料金表(2ヶ月)は以下のとおりです。

  • 3コマコース(1人部屋):538,000円
  • 3コマコース(2-3人部屋)473,000円
  • 4コマコース(1人部屋)594,000円
  • 4コマコース(2-3人部屋)529,000円

入学金(20,000円)

※渡航費や諸経費は別途かかります。

IT留学専門のキャリアカウンセラーが卒業後の就職をサポートしてくれます。

キャリア相談もできるので、目的を持ってIT留学することができますね。

「就活の教科書」編集部

 

留学先④:General Assembly(アメリカ)

プログラミング学ぶのにおすすめなIT留学先4つ目は、General Assemblyです。

General Assemblyは3ヶ月、フルタイムでカリキュラムを受講します。

未経験から受講できますが、3ヶ月後にプログラマーとして就職できるスキルを身につけるためとてもハードスケジュールです。

また、受講形式もクラス(10-20人)形式で行うため、積極的に質問する姿勢が必要となってきます。

費用は3ヶ月で$15,500(約150万円)と高額ですが、レベルの高い環境でプログラミングと英語を学ぶことができます。

キャリアアドバイザーもついてくれるので、就職に関する相談をすることができますよ。

アメリカの文化を学びながら、プログラミングを学びたい方におすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

留学先⑤:British Columbia Institute of Technology(カナダ)

プログラミング学ぶのにおすすめなIT留学先5つ目は、British Columbia Institute of Technology(BCIT)です。

BCITはカナダのブリテディッシュコロンビア州で人気な、公立専門学校です。

プログラミングスキル以外にも、ビジネススキルや即戦力として働けるスキルを学ぶことができます。

しかし、入学条件としてIELT6.0以上(TOEIC740〜820相当)が設けられています。

料金は以下のとおりです。

  • 1年コース:$14,884(約150万円)
  • 2年コース:$31,516(約300万円)

BCITは留学生向けに250を超えるプログラムが設計されています。

しかし、入学条件にある通り、多少の英語力がないと、入学するのが難しそうですね。

「就活の教科書」編集部

 

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいますよ。

当サイトがおすすめする就活エージェントは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

おすすめの就活エージェント

【ITエンジニア特化】

【総合型】

  • DiG UP CAREER(寄り添いサポート:満足度90%、友人紹介率60%)
  • スタキャリ(就活相談、面接対策、企業選びをサポート)
  • ゼロキャンバス(成長/ベンチャー企業に強み、適性検査も活用)

【23卒のみ】

 

ちなみに、難関IT企業からの内定が欲しいなら、エンジニア就活に特化したレバテックルーキーがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

レバテックルーキー
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる

レバテックルーキーを利用すれば、5,000社以上のIT企業のネットにはない情報が得られたり、面接やカウンセリングをオンラインで受けられます。

また、選考対策も行ってくれるので、上手く活用できれば、最短2週間で難関IT企業からも内定を獲得できます!

IT業界の就活サポートに特化しており、IT企業志望の就活生からも高く評価されているので、あなたもぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを利用してみる


【意味ない?】IT海外留学でプログラミングを学ぶメリット

就活生くん

IT留学先はフィリピンが多いのですね。

IT留学でプログラミングを学ぶメリットやデメリットを教えてください。

プログラミングを海外で学ぶメリットやデメリットは知りたいですよね。

それではIT留学でプログラミングを学ぶメリット・デメリットをご紹介します。

「就活の教科書」編集部

IT留学でプログラミングを学ぶメリット・デメリット
  • メリット①:日本では体験できない環境で学べる
  • メリット②:キャリアの幅を広げられる
  • メリット③:外国語も習得できる
  • メリット④:ITの勉強に集中できる環境が整っている

上記のメリット・デメリットを知ることで本当にIT留学でプログラミングを学ぶべきかがわかります。

それでは、上記のメリット・デメリットを順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

メリット①:日本では体験できない環境で学べる

IT留学でプログラミングを学ぶメリット1つ目は、日本では体験できない環境で学べることです。

当然ですが、留学先では常に英語を使います。

英語が飛び交う毎日や、異文化交流して海外の友人や知り合いを増やせるのは大きなメリットです。

同じ日本人仲間や留学先でできた友人とモチベーション高く勉強できるのはいいですね。

就活生くん

留学先で友人ができるかどうか不安なのですが、大丈夫でしょうか。

基本的に「話しかけてもらえる」という受身の姿勢では友人できません。

自分から積極的に声をかけることは心がけましょう。

「就活の教科書」編集部

留学経験をESや面接で上手く伝えられると就活にも有利になります。

留学で就活を有利に進める方法面接で留学を魅力的に伝える方法が知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

メリット②:キャリアの幅を広げられる

IT留学でプログラミングを学ぶメリット2つ目は、キャリアの幅を広げられることです。

プログラミングと英語ができる人材はとても需要があるからです。

また、IT留学は就職・キャリアアドバイザーがついてくれる場合も多いので、卒業後の就職先の相談もできます。

卒業後に海外で起業する人もいるので、キャリアの選択肢が増えますね。

IT留学でプログラミングを学べば、就職の他にフリーランスや起業をすることもできます。

自分に合ったキャリアを描けるようにスキルを身に付けられるのは大きな利点ですね。

「就活の教科書」編集部

 

「エンジニアとして働きたい」という方は、以下の記事で、エンジニアになる方法がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

メリット③:外国語も勉強できる

IT留学でプログラミングを学ぶメリット3つ目は、外国語も勉強できることです。

もちろん海外で生活するわけなので、生活するうえで最低限必要な英語力は身につけておくべきでしょう。

また、留学先によっては、学校内で母国語の使用を禁止されていることもあるため、自然と英語を使う時間が増えるようです。

ITのスキルと語学力も身につけられるのは一石二鳥ですね。

就活でも自己PRに書けますね!

「就活の教科書」編集部

 

メリット④:ITの勉強に集中できる環境が整っている

IT留学でプログラミングを学ぶメリット4つ目は、ITの勉強に集中できる環境が整っていることです。

周りの友達もITの勉強をするために来ている友達が多いことや、ITを学べる環境が整っていることから、独学で勉強するよりも短期間で習得できます。

時間をかけてコツコツ勉強をするのが苦手な人にはIT留学が向いていますね!

「就活の教科書」編集部

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

IT海外留学でプログラミングを学ぶデメリット

  • デメリット①:学ぶことが多いのでハードな日々になる
  • デメリット②:料金が高額になってしまう

デメリット①:学ぶことが多いのでハードな日々になる

IT留学でプログラミングを学ぶデメリット1つ目は、学ぶことが多いのでハードな日々になることです。

2-3ヶ月でプログラミングを扱えるようになり、なおかつ英語も話せるようになるカリキュラムをこなすのはハードなことが多いです。

留学先によっては1日に12時間以上勉強をするところもあります。

休日も予習復習に時間を割くので、とてもストイックに時間管理をしなければなりません。

就活生くん

周りの人も意識高くプログラミングと英語を勉強している人が多いのでしょうか。

決して安くはないお金で留学をしているので、観光気分の方はほとんどいません。

「この3ヶ月でとことん勉強するぞ」と意気込んでいる人が多いですね。

「就活の教科書」編集部

留学が原因で就活に出遅れてしまうことも少なくありません。

留学をしても就活に出遅れない方法準備しておくべきことが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

デメリット②:費用が高額になってしまう

IT留学でプログラミングを学ぶデメリット2つ目は、費用が高額になってしまうことです。

IT留学でプログラミングを学ぶには平均で500,000円(2ヶ月)以上かかってしまいます。

さらに別途で、生活費や食費、渡航費、海外保険費といった経費があるため、2ヶ月の留学でも60-80万円ほどかかります。

決して安い費用ではないため、IT留学をするべきかしっかりと判断する必要がありますね。

IT企業への就職に強い就活サイトや就職エージェントを活用すれば、無料でIT系企業への就活をスムーズに進めることができます。

IT企業への就職を考えている人は、無料のIT企業への就職に強い就活サイトや就職エージェントのおすすめが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

就活生くん

80万円も準備できないよ・・・

やっぱりIT留学でプログラミングを学ぶのは無理なのかな。

留学にこだわらないのであれば、日本でも上記の約半額でプログラミングを学ぶことができます。

日本で学べるおすすめのプログラミングスクールについて次の見出しでご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

IT留学の半額で通える!日本のおすすめプログラミングスクール3つ

それでは最後に、IT留学しなくても学べる日本のプログラミングスクールをご紹介します。

「就活の教科書」編集部

IT留学しなくていい日本のプログラミングスクール

上記のプログラミングスクールを知ることで、IT留学する費用の半額でプログラミングを学ぶことができます。

それでは、上記3つのプログラミングスクールを順番に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部

 

スクール①:TECH CAMP(テックキャンプ)

エンジニアになりたい就活生におすすめなプログラミングスクール1つ目は、TECH CAMP(テックキャンプ)です。

TECH CAMPでは、大学生のための「プログラミング教養コース」があります。

未経験からWebアプリの開発をしたい学生や、AI分野に興味のある学生には人気のコースとなっています。

オンラインでの受講もできるため、留学と比べて楽に学べるのも魅力的ですね。

料金表は以下のとおりです。

  • 月額料金:19,800円(初月無料)
  • 入会金:198,000円
  • 受講形式:通学 / オンライン

7日間の無条件「全額返金」保証付き

マコなり社長でも有名なTECH CAMP(テックキャンプ)は16,000人以上が受講する大人気プログラミングスクールです。

2ヶ月の受講は約22万円で済むので、IT留学の半額でプログラミングを学ぶことができますね。

「就活の教科書」編集部

 

TECH CAMP(テックキャンプ)を見てみる

 

スクール②:tech boost(テックブースト)

エンジニアになりたい就活生におすすめなプログラミングスクール2つ目は、tech boost(テックブースト)です。

独学での挫折率9割と言われているプログラミング学習を、tech boostでは完走率98.4%となる手厚いサポート体制になっています。

プログラミングを学ぶのも大変ですが、IT留学では英語で質問しなければいけません。

tech boostでは親身になってくれるメンターと二人三脚でカリキュラムを進められます。

料金表は以下のとおりです。

  • 月額料金:29,800円
  • 入学金:199,800円(通学)/ 147,800円(オンライン)
  • 受講形式:通学 / オンライン

説明会当日の申込み、入会金1万円OFF

tech boost(テックブースト)では学習プランをオーダーメイドできます。

一人ひとりのニーズに合わせて最適化されたプランだからこそ、高い完走率を実現できているのですね。

「就活の教科書」編集部

 

tech boost(テックブースト)を見てみる

 

スクール③:CodeCamp(コードキャンプ)

エンジニアになりたい就活生におすすめなプログラミングスクール3つ目は、CodeCamp(コードキャンプ)です。

CodeCampは累計30,000人が受講している人気プログラミングスクールです。

完全オンライン形式での受講なので、IT留学をせずとも家でプログラミングを学べます。

現役のエンジニアとして働く講師陣から実践的なスキルを学べるので、スクールを卒業した後も即戦力となれるでしょう。

料金表(Webマスターコースの場合)が以下の通りです。

【2ヶ月プラン】

  • 料金:148,000円
  • 入会金:30,000円

 

【4ヶ月プラン】

  • 料金:248,000円
  • 入会金:30,000円

 

【6ヶ月プラン】

  • 料金:298,000円
  • 入会金:30,000円

 

受講形式:オンライン

CodeCamp(コードキャンプ)は現役のエンジニアからマンツーマン指導を受けたい就活生におすすめです。

2ヶ月で約18万円の受講料はIT留学の3分の1の価格で、プログラミングを学べますね。

「就活の教科書」編集部

CodeCamp(コードキャンプ)を見てみる

 

IT系企業に就職を考えてる人は、プログラミングを学んでいると、就活において大きな武器になります。

プログラミングスキルの習得から就職までを一貫してサポートしてほしい人は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

おすすめのプログラミングスクールやスクールごとの就職先一覧が知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

プログラミングを経験しておくと就活が有利になります。

以下の記事でもエンジニアやプログラミング経験について解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

IT留学ではなくIT就活のプロと就活を行うのもおすすめ

就活生くん

優良IT企業やWeb企業に就職したいのですが、なかなか良い企業が見つかりません…

また、ESや面接で落ちてしまうので、確実にIT企業に就職できる方法を知りたいです。

最近、IT企業やWeb系の企業に就職したいと思う就活生や転職者の方が増えてきていますよね。

IT業界を目指すなら、IT業界の就活の仕方を知っておくとかなり有利になります。

そこで、これから「優良IT企業・Web企業に就職する方法」について解説していきます。

まずは、IT業界の就活をサポートしてくれるサービスをご紹介します。

就活アドバイザー 京香

IT業界の就職・転職におすすめの就活サービス
◆就活生におすすめ ◆転職者におすすめ ◆就活生・転職者どちらにもおすすめ

ITのプロの手厚いサポートを受けたいならレバテックルーキー、IT企業への転職を考えているならレバテックキャリアがおすすめです。

また、未経験で不安に感じる人はウズキャリITの利用をおすすめします。

これから「IT業界へ就職・転職する方法」について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

方法:ITのプロと選考対策を行う(新卒向け)

 

IT業界へ就職・転職する方法は、ITのプロと選考対策を行うことです。

ITのプロとは、IT業界で長い間活躍している人たちのことで、IT業界の内部情報も多く知っています

そのようなプロとES・ポートフォリオ添削・面接対策を行うことで、志望するIT企業へ就職することができます

ITのプロと選考対策を行えるサービスの中でも、一番おすすめなのがレバテックルーキーです。

レバテックルーキーは、ITエンジニアに特化した就活エージェントで、手厚い選考サポートで知られています。

大手からベンチャー企業まで、約5,000社以上の求人を保持しており、あなたに合った優良IT企業を紹介してもらえます

レバテックルーキーのおすすめポイントは以下の通りです。

就活アドバイザー 京香

レバテックルーキーのおすすめポイント
  • ポイント①:IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • ポイント②:IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • ポイント③:志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる

>> レバテックルーキーを見てみる

 

「レバテックルーキーってよく聞くけどどうなの…?」など不安に感じる方は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

方法:IT転職のプロのサポートを受ける(転職者向け)

 

IT業界へ就職・転職する方法は、IT転職のプロのサポートを受けることです。

IT転職のプロは、経験やスキルから「あなたの強み」を見つけてくれ、企業紹介から選考対策まで行ってくれます。

IT転職のプロのサポートを受けると、時間が足りない転職活動を効率よく行えるためおすすめです。

数多くあるIT転職サービスの中でも、レバテックキャリアが最もおすすめです。

レバテックキャリアは、レバテックルーキーを運営する株式会社レバテックの転職活動サポートサービスです。

IT企業との堅い信頼関係があるレバテックキャリアだからこそ、あなたの強みを活かせる企業へ転職することができます

レバテックキャリアのおすすめポイントは以下の通りです。

就活アドバイザー 京香

レバテックキャリアのおすすめポイント
  • ポイント①:転職成功率96%・年収アップ率80%など実績がある
  • ポイント②:IT職種別の専門アドバイザーとカウンセリングができる
  • ポイント③:毎年3,000件の企業訪問の中から選ばれた優良企業の紹介がもらえる

>> レバテックキャリアを見てみる

 

レバテックキャリアは、公開求人だけでも約10,000件以上と業界トップクラスの求人数を有しています。

その中から希望に沿った求人を紹介してくれるため、「今よりもキャリアアップを目指したい!」という転職者の方には非常におすすめです!

「ITエンジニアとしてもっと成長したい!」という方はぜひレバテックキャリアを利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

方法:IT未経験に特化した就活サポートを受ける(新卒・転職者向け)

 

IT業界へ就職・転職する方法は、IT未経験に特化した就活サポートを受けることです。

IT未経験からIT企業に就職する人も増えてきていますが、自分一人の力で就職することは難しいと言われています。

IT未経験に特化したサービスでは、IT知識の習得サポート・適性をみての企業紹介などを受けられます。

「未経験だけどIT企業に就職・転職したい!」と思う人は、ぜひ利用してみましょう。

IT未経験に特化した就活・転職サービスの中で、特におすすめなのがウズキャリITです。

ウズキャリITは、IT学習とIT就職の両方を手厚くサポートしてくれ、入社後まで相談に乗ってくれます

また、面倒くさい日程調整などの手続きもやってくれるなど、とにかく親切なサポートを受けられます。

ウズキャリITのおすすめポイントは以下の通りです。

就活アドバイザー 京香

ウズキャリITのおすすめポイント
  • ポイント①:徹底的なカウンセリング・一社ごとに面接対策ができる
  • ポイント②:高評価率90%以上のYouTubeのIT教材が無料で視聴できる
  • ポイント③:あなたの強みをアピールできる推薦状を作ってもらえる

>> ウズキャリITを見てみる

 

ITエンジニアを目指す就活生におすすめのサイトについては、以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

IT留学に行くまでに準備すべきこと

就活生くん

実際にIT留学に行くことになりました。

留学に行くまでに準備しておくべきことを教えてください。

わかりました!

留学前に準備しておくべきことをまとめたので参考にしてください。

「就活の教科書」編集部

 

  • ビザが必要か確認する
  • 必要なパソコンのスペックを確認する
  • 英語を勉強する

 

ビザが必要か確認する

IT留学に行くまでに準備すべきこと1つ目は、ビザが必要かどうか確認することです。

ビザが必要かどうかは留学先の国によって異なります

アメリカを例に挙げると、アメリカに留学に行く場合、学生ビザというものが必要になります。

これはアメリカに行く前に日本で取得しておかなければなりません。

面接を受けてからビザが発行されるまでには1~2週間程度かかると言われているので、余裕をもって手続きを進めるようにしましょう。

留学先が決定したら、すぐに手続きを始めたほうが安心して留学に行けそうですね。

「就活の教科書」編集部

 

必要なパソコンのスペックを確認する

IT留学に行くまでに準備すべきこと2つ目は、必要なパソコンのスペックを確認することです。

留学先では、特定のPCが推奨されていることも少なくありません。

そのため、留学前に必ず確認するようにしておきましょう。

例えば、「パソコンはMACでなければならない」「PCのメモリは4G以上」などです。

「就活の教科書」編集部

 

英語を勉強する

IT留学に行くまでに準備すべきこと3つ目は、英語を勉強しておくことです。

留学先で学べるとしても、授業はすべて英語で行われるため、必要最低限の英語力は身につけて留学先に行くべきです。

また、IT分野の英語に触れておくことで、留学先でスムーズに学習についていけるでしょう。

英語は、留学に行かなくても就活の時にも必要だから、早めに勉強して損はなさそうですね。

「就活の教科書」編集部

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

IT留学に関してよくある質問

就活生くん

IT留学に関してまだよくわからないことがたくさんあります。
そうですよね!

以下で、IT留学に関してよくある質問を紹介します。

「就活の教科書」編集部

IT留学に関する質問
  • 質問①:IT留学は社会人でも行けるの?
  • 質問②:IT留学はエンジニア未経験でも行けるの?
  • 質問③:無料でIT留学をする方法はあるの?

 

質問①:IT留学は社会人でも行けるの?

IT留学に関する質問1つ目は、「IT留学は社会人でも行けるの?」です。

結論から述べると、社会人でもIT留学にいくことは可能です。

ただ、大学生と異なるのは、社会人の場合、務めている会社を休職・退職して留学に行かなければなりません。

そのため、大学生で留学に行くよりリスクがあります。

そう考えると、時間のある大学生のうちに留学して学んでおいた方がよさそうですね。

「就活の教科書」編集部

 

質問②:IT留学はエンジニア未経験でも行けるの?

IT留学に関する質問2つ目は、「IT留学はエンジニア未経験でも行けるの?」です。

結論から述べると、IT留学はエンジニア未経験でも行くことができます

IT留学では主に、初心者向けのコースと中級者向けのコースが設置されていることが多いので大丈夫です。

ただし、全く知識がない状態よりも少しでも知識を身につけてから留学したほうが、より意味のある留学になるので、ある程度は勉強してから留学することをおすすめします。

未経験でも行けるので、新しいことを学びたいと考えている人にピッタリですね!

「就活の教科書」編集部

 

質問③:無料でIT留学をする方法はあるの?

IT留学に関する質問3つ目は、「無料でIT留学をする方法はあるの?」です。

結論から述べると、無料で留学できる場合もあります

ただし、注意点もあります。

無料で留学に行く場合、たいていは、IT人材が不足している企業が研修費用を負担してくれるため、プログラム終了後は支援企業に就職しなければならないという条件があります。

ITを勉強して、必ずこの企業に就職したいという考えの人にはお勧めですね。

一方で、留学後についてキャリアプランがない場合は、無料で留学するのはおすすめできません。

「就活の教科書」編集部

 

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:IT留学でプログラミングを学ぶのはハードだが実践的

この記事の「【エンジニア留学】プログラミングが学べるIT留学先おすすめ5選 | 費用を安くする方法も」はいかがでしたか。

このページでは、プログラミングを学ぶのにおすすめのIT留学先をご紹介しました。

合わせて、IT留学でプログラミングを学ぶメリット・デメリットも解説しました。

このページで学んだことをまとめると以下のとおりです。

「就活の教科書」編集部

この記事のまとめ

◆ IT留学をすると「プログラミング」と「英語」を学べる

 

◆ プログラミングを学ぶのにおすすめの留学先5選

  • 留学先①:Kredo(フィリピン)
  • 留学先②:ACT HOUSE(フィリピン)
  • 留学先③:Seed Tech School(フィリピン)
  • 留学先④:General Assembly(アメリカ)
  • 留学先⑤:British Columbia Institute of Technology(カナダ)

◆【意味ない?】 IT海外留学でプログラミングを学ぶメリット

  • メリット①:日本では体験できない環境で学べる
  • メリット②:キャリアの幅を広げられる
  • メリット③:外国語も習得できる
  • メリット④:ITの勉強に集中できる環境が整っている

◆IT海外留学でプログラミングを学ぶデメリット

  • デメリット①:学ぶことが多いのでハードな日々になる
  • デメリット②:料金が高額になってしまう

◆ IT留学の半額で通える!日本のおすすめプログラミングスクール3つ

  • スクール①:TECH CAMP(テックキャンプ)
  • スクール②:tech boost(テックブースト)
  • スクール③:CodeCamp(コードキャンプ)

◆IT留学に行くまでに準備すべきこと

  • ビザが必要か確認する
  • 必要なパソコンのスペックを確認する
  • 英語を勉強する

◆IT留学に関してよくある質問

  • 質問①:IT留学は社会人でも行けるの?
  • 質問②:IT留学はエンジニア未経験でも行けるの?
  • 質問③:無料でIT留学をする方法はあるの?

 

プログラミングと英語が学べるIT留学先をご紹介しました。

カリキュラムはとてもハードですが、密度の濃い留学生活を送ることができます。

しかし、英語と同時にプログラミングも学べるIT留学だと値段がかなり高くなります。

プログラミングを学ぶ優先度が高ければ、日本のプログラミングスクールも検討してみてくださいね。

「就活の教科書」では、就活に役立つ記事を他にもたくさん掲載しています。

よかったら他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

プログラミングを学ぶのにおすすめの留学先5選
IT留学しなくても学べる日本のプログラミングスクール